ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「「話し方」より「答え方」」最新記事一覧

「聴き方・話し方」のコツ・最終回:
「聴く力」はコミュニケーションの基本
相手が本当に言いたいことを「聴く」ことはとても重要です。自分が理解したことが正しいかどうかを確認し、不十分なコミュニケーションをしっかりと補完しましょう。(2014/4/3)

「聴き方・話し方」のコツ:
「自分の領域」の中だけで話そう
私たちは本人にしか分からない「領域」をそれぞれが持っています。そして、その「領域」の概念をきちんと持っておかないと、自分が傷ついたり相手を傷つけたりしてしまいます。(2014/3/27)

「聴き方・話し方」のコツ:
コミュニケーションには常に「相手」がいることを心強く思おう
コミュニケーションとは、やりとりであり、常に「相手」がいることはとても心強い事実です。(2014/3/20)

「聴き方・話し方」のコツ:
沈黙のないコミュニケーションがしたい
会話が途切れて沈黙になってしまうのがとにかく怖い。相手の顔色をうかがいながら質問してみたり、自分の話をしてみたり。クタクタになるまで会話を盛り上げる努力をしている。けれど、打ち解けられた感じがしない。どうすればよいのだろう?(2014/3/13)

「聴き方・話し方」のコツ:
コミュニケーションとは、人と人とのやりとり
コミュニケーションとは、人格と人格のふれあいです。別個の存在である私たちが、それぞれの存在の橋渡しをするやりとりがどれほど効果的にできるかが、コミュニケーションのポイントになります。(2014/3/6)

「話し方」より「答え方」:
価値を生むメモ、ゴミになるメモ
ビジネスパーソンのメモで最も大事なのが、他人が見ても議事録を書けるレベル「再現性」があることです。そのためのコツを2つ覚えておきましょう。(2013/8/15)

「話し方」より「答え方」:
ビジネス文書に「私は」はいらない
論文、新聞記事、報告書、仕事上のメール――これらフォーマルな文章は物事を正確に、つまり客観的に説明する必要があります。そこに書き手の主観が混じると「説明の正確さ」に疑念を抱かれてしまうのです。(2013/8/8)

「話し方」より「答え方」:
賛成派も反対派も納得させる「落としどころ」
職場では、利害の異なる人たちの調整をする役割が回ってくることもあります。賛成派と反対派が真っ向から対立し、お互い聞く耳も持たず一歩も譲らない状況は厄介なもの。どうすればよいでしょう?(2013/8/1)

「話し方」より「答え方」:
他人の心は変えられないもの
他人の心は変えられない――この真理に気が付かずに、果てしないストレス地獄に苛まれている親や教師や上司や販売員がいかに多いことか。変えられないものは放置して、変えられるものから手をつけるほうが現実的です。(2013/7/25)

「話し方」より「答え方」:
「どういうこと?」って、どういうこと?
内容に自信がない人ほどゴチャゴチャと情報を詰め込むものです。逆に要点だけビシッと言える人は、それだけで「自信と責任感」を印象付けられるもの。たとえ、その発言が多少間違っていたとしても。(2013/7/18)

「話し方」より「答え方」:
「2位じゃダメなんですか?」への正しい答え方
冷静に考えれば分かるのですが、相手の勢いや地位に怖気づいてしまうと気の弱い人は質問を反語、すなわち「叱られた」と勘違いしてせっかくの主張を引っ込めてしまいがち。正しい答え方を身に付けましょう。(2013/7/11)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/7/9)

「話し方」より「答え方」:
「意見を述べよ」に「感想」を答えるな
意見を求められたら、感想を言うのではなく提案をしましょう。とても単純なことなのですが、これを学校でも教わったことがないばかりに「何を答えたらいいのか分からない」と沈黙してしまう若者は非常に多いのです。(2013/7/4)

「話し方」より「答え方」:
マイケル・ジャクソンのすごさを説明しなさい
「すごさ」とは「他より抜きん出ていること」。つまり「他との違い」です。片方だけ述べても完結しないのです。「すごさ」は「比較」で示すことで、相手とスムーズに意思疎通ができるのです。(2013/6/27)

「話し方」より「答え方」:
日本語のプロが教える、仕事に必要な「答え方」
ビジネスにおける答え方には、決まった「型」があります。「打てば響く部下」と思われるために必要な「受け答え」の技術を、大手予備校で現代文、小論文を指導する「日本語のプロ」が伝授します。(2013/6/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。