ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HPE」最新記事一覧

PR:HPEが提案する新時代のコンピュートエクスペリエンス【Vol.1】
デジタル化は、ビジネスやサービス、暮らしの中の体験にまで大きな変革をもたらした。イノベーションが従来の常識を次々と変えていく中、これを支える情報テクノロジーもまた大きな進化を遂げている。今、ITの世界でどんな変化が起こりつつあるのか、そして、これからどう変わるのか。日本ヒューレット・パッカード(以下、HPE)でデータセンター・ハイブリッドクラウド製品ビジネスの指揮を執る本田昌和氏に聞いた。(2017/6/22)

ストレージの利用法が激変
3D XPointが根底から変えるハードウェアアーキテクチャ
次世代の不揮発性メモリの出現が、ハードウェアアーキテクチャを根底から変えるという。データベースの書き換え処理はどう変わるのか。(2017/6/22)

SGI買収後、初の共同開発製品も:
HPE、「HPE Apollo 6000 Gen10」など新世代HPC・AIシステムを発表
Hewlett Packard Enterpriseが、「HPE Apollo 6000 Gen10」「HPE Apollo 10 Series」など新世代のHPCおよびAIシステムと関連ソフトウェア、サービスを発表。SGI買収後初の共同開発製品「HPE SGI 8600 System」もリリースする。(2017/6/21)

802.11ac Wave 2アクセスポイントを導入
狙いはモバイルとIoT 米国医療機関がArubaの無線LAN製品を選んだ理由
Medical Center Health System(MCH)はCisco SystemsのWi-Fiネットワークをリプレースし、Aruba NetworksのWi-Fiネットワークに移行した。その目的と導入効果とは?(2017/6/20)

Computer Weekly製品導入ガイド
ストレージ高速化の決め手はいまだ過渡期
増え続ける需要がオールフラッシュアレイにのしかかる中で、ストレージに対する新たなアプローチの必要性を検討する。(2017/6/20)

他の製品とどこが違う?:
PR:ついに日本上陸! ハイパーコンバージドインフラの本命SimpliVityの魅力を一挙紹介
ハイパーコンバージドインフラの最有力製品「SimpliVity」が、とうとう日本に上陸した。しかも、日本ヒューレット・パッカードの充実したワンストップサポートを受けることができる。この製品はなぜ高い評価を受け、多くの企業に採用されてきたのか。その魅力をまとめて紹介する。(2017/6/16)

FPGAアクセラレーターで常に重複排除とデータ圧縮ができる:
1TBのバックアップを60秒で――日本ヒューレット・パッカードがHCI「HPE SimpliVity 380発表」
日本ヒューレット・パッカードが2017年6月15日にハイパーコンバージドインフラ「HPE SimpliVity 380」を発表した。専用のアクセラレーターカードによって、常時重複排除とデータ圧縮ができるという。(2017/6/15)

エンタープライズストレージに恩恵
NVMeにフラッシュDIMM、革新が続くフラッシュ関連技術と広がる用途
NVMeやメモリバスベースのフラッシュDIMMといったプロトコルの採用は、フラッシュストレージデバイスが高いパフォーマンスを発揮するための一助になっている。(2017/6/14)

その理由は「メリットが明確」
“フラッシュファースト”なSDS急拡大で従来型ストレージは消滅?
スケールアウトSDSの急速な普及によって、従来型のストレージ製品やストレージアレイの収益が低下している。 (2017/6/12)

PR:“人見知り”のエバンジェリストが、技術者コミュニティーの運営に挑戦するまで
変わることができなければ、人も企業も時代に取り残され、淘汰されてしまう――。不安をあおる言葉があふれる一方で、「変わる」のは難しい。それでもあえて自分を苦手な環境に追い込み、変わろうと奮闘する「エバンジェリスト」がいる。(2017/6/12)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
デジタルエクスペリエンスの新たな形――人、場所、モノの融合でどう変わる?
人、場所、モノを融合することで生みだされる、新しいデジタルエクスペリエンスが注目されている。オフィスや公共スペース、製造現場などに導入すれば、働き方やサービス、製品に新たな価値を付加できるという。(2017/6/7)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
IT変革プロジェクトの大半が失敗するのはなぜか? 見落としがちな4つの課題
多くの企業でIT変革プロジェクトが行われているが、成功するケースは少ないのが現状だ。その多くは属人的で、変革への取り組みを管理できていないことがコスト超過や成功率の低下を招いている。成功させるには何が必要なのだろうか?(2017/6/7)

簡単ではない「ソフトウェア定義ストレージ」の運用
ハイパーコンバージドの核となる「SDS」、その役割と技術の選び方
ベンダーは、マーケティング戦略で「ソフトウェア定義テクノロジー」という言葉をよく用いる。しかし、実際の実装では企業がソフトウェア定義を習熟するまでには長い時間を要する。(2017/6/6)

SDSの定義とトレンド【後編】
徹底解説:ストレージ仮想化、オブジェクトストレージにおける「SDS」の仕組みとは
「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)ほど見解に相違が見られる用語はない。「柔軟性」「使いやすさ」「スケーラビリティとパフォーマンス」「総所有コスト」の4基準で各SDSの長所と短所を評価する。(2017/6/5)

トランプ米大統領のパリ協定離脱発表でイーロン・マスク氏は助言チーム離脱
ドナルド・トランプ米大統領が、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国が離脱すると正式に発表したことを受け、TeslaやSpaceXの創業者であるイーロン・マスク氏が大統領助言チームからの離脱を表明した。Microsoftも懸念を表明した。(2017/6/2)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
低機能のIoTデバイスを守る方法は? 有線/無線のセキュリティ施策を解説
IoTやワークスタイルの多様化といったビジネス変革に対応できるネットワークセキュリティ対策が求められている。だが、巧妙化するサイバー攻撃に加えて、それらをカバーにするには課題が山積している。どう解決すればいいのだろうか。(2017/6/2)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
IoTの最前線を徹底解説:エッジコンピューティングにどう取り組むべきか?
モノに近い場所でデータを処理できるエッジコンピューティングにより、IoTがもたらす価値はさらに高まっている。これにより、ビジネスはどのように変わっていくのか。主要ベンダーの取り組みを基に、最前線の動きを紹介する。(2017/6/2)

SDSの定義とトレンド【前編】
徹底解説:vSAN、HCIベンダーが提供する「SDS」の長所と短所
「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)の定義はベンダーによって異なる。ハイパーバイザーベースやハイパーコンバージドベースなど、さまざまな種類のSDSについて長所と短所を解説する。(2017/6/1)

PR:大学発「ミライのケータイ」からITの未来が見えてくる――HPE・重松隆之さん
企業でサラリーマンとして働きながら、大学で教授として学生に教える“別の顔”も持つ――。そんなダブルワークをこなすエバンジェリストが日本ヒューレット・パッカードにいる。学生の活動からはITの未来が見えるというが、どういうことなのだろうか?(2017/5/31)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
人手要らずで差別化したサービスを提供できる「モバイルエンゲージメント」とは
モバイルを通じたサービスや広告が増える中、注目されているのが位置情報やプッシュ通知機能などを組み合わせた「モバイルエンゲージメント」だ。顧客ごとに最適なアプローチを実施し、優れたエクスペリエンスを容易に提供できるという。(2017/6/2)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
モバイル体験の未来図は? スマートシティーに見るインテリジェントエッジ活用
ネットワークの辺縁にあるセンサーや端末に処理能力を持たせた「インテリジェントエッジ」が注目されている。ドバイ市は都市サービスにこの新技術を導入したプラットフォームを構築し、スマートシティーを実現したという。(2017/6/2)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第41回 「ホステッドレジストリ」を知る――NASAも使っているDockerイメージ管理
今回からは、Dockerイメージの管理サービスについて紹介していきます。NASAのジェット推進研究所でも利用されているDockerイメージの管理サービスを例に、具体的な操作方法も披露します。(2017/5/29)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ハイブリッドITでグローバル展開を加速、ネット総合金融企業に学ぶIT戦略
独自のビジネスモデルを武器に、外為取引などのビジネスを拡大させているSBIリクイディティ・マーケット。同社は、世界に広がる未開拓市場へ挑むために、どのようなIT戦略を取ったのか。プレゼンテーション動画で紹介する。(2017/5/29)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
拡張性とコストをどう評価する? 新たなビジネスを生むストレージの条件
データ活用の基盤となるストレージの確保は、近年の企業が抱える大きな課題の1つだ。そこで、将来の拡張性まで見据えたストレージ基盤として、シームレスな拡張とシンプルな運用が可能なオールフラッシュストレージが注目されている。(2017/5/26)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ハイブリッドIT化が進むデータセンター、ITリソースの効率的な調達方法とは?
データセンターに対する需要が拡大し、ハイブリッドITのエコシステムの構築が進んでいる。一方で、オーバープロビジョニングやITリソース不足によるコストの課題も顕著になっている。こうした課題への対応策を紹介する。(2017/5/29)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ITインフラの構成を数分で行える次世代ハイブリッドITアーキテクチャとは?
さまざまな業界で破壊的な変革が加速している現在、ITインフラの構成を数分〜数秒で行える次世代ハイブリッドITアーキテクチャが注目されている。本コンテンツでは、その機能やメリットなどを紹介する。(2017/5/29)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
デジタル変革のメリットをすぐに得られるハイブリッドIT戦略とは
ビジネス要件に応じて多種多様なITインフラが使われる現在、その複雑な環境をいかに扱いやすくするかが企業にとって大きな課題の1つだ。この課題を解消するために、今後、どのような取り組みをすべきだろうか。(2017/5/26)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
まさに仮想マシンの自動販売機? 次世代ハイパーコンバージドを徹底解説
企業のIT環境に瞬敏さをもたらし、IT部門には管理の効率化をもたらすことで注目されるハイパーコンバージドインフラストラクチャ。その最新版は、まさに「仮想マシンの自動販売機」のような機能を提供するという。(2017/5/26)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ゼタバイト時代の超高速処理を担う「メモリ主導型コンピューティング」とは?
データの増加スピードに、プロセッサの処理速度の向上が追い付かなくなりつつある。従来のコンピューティングに限界が見えてきた中、注目されるのが「メモリ手動型コンピューティング」だ。この革新的な研究の最前線を紹介する。(2017/5/26)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
デジタル変革の鍵は「ハイブリッドIT」――次なるプラットフォーム戦略を解説
企業のITは今、制御性に優れた従来型ITと、柔軟性に優れたデジタルエンタープライズの2つの異なる世界が入り交じっている。これらのバランスを取り、ハイブリッドITを実現するにはどうすればいいのだろうか。(2017/5/26)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
IoT時代のビジネス成果を最大化する2つのアプローチとは?
IoTによる産業革命が進展し、コンピューティングの主軸がエッジへと移りつつある中、企業はデジタルトランスフォーメーションに向けた大きな変革を求められている。IoT時代においてテクノロジーにどう向き合えばいいのだろうか。(2017/5/24)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
“文系企業”東急電鉄は「止まらないネットワーク」をどう実現したのか?
ITの重要性が増す中、特に社会インフラには「止まらないネットワーク」が求められる。東京急行電鉄は、冗長化や多重化の徹底、全体構成のシンプル化によって、高可用性や拡張性、コスト効率を兼ね備えたネットワークを実現したという。(2017/5/24)

「ムーアの法則」を超える新世代コンピューティングの鼓動:
「メモリ主導型コンピューティング」が実現すると起こること
本連載で紹介しているメモリ主導型コンピューティングは、大量のデータへの高速かつさまざまなアクセスがランダムに発生する用途に特に効果的です。今回もメモリ主導型コンピューティングによって実現するかもしれない世界を紹介しましょう。(2017/5/22)

HPE、160Tバイトの単一メモリを搭載した「The Machine」のプロトタイプを実証
米Hewlett Packard Enterprise(HPE)は、160Tバイトの不揮発性メモリを搭載した「The Machine」のプロトタイプで「メモリ主導型コンピューティング」の可能性を実証。将来的には最大4096YB(ヨタバイト)にまで拡張可能との予想も。(2017/5/22)

製造マネジメントニュース:
「KM流エッジIoT」が進化の源に、コニカミノルタが“仕込み”を成果に変える
コニカミノルタは、2017〜2019年度の新中期経営計画「SHINKA 2019」を発表。前中計「TRANSFORM 2016」における“仕込み”を確実に成果として出していくフェーズとなる。(2017/5/15)

HPE最大イベント「Discover Forum 2017 東京」リポート:
PR:IT変革の成功事例多数。デジタル変革に欠かせないHPE流「勝利の方程式」とは?
デジタルトランスフォーメーションのトレンドが本格化し、今、多くの企業にとって「大量データからいかにビジネス価値を引き出すか」「いかにスピーディに価値を形に変えるか」が差別化の一大要件となっている。このためには従来型のITインフラを見直し、デジタル時代に即したインフラへの変革が欠かせない。では具体的に、IT変革のポイントと具体策とは何か?――日本では初開催となったHPEの年間最大のイベント「Discover Forum 2017 東京」にその解を探る。(2017/5/23)

今あらためて「ハイパーコンバージドインフラ」とは何か?:
Dell EMCに聞く、ハイパーコンバージドインフラの適用基準と今目指すべき企業ITの姿とは?
IT活用の在り方がビジネスの成果に直結する現在、ITインフラの運用管理にも一層のスピードと柔軟性が求められている。これに伴い運用管理者には「求められたリソースを迅速に配備する」など「サービスブローカー」としての役割が求められているが、いまだ仮想環境の運用管理などに手を焼いている企業が多いのが現実だ。ではサービスブローカーへの変革を実現できる最も効率的な方法とは何か? 統合インフラに幅広いラインアップを持つDell EMCへのインタビューに、その1つの回答を探る。(2017/4/28)

仮想デスクトップの一元管理に変革
急拡大するハイパーコンバージド、各社製品の機能と特徴は?
コンバージドシステムやハイパーコンバージドシステムは、IT環境をシンプルにしてパフォーマンスを向上する。本稿では自社のデータセンターにハイパーコンバージドインフラが適切かどうか判断する方法を紹介する。(2017/4/25)

“on Linux”対応やPythonでのデータ分析を強化:
SQL Serverの次期バージョンの名称は「SQL Server 2017」に 最新プレビュー版「CTP 2.0」を公開
マイクロソフトが、データプラットフォームの次期バージョンの名称を「SQL Server 2017」に決定したと発表。最新のプレビュー版「Community Technology Preview(CTP)2.0」をリリースした。(2017/4/24)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
5年間のTCOを約63%削減、アサヒグループが全社システムに選んだストレージは?
飲料・食品事業を行うアサヒグループは、全社システムの8割以上を占めるプライベートクラウド基盤の統合ストレージを刷新した。同グループの厳しい審査や実機テストをクリアしたオールフラッシュアレイとはどのようなものだろうか。(2017/4/20)

ホワイトボックスの市場シェアは……
「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?
ホワイトボックスサーバやOpen Compute Platformへのシフトにより、大手サーバメーカーの売り上げが減少すると見られている。だが、ホワイトボックスサーバメーカーにも弱点がある。(2017/4/21)

プライベートクラウド基盤の「統合ストレージ」刷新
アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減
HPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイを採用し消費電力を36分の1に削減し、データセンターコストも半減させたアサヒビールの事例を紹介する。(2017/4/28)

製造業IoT:
コニカミノルタのエッジIoTプラットフォームは「オフィス向けだけじゃない」
コニカミノルタは、エッジIoTプラットフォーム「Workplace Hub」の国内向け説明会を開催。同社社長兼CEOの山名昌衛氏は「Workplace Hubをきっかけに、ソフトウェアやサービスの進化にハードウェアを取り入れる新しい製造業の在り方に挑戦する。自らの手で変わる、ゲームチェンジャーになりたい」と語り、デジタル革新に挑む同社の姿勢を訴えた。(2017/4/20)

製造業IoT:
IoT理解度は20カ国中最下位、日本企業に横たわる「高すぎる理想」
HPE ArubaはIoTの活用度についてのグローバル調査を行い、調査結果を発表した。20カ国の中で日本はIoT理解度で最下位、行動レベルで19位となり、海外に比べて消極的な姿勢が目立つ結果となった。(2017/4/20)

LinuxKitは壇上でオープンソース化:
米Docker、DockerConでMoby ProjectとLinuxKitを発表
米Dockerは2017年4月18日(米国時間)、同社のイベント「DockerCon 2017」で、新たなオープンソースプロジェクト「Moby Project」を発表。一方で軽量Linux構築ツールキット「LinuxKit」をオープンソース化した。(2017/4/19)

コンテナで、運用管理ツールを迅速・シンプルに提供:
「運用管理も、DevOpsのスピードで価値を提供できることが大切」、HPE
IoT、X-Techなどデジタルビジネスが加速する中、ITサービス開発には一層のスピードが求められている。これに伴い、開発だけではなくインフラ運用にも一層のスピード・柔軟性が求められているが、運用管理を担うツール類の導入・アップグレードのスタイルはいまだに従来型のまま――HPEがこれを抜本的に解決するアプローチを発表した。(2017/4/19)

無停止システムを仮想環境へ適用可能に:
HPE、「HPE Virtualized NonStop」をリリース ハイブリッドクラウドの無停止運用を実現
HPEが同社フォールトトレラントサーバの機能を仮想化する新製品「HPE Virtualized NonStop」をリリース。障害発生時でもシステムを再起動せずに処理を継続可能とする技術を採用し、無停止システムを仮想環境にも適用できるようにする。(2017/4/12)

「働き方改革は日本の一丁目一番地」――半歩先の未来を体感できる「HPE Intelligent Spaces」とは!?
日本ヒューレット・パッカード(HPE)が、日本マイクロソフトとコラボレーションして日本の働き方改革を推進する。(2017/4/12)

製造マネジメントニュース:
世界最大級の工業化学研究用スーパーコンピュータを共同開発
ドイツのBASFと米HPEは、BASF本社における工業化学研究用スーパーコンピュータを共同開発する。HPEのスーパーコンピュータ「Apollo System」をベースとしており、シミュレーションやモデリングの時間を数カ月から数日間へと大幅に短縮する。(2017/4/12)

最適な利用場面とは
フラッシュストレージへのバックアップは“現実的な選択肢”か?
フラッシュストレージアレイは従来のディスク型ストレージアレイよりも電力消費量が少なく、バックアップにかかる時間やバックアップアプライアンスの数を大幅に減らすのに役立つ。(2017/4/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。