ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「alneo」最新記事一覧

ビクター、USBメモリ録音も可能なオールイン型ミニコンポ「UX-Z2」
日本ビクターは、CD/MD/カセットデッキ装備のミニコンポ「UX-Z2」を発表した。USB端子も装備。(2008/10/15)

CEATEC JAPAN 2008:
コンパクト&スリムが合い言葉? ビクターが縦型Everioを参考展示
ビクターがデジタルビデオカメラ「Everio」のコンセプトモデルを展示。“脱イベント”を目指す意欲作だ。(2008/9/30)

ここでしか手に入らないニッパーグッズも:
ビクターのショールーム「NIPPER'S GINZA」がリニューアル
日本ビクターは、9月10日に東京・新橋のショールーム「NIPPER'S GINZA」(ニッパーズギンザ)をリニューアルオープンする。“ビクター犬”ことニッパーのグッズも初めて一般販売。(2008/9/9)

ジュエリーのようにきらめくメモリプレーヤー、“alneo”「XA-V40」
日本ビクターがポータブルオーディオプレーヤー“alneo”「XA-V40/20/10」を発売。操作性を高め、ジュエリー感覚の質感を醸し出すガラスフレークコーティングを施した。(2008/8/5)

日本ビクター、2Gバイトメモリ内蔵のメモリーコンポ
日本ビクターが“メモリーコンポ”「UX-GM55」を発売。2Gバイトのメモリを内蔵するほか、ポータブルオーディオプレーヤー“alneo”のダイレクト接続にも対応する。(2008/8/5)

ビクター、「サウンド工房」搭載のポータブルプレーヤー
日本ビクターがデジタルオーディオプレーヤー“alneo V”を発売。高音質化技術「K2」のほか、シーンやヘッドフォンにあわせたセッティングを行える「サウンド工房」を用意した。(2008/6/11)

2Gバイトメモリ内蔵の“メモリーコンポ”「UX-GM77」
日本ビクターが2Gバイトメモリを搭載したミニコンポ“メモリーコンポ”「UX-GM77」を発売。同社“alneo V”シリーズもドッキングOK。(2008/6/11)

リアはブルーをチョイス:
ダイレクト録音時の使い勝手も高めたメモリプレーヤー、ビクター
日本ビクターはポータブルプレーヤー“alneo”(アルネオ)の新製品を発売する。「お気に入り」キーや録音レベルメーターなど使い勝手を高める機能を搭載。CMにはもちろん、リア・ディゾンさんを起用。(2007/8/8)

アルネオ向け壁紙ダウンロードサービスに「リア・ディゾン」追加
日本ビクターが同社メモリプレーヤー“alneo C”シリーズ用の壁紙ダウンロードサービスにリア・ディゾンさんの画像を追加、提供を開始した。(2007/7/12)

ビクター、alneo Cにオリジナル壁紙をダウンロード提供
日本ビクターはフラッシュメモリプレーヤー「alneo(アルネオ) C」シリーズ専用のオリジナル壁紙をダウンロード提供する。(2007/4/19)

ポータブルオーディオ販売ランキング(1月8日〜14日)
iPodとウォークマンに続く勢力は?
市場では依然としてiPodとウォークマンが2大勢力となっているが、他社からも意欲的な製品は多く投入されている。第三勢力となるのは果たして?(2007/1/23)

ビクター、定額制配信やAACにも対応するメモリプレーヤー「alneo」
日本ビクターは、ポータブルプレーヤー“alneo”の新製品として、「XA-C210/C110/51」を発売する。WMA形式の定額制配信が利用可能なほか、iTunesで作成したAACも再生できる。(2007/1/18)

レビュー:
タワレコが自宅にやってきた――「ナップスタージャパン」を試す
国内初の定額制音楽配信「ナップスタージャパン」が開始された。サービスとしては後発だが、「聴き放題」という言葉のインパクトは強い。早速利用してみた。(2006/10/11)

インタビュー:
ミニコンポの復権を目指して
手軽なオーディオ製品として人気だったミニコンポだが、近年ではその存在感が薄くなっている。日本ビクターは新製品で“ミニコンポの復権”を図ろうとしている。(2006/8/2)

オーディオシステムで簡単フォーマット変換、ビクター
日本ビクターは、フラッシュメモリ内蔵のオーディオシステム2機種6モデルを9月に発売する。ポータブルプレーヤー“alneo”シリーズをUSB接続すれば、CDやMDの楽曲をPCなしでMP3に変換&高速転送できる。(2006/8/1)

“お気に入り”ボタン付きのポータブルプレーヤー、ビクター
日本ビクターはポータブルオーディオプレーヤー“alneo”2機種9モデルを発表した。同時に発表されたフラッシュメモリ内蔵オーディオシステムと組み合わせ、楽曲を簡単に変換&高速転送できる。(2006/8/1)

ビクター、ステレオマイク装備でPCM録音も可能なメモリプレーヤー“alneo”
日本ビクターは、ポータブルオーディオ“alneo”(アルネオ)の新製品を6月下旬より販売開始する。“スタジオ仕込み”のHDDタイプと同様の高音質化機能を搭載するが、フラッシュメモリの採用で小型化したほか、ステレオマイクやPCM録音など、録音機能が充実した。(2006/5/31)

ビクター、ジュエリー感覚のオーディオプレーヤー
日本ビクターが、ポータブルオーディオプレーヤー「XA-E105/E103/E55/E53」を発表。ダイレクトレコーディング機能と高音質D/Aコンバーターを搭載。ジュエリー感覚のラウンドフォルムデザイン。(2006/1/25)

今年もいろいろありました:
「音楽とIT」で2005年を振り返る(後編)
下半期の一番の話題はなんといっても、“黒船”iTunes Music Storeの開始だろう。iPodの新機種も矢継ぎ早にリリースされ、市場全体がアップルのリードで推移した感すらある。しかし、国内メーカーも独自色を打ち出して存在感をアピールした。(2005/12/26)

レビュー:
音質重視派への選択肢――ビクター「XA-HD500」
ビクターのHDDポータブルオーディオ「XA-HD500」は、スタンダードなフォルムの中に圧縮音源もCDクオリティで再生するという“スタジオ仕込み”という高音質を詰め込んだ製品だ。(2005/11/9)

レビュー:
PCレスでも楽しめるポータブルプレーヤー、ビクター「XA-MP100」
日本ビクターの“alneo”(アルネオ)「XA-MP100」は、音楽再生に機能を絞り込んだフラッシュメモリプレーヤー。スクウェアフォルムのボディには優れた無音検出機能を備えており、PCレスでも活用できる。(2005/11/8)

ビクター、メモリ内蔵オーディオプレーヤー“alneo”
日本ビクターが、メモリ内蔵型のポータブルオーディオプレーヤー“alneo”「XA-MP100「XA-MP50」「XA-MP20」を発表。「ダイレクトレコーディング」機能を搭載、音質にもこだわった。(2005/10/19)

ビクター、HDMIとプログレッシブコンバーターを備えたAVアンプ
日本ビクターは9月16日、HDMIなど豊富なインタフェースを備え、デジタルアンプ「DEUS」を搭載したAVアンプ「AX-D701」を販売する。(2005/9/16)

ビクター、“スタジオ仕込み”の高音質ポータブルプレーヤー
日本ビクターは、独自技術で高音質化をはかったポータブルHDDプレーヤー“alneo”(アルネオ)「XA-HD500」を11月1日より販売する。高音質技術「net K2」に対応しており、音楽配信で購入した圧縮音源も高品質に楽しめる。(2005/9/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。