ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

スーパーコンピュータ に関する記事 スーパーコンピュータ に関する質問

「スーパーコンピュータ」最新記事一覧

流体解析や気象予測などの大規模シミュレーション向け:
日立、性能を約1.6倍に高めたスーパーコンピューター用サーバー
日立製作所はスーパーテクニカルサーバー「SR24000シリーズ」を発表。流体解析や気象予測、生命科学や新素材開発といった幅広い分野での活用が期待される。(2014/9/17)

CAE最前線:
選べるクラウドサービスを提供――CAEは「現象を解く」の一歩先へ
CAEの世界でクラウド化が加速しているが、その利用にはまだ高いハードルがある。そんな中、各種スパコンを目的に応じて選択でき、チューニング作業が必要なく、スパコンの存在を意識せずに解析の業務に集中できるクラウドサービスが注目を集めている。(2014/8/27)

「京」より役立つ!? 隣接スパコン「FOCUS」が人気、過去最高更新ペース 地道な“営業努力”実を結ぶ
計算科学振興財団(FOCUS)のスーパーコンピューターを製品開発などに利用する企業が急増している。利用拡大の裏には、財団の地道な“営業努力”があった。(2014/8/21)

地道な“営業努力”が実を結ぶ:
「京」より役立つ!? スパコン「FOCUS」が人気、過去最高更新ペース
製品開発にスーパーコンピューター「FOCUS」を使う企業が急増している。試作品の精度が上がるといった効果が見込めるが、稼働当初は知名度が低く、利用者は少なかったという。(2014/8/21)

伊吹太歩の時事日想:
医療やビジネスを一変させるスパコン、「ワトソン」が人類の救世主になる日
米IBMが開発に注力しているスーパーコンピューター「ワトソン」が注目を集めている。人の会話や文書といった膨大なデータを分析し、最適な答えを瞬時に導き出す――今後、ワトソンの活躍が期待されるのは医療分野だ。ワトソンがもたらす未来の医療とは?(2014/8/14)

津波の浸水被害を地震発生20分以内で予測、東北大らが実証へ
大規模地震での津波の浸水被害を発生から20分以内にスーパーコンピュータで予測する実証実験をスタートさせる。(2014/8/1)

教育ITニュースフラッシュ
三重県の小中学生が受ける「ネット検定」、その内容と目的とは?
15万人分のゲノム配列解析を目指す東北大学のスパコン導入事例から、タブレットを使った自宅学習支援システムを導入した学習塾の事例まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/7/25)

東北大学、ゲノム解析などを行うスーパーコンピュータの本格運用を開始
東北大学東北メディカル・メガバンク機構は、東日本大震災の被災地を含む住民約15万人のゲノム解析などを行うスーパーコンピュータシステムの本格運用を7月から開始した。(2014/7/23)

組み込みニュース:
“世界初”をうたう組み込み用スーパーコンピュータ「NVIDIA Jetson TK1」とは?
NVIDIAはGPUコンピューティングイベント「GTC Japan 2014」に併せて記者会見を開き、同社が「モバイルスーパーコンピュータ」と呼ぶ「NVIDIA Jetson TK1」についての説明を行った。これは同社のモバイルプロセッサ「Tegra K1」をベースとする組み込み開発キットで、国内では2万4000円(税別)で販売されている。(2014/7/17)

プロセッサ/マイコン:
省エネスパコン世界一の「TSUBAME-KFC」が連覇達成
東京工業大学は2014年7月、スーパーコンピュータの省エネランキング「The Green 500 List」の2014年6月版で、東工大が開発したスーパーコンピュータ「TSUBAME-KFC」が1位を獲得したと発表した。2013年11月版に続き、2期連続での首位獲得となった。(2014/7/2)

東北大、NECとスーパーコンピュータの共同研究組織を設立
東北大学とNECは次世代スーパーコンピュータ技術の開発や人材育成に取り組む。(2014/6/27)

ビジネスニュース:
NECと東北大が共同で次世代スパコン開発へ
NECと東北大学サイバーサイエンスセンターは2014年6月27日、次世代スーパーコンピュータ技術の共同研究部門を設立し、同年7月1日から研究開発を開始すると発表した。(2014/6/27)

京にアクセスしての計算も可能に:
JAXA発のCFDソフト、コア数やジョブ数で課金せず年間180万円〜で提供
ヴァイナスはJAXAが開発した、圧縮性流体解析ソフト「FaSTAR」とメッシュジェネレータ「HexaGrid」を最適化設計向けに高機能化し、商品化する。HPCクラウドサービス「CCNV」経由で提供予定だ。CCNVはスパコン「京」にも対応予定だ。(2014/6/10)

JPCA Show 2014:
次世代サーバなどの高速伝送に対応、パナソニックの多層基板材料
パナソニックは、同社従来品に比べて伝送損失を約20%低減した多層基板材料「MEGTRON 7」をJPCA Show 2014で展示した。大容量のデータをより高速に伝送することが求められるハイエンドサーバ/ルータ、スーパーコンピュータ用多層基板などの用途に向ける。(2014/6/6)

阪大、スパコンの計算結果を可視化する大画面システム導入
HPCIでの計算結果を大画面に立体表示できるシステムを導入した。同システムのリソースは、画面表示だけなく一部をHPCIにも提供できる。(2014/6/2)

「Watson」の衝撃【前編】
「人工知能」が医師や看護師代わりに? 意外な分野で進む実用化
米IBMの人工知能スーパーコンピュータ「Watson」が新たに開いた認識コンピューティングの可能性。人間を超える知性の医療業界での活用を考える。(2014/6/2)

NECの最新鋭ベクトル型スパコン、3機関が導入へ
東北大学と大阪大学、国立環境研究所では「SX-ACE」による新システムを10月から順次稼働させていく。(2014/5/29)

OpenStack情報アップデート:
中国の「天河2号」にOpenStack導入でNUDTとカノニカルが提携
中国の国防科学技術大学(NUDT)と英カノニカルは2014年5月14日、NUDTのスーパーコンピューター「天河2号」へのOpenStack導入で提携したことを発表した。(2014/5/15)

医療機器ニュース:
今後5年で売り上げ倍増を狙う――富士通の医療事業方針
富士通は、医療/ヘルスケア分野における事業方針についての説明会を開催し、今後5年間でビジネス規模を倍増させる目標を明らかにした。電子カルテシステム事業の強化やスパコン技術などを活用した新規ビジネスの創出を狙う。(2014/3/18)

三国大洋の箸休め(27):
スパコン時代に突入する米大リーグ
エドワード・スノーデンの元雇い主であり、米NSAに出入りする大手外注先の1つとして知られる軍需企業、ブーズ・アレン・ハミルトンが、今スポーツビジネスに注目しているそうだ。(2014/3/17)

遺伝子疾患の解明が進む?:
ゲノムを2日間で解析、スパコンの利用で
30億個を超える塩基対を持つゲノムを1つ解析するには、何カ月もかかるのが一般的だ。米大学は、スーパーコンピュータを用いて、240のゲノムを2日間で解析したと発表した。(2014/3/13)

電気自動車:
日産がリチウムイオン電池の電子の動きを直接観測、地球シミュレータも活用
日産自動車と日産アークは、リチウムイオン電池の充電/放電時における正極材中の電子の動きを直接観測し定量化できる「世界初」(両社)の分析手法を開発した。定量化のプロセスでは、スーパーコンピュータ「地球シミュレータ」も活用している。(2014/3/13)

教育ITニュースフラッシュ
DeNAが作った学習アプリを導入する公立小学校とは?
ディー・エヌ・エー(DeNA)が開発した学習アプリ「アプリゼミ」を導入した公立小学校の事例から、「京」ベースのスパコン導入事例まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/2/14)

導入事例:
信州大、高性能ナノカーボン膜の研究開発向けにスーパーコンピュータを導入
信州大学は、ナノカーボンなどを使った造水・水循環システムの研究開発向けに、富士通のスーパーコンピュータシステムを導入した。(2014/2/13)

ベクトル型スパコンの技術を生かす:
NECが処理並列化のためのソフトウェアライブラリを開発
ベクトル型スパコンの技術を汎用化、一般的なプログラムを並列化するソフトウェアライブラリをNECが開発した。(2013/12/4)

EE Times Japan Weekly Top10:
飛ぶ鳥を落とす勢いで成長してほしい、日本発の省エネスパコン
EE Times Japanで先週(2013年11月23日〜11月29日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/11/30)

ビジネスニュース:
省電力で二冠を達成したスパコン「TSUBAME」、鍵は“油に浸して冷却する”
省エネ性能ランキングで世界一となった、東京工業大学のスーパーコンピュータ「TSUBAME-KFC」。消費電力の低減の鍵となったのは、油浸冷却システムの採用である。(2013/11/25)

省エネ機器:
スーパーコンピュータも省電力を競う、世界一になった「TSUBAME」
東京工業大学が開発したスーパーコンピュータ「TSUBAME」の最新機が、省エネ性能で世界一になった。国際会議で発表されたランキングによるもので、日本のスーパーコンピュータが省エネ性能の第1位になったのは初めて。独自の油浸冷却システムを搭載して消費電力を大幅に削減した。(2013/11/22)

スーパーコンピュータの省エネランキング、日本の「TSUBAME-KFC」が首位に
スーパーコンピュータのTop500に続いて発表された省エネ性能ランキングGreen500で、日本製として初めて東工大の「TSUBAME-KFC」がトップに立った。(2013/11/21)

プロセッサ/マイコン:
スパコン性能ランキングは中国「天河2号」がトップ、「京」は4位
スーパーコンピュータ(スパコン)の処理性能ランキングが発表された。トップは「天河2号」で、「京」は4位だった。また、スイスの「Piz Daint」が6位に入り、欧州勢の中でトップとなる性能を達成している。(2013/11/21)

NVIDIA、“史上最高”パフォーマンスを実現したスパコン向けアクセラレータ「Tesla K40」
米NVIDIAは、スーパーコンピューティング向けGPUアクセラレータ「Tesla」シリーズの最新モデル「NVIDIA Tesla K40」を発表した。(2013/11/19)

スーパーコンピュータ「TOP500」、中国の「天河2号」がトップを維持 「京」は4位
恒例のスーパーコンピュータの性能ランキング「TOP500」の2013年11月版は、5位までの順位が前回と変わらず、中国の「天河2号」が1位をキープした。(2013/11/19)

統計数理研究所、「データ同化スーパーコンピュータシステム」を構築へ
「ビッグデータを活用したデータ中心科学研究」のための新たなスパコンには、SGIのシステムが採用された。(2013/11/18)

NEC、スパコンのニューモデル「SX-ACE」を発表
ベクトル型スーパーコンピュータ「SXシリーズ」の最新モデルは、世界最高クラスのプロセッサコア性能を達成すると同時に、消費電力と設置面積の大幅な削減を実現させた。(2013/11/15)

材料技術:
スパコン「京」で重レアアースレス磁石開発を加速!
富士通は、スーパーコンピュータ「京」を用いて、永久磁石が磁化反転する課程を大規模にシミュレーションすることに成功したと発表した。これにより、磁性体を詳細に解析できるようになり、重レアアースを使用しない強力なネオジム磁石など新たな磁性材料の研究開発が促進されるという。(2013/9/6)

GPUスパコン「TSUBAME2.0」を使った最先端研究:
天気予報も医療もスパコンで計算されている
並列計算アーキテクチャ「CUDA」と東工大で運用されている大規模計算能力を持つスーパーコンピュータ「TSUBAME2.0」を使った最先端研究の成果を、東京工業大学青木尊之教授に聞いた。(2013/8/30)

製造ITニュース:
キヤノン、製品開発の解析シミュレーションで富士通製スパコンを導入
キヤノンは、製品開発プロセスの解析シミュレーション用途で、新たに富士通のスーパーコンピュータシステムを導入することを決めた。(2013/8/7)

キヤノンが富士通製スパコンを導入へ――試作レスを目指す
キヤノンは、新スーパーコンピュータシステムに「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX10」を採用した。(2013/8/6)

“AI”はどこへ行った?(1):
“AI”は死語!? 検索すると、歌手がずらり……
人工知能(AI)の歴史は古い。今は、「AI」という言葉こそ聞かれなくなったが、Appleの「iPhone」に搭載されている音声認識機能「Siri」や、IBMのスーパーコンピュータ「Watson」などの登場により、人工知能自体は再び注目を集めている。では、いったい何をもってして“人工知能”というのだろうか……。(2013/8/1)

「TSUBAME 2.5」はエクサ級スパコンへの重要ステップ、東工大が計画説明
東京工業大学は、今回のTSUBAMEのバージョンアップが2015〜16年に導入予定の「TSUBAME 3.0」やその後のエクサスケールシステムへの試金石になると説明する。(2013/7/29)

国産スパコン「TSUBAME」がパワーアップ 性能2.4倍に
東京工業大学学術国際情報センターが運用するスーパーコンピュータシステム「TSUBAME」が今秋までに増強され、理論演算性能値が従来比で約2.4倍に向上する。(2013/7/17)

東工大の「TSUBAME」がバージョンアップへ、性能を約2.4倍に向上
東京工業大学のスパコンシステム「TSUBAME」が今秋までに増強され、論演算性能値が単精度17ペタフロップスに向上する。(2013/7/16)

今後さらに役立つ5つの領域を紹介
スパコン「Watson」が教える医療ITの成功法則
米国のクイズ番組で優勝したスーパーコンピュータ「IBM Watson」は、医療分野のビッグデータ活用でもその高い処理能力を十二分に発揮している。その背景には、重要な技術の存在がある。(2013/7/1)

プロセッサ/マイコン:
スパコン性能1位は中国の「天河2号」、日本の「京」は4位
スーパーコンピュータ(スパコン)処理能力ランキング「TOP500」の2013年6月版が発表された。1位を獲得したのは中国の「天河2号」。旧機種「天河1号」は2010年11月版で1位になっているので、中国は2年半ぶりに首位を奪還したことになる。(2013/6/20)

製造ITニュース:
NEC、自社のグローバル生産管理システムを刷新――2016年3月期までに全社導入を目指す
NECは、グローバルSCM体制の強化を掲げており、その第1弾として、スーパーコンピュータなどを扱うITプラットフォーム事業、および家庭用蓄電池などの蓄電システム事業の生産管理システムを刷新。2013年5月から稼働を開始した。(2013/6/18)

スーパーコンピュータ「TOP500」、中国の「天河2号」がいきなりトップに 「京」は4位
恒例のスーパーコンピュータの性能ランキング「TOP500」の2013年6月版では、312万個ものコアを搭載する中国の「天河2号」が1位に躍り出、前回の1位〜3位が順次ランクを落とした。日本の「京」は4位だ。(2013/6/18)

著名人キャリアインタビュー:
自分の好奇心を満たすためだけに、ものをつくってはダメ。使ってもらえて初めて意味がある――スパコン「京」プロジェクトリーダー 渡辺貞氏
2011年6月、明るいニュースが飛び込んできた。理化学研究所などが開発してきたスーパーコンピュータ「京」が、LINPACKベンチマークで8.162ペタフロップスを記録。当時、世界最速のスパコンとして認められたのだ。「世界最速」の称号を日本のスパコンが得たのは、地球シミュレータ以来のこと。その後、2011年11月には10.51ペタフロップスを達成。2期連続で世界最速のスパコンとなった。実は「京」の開発プロジェクトをリードした渡辺貞氏は、地球シミュレータにも携わっていた人物。日本のスパコン開発を牽引してきた第一人者が若者に向けて送るメッセージとは――。(2013/6/11)

CAEベンダー MSCが50周年:
シミュレーションの今昔、未来を変えるスパコン「京」
「京を使って、風洞実験の代わり」ではなく、「風洞では不可能な検証」すなわち「風洞では到底再現できない、リアルな実機走行に極めて近いシミュレーションを実現する。2013年5月30日開催「MSC Software 2013 Users Conference」講演より。(2013/5/31)

富士通、名古屋大学情報基盤センターの新スパコンを受注
名古屋大学情報基盤センターから、新スーパーコンピュータシステム「教育研究用高性能コンピュータシステム」を受注した。(2013/5/15)

プロセッサ/マイコン:
IBMのスパコン、ガン治療費の削減に光明
陽子線をガン細胞に照射して死滅させる陽子線治療。ガンの最先端治療として期待されているが、費用が高額で、照射ポイントの決定に時間がかかるのがデメリットとなっている。IBMの基礎研究所は、スーパーコンピュータを利用することで、陽子線治療の費用を下げられると提案する。(2013/5/15)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。