ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「航空機」最新記事一覧

航空機のような有人機で宇宙旅行へ H.I.SとANA、宇宙輸送事業化に向けた開発会社との提携を発表
もうすぐ国内旅行、海外旅行、宇宙旅行の3択になるかも……!?(2016/12/2)

宇宙開発に広がる民間参入 ANAとHISが共同出資 後発日本勢に追い風
宇宙へのビジネス展開で欧米勢の後塵(こうじん)を拝してきた日本勢だが、航空大手と旅行大手が参画することは、後発の日本勢にとって追い風となる。(2016/12/2)

DMM.make 3Dプリントサービス:
PPS素材の3Dプリントサービスを開始、自動車や航空宇宙部品などの造形に活用可能
DMM.comが展開する「DMM.make 3Dプリントサービス」では、PPS(ポリフェニレンサルファイド)素材の造形代行サービスを新たに開始した。(2016/12/2)

JIMTOF2016:
金属3Dプリンタの利用領域拡大、自動車部品や航空機部品を狙い大型化
松浦機械製作所は「JIMTOF2016」において、ハイブリッド金属3Dプリンタ「LUMEX Avance-60」を出展。大型化に対応し、従来の精密製品の金型用途だけでなく自動車部品など幅広い製品ニーズに対応する。(2016/12/1)

目的地がどこか不明な航空券「どこかにマイル」、JALが6000マイルで提供
羽田空港から日本国内の“どこか”の空港に、通常の半分以下の6000マイルで行ける「どこかにマイル」を、JALが12月に始める。(2016/11/30)

通常の半分以下のマイルで:
6000マイルで羽田と“どこか”の国内空港を往復 JALとNRI
日本航空と野村総合研究所は12月12日午前11時から新サービス「どこかにマイル」の提供を開始。6000マイルで羽田空港からJALグループの直行便が運航する全国の“どこか”の空港に行ける。(2016/11/29)

ブラジルサッカー選手搭乗の飛行機墜落 現場写真、コロンビアのメディアが報じる
一刻も早い生存者救出が望まれます。(2016/11/29)

西東京試験センターを見学:
“技術力の積み重ね”で差別化を、OEGの評価試験
OKIエンジニアリング(OEG)は2015年2月、宇宙航空・産業機器向けの環境試験サービス事業を拡大するため、「西東京試験センター」を開設した。本記事は、西東京試験センターについてOEG社長の柴田康典氏に話を聞くとともに、施設の様子を写真で紹介していく。(2016/11/28)

ざこ寝ができる飛行機 エコノミークラスに革新 NZ航空が導入
ニュージーランド航空は、家族連れやカップルでざこ寝ができるシート「スカイカウチ」をエコノミークラスで導入した。(2016/11/25)

NZ航空がエコノミークラスに:
ざこ寝ができる飛行機、関空救世主になるか
関空でニュージーランド航空が存在感を高めている。家族連れやカップルでざこ寝ができるシート「スカイカウチ」をエコノミークラスで導入し、話題性も十分だ。(2016/11/24)

「革命もたらす」 運転手不要の“空飛ぶタクシー” Airbus、来年に自動操縦機プロトタイプ
欧州航空機大手、Airbusグループは、運転手のいない「空飛ぶタクシー」の実現を本気で考えているようだ。(2016/11/16)

LCCのピーチ・アビエーション、初の新卒採用
格安航空会社のピーチ・アビエーションが創業以来初めての新卒採用を実施する。職種はCA。好調な業績が背景にある。(2016/11/8)

製造IT導入事例:
宇宙産業関連企業が航空宇宙産業向け統合ソリューションを導入
シーメンスPLMソフトウェアは、同社の航空宇宙産業向けの統合ソリューションを仏Airbus Safran Launchersが導入したことを発表した。同ソリューションは、PLMソフトウェアとMOMソフトウェアから構成される。(2016/11/7)

アメリカ海軍の航空母艦「ミッドウェイ」はどのように情報をやりとりしていたのか 電信制御室を見てきた
10月31日〜11月4日に開催されるAdobe MAXに参加するため、筆者はサンディエゴに上陸。すると近くに空母博物館が。Adobe MAX会期前、時間があったので行ってきた。(2016/11/2)

落とし物追跡用IoTデバイス、航空機の整備機材管理に JALが実証実験
JALとMAMORIOが、IoT技術を活用して航空機整備用品の位置情報を管理する実証実験を行うと発表。(2016/11/1)

オンリーワン技術×MONOist転職(5):
トラックを彩る世界唯一プリンタ、航空機にも――エルエーシー
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第5回。今回は、特殊用途のプリンターを開発、製造、販売しているエルエーシーの「オートボディプリンター」を紹介する。(2016/10/31)

日本オラクル/三菱重工航空エンジン Oracle Java Cloud Service:
製品不具合や納期遅延をリアルタイムに把握できるサプライヤー向けポータルサイトを構築
日本オラクルは、三菱重工航空エンジンがサプライヤー向けポータルサイト構築にクラウド型Javaアプリケーション開発・実行基盤「Oracle Java Cloud Service」を採用したことを発表した。(2016/10/31)

工場ニュース:
需要拡大に備え、航空機器事業のアクチュエーター工場を新設
ナブテスコは、岐阜工場敷地内に航空機器事業のアクチュエーター工場を新設すると発表した。将来の需要拡大に備え、材料から完成品までの一貫生産体制を構築し、品質・生産性の向上を目指す。(2016/10/28)

三菱重工航空エンジン、サプライヤー向けポータルをPaaSで構築
Oracleのクラウドプラットフォーム「Oracle Java Cloud Service」を活用して、納期情報や製品不具合時の情報をやりとりするサプライヤーポータルを構築。業務プロセスの効率化・可視化を目指す。(2016/10/27)

航空機の乗客数不一致、過去5年で236件 ANAのトラブル受け、国交省が調査
搭乗手続きをした人数と乗客数が一致しないトラブルが、過去5年間で236件――国交省が、国内の航空会社の調査結果を発表。うち、定員を超過したのは5件だった。(2016/10/25)

ビジネスクラスを利用したことがある人は21%、年収は?
飛行機のビジネスクラスを利用したことがある人はどのくらいいるのだろうか。20〜60代の男女に聞いたところ「利用したことがある」と答えたのは21%だった。エクスペディア・ジャパン調べ。(2016/10/25)

なにこれかっこいい! 米国写真家が手掛けた"渡り鳥のように航空機が一斉に飛んでいる写真"が秀逸
2014年から世界各国で制作。(2016/10/23)

世界一長持ちする乾電池:
パナの乾電池「エボルタ」で東海大が有人飛行最長記録に挑む
パナソニックの乾電池「エボルタ」を動力とした飛行機が11月3日、滋賀県の琵琶湖で有人飛行のギネス世界最長記録に挑戦する。エボルタと東海大生がギネス世界記録でノーベル賞を逃した仇を討れるか、注目される。(2016/10/20)

国交省、サムスンのスマホ「Galaxy Note7」の機内持ち込みを全面禁止に 米国では機内持ち込みで刑事訴追される可能性も
電源を切った状態でも持ち込み禁止です。(2016/10/18)

「Galaxy Note7」日本も機内持ち込み禁止 国交省が航空会社に指示
Galaxy Note7の発煙・発火事故が相次いでいる問題で、国土交通省は日本の航空会社に対し機内持ち込みを禁止するよう指示した。(2016/10/17)

米連邦政府、リコール対象の「Galaxy Note7」の機内持ち込み禁止の緊急命令
発火報告が相次ぎ、2度目のリコールが決まったSamsung Electronics製スマートフォン「Galaxy Note7」について、米国内での機内持ち込みを禁ずる緊急命令が10月15日に発効する。(2016/10/15)

自然エネルギー:
宇宙の太陽光発電へさらに前進、レーザーによる電力伝送実験で好結果
未来の再生可能エネルギーとして期待がかかる「宇宙太陽光発電システム」の実用化に向けて、地上の実証実験が進んでいる。宇宙航空分野の研究開発を担うJAXAはレーザーを使った無線の電力伝送に取り組み、高精度のシステムを実証した。宇宙からの伝送に必要なミクロな精度で送電する。(2016/10/14)

パイロットに乱気流の情報をリアルタイム配信
ユナイテッド航空はパイロットの使うiOSアプリが安全運行を支えている
ユナイテッド航空は、「iOS」のカスタムアプリケーションとエンタープライズモバイル管理(EMM)ソフトウェア「VMware AirWatch」を使って、搭乗者の安全を確保しているという。どのような取り組みだろうか。(2016/10/14)

LINEで搭乗手続き トーク画面をかざすだけ 北海道の航空会社がスタート
北海道の航空会社AIRDOが、LINEアカウントで搭乗手続きできるサービスを始める。空港の保安検査場でトーク画面上のQRコードをかざすだけで搭乗できる。(2016/10/7)

LINEで搭乗 「エア・ドゥ」から登場 航空会社初のサービス提供
マスコットキャラクター「ベア・ドゥ」のLINEスタンプも配信。(2016/10/6)

飛行機に乗るのもLINEから AIRDOが航空会社初のサービス
北海道の航空会社、AIRDOは、コミュニケーションアプリ「LINE」と搭乗システムを連携させた搭乗サービス「AIRDO ONLINE Service」を10月18日から提供する。(2016/10/6)

Samsung製スマートフォン、対策品でも航空機内で発火か 米国で運航中止に
「GALAXY Note 7」とみられるSamsung製スマートフォンが、出発前の航空機内で発火する事件が発生。乗客乗員にケガはなし。(2016/10/6)

蓄電・発電機器:
航空機も燃料電池へ、4人乗りで最長1500キロメートル
ドイツの国立航空宇宙研究センターが燃料電池で飛ぶ4人乗りの航空機の飛行に成功した。低温で動く固体高分子形の燃料電池と水素格納装置を搭載して、水だけを排出しながら最長1500キロメートルを飛ぶことができる。最大出力は80kWで、離陸時や上昇時には蓄電池から電力を補給する。(2016/10/6)

衛星電話も「小さく」「安く」なった
「飛行機からインターネット」を支える「衛星データ通信」入門
衛星回線や衛星データ通信接続について、どこでも使えるメリットとそのコストを考えるために知っておくべきことを確認しておこう。(2016/9/28)

突然の切ない最期 大きな1/2スケールのラジコン飛行機がバラバラになる悲劇
一瞬にして跡形もなく散っていきました……。(2016/9/23)

バッテリーの発火事故を受けて:
「Galaxy Note 7」、FAAが機内での使用禁止を勧告
Samsung Electronics(サムスン電子)のスマートフォン「Galaxy Note 7」のバッテリー発火事故を受け、米連邦航空局(FAA)は、同スマートフォンを飛行機内で使用したり充電したり、預け入れ荷物の中に入れたりすることを禁止する勧告を出した。(2016/9/16)

総額は約6億4700万円――じゃらんnet、第2期「九州ふっこう割」クーポンを配布開始
リクルートの旅行サイト「じゃらんnet」が、総額約6億4700万円の第2期「九州ふっこう割」クーポンを配布。九州の宿泊施設や、航空券と宿泊施設を自由に組み合わせることができるダイナミックパッケージに利用可能だ。(2016/9/13)

航空機の搭乗手続き確認、厳格化へ 新千歳のすり抜け事件受け国交省が指示 「損害賠償」も警告
新千歳空港で起きた乗客のすり抜け事件を受け、国交省が搭乗手続き確認の厳格化などを航空会社・空港に指示。(2016/9/13)

爆発報告相次ぐ「Galaxy Note7」、米当局も使用中止を呼び掛け
Samsungが8月に米国などで発売(日本では未発売)した最新Android端末「Galaxy Note7」で相次ぐ発火・爆発事故の報告を受け、米連邦航空局(FAA)、日本の国土交通省、米消費者製品安全委員会(CPSC)が使用中止などを勧告した。(2016/9/12)

HAKUTO×JAXA:
JAXAが民間宇宙開発を支援、HAKUTOと共同研究契約
民間宇宙探査チーム「HAKUTO」が宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同研究を実施する。これまで実測データがほとんど存在しない、月遷移軌道と月面の宇宙放射線線量測定を試みる。(2016/9/8)

自然エネルギー:
風力発電のブレード点検はドローンで、義務化進む風力発電の定期点検に対応
エアロセンスは、古河電工グループの商社である古河産業と、エアロセンスの自律型無人航空機システム(ドローン)による風力発電所のブレード点検を開始した。(2016/9/5)

半世紀ぶりの国産旅客機:
MRJ、空調トラブルで2日連続引き返す 今後の受注活動に影響も
三菱航空機が開発中の小型ジェット旅客機「MRJ」の試験機1号機が28日、米国で飛行試験を行うため、愛知県営名古屋空港を離陸した後、2時間15分後に同空港に戻った。前日も米国に向けて飛行を試みたが、離陸直後に引き返していた。(2016/8/30)

山形豪・自然写真撮影紀:
ヘリコプターからアフリカの自然を撮る
以前この連載で、軽飛行機からの空撮の話はさせていただいたが、今回はヘリコプターを利用しての撮影についてご紹介したい。(2016/8/27)

インターシル 日本法人社長 大久保喜司氏:
PR:将来を先取りした“賢い電源”で、IoT時代を切り開く
航空宇宙分野で培った高信頼技術などを駆使した電源ICを中心に、幅広い市場で拡販を進めるインターシル。強みを持つパワーマネジメントの中でも、今後の鍵となる言葉として掲げるのが“賢いデジタル電源”だ。「顧客のサービス向上につながる“賢いデジタル電源”を提供し、急速に進むIoT(モノのインターネット)化に貢献する」と、同社日本法人社長の大久保喜司氏は語る。(2016/8/22)

現場に支持されるMRアプリの作り方 JALに聞く開発秘話
MR(Mixed Reality)技術は企業にどんな可能性をもたらすのだろうか。日本航空はMicrosoftの「HoloLens」を利用するアジア初の業務アプリのプロトタイプを開発した。同社のプロジェクトチームにその舞台裏を聞く。(2016/8/19)

中国人の五輪観光、平均消費110万円 航空券やホテル代は高騰
ブラジル行きの航空チケットやホテル代は高騰しており、これに五輪観戦チケットを加えた中国人観光客のリオ五輪での平均消費額は7万2145元(約110万円)に上ると予測されている。(2016/8/17)

試験期間は約1年の見込み:
国産MRJ、月内に米国へ ロシア経由、試験本格化
三菱航空機は国産初のジェット旅客機MRJの試験1号機を、実用化に向けた飛行試験を米国で行うため月内に初飛行させる方向で調整している。(2016/8/16)

羽田発の飛行機で荷物未搭載のトラブルが複数発生 原因はベルトコンベアのセンサー故障 各社の対応は
ANA、AIR DO、ソラシドエア、スターフライヤーなどで遅延および荷物搭載のトラブルが発生しています。(2016/8/12)

NASAの火星有人探査、2030年代に実現へ そのカギは……「VR訓練」
盛り上がりを見せるVRの世界。2030年半ばに火星有人探査を計画するアメリカ航空宇宙局(NASA)も宇宙飛行士の訓練に活用を見込んでいるようだ。(2016/8/9)

デルタ航空、本社停電で740便以上欠航 バックアップシステムへの切替失敗
米Delta Air Linesのアトランタにある本社で8月8日未明に停電があり、その影響で740便以上が欠航になった。バックアップシステムへの切り替え失敗の原因などについて、現在調査中だ。(2016/8/9)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。