ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「楽天ブックス」最新記事一覧

「PlayStation VR」ネット予約は“瞬殺”
「PlayStation VR」(PS VR)のオンライン予約受け付けが18日午前9時にスタートしたが、先着順のサイトではすぐに売り切れる“瞬殺”状態となった。(2016/6/18)

お寺の猫たちの日常が1冊に 猫写真エッセイ集「寺ねこDAYS ねこはなやまニャい」が発売
猫がたくさんいるお寺として有名な御誕生寺にて撮影。(2016/6/17)

「PlayStation VR」予約は18日から
PS VRの予約受付が6月18日にスタート。ソニーストアやAmazonなどのオンライン店舗や、一部量販店の店頭で受け付ける。(2016/6/16)

発売日の午前0時0分0秒にピンポン 楽天ブックスの“世界最速お届け企画”が早すぎる
より速くッ! より迅くッ! より疾くッ! そしてよりスピーディーに!(2016/5/13)

待ってたザンス! 「おそ松さん」初の公式ファンブック「われら松野家6兄弟」4月30日発売決定
各キャラクター設定や美術設定を網羅し、ここでしか読めない裏話も。(2016/3/10)

歴代Windowsロゴ入りピンバッジが付属した「DSP版Windows 10 Pro 限定特別パック」
対象店舗で「DSP版Windows 10 Pro」を購入したユーザーを対象に、歴代Windowsロゴ入りピンバッジを提供するキャンペーンが3月4日から始まる。計2000本の数量限定。(2016/3/3)

【Apple、Microsoft、Adobe】社会人も使える?学割サービスで最強の打線を組んでみた!
Apple、Adobe、Microsoft、Amazonなどの学割ってどれくらい安いか知っていますか? あまり知られていませんが、社会人が活用できる学割もありますよ。今回は学割サービスで打線を組んでみました。(2016/2/7)

買わない理由が見つからない 村井純・まつもとゆきひろ・川上量生らインターネットの巨匠たちが執筆する本 2万1600円が2700円に
!!!(2016/1/26)

豪華声優陣によるドラマCD付き:
DSP版Windows 10 Proに窓辺ファミリーのボイスドラマやテーマを付属した限定パック
対象店舗で「DSP版Windows 10 Pro」を購入すると、窓辺ファミリーによるボイスドラマ入りCDや、壁紙やシステムサウンド用ボイスがダウンロードできるシリアルコードがもらえる。(2015/12/22)

早川書房、電子書籍半額キャンペーン 「虐殺器官」「グイン・サーガ」など国内作家400点
早川書房が創立70周年を記念し、国内作家約400点の電子書籍の半額キャンペーンを始めた。12月3日までの期間限定。(2015/11/30)

ゴルゴ、ナニ金、ヘタリアで「社会」のお勉強! 11科目を“学習する”ためのマンガ100冊が公開
一般的なマンガ作品から選書しました。(2015/10/6)

楽天ブックス、注文当日に配送する「あす楽 当日便」スタート
「楽天ブックス」で、注文当日に配送する「あす楽 当日便」と、午後に注文しても翌日に配送する「あす楽 翌日便」がスタート。(2015/9/16)

「ほぼ日手帳2016」に岡崎京子『リバーズ・エッジ』モチーフの一冊が誕生
典として、岡崎さんの物語集『ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね』の一文を印刷したクリアカバーと、『ヘルタースケルター』のイラストが入った特製下敷きも付属する。(2015/8/22)

格安SIMをもっとおトクに:
格安SIMのおトクなキャンペーン情報を総チェック!(2015年8月編)
大手3キャリアよりもおトクな「格安SIM」。意外と見落としがちなのですが、格安SIMにも、キャンペーンやおトクな割引が多数あります。8月に実施中のキャンペーンを、早速チェックしてみましょう。(2015/8/8)

本丸に飾りたい 「圧切長谷部」「にっかり青江」など刀剣の美しさを堪能できる「日本の刀剣カレンダー2016」発売
このラインアップは審神者をよう狙ってバン! してる。(2015/8/5)

出版業界ニュースフラッシュ 2015年7月第4週
『日めくり まいにち、修造!』が発売から10カ月でミリオンとなったほか、2015年上半期の出版物推定販売金額が発表されています。(2015/7/27)

電子書店完全ガイド:
「楽天Kobo電子書籍ストア」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第5回目は「楽天Kobo電子書籍ストア」を紹介する。(2015/7/27)

インプレスR&D、楽天ブックスでPOD書籍の販売を開始
ビジネス書や解説書など、数百タイトルを用意。ユーザーの注文に応じて即日出荷する。(2015/7/21)

楽天の2015年上半期ランキング、書籍のランキングは?
2位にはあのカレンダーが。(2015/6/26)

MVNOに聞く:
1000万契約は「簡単な道のりではないが、ワクワク感もある」――平井副社長に聞く「楽天モバイル」
2014年に「楽天モバイル」の提供を開始した楽天とフュージョン・コミュニケーションズが、「1000万契約」を目標に掲げて話題を集めている。端末も幅広くそろえ、契約数も好調に伸びている同サービスの戦略を、楽天の平井康文副社長に聞いた。(2015/6/17)

楽天Kobo、『それでも町は廻っている』最新巻の書店購入者に特製イラストカード
イラストカードの裏面には、単行本未収録の短編を「楽天Kobo電子書籍ストア」から無料ダウンロードするためのURLとQRコードが記載されている。(2015/5/28)

楽天、有隣堂がオープン予定の複合型書店で電子書籍などのサービスを提供
4月24日に小田急百貨店新宿店本館10階にオープンする書店・カフェ・雑貨販売の複合型書店「STORY STORY」で。(2015/4/6)

エイプリールフール2015:
2015年エイプリルフールネタまとめ
ついに来ましたね、この日が。出版社や電子書店を中心に、各社が本気で考えたエイプリルフールネタを随時更新していきます。(2015/4/1)

楽天、出版社向け販売管理ツール「楽天ブックス ダッシュボード」リリース
これまで数日掛っていた商品ページへの書籍情報登録が数時間に短縮。販売実績の閲覧や販売データのダウンロードも可能(一部有償)。(2015/3/5)

楽天モバイル、月900円で2.1Gバイトの格安データSIM投入 「モバイルを4本目の事業の柱に」と平井副社長
「楽天モバイル」が「業界最安水準」のデータSIMや、富士通製の初心者向け端末「ARROWS M01」を投入。春の商戦期に向けユーザー獲得を加速する。(2015/2/24)

若年層向け「楽天ヤング」 年1780円で「楽天市場」一部店舗の送料無料クーポンなど提供
若年層向けの新会員サービス「楽天ヤング」が正式スタート。年会費1780円で「楽天市場」の商品の一部を送料無料にできるクーポンが12枚もらえるなどの特典が受けられる。(2014/12/22)

「楽天Koboライティングライフ」β版がリリース、「Kobo Aura H2O」の2000台先行追加販売も
日本での一般発売は2015年2月下旬。(2014/12/18)

楽天Kobo、全国書店で『進撃の巨人』15巻購入者を対象に特製イラストカードをプレゼント
各電子書店などでも、発売を記念したキャンペーンを実施している。(2014/12/3)

『美術手帖』の初音ミク特集が単行本に 12月3日発売
2013年6月号に掲載されたボーカロイド・初音ミクの特集記事を一部再編集し、ボックス入りの単行本として発売。特典としてイラストレーター・mebaeが描き下ろしたポスターとストラップが付属する。(2014/11/28)

楽天の「2014年 年間ランキング」、電子書籍ではあの作品が上位を席巻
楽天ブックスでは、「アナと雪の女王」のDVDが過去最高の販売本数で総合1位に。(2014/11/26)

楽天ブックス、ハズレなしのオンラインくじ「くりっクジストア」をオープン 第1弾は「Free!」限定等身大パネル&タオルセットなど
一番くじのネット版?(2014/8/22)

楽天市場に「Free!」グッズが当たるくじ引きサイトが登場、第2弾以降に「ごちうさ」も
1回800円(税別)ではずれなし。第2弾以降には、LOVE STAGE!!、ご注文はうさぎですか?、リプライハマトラも登場予定。(2014/8/20)

1年で立派なボカロPに――作曲や動画制作が学べる『ボカロPになりたい』9月創刊
ボカロ初の分冊百科が創刊。付属のDVDに内蔵されているソフトを使い、毎号課題をクリアすることで、オリジナル曲やPVが1曲完成するようになっている。(2014/8/14)

直筆サインも:
乃木坂46仕様の「Kobo Arc 7HD」がやってくる
楽天子会社のKoboが、オンライン書店「楽天ブックス」で直筆サイン入り「Kobo Arc 7HD“乃木坂46スペシャルバージョン”」計320台を、さらに「楽天Kobo電子書籍ストア」では『乃木坂46公演「16人のプリンシパル」trois 公式パンフレット(完全版)』を発売。(2014/7/25)

「Kobo Arc 7HD」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

“タッチの次”を見いだす技術:
スマホが普及、変わり目は“今”──Livescribeが仕掛ける「スマートペン」市場の勝算
書いたものがそのままデジタル化される「スマートペン」に注目が集まっている。スマホUIは今後どう進化するか、どんなスタイルが主流になりそうか。海外市場での投入から遅れること数年、満を持して日本市場にスマートペンで参入したLivescribeのジル・ブシャールCEOに勝算を聞いた。(2014/5/13)

「世界に通用する電子書籍のビジネスモデルを」――楽天Koboは2014年こう仕掛ける
楽天Koboが出版社・書店向けに開催したカンファレンスで、コンテンツの海外展開における具体的なイメージ、書店連携の次の一手など、今年度Koboが仕掛ける施策のイメージが共有された。(2014/4/21)

電子書店完全ガイド2013:
「紀伊國屋書店ウェブストア/Kinoppy」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年度版の第10回目は「紀伊國屋書店ウェブストア/Kinoppy」を紹介。(2014/3/31)

楽天Kobo、サービスを終了した「エルパカBOOKS」ユーザーに乗り換えサポートを提供
2月26日で電子書籍配信サービスを終了したローソンの「エルパカBOOKS」ユーザーに向けた乗り換えキャンペーンを楽天Koboが開始。2000円分のクーポンをプレゼントする。(2014/3/3)

Koboが考えるエントリーモデルとして最適な「Kobo Arc 7」
2月12日に発表された、Koboの新端末「Kobo Arc 7」。その発表会とタッチ&トライの様子をリポートする。(2014/2/12)

目標の日本語コンテンツ20万冊は達成 Kobo、1万円台のAndroidタブレット「Kobo Arc 7」発売
目標に掲げていた日本語コンテンツ20万冊を超えたKoboが、1万4800円の7インチAndroidタブレット「Kobo Arc 7」を発表した。(2014/2/12)

Kobo、1万円台で買える7インチタブレット「Kobo Arc 7」を発表
楽天子会社のKoboが1万円台で買える7インチタブレット「Kobo Arc 7」の国内出荷を開始した。(2014/2/12)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
「あの曲何だっけ?」が解消する便利アプリ「モヤうた検索JOYSOUND」
どこかで聴いたことがあるけど曲名が思い出せない。そんなモヤモヤした気持ちを解消できる便利ツールが、今回紹介する「モヤうた検索JOUSOUND」だ。鼻歌を聞かせて調べることもできるが……?(2014/2/5)

70%以上OFF――角川書店祭り、Kindle/Koboで展開
買わずにはいられない。(2014/1/22)

電子書店完全ガイド2013:
ハイブリッド総合書店「honto」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年度版の第6回目は「honto」を紹介する。(2014/1/10)

楽天Koboの新型電子書籍リーダー「Kobo Aura」を使ってみた
Koboが12月6日に発売した電子書籍リーダー「Kobo Aura」。スマートフォンやタブレットと同様のフラットパネルを採用し、従来の電子ペーパー端末とは異なる読書体験を提供する同端末の実力は?(2013/12/24)

あの書店のスタッフに直撃:
電子書店の中の人 9回目――Koboイーブックストアの中の人
いつもお世話になっている電子書店。電子書籍を購入しているこの端末の向こうにだってスタッフがいる。なかなか見えてこない「電子書店の中の人」にインタビューした。(2013/11/28)

Kobo、7インチタブレット「Kobo Arc 7HD」を国内販売へ
Koboが海外で販売しているAndroidタブレットを国内でも12月から販売へ。タブレットの投入でコンテンツサービスを拡大させる。(2013/11/26)

出版業界ニュースフラッシュ 2013年11月第4週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。11月第4週は、楽天での年間ランキング、「街の本屋が選んだ絵本大賞」などが発表されています。(2013/11/25)

「楽天ブックス」で電子書籍の販売スタート koboと連携
オンライン書店「楽天ブックス」内に、電子書籍ストア「楽天Kobo電子書籍ストア powered by 楽天ブックス」がオープンした。(2013/11/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。