「真田丸」を100倍楽しむ小話

「真田丸」を100倍楽しむ小話:

人気の火が付いた2016年の大河ドラマ『真田丸』。そこには勝つための戦略の数々、部隊を率いる武将のリーダーシップなどが描かれていました。その真田丸からビジネスパーソンが学べることは多いのではないでしょうか。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

今年の大河ドラマ『真田丸』は視聴率も好調、信州上田のドラマ館は過去最高の来場者数を記録するなど、大きな人気を博しました。ここまでヒットした理由は何だったのでしょうか?

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

豊臣秀頼は身長197センチ、体重161キロの大男だったと言われています。一方の父・秀吉は140センチ程度。あまりにも差があるため、実の息子ではないのでは……という説も。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

大河ドラマ『真田丸』もいよいよ大詰め。今回はドラマに登場したキャラクターの魅力をテーマ別に語ります。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

大坂の陣で豊臣方はなぜ負けたのでしょうか。いろいろな理由が考えられるでしょうが、そのうちの1つには組織の問題があったのではないでしょうか。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

偉大な父親、徳川家康の陰であまり目立たない存在だった2代将軍・徳川秀忠。一人の側室も持たず、マジメキャラのイメージがありますが、実際には……?

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

豊臣家の事務方として秀吉や秀頼に尽くした片桐且元ですが、最後は徳川方へ奔走してしまいました。且元の真意はいかなるものだったのでしょうか……?

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

関ヶ原の戦いで西軍が負けた後、九度山に幽閉された真田昌幸・信繁親子。トータルで14年間もいたのですが、意外と幸せな生活を送っていたのでは……?

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

戦国武将きっての戦略家だった真田昌幸。さまざまな大名の下を転々とし、謀殺した武将は数知れず。そんな昌幸でしたが、変わらずに守り続けたものとは……?

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

戦国時代のラストを飾る天下分け目の大合戦が「関ヶ原の戦い」です。その関ヶ原を『真田丸』ではたった1分弱で終わらせたことが話題になっています。そのとき一体何があったのでしょうか……?

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

加藤清正とともに幼少のころから豊臣秀吉に仕えた福島正則。その豪傑ぶりは時として大きな失敗も引き起こしました。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

徳川家康の幼なじみであり、参謀として知られる本多正信ですが、一度は家康と敵対し、徳川家を離れました。それが正信のその後の人生において大きなターニングポイントとなったのです。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

関ヶ原の戦いで西軍の主力部隊として奮闘した宇喜多秀家は、後に八丈島へ流されました。そこでの暮らしぶりはどうだったのでしょうか?

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

「幻の城」と呼ばれてきた伏見城。豊臣秀吉の隠居用屋敷として建てられて以来、何度も場所や作りを変えた珍しい城です。そして最後はバラバラに解体されるという運命に……。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

豊臣家きっての知将だった大谷吉継。関ヶ原の戦いで命を落としてしまうのですが、吉継には感動的な逸話がたくさんあります。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

滋賀県とのコラボCMや三成タクシーなど、今ブームが巻き起こっている戦国武将が石田三成です。これまで長らく虐げられていた三成でしたが、実に優秀な人物でした。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

豊臣秀吉の怒りを買い、28歳の若さで亡くなった豊臣秀次。“殺生関白”というあだ名が付けられるなど、これまで悪名高いイメージがありましたが、実は地元・近江の人々からは今なお慕われている名君なのです。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

豊臣秀吉と茶々(淀殿)の間に生まれた鶴松。この鶴松が秀吉の最初の子で、それまで秀吉は子宝に恵まれなかったと言われていますが、実は30代のころに子どもを2人もうけたという説もあるのです。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

大河ドラマ『真田丸』に登場して以来、ナイスなキャラクターで注目を集めている「おこうさん」。元々は真田信幸の正室でしたが、途中で側室になってしまった気の毒な人物でもあります。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

上杉、北条、武田など戦国時代の諸大名がこぞって領土を争った沼田。最終的には真田の手に渡るわけですが、なぜ皆、そうまでして沼田を欲しがったのでしょうか。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

戦国武将に茶の湯を広めた立役者、千利休。実は大阪に根付いている「粉もん文化」を作ったとも言われています。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

最後の最後まで豊臣家を守ろうとした浅井三姉妹の長女・茶々。彼女の人生は悲劇の連続でしたが、長女らしく強い責任感を持って戦国時代を生き抜きました。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

猿飛佐助に霧隠才蔵――。真田信繁に仕えたこうした忍者たちは架空の人物とされていますが、どうして真田一族と忍者は強い結び付きのイメージがあるのでしょうか?

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

加藤清正という武将について、皆さんはどんなイメージを持つでしょうか。虎退治などで知られるように勇猛なイメージが強いのでは。けれども実は知的な面も……。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

真田昌幸の長男として、弟・信繁とともに父を支えた信幸。後年は敵味方に分かれることになりましたが、家族の絆は変わりませんでした。そんな信幸は戦国時代には珍しいほどの長身だったようです。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

上杉家の直江兼続といえば、当主の上杉景勝を支えた股肱の臣として活躍しましたが、実はかなりの皮肉キャラだったようです。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

真田昌幸が居城とした信州・上田城。この城は何とっても攻め込んできた徳川軍を2度にわたり退けたことで有名です。実はいまだに謎が多い城のようです。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

忍耐、我慢――。徳川家康といえば、多くの人がこうしたイメージを抱くでしょう。そんな家康のクセは爪を噛むことでした。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

上杉謙信から家督を継ぎ、重臣・直江兼続とともに上杉家の発展に大きく寄与した上杉景勝。その人物像は無口で武骨、何と言っても生涯で1度しか家臣の前で笑わなかったそうです。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

昨年、“徳川四天王”の一人として武で名を馳せた本多忠勝の武器「蜻蛉切」が11年ぶりに一般公開されました。歴ドルの小日向えりさんも実物を見に行ったわけですが……。

【ITmedia】()
「真田丸」を100倍楽しむ小話:

戦国時代、関東の雄として君臨していた北条家を滅亡させた氏政&氏直父子。特に氏政は「バカ殿」ぶりを示すさまざまな逸話が残っています。そのイメージを覆そうとしたのが先週放送の「真田丸」でした。

【ITmedia】()
新連載・「真田丸」を100倍楽しむ小話:

歴ドル・小日向えりさんとともにNHK大河ドラマ「真田丸」にまつわる小ネタなどを紹介して、もっとドラマを楽しめるようにする新コーナー。第1回は滝川一益についてお話します(いきなりシブい!?)。

【ITmedia】()

マーケット解説

- PR -