ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「空港」最新記事一覧

空港で手荷物預け、ホテルに直送 「手ぶら観光」サービス、京都市とJR西
JR関西空港駅と、京都市内のホテルかJR京都駅の間で、手荷物を配送できるサービスを、京都市とJR西日本が試験的に始める。(2017/4/21)

電気自動車:
関西国際空港に巨大な水素インフラ、燃料電池フォークリフトの普及を加速
関西国際空港に大規模な水素供給インフラが完成した。空港内で水素で動く燃料電池フォークリフトを利用することが目的だ。(2017/4/20)

着陸料を無料に:
長距離便を呼び込め、関空が着陸料で奥の手
関西国際空港を運営する関西エアポートが4月から、航行距離3000キロ以上の新規路線は初年度の着陸料を無料にするなど、中長距離便の優遇策を導入している。関西エアは「乗り継ぎ便の誘致で長距離路線復活を目指したい」と意気込んでいる。(2017/4/19)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
全世界で使える ドーハ空港でOoredooのプリペイドSIMを買ってみた
ドーハのハマド空港では、世界各国で使えるプリペイドSIMが売っています。乗り継ぎ便で、しばらくドーハに滞在するときにも便利です。早速購入して使ってみました。(2017/4/14)

日立、AIを活用した映像解析でリアルタイムに人物発見・追跡する技術を開発
日立製作所は、AIを活用した映像解析で、100項目以上の特徴から人物を判別・発見し、広範囲の映像から足取りを把握できる技術を開発。空港、駅といった大規模施設や街区などの公共空間での警備や防犯システムへの活用を目指す。(2017/3/28)

羽田空港でロボットレンタルサービス開始 シャープ「ロボホン」、24時間1500円から
日本語・英語・中国語に対応したそれぞれのロボホンを貸し出す。(2017/3/22)

大人数で空港からお見送りしてくれたじめんタイプの彼【みんなのポケGO写真】
(2017/3/10)

ロボット開発ニュース:
人型ロボットの自走による空港案内を実現するための検証開始
全日本空輸と新日鉄住金ソリューションズは、人型ロボット「Pepper」の自走による空港案内を実現するための検証を開始した。宮崎ブーゲンビリア空港の出発ロビーにて、2017年2月末日まで検証を実施する。(2017/3/2)

電子ブックレット/自然エネルギー:
エネルギー列島2016年版(42)長崎
長崎県の沖合で日本初の浮体式による洋上風力発電所が商用運転中だ。さらに世界最大級の潮流発電機を2つの島のあいだの海底に設置するプロジェクトが始まった。空港の隣には大規模なメガソーラーが運転を開始し、テーマパークのホテルでは太陽光から水素を作って客室に電力を供給する。(2017/2/28)

海外旅行で余った外貨を電子マネーやギフト券に交換 専用端末「ポケットチェンジ」が羽田空港でサービス開始
中途半端に余ってしまった硬貨も交換できて便利!(2017/2/21)

平野ノラ、インスタ始めたってよ 藤田ニコルから手ほどきを受けているもよう
スーツケースに乗って空港内を滑走する動画を投稿(良い子はマネしないでね)。(2017/2/16)

マイクロソフトの「HoloLens」を活用、宮崎ブーゲンビリア空港へ試験導入:
空港内を“自走”して接客する「Pepper案内員」が登場 ANAとNSSOLが開発
全日本空輸と新日鉄住金ソリューションズが、空港内を“自走”して接客する「Pepper案内員」を開発。Microsoft HoloLensの技術を使い、「人や障害物を認識し、避けながら」移動できる機能を備えた。2017年2月末まで宮崎ブーゲンビリア空港で試験運用を実施する。(2017/2/16)

北朝鮮最高指導者の兄、金正男氏が空港で暗殺
女性工作員からの毒物噴霧により殺害されたとされているが、真相は究明中だ。(2017/2/15)

ロボット開発ニュース:
「追従走行カートロボ」は「WHILL NEXT」と同じレーザーレーダーを5個搭載
パナソニックは、「Wonder Japan Solutions」において、空港などでの荷物運びに利用できる「追従走行カートロボ」のデモを披露した。現時点では開発コンセプトの段階で、顧客やパートナーからの意見を反映し、早ければ2018年にも実証試験を実施したい考え。(2017/2/15)

パナソニックの展示会:
2020年、空港はテクノロジーでどう変わるのか
パナソニックは、東京五輪が開催される2020年とその先の社会に向けて開発する独自技術やソリューションを展示するプライベート展示会「Wonder Japan 2020」を開催した。(2017/2/14)

エネルギー列島2016年版(42)長崎:
海が生み出す風力と潮流発電、陸上では太陽光から水素も作る
長崎県の沖合で日本初の浮体式による洋上風力発電所が商用運転中だ。さらに世界最大級の潮流発電機を2つの島のあいだの海底に設置するプロジェクトが始まった。空港の隣には大規模なメガソーラーが運転を開始し、テーマパークのホテルでは太陽光から水素を作って客室に電力を供給する。(2017/2/14)

突然の発表 外国人は中国入国時に指紋採取が必要に
まずは2月10日から深セン空港で開始。(2017/2/11)

ソニーネットワーク、福岡空港でプリペイド式SIM「Prepaid LTE SIM」を販売開始
ソニーネットワークコミュニケーションズは、福岡空港の国際線ターミナルビル1階 到着口前に設置する自動販売でプリペイド式SIM「Prepaid LTE SIM」を販売開始した。(2017/2/1)

アプリでタクシー手配なども可能に:
成田空港、訪日外国人にSIMカードを無料提供
成田空港が、訪日外国人向けのアプリサービスを充実させる。会員向けにSIMカードを無償提供するほか、タクシーの配車やツアーの予約も可能にする。(2017/1/27)

外国人客は1割増:
成田空港の国際線客数、外国人が初の日本人超え 16年
2016年に成田空港の国際線を利用した外国人旅客数が、初めて日本人を上回った。(2017/1/26)

成田空港会社、ロボスーツ実証実験 作業員の負荷軽減を目指す
成田国際空港会社は24日、空港で働く人の作業負担軽減を目指したロボットスーツの実証実験を始めた。(2017/1/25)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
MVNOのプリペイドSIMもある――ニューヨークの空港に増える「SIM自動販売機」
世界の空港の中には「SIM自動販売機」が設置されていて、手軽にプリペイドSIMを買えます。CES 2017取材のため途中で立ち寄ったニューヨークの空港に行ったところ、プリペイドSIMの自動販売機の数が急増していました。(2017/1/23)

羽田空港、ハウステンボスの狙い:
ロボット普及のカギは「まず使って試すこと」
日本空港ビルデングとハウステンボスがサービスロボットの活用事例について語った。(2017/1/23)

SIM通:
くまモンデザインのSIM自販機 阿蘇くまもと空港に登場だモン!
U-NEXTは、「U-mobile」のプリペイドSIMカードを購入できる自動販売機を、阿蘇くまもと空港に設置。この自販機と販売されるプリペイドSIMのパッケージには、「くまモン」と「あそらくん」が描かれた特別デザインになっている。(2017/1/13)

8社が参加予定:
ロボットで旅客案内 羽田空港で実証実験
国内の大手メーカーやベンチャー企業が開発した最新ロボットの実証実験が羽田空港国内線第2旅客ターミナルで開かれている。人口減少による人手不足対策の切り札として、実験結果を踏まえ、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて実用化を目指す。(2017/1/12)

羽田空港で最新ロボ実証実験 移動支援や旅客案内、20年に実用化へ
国内の大手メーカーやベンチャー企業が開発した最新ロボットの技術検証を目的とした実証実験が2月13日まで、羽田空港国内線第2旅客ターミナルで開かれ、利用客の目を楽しませている。(2017/1/11)

2017年のエネルギートレンド(3):
燃料電池とCO2フリー水素が全国へ、空港にホテルに競馬場にも
日本が世界をリードする水素エネルギーの導入プロジェクトが全国に拡大中だ。太陽光や風力で作った電力からCO2フリーの水素を製造して燃料電池で利用する取り組みをはじめ、家畜のふん尿や下水から水素を製造して地産地消する試みも始まる。水素社会が大都市と農山村の両方に広がっていく。(2017/1/11)

CES 2017:
LGエレ、人工知能を搭載した“スマートロボット”を展開
LGエレクトロニクスが「LG HUB ROBOT」と名付けられた人工知能を搭載するパーソナルアシスタントロボットを発表。ほかにも空港で旅行者を案内するガイドロボット「AIRBOT」など盛りだくさん。(2017/1/5)

電気自動車:
成田空港が燃料電池車を導入、水素で「エコ・エアポート」へ前進
成田国際空港は「エコ・エアポート」として、空港運用における環境負荷低減を目指した取り組みを進めている。この施策一環としてこのほど業務用車両に燃料電池車を導入すると発表した。採用したのはホンダの「CLARITY FUEL CELL」である。(2016/12/21)

また来てね! 空港でサンドさんがお見送り【みんなのポケGO写真】
(2016/12/20)

スマホは便座の5倍も汚いからって!? ドコモが「スマホ専用トイレットペーパー」を成田空港に設置
スマホをふいたあとはトイレに流せます。(2016/12/16)

ロボット開発ニュース:
羽田空港がサービスロボットの価値を世界に発信、参加17社は実力を見せられるか
日本空港ビルデングは、サービスロボットの技術検証を行うプロジェクト「Haneda Robotics Lab(ハネダ ロボティクス ラボ)」に参加するロボットを公開。清掃、移動支援、案内という3つのカテゴリーで総計17社のロボットが参加する。2016年12月15日〜2017年2月13日にかけて、羽田空港国内線第2旅客ターミナルの出発ロビーで実施する計画だ。(2016/12/15)

移動支援などに活用:
羽田空港でロボットの実証実験 17社が参加
羽田空港で12月15日から実施されるロボット製品の実証実験に17社が参加する。移動支援、案内、清掃の業務でロボットを活用する。(2016/12/14)

ブタさん職員に癒やされる サンフランシスコ国際空港にめちゃカワなブタさん登場
ブタさんかわいい!(2016/12/9)

目的地がどこか不明な航空券「どこかにマイル」、JALが6000マイルで提供
羽田空港から日本国内の“どこか”の空港に、通常の半分以下の6000マイルで行ける「どこかにマイル」を、JALが12月に始める。(2016/11/30)

通常の半分以下のマイルで:
6000マイルで羽田と“どこか”の国内空港を往復 JALとNRI
日本航空と野村総合研究所は12月12日午前11時から新サービス「どこかにマイル」の提供を開始。6000マイルで羽田空港からJALグループの直行便が運航する全国の“どこか”の空港に行ける。(2016/11/29)

情報化施工:
中性子でインフラを非破壊検査、適用範囲を広げる新手法
理化学研究所などの研究グループは、中性子を利用しコンクリート内部の損傷などを検知する非破壊検査の新手法を開発した。従来のように対象物を検出器と中性子源で挟み込む必要がないのが特徴で、橋だけでなく空港の滑走路やトンネル壁の非破壊検査に適用できるという。(2016/11/11)

「Galaxy Note7」から煙、関西空港の保安検査場で 国交省「国内空港では初めて」
外国人旅行者が持ち込んだ「Galaxy Note7」から煙が出るトラブルが、10月18日に関西国際空港の保安検査場で起きた。(2016/10/21)

Samsung、世界の主要空港に「Galaxy Note7」代替機貸出デスク設置へ
Samsungが、各国の空港で持ち込み禁止になっている「Galaxy Note7」のユーザーのために、主要空港に代替端末の貸出デスクを設置し始めた。(2016/10/19)

LINEで搭乗手続き トーク画面をかざすだけ 北海道の航空会社がスタート
北海道の航空会社AIRDOが、LINEアカウントで搭乗手続きできるサービスを始める。空港の保安検査場でトーク画面上のQRコードをかざすだけで搭乗できる。(2016/10/7)

羽田空港にロボット導入へ 清掃・案内ロボなど一般募集
羽田空港に実験導入する清掃ロボット、案内ロボットなどを募集する「羽田空港ロボット実験プロジェクト2016」がスタート。(2016/9/20)

航空機の搭乗手続き確認、厳格化へ 新千歳のすり抜け事件受け国交省が指示 「損害賠償」も警告
新千歳空港で起きた乗客のすり抜け事件を受け、国交省が搭乗手続き確認の厳格化などを航空会社・空港に指示。(2016/9/13)

はしか、関西空港従業員以外にも感染が確認と大阪府
患者はりんくうプレミアム・アウトレット周辺を訪れていた。(2016/9/5)

ヒト型ロボットが羽田空港を縦横無尽に走って案内、日立が実験開始
日立製作所は開発中のヒト型ロボット「EMIEW3」を利用した実証実験を、羽田空港にて開始した。実験の最終段階では、店舗などへの誘導を希望された際に、フロア内を走行して利用者を案内する予定だ。(2016/9/5)

日立、羽田空港で人型ロボットの接客実験を開始
日立製作所と日立ビルシステムは、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」EMIEW3」が利用客の問いかけに応えて空港施設や店舗情報などを案内する実証実験を羽田空港国内線第2旅客ターミナルで開始した。(2016/9/5)

空港から荷物をホテルに直送、手ぶらで観光 訪日外国人向けに実証実験 JTBなど
訪日外国人客が手荷物を空港から宿泊先に送れるサービスの実証実験をJTB、パナソニック、ヤマトが共同で始める。(2016/8/31)

自然エネルギー:
海に浮かぶ空港に太陽光発電所、1万世帯分の電力を海底ケーブルで
日本初の本格的な海上空港である長崎空港の隣接地で、巨大なメガソーラーが運転を開始した。長さ3000メートルの滑走路に隣接する用地に、合計18万枚の太陽光パネルを設置した。一般家庭の1万世帯分にのぼる電力を、10キロメートルの海底ケーブルを通じて長崎県内に供給する。(2016/8/19)

空港で「Pokemon GO」は危険、ドイツ警察が注意喚起
ポケモン捕獲のため検査すり抜けの危険性も。(2016/8/16)

ANA、羽田空港でトラブル 28便が荷物載せず出発 コンベア故障が原因 乗客への告知は到着後
お盆の羽田空港でトラブル。12日に羽田空港を出発したANAの国内線の一部の便が、乗客から預かった荷物を搭載せず出発した。乗客へのアナウンスは到着後だったという。(2016/8/12)

SIM通:
XCOM GLOBAL、「JAPAN PREPAID SIM」を空港カウンターで販売開始
XCOM GLOBALは、訪日者向けプリペイドSIMサービス「JAPAN PREPAID SIM powered by U-mobile」のSIMパッケージをXCOM GLOBAL空港カウンターでの販売を開始すると発表した。(2016/8/9)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。