ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Adobe AIR(Apollo)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

アドビシステムズ社が提供する、デスクトップアプリケーションの実行環境。クロスプラットフォームのデスクトップアプリケーションを、Webアプリケーション開発に利用されるHTML、CSS、Ajax、PDF、Flash、FlexといったWeb開発に用いる技術で開発できる。
AIR − @ITリッチクライアント用語辞典

Baidu、自動運転プラットフォーム「Apollo」でIntel傘下のMobileye技術を採用
中国Baiduが、自動運転プラットフォーム「Apollo」でIntel傘下のMobileyeの意思決定モデル「RSS」とLiDARなどのセンサー不要のカメラキット「Surround Computer Vision Kit」を採用する。(2018/7/5)

ソフトバンクと中国Baidu(百度)、自動運転バス「Apolong」の日本での実証実験を2018年度中に開始へ
ソフトバンクグループの自動運転企業SBドライブは、中国Baidu(百度)と提携し、Baiduの自動運転プラットフォーム「Apollo」搭載バス「Apolong」の日本での実証実験を2018年度中に開始すると発表した。(2018/7/5)

100社に上るパートナー:
“自動運転版Android”を作る、BaiduのApollo計画
2017年4月19日にApollo計画を正式に発表したBaidu。同社は、「Apolloは、完全にオープンな自動運転エコシステムである。自動車業界のパートナー企業や自動運転をサポートし、自動車向けソフトウェアおよびハードウェアシステムを組み合わせて、完全な自動運転車システムを迅速に構築することができる」と述べている。Apolloのパートナー数は既に100社に上っている。(2018/6/28)

組み込み開発ニュース:
組み込み機器向け高速起動ソリューションがx86アーキテクチャに対応
ユビキタスは、x86アーキテクチャのインテル「Atom」プロセッサや「Apollo Lake」に対応したLinux/Androidシステムの高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」を発売した。(2018/5/15)

Ubiquitous QuickBoot:
ユビキタスの高速起動ソリューションがx86「Apollo Lake」対応
ユビキタスのLinux高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」が、インテル「Apollo Lake」アーキテクチャ製品に対応した。(2018/5/9)

ディープラーニングの学習処理は前世代の3倍に:
企業のAI導入を手助け――HPEがAIに関する新製品とサービスを発表
日本ヒューレット・パッカードは、AI導入に関するコンサルティングサービス「HPE Artificial Intelligence Transformation Workshop」と、NVIDIAのGPUを8台内蔵したディープラーニング向けコンピューティングシステム「HPE Apollo 6500 Gen10 System」を発表した。(2018/4/24)

中国国外のApollo参加メンバーへAzureを提供:
Microsoft、自動運転車向けオープンプラットフォーム「Apollo」に参加 インテリジェントクラウドで提携
Microsoftと中国のBaiduが、自動運転車開発におけるインテリジェントクラウド分野で提携。MicrosoftはBaiduが主導する「Project Apollo」に参加し、中国国外のApolloのメンバーに対してMicrosoft Azureを提供する。(2017/7/20)

クラウドコンピューティング、ホームアシスタントなどの分野でも:
NVIDIAとBaiduがAI技術分野で提携 「Project Apollo」の自動運転車開発基盤にNVIDIAのGPU技術を適用
NVIDIAと中国のBaiduがAI技術で提携。提携分野は、自動運転車、クラウドコンピューティング、教育、スマートホーム製品など、広範囲にわたる。(2017/7/10)

NVIDIAとBaidu、AIと自動運転で技術提携
NVIDIAと中国検索大手のBaidu(百度)が、AIおよび自動運転技術に関する広範な業務提携を結んだ。Baiduが、NVIDIAの自動運転車用スーパーコンピュータ「Drive PX 2」を自動運転プロジェクト「Apollo」で、NVIDIAのAIサポートGPU「Volta」をクラウドサービス「Baidu Cloud」で、それぞれ採用する。(2017/7/6)

SGI買収後、初の共同開発製品も:
HPE、「HPE Apollo 6000 Gen10」など新世代HPC・AIシステムを発表
Hewlett Packard Enterpriseが、「HPE Apollo 6000 Gen10」「HPE Apollo 10 Series」など新世代のHPCおよびAIシステムと関連ソフトウェア、サービスを発表。SGI買収後初の共同開発製品「HPE SGI 8600 System」もリリースする。(2017/6/21)

PR:Apollo Lake世代の新型NAS「AS6404T」登場 マルチメディアから業務用途まで、オールマイティな1台
ADM 3.0でさらに使いやすく。(2017/6/12)

PFU AR2100 モデル100K/AR2200 モデル100K:
Apollo Lake世代のAtom搭載、ファンレス対応の産業用PC
PFUが産業用組み込みPC「ARシリーズ」の新製品として、Apllp Lake世代のAtomを搭載した2製品を販売する。(2017/4/20)

製造マネジメントニュース:
世界最大級の工業化学研究用スーパーコンピュータを共同開発
ドイツのBASFと米HPEは、BASF本社における工業化学研究用スーパーコンピュータを共同開発する。HPEのスーパーコンピュータ「Apollo System」をベースとしており、シミュレーションやモデリングの時間を数カ月から数日間へと大幅に短縮する。(2017/4/12)

部品数、実装面積を3割以上削減:
「Apollo Lake」向けPMIC、ロームが量産開始
ロームは、Intel製プロセッサ「Apollo Lake」向けパワーマネジメントIC(PMIC)「BD2670MWV」の量産出荷を始めた。(2016/10/20)

Adobe Flash Playerのアップデート公開、脆弱性多数で早急に更新を
併せてAdobe Digital Editionsと、Adobe AIR SDK & Compilerの脆弱性に対処するセキュリティアップデートもそれぞれ公開された。(2016/9/14)

クラウドサービスのRackspace、非公開化──投資企業が43億ドルで買収
1998年創業のクラウドサービス企業Rackspaceが、投資企業Apollo Global Managementによる買収で非公開化すると発表した。買収総額は約43億ドルで、手続きは年内完了の見込み。(2016/8/29)

スマホで便利な環境構築手順書:
Adobe AIRをWindowsにダウンロードしてインストール、アンインストールする
本連載では、さまざまなソフトウェアのインストール、実行するためのセットアップ設定、実行確認、アンインストールの手順を解説する。今回は、Adobe AIRとは何か、Adobe AIRのインストールとアンインストールについて。(2016/5/6)

Apollo 4000シリーズを発表:
日本HP、高密度ストレージサーバーでCloudera、Hortonworks、スキャリティと組む理由
日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2015年7月2日、高い集約度を実現したストレージサーバー製品シリーズ「HP Apollo 4000シリーズ」を発表した。スケーラブルなデータ管理基盤ソフトウエアと、集約度の高いストレージサーバーを結び付けるのがポイントだ。(2015/7/3)

日本HP、スケールアウト用途向けサーバを発売
「HP Apollo」シリーズの新モデルを発表。設計や金融サービスでのリスク分析など処理能力が要求されたシステムに対応する。(2015/6/1)

アンビック・マイクロ Apolloファミリ:
消費電力を最大1/10に抑えたCortex-M4コア4個搭載マイコン
アンビック・マイクロは、4つのARM Cortex-M4コアを搭載した32ビットマイコン(MCU)「Apollo」ファミリを発表した。独自の電力最適化技術を採用し、同クラスのMCUと比べ、エネルギー消費を5分の1〜10分の1に抑えた。(2015/1/28)

OTAS、アウトドア仕様のモバイルバッテリーと折りたたみ式ソーラーパネルを発売
OTASは、防水・防塵対応のモバイルバッテリー「Power Eagle」と、太陽光で充電する折りたたみみ式のソーラーパネル「Apollo I」を発売した。(2013/7/12)

UXClip(4):
グリーの最新ソーシャルアプリ開発フレームワーク
グリーが次世代ソーシャルアプリ開発のフレームワークのフロントにAdobe AIRを採用した理由を聞いた。グリーのスマホアプリ開発チームが使う最新のツール群とは?(2012/9/19)

iOSとAndroid向けゲーム作成APIを追加:
Adobe、「Flash Player 11.2」と「Adobe AIR 3.2」の正式版をリリース
Adobeが、Flash PlayerとAdobe AIRの最新版を公開した。ハードウェアアクセラレーション機能など、ゲーム開発にフォーカスしたものになっている。(2012/3/28)

いますぐ実践!タイプ別スマホアプリ移植テク(3):
VB6からWindows Phoneへのアプリ開発移行ガイド
本連載では、iPhone、Android、Windows Phoneなど、さまざまなスマートフォンのプラットフォームに対応するために、各スマホプラットフォーム同士のアプリ移植はもちろん、HTML(HTML5含む)+JavaScriptのWebアプリからのネイティブアプリ変換、Adobe AIR/Flash、デスクトップPC向けアプリからの移植テクなども紹介します(2011/12/20)

いますぐ実践!タイプ別スマホアプリ移植テク(2):
Silverlight、PC向けとWindows Phone向けの違い
本連載では、iPhone、Android、Windows Phoneなど、さまざまなスマートフォンのプラットフォームに対応するために、各スマホプラットフォーム同士のアプリ移植はもちろん、HTML(HTML5含む)+JavaScriptのWebアプリからのネイティブアプリ変換、Adobe AIR/Flash、デスクトップPC向けアプリからの移植テクなども紹介します(2011/11/22)

そして「Windows Phone 8」は?
Windows Phone「Mango」の次バージョンは「Tango」
MicrosoftがついにWindows Phone「Tango」の存在を正式に認めた。同社はTangoで何を狙っているのか? そして「Windows Phone 8」(コードネーム:Apollo)とは?(2011/9/9)

S1/S2ならではの優良アプリが集まるか?:
“Sony Tablet”向けアプリ開発コンテスト「‘Adobe AIR App Challenge’ Sponsored by Sony」を開催
アドビ システムズとソニーは、「Sony Tablet」用アンドロイドアプリケーション開発コンテストの開催を発表した。賞金は総額で20万ドル。(2011/7/14)

Flashでできる! Androidアプリ制作入門(4):
Flash Builderで始めるAndroidアプリ開発“超”入門
スマホアプリ向け機能が大幅に追加されたAdobe AIR/Flexフレームワークの便利機能を使ったアプリ開発の仕方を解説。(2011/7/11)

Flashでできる! Androidアプリ制作入門(3):
スマホ向けアプリ開発の扉を開くAdobe AIR 2.5とは
Flash ProやFlash Builderに拡張機能を追加して、Androidで動く簡単なAdobe AIRのアプリを作る方法を紹介します。今回は、AIR 2.5のモバイルアプリ開発用の機能を紹介し種々の設定やSDKのコマンドを使ったAndroidアプリ開発の仕方を解説します。(2011/1/20)

Flashでできる! Androidアプリ制作入門(2):
FlashでAndroidアプリを作りAndroid Marketに登録
Flash ProやFlash Builderに拡張機能を追加して、Androidで動く簡単なAdobe AIRのアプリを作る方法を紹介します(2010/12/13)

アメーバピグがAndroidアプリに Adobe AIR活用
アメーバピグのAndroidアプリが登場した。Android版Adobe AIRを活用して開発した。(2010/11/1)

Adobe、AIR 2.5をリリース タブレットやテレビにも対応
AIR 2.5はiOS、Android、BlackBerry Tablet OSにも対応。加速度計や位置情報などをサポートする。(2010/10/26)

Adobe AIR、Android向けにリリース
Android版AIRの登場により、AIRアプリケーションをAndroid搭載の携帯電話やタブレットで利用できるようになる。(2010/10/13)

キットカット、2台のHDDを携帯できる外付けユニット
キットカットは2.5インチSerial ATA接続HDDを2台収容する台湾ONNTO製外付けユニット「DataTale AIR 2-HDD System」の取り扱いを開始した。(2010/8/12)

Adobe、Flash Playerの更新版を公開 複数の脆弱性を解決
Flash PlayerとAdobe AIRの更新版では、任意のコード実行などにつながる深刻な脆弱性に対処した。(2010/8/11)

速いFlash/ActionScriptチューニング入門(3):
Flashで怒涛のごときイベント処理を捌きまくる3技
Flash/ActionScriptチューニングの基礎知識から実践的テクニックまでを紹介する連載。読みながら試せるオンライン・サンプルもあります。Adobe AIR/Flexにも応用可能です(2010/7/22)

Adobe、「Flash Player 10.1」と「AIR 2」の正式版をリリース
Flash Player 10.1はCocoaアプリになり、AIR 2ではCSS3やHTML5の幾つかの機能をサポートした。(2010/6/11)

AdobeがFlash Playerの更新版をリリース、深刻な脆弱性に対処
AdobeはFlash PlayerとAdobe AIRの更新版で深刻な脆弱性に対処した。この脆弱性を突く攻撃が多発していることから、早期のアップデートを呼び掛けている。(2010/6/11)

Appleの規約をクリア:
Adobe、iPad向け電子コンテンツ作成ツール「Digital Publishing Platform」を発表
出版社は「Digital Publishing Platform」を利用することで、InDesign CS5のコンテンツをObjective-CあるいはAdobe AIRを使って電子版に変換し、インタラクティブ広告を含むオンラインならではの要素を追加できる。(2010/6/2)

速いFlash/ActionScriptチューニング入門(2):
Flashで吹雪のごとき描画を実現するチューニング3策
Flash/ActionScriptチューニングの基礎知識から実践的テクニックまでを紹介する連載。読みながら試せるオンライン・サンプルもあります。Adobe AIR/Flexにも応用可能です(2010/4/19)

速いFlash/ActionScriptチューニング入門(1):
Flashを閃光のごとく高速化するための基礎知識
Flash/ActionScriptチューニングの基礎知識から実践的テクニックまでを紹介する連載。読みながら試せるオンライン・サンプルもあります。Adobe AIR/Flexにも応用可能です(2010/3/9)

AdobeがFlash Playerの脆弱性に対処、ReaderとAcrobatの更新版は16日にリリース
AdobeがFlash PlayerとAdobe AIRの更新版をリリースした。16日にはReaderとAcrobatの更新版もリリースする予定だ。(2010/2/15)

Flash Player 10.1とAIR 2のβ版、Adobeが公開
携帯でフルにFlashコンテンツを再生できる「Flash Player 10.1」のβ版が、まずはPC向けにリリースされた。(2009/11/18)

Adobe、「ColdFusion 9」「ColdFusion Builder」をβ公開
AdobeはFlash、Adobe AIR、LiveCycle ESなどとの統合を強化した「ColdFusion 9」に加え、新しい開発ツール「ColdFusion Builder」も提供する。(2009/7/14)

PR:スタイリッシュな2WayポータブルHDD「Apollo Expert UX」の魅力に迫る
イメーションが発表した「Apollo Expert UX」は、500Gバイトの大容量を備えたUSB接続のポータブルHDDだ。縦置き/横置き両対応のコンパクトボディに加え、ワンタッチで行えるバックアップ機能や残容量低下を知らせるイルミネーションパネルなど、さまざまな便利機能を搭載している。(2009/6/15)

イメーション、シンプルデザインの外付けHDD2モデル4製品を発表
イメーションは、シンプルデザインを採用したUSB外付けHDD「Apollo Expert UX」「Apollo Pro UX」を発表した。(2009/4/30)

気象情報番組「SOLiVE24」を24時間ライブ配信 Adobe AIR採用、チャットで視聴者も参加
ウェザーニューズは、24時間ライブ配信の気象情報番組「SOLiVE24」をスタートする。視聴者はデスクトップアプリからチャットで番組に参加できる。(2009/4/24)

ファイル送信サービス「デジタルバイク便」にAIRアプリ ドラッグ&ドロップで送信
ゼニスイメージは、オンラインファイル送信サービス「デジタルバイク便」のユーザー向けに、Adobe AIR環境で動作する無料のデスクトップアプリ「デジバイクアプリ評価版」を公開した。(2009/4/13)

Adobe AIRで高速起動 リコーがquanpアップロードウィジェット
リコーは、オンラインストレージ「quanp」の専用ウィジェット「quanp drop」を公開した。Adobe AIR環境で動作し、ファイルをドラッグ&ドロップするだけでquanp上にアップロードできる。(2009/3/5)

海外ダイジェスト(1月30日)
Adobe AIRのインストール数が1億を突破、Kodakが従業員の14〜18%に当たる3500〜4500人を削減、など。(2009/1/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。