ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Amie Street」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Amie Street」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

利益はファンにも 曲の価格が人気で決まる「Amie Street」
「楽曲の価格が人気に応じて決まり、応援してきたファンにもお金が入る」という仕組みの音楽配信&SNSサイト「Amie Street Japan」がオープンした。(2007/12/21)

曲の値段は人気次第 「Amie Street」日本版オープン
人気に応じて楽曲の価格が変わる音楽配信&SNSサイト「Amie Street Japan」がオープンした。1曲0円からスタートし、ダウンロード数が増えれば価格が上がる。(2007/12/5)

曲の値段は人気次第「AmieStreet」が日本進出へ
人気次第で楽曲の配信価格が変わったり、ユーザーによる発掘機能などを持つ「AmieStreet」が日本に進出へ、ターボリナックスが子会社を設立し、ライセンスを受けて国内サービスに乗り出す計画だ。(2007/10/23)

「人気に応じて価格が決まる」音楽ストアAmieStreet.comに、Amazonが出資
米国の大学生が立ち上げたAmieStreet.comは、ソーシャルネットワーキング機能を楽曲の価格決定やマーケティングにも活用した音楽ストア。(2007/8/7)

津田大介氏:
「EMIは打つ手がなかった」――DRMフリー化と「CCCD」という無駄 そして日本は
音楽ジャーナリストの津田大介さんによる、音楽業界とDRMをめぐる問題のまとめとEMIによるDRMフリー化の背景、今後の展望について。EMIの決断の背景を考える上で「CCCDは絶対に外せない要素」として過去の経緯を振り返りつつ、「rootkit騒動」「Vista」という“2つの予想外”も決断のきっかけではと指摘。そして「着うたフル」全盛の日本は──。(2007/4/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。