ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HPE」最新記事一覧

米HPE、ハイパーコンバージドインフラの米SimpliVityを買収へ
米ヒューレット・パッカード・エンタープライズは2016年1月17日(現地時間)、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の有力スタートアップ企業、SimpliVityの買収で最終的な合意に達したと発表した。2017年後半にはHPEのサーバハードウェアを使ったHCIアプライアンスを販売開始する予定。(2017/1/18)

ストレージテクノロジーの2017年話題のトレンド【前編】
コンテナ“一強”時代に変化に兆し、 SSDは高密度競争へ
本稿では、データストレージテクノロジーのトレンドの中から、2017年に盛り上がりそうなものを取り上げる。前編ではクラウド間バックアップ、コンテナ、大容量SSDがテーマだ。(2017/1/17)

2017年ストレージベンダーの現状と展望【前編】
変化を対応した企業にチャンス、Dell EMC、Nutanixなど主要ベンダーはどう動く?
主要なエンタープライズストレージベンダーは、2017年にどのような課題と機会に直面するのか。包括的な予測をお届けする。(2017/1/12)

MONOist 2017年展望:
芽吹くか「組み込みAI」
第3次ブームを迎えたAI(人工知能)。製造業にとっても重要な要素技術になっていくことは確実だ。2017年からは、このAIを製品にいかにして組み込むかが大きな課題になりそうだ。(2017/1/10)

2017年の年頭所感:
注目はAI、IoT、デジタル変革、働き方改革――ITベンダー各社のトップメッセージ
2016年にIT業界で注目された新しい技術や変化は、2017年にどのような影響をもたらすのだろうか。ITベンダー各社トップのメッセージをダイジェストで紹介する。(2017/1/5)

DevOps時代のテスト自動化カンファレンス(後編):
「三権分立」で1年に200リリースを達成した楽天トラベル、150人規模のチームで実現できた秘訣とは
2016年12月6日に開催されたセミナー「DevOps時代のテスト自動化カンファレンス〜はやく、いいものを届けよう〜」のレポート第3弾では、楽天トラベルにおけるDevOpsとテスト自動化の取り組みを中心に、最適な開発ライフサイクル実現のヒントを紹介する。(2016/12/27)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第4回】
【徹底比較】ターゲット型アプライアンス主要製品を比較、バックアップソフトとの接続性も
4つの主要なターゲット型バックアップアプライアンス製品を徹底比較。重複排除の範囲や接続プロトコル、価格などに着目した。連係するバックアップソフトとの相性など、製品選定時の注意点も解説。比較表は無料でダウンロードできる。(2016/12/22)

x86サーバの低迷続く、シェアは富士通、NEC、HPEの順:
2016年第3四半期のサーバ市場は約991億円規模、3四半期連続でマイナス成長 IDC調査
IDCジャパンが、2016年第3四半期の国内サーバ市場動向を発表。サーバ市場は3四半期連続で出荷額/出荷台数が減少し、特にx86サーバ分野の低迷が続いている。(2016/12/20)

製造ITニュース:
広域ネットワークなどへの大規模なIoTデバイス導入を支援する製品を発表
米Hewlett Packard Enterpriseは、大規模な組織、工業・生産・流通施設および広域ネットワークへの大規模なIoTデバイス導入を支援する製品を発表した。これらにより、IoT導入の経済性とIoTデバイスのセキュリティの向上が期待できる。(2016/12/20)

PR:今も昔も変わらぬお悩み、エバンジェリストがスパっと解決「ストレージお悩み相談室」
増え続けるデータとストレージに関する情シスの悩みは今も昔も変わらない。しかし、技術の進化と共にその解決方法は変わり続けているのが事実だ。今の技術で情シスの悩みを解決するにはどうすればいいのか――。日本ヒューレット・パッカードのエバンジェリストに聞いてみた。(2016/12/19)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
アサヒグループが「ストレージ基盤の刷新」で性能とコストの課題を解消
ITインフラの性能を左右し、根幹を支えるストレージ。最近ではディスクからフラッシュへの移行や重複排除など、関連技術の発展で飛躍的な性能向上を見せている。その実態をアサヒグループなど導入企業の事例を基に紹介する。(2016/12/19)

「ムーアの法則」を超える新世代コンピューティングの鼓動:
電気回路の課題を解決できる? フォトニクスの伝送技術
不揮発性メモリの進化と同様に、信号の伝送に使うフォトニクス(光工学)も研究が進められてきました。不揮発性メモリにより階層化を排除した記憶領域は、より進んだ伝送技術によって広範に利用できるようになります。今回はフォトニクスによる伝送技術について解説します。(2016/12/16)

CAEニュース:
「SC16」のTOP500リストにスパコン「Pleiades」「Cheyenne」がランクイン
ヒューレット パッカード エンタープライズは、スーパーコンピュータ「Pleiades」と「Cheyenne」が、国際会議「SC16」のTOP500リストに入ったと発表した。Pleiadesは同リストの第13位、Cheyenneは第20位にランクインした。(2016/12/14)

デジタル変革の拡大、クラサバの後退――2017年のIT市場10大予測
IDC Japanが2017年の国内IT市場で鍵を握る技術やトレンドを発表した。(2016/12/13)

SUSE Open Forum Japan 2016:
SUSEはOpenStack、OSSにおいてHPE、富士通とどう協業していくのか
ノベルが2016年12月9日、「SUSE Open Forum Japan 2016」を開催。日本ヒューレット・パッカード、富士通と共に、今後の製品戦略を示した。(2016/12/13)

Weekly Memo:
トレンド機能で武装した「SAP HANA 2」、“次世代IT活用基盤”として定着するか
SAPがインメモリデータベースの最新版「SAP HANA 2」を発表した。次世代のエンタープライズプラットフォームを目指して同社がHANAを市場投入して6年。果たしてその勢いやいかに――。(2016/12/12)

「ムーアの法則」を超える新世代コンピューティングの鼓動:
電気がなくてもデータは消えない、メモリ技術の最新事情
前回は現在のコンピュータのアーキテクチャが抱える問題点とその回答の1つとして新しいアーキテクチャを紹介しました。今回は特にポイントとなる記憶領域について、詳しく解説します。(2016/12/2)

コンピューティングの在り方を大きく変える概念:
HPE、「The Machine」プロトタイプのデモに成功
米ヒューレット・パッカード・エンタープライズが、2020年のリリースを予定する「The Machine」の概念実証プロトタイプを開発し、デモに成功した。(2016/11/30)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない
国内でも感染被害が急拡大しているランサムウェアだが、その感染を完全に防ぐことは難しく、予防策と同時に事後策を用意しておくことが望ましい。そこで注目されるのが「バックアップによるデータ保護」だ。なぜバックアップなのか。(2016/11/30)

最新のバックアップ手法を一気に解説
消えかけていたバックアップ技術がにわかに脚光を浴び始めた理由
サーバ仮想化の増加により、データバックアップテクノロジーが進化している。その進化には、継続的データ保護(CDP)インスタントリカバリー、フラットバックアップ、バックアップアプライアンスが貢献している。(2016/11/28)

米海軍で兵士13万人あまりの個人情報が流出
Hewlett Packard Enterprise Services(HPES)が海軍との契約に基づき運用しているノートPCから、兵士13万人あまりの個人情報が流出していたことが分かった。(2016/11/25)

Autodesk University 2016:
産業用ロボットが3Dプリンタに、オートデスクがデモを披露
Autodesk(オートデスク)は、ユーザーイベント「Autodesk University 2016」の展示会場で、さまざまな3Dプリンタ技術を披露した。ひときわ目を引いたのが、多軸の産業用ロボットアームを用いたデモンストレーションだろう。(2016/11/22)

製造ITニュース:
IoTソリューションの提案に向けた協業を発表、産業用途での導入を推進
PTCとHPEは、PTCのIoTプラットフォーム「ThingWorx」とHPEのネットワークエッジデバイス群「Edgeline Systems」を組み合わせた統合型IoTソリューション「Converged IoT Solutions」の提案に向け、協業する。(2016/11/22)

PR:総合力でサイバー攻撃に立ち向かえ! HPEが示すセキュリティビジョンとは?
急増するサイバー攻撃などによって企業のセキュリティリスクはますます高まっている。いまやサイバー脅威のブラックマーケットの規模は12兆円に上るほどだ。しかし、この脅威を食い止める「意外」なアプローチがあった。日本ヒューレット・パッカードのセキュリティ専門家が語った。(2016/11/18)

「ムーアの法則」を超える新世代コンピューティングの鼓動:
コンピュータの限界を変えるための3つの視点
膨大なデータの活用を妨げになる現在のコンピュータの問題はどうすれば解決できるのでしょうか。今回はそのために必要な新しいコンピュータのアーキテクチャについて考えてみます。(2016/11/18)

前回2位から上昇:
スパコン「京」がHPCGで世界第1位を獲得
理化学研究所と富士通は2016年11月16日、スーパーコンピュータ「京」が共役勾配法の処理速度の国際的ランキング「HPCG」(High Performance Conjugate Gradient)の最新版で世界第1位になったと発表した。(2016/11/16)

「ストレージ」から見る仮想化の今【後編】
「VMware/Hyper-V」と「Docker」では、ストレージの扱い方がどう違うのか
仮想化関連の技術開発においてストレージへの注目度が高まる中、ベンダー各社はどのような取り組みを進めているのか。後編では、外部ストレージやデータ管理、コンテナに関する技術動向を紹介する。(2016/11/15)

PR:製造業や自動車、公共などのIoT活用を支援 海外実績を引っ提げて日本市場に本格参入するHPE
IoTがいよいよ実用段階に突入した。センサーなどから収集した大量データを、多角的に分析できるメリットはあらゆる企業の競争力強化に大きく貢献する。ただし、IoTのビジネス活用について多くの企業はまだ手探り状態なのも現状だ。そうした中、IoTのビジネス活用に取り組み、着実に実績を積み重ねているのが日本ヒューレット・パッカード(HPE)だ。先行事例などとともに同社の取り組みを紹介しよう。(2016/11/15)

産業向けIoT:
IoTの効果を高める「エッジ」とは何か
産業向けIoTを実現できれば、機器のダウンタイムを短縮でき、効率的な保守管理が可能になる。運用コストの大幅な低減だ。そのためにはセンサーとクラウド以外にも必要な要素がある。Hewlett Packard Enterpriseの責任者に聞いた。(2016/11/14)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
運用コストを12分の1まで削減、Yahoo! Japanが教えるDBバックアップ効率化
システム運用で欠かせないものの、負担も大きいのがバックアップだ。近年のシステムでは重複排除技術が進歩し、大幅な時間短縮やディスクスペースの節約などにより、運用負荷を削減できる。その効果を日本最大級のサービス基盤を運用するYahoo! Japanの事例から探る。(2016/11/14)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
VMプロビジョニングが15分、アイデアエコノミー時代のハイパーコンバージド活用
これからのアイデアエコノミー時代では、ビジネスを支えるアプリケーションの基盤をいかに迅速に提供できるかが鍵となる。そこで注目されるのが「ハイパーコンバージドインフラ」だ。パブリッククラウドのような“迅速かつ容易な基盤提供”が大きな特長となっている。(2016/11/14)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
TCOでも有利なオールフラッシュを選ぶための3つのポイント
オールフラッシュストレージは高速でありながら、価格もディスクストレージに匹敵する水準となってきた。むしろ省スペース・省電力などの特性からTCOでは有利となり、今やストレージの主流になりつつある。オールフラッシュストレージを選定する上で重要なポイントは何か。(2016/11/14)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
フラッシュが変えたストレージ業界、その「2大メガトレンド」とは?
ストレージにフラッシュが使われるようになり、2つの大きなトレンドが生じている。「オールフラッシュ」と「ソフトウェア定義」の流れだ。大手ベンダーはそれぞれに向けた製品ラインアップを提供しているが、果たして今後どのような展開を見せていくのだろうか。(2016/11/14)

PR:頻発する企業の情報漏えい事故に有効な「データ中心型セキュリティ」、その実現手法とは?
99%の情報セキュリティ事故はデータに関連して発生している。ビジネスにおけるデータの重要性の高まりに伴い、企業のデータ保有のリスクも確実に増している。情報漏えい事故で企業が負担すべき損害賠償額は平均1件あたり3億円以上で、その額は経営的に決して無視できるものではない。だが、データの活用が広がりを見せる中で、その管理徹底が困難さを増しているのも事実である。この状況の抜本的な改善策として、日本ヒューレット・パッカードが訴えるのが「データ中心型セキュリティ」である。(2016/11/10)

コンテナフレームワークサポートを含めての取得はOSとして初:
「Red Hat Enterprise Linux 7.1」がコモンクライテリアセキュリティ認証を取得
レッドハットは、「Red Hat Enterprise Linux 7.1」がコモンクライテリアの「EAL4+」認証を取得したと発表。Linuxコンテナフレームワークへのサポートを含む形でOSがコモンクライテリア認証を取得したのは、今回が初めてだとしている。(2016/11/8)

HPEのストレージがもたらした、ビジネスインパクトとは:
PR:アサヒグループとヤフーはストレージ基盤の刷新で「何」を得たのか
アイデアをいち早く価値に変えた企業だけが生き残れるとされる、「アイデアエコノミー時代」が訪れている。2016年10月に行われた、日本ヒューレット・パッカード主催イベント「Hewlett Packard Enterprise ストレージフォーラム2016」で示された、「既に対策を進めている企業」の事例から、この時代を勝ち抜いていく「術」のヒントを探ろう。(2016/11/9)

FOCUS 2016 Report:
カーナビがランサムウェアに感染したら…… 攻撃者視点のこれからの防御術
サイバーの脅威がITからIoTへと広がる今、守る側は対策をどう考えるべきか――Intel Securityのカンファレンスでは将来の要になるというセキュリティ技術動向が紹介された。(2016/11/4)

課題はマーケティングとWebサービス
IBMクラウドがAWSとAzureに対抗するための“2つのチャレンジ”とは
IBMはクラウドコンピューティング計画を順調に進めているようだが、個別業務部門への訴求という点では前途多難なようだ。(2016/11/4)

「ムーアの法則」を超える新世代コンピューティングの鼓動:
IoTフル活用の未来に立ちはだかるコンピュータの課題とは何か
前回はIoT時代にデータを全て利用できれば、どのように便利な生活が実現されるかを取り上げました。ですが、すぐにこんな時代になるとは言い切れません。今回はITの側面における大きな問題点に触れてみたいと思います。(2016/11/4)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ストレージアレイを実機解体――製品選びのポイントを内部から確認
大量、大容量のデータなどを保存、取り扱うために導入が進んでいるストレージアレイ。容量の大きさが選定のポイントにされることも少なくないが、容量の他にも考慮すべきポイントがある。そこで、実際の製品を解体して、そのポイントを解明する。(2016/11/4)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
その選択は間違っている? オールフラッシュ選びの失敗を招く3つの誤解
ITの使い方がビジネスの成果に直結するといわれる現在、フラッシュストレージの導入を検討する企業が増大している。しかし、フラッシュの特性などを理解していないと、十分に活用できないケースもある。ここでは、失敗しないためのフラッシュストレージの選び方を紹介する。(2016/11/4)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ランサムウェア対策としてのバックアップ――データが人質になる前にすべきこと
近年、猛威を振るうランサムウェア。セキュリティ製品を導入しても、社員のITリテラシーが高くとも“100%の安全”はない。そこで、万が一、感染しても被害を出さないためのバックアップについて、確実に押さえておきたいポイントを解説する。(2016/11/4)

オールフラッシュとソフトウェアデファインド、この2本柱が示す意図:
PR:アイデアエコノミーに向けてHPEはどう企業を支援するのか
2016年10月12日、日本ヒューレット・パッカード主催イベント「Hewlett Packard Enterprise ストレージフォーラム2016」が開催された。ビジネスのデジタル化により、戦略的な意思決定をスビーディーに実行に移すことが重要になってきた。そんな中、あらためて注目されているのが「ストレージ」である。HPEのストレージソリューションは、企業のビジネスにどのような価値をもたらすのか。主催者講演を中心にイベントを振り返る。(2016/10/26)

PR:サーバもインフラSIも消える? エバンジェリストが考えるITの未来
5年後、10年後にエンタープライズITの世界はどうなっているのか――。技術革新のスピードが上がっている今、未来を予測するのは非常に難しくなっているが、IT業界に長く身を置き、サーバ、ネットワーク、インテグレート分野に精通したエバンジェリスト3人が集い、エンタープライズITの未来を語り合ってもらった。(2016/10/31)

ハイパーコンバージドインフラ比較【後編】
有名製品がベストとは限らない、「身の丈にあう」ハイパーコンバージドの選び方
大規模なハイパーコンバージドインフラだけに購入時のモデル選択は失敗できない。そうなると安全策になりがちだが、定番の「大手ベンダー」モデルが自分たちの組織に最適とは限らない。(2016/10/26)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
製造業のIoT活用は「取りあえずやってみよう」でOK
肩肘張らず、気軽に行きましょう。(2016/10/25)

ハイパーコンバージドインフラ比較【前編】
ベンダーに言い負かされないためのハイパーコンバージド選びのコツ
複雑怪奇なハイパーコンバージドインフラの選択作業は険しい道のりになる。ベンダーの膨大なラインアップに圧倒されず自分たちにベストな製品を選ぶために必要な「検討のガイドライン」を紹介しよう。(2016/10/25)

製造業IoT:
HPEのIoT戦略は「シフトレフト」、エッジにサーバ「Moonshot」の処理能力を導入
日本HPEがIoTへの取り組みについて説明。「モノ」に近い現場で、IoTデバイスからの情報の分析や最適化を行う「エッジコンピューティング」を重視した「シフトレフト」という考え方に基づき事業展開を進めて行く方針だ。(2016/10/21)

「ムーアの法則」を超える新世代コンピューティングの鼓動:
IoTのデータをフル活用した先にできることを予想すると……
IoTの時代に私たち膨大な情報を得ることができます。この情報を全て有効に活用できたとしたら、どのようなことができるようになるのでしょうか。そのシナリオを占ってみます。(2016/10/21)

サーバの性能を10倍に:
IBMの25Gbpsインターコネクト技術「OpenCAPI」
IBMが、25Gビット/秒(Gbps)の帯域幅を実現する新インターコネクト技術「OpenCAPI」を発表した。データセンターのサーバの性能を10倍に引き上げることを目指す。(2016/10/20)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。