ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

「JAL(日本航空)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「JAL(日本航空)」に関する情報が集まったページです。

制服は7年ぶり刷新:
JALが東京五輪で100億円投資、無料で外国人地方送客や制服一新も
JALは20年東京五輪で訪日外国人客を受け入れるための空港設備投資として、同年までに100億円規模の資金を投じる。(2018/8/23)

「ガートナー データ & アナリティクス サミット 2018」レポート
アサヒビール×JAL×SOMPOホールディングス、データ活用のための組織と人材を語る
データ分析を担う人と組織はどうあるべきか、企業においてデータサイエンスに取り組む3人の担当者が語り合った。(2018/8/9)

保安検査場の待ち時間、スマホアプリで確認 羽田空港で実証実験
JALが、空港のアナウンス内容や保安検査場の待ち時間などをスマートフォンアプリで確認できるようにする実証実験を羽田空港で行う。(2018/7/19)

飲食業以外にも広がる:
米航空会社もプラ製ストロー廃止 JAL「検討はしている」
プラスチック製ストロー廃止の動きが飲食業界以外にも広がっている。(2018/7/11)

JALが自転車輪行用の箱「SBCON」を開発 自転車ファンが「泣いて喜ぶ」のはなぜか?
そもそも「輪行」って、何?。「いきなりロングライド!!」著者アザミユウコさんにも対策を聞きました。(2018/7/2)

羽田JAL国際線ラウンジで、スマートグラスで見る3D映像サービスを体験――KDDIとJALが共同実証
KDDIとJALは、2018年6月20日から29日の期間限定で羽田空港のJAL国際線ラウンジで、スマートグラスを利用した映像視聴サービスの共同実証を行う。来場者にスマートグラスを貸し出し、3Dコンテンツを視聴してもらう。視線でコンテンツを選ぶUIも体験できる。(2018/6/19)

佐川、手荷物配送で“手ぶら観光”サポート 京都・大阪でも
佐川急便とエムケイ、JALエービーシーは、関西国際空港と京都市内間で、手荷物を即日配送するサービスを始めた。エムケイのタクシーの空きスペースを利用する。(2018/6/4)

新会社「JAL Agriport」設立:
JALが「農業」参入 成田に観光農園 収穫イベントで訪日客呼ぶ
JALが農業に参入する。新会社「JAL Agriport」を設立済みで、千葉県成田市に体験型の観光農園をオープンする予定。(2018/5/21)

ANAのピーチ・バニラ統合に対抗:
JALが新LCC設立 成田空港拠点に中距離国際線 20年夏就航
JALが中距離国際線を運航するLCCを設立。2020年夏の就航を目指す。成田国際空港を拠点に、アジアや欧米などに就航する計画だ。(2018/5/14)

戦後初の国産旅客機「YS-11」、3年ぶりに空へ
高松空港で動態保存していた、戦後初の国産旅客機「YS-11」が3年ぶりに日本上空を飛び、能登空港へ着陸した。今後は、日本航空学園の敷地で保存する。(2018/5/11)

KDDIがスマートグラスを開発 xR技術を活用した実証実験も
KDDIが、米ODGと提携してスマートグラスを開発していく。このスマートグラスとxR技術を活用した実証実験も行う。まずはJALと提携して、空港ラウンジで映像サービスを試験導入する。(2018/4/26)

アジアの航空会社から4社がトップ10入り:
18年版「世界の人気エアラインランキング」 日本の航空会社は?
米TripAdvisorが運営する旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」は4月9日、2018年版「世界の人気エアラインランキング」を発表した。日本からは日本航空(JAL)が4位に入り、2年連続でトップ10入りを果たした。(2018/4/9)

水曜インタビュー劇場(ゴロッと公演):
街中で食べることができない、知られざる「JALカレー」の話
空港のラウンジでしか食べることができない「JALカレー」をご存じだろうか。SNSでJALカレーをアップしている写真をよく見かけるが、一体どのような味をしているのか。試食をしながら、JALの担当者に裏話を聞いてきた。(2018/4/4)

JALかたる不審なFacebook投稿に注意 「航空券プレゼント」うたう
日本航空は、同社の社名を使用した不審なFacebook投稿に注意を呼び掛けた。同社になりすまし、「航空券プレゼント」をうたったサイトがFacebook上で拡散されているという。(2018/2/15)

企業版振り込め詐欺「ビジネスメール詐欺」の脅威と対策【第3回】
国内でも高額被害 「ビジネスメール詐欺」(BEC)を食い止めるための対策とは?
国内でも日本航空(JAL)が約3億8000万円の被害を受けた「ビジネスメール詐欺」(BEC)。実害を防ぐために、企業はどのような対策を取ればよいのか。技術面、組織面の両面から探る。(2018/2/13)

これがプロの解説力! JAL整備士によるフリーペーパー「かなりマニアックな飛行機豆知識」の読み応えがすごい
高松空港で配布されている手書きのフリーペーパー。(2018/2/3)

JAL新社長に赤坂常務、植木氏は会長に 4月1日付
日本航空は、4月1日付で植木義晴社長が会長に就き、後任の社長に赤坂祐二常務(現JALエンジニアリング社長)が昇格する人事を決めた。(2018/1/24)

あなたのメールも見られている?:
JALもだまされた こんなに怖い「ビジネスメール詐欺」
17年は、不審な業者が企業の取引先になりすまし、偽の送金指示や振込先の変更依頼などをメールで行う「ビジネスメール詐欺」が多発。JALなどの大企業も被害に遭った。その仕組みと対策とは。(2018/1/10)

PR:JALの整備士がコミュニケーション基盤を刷新した理由
(2018/1/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
あなたも「メール詐欺」に狙われているかもしれない
ビジネスメール詐欺(BEC)が話題になっている。日本航空がBECでだまされ、約3億8000万円も支払うことに。「自分には関係ないでしょ」と思われているかもしれないが、実はそうでもないようで……。(2017/12/28)

半径300メートルのIT:
あなたのメールも“完コピ”される――JALすらハマった「ビジネスメール詐欺」の恐ろしさ
偽メールにだまされ、3億8000万円ものお金を失ってしまった日本航空。まさに“企業版オレオレ詐欺”とも言うべきものですが、やりとりをほぼ“完コピ”したメールを見抜くのは、皆さんの想像をはるかに上回る難しさなのです。(2017/12/26)

輸送のノウハウ伝授:
JAL、宇宙旅行の実現目指す ベンチャーに出資
JALが、宇宙ベンチャーのispaceと資本・業務提携したと発表した。探査機の運行・整備のノウハウを提供する。共同での宇宙旅行ビジネスも視野に入れている。(2017/12/13)

マッハ2.2:
日航、超音速旅客機開発の米ベンチャーと提携
JALが超音速旅客機を開発する米ベンチャーと資本・業務提携。(2017/12/6)

画像を送るとハワイのおすすめスポットを提案――JALのAIチャット「マカナちゃん」が機能強化
ハワイのおすすめスポットをチャットで紹介する日本航空(JAL)のAIアシスタント「マカナちゃん」が機能強化。画像認識技術を活用したおすすめスポットの提案と、性格診断サービスの詳細結果表示が追加された。(2017/12/6)

VRニュース:
MRが可能とする「必要な未来」、エアバスとJALが仮想訓練プログラムを開発
フランスのエアバスは、JALおよびJALエンジニアリングと協力し、マイクロソフトの「HoloLens」を活用したMR技術を用いた訓練アプリケーションのプロトタイプを開発した。(2017/11/15)

航空券購入サイトの顧客行動分析をAIで自動化――JALとNECが実証実験
JALとNECが、航空券の購入予測分析を自動化する実証実験を開始。AIを活用した顧客データの解析で購買行動の要因を自動で発見できるようになり、迅速な予測分析が可能になった。(2017/11/8)

広島に“人工流れ星” 19年実現に向けファミマ、JALが協賛
夜空に“人工流れ星”を流すプロジェクトにファミリーマートと日本航空(JAL)が協賛する。(2017/11/7)

「小さく始めて大きく育てる」:
JALのチャットボット「マカナちゃん」に学ぶ、AI活用の“肌感覚”
「AI Business Forum」で開催された講演に、日本航空Web販売部の岡本昂之主任が登壇。ビジネスへのAI活用を成功させるためのコツについて語った。(2017/10/30)

経営陣「AIで業務改革をしろ!」→現場「そう言われても」 JALがAIを“実用化”するまで
JALがAIを活用したチャットbotサービス「マカナちゃん」を開発。「そもそもAIで何ができるのか、肌感がなかった」という担当者が、サービスを実用レベルまで引き上げることができた理由は。(2017/10/28)

ドローン、伊丹空港を飛行か JAL便が着陸をやり直し
ドローンらしき物体が大阪空港内を飛行し、日航機が着陸をやり直す事態が起きた。国交省が法令順守の徹底を呼び掛けている。(2017/10/12)

プリペイドカード事業に参入:
JALとSBI、フィンテックで新会社 共同事業スタート
日本航空とSBIホールディングスは、フィンテックを活用した新サービスを展開する共同出資会社を設立した。(2017/10/3)

成果着実に:
社内にイノベーションの風土を JALの若手が働き掛け
日本航空(JAL)の若手社員が中心となって取り組む「イノベーションラボ」とは一体どのようなものだろうか?(2017/9/14)

JAL、機内でVRの実証実験 移動中のエンタメ充実狙い
JALやKDDIなどが、機内でVRコンテンツを視聴できるサービスの実証実験を行う。(2017/9/6)

「アプリ」でフライトを高品質に:
JALが「航空整備士」の働き方を変えた意味
日本航空が、iOSアプリを活用した航空整備士の働き方改革を開始した。航空機関連のさまざまな情報をモバイル上で閲覧可能にすることで、整備業務を効率化しているという。アプリの導入の背景や効果を、アプリ開発を担ったJALエンジニアリングの中島逸雄氏に聞いた。(2017/8/28)

運用コストを6割カット:
「トラフィックの8割以上がボットだった」――JAL、「Bot Manager」で航空券予約サイトへの迷惑ボットを撲滅
日本航空は、海外地区のJAL Webサイト(航空券予約サイト)への全アクセスの8割以上を占めていた迷惑ボットの照会アクセスを制御する「Bot Manager」を導入。迷惑ボットを排除した結果、運用コストを約6割削減した。【訂正】(2017/8/25)

SNS投稿を分析した性格診断も:
JALが「Watson」でハワイ旅行者支援 対話で名所を紹介
JALが、日本IBMのコグニティブ・システム「Watson」の対話技術を活用したチャットボットサービス「マカナちゃん」を提供開始。おすすめの飲食店などを自動で紹介する機能や、ユーザーの性格を分析する機能を持つ。(2017/7/25)

劇的な変革のウラ側:
「定時退社」「残業時間2割減」三井住友海上とJALの挑戦
社員約2万人に対して「原則午後7時退社」を可能にした三井住友海上火災保険、わずか半年で残業時間を2割減少させた日本航空――働き方改革を成功に導いた企業は、どのようにして変革を進めたのか?(2017/7/19)

東京ディズニーランド、「スタージェット」10月10日終了に向けてキャンペーン実施
実際のJAL機をチャーターして遊覧飛行を体験できる。(2017/7/5)

JALがSNS分析にBIツールを導入、クラウドにこだわった理由とは?
今や企業マーケティングにとって当たり前になりつつあるSNS。その分析のスピードアップを図るため、JALではBIツールを新たに導入した。重要視したのは“クラウド“であることだ。(2017/6/29)

日本航空、国内線の機内Wi-Fiを期限なしで無料に
(2017/6/21)

JAL、国内線での機内ネット接続をずっと無料に
利用しやすくなります。(2017/6/21)

「国内線唯一」:
JAL、国内線の機内ネット接続を無料化
JALは国内線で提供している機内インターネット接続サービスを無料化する。(2017/6/20)

Watson Summit 2017:
“孤独で時間に追われる”仕事が激変 JAL整備士の働き方を変えた“神アプリ”の作り方
閉ざされた環境で孤独に、大忙しで作業する――。そんな航空整備士たちの働き方を変えたiPhoneアプリがある。IT部門は、整備士たちの課題をどのような形で解決したのか。JALエンジニアリング IT企画部 部長 西山一郎氏が語った。(2017/5/17)

ニコニコ超会議に向け、今年もJALが踊ってみた動画を公開 キレキレなダンスととびきりの笑顔がステキ
岡本さん大人気。(2017/4/11)

ユナイテッド航空で話題の「オーバーブッキング」、日本で起こった場合は? JALとANAに対応を聞く
米ユナイテッド航空で起こった過剰予約による乗客の強制連行事件。日本の場合どうなるのでしょうか。(2017/4/11)

水曜インタビュー劇場(物怖じしない公演):
知られざる“地上パイロット”の調整力に仰天
航空会社で“地上のパイロット”と呼ばれている人がいることをご存じだろうか。正式名は「運航管理者」。パイロットと同等の立場で、意見を言うことができる運航管理者はどのような仕事をしているのだろうか。JALの担当者に話を聞いたところ、彼らの調整力にびっくり!(2017/3/1)

国内線の機内Wi-Fiが無料で使い放題 JALがキャンペーン 2月1日から
国内線の機内Wi-Fiを無料で使えるキャンペーンを日本航空(JAL)が始める。期間は2月1日〜8月31日まで。(2017/1/25)

業務情報を端末で確認:
JALの航空整備士、アプリで作業効率化
JALとIBMが、航空整備士の業務を効率化するためのアプリを開発した。従来はオフィスで行っていた作業を整備現場で行えるようにしたほか、コミュニケーション機能も充実している。(2016/12/15)

製造ITニュース:
現場のプロを助けるICTへ、JALとIBMが航空機整備士向け業務支援ソフトを開発
JALと日本IBMは、航空業界における整備士の業務負担を軽減するモバイルアプリを共同開発した。開発の基盤となったのはIBMとアップルの提携による「IBM MobileFirst for iOS」である。(2016/12/15)

日本航空とIBM、整備士向けiOSアプリを開発 世界標準を目指す
航空機の整備業務をサポートするiPhone/iPad用アプリを開発した。(2016/12/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。