ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CAPTCHA」最新記事一覧

Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart

関連キーワード

「私はロボットではありません」AIで突破 他のディープラーニングより“300倍”効率的なモデルが登場
少ない訓練データで「CAPTCHA」の文字画像を認識できる学習モデルが、科学雑誌「Science」に掲載された。(2017/10/27)

話題の「Coinhive」とは? 仮想通貨の新たな可能性か、迷惑なマルウェアか
「Coinhive」というサービスが注目を集めている。「仮想通貨の新たな可能性を示している」などと期待する声から、「ただのマルウェアだ」と批判する声もあり、賛否両論が渦巻いている。一体どんなサービスなのか。(2017/10/11)

Tech Basics/Keyword:
AMP(Accelerated Mobile Pages)
スマートフォンにおけるページ表示のイライラは過去のもの? 「AMP」と呼ばれるプロジェクトがスマートフォンのページ表示を高速化するという。AMPとはどのようなものなのかコンパクトに解説しよう。(2017/7/7)

Google、Android向けの「reCAPTCHA API」を発表
「reCAPTCHA Android API」では、Googleの最新技術を使って人間とボットを識別し、人間と認識されればクリックなしでユーザーを通過させる。(2017/6/12)

次は音声認識に注目
「Amazon Echo」に何を話しかける? AIが隣にある生活と仕事
人工知能(AI)アプリケーションは多数のビジネスプロセスに貴重な洞察とサポートをもたらす。だが、今日の使用例は氷山の一角にすぎない。(2017/5/16)

IoT機器を悪用した数百Gbpsクラスの攻撃も登場:
PR:DDoS攻撃新時代に求められる対策とは
インターネット普及期から存在するDDoS攻撃は、この1年ほどで大きな変化が見られるという。IoT機器を悪用し、数百Gbpsという大規模な攻撃が発生しているのだ。桁違いのDDoS攻撃からシステムを守るためには、これまでとは異なるアプローチでのセキュリティ対策が必要になる。DDoS攻撃“新時代”に対応したマクニカネットワークスのソリューションを紹介する。(2017/2/6)

真皮まで画像化:
米大学が“3D指紋認証スキャナ”を開発、パスワードは過去のものに?
米国カリフォルニア大学の研究チームが、指の表皮だけでなく真皮まで画像化する“3D(3次元)指紋認証スキャナ”を開発した。表皮だけを見る現在の指紋スキャナとは異なり、表皮の下の組織まで画像化するので、なりすましが難しくなるという。極めて安全な指紋認証システムを実現する鍵になりそうだ。(2015/7/7)

「WAFは面倒」は過去のもの:
PR:進化した国産WAF「SiteGuard」でWebにセーフティネットを
Apache Sturtsの脆弱性や「Shellshock」に代表されるように、2014年以降相次いで深刻な脆弱性が公になっている。次々明らかになる脆弱性からWebアプリケーションを守るためのセーフティネットとして、あらためて注目を集めているソリューションがWebアプリケーションファイアウォール(WAF)だ。その中でも、ブラックリスト方式を採用することで、長年安定した保護を提供してきた国産WAF、「SiteGuard」の特徴とは何だろうか。(2015/6/1)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(1):
Metasploit――大いなる力を手に入れる
あのダークナイトが再び這い上がり、帰ってきた! ペンテスターとしての豊富な経験を踏まえ、自らの、そして周りの人々を守るために知るべき「攻撃者のやり方」を解説していく。(2015/4/28)

WordPressのCaptchaプラグインに脆弱性、保護メカニズムが回避される恐れ
スパムコメント対策などに使われているCaptchaプラグインとGoogle Captcha(reCAPTCHA) by BestWebSoftに脆弱性が見つかった。(2015/3/3)

PR:IoT時代のセキュリティを――「2015 CES」で明かされたMcAfeeの新技術
ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「2015 CES」では、IoT時代に向けたIntel Securityブランドの最新セキュリティ技術「True Key」が披露された。現地からその詳細をリポートしよう。(2015/1/16)

変形文字の判読はもう不要、Googleが新型CAPTCHA開発
「私はロボットではありません」という文字の隣のチェックボックスをクリックしてチェックを入れるだけで済む。(2014/12/4)

CAPTCHAスクリプトに起因する脆弱性、数百万サイトに影響の恐れ
jQueryプラグインのCAPTCHAスクリプトにクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が見つかったとして、セキュリティ研究者が情報を公開した。(2014/11/21)

アップルのPer-App VPNに対応:
アプリ単位でリモートアクセス、デル・ソニックウォールがSSL-VPNに新機能
個人データのプライバシー保護しつつ、安全にBYODを実現する——デル・ソニックウォールのSSL-VPN製品に新たな機能を追加したOSがリリースされた。(2014/10/9)

今すぐ実践したいパスワードリスト攻撃への備え
オンラインサービスへの不正ログイン事件が後を絶たない。実態調査をもとにIPAがおすすめしている対策をまとめてみた。(2014/8/19)

Googleのストリートビューによる住所特定アルゴリズム、reCAPTCHAの99%を解読
Google Mapsの住所特定に使われているストリートビュー画像の数字読み取りアルゴリズムの精度が上がり、reCAPTCHAの歪んだ数字の99%以上を読み取れるようになった。(2014/4/17)

Webデザイナーにも参加してほしい!:
OWASPを関西にも、カジュアル勉強会「OWASP Kansai」が発足
Webサービスに携わるあらゆる人にセキュリティを啓発したい――セキュリティの研究活動を行うOWASPの支部が関西で発足した。(2014/3/5)

Snapchat、かわいいCAPTCHA代替機能を導入(すぐ破られる)
昨年末に46万人分の電話番号とユーザー名を流出したSnapchatが、セキュリティ強化のために新たな認証機能を追加したが、研究者がすぐにこれを破るコードを公開した。(2014/1/23)

セキュリティ業界、1440度(2):
PacSec 2013 レポート 2日目〜Chromeの守り方、マルウェアの見つけ方
第2回では、セキュリティカンファレンス「PacSec 2013」2日目に行われた2つのセッションレポートをお送りします。(2013/12/24)

Tech TIPS:
パスワードを忘れたWindows OSにログオン(サインイン)する
退社した人のPCや前の管理者が管理していた共有PCなど、パスワードが分からず、仕方なくWindows OSを再インストールする羽目になった、という人も少なからずいることだろう。実は、パスワードが分からなくなっても、ちょっとした操作でパスワードの再設定が可能だ。ただし悪用は厳禁だ。手順や画面をWindows 10をベースに改訂した。(2017/9/13)

Googleが改良型CAPTCHAを発表、正規ユーザーの識別が容易に
人間のユーザーには簡単に解けるCAPTCHAを配信する一方で、自動化されたソフトウェアには解読困難なCAPTCHAを配信して、アクセスを食い止める。(2013/10/28)

Tech TIPS:
ISPや会社のメールアドレスでMicrosoftアカウントを作成する
一般的にMicrosoftアカウントでは、Outlook.comなどのMicrosoftのメールサービスでメールアドレスを取得/作成し、それをアカウントとして利用することが多いだろう。しかし実際にはISPや会社のメールアドレスを使ってMicrosoftアカウントを作成することもできる。その方法は?(2013/7/26)

Webアプリへの攻撃を検出するとわざとゆっくりレスポンス:
「攻撃のコストを高くつくものに」、ジュニパーがセキュリティ新製品
ジュニパーネットワークスは4月16日、攻撃者情報データベース「Junos Spotlight Secure」を活用したセキュリティ製品を発表した。(2013/4/17)

Tech TIPS:
Windows 8にDVD再生機能を追加する
Windows 8には、DVDの再生機能が搭載されていない。Windows 8 Media Center Packを追加することで、MPEG2デコーダなどの機能が利用できるようになる。(2012/11/9)

UXClip(7):
プログラムを「どや!」と発表し合う、明治大学アブノーマルプログラミング
「人を驚かせ、笑わせ、楽しませる」というコンセプトに基づき、アブノーマルなプログラミングを発表し合うイベントABProをレポートする。(2012/10/30)

Tech TIPS:
Windows 8で必要となるMicrosoftアカウントを作成する
Microsoftアカウントは、OneDirveやOffice Web Appなどのサービスを利用するために必要となるアカウントである。Windows 8以降のOSでは、Microsoftアカウントをサインインに利用できるほか、Windowsストアからアプリケーションをダウンロードする際などに必須となっている。Microsoftアカウントは、Live.comで作成できる。(2014/9/12)

鈴木淳也の「お先に失礼! Windows 8」:
MicrosoftアカウントとWindows Storeの基本を理解する
Windows 8 Release To Manufactureがリリースされて、一般販売まで秒読み段階。ここで、Windows 8のアカウント管理とWindows Storeについてまとめておこう。(2012/8/9)

「reCAPTCHA」破りのツール登場、Googleは強化版で対抗
ハッカーグループが発表したツール「Stiltwalker」は、99%の確率でreCAPTCHAを破ることができるとしていた。(2012/6/1)

ゲームプレイでユーザー認証――CAPTCHA代替サービスが登場
「PlayThru」は、文字入力で人間かどうかを識別するテキストベースの「CAPTCHA」の代わりに、簡単な動画ゲームをクリアするとログインできるユーザー認証システムだ。(2012/5/23)

セキュリティ研究者、動画を使った「NuCaptcha」破りに成功
米スタンフォード大学の研究者が、動画を使ったスパム防止技術「NuCaptcha」を90%の確率で破れる攻撃方法を確立したと発表。(2012/2/22)

米研究者、自動化ツールで大手サイトのCAPTCHA破りに成功
研究チームは自動化されたキャプチャ解決ツールを使い、大手15サイトのCAPTCHAに対して通用するかどうかを調べた。(2011/11/2)

App Inventorでアプリ開発はどこまでできるのか(5):
コードを書かずにTwitterのAndroidアプリを作るには
プログラミング未経験でも手軽にAndroidアプリが作れるApp Inventor。本連載では、App Inventorでアプリを作り、使用しているコンポーネントに関して実際にJavaのAPIと比較して、できることを検証していきます(2011/9/28)

ちょっとずつ前向きで:
“離れて暮らす親”に使ってもらうSkype(とりあえずスタート編)
電話利用が規制されても通話できる“かもしれない”Skype。“知ってるー! それってタダ電でしょ!!”というユーザーも、まずは実際に試してみよっか。(2011/5/2)

Google DocsのOCR変換機能が日本語に対応
PDFファイルやスキャナで読み込んだ文書の画像ファイルをGoogle Docsにアップロードすると、編集可能なテキストファイルに変換できる機能が横書きの日本語に対応した。(2011/3/1)

Facebookがセキュリティ強化策 ソーシャル認証など導入
FacebookはHTTPS接続を拡大し、ユーザーの友人の写真を使ったソーシャル認証を導入する。(2011/1/28)

ソーシャルスパムに関するQ&A
SNSなどで流通するスパムにはどのような特徴や狙いがあるのだろうか。セキュリティ研究者が一問一答形式で解説する。(2010/12/27)

Mozilla Labs、ソーシャルボタンを1つにまとめるFirefox拡張機能「F1」をリリース
Twitter、Facebook、Gmailの共有ボタンの機能を1つにまとめた「F1」があれば、ボタンが設置されていないWebページでもその場で共有できる。(2010/11/12)

2010年のセキュリティ脅威のトレンド、ユーザー心理を悪用する手口に注意
シマンテックは、2009年に予測した2010年のセキュリティ脅威について振り返り、ユーザーの心理を悪用した脅威が広まっていると報告した。(2010/9/3)

動画使ってスパムボット対策、「NuCaptcha」登場
CAPTCHA文字をアニメーションで動かしてスパムボットを防止する「NuCaptcha」が登場した。(2010/7/1)

SNSを悪用するボットの販売サイトが見つかる
SNSやWebメールの不正アカウントを自動で作成できるとうたったボットが95〜250ドルで販売されていた。(2010/5/28)

オルタナブログ通信:
AmebaなうとTwitterの違い
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、日々、230名近くのブロガーがITにまつわる時事ネタなどを発信している。その中から今週は、「BitDefender」「Amebaなう」「Twitter」「iPhone」をテーマに紹介しよう。(2009/12/25)

ダウンロードに潜む脅威、ユーザー心理に付け入るサイバー犯罪
マルウェアで騒ぎを起こすという攻撃は過去のものになり、現在は情報窃盗と詐欺が主流になった。2009年はユーザーの心理に付け入り、こうした攻撃を仕掛けるケースが目立ったようだ。(2009/11/26)

脆弱性が悪用される前に
Webアプリの入力検証不備──4つの実例とその対策
Webアプリケーションの入力検証に不備があると、セキュリティ上の深刻な弱点になる恐れがある。しかもこうした不備は、問題が起こるまで気付かれないことが多いものだ。(2009/11/16)

CAPTCHAで惑わしマルウェアに感染、SNSの偽サイトで
ユーザーがCAPTCHAに気を取られているすきに、トロイの木馬を仕込まれてしまう。(2009/10/21)

Google、OCR技術のreCAPTCHA買収
reCAPTCHAは、OCR技術を活用した機械には判読できない変形文字の開発などを手掛ける。(2009/9/17)

会社に潜む情報セキュリティの落とし穴:
CAPTCHAの効果を考える――正しい理解と実装を心掛けよ
インターネットサービスのユーザー認証でおなじみの変形文字「CAPTCHA」。近年、CAPTCHA技術が突破される事件が相次いだが、すでに無意味な対策となってしまったのだろうか……。(2009/6/22)

遮断されると自動消滅:
GoogleのCAPTCHAを破る新ワームが現る
GoogleのCAPTCHAを破って、Gmailアカウントを自動登録してしまう新たなワームが出現した。(2009/4/27)

絵が回転:
Google、CAPTCHA破り対抗の新システム開発
機械で解くのは難しいが、人間には簡単に解けるという「回転CAPTCHAシステム」をGoogleが開発した。(2009/4/22)

Gmailで約2時間半の障害が発生
Gmailが24日、2時間半にわたりアクセス不能となった。(2009/2/25)

攻撃側は順応:
CAPTCHA破り対策も効果なし、Hotmailで繰り返される攻撃
Microsoftが悪用を防ごうとCAPTCHAに手を加えるたびに、スパマーはそれに対応してしまう。(2009/2/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。