ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HPE」最新記事一覧

情報漏えいを指摘されたくないセキュリティ担当者必見:
PR:高度なセキュリティ運用を支えるHPEのSIEMソリューションが2000社以上で導入されている理由
現在、情報漏えいなどのセキュリティインシデントが発生した企業の多くに共通するのは、外部からの指摘によって初めて問題に気付くということだ。そうした中、HPEのSIEMソリューションが、どんなに独自性の高いシステムやアプリケーションであっても柔軟に対応し、2000社以上で導入されてきた実績と、リスクシナリオに基づいた分析で巧妙化を続ける情報漏えいを検知できる理由とは――。(2017/2/20)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第35回 Open vSwitchで作るDockerのネットワーク(OVSで構築する編)
Dockerでは、OpenStackなどクラウド基盤ソフトウェアでも広く採用されている「Open vSwitch」(OVS)を利用してネットワークを構築することができます。今回は、実際にOVSを利用したネットワークを構築してみましょう。(2017/2/8)

電子機器設計の課題解決に貢献?:
AIを設計の向上に活用するプロジェクト、米で始動
米国で、人工知能(AI)を電子機器設計に活用することで、設計における課題解決や設計スピードの向上を図るための取り組みが始まっている。(2017/2/7)

ArubaのIoTエッジ端末向けセキュリティ戦略を強化:
HPE、ユーザーエンティティ挙動分析技術の新興企業「ニアラ」を買収
ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)は、ユーザー/エンティティ挙動分析(UEBA)を手掛ける新興企業の米ニアラを買収した。(2017/2/6)

「ムーアの法則」を超える新世代コンピューティングの鼓動:
メモリ主導型コンピューティングでたくさんデータを使うと、どうなるか?
データ爆発を迎えたこの時代に、ITの抱える課題を解決する方法の1つがコンピュータのアーキテクチャに変えることです。今回はメモリ主導型コンピューティングによって実現されるかもしれない未来を紹介します。(2017/2/3)

National Instruments NI Industrial IoT Lab:
IIoTの研究施設を開設、主要関連企業との連携促進とイノベーション創出を図る
NIは、オースティン本社にインダストリアルIoTの研究施設「NI Industrial IoT Lab」を新たに開設。異なる専門性を有する企業/団体が複数参加し、マイクログリッドの制御や通信、製造向けの高度な制御、設備の予知保全といった分野への取り組みを重点的に進めていくという。(2017/2/3)

「HCI」からの脱皮を図る本当の理由:
米ニュータニックスCEOが語る、「複雑な」プライベートクラウドの次と「曖昧な」ハイブリッドクラウドの次
米ニュータニックスのCEO、Dheeraj Pandey氏へのインタビュー。同氏は、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)、オンプレミスITインフラ、パブリッククラウドなどに関し、さまざまな興味深い発言をしている。(2017/2/2)

プライベートクラウド構築で重要な特性は
プライベートクラウドブームが再燃? 導入を後押しするハイパーコンバージド
企業がプライベートクラウドから得られるメリットを十分に活用するには、インフラの選定と統合が必要不可欠だ。(2017/1/31)

充実したパートナーサポートも見逃せない
スモールスタートから始めるHPE Arubaの企業無線LAN導入ストーリー
企業に無線LANを導入もしくはリプレースするとき、エンドユーザーであってもインテグレーターであっても「信頼して任せられる」技術力のあるパートナーの存在が不可欠だ。(2017/1/31)

HPE、多要素認証基盤を刷新 生体認証も本格展開へ
リモートアクセス、FinTech、クラウドサービスなどの安全な認証が求められるシステムを容易に多要素認証化する「IceWall MFA Ver.4.0」発売。併せてコンサルティング体制を強化し、FIDO準拠生体認証システムの構築サービスも開始する。(2017/1/30)

スピーディなビジネス展開を実現する「新たな仕組み」とは?:
PR:デジタルビジネス時代、「勝てる開発・運用」に変革する12の要件
IoT、X-Techをはじめ、国内でもデジタルビジネスが活発化し、システム開発・運用には一層のスピードと柔軟性が求められている。だが従来型のやり方では、現在の市場環境変化に追従することはもはや難しくなりつつある。では、デジタル時代に即した開発・運用の新しい「仕組み」とはどのようなものなのか? 日本ヒューレット・パッカードに話を聞いた。(2017/1/31)

関連企業が一堂に集結:
インダストリアルIoTの研究施設、NIが開設
National Instruments(NI)は、米本社敷地内に新たな研究施設「NI Industrial IoT Lab」を開設した。インダストリアルIoT(モノのインターネット)向けの技術やソリューションを提供していくために、専門性を有する関連企業が連携を強化していくための拠点となる。(2017/1/27)

利用規模に応じてモデルを選択可能:
アシスト、AWSでBI活用ソリューション「WebFOCUS TurboV」をすぐ利用できるようにする新サービス
アシストは、利用規模に応じた選択肢を用意する「アシストTシャツモデル」の第3弾「アシストTシャツモデル for WebFOCUS TurboV」の提供を開始。データウェアハウスとオペレーショナルBIの一体型ソリューション「WebFOCUS TurboV」をAmazon Web Services上で提供する。(2017/1/24)

商用ディストリビューションの価値とは
なかなか盛り上がらないOpenStackの企業導入、廃業するベンダーも
企業がOpenStackを導入する場合、ベンダーのディストリビューションやマネージドサービスを選ぶことが多い。PayPalなどの大手企業のように、コードを自ら構築する例はあまりない。(2017/1/24)

Weekly Memo:
PCの管理も“丸投げ”できる? 「Device as a Service」とは
企業のPCをクラウドサービスと同様に利用できるようにした「Device as a Service」。日本HPが2016年8月に提供開始したサービスだが、今後、他のベンダーも参入して激戦区になるかもしれない。(2017/1/23)

PR:サイバーの脅威に打ち勝つ未来――いまのセキュリティに足りないものって何ですか?
いくらセキュリティ対策をやっても脅威は防げない……。実はそんな状況が未来に大きく変わるかもしれない。そのために、いまの企業ができることは何だろうか? 日本ヒューレット・パッカードのエバンジェリストに聞いてみた。(2017/1/23)

「ムーアの法則」を超える新世代コンピューティングの鼓動:
姿を現した「メモリ主導型コンピューティング」の世界
性能の向上が頭打ちになってきた従来のコンピュータに代わる、新しいアーキテクチャのコンピュータが必要とされています。その特徴や技術について解説してきましたが、ついに現実のものになりました。今回はその様子をご紹介します。(2017/1/20)

ハイブリッドクラウド環境にも対応:
HPE、SaaS型アプリテストツール群「HPE StormRunner Load」をAWS Marketplace上で提供
HPEがクラウド型アプリケーションパフォーマンステストツール「HPE StormRunner Load」をAWS Marketplaceで提供。AWS上で、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションのパフォーマンステストと負荷テストが行える。(2017/1/20)

API公開からAI活用まで:
ビッグデータで株式投資はどう変わる? カブドットコムの先進事例
社長が自らデータに触れて、データの分析や活用を進めるカブドットコム証券。同社代表執行役社長の齋藤正勝氏が日本データマネジメント・コンソーシアムが主催するユーザー会で、データ活用の取り組みについて講演を行った。(2017/1/20)

2017年ストレージベンダーの現状と展望【後編】
消える老舗に台頭する新興、そして気になるWestern Digital──激変必至ストレージ業界
Dell EMCの登場をきっかけに2017年に大きな再編が起きそうなストレージ業界。大手老舗さえ安心できない状況で、消滅の危機にあるベンダーの“ハザードリスト”を紹介する。(2017/1/19)

米HPE、ハイパーコンバージドインフラの米SimpliVityを買収へ
米ヒューレット・パッカード・エンタープライズは2016年1月17日(現地時間)、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の有力スタートアップ企業、SimpliVityの買収で最終的な合意に達したと発表した。2017年後半にはHPEのサーバハードウェアを使ったHCIアプライアンスを販売開始する予定。(2017/1/18)

ストレージテクノロジーの2017年話題のトレンド【前編】
コンテナ“一強”時代に変化の兆し、 SSDは高密度競争へ
本稿では、データストレージテクノロジーのトレンドの中から、2017年に盛り上がりそうなものを取り上げる。前編ではクラウド間バックアップ、コンテナ、大容量SSDがテーマだ。(2017/1/17)

2017年ストレージベンダーの現状と展望【前編】
変化に対応した企業にチャンス、Dell EMC、Nutanixなど主要ベンダーはどう動く?
主要なエンタープライズストレージベンダーは、2017年にどのような課題と機会に直面するのか。包括的な予測をお届けする。(2017/1/12)

MONOist 2017年展望:
芽吹くか「組み込みAI」
第3次ブームを迎えたAI(人工知能)。製造業にとっても重要な要素技術になっていくことは確実だ。2017年からは、このAIを製品にいかにして組み込むかが大きな課題になりそうだ。(2017/1/10)

最新テクノロジーをお客さまの“価値”として届ける:
PR:ハイパーコンバージド環境をシンプルに実現。Windows Server 2016+HPE ProLiant Gen9サーバーの進化から目が離せない!
2016年12月、x86サーバー HPE ProLiant Gen9全40モデルの「Windows Server 2016」対応が発表された。Windows Server 2016は、ハイパーコンバージド環境をオプションなしで実現し、不揮発性メモリNVDIMM-Nをサポートするなど注目すべき進化を遂げている。「ハイブリッドIT」「メモリドリブンコンピューティング」が現実的な選択肢となってきたいま、日本マイクロソフトと日本ヒューレット・パッカード(HPE)のキーパーソンの発言に注目したい。(2017/1/23)

2017年の年頭所感:
注目はAI、IoT、デジタル変革、働き方改革――ITベンダー各社のトップメッセージ
2016年にIT業界で注目された新しい技術や変化は、2017年にどのような影響をもたらすのだろうか。ITベンダー各社トップのメッセージをダイジェストで紹介する。(2017/1/5)

DevOps時代のテスト自動化カンファレンス(後編):
「三権分立」で1年に200リリースを達成した楽天トラベル、150人規模のチームで実現できた秘訣とは
2016年12月6日に開催されたセミナー「DevOps時代のテスト自動化カンファレンス〜はやく、いいものを届けよう〜」のレポート第3弾では、楽天トラベルにおけるDevOpsとテスト自動化の取り組みを中心に、最適な開発ライフサイクル実現のヒントを紹介する。(2016/12/27)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第4回】
【徹底比較】ターゲット型アプライアンス主要製品を比較、バックアップソフトとの接続性も
4つの主要なターゲット型バックアップアプライアンス製品を徹底比較。重複排除の範囲や接続プロトコル、価格などに着目した。連係するバックアップソフトとの相性など、製品選定時の注意点も解説。比較表は無料でダウンロードできる。(2016/12/22)

x86サーバの低迷続く、シェアは富士通、NEC、HPEの順:
2016年第3四半期のサーバ市場は約991億円規模、3四半期連続でマイナス成長 IDC調査
IDCジャパンが、2016年第3四半期の国内サーバ市場動向を発表。サーバ市場は3四半期連続で出荷額/出荷台数が減少し、特にx86サーバ分野の低迷が続いている。(2016/12/20)

製造ITニュース:
広域ネットワークなどへの大規模なIoTデバイス導入を支援する製品を発表
米Hewlett Packard Enterpriseは、大規模な組織、工業・生産・流通施設および広域ネットワークへの大規模なIoTデバイス導入を支援する製品を発表した。これらにより、IoT導入の経済性とIoTデバイスのセキュリティの向上が期待できる。(2016/12/20)

PR:今も昔も変わらぬお悩み、エバンジェリストがスパっと解決「ストレージお悩み相談室」
増え続けるデータとストレージに関する情シスの悩みは今も昔も変わらない。しかし、技術の進化と共にその解決方法は変わり続けているのが事実だ。今の技術で情シスの悩みを解決するにはどうすればいいのか――。日本ヒューレット・パッカードのエバンジェリストに聞いてみた。(2016/12/19)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
アサヒグループが「ストレージ基盤の刷新」で性能とコストの課題を解消
ITインフラの性能を左右し、根幹を支えるストレージ。最近ではディスクからフラッシュへの移行や重複排除など、関連技術の発展で飛躍的な性能向上を見せている。その実態をアサヒグループなど導入企業の事例を基に紹介する。(2016/12/19)

「ムーアの法則」を超える新世代コンピューティングの鼓動:
電気回路の課題を解決できる? フォトニクスの伝送技術
不揮発性メモリの進化と同様に、信号の伝送に使うフォトニクス(光工学)も研究が進められてきました。不揮発性メモリにより階層化を排除した記憶領域は、より進んだ伝送技術によって広範に利用できるようになります。今回はフォトニクスによる伝送技術について解説します。(2016/12/16)

CAEニュース:
「SC16」のTOP500リストにスパコン「Pleiades」「Cheyenne」がランクイン
ヒューレット パッカード エンタープライズは、スーパーコンピュータ「Pleiades」と「Cheyenne」が、国際会議「SC16」のTOP500リストに入ったと発表した。Pleiadesは同リストの第13位、Cheyenneは第20位にランクインした。(2016/12/14)

デジタル変革の拡大、クラサバの後退――2017年のIT市場10大予測
IDC Japanが2017年の国内IT市場で鍵を握る技術やトレンドを発表した。(2016/12/13)

SUSE Open Forum Japan 2016:
SUSEはOpenStack、OSSにおいてHPE、富士通とどう協業していくのか
ノベルが2016年12月9日、「SUSE Open Forum Japan 2016」を開催。日本ヒューレット・パッカード、富士通と共に、今後の製品戦略を示した。(2016/12/13)

Weekly Memo:
トレンド機能で武装した「SAP HANA 2」、“次世代IT活用基盤”として定着するか
SAPがインメモリデータベースの最新版「SAP HANA 2」を発表した。次世代のエンタープライズプラットフォームを目指して同社がHANAを市場投入して6年。果たしてその勢いやいかに――。(2016/12/12)

「ムーアの法則」を超える新世代コンピューティングの鼓動:
電気がなくてもデータは消えない、メモリ技術の最新事情
前回は現在のコンピュータのアーキテクチャが抱える問題点とその回答の1つとして新しいアーキテクチャを紹介しました。今回は特にポイントとなる記憶領域について、詳しく解説します。(2016/12/2)

コンピューティングの在り方を大きく変える概念:
HPE、「The Machine」プロトタイプのデモに成功
米ヒューレット・パッカード・エンタープライズが、2020年のリリースを予定する「The Machine」の概念実証プロトタイプを開発し、デモに成功した。(2016/11/30)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない
国内でも感染被害が急拡大しているランサムウェアだが、その感染を完全に防ぐことは難しく、予防策と同時に事後策を用意しておくことが望ましい。そこで注目されるのが「バックアップによるデータ保護」だ。なぜバックアップなのか。(2016/11/30)

最新のバックアップ手法を一気に解説
消えかけていたバックアップ技術がにわかに脚光を浴び始めた理由
サーバ仮想化の増加により、データバックアップテクノロジーが進化している。その進化には、継続的データ保護(CDP)インスタントリカバリー、フラットバックアップ、バックアップアプライアンスが貢献している。(2016/11/28)

米海軍で兵士13万人あまりの個人情報が流出
Hewlett Packard Enterprise Services(HPES)が海軍との契約に基づき運用しているノートPCから、兵士13万人あまりの個人情報が流出していたことが分かった。(2016/11/25)

Autodesk University 2016:
産業用ロボットが3Dプリンタに、オートデスクがデモを披露
Autodesk(オートデスク)は、ユーザーイベント「Autodesk University 2016」の展示会場で、さまざまな3Dプリンタ技術を披露した。ひときわ目を引いたのが、多軸の産業用ロボットアームを用いたデモンストレーションだろう。(2016/11/22)

製造ITニュース:
IoTソリューションの提案に向けた協業を発表、産業用途での導入を推進
PTCとHPEは、PTCのIoTプラットフォーム「ThingWorx」とHPEのネットワークエッジデバイス群「Edgeline Systems」を組み合わせた統合型IoTソリューション「Converged IoT Solutions」の提案に向け、協業する。(2016/11/22)

PR:総合力でサイバー攻撃に立ち向かえ! HPEが示すセキュリティビジョンとは?
急増するサイバー攻撃などによって企業のセキュリティリスクはますます高まっている。いまやサイバー脅威のブラックマーケットの規模は12兆円に上るほどだ。しかし、この脅威を食い止める「意外」なアプローチがあった。日本ヒューレット・パッカードのセキュリティ専門家が語った。(2016/11/18)

「ムーアの法則」を超える新世代コンピューティングの鼓動:
コンピュータの限界を変えるための3つの視点
膨大なデータの活用を妨げになる現在のコンピュータの問題はどうすれば解決できるのでしょうか。今回はそのために必要な新しいコンピュータのアーキテクチャについて考えてみます。(2016/11/18)

前回2位から上昇:
スパコン「京」がHPCGで世界第1位を獲得
理化学研究所と富士通は2016年11月16日、スーパーコンピュータ「京」が共役勾配法の処理速度の国際的ランキング「HPCG」(High Performance Conjugate Gradient)の最新版で世界第1位になったと発表した。(2016/11/16)

「ストレージ」から見る仮想化の今【後編】
「VMware/Hyper-V」と「Docker」では、ストレージの扱い方がどう違うのか
仮想化関連の技術開発においてストレージへの注目度が高まる中、ベンダー各社はどのような取り組みを進めているのか。後編では、外部ストレージやデータ管理、コンテナに関する技術動向を紹介する。(2016/11/15)

PR:製造業や自動車、公共などのIoT活用を支援 海外実績を引っ提げて日本市場に本格参入するHPE
IoTがいよいよ実用段階に突入した。センサーなどから収集した大量データを、多角的に分析できるメリットはあらゆる企業の競争力強化に大きく貢献する。ただし、IoTのビジネス活用について多くの企業はまだ手探り状態なのも現状だ。そうした中、IoTのビジネス活用に取り組み、着実に実績を積み重ねているのが日本ヒューレット・パッカード(HPE)だ。先行事例などとともに同社の取り組みを紹介しよう。(2016/11/15)

産業向けIoT:
IoTの効果を高める「エッジ」とは何か
産業向けIoTを実現できれば、機器のダウンタイムを短縮でき、効率的な保守管理が可能になる。運用コストの大幅な低減だ。そのためにはセンサーとクラウド以外にも必要な要素がある。Hewlett Packard Enterpriseの責任者に聞いた。(2016/11/14)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。