ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日本」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本」に関する情報が集まったページです。

間もなく配信! 「iOS 12」の新機能をまとめてチェック
iOSデバイス向けの最新OS「iOS 12」が、日本時間で9月18日(恐らく未明)に配信される。iOS 12では何が変わるのか。Appleが公開している情報をもとに予習しておこう。(2018/9/17)

数年でプロ顔負け:
高校ダンス部選手権、大阪が強い秘密は?
8月16、17日に横浜市西区のパシフィコ横浜で行われた日本高校ダンス部選手権の全国大会。地区大会を勝ち抜いた計100チームが、個性豊かなダンスを披露した。2日間、会場で取材をしたが、各チームのダンスの技術の高さや表現力のすばらしさに心を奪われるほどだった。(2018/9/17)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
日本企業は今こそ、手を組んでチャレンジに打って出るべき――カインズ 代表取締役社長 土屋裕雅氏
「AWS re:Invent 2017」に刺激を受けて、翌年の年頭朝礼で「IT企業宣言」をしたというカインズ代表取締役社長の土屋裕雅氏。SPA(製造小売業)にもIT改革をもたらすべく、CEO自らITのトップランナーたちに学ぶ土屋氏が描く、業界を超えたイノベーションとは。(2018/9/16)

201X年、日本はチョコミントのブームに包まれた! 世紀末チョコミント4コマ漫画が話題に
チョコミント味より優れたフレーバーなど存在しねぇ!!(2018/9/16)

Steam初の無修正アダルトゲーム「Negligee: Love Stories」、日本を含む26か国で販売できず 各国の法に準拠するため
ですよね……。(2018/9/15)

Googleさん:
「Pixel 3/3 XL」(仮)日本でも発売? 「Essential Phone」買ったばかりですが。
最新Android OSをなるべく早くインストールしたくて「Essential Phone」を買ったら、Googleさんがオリジナル端末「Pixel」を日本でも販売するらしいティーザーサイトを開設しました。(2018/9/15)

新iPhoneのデュアルSIMは日本で使える? 中国・香港版iPhone XS Max、XRを買って失うもの
中国、香港、マカオで販売されるiPhone XS MaxとXRの「デュアル SIM」運用について、Appleが情報を公開している。(2018/9/15)

新iPhoneのSuicaは電源切れても最長5時間使える iPhone XS、XS Max、XRは「予備電力機能」付き
日本で販売される、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRは「予備電力機能付きエクスプレスカード」仕様だ。(2018/9/15)

未来の物流に変革をもたらす3Dプリンタ最前線
3Dプリンタが製造現場や物流を変革しつつある。3Dプリンタを用いた「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」を展開する日本HPとSOLIZE Productsに最新状況を聞いた。(2018/9/14)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
時流の節目こそ、勝負を仕掛けるチャンス――野村総合研究所 理事 楠真氏
「日本のITは元気がない!」と活を入れる野村総合研究所(NRI)理事の楠真(くすのきしん)氏。常にITの未来を見据えながら、35年以上にわたってITの難事難題を経験してきた楠氏が語る、日本企業とSIerが抱える問題点と改善策、元気なIT人材を育て活用するためのセオリーとは(2018/9/15)

ふぉーんなハナシ:
「Pixel」日本デビュー!? Googleが謎の日本語ティーザーサイトを公開
Webサーフィンをしていたら、Googleが開設した日本語ティーザーサイトを発見しました。スマートフォンらしきモチーフの形状から、Androidスマートフォン「Pixel(ピクセル)」の最新モデルの日本投入を示唆しているものと思われます。(2018/9/14)

Google、新型スマホのティーザーサイト公開 「Pixel 3」日本発売か
同社が開発中のオリジナルスマートフォン「Pixel 3」(仮)を日本市場に投入する可能性がある(2018/9/14)

「地域社会とのほどよい関係性」が重要:
「本気で自殺したい人」の過半数が1年後も同じ心境 どうすれば改善される?
「本気で自殺したい人」の過半数が1年後も同じ心境であることが、日本財団の調査で判明。その原因は「家庭の問題・健康問題・経済的な問題」など。「地域社会とのほどよい関係性」などが自殺念慮の解消に効果があることも分かった。(2018/9/14)

歓迎する声も:
本当になくなる?「就活ルール」 経団連会長の“廃止”発言に賛否 「学生生活に余裕ない」の嘆き節も
経団連の中西宏明会長が9月3日の記者会見で表明した、就職活動ルールを平成33年卒業の学生から廃止する−との意向が波紋を広げている。「学生生活に余裕がなくなる」「早めに動けるなら問題ない」。対象となる大学2年生の間では不安と期待が交差し、大学や文部科学省は学生に混乱が生じないか気をもむ。選考解禁時期などをめぐり試行錯誤が長年繰り返されてきた就活ルール。日本特有とされる慣行だが、本当になくなるのか。(2018/9/14)

マクドナルド流の教育とは?:
マクドナルド元幹部が語った「スマイル0円」の真意と人材育成の極意
1990年代後半、日本マクドナルドの社内育成機関である「マクドナルド大学」の学長に就任した有本均氏は、大量のアルバイトを短期間で店長代理に育成する必要に迫られた。数々の改革を打ち出し、周囲を説得した背景にあったのは「バイトでも教えればしっかりと育つ」という信念だった。(2018/9/14)

人工知能ニュース:
NVIDIAのフアンCEOが日本で初披露、組み込みAI向け新製品「NVIDIA AGX」
NVIDIAのユーザーイベント「GTC Japan 2018」の初日に行われた基調講演に、創業者兼CEOのジェンスン・フアン氏が登壇。組み込みAIを可能にする新たな製品ラインアップ「NVIDIA AGX」のローンチを発表するとともに、国内の製造業がAI開発プラットフォームとしてNVIDIAのGPUや開発プラットフォームを広く採用していることをアピールした。(2018/9/14)

音声コントロール普及を追い風に:
コードレス電話の標準から『音声+IoT通信』の標準を狙うDECT
欧米や日本でデジタルコードレス電話の無線通信規格として普及する「DECT」がスマートホーム端末などでの利用が拡大しつつあるという。DECTとはどのような無線通信規格で、今後、どのように普及を目指しているのか、DECTフォーラムのジャパンワーキンググループ代表に聞く。(2018/9/14)

モノづくり最前線レポート:
日本発のユニコーンは生まれるのか、支援する政府の取り組み(後編)
イノベーションジャパン(大学見本市&マッチングフェア、2018年8月30〜31日、東京ビッグサイト)のNEDOセミナーでスタートアップに関連した4つの講演が行われた。後編ではNEDOによる海外の取り組みを紹介する2講演の内容をお伝えする。(2018/9/14)

東京商工リサーチが分析:
リーマン・ショックから10年、いまだに回復しないあの業種……
リーマン・ショックから10年経つが、日本企業の全売上高は以前の水準まで回復していない――。東京商工リサーチが企業業績の分析レポートを発表した。(2018/9/13)

今ある自転車を約20分で電アシ化! 後付け電動アシスト化キット「bimoz」が日本でもクラウドファンディング開始へ
多くの自転車に対応できて軽量、がウリ。(2018/9/13)

日本HP、GeForce RTX 2080搭載ゲーミングPC「OMEN Obelisk Desktop」を発表
日本HPは、ゲーミングPC「OMEN」のラインアップを拡充、新たにGeForce RTX 2080搭載ミニタワーモデル「OMEN by HP Obelisk Desktop 875」を発表した。(2018/9/13)

ドコモ、au、ソフトバンクが「iPhone XS/XS Max」「iPhone XR」「Apple Watch Series 4」の取り扱いを表明
国内3大キャリアが、9月13日深夜(日本時間)に発表された新型のiPhoneとApple Watchの取り扱いを発表。いずれも詳細は後日発表するとしている。(2018/9/13)

「iOS 12」の製品版、9月17日(米国時間)から配信
Appleの新OS「iOS 12」の製品版の配信日が決まった。日本では9月18日以降に配信が始まる見通しだ。(2018/9/13)

次期macOS「Mojave」は日本時間で9月25日にリリース
Appleのスペシャルイベントで次期macOS「Mojave」のリリース日がアナウンスされた。(2018/9/13)

“負け組”だからこその戦略:
ピンチをチャンスに変えてきた――旭酒造・桜井会長が振り返る「獺祭」と歩んだ日々
日本酒「獺祭」を製造する旭酒造の桜井博志会長が、東京工科大学(東京都八王子市)で行われた特別講義に登壇。「獺祭」を世界的なブランドに育てる上で味わった苦労や、酒づくりに対するこだわりなどを語った。(2018/9/13)

マルウェアの判断に深層学習を活用:
リコーとソフォス、10人以下の“小規模”事業所を対象にしたセキュリティマネージドサービスを発表
リコージャパンとソフォスは2018年9月12日、10人以下の小規模事業所を対象にしたセキュリティマネージドサービス「RICOH サイバーセキュリティパック」を発表。2018年9月21日から日本全国に展開する。(2018/9/13)

安全システム:
レクサス新型「ES」はサイドミラーなし、カメラとディスプレイで広い視野
トヨタ自動車は2018年9月12日、日本で同年10月下旬に発売するレクサス「ES」の新モデルに「デジタルアウターミラー」を採用すると発表した。デジタルアウターミラーは従来のサイドミラーを、カメラと車内に置いたディスプレイで置き換えるもので、量産車で採用するのは「世界初」(トヨタ自動車)だとしている。(2018/9/13)

製造ITニュース:
IoTプラットフォームとビジネス版LINEを連携、PTCなど3社協業で
PTCジャパン、ワークスモバイルジャパン、日本システムウエアの3社は、製造業向けIoTサービスの提供で協業すると発表した。ビジネス版LINEである「LINE WORKS」とIoTプラットフォームを連携させて、製造現場のIoTをさらに使いやすくする。(2018/9/13)

特選ブックレットガイド:
空飛ぶクルマに必要なキーテクノロジーはそろった!? 「SkyDrive」プロジェクト
「MathWorks Automotive Conference 2018」(主催:MathWorks)に登壇したCARTIVATORの講演「日本発の空飛ぶクルマ“SkyDrive”の開発」の内容を紹介する。(2018/9/13)

ワコムのペンタブレットでこれだけ変わる:
PR:“脱・紙文化”から始まる自治体の働き方改革
日本政府が国を挙げて推進している「働き方改革」。2018年6月には働き方改革関連法案も国会で可決・成立し、いよいよ改革に向けた動きが本格化し始めた。一方で、働き方改革がなかなか進んでいない職場もある。その背景には、“紙文化”から脱し切れていない従来型の働き方があるという。そんな状況をガラリと変容させ得るソリューションが、ワコムから提供されている。今回そのソリューションが自治体の働き方をどう変革するのかを見ていきたい。(2018/9/13)

ポケモンGOでポケストップ申請のβテストがまもなく開始 実施地域は韓国とブラジル
日本でもやって!(2018/9/12)

女子高生AI「りんな」の地方応援プロジェクトがスタート 「りんなちゃんに群馬の救世主になってもらえたら」
日本マイクロソフトが地方自治体などと連携し、女子高生AI「りんな」を活用する地方応援プロジェクトを開始した。りんなのLINEアカウントから使える3つのメニューを用意した。(2018/9/12)

【マンガ】“ラムネが英語ではなくなった”理由
もともとは黒船とともに日本にやってきた飲み物でしたが……。(2018/9/13)

2018年10月下旬に発売予定:
デジタルミラーが量産車で初採用、レクサスの新型ESに
トヨタ自動車は2018年9月12日、日本市場向けのレクサス新型ESに量産車として世界初となる(同社調べ)デジタルアウターミラーを採用することを発表した。(2018/9/12)

Twitterでも中継 13日午前2時からのApple発表会をチェックする方法
2018年のAppleスペシャルイベントの開始が近づいてきた。iPhoneの新モデルが発表される可能性は濃厚だ。日本時間で13日2時に開始するスペシャルイベントをチェックする方法をお伝えする。(2018/9/12)

記者も着用、重量物の持ち上げも:
産業向け「パワードスーツ」の黒船、ドイツから到来
ドイツのロボティクス企業であるGBS German Bionic Systems(以下、GBS)は2018年9月11日、同社の産業向けパワードスーツ「Cray X」を日本で販売開始すると発表した。多くの有力企業がひしめく激しい競争下にある日本市場で、GBSはどのような戦略を取るのか。(2018/9/12)

人工知能ニュース:
なぜインテルはコンピュータビジョンに注力するのか、エッジへの分散処理が鍵に
インテルがAI技術の1つとして注目されている「コンピュータビジョン」への取り組みについて説明。2018年5月に発表した無償のコンピュータビジョン開発ソフトウェア「OpenVINOツールキット」は日本市場でも浸透しつつあるという。(2018/9/12)

公海上なら可能:
“国内”のクルーズ船でカジノ発見 旅行とギャンブルはやはり好相性
7月に成立した「統合型リゾート施設(IR)実施法」により、日本で2020年代半ばにカジノが開業する方向となった。しかし実は、現在も国内の旅行でカジノなどのギャンブルを楽しめる機会がある。カジノを備えたクルーズ船は、公海上なら可能なのだ。そんなクルーズ船を取材し、観光旅行との相性の良さを再認識した。同時に、さまざまなギャンブルの性格や実情に合わせて依存症対策を工夫する必要があることも実感した。(2018/9/12)

モノづくり最前線レポート:
日本発のユニコーンは生まれるのか、支援する政府の取り組み(前編)
イノベーションジャパン(大学見本市&マッチングフェア、2018年8月30〜31日、東京ビッグサイト)のNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)セミナーでスタートアップに関連した4つの講演が行われた。本稿では前編で経済産業省 経済産業政策局 新規事業創造推進室 室長補佐の原大樹氏と、日本貿易振興機構(JETRO)知的財産・イノベーション部イノベーション促進課長の奈良弘之氏の講演内容を紹介する。(2018/9/12)

過去最大画面のiPhoneに「Apple Watch Series 4」(仮)も? Apple発表内容を予想
Appleが9月12日(日本時間13日午前2時)に開催するスペシャルイベントの発表内容を予想する。(2018/9/12)

自然エネルギー:
電源開発が仏エンジーと協業、日本での洋上風力事業も検討
電源開発がフランスのエネルギー大手エンジー社と協業。日本における洋上風力発電事業も検討していくという。(2018/9/12)

今日のリサーチ:
日本の音声技術普及率、アジア太平洋市場の中では低調――iProspect調べ
スマートフォンの音声技術はどこまで普及しているのでしょうか。(2018/9/12)

やりたいことがすぐできる
日本企業にぴったりなBIツール、決定的な違いはUIにあった
欧米流のビジネススタイルの中で機能が磨き上げられたBIツールは、日本の企業文化になじまない場合がある。日本人に使いやすいUIを備えたツールとは。(2018/9/7)

Mobile Weekly Top10:
「iPhone」販売の舞台裏/シャープが「有機EL」スマホを展示
まもなく発表されるであろう新型「iPhone」。iPhoneのシェアがとても高い日本において、携帯電話販売店がiPhoneを取り扱うには厳しい条件が課されているのをご存じでしょうか。(2018/9/11)

X1は“究極”に――「ThinkPad X1 Extreme」日本発売 15型ディスプレイ+独立GPUで約28万円から
Lenovoが「IFA 2018」に合わせて発表した、ThinkPad X1ファミリーのハイエンドモデルが日本でも発売される。15型ディスプレイと独立GPUを搭載しつつ、厚さを18.4mmに抑えた意欲作だ。(2018/9/11)

対象は21万件:
NHK、苦学生の受信料を全額免除 19年2月から開始
日本放送協会(NHK)は9月10日、放送受信料免除基準の一部を変更すると発表した。2019年2月1日から、要件を満たした学生については受信料を全額免除するという。(2018/9/11)

西日本豪雨で被災した日本酒「獺祭」 製造再開後から初の酒を9月13日に全国出荷
酒蔵が浸水と停電による被害を受け、7月末まで製造を一時中止していました。(2018/9/11)

スピン経済の歩き方:
日本人が「ある程度の暴力は必要」と考える、根本的な原因
全国で「暴力指導」が次々と明るみとなっている。会社、学校、クラブ、家など、あらゆるところで暴力指導が日常的に行われているわけだが、なぜ日本人は「ある程度の暴力は必要」と考えるのか。その思想には根深い問題があって……。(2018/9/11)

個人データ提供します 日立など6社連合が「情報銀行」試験へ
日立製作所は10日、健康情報や収入などのデータを預かり、本人の同意を得た上で企業などに提供する「情報銀行」の実証実験を東京海上日動火災保険や日本郵便などと6社共同で開始したと発表した。平成31年度にも事業化したい考え。商品やサービスの開発で消費者の好みや暮らしぶりなどに関するデータのニーズが高まる中、個人のデータを提供するビジネスへの参入も相次いでいる。(2018/9/11)

CIOへの道:
プロ経営者 松本晃会長の下、現場では何が起きていたのか――カルビー大変革の舞台裏
日本を代表するプロ経営者として知られるカルビーの元会長、松本晃氏。同氏がカルビーの経営に大なたを振るったとき、人事やIT部門はどんな施策でそれに対応しようとしていたのか。現場の取り組みに迫った。(2018/9/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。