ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「接客」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「接客」に関する情報が集まったページです。

たい焼き店に続き:
セガとコメダが提携 秋葉原のゲーセンに「コッペパン屋」開業へ
セガ エンタテインメントとコメダが業務提携。10月19日に「セガ秋葉原4号館」にコッペパン店を開業する。立地と商品の相性の良さを踏まえた施策で、ゲームセンターの集客につなげる狙い。(2018/10/17)

シーテック、IoTやAIで先端技術を提案
今年の大きな特徴は「モノのインターネット(IoT)」をテーマにした展示エリアが、昨年と比べて広さを2倍に拡大したことだ。(2018/10/16)

どんなデジタル化を推進するのか:
ギョーザロボに趣味の教室 ローソンが気合を入れて展示した未来のコンビニ像とは?
ローソンは小売業として初めて「CEATEC JAPAN 2018」に出展する。デジタル技術の革新により進化した2025年のコンビニ像をアピールするのが目的だが、どんな展示内容になっているのか。(2018/10/16)

CEATEC JAPAN 2018:
あなたの口臭は大丈夫? スマホで舌を撮影、口臭リスクを判定 ライオンが開発
自分の舌をスマホカメラで撮影すると、口臭リスクを3段階で判断してくれるアプリを、ライオンが「CEATEC JAPAN 2018」に出展する。(2018/10/15)

どんな指導をしているの?:
新入社員の離職防止に効果あり? 串カツ田中“新人だらけの店舗”に行ってみた
新入社員の定着率UPが課題だった串カツ田中は、正式配属前の新入社員を集める“実験店”をオープンした。効率的にスキルを習得させたり、同期意識を醸成したりするのが目的だが、どのように運営されているのだろうか。(2018/10/15)

World Robot Summit徹底解剖(2):
ロボット活用で未来の家庭やコンビニはどうなる〜WRS2018サービス/ジュニア部門
東京オリンピック・パラリンピックが行われる2020年、新しいロボットイベント「World Robot Summit(WRS)」が開催される。本連載では、このWRSについて、関係者へのインタビューなどを通し、全体像を明らかにしていく。第2回は4つある競技カテゴリーのうち、「サービス」部門と「ジュニア」部門の2つについて説明する。(2018/10/11)

恋人にフラれ、自分探しでドイツに 即断即決で進むエッセイ漫画『ハナ、高飛び中です』
人生の参考になる。(2018/10/6)

「Future Focus 2018」を読む:
デジタルアシスタントの台頭でブランドと消費者の関係が根本から変わる
新時代を生き抜くマーケティングコミュニケーションとはどういうものか。iProspectの未来予測「Future Focus 2018」から考察する。(2018/10/4)

「伝統は革新と共にある」:
創業126年、帝国ホテルがついに「脱オンプレ」 情シスはどう経営陣を口説いたか
2016年にメールシステムを「Gmail」に移行した帝国ホテル。各国のVIPを含む顧客情報をやりとりする同ホテルを史上初のクラウド化に踏み切らせたのは、同社で10年以上ホテルマンとして活躍したある情シスの“危機感”だった。(2018/10/5)

ALS患者らが目で操作 「分身ロボット」が接客するカフェ
寝たきりの人でも遠隔操作できる分身ロボット「OriHime-D」を使って接客する実験的なカフェが期間限定でオープンする。オリィ研究所がクラウドファンディングを開始した。(2018/10/4)

税率10%回避:
コンビニ業界が全食品を軽減税率対象で調整 消費増税で イートインは「休憩施設」 
来年10月の消費税率引き上げと同時に導入される軽減税率をめぐって、コンビニエンスストア業界が、酒類を除き取り扱う飲食料品全てを、客が持ち帰り、税率が8%となる軽減税率の対象品とすることで、政府と調整に入っていることが3日、分かった。店内のイートインコーナーでの飲食を「外食」扱いとすれば税率は10%となるが、コンビニ業界は同コーナーを「休憩施設」と位置づけ、外食としてのサービス提供でないことを明確にする方針だ。(2018/10/4)

セキュリティ対策と社内普及が鍵
帝国ホテルは「G Suite」を社内にどう定着させたか
帝国ホテルは2016年から「G Suite」を利用している。PC利用状況やITに関する知識量にばらつきのある従業員へのG Suiteの社内普及施策と、利用に伴い実施している情報漏えい対策について説明する。(2018/10/4)

ロボット制御技術:
安川電機、マシン/ロボットのコントローラーを統合する制御機能を提供
安川電機は、マシンコントローラーとロボットコントローラーを統合する制御機能の提供を開始した。(2018/10/4)

知られざる球団応援セールの仕組み:
そごう・西武内でライオンズVS. カープ? 優勝セールの真っ向勝負が生まれそうなワケ
そごう・西武でライオンズの優勝セールを実施してない店舗がある。どうしてそのようになっているのか広報担当者に聞いてみると、「非常に稀(まれ)」な状況になりそうだという。(2018/10/3)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
借金10億円、倒産まであと半年――創業100年の老舗旅館「陣屋」をたった3年でV字回復させた方法
神奈川県秦野市にある鶴巻温泉。閑静な住宅街の中に、働き方改革の先端を走る老舗旅館「陣屋」がある。業界では珍しい週休3日を実現するなど注目を集めているが、10年前は10億円の借金を抱え、あと半年で倒産というところまで追い詰められていた。(2018/10/1)

「エントリーシートを書く」だけが就活じゃない:
ハッカソンで実力を証明→経験者同様の好待遇で「PR TIMES」に新卒入社した23歳
自己分析して、履歴書を書いて、就活サイトに登録して、イベントに参加して……基本しぐさをこなすだけで就活はうまくいくのでしょうか?(2018/9/28)

先進的なイメージだが……:
副業をしている会社員、約半数の動機は「給料が足りない」
副業をしている会社員の約半数が、副業をする理由に「給料が足りない」を挙げた。楽天インサイトの調査で判明した。「体力に余裕がないため、副業をしない」という人も多かった。(2018/9/27)

将来の行動がリアルタイムで予測可能に:
Web接客の「Sprocket」がAIによる自動スコアリング機能搭載、来訪ユーザーのコンバージョン確率を予測
Sprocketは、Web接客でコンバージョン最適化を実現するプラットフォーム「Sprocket」の大幅機能強化を発表した。(2018/9/27)

2025年度に3.5倍の生産能力増強を目指す:
セイコーエプソンの自律型双腕ロボット向け生産ラインが稼働開始
セイコーエプソンは、長野県豊科事業所(長野県安曇野市)にロボット生産ラインを設置すると発表した。(2018/9/27)

差別化は「引き算」の時代へ:
これからの“おもてなし”は、何をしなくていいのか
「大切なお客様には、おもてなしが必要」といった話を聞いたことがある人も多いのでは。本当に必要なのか。情報化社会においては……。(2018/9/27)

電話に代わる新しいカスタマーサポート
問い合わせ対応からカウンセリングまで、LINEの活用で新たな顧客体験を
コンタクトセンターにLINEを導入し、電話やメールとは違った新しい顧客体験を提供する企業が増えている。成功企業の取り組みを紹介する。(2018/9/27)

スピン経済の歩き方:
“変態セブン”が生まれた背景に、地獄のドミナント戦略
栃木県内にあるセブン-イレブンの店舗が話題になっている。オーナー店長が破天荒すぎる言動を繰り返していて、その動画が公開されたのだ。この問題は「オーナーとエリアマネージャーを叩いて終了」で終わりそうだが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。それは……。(2018/9/25)

楽しい大好きスタートアップ代表が見たロボット業界:
おもてなしと喜びのダンス、デリバリーサービスロボ「Relay」が目指すもの
ロボット派遣・就職・教育サービスを手掛け、これまでロボットとともに5000人以上を接客した経験を持つ田中智崇氏がデリバリーサービスロボット「Relay(リレイ)」について紹介する。(2018/9/21)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
良いものをそろえれば、結果は後からついてくる ――成城石井 執行役員 早藤正史氏
こだわりの品ぞろえにファンも多いスーパーマーケット成城石井を率いる執行役員の早藤正史氏。そのユニークな商品展開や経営路線の根底にある早藤氏の経営哲学やリーダー論とは。(2018/9/21)

ディルバート(572):
痛過ぎる恋バナ
ときに人間以上に人間らしい会話ができるまでに進化しつつあるAIチャットbot。接客ツールとして取り入れるWebサイトも増えています。そんな“チャットbot店員”との“恋バナ”を豪語するウォーリーの話に、冷たい視線と、熱い視線が……!?(2018/9/20)

ケータイショップで300歳の猫又さんにスマホを販売 「ちょっとだけ変な世界でアルバイト」する漫画がどこか懐かしくて不思議でほっこり
ノスタルジックでなんだかあったかい世界。(2018/9/20)

動作速度が最大18%向上:
安川電機、アーク溶接ロボットの新製品「MOTOMAN-AR1440E」を発売
安川電機は、アーク溶接ロボット「AR」シリーズの新製品として、可搬質量6kg、最大リーチ1440mmの7軸アーク溶接ロボット「MOTOMAN-AR1440E」を発売した。(2018/9/20)

世界中のロボットが東京に集結 総額1億円かけた「ワールドロボットサミット」、10月に真剣勝負
私たちの暮らしに身近な存在となりつつあるロボット。その開発の最前線に触れられる政府主催の一大イベント「ワールドロボットサミット(WRS)」が、10月に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される。先端技術の粋を集めた世界中のロボットが、総額1億円以上の賞金をめぐって競い合う姿を無料で見られる貴重な機会だ。(2018/9/19)

サブスクリプション化する飲食業で成功するには:
トレタがデータから導き出した「繁盛店」の作り方
1980年代からほぼ進化が止まっていた飲食業界に変革を起こせるか。飲食店向け予約管理システムを提供するトレタの挑戦を紹介する。(2018/9/19)

水曜インタビュー劇場(ランチ公演):
東京で「フードトラック」が、どんどん増えている秘密
平日の昼。毎日同じようなモノを食べていて、飽きているビジネスパーソンも多いのでは。そんなランチ難民とも言える人を救うかもしれないサービスが登場している。フードトラックと空きスペースがあるオフィスビルをマッチングさせるサービスで、そこで提供されるランチを利用する人が増えているのだ。(2018/9/19)

導入事例:
トヨタ自動車がギークプラスのSLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」を導入
ギークプラス(Geek+)は、国内初の工場内導入プロジェクトとして、SLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」をトヨタ自動車の自動車製造工場に導入したことを発表した。(2018/9/19)

ヒマラヤオンラインストア、スマホでの商品閲覧操作をAIでリアルタイム分析、顧客心理に応じた情報提供へ――富士通と実証を開始
富士通とヒマラヤは、スポーツ用品のECサイト「ヒマラヤオンラインストア」で、モバイル端末で商品ページを閲覧する顧客の閲覧行動をAIで分析する実証実験を開始。タッチ操作やスクロール速度、端末の向き、揺れなどから顧客心理を分析し、最適な情報をタイムリーに表示するなど、改善施策に役立てる。(2018/9/18)

マクドナルド流の教育とは?:
マクドナルド元幹部が語った「スマイル0円」の真意と人材育成の極意
1990年代後半、日本マクドナルドの社内育成機関である「マクドナルド大学」の学長に就任した有本均氏は、大量のアルバイトを短期間で店長代理に育成する必要に迫られた。数々の改革を打ち出し、周囲を説得した背景にあったのは「バイトでも教えればしっかりと育つ」という信念だった。(2018/9/14)

独自クレカも発行:
「ローソン銀行」ついに始動 キャッシュレス決済、地銀の支援、お釣り預金など提供へ
ローソン銀行が9月10日に開業。ローソンの竹増貞信社長らが会見を開き、事業方針を説明した。キャッシュレス決済、お釣り預金、地銀の支援などを実施していくという。(2018/9/10)

警備・清掃・運搬にAI活用、実用化へ 三菱地所がロボ運営管理、全国の物件で順次実用化
人工知能などを搭載した計4台の警備・清掃・運搬ロボットを活用。(2018/9/6)

経営の数字を変えないIT投資は意味がない ライザップIT部門のトップが語る「これからの情シスの役割」
「システム投資をする上で私自身がとても重要視しているのが、経営の数字をいかに変えていくか”。これを徹底してやってきた」――。これがライザップのIT部門を率いる岡田章二氏のポリシーだ。同氏は難しいといわれる“経営と一体化したIT投資”をどうやって実現しているのか。(2018/9/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「大阪王将」に後れを取っていた「餃子の王将」の業績が復活したワケ
「餃子の王将」を運営する王将フードサービスが復活しつつある。女性向けの新業態店や安価で量を減らしたメニュー開発が奏功したが、本質的な理由はほかにもあるという。どのような戦略を打ち出しているのだろうか。(2018/9/4)

「いつ」「誰と」「予算」は……?:
イオンリカー、デジタル強化でワイン販売加速 AI活用のソムリエ機能導入
イオングループのワイン専門店であるイオンリカー(千葉市)は、デジタル技術を活用したワイン販売を加速する。今秋をめどに人工知能(AI)を活用した「Webソムリエ」サービスを電子商取引(EC)サイトに導入するほか、店頭では2次元バーコード「QRコード」を活用した商品説明を始め、実際の店舗とデジタル技術を連動させていく。これらの施策で現在、年間4億円程度のEC経由の売上高を、数年後には30億円規模に拡大させる方針だ。(2018/9/3)

最終日、全員で歌った「今日の日はさようなら」 銀座最後のキャバレー「白いばら」の最後をつづった同人誌が話題に
楽しいひとときから最後のときまで。フルカラー42ページでつづられた白いばら愛。(2018/9/10)

イオンリカー、デジタル強化でワイン販売加速 AI活用のソムリエ機能導入
イオングループのワイン専門店であるイオンリカーは、デジタル技術を活用したワイン販売を加速する。(2018/8/31)

「Amazon Goより日本に合う」――レジ待ちゼロ「ローソンスマホペイ」の先の未来
ローソンがスマホアプリを使ったセルフ決済サービスを本格展開。海外では商品スキャンの必要すらない「Amazon Go」などが登場しているが、より実用性の高いサービスを数年後に実現できると担当者は意気込む。(2018/8/31)

「疲れてきたのは事実」 石田ゆり子がインスタ休止を視野に、ファンから温かい声「のんびりで良いですよ」
無理なさらずに……。(2018/8/30)

キャリアニュース:
前職と比べて賃金が1割以上増加した転職決定者は30.1%
リクルートキャリアは、転職支援サービス「リクルートエージェント」における同年4〜6月期の「転職時の賃金変動状況」を発表した。「前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者数の割合」は30.1%で、前年同期に比べ2.0ポイント上昇していた。(2018/8/29)

対話・PCスキルが上位に:
アルバイトで身に付く「ビジネススキル」は何がある? 経験者に聞く
アルバイト通じて、どんなビジネススキルが身に付くのか――エン・ジャパン調べ。(2018/8/28)

矢野経済研究所:
着実な成長を続ける国内介護ロボット市場、2021年度の市場規模は37億6500万円に
矢野経済研究所は、2018年度の国内介護ロボット市場に関する調査結果の概要を発表した。(2018/8/28)

日本のおもてなし術の“伝道師”:
「ローソン外国人店員研修」で500人育てた「カリスマママ教官」の愛のムチ
ローソンの外国人向け店員研修に記者が参加。指導役の女性が参加者の国の文化に配慮しつつ、厳しく丁寧に複雑なコンビニ業務をレクチャーした。(2018/8/27)

情シスの相棒は総務だった!? 会社を救う最強タッグ(2):
PR:高級ファッション専門店「バーニーズ ニューヨーク」のIT活用 そのカギは、情シスと総務のゆるい連携
「情シス」と「総務」。同じ管理部門でありながら、会社が大きくなればなるほど、足並みがそろわなくなるのが一般的だ。しかしバーニーズ ジャパンでは、情シスと総務の“ゆるい”連携で、ITによる業務効率化を進めている。(2018/8/27)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
私たちのスマホはどのようにして届く? 物流の舞台裏に迫る
私たちの生活に欠かせないスマホやケータイ。どこからどのようにして届くのか、考えたことがあるだろうか。届くまでに繰り広げられる「ドラマ」を取材した。(2018/8/26)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
情報部門は一番の“業務コンサル”であれ――コーセー 情報統括部長 小椋敦子氏
会社全体の業務の流れを把握できる情報部門は“業務コンサル”であるべきと語るコーセー 情報統括部長 小椋敦子氏。女性ならではの視点で斬る、AIやRPAとの向き合い方や、女性情シス部長・CIOを育てるコツとは?(2018/8/24)

破産寸前の旅館が復活:
サービス業界の働き方改革に、残業削減だけじゃない「ひと工夫」が必要な理由
“ブラックだ”と批判されることも多いサービス業界。生産性の低さや、労働者の裁量性の低さも問題視されている。どうすれば改善できるのかをリクルートワークス研究所の専門家に聞いた。(2018/8/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。