ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「APU」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Accelerated Processing Unit

MSI、AMD X470チップセット採用のエントリーゲーミングマザー「X470 GAMING PRO」
エムエスアイコンピュータージャパンは、AMD X470チップセットを搭載したゲーミングATXマザーボード「X470 GAMING PRO」を発売する。(2018/7/6)

薄くてスタイリッシュ! Ryzen搭載ノートPC「ideapad 720S」(AMDモデル)を試す(ベンチマーク編)
レノボ・ジャパンの薄型ノートPC「ideapad 720S」には、AMD Ryzenを搭載するモデルが用意されている。その上位構成をベンチマークテストしてみた。結果やいかに。(2018/7/6)

サイコム、スリムデスクトップ「SBX」シリーズにRaven Ridge搭載モデルを追加
サイコムは、AMD製APU“Raven Ridge”を採用したスリム型デスクトップPC「SBX2600B350AG」の販売を開始する。(2018/7/5)

富士通、15.6型ノート「LIFEBOOK AH」など2018年夏のPC新モデルを発表
富士通クライアントコンピューティングは、15.6型ノートPC「LIFEBOOK AH」シリーズの新モデルを発表。一体型PC「ESPRIMO 」も合わせて発売する。(2018/6/12)

AMD、Vegaグラフィックス機能を内蔵したビジネスPC向けの新「Ryzen PRO」を発表
米AMDは、ビジネス向けAPU「Ryzen PRO」新モデルの発表を行った。(2018/5/15)

レノボ、手のひら大のミニPC「ThinkCentre Tiny」にAPU搭載エントリーモデルを追加
レノボ・ジャパンは、小型デスクトップPC「ThinkCentre Tiny」シリーズにAMD製APU採用エントリーモデルを追加した。(2018/5/15)

薄くてスタイリッシュ! Ryzen搭載ノートPC「ideapad 720S」(AMDモデル)を試す(外観編)
AMDの「Ryzen Mobile APU(CPU+GPU)」を搭載するノートPCが登場し始めた。今回は、その低消費電力性を生かしたレノボ・ジャパンのノートPC「ideapad 720S(AMDモデル)」の外観をレビューする。(2018/5/9)

マウス、税別5万円台から買えるRyzen APU搭載エントリーPC計2製品
マウスコンピューターは、ミニタワーPC「LUV MACHINES」およびスリムPC「LUV MACHINES Slim」にRyzen APU搭載モデルを追加した。(2018/4/26)

ASUS、APU+Radeon搭載で税別約8万円の15.6型スタンダードノートPC
ASUS JAPANは、AMD製APUを標準装備した15.6型スタンダードノートPC「ASUS VivoBook 15 X542BP」を発売する。(2018/4/4)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(23):
AMDは2016、Intelは2014……。最新CPUチップの刻印が意味するもの
今回は、脆弱性問題で揺れるAMDやIntelの最新プロセッサのチップに刻まれた刻印を観察する。チップに刻まれた文字からも、両社の違いが透けて見えてくる。(2018/4/2)

AMD EPYC Ryzen:
AMD「EPYC」「Ryzen」に組み込み向け
AMDは、組み込み型プロセッサ「AMD EPYC Embedded 3000」「AMD Ryzen Embedded V1000」を発表した。前者はネットワーキングなどさまざまな市場で「Zen」の性能を提供。後者は医療画像、産業システム、デジタルゲーミングなど向けの製品だ。(2018/3/28)

デル、APU搭載エントリー15.6型ノート「New Inspiron 15 3000(AMD)」を税別1万9980円で販売
デルは、同社製エントリー15.6型ノートPC「New Inspiron 15 3000(AMD)」の台数限定セールを開催する。(2018/3/23)

組み込み開発ニュース:
AMDが「EPYC」と「Ryzen」の組み込みプロセッサを発表
AMDは、組み込み型プロセッサ「AMD EPYC Embedded 3000」「AMD Ryzen Embedded V1000」を発表した。前者はネットワーキングなどさまざまな市場で「Zen」の性能を提供。後者は医療画像、産業システム、デジタルゲーミングなど向けの製品だ。(2018/3/19)

デル、3万円台から買えるAMD製APU搭載11.6型ノート「New Inspiron 11 3000」など3製品
デルは、AMD製APUを採用したエントリーノートPC「New Inspiron 11 3000」、2in1ノートPC「 New Inspiron 11 3000 シリーズ 2-in-1」など計3製品を発売した。(2018/3/9)

サードウェーブ、イラストレーター向けのRyzen APU採用デスクトップPCを発売
サードウェーブは、同社製クリエイター向けPC「raytrek debut!」シリーズのラインアップにRyzen APU採用ミニタワー型モデルを追加した。(2018/3/2)

レノボ、Ryzen APUを採用した13.3型モバイルノート「ideapad 720S」
レノボ・ジャパンは、13.3型フルHD液晶を内蔵したモバイルノートPC「ideapad 720S」の販売を開始する。(2018/2/20)

「Raven Ridge」の実力は? Core i5と徹底比較
AMDのRyzenがデスクトップ向けAPU「Ryzen 5 2400G」と「Ryzen 3 2200G」は、Ryzenによって従来から大幅に引き上げられたCPU性能と、Radeon VEGA世代のGPU性能によって、IntelのメインストリームCPUに対抗していく製品だ。(2018/2/16)

アーク、ゲーミングPC「CROYDON」など2シリーズにRyzen 3 2200G搭載モデルを追加
タワーヒルは、AMD製最新APUのRyzen 3 2200Gを採用したデスクトップPC計2製品を発売した。(2018/2/16)

光学システムが一番の技術的進歩:
「iPhone X」の密かな勝者たち(後編)〜進化を遂げた光学システム
「iPhone X」を分解し、ロジックIC以外のデザインウィンに焦点を当てる。フランスの調査会社Yole Developpementが、今回のiPhoneで「一番の技術的進歩」と指摘するのが光学システムだ。(2018/2/16)

インバースネット、Raven Ridge搭載デスクトップPCの販売を開始
インバースネットは、AMD製最新APUを搭載したBTOデスクトップPCの販売を開始した。(2018/2/14)

サードウェーブが「Raven Ridge」APU搭載ミニタワーPCを発売
サードウェーブは、“Raven Ridge”世代の最新APUを採用したミニタワー型デスクトップPCを発売した。(2018/2/14)

サイコム、「Raven Ridge」採用のスタンダードデスクトップPC計2機種 
サイコムは、AMD製最新APUを搭載したスタンダードデスクトップPC計2製品の販売を開始する。(2018/2/13)

ASUS、「Raven Ridge」APUに対応する新BIOSを公開
ASUS JAPANは、AMD製最新APU「Raven Ridge」に対応したBIOSの公開を行った。(2018/2/13)

TSUKUMO、Ryzen APU採用のBTOデスクトップPC2製品を発表
Project Whiteは、最新世代APUのRyzen 3 2200G/Ryzen 5 2400Gを採用したBTOデスクトップPCを発表した。(2018/2/9)

AMDから最新APU「Raven Ridge」が届いたぞ! まずは中身を速報だー
っていうか箱でけーよ!(2018/2/8)

デル、スタンダード15型ノート「Inspiron 15」に4万円台のAPU搭載モデルを追加
デルは、AMD製APUを標準搭載したスタンダード15型ノートPC「New Inspiron 15 (AMD)」の販売を開始した。(2018/2/2)

12nm CPUや7nm GPU含め:
AMD、GPU/CPUの新ロードマップを発表
AMDは「CES 2018」のプレスカンファレンスにおいて、CPUとGPUのロードマップを発表。12nmプロセスCPUと7nmプロセスGPUの計画の詳細を明らかにした。(2018/1/12)

CES 2018:
AMDが第2世代Ryzenを4月に投入 長期ロードマップも公開
CES 2018にあわせてAMDが「AMD Tech Day」を開催。2018年第1四半期に投入する製品群の概要を公開した。(2018/1/8)

AMDの勢いは止まらない! 「AMD FAN DAY FESTIVAL」は大盛況
AMDファンに向けたユーザーイベント「AMD FAN DAY FESTIVAL」が秋葉原UDXで行われ、会場は“元気なAMD”を歓迎するファンの熱気に包まれた。(2017/11/18)

AMD GPU搭載のCoreプロセッサで:
“打倒NVIDIA”に向け動き出したIntelとAMD
長年のライバルが、“歴史的な協業”を果たした。Intelのモバイル向け第8世代「Core」プロセッサに、AMDのGPUが内蔵されるのである。“NVIDIA対策”とも取れる今回の協業について、専門家たちの意見を聞いた。(2017/11/10)

村田製作所 NFMJMPC226D0E3など:
1209Mサイズで22μFを実現した3端子積層セラコン
村田製作所は、スマートフォン向けデカップリング用に、3端子積層セラミックコンデンサー1209Mサイズと1005Mサイズの同社最大容量品を発表した。静電容量は1209Mサイズが22μFで、1005Mサイズが14μFとなる。(2017/11/6)

CPU性能が200%アップ!? 「AMD Ryzen Mobile」特徴まとめ
Ryzenが薄型ノートにやってくる!!(2017/10/31)

AMD、薄型ノートPC向けの新Ryzenモバイルプロセッサを発表
米AMDは、“Raven Ridge”と呼称していた超薄型ノートPC向けの最新モバイルプロセッサ「Ryzen 5 2500U」「Ryzen 7 2700U」を発表した。(2017/10/27)

レノボ、ビジネス向けAPUを採用した12.5型モバイルノート「ThinkPad A275」 クーポン適用で6万円台から
レノボ・ジャパンは、AMD PROシリーズAPUを搭載する12.5型モバイルノートPC「ThinkPad A275」の販売を開始した。(2017/10/23)

Ryzen Threadripper“旧価格”購入者にAMDが補填を実施 クオカードで収拾を図る
日本AMDは、同社製最新CPU「AMD Ryzen Threadripper」の初期購入者向け補填の実施を発表した。(2017/9/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
Socket AM4対応APUが登場! ……も、続くAMDの混乱劇
Socket AM4対応のAPU「A12/A10」に加え、Ryzen Threadripperの下位モデル「1900X」が登場。また、上位モデルの値下げ騒動の余波も発生しており、何かとAMDが話題を集めている。(2017/9/4)

Ryzen 3は性能でもコスパでもCore i3と真っ向勝負
Ryzen 3兄弟の末弟「Ryzen 3」が登場。ベンチマーク比較の結果は……(2017/7/31)

古田雄介のアキバPickUp!:
4面ガラス張りケースのホワイトモデル登場でアキバが沸く理由
コルセアのガラス張りケース「Crystal 570X RGB」に赤と白モデルが登場した。なかでも注目を集めているのは白だ。そのほか、Ryzen 3やPCIe x16接続のM.2 RAIDカードもデビューしている。(2017/7/31)

ASRock、Ryzen対応のMini-ITXゲーミングマザーボード2製品
マスタードシードは、台湾ASRock製となるMini-ITXゲーミングマザーボード「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」など2製品の取り扱いを開始する。(2017/7/3)

COMPUTEX TAIPEI 2017:
AMDがノートPC向けに「Ryzen Mobile」を開発 2017年後半に搭載PC登場予定
ノートPC向けの「Ryzen(ライゼン)」がついに登場する。AMDが開発中の「Vega」ベースのGPUを統合した「APU」タイプのプロセッサで、先代のAPUと比較して「処理能力」と「省電力性」の双方を改善したことが大きな特徴だ。(2017/5/31)

自作PC市場における期待の新星:
反転攻勢へ!「Ryzen 7」の爆速性能を確かめる
Intelに対し、Bulldozer以降劣勢だったAMDが反転攻勢をかけるこの瞬間を、ベンチマークとともに確かめてみたい。Core i7-7700Kとの対決では、Ryzen 7勢がCPU性能で圧倒した。(2017/3/11)

MSI、Ryzen対応の多機能ゲーミングマザー「X370 XPOWER GAMING TITANIUM」
台湾MSIは、AMD X370チップセットを採用したATXマザーボード「X370 XPOWER GAMING TITANIUM」など2製品を発表した。(2017/3/2)

RYZENでデスクトップCPU市場に殴り込みをかけたAMD
開発コード名“Summit Ridge”こと「RYZEN 7シリーズ」が登場する。8コア/16スレッドで、国内市場想定価格は最上位のRYZEN 7 1800Xが5万9800円(税別)。(2017/2/23)

ASUS、Office Premium付属のエントリーAPU搭載15.6型ノート「VivoBook X540YA」――ASUS Shop限定販売
ASUS JAPANは、プロセッサとしてAMD E1-7010を採用した15.6型エントリーノートPC「VivoBook X540YA」を発表した。(2017/2/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
初の“Kつきi3”こと「Core i3-7350K」がデビュー
IntelのCPU価格表に長らく貼られていた最後の「入荷待ち」の札がついに剥がれ、「Core i3-7350K」が売り出された。OC好きの取り合いが過熱しそうだ。(2017/2/13)

週末アキバ特価リポート:
BenQフルHD液晶が1万円切り&Core i5 NUCが1万5000円強!
SSDやメモリの話題は寒風が吹きすさんでいるものの、自作PC街全体でみるとホットな掘り出し物がいろいろ見つかる。液晶にNUC、AMD A10に要注目!(2017/2/4)

iiyama PC、「CLIP STUDIO PAINT」推奨のミニタワー型エントリーPC
ユニットコムは、iiyama PCブランド製PC「SENSE∞」シリーズのラインアップに「CLIP STUDIO PAINT」動作検証済みミニタワー型モデルを追加した。(2017/2/1)

2016年のアキバを振り返る(後編):
HDDは10テラに到達、M.2 NVMe SSDがブレイク、そしてフラッシュの乱高下が目立った2016年
VRの台頭とグラフィックス&ゲーミング事情を中心にまとめた前編に続き、後編ではストレージ関連の動きを中心に2016年を振り返ってみたい。(2016/12/31)

ユニットコム、ミニタワーPC「M-Class」にAMD A8搭載のエントリーモデルを追加
ユニットコムは、同社製ミニタワー型デスクトップPC「M-Class」シリーズのラインアップに第7世代APU搭載モデル2機種を追加した。(2016/11/29)

サーバ市場に再参入:
新開発x86コア「ZEN」、2017年より順次投入
AMDは、新開発の高性能x86コア「ZEN」を搭載したプロセッサ製品を2017年より順次、市場に投入していく。次世代のノートPCからサーバ、組み込みシステム向けまで、幅広い用途に向けた製品展開を図る。(2016/11/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。