ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AMD Embedded」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AMD Embedded」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

AMD Embedded Gシリーズ:
AMD、組み込み機器向けSoCの新製品を発表
AMDは、組み込み機器向けSoC「第3世代AMD Embedded GシリーズSoC」と「Embedded GシリーズLX SoC」を発表。(2016/2/25)

AMD、低消費電力の組み込み向けSoC「AMD Embedded GシリーズSoC」を発表
米AMDは、組み込み向けSoC「AMD Embedded GシリーズSoC」「Embedded GシリーズLX SoC」の発表を行った。(2016/2/25)

「第3世代 Embedded G」など、AMDから組み込みプロセッサ新製品
AMDが組み込み機器向けSoCの新製品、「第3世代AMD Embedded GシリーズSoC」と「Embedded GシリーズLX SoC」を発表した。(2016/2/24)

最大3TFLOPS:
組み込みGPUも4K本格化、AMDが「Radeon E8950MXM」など新製品
AMDが組み込み機器向けGPU「AMD Embedded Radeon」シリーズの新製品「E8950MXM」「E8870MXM」「E6465」を発表した。上位モデルはCU(Computer Units)を増加することで4K時代を見据えた処理能力を獲得した。(2015/9/30)

組み込み開発ニュース:
AMD組み込み向けSoC、Samsungの液晶一体シンクライアントに採用
AMDの組み込み機器向けSoC「AMD Embedded Gシリーズ」が、Samsung Electronicsのディスプレイ一体型シンクライアントの新製品に採用された。(2015/6/23)

PR:未来を見つめ、過去に手厚く――AMDのEmbeddedが選ばれる理由
高信頼や長期供給などを求められる組み込み業界においてもAMD製品は存在感を増しており、今ではHMIからマシンビジョン、IoTゲートウェイなど幅広く採用されている。同社CEOの発言や最新ロードマップ、現在の製品構成などから“なぜAMDが組み込みで選ばれるのか”をひもといてみよう。(2015/6/15)

プロセッサ/マイコン:
従来製品に比べ性能を最大53%向上、AMDのx86コア搭載SoC/CPUファミリ
AMDは、組み込み機器向けにx86コア搭載のSoC/CPUファミリ「AMD Embedded Gシリーズ」を発表した。通信/ネットワークインフラ装置、産業用制御機器、シンクライアント、デジタルサイネージなどの用途に向ける。(2014/6/5)

従来モデルから3D性能5割増し:
AMD、HSA対応の第2世代「AMD Embedded R」シリーズ発表
組み込み市場に注力するAMDが、そのハイエンドラインアップとして“BAID EAGLE”を投入する。(2014/5/20)

AMD、「AMD Embedded R」シリーズの新型マルチコアCPUを発表
AMDは組み込みアプリケーション向けの「AMD Embedded R」シリーズに新型クアッドコア/デュアルコアCPUを追加した。(2013/8/22)

組み込み開発ニュース:
AMD、組み込み向けSoC「Embedded Gシリーズ」の低消費電力モデル「GX-210JA」を発表
AMDは、組み込みシステム向けSoCである「AMD Embedded Gシリーズ」の低消費電力モデル「GX-210JA」を発表した。低消費電力に特化した新たなAPU製品としてラインアップされたもので、組み込みシステム設計におけるx86プロセッサの消費電力要件のさらなる低減を狙うものであるという。(2013/7/31)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。