企業動向

話題の企業はどのようにして商機をつかんだのか? 他社の失敗に学ぶべきことはないのか? 企業動向についての記事を集めました

新着記事一覧

news073.jpg

1月18日に開幕した「第3回 ウェアラブルEXPO」では、伸縮性のあるセンサーや電気を発する繊維を活用した「衣類型ウェアラブル端末」が多数登場。昨年から人気の眼鏡型ウェアラブル端末は、BtoB領域を対象とした製品が進歩していた。(2017/01/19)

news033.jpg

大阪市のテーマパーク「USJ」を運営するユー・エス・ジェイの森岡毅氏執行役員が、今月末に会社を去る。「関西に人が集まれば、日本が元気になる」。5年ほど前に取材で語っていた言葉が今も記憶に残る。(2017/01/19)

news056.jpg

不調が続く出版業界の中で、唯一成長している電子出版市場。出版社が電子に注力する価値はありそうに見えるが、実際は業界内の電子への期待はまだまだ薄い。「売れない紙を大事にして、売れ始めている電子を軽視する」のはどうしてなのだろうか。(2017/01/18)

news044.jpg

セブン&アイグループの新経営体制が固まった。新体制は比較的高齢で、カリスマに長く依存した弊害から世代交代が難しくなっている内情もにじむ。(2017/01/18)

news043.jpg

時間や距離を飛び越え異空間に飛び込んだかのような体験ができる仮想現実(VR)技術。京都文化を世界に発信するために活用しようというベンチャー企業が登場した。(2017/01/18)

news142.jpg

電通が、2016年9月下旬に明らかにしたデジタル広告不正問題についての精査結果を発表。実際に不適切業務があった件数や金額、不適切業務の様態、改善策などについて報告した。(2017/01/17)

news048.jpg

大手キャリアが、若年層の取り込みに注力している。年明け以降、KDDIが「auの学割天国」を、ソフトバンクが「学割モンスター」を相次いで発表。料金プランの内容はほぼ同じだが、追加の特典を充実させて差別化を図るという。(2017/01/17)

news045.jpg

海外プレイヤーが参入するなど、競争が激化する日本の動画配信サービス市場。そうした中でフジテレビが運営する「FOD」が好調だ。その理由とは……。(2017/01/16)

news117.jpg

2016年の東宝の年間興行収入が過去最高の約854億円に。「君の名は。」や「シン・ゴジラ」が大ヒットした。(2017/01/13)

news107.jpg

富士通が、IoT技術によって労働者の健康を管理するサービスを発表した。センサーデバイスを通じて心拍数などのデータを取得・分析し、危険な状況にある作業者を判定する仕組みだ。(2017/01/12)

news129.jpg

サッポロが、2017年の事業計画を発表した。昨年に続いて「エビス」「黒ラベル」などに注力するほか、ワイン事業の拡大も目指すという。(2017/01/11)

news118.jpg

ソニーが、音楽イベントの来場者だけにライブ映像などの限定コンテンツの購入権を付与する新サービス「PROJECT REVIEWN」を開始する。(2017/01/10)

news061.jpg

東芝は原発事業を今後の成長の柱に位置付け、2030年度までに新規受注45基を目標に掲げている。しかし、先行きは楽観できない。事故発生時の賠償請求や建設計画の頓挫などのリスクがつきまとい、業績回復が遠のく可能性も……。(2016/12/28)

news015.jpg

世界レベルで宇宙ビジネスが盛り上がる中、2016年は日本も大きく前進した年だった。どのようなことがあったのか、この1年を振り返ってみたい。(2016/12/23)

news098.jpg

中国でスマートフォンが爆発的に普及している。新聞や雑誌の購読者が減る“紙離れ”が進み、ブログやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)による情報発信が国境を越えて一般的になりつつある。この流れを、新聞社など従来の報道機関はどう乗り越えようとしているのか。(2016/12/21)

news072.jpg

JALとIBMが、航空整備士の業務を効率化するためのアプリを開発した。従来はオフィスで行っていた作業を整備現場で行えるようにしたほか、コミュニケーション機能も充実している。(2016/12/15)

news077.jpg

お笑いコンビ「NON STYLE(ノンスタイル)」の井上裕介氏の事件は今、大きな岐路に立っています。厳しい状況であることは当然ですが、この先の対応は今正に正念場です。(2016/12/14)

news050.jpg

IT企業によるスポーツ関連の取り組みが相次いでいる。楽天、ZOZOTOWN、DeNA――知名度や信用を向上させられる利点があり、インターネットによる情報発信と相性がいいことも魅力になっている。(2016/12/12)

news041.jpg

大阪府が誘致を目指す2025年国際博覧会について、会場をカジノなどの統合型リゾートと一体開発して資金を捻出する案が、関西財界で急浮上している。(2016/12/07)

news044.jpg

本を音声データにして耳で楽しむ「オーディオブック」が、この2年ほどで利用者が急増、拡大の兆しをみせている。“ながら聴き”という読書スタイルが支持され、有望市場に成長すれば、低迷する出版業界が活性化しそうだ。(2016/11/25)

news044.jpg

人工知能を活用したシステムの導入競争が話題になっている。AIと人類の共存、どのようにAIを押さえ込んでいくのかなどが企業経営の面でもテーマとなりつつあり、経済同友会や経団連といった経済界の会合でも議論され始めている。(2016/11/16)

news101.jpg

オウケイウェイヴが、対話型AI「あい」を活用したQ&Aサービスを開始。利用者の質問に対し、「OKWAVE」の過去の回答データから最適なものを選定する。(2016/11/10)

news086.jpg

「ファミコン」のコントローラーを模した名刺ケースが、アミューズメント施設の景品で登場する。(2016/11/09)

news011.jpg

今週半ば、カラオケチェーン大手のシダックスが業績予想の下方修正を発表。17年3月期通期は33億円の赤字になる見通しだ。これで最終赤字は2期連続。店舗を大量閉鎖するなど収益改善に躍起になっているが……。(2016/11/05)

news114.jpg

楽天は筑波大学と共同で、IoTやAIなどの最新技術を活用したオンライン店舗システムの研究を開始したと発表した。(2016/11/04)

news046.jpg

1980年代にブームとなったものの、バブル崩壊とともに姿を消していたサテライトオフィスに、再び注目が集まっている。都心のサラリーマンといえば殺人的な通勤ラッシュがお約束だが、時間と場所にとらわれない働き方が、ようやく訪れるかもしれない。(2016/11/04)

news148.jpg

サイバーエージェントは11月1日、4つの新会社を設立した。それぞれ、アドテクノロジー事業、カップリングアプリ開発、体験型イベント事業、メディア運営を行う。新会社の社長に就任した4人はいずれも20代。(2016/11/01)

news037.jpg

企業が組織の活性化や働きやすさを考慮したオフィス空間作りに取り組む事例が増えている。オフィス家具メーカーも企業のニーズに合わせた家具やレイアウトの提案に力を入れている。(2016/10/28)

news044.jpg

新薬に関する専門的な情報や研究成果などを医師らに伝える、製薬会社の医薬情報提供者が減少している。安価なジェネリック医薬品の普及が進み、各社とも経営効率化に迫られていることなどが要因だ。(2016/10/27)

news050.jpg

企業がバイオ燃料の開発を加速させている。既存燃料よりコストが高くつくため、技術改良でどこまで価格を安く抑えられるかが実用化への課題。各社の知恵と技術力が試されている。(2016/10/24)

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -