ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「航空機」最新記事一覧

格安航空のPeach、ビットコイン決済導入へ
日本国内の航空会社がビットコイン決済サービスを導入するのは初めてという。(2017/5/22)

PC機内持ち込み禁止令の欧州への適用拡大めぐり米欧当局が協議 当面は見送りへ
世界で最も多くの便が行き交う大西洋航路。とりあえず混乱は回避された。(2017/5/22)

GDPRは単なる規制ではなくチャンス
ユナイテッド航空“乗客追い出し騒動”に学ぶ、「一般データ保護規則」順守の心得とは
EUの「一般データ保護規則」(GDPR)を表面的に順守するだけでは、顧客との信頼関係を構築するせっかくのチャンスを逃すことになる。どのように順守の準備を進めればよいのか。(2017/5/18)

Watson Summit 2017:
“孤独で時間に追われる”仕事が激変 JAL整備士の働き方を変えた“神アプリ”の作り方
閉ざされた環境で孤独に、大忙しで作業する――。そんな航空整備士たちの働き方を変えたiPhoneアプリがある。IT部門は、整備士たちの課題をどのような形で解決したのか。JALエンジニアリング IT企画部 部長 西山一郎氏が語った。(2017/5/17)

FAニュース:
ボーイングや三菱重工も協力する東大生産技術研究所、新拠点で再スタート
東京大学 生産技術研究所は移転した附属千葉研究所を関係者や記者向けに公開した。航空機向けの加工技術の開発をはじめ、市街地を模した道路や線路でのモビリティの実験などを加速させる。(2017/5/16)

組み込み採用事例:
航空機部品の管理効率化のため、RFIDラベルを提供
富士通は米Boeingと、RFIDラベル「FUJITSU RFID Integrated Label」の供給契約を締結した。Boeingが実施する、航空機部品のライフサイクル管理効率化に向けたRFID導入プロジェクトにおいて、RFIDラベルを提供する。(2017/5/16)

「見える化」で業務改革:
SUBARUの航空機生産を支える1人の男と「QlikView」
自動車メーカー「SUBARU」に航空宇宙事業という“別の顔”があるのをご存じだろうか。1万点以上にものぼる部品を管理しながら、設計とテストを繰り返す。航空機開発の複雑な業務フローに混乱していた現場を救うため、1人の男が立ち上がった。(2017/5/15)

中東・北アフリカ地域以外にも拡大:
米、PC機内持ち込み禁止を欧州諸国にも適用の公算
トランプ米政権は、PCなど電子機器の機内持ち込みを禁止する措置を複数の欧州諸国にも適用を拡大する公算が大きい。(2017/5/11)

富士通 FUJITSU RFID Integrated Label:
航空業界のIoT化へとつながる――RFIDラベルの可能性
富士通は、Boeingの航空機部品のライフサイクル管理効率化に向けたRFID導入プロジェクトにおいて、RFIDラベル「FUJITSU RFID Integrated Label」が採用されたことを発表した。(2017/5/10)

国民は「うんざり」:
救済か破たんか、苦境のアリタリア航空に揺れるイタリア
イタリアのフラッグキャリア、アリタリア(Alitalia)航空が再び経営危機によって急降下するのを目の当たりにした同国の国民の多くが、いっそ「墜落」する方が国のためではないかと考え始めている。(2017/5/8)

ANA機内で暴れたアメリカ国籍の男性、降機を求められて職員に暴行 現行犯逮捕され送致
ケガをした男性職員は軽症とのことです。(2017/5/3)

乗客を強制的に降機させ物議を醸したユナイテッド航空 「不本意な乗客を降ろさない」など対応変更を発表
年内に10種の再発防止策を講じる方針。(2017/4/28)

ユナイテッド航空、オーバーブッキングで降りる客に最大約110万円補償へ
オーバーブッキングを理由に乗客を無理やり降ろしたとして、批判の声が高まっていた。(2017/4/28)

「オーバーブッキングで引きずり下ろし」あなたにも起きるかも? 知っておきたい背景知識
海外旅行のリスク管理として、「オーバーブッキング引きずり下ろし」騒動の経緯や過剰予約時のルール、航空警察の役割といった背景を知っておいて損はない。(2017/4/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
実は怖い、インド便のトイレ
航空会社のトラブルが相次いでいる。男性が警察に引きずり出されたり、母親がベビーカーを奪われたり。いずれも米国の航空会社で起きたわけだが、客室乗務員によると「インド便で深刻な問題がある」という。どういうことかというと……。(2017/4/27)

「A321neo」に対抗:
米ボーイング、737MAX新型機を6月にローンチへ
米航空機大手ボーイング(Boeing)は、737型機の最新モデル「737MAX10」を6月にもローンチする。(2017/4/26)

省エネ機器:
人を“電気”で空へ、電動飛行機の実用へ成果続々
電気だけで空を飛ぶ、電動飛行機の開発が進んでいる。ドイツのスタートアップ企業は“垂直離着陸”が可能なユニークな電動飛行機の試験飛行に成功した。一方大手企業のシーメンスは、開発中の電動飛行機で飛行速度の世界記録を達成した。(2017/4/25)

機内でベビーカーを取り上げられた母親が号泣する動画が物議 アメリカン航空が不適切な対応を謝罪
他の乗客が、乗務員と口論になる一幕も。(2017/4/24)

「豪華客船の旅」意外に安い? 「第2のクルーズ元年」到来か
「第2のクルーズ元年」が到来するのは、間近かもしれない。航空便やホテルの予約サイトとの間で顧客争奪戦が激しさを増す中、「上質な船旅」の提供は、旅行大手が強みを発揮できる重要な分野となりつつある。(2017/4/20)

紙飛行機が自由自在 スマホで遠隔操作するガジェット「PowerUp 3.0」が楽しそう
地上55メートルまで飛行可能です。(2017/4/20)

採算ラインをクリアできるか:
威信問われる「国策」MRJ、5度納入延期で先行きに暗雲
初号機の納入が5度延期された国産旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」。政府支援の下、事業自体は長期に継続される見通しだが、日本の航空機産業の復活を託された「国策」プロジェクトとしての威信は大きく揺らいでいる。(2017/4/18)

主張に食い違い:
ユナイテッド航空、結婚式に向かうカップルを降ろす
米ユナイテッド(United)航空でヒューストンから結婚式のためにコスタリカに向かおうとしたカップルが、連邦保安官によって機内から降ろされた。(2017/4/17)

“旅客機から乗客を強引に引きずり下ろすVRゲーム”開発始動 ユナイテッド航空への痛烈な皮肉
クラウドファンディングで開発資金を募集。その結果いかんで、支援額は航空会社の乗客を保護する消費者団体へ寄付されます。(2017/4/17)

航空業界が過剰予約を擁護、ユナイテッド問題受け
ユナイテッド(United)航空問題を受け、航空各社は、定数以上の座席を販売することで航空券の値上がりを抑えることができるとし、オーバーブッキングを擁護している。(2017/4/14)

引きずり降ろされた際に負傷:
ユナイテッド航空の被害男性、提訴の公算 鼻骨折し歯2本折る
ユナイテッド(United)航空の被害男性は同社を提訴する公算が大きい。(2017/4/14)

ユナイテッド航空、乗客引きずり降ろしについて正式謝罪
ユナイテッド航空のムニョスCEOが、オーバーブッキングを理由に乗客を引きずり降ろした件について正式に謝罪し、4月30日までに再発防止策について発表すると約束した。(2017/4/12)

自社擁護で火に油:
米ユナイテッド航空CEOが謝罪、乗客の強制排除問題で
米ユナイテッド(United)航空のムニョスCEOは、オーバーブッキングによって搭乗機から強制的に降ろされた男性客に謝罪した。(2017/4/12)

米ユナイテッド航空CEO、乗客を引きずり下ろした問題で謝罪
再発防止のために規定を見直すことも明らかに。(2017/4/12)

ユナイテッド航空機から引きずり降ろされた乗客の動画が物議 オーバーブッキング時のルールとは?
ユナイテッドの対応が非難を浴びている。その全貌が乗客らの証言から明らかに。(2017/4/11)

ユナイテッド航空で話題の「オーバーブッキング」、日本で起こった場合は? JALとANAに対応を聞く
米ユナイテッド航空で起こった過剰予約による乗客の強制連行事件。日本の場合どうなるのでしょうか。(2017/4/11)

ユナイテッド航空、アジア人男性医師を無理やり引きずりおろす SNS上でボイコットも
自社乗務員の席がなかったからとのこと。(2017/4/11)

遺影を「お客さま」と呼んで隣の席に座らせてくれた航空会社の神対応
本当に2人旅をしているような気持ちに。(2017/4/5)

UAEのエティハド航空が米国便でiPadを貸し出しへ 電子機器の機内持ち込み禁止令を受けて
持ち込みがダメなら航空会社が提供すればいいじゃない。規制への対策スタート。(2017/3/30)

終わりなき戦い:
PCの機内持ち込み禁止、爆発犯との「いたちごっこ」か
一部の国際線において携帯電話より大きい電子機器の機内持ち込みが禁止されたことで、過激派組織と治安当局が繰り広げているきわめて重要で技術的な闘いが浮き彫りになった。(2017/3/28)

Japan Drone 2017:
測量作業で活用が進むドローン、その今を見てきた
日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が主催した「Japan Drone 2017」(2017年3月23〜25日/東京ビッグサイト)では、無人航空機(ドローン)を活用した測量技術、サービスが展示された。(2017/3/28)

レギンスはいた少女の搭乗拒否 ユナイテッド航空に批判
レギンスをはいた少女の搭乗を拒否したユナイテッド航空に、「いつからユナイテッド航空は女性の服装を取り締まるようになったのか」と批判が寄せられました。(2017/3/27)

旅行者の負債100億円:
海外旅行会社「てるみくらぶ」が破産 返金は困難か
航空券が発券できないなどのトラブルが起きていた格安海外旅行会社の「てるみくらぶ」が自己破産。(2017/3/27)

JAXA、Office 365を活用した職員のコミュニケーション基盤を構築
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、職員向けのコミュニケーション基盤「JAXA Sphere」を構築。場所に依存しない柔軟な働き方で業務や研究開発の効率化、スピード向上を支援する。(2017/3/24)

またまたやりました 「加賀カレー」が横須賀海軍カレー本舗で限定再販、「かが」就役を記念して
航空母艦「加賀」をモチーフにしたあのカレーが800食限定で帰ってくる!(2017/3/23)

米英政府による電子機器の機内持ち込み禁止令 生産性低下だけでなく発火を懸念する声も
貨物室に持ち込まれたノートPCは果たして大丈夫なのか?(2017/3/23)

米政府、一部地域からの電子機器の機内客室持ち込み禁止 英国も追随
英米政府当局が、テロ対策として、中東や北アフリカの一部地域から自国への旅客機の搭乗者による電子機器の機内客室持ち込みを禁止した。国籍にかかわらず、ノートPCなどは貨物スペースに預ける必要がある。(2017/3/22)

1位韓国、2位中国:
訪日客、2月も好調の203万人超 航空便の増加など影響
2月の訪日外国人数は、203万6000人だった――日本政府観光局(JNTO)調べ。(2017/3/16)

自然エネルギー:
液体水素で動く飛行機、実現するのか
オランダのライデン大学で教授を務めるJo Hermans氏は、ポスト化石燃料時代において、輸送機関に用いる最適な燃料を検討した。その結果、飛行機については液体水素が適すると結論づけた。太陽光や自動車についても検討結果を公開している。(2017/3/14)

社内に予報施設を新設:
日本IBMが天気予報を開始 なぜ?
日本IBMが、「Watson」を活用した気象予報サービスを開始。航空業界、電力業界、メディア業界向けのサービスの提供を始める。(2017/3/13)

日本IBM、気象予報に本格参入 人工知能で予測、電力会社などにデータ提供
気象変化を人工知能が予測し、電力会社や航空会社にデータを提供するサービスを日本アイ・ビー・エムが始める。(2017/3/13)

独自のツインセンサー技術を採用:
NDKとJAXA、宇宙用材料向けガス計測センサー開発
日本電波工業(NDK)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、真空環境下において宇宙用材料などから放出されるアウトガスを計測するシステム「Twin QCM」を開発したと発表した。(2017/3/13)

インドの航空会社が女性スタッフだけで世界一周飛行を達成 ギネス記録にも申請
機内のクルーだけでなく、地上スタッフも全員女性という徹底ぶり。(2017/3/9)

オンリーワン技術×MONOist転職(9):
高精度技術はスマホから宇宙へ――中島田鉄工所
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第9回。今回は、スマホの極小ネジ製造装置から航空宇宙関連事業まで、高精度な加工・組み立て技術で挑戦を続ける中島田鉄工所を紹介する。(2017/3/3)

水曜インタビュー劇場(物怖じしない公演):
知られざる“地上パイロット”の調整力に仰天
航空会社で“地上のパイロット”と呼ばれている人がいることをご存じだろうか。正式名は「運航管理者」。パイロットと同等の立場で、意見を言うことができる運航管理者はどのような仕事をしているのだろうか。JALの担当者に話を聞いたところ、彼らの調整力にびっくり!(2017/3/1)

NoSQL活用事例
MongoDB導入で航空券発行サービスから総合旅行支援サイトへ進化
複数の航空会社のオンライン航空券発行サービスを提供していたAmadeusは、NoSQLの「MongoDB」を導入したことにより柔軟な検索が可能になり、複雑な条件検索が可能な総合旅行支援サイトに生まれ変わった。(2017/2/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。