企業動向

話題の企業はどのようにして商機をつかんだのか? 他社の失敗に学ぶべきことはないのか? 企業動向についての記事を集めました

新着記事一覧

news035.jpg

新商品がヒットする確率は、実は0.3%とも言われている。失敗して当然――とはいえ、そこから立ち直れるか否かはマーケティングの力を使えるかどうかにある。(2016/08/24)

news031.jpg

「プロフェッショナルの仕事」とは、どういうものでしょうか。ミスをしないということ。考えられる最善を尽くすこと。そして、自分に仕事を頼んだ相手に期待以上のサプライズと喜びを与えるものであることです。(2016/08/24)

news045.jpg

ブランドは誰をどう喜ばせるのでしょうか? ブランドを育てるとき、「情緒的価値」を明確に思い描くことが、自分の幸福にもお客さまの幸福にも不可欠な要素です。(2016/08/23)

news026.jpg

ブランディングがうまくいかない企業は、パーソナリティーが曖昧です。人気のあるブランドやお店というのは、技術や商品の確かさだけでなく、世の中から見た“ビジョン”がハッキリしています。(2016/08/22)

news025.jpg

「遊べる学べるテクノロジー」をコンセプトにMBS毎日放送で始まった番組『徳井バズる』。ロボホンやPepperが出てきたかと思えば、デリケートな部分をナデると反応してくれる等身大抱き枕なんてものも登場する。番組の誕生秘話を、毎日放送(MBS)のプロデューサーと営業マンに聞いた。(2016/08/19)

news018.jpg

ブランドビジョンを全員が共有するにはどうすればいいのでしょうか。モチベーションにつなげるためにもトップダウンで落とすのではなく、できるだけ多くの人がビジョン作りに参加することが理想的です。(2016/08/19)

news037.jpg

7月15日に上場したLINE。しかしこのタイミングでの上場に「“上場ゴール”ではないか」といった懐疑的な声もあり、LINEをどう評価すべきか市場は図りかねているようだ。期待と不安が交錯するLINEの上場を、アプリ業界はどう見ているのか――業界関係者に聞いた。(2016/08/18)

news017.jpg

第一のビジョンに数字を掲げるべきではありません。皆が情熱を傾けられるブランドに育つには、“何のため”“誰のため”かが明確にされていることが重要です。(2016/08/18)

news019.jpg

「ブランド」の本質は、自分たちと世の中とが互いに“幸せな関係”になっていくところにあります。(2016/08/17)

news017.jpg

成功者と呼ばれる人たちが購入する商品とはどういうモノでしょうか? 今回は、お金持ちの共通点についてご紹介します。(2016/08/16)

news015.jpg

約1年間の休止期間を経て、6月に販売を再開した「サガミオリジナル001(ゼロゼロワン)」。「001」はいかにして生まれたのか。そして再開から2カ月、どういった状況にあるのか――担当者に話を聞いた。(2016/08/16)

news019.jpg

そもそも、会社はなんのためにあるのでしょうか。経営者もそこで働く人たちも、お互いが幸せになるためにあるはずです。(2016/08/16)

news013.jpg

「自分らしく」「うちの会社らしく」など、しばしば私たちは「らしさ」という言葉を、使います。ところが「では、あなたらしさとは?」と問われると、案外、答えはスラスラと出てこないものです。(2016/08/15)

news108.jpg

ハウステンボスは「変なホテル」を全国展開する。(2016/08/08)

news053.jpg

「たかが3兆円、と言ったら怒られるかもしれないが……」。孫正義・ソフトバンクグループ社長がまた、動いた。(2016/08/08)

news050.jpg

大きく変化し、新たなトレンドが生まれ続けているファッション業界。“常識”や“反対意見”を打ち破ったところに、新たな突破口がある――。いち早く流行を先取りし、さまざまな挑戦を続けるTOPLOG代表取締役兼CEOの亀山隆広さんに、アパレル業界の“次の一手”を聞いた。(2016/08/01)

news029.jpg

ほぼノーブランドで4000円、にもかかわらず支持されているアイシャドウ――それが「童話コスメ」。Twitterに投稿されたイラストをもとに、クラウドファンディングで生み出された化粧品は、2500人に支援され1000万円を集めた。「童話コスメ」が人気を集め続ける理由はどこにあるのか。(2016/07/25)

news012.jpg

今、衛星利用ベンチャーが数千万ドル規模の投資を受けるケースが増えている。そこにはビル・ゲイツ氏や世界銀行などが注目する新技術があるからだ。(2016/07/23)

news103.jpg

「ポケモンGO」が世界的な大ヒットとなっている。しかしアプリ業界の関係者は、ここまでのヒットになるとは誰も予想できていなかった。“アプリのプロ”がヒットを見抜けなかった理由とは。(2016/07/21)

news040.jpg

いよいよ東京のど真ん中に「星のや」をオープンする星野リゾート。これまでさまざまなホテルや旅館を再生してきた同社は、現在国内外で35施設を運営する。今回はそのうち3施設を展開する青森県での取り組みを追った。(2016/07/19)

news019.jpg

出版不況の中でも、毎年ベストセラーは生まれている。映画化もされた川村元気『世界から猫が消えたなら』は累計100万部、又吉直樹の次に売れている新人作家・住野よるの『君の膵臓をたべたい』は累計55万部を突破した。「出版不況でも売れる本」に隠された「ウェブ小説」の秘密とは?(2016/07/15)

news047.jpg

働きやすくするためのサービスや技術は進歩している。その進化が一堂に会する「第11回 総務・人事・経理ワールド2016」のレポをお届けする。(2016/07/15)

news083.jpg

ITmedia ビジネスオンライン主催のセミナーイベント「好業績企業に学ぶ 企業コミュニケーション戦略」が大阪市内で開催。楽天や乃村工藝社がオフィス改革の成功事例などを紹介した。(2016/07/07)

news049.jpg

脳から出る電気信号「脳波」を解析することで感性(感情)を客観的に知ることができるシステムを東京のベンチャーが開発した。どんな場面で役立つのか、ベンチャーの「リトルソフトウェア」に聞いた。(2016/07/06)

news149.jpg

人気漫画の実写版となる、連続ドラマ「弱虫ペダル」が、8月26日からBSスカパー!で放映される。7月5日には、キャスト陣と監督が作品を語る記者会見が都内で開かれた。ファンが多い「弱虫ペダル」のドラマ化でBSスカパー!がこだわったこととは?(2016/07/05)

news021.jpg

2020年、4000万人の外国人訪日客がやってくる――多くの企業や自治体がいま、このビッグチャンスを何とかものしようと模索している。インバウンドで成功するためにはどうすればいいのか。本特集では、さまざまな角度からそのヒントを追いかけていく。(2016/07/05)

news138.jpg

英語スクール「RIZAP ENGLISH」1号店がオープン。(2016/07/01)

news051.jpg

6月の株主総会が佳境に入る中、出席した株主に配布される「お土産」を廃止する企業が大手を中心に急増している。その理由として、多くの企業は「出席できる株主と出席できない株主との間で不公平感が生じるのをさけたい」と強調するが……。(2016/06/28)

news025.jpg

ターゲットを女性に絞った“恋愛ドラマアプリ”で成長を続け、売上高100億円を突破したボルテージ。そんな同社をけん引する一風変わったゲーム「ダウト〜嘘つき男は誰?〜」は、証拠を集めて“ダメ男”のうそを暴くゲームだ。本作は何を目指して生まれたのか、担当者に聞いた。(2016/06/24)

news023.jpg

テレビ局を取り巻く経営環境は厳しさを増している。この背景には、長年にわたりテレビ局と「蜜月の関係」を築いてきた広告代理店が彼らを見限り始めていることが大いに関係するという……。(2016/06/21)

Loading

注目のテーマ