運輸・交通

日常生活で利用している鉄道や航空サービスはこれからどうなっていくのか? 運輸業界や交通サービスについての記事を集めました

新着記事一覧

news075.jpg

6月18日の東京株式市場で駅探の株価が急騰。前営業日に発表した法人向け交通費申請システムに市場の期待が集まった。独自の乗車ルート解析技術を生かし、経路の妥当性を評価する機能を持つ。(2018/06/18)

news121.jpg

私鉄10社と東京メトロが、「家庭の事情による転居」で辞めた社員を相互に受け入れる取り組みを開始。施策の名称は「民鉄キャリアトレイン」。業界全体での人材流出を防ぐ狙い。(2018/06/15)

news062.jpg

長崎新幹線のフリーゲージトレイン(軌間可変列車)採用は消えたが、近鉄が開発に積極的な姿勢を見せている。新幹線でなくても、この技術は役に立つ。なぜかというと……(2018/06/15)

news028.jpg

全国各地に存在する地方鉄道や第三セクター鉄道の多くは存亡の危機に直面している。地方鉄道の多くは、かつて大手民鉄の系列下でさまざまな支援を受けていたが、今日は独自で事業を維持していかねばならない状況だ。そうした中、特色を出し、生き残りを図る地方鉄道・第三セクター鉄道がある。(2018/06/13)

news076.jpg

タクシー会社の三和交通が、ドライバーが忍者やSPにふんして運転するサービスを開始。日本文化に興味がある訪日外国人が主なターゲットという。同社に取り組みの背景と狙いを聞いた。(2018/06/11)

news129.jpg

航空会社への賠償請求代行サービスなどを手掛ける米AirHelpが2018年版航空会社・空港ランキングを発表した。(2018/06/08)

news113.jpg

セブンイレブン店舗に商品を運ぶトラックとして、トヨタの燃料電池小型トラックを2019年春に2台導入し、実証実験を行う。(2018/06/07)

news053.jpg

JR西日本は近畿圏の強い輸送需要を抱える半面、沿線人口が減り赤字傾向の山陰地方のてこ入れが課題となっている。7月から始まる「山陰デスティネーションキャンペーン」が大きなチャンスだ。(2018/06/01)

news129.jpg

ソニーとソニーペイメントサービス、グリーンキャブなどのタクシー会社7社は5月31日、ソニーの人工知能(AI)技術を活用し、タクシー配車サービスを展開する準備会社「みんなのタクシー」を設立した。(2018/05/31)

news043.jpg

沖縄県交通政策課は那覇〜石垣航空路線で離島住民らの運賃を低減する「沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業」の適用保留を決定。(2018/05/28)

news085.jpg

新大阪駅で切符を販売していたJR東海の社員が、外国人客などから切符代10万円を着服。5月24日付で懲戒解雇された。切符を客の注文より多く発券し、払い戻す手口だった。(2018/05/24)

news121.jpg

JRが2020年春に運行開始予定の長距離列車の内装を発表。「多様性」などをテーマに、1両ごとに異なるタイプの座席する予定。個室や寝転がれる「ノビノビ座席」などを設ける。(2018/05/23)

news102.jpg

都営浅草線に新型車両「5500形」が登場。6月30日から運転を開始する。20年ぶりの新型車両は歌舞伎の「隈取り」をイメージしたデザイン。(2018/05/23)

news004.jpg

高速バスに乗る際、「会社名」で選ぶ人は少ない。「価格」や「利便性」を優先する人が多いなかで、“指名買い”される会社がある。平成エンタープライズだ。なぜこの会社が選ばれるのかというと……。(2018/05/23)

news078.jpg

国土交通省が、地方の風景を図柄に取り入れたナンバープレートを発表。地域・観光振興が狙い。「くまモン」など、地域のマスコットも盛り込んでいる。(2018/05/22)

news118.jpg

リコーは5月18日、100%出資の物流子会社リコーロジスティクス株式の66.6%を物流サービスを手掛けるSBSホールディングスに8月1日付で譲渡すると発表した。譲渡額は180億円。(2018/05/18)

news031.jpg

新幹線札幌駅が決着したJR北海道に新たな動きがあった。北広島市のベースボールパーク新駅構想に引き込み線方式の大胆案、新千歳空港駅も大改造構想が立ち上がる。JR北海道だけではなく、北海道全体にとっても良案だ。(2018/05/18)

news115.jpg

JR東日本は5月16日、東北新幹線の上野〜大宮間で所用時間を短縮するための関連工事に着手すると発表した。同区間の埼玉県内での最高速度を現行の時速110キロから時速130キロに上げ、最大1分程度縮める計画だ。(2018/05/16)

news079.jpg

JALが中距離国際線を運航するLCCを設立。2020年夏の就航を目指す。成田国際空港を拠点に、アジアや欧米などに就航する計画だ。(2018/05/14)

news076.jpg

akippaがIoTの技術を活用したゲート式駐車場管理システム「シェアゲート」を発表。駐車場のオーナー企業向けのシステムで、駐車場シェアリングサービスの効率化が狙い。オフィスビル、商業施設、ホテルなどに導入する。(2018/05/09)

news116.jpg

JR東日本は5月8日、伊豆行きの新たな観光特急列車を運行すると発表した。2020年春に運行を開始する予定で、同社初のプレミアムグリーン車を導入するほか、麺料理を楽しめるヌードルバーを特急列車内に開設する。(2018/05/08)

news115.jpg

若手起業家・吉田拓己氏が立ち上げたベンチャーnommocが、社名を冠したタクシー事業を始める。車内のディスプレイで広告を表示し、顧客企業から収益を得る仕組みで、運賃は不要。2019年のサービス開始に向け、クラウドファンディングで資金調達を始める。(2018/05/08)

news075.jpg

ネスレ日本は日本交通と組んで、タクシーの車内で美容ケアなどをしつつコーヒーを飲んでもらう「眠れる森の美女タクシー」キャンペーンを始めた。働く女性に的を絞り、プレイべート空間に商品を売り込むネスレ日本ならではの戦略と言える。(2018/05/07)

news025.jpg

JRの大都市近郊区間のみを利用する場合の「特例」を利用して、大回り乗車を楽しむ旅。今回は房総半島方面に向かう「海編」。(2018/05/02)

news102.jpg

埼玉・春日部市の“地下神殿”こと「首都圏外郭放水路」の観光活用に向け、東武トップツアーズが連携協定。さらなる集客を図り、地域活性化に協力する。基礎データ収集などの社会実験も行う予定だ。(2018/05/01)

news040.jpg

もうすぐ大型連休。鉄道に乗ることを楽しむ「乗り鉄スタイル」のお手軽な旅をご紹介。JR運賃の特例を使って、渋谷から160円で“大回り乗車”してみると……。(2018/04/27)

news050.jpg

ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は神奈川県藤沢市で24日、宅配車両に初めて自動運転技術を使った宅配サービスの実験を実施した。(2018/04/25)

news042.jpg

沿線の人口減少で利用者の増加が見込めない地方のローカル鉄道。この厳しい現状を打破しようと、これらの鉄道会社の間で、愛らしい女性を題材にした「萌(も)えキャラ」で活路を見いだそうとする動きが広がっている。(2018/04/25)

news050.jpg

新線計画がにぎやかな大阪近辺で、国土交通省が事業採算性の調査結果を発表した。なにわ筋線の開業を踏まえた接続路線については良好。ただし、伊丹空港と阪急宝塚線を結ぶ路線は40年間で黒字転換する見通しが立たないという。国内線航空利用者にはガッカリする結果となった。(2018/04/20)

news071.jpg

東京メトロと富士ゼロックスが、東京メトロの駅構内に簡易ワークスペースを設置する実証実験を行う。ビジネスパーソンのテレワークを支援する狙いで、ネット上で予約可能。内部には机、椅子、液晶モニター、無料Wi-Fiが完備されている。(2018/04/19)

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -