ビッグデータ

新着記事

icon

日立製作所が、ビーコンを活用し、施工現場での作業者の行動を見える化する「動態管理サービス」を発表。工場や社会インフラなどの国内外の施工会社向けに提供し、作業効率の向上と安全性の確保に貢献する構え。

(3月27日 10時00分)
icon
DMP成功まで、あと1センチ(11):

「データは現代の石油」なんて言葉があるように、データにはビジネスを変える大きな価値があるわけですが、そのデータには3種類あることを把握していますか? 目的によって集めるデータを変えていかないと、集めただけで意味がなかった、なんてことも……。

(3月24日 09時00分)
icon
IBM InterConnect 2017:

「こんな映像が見たい」「あのシーン、何で見たんだっけ……」そんな映像探しが、“映像ならではの特徴”を学習したWatsonによって大きく変わるかもしれない。IBM InterConnect 2017で話を聞いた。

(3月22日 07時00分)
icon

KDDIとアクセンチュアが合弁会社「ARISE analytics」設立で合意。新会社は、KDDIグループ向けに、顧客体験価値(Customer Experience:CE)の向上とパートナービジネスの推進を支援するアナリティクスサービスを開発・提供していく。

(3月15日 08時45分)
icon

Watsonをはじめとするコグニティブ技術と気象予報士により、気象データをさらに詳細に分析し、企業向けに気象情報を提供するサービスを日本IBMが開始。気象予報や気象データに加え、気象がビジネスにもたらす影響についての企業の意思決定を支援するコンサルティングサービスも提供する。

(3月14日 08時30分)
icon
Azure活用で動画製作費10億円がタダに?:

静岡大学と日本マイクロソフトが、大学教育におけるデジタルトランスフォーメーション推進において協力すると発表した。AI時代に通用する人材育成を目指すとともに、授業の動画化を推進するシステムを開発したという。両者にはどのような狙いがあるのだろうか。

(3月10日 13時20分)
icon
DMP成功まで、あと1センチ(10):

データさえ集まれば何かが分かるのでは――。そんな“夢物語”を抱き、仮説を立てずに集めるデータを増やそうとする人は多いものです。しかし、そんなうまい話があるはずもなく……?

(3月10日 08時00分)
icon

気象データと自社のデータを組み合わせると、どんなビジネスが生まれるのか――。日本気象協会の講演後に行われたディスカッションでは、さまざまなアイデアが生まれた。

(3月9日 08時00分)
icon
Computer Weekly:

調査の結果、AI導入企業の90%はAIのメリットを引き出せていないという。さらに、彼らは多くの懸念を抱えていた。AIを活用するために解決しなければならない課題とは何か。

(3月8日 10時00分)
icon

NECが、購買行動データや商品属性を活用したマーケティング、需要予測などにAIを活用するスーパーマーケット向けソリューションの提供を開始した。併せてIaaS対応の本部基幹業務ソフトとセミセルフPOS端末の新製品も発表。

(3月7日 08時30分)
icon

業界初の商用利用可能な汎用量子コンピューティングシステム「IBM Q」をクラウドサービスとして提供。併せて量子コンピュータプラットフォームの新APIとシミュレーターも発表した。

(3月7日 08時20分)
icon
データがクリエイターとビジネスをつなぐ:

BIツールを使い、データ分析文化が広がりつつあるゲーム業界大手のカプコン。同社では、今オンラインサービス関連業務の組織改革が進んでいるという。部門横断の新組織が生まれた背景やビジョンを聞いた。

(3月2日 08時00分)
icon
エンプラこぼれ話:

TwitterやLINEでユーザーと自然言語で会話ができる、日本マイクロソフトの女子高生AI「りんな」がアパレル大手と組んで、オンラインショップの店員に。その裏には“オタク化”しつつあるりんなを、より“女子高生っぽく”したいという狙いもあったようだ。

(2月27日 19時02分)
icon
脱Excelで作業速度が10倍に:

買い切り型から運用型へとビジネスモデルがシフトしつつあるゲーム業界。業界大手のカプコンも既存ブランドのオンラインタイトルをリリースしている。収益のカギを握るユーザー動向の分析に立ち上がったのは、1人の“ゲーム女子”だった。

(2月27日 08時00分)
icon

3月15日から17日まで、東京ビッグサイトで第8回 国際自動車通信技術展が開催される。クルマとITの融合から生まれる新しいビジネスに着目したセミナーも予定されている。

(2月24日 21時30分)
icon
DMP成功まで、あと1センチ(9):

DMPを導入すれば、ビジネスにつながる発見が自動的に分かると思っていた――。そんな“夢物語”を抱く人は意外と多いです。出てきたデータから「仮説」を導き出すのはあくまでアナタ。分析したけれど、次に何をすればいいか分からないと悩む人は、ぜひ読んでみてください。

(2月24日 08時00分)
icon
ビッグデータ利活用と問題解決のいま:

最近では複数のサプライヤー/パートナーのエコシステムによって、ビッグデータ関連のサービスが提供されるようになってきた。このようなエコシステムを形成するサプライチェーンのリスクマネジメントは、どうなっているのだろうか。

(2月16日 08時00分)
icon

企業におけるデータ活用には、社内のデータに加えて社外のデータを活用することも重要な視点だ。中でも気象データがビジネスに影響する業界は、全体の約3割だという。日本気象協会は最近、詳細な気象データをビジネスに生かすための実証実験を行っているという。

(2月15日 08時00分)
icon
即席!3分で分かるITトレンド:

ここ数年、脚光を浴びているウェアラブルデバイスについて、その歴史を振り返りつつ、期待される展開や留意点などをまとめます。

(2月14日 12時00分)
icon
【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:

雑談対話に特化したシステムやアルゴリズム、超指向性マイクなど、最先端の技術を使っても、人間と人工知能が雑談を続けるというのは難しい。インタビューの最終回では、なぜ対話が破綻するのか、そして、それを解決するための研究の最先端に迫る。

(2月14日 08時00分)

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ