キーワードを探す
検索

「ライフスタイル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

LIFULLは、地方型シェアサテライトオフィスと宿泊機能を持つ共同運営型の施設「LivingAnywhere Commons」(以下、LAC)の運用を開始した。自宅やオフィスといった場所に縛られないライフスタイルを提供することを目的に展開し、2023年までに、100拠点の設立を目指す。

()

ファーウェイは、5月24日にスポーツウォッチ「HUAWEI WATCH GT」の42mmエレガントモデルを発売する。46mmモデルよりも一回りコンパクトになり、デザイン面や機能面も強化。スポーツモードにトライアスロンモードを追加し、さまざまなライフスタイルをサポート可能となった。

()

リクルートライフスタイルのモバイル決済サービス「Airペイ」が、5月下旬からスマホ向け決済サービス「PayPay」を取扱開始。これにより全26種類の決済手段に対応する。

()

TSUTAYAは4月1日、旭屋書店と東京旭屋書店の株式を取得し、子会社化したと発表した。TSUTAYAのデータベースマーケティングと旭屋書店の顧客基盤を掛け合わせ、「お客様にとって価値ある新しいライフスタイル提案型の書店づくりを加速させる」としている。

()

現在、8%の消費税率は、2019年10月1日から10%に上がることが決まっている。そうした影響の緩和策として計画されているのが「軽減税率制度」だ。この軽減税率制度に対応した、リクルートライフスタイルのモバイルPOSアプリ「Airレジ」の魅力を紹介する。

()

個人が「働き方を選ぶ」とは、どういうことなのか。現在「100人100通り」の働き方を掲げているサイボウズの青野誠氏と、ライフスタイルやイベントに合わせて働き方を決められる「orangeワークスタイル制度」を導入したブイキューブの今村亮氏に、そのヒントを聞いた。

()

POSレジアプリ「Airレジ」を提供するリクルートライフスタイルは、小規模店舗を対象に実施した「消費増税・軽減税率制度に関する店舗の意識調査」の結果を発表。軽減税率制度について94.1%が「知っている」と回答し、準備状況については制度を認知している店舗の50.3%が必要性を感じていると答えた。

()

恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」を運営するエウレカは、東京大学 大学院情報理工学系研究科 山崎研究室と共同で、マッチングアルゴリズムの研究開発を開始した。学歴、職業、年収などに加え、趣味や価値観、ライフスタイルなどの内面でも相関性を導き出し、より相性の良い相手をマッチングする。

()

アイティメディアは、2018年9月26日に秋葉原UDXにおいて「AI/ディープラーニングビジネス活用セミナー ビジネス価値は、データに宿る」を開催した。本稿では、リクルートライフスタイルによるセッションは、「Tableau活用6年の軌跡〜組織定着と活用事例〜」の模様をお届けする。

()

新しい「iPad Pro」を使い始めてみると、「仕事の全てをここに集約できるのではないか」という考えが頭を離れない。パソコンを仕事や学習の道具として毎日持ち歩くライフスタイルを送っている全ての人にとって、「次の世代のパーソナルコンピュータ」となる製品だ。

()

UNiCASEは、オンラインストアでiPhone XS/XR対応ケース「Smooth Touch Hybrid Case」「ウルトラカイジュウウォレットケース」「Tassel Tail Cat」の予約販売を開始。また、女性のライフスタイルに合わせたアイテムを提案する新ブランド「MAELYS LOUN」も立ち上げた。

()

製造業の派遣労働者を対象としたライフスタイル実態調査「モノづくりの現場での、派遣という働き方白書」をUTグループが発表。派遣労働者のパフォーマンスを最大限発揮させ、仕事のやる気を起こさせるヒントが白書から垣間見ることができる。

()

深刻な人手不足の中、従業員の確保や定着を考える際に、第一義的に企業は賃金政策を重視する。しかし人々は賃金だけで勤め先を決めているわけではない。本稿では企業の福利厚生に着目し、近年の働き手の多様化やライフスタイルの変化に対応した制度を目指すことの重要性を指摘する。

()

日本マイクロソフトなどが参画する業界団体、「ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム」(WDLC)は6月13日、プログラミング教育にいち早く取り組む小学校100校にマイコンボード「micro:bit」を寄贈する「MakeCode×micro:bit 100プロジェクト」を発表した。1校当たり20台、計2000台のmicro:bitを無償提供する。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る