ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「航空機」最新記事一覧

「豪華客船の旅」意外に安い? 「第2のクルーズ元年」到来か
「第2のクルーズ元年」が到来するのは、間近かもしれない。航空便やホテルの予約サイトとの間で顧客争奪戦が激しさを増す中、「上質な船旅」の提供は、旅行大手が強みを発揮できる重要な分野となりつつある。(2017/4/20)

紙飛行機が自由自在 スマホで遠隔操作するガジェット「PowerUp 3.0」が楽しそう
地上55メートルまで飛行可能です。(2017/4/20)

採算ラインをクリアできるか:
威信問われる「国策」MRJ、5度納入延期で先行きに暗雲
初号機の納入が5度延期された国産旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」。政府支援の下、事業自体は長期に継続される見通しだが、日本の航空機産業の復活を託された「国策」プロジェクトとしての威信は大きく揺らいでいる。(2017/4/18)

主張に食い違い:
ユナイテッド航空、結婚式に向かうカップルを降ろす
米ユナイテッド(United)航空でヒューストンから結婚式のためにコスタリカに向かおうとしたカップルが、連邦保安官によって機内から降ろされた。(2017/4/17)

“旅客機から乗客を強引に引きずり下ろすVRゲーム”開発始動 ユナイテッド航空への痛烈な皮肉
クラウドファンディングで開発資金を募集。その結果いかんで、支援額は航空会社の乗客を保護する消費者団体へ寄付されます。(2017/4/17)

航空業界が過剰予約を擁護、ユナイテッド問題受け
ユナイテッド(United)航空問題を受け、航空各社は、定数以上の座席を販売することで航空券の値上がりを抑えることができるとし、オーバーブッキングを擁護している。(2017/4/14)

引きずり降ろされた際に負傷:
ユナイテッド航空の被害男性、提訴の公算 鼻骨折し歯2本折る
ユナイテッド(United)航空の被害男性は同社を提訴する公算が大きい。(2017/4/14)

ユナイテッド航空、乗客引きずり降ろしについて正式謝罪
ユナイテッド航空のムニョスCEOが、オーバーブッキングを理由に乗客を引きずり降ろした件について正式に謝罪し、4月30日までに再発防止策について発表すると約束した。(2017/4/12)

自社擁護で火に油:
米ユナイテッド航空CEOが謝罪、乗客の強制排除問題で
米ユナイテッド(United)航空のムニョスCEOは、オーバーブッキングによって搭乗機から強制的に降ろされた男性客に謝罪した。(2017/4/12)

米ユナイテッド航空CEO、乗客を引きずり下ろした問題で謝罪
再発防止のために規定を見直すことも明らかに。(2017/4/12)

ユナイテッド航空機から引きずり降ろされた乗客の動画が物議 オーバーブッキング時のルールとは?
ユナイテッドの対応が非難を浴びている。その全貌が乗客らの証言から明らかに。(2017/4/11)

ユナイテッド航空で話題の「オーバーブッキング」、日本で起こった場合は? JALとANAに対応を聞く
米ユナイテッド航空で起こった過剰予約による乗客の強制連行事件。日本の場合どうなるのでしょうか。(2017/4/11)

ユナイテッド航空、アジア人男性医師を無理やり引きずりおろす SNS上でボイコットも
自社乗務員の席がなかったからとのこと。(2017/4/11)

遺影を「お客さま」と呼んで隣の席に座らせてくれた航空会社の神対応
本当に2人旅をしているような気持ちに。(2017/4/5)

UAEのエティハド航空が米国便でiPadを貸し出しへ 電子機器の機内持ち込み禁止令を受けて
持ち込みがダメなら航空会社が提供すればいいじゃない。規制への対策スタート。(2017/3/30)

終わりなき戦い:
PCの機内持ち込み禁止、爆発犯との「いたちごっこ」か
一部の国際線において携帯電話より大きい電子機器の機内持ち込みが禁止されたことで、過激派組織と治安当局が繰り広げているきわめて重要で技術的な闘いが浮き彫りになった。(2017/3/28)

Japan Drone 2017:
測量作業で活用が進むドローン、その今を見てきた
日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が主催した「Japan Drone 2017」(2017年3月23〜25日/東京ビッグサイト)では、無人航空機(ドローン)を活用した測量技術、サービスが展示された。(2017/3/28)

レギンスはいた少女の搭乗拒否 ユナイテッド航空に批判
レギンスをはいた少女の搭乗を拒否したユナイテッド航空に、「いつからユナイテッド航空は女性の服装を取り締まるようになったのか」と批判が寄せられました。(2017/3/27)

旅行者の負債100億円:
海外旅行会社「てるみくらぶ」が破産 返金は困難か
航空券が発券できないなどのトラブルが起きていた格安海外旅行会社の「てるみくらぶ」が自己破産。(2017/3/27)

JAXA、Office 365を活用した職員のコミュニケーション基盤を構築
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、職員向けのコミュニケーション基盤「JAXA Sphere」を構築。場所に依存しない柔軟な働き方で業務や研究開発の効率化、スピード向上を支援する。(2017/3/24)

またまたやりました 「加賀カレー」が横須賀海軍カレー本舗で限定再販、「かが」就役を記念して
航空母艦「加賀」をモチーフにしたあのカレーが800食限定で帰ってくる!(2017/3/23)

米英政府による電子機器の機内持ち込み禁止令 生産性低下だけでなく発火を懸念する声も
貨物室に持ち込まれたノートPCは果たして大丈夫なのか?(2017/3/23)

米政府、一部地域からの電子機器の機内客室持ち込み禁止 英国も追随
英米政府当局が、テロ対策として、中東や北アフリカの一部地域から自国への旅客機の搭乗者による電子機器の機内客室持ち込みを禁止した。国籍にかかわらず、ノートPCなどは貨物スペースに預ける必要がある。(2017/3/22)

1位韓国、2位中国:
訪日客、2月も好調の203万人超 航空便の増加など影響
2月の訪日外国人数は、203万6000人だった――日本政府観光局(JNTO)調べ。(2017/3/16)

自然エネルギー:
液体水素で動く飛行機、実現するのか
オランダのライデン大学で教授を務めるJo Hermans氏は、ポスト化石燃料時代において、輸送機関に用いる最適な燃料を検討した。その結果、飛行機については液体水素が適すると結論づけた。太陽光や自動車についても検討結果を公開している。(2017/3/14)

社内に予報施設を新設:
日本IBMが天気予報を開始 なぜ?
日本IBMが、「Watson」を活用した気象予報サービスを開始。航空業界、電力業界、メディア業界向けのサービスの提供を始める。(2017/3/13)

日本IBM、気象予報に本格参入 人工知能で予測、電力会社などにデータ提供
気象変化を人工知能が予測し、電力会社や航空会社にデータを提供するサービスを日本アイ・ビー・エムが始める。(2017/3/13)

独自のツインセンサー技術を採用:
NDKとJAXA、宇宙用材料向けガス計測センサー開発
日本電波工業(NDK)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、真空環境下において宇宙用材料などから放出されるアウトガスを計測するシステム「Twin QCM」を開発したと発表した。(2017/3/13)

インドの航空会社が女性スタッフだけで世界一周飛行を達成 ギネス記録にも申請
機内のクルーだけでなく、地上スタッフも全員女性という徹底ぶり。(2017/3/9)

オンリーワン技術×MONOist転職(9):
高精度技術はスマホから宇宙へ――中島田鉄工所
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第9回。今回は、スマホの極小ネジ製造装置から航空宇宙関連事業まで、高精度な加工・組み立て技術で挑戦を続ける中島田鉄工所を紹介する。(2017/3/3)

水曜インタビュー劇場(物怖じしない公演):
知られざる“地上パイロット”の調整力に仰天
航空会社で“地上のパイロット”と呼ばれている人がいることをご存じだろうか。正式名は「運航管理者」。パイロットと同等の立場で、意見を言うことができる運航管理者はどのような仕事をしているのだろうか。JALの担当者に話を聞いたところ、彼らの調整力にびっくり!(2017/3/1)

NoSQL活用事例
MongoDB導入で航空券発行サービスから総合旅行支援サイトへ進化
複数の航空会社のオンライン航空券発行サービスを提供していたAmadeusは、NoSQLの「MongoDB」を導入したことにより柔軟な検索が可能になり、複雑な条件検索が可能な総合旅行支援サイトに生まれ変わった。(2017/2/28)

製造IT導入事例:
米国空軍、サービスライフサイクル管理ソリューションを導入
米PTCは、同社のサービスライフサイクル管理ソリューション「PTC Service Parts Management SaaS」を、米国空軍が導入したことを発表した。需要予測精度の改善や計画工数の削減、総合供給計画の策定、航空機の可用性の最適化を実現する。(2017/2/23)

「日本飛行機の父」二宮忠八の夢を空へ―― 19世紀の模型飛行機を人力飛行機に再設計し飛ばす愛媛大学の計画
クラウドファンディングサイトで寄付を募っています。(2017/2/23)

東大教授の鈴木真二氏が語る:
ドローンの安全利用のために、今求められること
危ないからドローンを使わないということでは技術が成長しない、便利な道具を使いこなせなくなってしまう――。東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻で教授を務める鈴木真二氏は、ドローンの安全利用のために、今求められていることについて講演した。(2017/2/22)

Computer Weekly:
MongoDB導入で航空券発行サービスから総合旅行支援サイトへ進化
複数の航空会社のオンライン航空券発行サービスを提供していたAmadeusは、NoSQLの「MongoDB」を導入したことにより柔軟な検索が可能になり、複雑な条件検索が可能な総合旅行支援サイトに生まれ変わった。(2017/2/22)

自然エネルギー:
国産バイオ燃料計画が前進、58億円のプラント建設計画に道筋
国産のバイオ資源を原料に、航空機や自動車で利用できるバイオ燃料を製造する「国産バイオ燃料計画」が前進した。計画に参画するユーグレナと千代田化工建設が、製造実証プラントの建設に向けた契約を締結。2018年10月までに完成する予定だ。バイオ燃料の2020年までの実用化に向け、製造面での体制整備が整った。(2017/2/14)

「Apple Storeでは不可能だった」と担当者
「iPad mini」1万5000台を客室乗務員に配布、航空会社は大規模導入をどう実現したか
米国内の10拠点で働く客室乗務員に「iPad mini」を配備したSouthwest Airlines。1万5000台という大量のiPad miniをどのように導入したのか。(2017/2/14)

ポイントは先端の重さ? 世界一遠くまで飛ぶ紙飛行機の作り方(?)が公開される
※ただし、誰でも飛ばせるとは言っていない。(2017/2/12)

謎の金属球体「X」、警視庁昭島署に眠る……不発弾、毒ガス、ランタン? 「分かる人教えて」
警視庁昭島署に、旧日本陸軍の航空施設跡地から発見された爆弾のような金属球体3個が、長期間に渡って保管されている。処分しようにも手がつけられず、「分かる人がいれば教えてほしい」とお手上げ状態だ。(2017/2/8)

ブリヂストン:
航空機用の新品/再生タイヤの新工場をタイに建設
ブリヂストンは、航空機用の新品タイヤとリトレッドタイヤ(再生タイヤ)、それぞれの新工場をタイに建設すると発表した。(2017/2/7)

サウジアラビアの王子が購入した航空チケットで客席に陣取るハヤブサ80羽がシュール 人間の乗客はなぜか無反応
中東ではよくあることなんでしょうか……?(2017/2/3)

蓄電・発電機器:
翼が円柱、新原理で中小型風車を革新
風車の翼の形は飛行機に似た形状を採る。このような常識を覆す風車「円柱翼風車」が登場した。開発したのは長岡技術科学大学の教授を務める高橋勉氏。中小型風車に向くという。特徴や用途を解説する。(2017/1/30)

これで5回目の延期:
MRJ納入遅れ、日の丸ジェットへの夢遠のく
度重なる納入延期は、海外の航空会社からの受注キャンセルを招くおそれをもたらす。日本企業が主要部品の製造まで手掛けるプロジェクトへの期待は大きいだけに、もう失敗は許されない。(2017/1/27)

国内線の機内Wi-Fiが無料で使い放題 JALがキャンペーン 2月1日から
国内線の機内Wi-Fiを無料で使えるキャンペーンを日本航空(JAL)が始める。期間は2月1日〜8月31日まで。(2017/1/25)

CAEニュース:
重力鋳造と高圧ダイカストの生産性を向上させる鋳造解析ソリューション
仏ESI Groupは、鋳造解析ソリューションの最新版「ESI ProCAST 2016」を発表した。自動車、航空宇宙、重工業分野における、砂型、インベストメント、ダイカストの鋳造プロセスソリューションを提供する。(2017/1/25)

iOSアプリのメジャーアップデート版「周波数帳2017」リリース
ハンズエイドは、iOSアプリ「周波数帳2017」を配信開始。新たに「全国ラジオ局データ」を完全収録し、表示される周波数を「7セグメント」仕様に変更している。また、マップにコンパスモード、目的地表示機能を搭載し「航空ショー完全ガイド」も2016年度版にアップデートした。(2017/1/20)

工場ニュース:
航空機用タイヤの新工場をタイに建設
ブリヂストンは、航空機用の新品タイヤと再生タイヤの新工場をタイに建設する。航空機用タイヤソリューションシステムを支える、海外で5番目のビジネス拠点となる。(2017/1/17)

富士ソフト Visual Verification Suite:
通信/航空宇宙業界向けのRTL開発用統合EDAツール
富士ソフトは、米Blue Pearl Softwareと販売店契約を締結し、同社のEDAツール「Visual Verification Suite」の日本国内での販売を開始した。(2017/1/17)

爆発する「Galaxy Note7」、96%を回収済みとSamsungが発表
Samsungが、発火問題でリコール中の「Galaxy Note7」の約96%を回収したと発表した。また米運輸省が航空会社に義務付けていた搭乗前警告を解除したことも報告した。(2017/1/12)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。