ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Adobe AIR(Apollo)」最新記事一覧

アドビシステムズ社が提供する、デスクトップアプリケーションの実行環境。クロスプラットフォームのデスクトップアプリケーションを、Webアプリケーション開発に利用されるHTML、CSS、Ajax、PDF、Flash、FlexといったWeb開発に用いる技術で開発できる。
AIR − @ITリッチクライアント用語辞典

部品数、実装面積を3割以上削減:
「Apollo Lake」向けPMIC、ロームが量産開始
ロームは、Intel製プロセッサ「Apollo Lake」向けパワーマネジメントIC(PMIC)「BD2670MWV」の量産出荷を始めた。(2016/10/20)

Adobe Flash Playerのアップデート公開、脆弱性多数で早急に更新を
併せてAdobe Digital Editionsと、Adobe AIR SDK & Compilerの脆弱性に対処するセキュリティアップデートもそれぞれ公開された。(2016/9/14)

クラウドサービスのRackspace、非公開化──投資企業が43億ドルで買収
1998年創業のクラウドサービス企業Rackspaceが、投資企業Apollo Global Managementによる買収で非公開化すると発表した。買収総額は約43億ドルで、手続きは年内完了の見込み。(2016/8/29)

スマホで便利な環境構築手順書:
Adobe AIRをWindowsにダウンロードしてインストール、アンインストールする
本連載では、さまざまなソフトウェアのインストール、実行するためのセットアップ設定、実行確認、アンインストールの手順を解説する。今回は、Adobe AIRとは何か、Adobe AIRのインストールとアンインストールについて。(2016/5/6)

Apollo 4000シリーズを発表:
日本HP、高密度ストレージサーバーでCloudera、Hortonworks、スキャリティと組む理由
日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2015年7月2日、高い集約度を実現したストレージサーバー製品シリーズ「HP Apollo 4000シリーズ」を発表した。スケーラブルなデータ管理基盤ソフトウエアと、集約度の高いストレージサーバーを結び付けるのがポイントだ。(2015/7/3)

日本HP、スケールアウト用途向けサーバを発売
「HP Apollo」シリーズの新モデルを発表。設計や金融サービスでのリスク分析など処理能力が要求されたシステムに対応する。(2015/6/1)

アンビック・マイクロ Apolloファミリ:
消費電力を最大1/10に抑えたCortex-M4コア4個搭載マイコン
アンビック・マイクロは、4つのARM Cortex-M4コアを搭載した32ビットマイコン(MCU)「Apollo」ファミリを発表した。独自の電力最適化技術を採用し、同クラスのMCUと比べ、エネルギー消費を5分の1〜10分の1に抑えた。(2015/1/28)

OTAS、アウトドア仕様のモバイルバッテリーと折りたたみ式ソーラーパネルを発売
OTASは、防水・防塵対応のモバイルバッテリー「Power Eagle」と、太陽光で充電する折りたたみみ式のソーラーパネル「Apollo I」を発売した。(2013/7/12)

UXClip(4):
グリーの最新ソーシャルアプリ開発フレームワーク
グリーが次世代ソーシャルアプリ開発のフレームワークのフロントにAdobe AIRを採用した理由を聞いた。グリーのスマホアプリ開発チームが使う最新のツール群とは?(2012/9/19)

iOSとAndroid向けゲーム作成APIを追加:
Adobe、「Flash Player 11.2」と「Adobe AIR 3.2」の正式版をリリース
Adobeが、Flash PlayerとAdobe AIRの最新版を公開した。ハードウェアアクセラレーション機能など、ゲーム開発にフォーカスしたものになっている。(2012/3/28)

いますぐ実践!タイプ別スマホアプリ移植テク(3):
VB6からWindows Phoneへのアプリ開発移行ガイド
本連載では、iPhone、Android、Windows Phoneなど、さまざまなスマートフォンのプラットフォームに対応するために、各スマホプラットフォーム同士のアプリ移植はもちろん、HTML(HTML5含む)+JavaScriptのWebアプリからのネイティブアプリ変換、Adobe AIR/Flash、デスクトップPC向けアプリからの移植テクなども紹介します(2011/12/20)

いますぐ実践!タイプ別スマホアプリ移植テク(2):
Silverlight、PC向けとWindows Phone向けの違い
本連載では、iPhone、Android、Windows Phoneなど、さまざまなスマートフォンのプラットフォームに対応するために、各スマホプラットフォーム同士のアプリ移植はもちろん、HTML(HTML5含む)+JavaScriptのWebアプリからのネイティブアプリ変換、Adobe AIR/Flash、デスクトップPC向けアプリからの移植テクなども紹介します(2011/11/22)

そして「Windows Phone 8」は?
Windows Phone「Mango」の次バージョンは「Tango」
MicrosoftがついにWindows Phone「Tango」の存在を正式に認めた。同社はTangoで何を狙っているのか? そして「Windows Phone 8」(コードネーム:Apollo)とは?(2011/9/9)

S1/S2ならではの優良アプリが集まるか?:
“Sony Tablet”向けアプリ開発コンテスト「‘Adobe AIR App Challenge’ Sponsored by Sony」を開催
アドビ システムズとソニーは、「Sony Tablet」用アンドロイドアプリケーション開発コンテストの開催を発表した。賞金は総額で20万ドル。(2011/7/14)

Flashでできる! Androidアプリ制作入門(4):
Flash Builderで始めるAndroidアプリ開発“超”入門
スマホアプリ向け機能が大幅に追加されたAdobe AIR/Flexフレームワークの便利機能を使ったアプリ開発の仕方を解説。(2011/7/11)

Flashでできる! Androidアプリ制作入門(3):
スマホ向けアプリ開発の扉を開くAdobe AIR 2.5とは
Flash ProやFlash Builderに拡張機能を追加して、Androidで動く簡単なAdobe AIRのアプリを作る方法を紹介します。今回は、AIR 2.5のモバイルアプリ開発用の機能を紹介し種々の設定やSDKのコマンドを使ったAndroidアプリ開発の仕方を解説します。(2011/1/20)

Flashでできる! Androidアプリ制作入門(2):
FlashでAndroidアプリを作りAndroid Marketに登録
Flash ProやFlash Builderに拡張機能を追加して、Androidで動く簡単なAdobe AIRのアプリを作る方法を紹介します(2010/12/13)

アメーバピグがAndroidアプリに Adobe AIR活用
アメーバピグのAndroidアプリが登場した。Android版Adobe AIRを活用して開発した。(2010/11/1)

Adobe、AIR 2.5をリリース タブレットやテレビにも対応
AIR 2.5はiOS、Android、BlackBerry Tablet OSにも対応。加速度計や位置情報などをサポートする。(2010/10/26)

Adobe AIR、Android向けにリリース
Android版AIRの登場により、AIRアプリケーションをAndroid搭載の携帯電話やタブレットで利用できるようになる。(2010/10/13)

キットカット、2台のHDDを携帯できる外付けユニット
キットカットは2.5インチSerial ATA接続HDDを2台収容する台湾ONNTO製外付けユニット「DataTale AIR 2-HDD System」の取り扱いを開始した。(2010/8/12)

Adobe、Flash Playerの更新版を公開 複数の脆弱性を解決
Flash PlayerとAdobe AIRの更新版では、任意のコード実行などにつながる深刻な脆弱性に対処した。(2010/8/11)

速いFlash/ActionScriptチューニング入門(3):
Flashで怒涛のごときイベント処理を捌きまくる3技
Flash/ActionScriptチューニングの基礎知識から実践的テクニックまでを紹介する連載。読みながら試せるオンライン・サンプルもあります。Adobe AIR/Flexにも応用可能です(2010/7/22)

Adobe、「Flash Player 10.1」と「AIR 2」の正式版をリリース
Flash Player 10.1はCocoaアプリになり、AIR 2ではCSS3やHTML5の幾つかの機能をサポートした。(2010/6/11)

AdobeがFlash Playerの更新版をリリース、深刻な脆弱性に対処
AdobeはFlash PlayerとAdobe AIRの更新版で深刻な脆弱性に対処した。この脆弱性を突く攻撃が多発していることから、早期のアップデートを呼び掛けている。(2010/6/11)

Appleの規約をクリア:
Adobe、iPad向け電子コンテンツ作成ツール「Digital Publishing Platform」を発表
出版社は「Digital Publishing Platform」を利用することで、InDesign CS5のコンテンツをObjective-CあるいはAdobe AIRを使って電子版に変換し、インタラクティブ広告を含むオンラインならではの要素を追加できる。(2010/6/2)

速いFlash/ActionScriptチューニング入門(2):
Flashで吹雪のごとき描画を実現するチューニング3策
Flash/ActionScriptチューニングの基礎知識から実践的テクニックまでを紹介する連載。読みながら試せるオンライン・サンプルもあります。Adobe AIR/Flexにも応用可能です(2010/4/19)

速いFlash/ActionScriptチューニング入門(1):
Flashを閃光のごとく高速化するための基礎知識
Flash/ActionScriptチューニングの基礎知識から実践的テクニックまでを紹介する連載。読みながら試せるオンライン・サンプルもあります。Adobe AIR/Flexにも応用可能です(2010/3/9)

AdobeがFlash Playerの脆弱性に対処、ReaderとAcrobatの更新版は16日にリリース
AdobeがFlash PlayerとAdobe AIRの更新版をリリースした。16日にはReaderとAcrobatの更新版もリリースする予定だ。(2010/2/15)

Flash Player 10.1とAIR 2のβ版、Adobeが公開
携帯でフルにFlashコンテンツを再生できる「Flash Player 10.1」のβ版が、まずはPC向けにリリースされた。(2009/11/18)

Adobe、「ColdFusion 9」「ColdFusion Builder」をβ公開
AdobeはFlash、Adobe AIR、LiveCycle ESなどとの統合を強化した「ColdFusion 9」に加え、新しい開発ツール「ColdFusion Builder」も提供する。(2009/7/14)

PR:スタイリッシュな2WayポータブルHDD「Apollo Expert UX」の魅力に迫る
イメーションが発表した「Apollo Expert UX」は、500Gバイトの大容量を備えたUSB接続のポータブルHDDだ。縦置き/横置き両対応のコンパクトボディに加え、ワンタッチで行えるバックアップ機能や残容量低下を知らせるイルミネーションパネルなど、さまざまな便利機能を搭載している。(2009/6/15)

イメーション、シンプルデザインの外付けHDD2モデル4製品を発表
イメーションは、シンプルデザインを採用したUSB外付けHDD「Apollo Expert UX」「Apollo Pro UX」を発表した。(2009/4/30)

気象情報番組「SOLiVE24」を24時間ライブ配信 Adobe AIR採用、チャットで視聴者も参加
ウェザーニューズは、24時間ライブ配信の気象情報番組「SOLiVE24」をスタートする。視聴者はデスクトップアプリからチャットで番組に参加できる。(2009/4/24)

ファイル送信サービス「デジタルバイク便」にAIRアプリ ドラッグ&ドロップで送信
ゼニスイメージは、オンラインファイル送信サービス「デジタルバイク便」のユーザー向けに、Adobe AIR環境で動作する無料のデスクトップアプリ「デジバイクアプリ評価版」を公開した。(2009/4/13)

Adobe AIRで高速起動 リコーがquanpアップロードウィジェット
リコーは、オンラインストレージ「quanp」の専用ウィジェット「quanp drop」を公開した。Adobe AIR環境で動作し、ファイルをドラッグ&ドロップするだけでquanp上にアップロードできる。(2009/3/5)

海外ダイジェスト(1月30日)
Adobe AIRのインストール数が1億を突破、Kodakが従業員の14〜18%に当たる3500〜4500人を削減、など。(2009/1/30)

住友信託銀行、63営業店舗の業務システムを強化 SOAやAdobe AIRを積極活用
住友信託銀行は、国内63カ所の営業店舗における業務を統合管理できるシステムを稼働させた。管理機能を強化することで、コンサルティング営業に専念できる環境の整備を目指す。(2009/1/23)

Adobe、「Adobe AIR 1.5」のLinux版をリリース
Mac版とWindows版のみだった「Adobe AIR 1.5」にLinux版が登場した。(2008/12/19)

米Appcelerator、「Adobe AIR」対抗オープンソースプラットフォーム「Tiranium」を発表
Appceleratorは、オープンソースのWebアプリケーション構築プラットフォーム「Tiranium」を公開した。デスクトップやWebブラウザ、モバイル端末などで動作する。(2008/12/10)

デスクトップでできる 無料の年賀状データ作成アプリ「プリントマジック」
インターネットサービスを展開するDayzは11月25日、年賀状などの印刷用データを無料で作成できるアプリ「プリントマジック」の提供を開始した。動作環境はAdobe AIR。デスクトップ上で操作できる。(2008/11/25)

不正なJavaScriptを実行:
Adobe AIR 1.5は深刻な脆弱性も修正
Adobe AIR 1.1までのバージョンに脆弱性が存在。全ユーザーへ最新版のAIR 1.5へのアップグレードを促している。(2008/11/18)

Adobe、「Adobe AIR for Linux」のβ版を公開
WindowsおよびMac向けAIRで動作するAIRアプリケーションは、DRMを使ったものを除きLinux版でも動作する。(2008/9/17)

ASKUL DESKTOP正式版、Adobe AIR最新版で日本語環境でも安定
アスクルは、デスクトップツール「ASKUL DESKTOP」の正式版であるバージョン1.0を公開した。日本語環境に正式対応したAdobe AIR 1.1が公開されたことを受けてのもの。日本語環境で安定して動作するようになったという。(2008/9/10)

イメーション、USB接続対応のポータブルHDD「Apollo」
イメーションは、USB外付け型のポータブルHDD「Apollo」シリーズ3製品を発表した。(2008/8/25)

これ、俺ならこう使う(2):
Adobe AIRでiTunes×Twitterクライアントを作ってみた
日々生み出されるネットサービスやテクノロジーに詳しい著者による、こんなふうにサービスに取り込んだら面白いのではないか、という提案。技術的な応用面にフォーカスしていく(編集部)(2008/8/11)

いまさら聞けないリッチクライアント技術(14):
いまさら聞けない「オフラインWeb」入門──オフラインでも使えます
Webアプリケーションだって、オフラインで使いたい!という声に応えるスタンドアロン型「オフラインWebアプリ」。Google Gears、Adobe AIR、Prismの3つを紹介(編集部)(2008/7/17)

AIRを採用した「楽天フォトアップローダー」
アルバムサービス「楽天フォト」に、Adobe AIRを採用した写真アップロードツール「楽天フォトアップローダー」が加わった。(2008/7/1)

日本語に正式対応した「AIR 1.1」リリース
日本語環境に正式対応したAIRランタイム「AIR 1.1」をアドビがリリースした。(2008/6/17)

BIGLOBE、AIR活用の動画再生ウィジェット公開
BIGLOBEがAdobe AIRに対応したウィジェットを公開した。デスクトップ上で「BIGLOBEストリーム」の動画を再生できる。(2008/4/9)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。