ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「生物多様性」最新記事一覧

関連キーワード

絶滅危惧種のユキヒョウ、野生の子ども2頭発見 小さくてモフモフ
モンゴルの自然保護区で発見されました。(2017/9/8)

絶滅危惧種のネコ科動物「オセロット」を捉えた映像が公開 カメラに興味津々のあまりお顔がどアップに
カメラ目線がかわいいオセロットさんです。(2017/8/31)

希少な鳥パタゴニアカイツブリの求愛ダンスがヘドバン・タンゴでノリノリ 世界で初めて詳細に撮影される
見てるこっちがクラクラ。(2017/8/15)

スピン経済の歩き方:
クマ被害を減らすにはどうすればいいのか 「観光」しかない
熊に襲われる被害が最近増えている。2000年代に入って死傷者が増えているが、どのようにすれば被害を減らすことができるのか。その方法は……。(2017/8/8)

土用の丑の日は「う」の付く物を食べる日 ウナギ以外の食べ物でTwitterが盛り上がる
高いからね、ウナギ。(2017/7/25)

リモートで悪用可能なWi-Fiチップセットの脆弱性、Black Hatで詳細発表
問題のチップセットは、幅広いAndroid端末やiOS端末に搭載されている。AppleとGoogleはそれぞれ、7月に公開したセキュリティアップデートでこの脆弱性に対処した。(2017/7/24)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
カムリの目指すセダンの復権とトヨタの全力
「現行カムリの形」と言われてスタイルが思い出せるだろうか? 実はカムリだけの問題ではない。今やセダンそのものの存在価値が希薄化してしまっているのだ。(2017/7/24)

Eテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」特別編放送決定 「出動!タガメ捜査一課」が始動!?
カマキリ先生念願のタガメ捜査。(2017/6/25)

動く図鑑「MOVE」を体感する企画展が日本科学未来館で開催
「なったらわかる、いろんなこと。」(2017/6/25)

フロリダで川が爆発する怪現象? 意外な真相から、当局が捜査に乗り出すまさかの展開に
「セントジョンズ川で泳ぐことは安全ですか?」と投稿されました。(2017/6/24)

富山市ファミリーパーク ニホンライチョウのヒナ2羽のうち1羽の死を発表
もう1羽は大きく育って欲しいです。(2017/6/22)

富山の動物園でニホンライチョウのヒナが誕生 絶滅が危惧される国の天然記念物
元気に育ってほしいです。(2017/6/21)

米国で成功例:
絶滅した「オオカミ」復活を本気で目指す団体 なぜ?
野生鳥獣による農林業被害が深刻化する中、獣害の抑制や生態系の保護などのため、日本では絶滅したオオカミを復活させようと真剣に活動する団体がある。(2017/6/7)

獣害対策に「オオカミ」復活、本気で目指すが……「人を襲う」誤解も 「赤ずきん」のイメージ強く
野生鳥獣による農林業被害が深刻化する中、日本では絶滅したオオカミを復活させようと真剣に活動する団体がある。(2017/6/7)

キモい? かわいい? 奇妙な生物ばかり集めた本『進化くん』がすごい!
「地球にかくも多様な生命があふれているのは、進化くんのおかげなのだから」(同書より)(2017/5/28)

「山奥で雪見だいふく採取してた」 白くてふわふわな植物「ユキモチソウ」がかぶりつきたい雪見だいふくっぷり
ただし有毒。(2017/5/18)

1万RTで復活掲載 干潟系女子の漫画「ガタガール」、連載打ち切りからの大復活かけた保全運動がアツイ
頑張れ、超頑張れ。 (2017/4/8)

インドでややこしすぎる新種生物が発見 「Kani」族が見つけたカニ「Kani maranjandu」
色んな意味でカニ。(2017/4/6)

自然エネルギー:
人工島が1億人を救う、未来の風力発電
洋上風力発電を爆発的に拡大するプロジェクトが明らかになった。オランダ、デンマーク、ドイツの送電系統運用者が手を結び、北海の中央に人工島を建設。約1万基の風力発電タービンと接続し、周辺6カ国に電力を供給する。なぜ人工島が必要なのか、コスト高にはならないのか、プロジェクトの内容を紹介する。(2017/3/29)

今夜放送「けものフレンズ」最終回 『コミックアラカルト ジャパリパーク編』で耐えろ
連書籍で先陣を切って出版された1冊。(2017/3/28)

ITソリューション塾:
なぜ新入社員に「最新ITトレンド」を教えなくてはならないのか?
未来を担う新社会人たちに手ほどきすべき「IT教育」とはどうあるべきか? 「最新ITトレンド」を教える意義と、新入社員向け「最新ITトレンド」講義の具体的な進め方を紹介します。(2017/3/27)

基礎から学ぶ「グリーンビルディング認証」(1):
LEED認証とは何か、取得のメリットと概要を知る
建築物の環境性能を評価する認証制度には、さまざまな種類がある。その1つであり、国際的な認証制度として普及が進んでいるのがLEED認証だ。本連載では一般社団法人グリーン ビルディング ジャパンのメンバーが、こうしたLEEDをはじめとする「グリーンビルディング認証」の概要や、取得のための仕組みを解説する。第1回ではLEED認証の概要について紹介する。(2017/3/27)

西表島の「ゼブラアナゴ」など56種で絶滅のおそれ 環境省、海洋生物のレッドリスト発表
世界的にも珍しい「オガサワラサンゴ」は国内で絶滅と判断。(2017/3/23)

ユキヒョウがぴょんぴょんすると募金されるよ! 東山動植物園でブラザーによる「にゃん!クリックぼきん」開始
クリック数とユキヒョウの様子が特設ページで公開中です。(2017/3/19)

フランスの動物園でシロサイが殺される 密猟者が「サイの角」目当てに侵入し射殺
チェーンソーで角を奪い去ったとみられています。(2017/3/8)

オレンジ頭が超キュート! アメリカの動物園で絶滅危惧種「フランソワルトン」の赤ちゃんが誕生
2月6日生まれです。(2017/2/17)

ブラジルでサメにかまれた観光客、約36万円の罰金を請求される 野生生物に軽率に手を出してはだめという教訓
女性は軽症で済みました。(2017/2/9)

「童貞を殺すセーター」を着用した猫あらわる 童貞を殺す異種格闘技戦、ここに開幕
童貞&愛猫家のみなさん、お墓探しといてください。(2017/2/6)

あらかわいい! 多摩動物公園でゴールデンターキンの赤ちゃんを公開 1月生まれの男の子だよー!
ドイツから来たアムールトラも公開されます。(2017/1/31)

もふもふシロクマが自宅にやってくる……! 超リアルな実物大の「シロクマ親子」が発売
本当に眠っているかのよう。(2017/1/5)

南極の氷の下ってむっちゃカラフルだったんだ! オーストラリアの環境関連機関、南極海の豊かな生態系を撮影
メルヘンチックな印象すらある不思議な世界。(2017/1/3)

チーターが絶滅の危機 個体数は約7000頭と最盛期の9%に
行動範囲が広いゆえに保護が難しいとのこと。むう……。(2016/12/29)

絶滅危惧種のネコ科動物「オセロット」の巣が20年ぶりに発見される かわいい赤ちゃんの姿も
ヒョウ柄の子ネコみたいでかわいい。(2016/12/26)

キリンが絶滅危惧種に 「レッドリスト」最新版に掲載
国連自然保護連合が「レッドリスト」の最新版を発表。過去30年で個体数が4割も減ったというキリンを絶滅危惧2類に指定した。(2016/12/8)

キリンが絶滅危惧種に 30年間で40%の個体数が減少
近年発見された新種の鳥類も、11%に絶滅のおそれがあるとのこと。(2016/12/8)

横浜と名古屋のツシマヤマネコがお互いの園にお引越し 新しい家族の誕生を目指して
よろしくお願いしますニャ。(2016/12/1)

頭脳放談:
第197回 実世界の問題はサイバー空間で解決する?
CEATEC JAPAN 2016のテーマは「CPS/IoT」。IoTは、説明の必要はないだろうが、CPSって何? 実世界にある多様なデータをサイバー空間で大規模データ処理技術などを駆使して、分析/知識化して、産業の活性化や社会問題の解決を図っていくのだそうだ。(2016/10/26)

トリップアドバイザー、野生動物や絶滅危惧種と接触する観光ツアーのチケット販売を停止
動物の健康と安全の向上を目的としています。(2016/10/13)

ハギーのデジタル道しるべ:
「おらが町」の信用金庫がFinTechで成長するには?
メガバンクがこぞって参入するFinTechだが、地元密着で活動する信用金庫の関心は残念なほどに低い。技術活用を通じた地域貢献を期待したいが、どうすればその気になってくれるだろうか。(2016/9/30)

山形豪・自然写真撮影紀:
南部タンザニアサファリ ルアハ国立公園の魅力
8月20日から28日まで、東アフリカのタンザニア南部にあるルアハ国立公園とセルー動物保護区へのサファリツアーを行った。(2016/9/23)

ハギーのデジタル道しるべ:
FinTechブームに踊らされる残念な金融機関の実態
日本の金融業界では「FinTech」ブームが続いている。前回はそれに踊らされる金融機関の実態を紹介したが、今回もその残念な事例を取り上げてみたい。(2016/9/16)

米袋の結び口がネコ耳に! ツシマヤマネコ保護につながるお米のパッケージが心つかむデザイン
お米×ツシマヤマネコの組み合わせをここぞとばかりに活かした商品!(2016/9/6)

ジャイアントパンダが「絶滅危惧種」から「危急種」に 緊急度は1段階下がるもIUCNは今後の個体数減少を懸念
パンダが住む竹林地帯の減少が危ぐされており、森林保護なくしては再び減少に向かうとの予測。(2016/9/5)

密猟者に立ち向かう技術 カギは「動物ではなく人」の監視
密猟が原因で絶滅の危機にさらされる動物たち。生態系を守るために、アフリカのテクノロジー企業が立ちあがった。(2016/9/2)

ITソリューション塾:
ITの“カンブリア大爆発”
約5億5000万年前に生物の爆発的な多様化が始まったとされる「カンブリア大爆発」。実は、同じことがITの世界にも起きようとしているのかもしれない――そんなITの進化の行方を、ITの歴史をひもときながら考察します。(2016/8/24)

ボクたちの名前が決まったよ! 旭山動物園のアムールトラとユキヒョウの愛称が決定
ステキな名前をありがとー。(2016/8/17)

死体花「ショクダイオオコンニャク」の開花をニューヨークからライブ中継 数年に1度に咲く臭い花
大きく、腐った肉のような悪臭を放つことで知られています。(2016/7/29)

スピン経済の歩き方:
「マルちゃん ハイラーメン」が静岡だけで50年以上も売られているワケ
静岡県で発売されている「マルちゃん ハイラーメン」をご存じだろうか。発売は1962年。新商品はたくさん発売されているのに、なぜハイラーメンは静岡県だけで生き残ることができたのだろうか。(2016/7/26)

これがカンガルー!? おとぼけ顔がかわいい珍獣「セスジキノボリカンガルー」がシンガポール動物園に登場
ムキムキ感。(2016/7/18)

街中ロストガジェット:「消えた公衆電話」と「残ったもの」
つい20年ほど前までは「あって当たり前」だったものが、徐々に姿を消していく。“跡地”が記憶している風景。(2016/7/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。