ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ウイルス対策ソフト」最新記事一覧

ウイルスバスターに複数の脆弱性、トレンドマイクロが対応説明
個人向けや法人向け製品に複数の脆弱性が存在し、第三者に端末内のファイルを取得されたり、任意のコードを実行されたりする恐れがある。(2016/5/25)

日立ソリューションズ CylancePROTECT:
製造業で実績のあるAI技術を活用したマルウェア対策製品
日立ソリューションズは米Cylanceとエンドポイント向け次世代マルウェア対策製品「CylancePROTECT」の販売代理店契約を締結。2016年4月19日から販売を開始すると発表した。(2016/4/20)

制御システムセキュリティ:
未知の脅威を人工知能でつぶす、工場でも使えるマルウェア対策
日立ソリューションズは2016年4月18日、米国Cylance社とエンドポイント向け次世代マルウェア対策製品「CylancePROTECT」の販売代理店契約を締結したと発表した。日立ソリューションを通じ、同製品の日本国内販売を同年4月19日から開始する。(2016/4/18)

デル、「Inspiron」「XPS」個人向けモデルにマカフィー製セキュリティソフトを無料バンドル
デルは、個人向けPC「Inspiron」「XPS」シリーズにマカフィー製セキュリティソフトを無料バンドルして出荷すると発表した。(2016/3/1)

ウイルス対策ソフトメーカーが発表:
空港で不正Wi-Fiの提供実験 2000人以上が接続、63.5%が端末や身元を特定される
ウイルス対策ソフトメーカーのAvast Softwareがバルセロナの空港で行った実験で、MWCの参加者多数が同社が提供した実験用無料Wi-Fiに接続。63.5%の確率で端末やユーザーの身元を特定でき、アクセスしたサイトやインストールしているアプリも特定できたという。(2016/2/24)

半径300メートルのIT:
2015年にやり残していたこと――それは「アップグレード」
新年も本格始動していますが、昨年にやり残したことは早めに片付けおきたいところ。私の場合、それはセキュリティソフトでした。その理由をご紹介します。(2016/1/19)

カスペルスキー、法人向けのMac用セキュリティソフト「Kaspersky Endpoint Security for Mac」最新版を発表
カスペルスキーは、法人向けとなるMac用セキュリティソフト「Kaspersky Endpoint Security 10 for Mac」の提供を開始する。(2015/12/9)

「vvvウイルス」で騒動? 基本的なセキュリティ対策の徹底を
ファイルの拡張子を「.vvv」に変えてしまうという事象に関する噂がネット上をにぎわせている。真偽は不明だが、ウイルス対策ソフトを最新にしたり、脆弱性を解消したりするなどの基本的な対策の徹底がまずは重要だ。(2015/12/7)

Appleは“最も危険なソフト会社”?――海外セキュリティベンダーが警告
Appleは最も危険なソフトウェアベンダーだ――そんな衝撃的なレポートを海外セキュリティソフト企業が発表した。(2015/11/2)

Xperia Tablet/J1 Compactを1万円値引き――ソニーストア限定の「あんしんEdition」
ソニーストアで、Xperia Tablet/J1 Compact購入時に「ウイルスバスター モバイル」「あんしん保証」へ加入すると1万円を値引きする「あんしんEdition」が販売開始となった。(2015/10/30)

FOCUS 2015 Security Conference Report:
「ウイルス対策ソフト死亡」発言 本人に理由を聞いてみた
セキュリティの基本といえる対策の実態に触れたIT業界を驚かせ、今もしばし話題になるこの発言の意図は何だったのだろうか。(2015/10/29)

カスペルスキー、最新OSのサポートもうたったマルチOS対応セキュリティソフト「カスペルスキー2016 マルチプラットフォームセキュリティ」
カスペルスキーは、個人向け統合セキュリティソフト最新版「カスペルスキー2016 マルチプラットフォームセキュリティ」の販売を開始する。(2015/10/14)

1日約12円でユーザー保護、セキュリティソフトの仕事とは?
カスペルスキーが個人向けセキュリティソフトの最新版を発表。Webブラウザのセキュリティを強化する新機能を搭載した。(2015/10/13)

ジャングル、「G DATA インターネットセキュリティ」に“3年3台版”パッケージを追加
ジャングルは、G DATA Software製セキュリティソフト「G DATA インターネットセキュリティ 2016」の販売ラインアップに“3年3台版”パッケージを追加した。(2015/10/9)

G-Tune、ウイルス対策ソフト付きゲーミングPCを台数限定で販売
マウスコンピューターは、G-Tuneブランド製ゲーミングPC「NEXTGEAR」「NEXTGEAR-MICRO」にウイルス対策ソフト付きモデルを追加。100台限定での販売となる。(2015/10/8)

マカフィー、個人向けセキュリティソフトの新版 新認証技術を搭載
デバイスの種類を問わずインストール台数も無制限の利用形態を広げる。(2015/9/29)

日本型セキュリティの現実と理想:
第7回 15年以上の激闘! 満身創痍になったアンチウイルス
前回は全くの無防備の状態からセキュリティ対策の発端になったアンチウイルスが普及するまでの経緯を取り上げた。今回は現在のセキュリティ対策に至るまでのウイルスのその後を続けよう。(2015/9/24)

日本型セキュリティの現実と理想:
第6回 アンチウイルスで事足りた悠長な頃のセキュリティ事情
現在の日本の情報セキュリティ環境はどのような歴史を経てきたのだろうか。まずは対策の基本にもなったアンチウイルスソフトの導入過程から紐解いてみたい。(2015/9/10)

IIJ、手軽にセキュリティ対策を強化できる「モバイルオプション」提供開始
IIJは、個人向けモバイルデータ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」でウイルス対策ソフトやWebフィルタリングなどを手軽に利用できる月額サービス「モバイルオプション」を提供開始した。(2015/9/8)

トレンドマイクロ、Windows 10対応の統合セキュリティソフト「ウイルスバスター クラウド 10」パッケージ版を発売
トレンドマイクロは、同社製統合セキュリティソフト「ウイルスバスター」シリーズの最新版「ウイルスバスター クラウド 10」パッケージ版を発売する。(2015/9/3)

gooスマホ部:
セキュリティソフトって必要ですか?
「ドコモあんしんスキャン」に機能追加するか、他の有料セキュリティソフトを入れた方がいいのか迷っています。(2015/8/7)

「サンドボックス」にまつわる疑問を解く【第1回】
「標的型攻撃」がセキュリティの常識を変えた――“アンチウイルス死亡論”の真実
「アンチウイルスソフトは死んだ」「2014年はセキュリティ対策の“敗北の年”」――。こうした発言の真意を読み解くと、従来のセキュリティ対策の課題と新たに求められる対策の姿が見えてくる。(2015/7/29)

クラウドストレージのスキャンも可能に:
トレンドマイクロ、Windows 10に対応した「ウイルスバスター クラウド 10」を発表
トレンドマイクロは2015年7月27日、同社が販売するセキュリティソフトの最新版、「ウイルスバスター クラウド 10」を発表した。最新版は7月29日から販売され、マイクロソフトより同日提供予定のWindows 10に対応する他、Macやスマートフォンを含む複数デバイスで利用できる。また、マイクロソフトのクラウドストレージ「OneDrive」上に保存されているデータをスキャンする機能が追加された。(2015/7/27)

ウイルスバスター最新版、Windows 10に合わせて発売
トレンドマイクロが「ウイルスバスター 10」を発表。Windows 10に対応し、クラウドストレージサービス「OneDrive」でのウイルススキャン機能を新たに搭載する。(2015/7/27)

サポートを拡充:
Windows 10に最適なセキュリティを――「ウイルスバスター クラウド」最新版を7月29日発売
トレンドマイクロの総合セキュリティソフト「ウイルスバスター クラウド 10」は、Windows 10に対応したほか、「OneDrive」上のデータをスキャンしてウイルスを検知する「クラウドストレージスキャン」などを新搭載した。(2015/7/27)

半径300メートルのIT:
法人PCはいまだにウイルス対策しかやっていない
標的型攻撃の被害がメディアをにぎわすようになって、ようやく「ウイルス対策ソフト」では攻撃が防げないことが理解され始めました。エンドポイントセキュリティを後回しにしていた情シスの怠慢かもしれません。(2015/6/30)

アイ・オー、「Compute Stick」に「McAfee AntiVirus Plus」1年ライセンスを追加して出荷
アイ・オー・データ機器は、同社取り扱いのスティックPC「Compute Stick」にオリジナル特典を付属すると発表した。(2015/6/8)

KDDIバリューイネイブラー、UQ mobile向けウイルスバスターなどを提供開始
KDDIバリューイネイブラーが、UQ mobile向けの「ウイルスバスター モバイル for UQ mobile」、訪問型サポートサービス「ご自宅訪問サポート」、アプリ使い放題サービス「アプリ超ホーダイ」を提供。(2015/5/28)

中小企業に無償のセキュリティソフト、Avastが日本語版をリリース
高機能の有償版も提供するほか、個人向けにモバイルアプリも展開する。(2015/5/26)

エムオーテックス、利用デバイス制限セキュリティソフト「LanScope Cat」専用のUSBメモリ
エムオーテックスは、同社製セキュリティソフト「LanScope Cat」専用となるUSB 3.0対応USBメモリ「ED-S4/MOT」シリーズを発表した。(2015/5/14)

カスペルスキー、Mac用「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Mac」をアップデート
カスペルスキーは、個人向けMac用セキュリティソフト「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Mac」の最新版を発表。ネット決済保護機能などの新機能を追加した。(2015/4/23)

ESETとキヤノンITSがセキュリティ製品群を刷新 国内シェア3位狙う
国内ユーザー企業に直接要望を聞いて開発したという管理ツールやエンドポイント向けセキュリティソフトの新バージョンを展開する。(2015/4/16)

クラウド版の管理コンソールも用意:
「日本のIT管理者に直接ヒアリングした」ESETが法人向け新製品を2015年秋にリリース
キヤノンITソリューションズは2015年4月16日、ESETの法人向けセキュリティ対策ソフト「ESET Endpoint Protection」のバージョン6を2015年秋から提供することを発表した。この新バージョンには、ESETが重要と考えるポイントに加え、日本の現場からの声も多数取り入れたという。(2015/4/16)

ESEC2015 開催直前情報:
トレンドマイクロが重要度を増す組み込みセキュリティをトータルサポート
組み込み機器にとっても無視できない課題となっているセキュリティ対策。トレンドマイクロはESEC2015において、組み込み機器のセキュリティリスクと具体的なソリューションについて、ロックダウン型ウイルス対策ソフト「Trend Micro Safe Lock」を中心に紹介する。(2015/4/13)

ソースネクスト、セキュリティソフト「ZERO」シリーズのWindows 10対応保証版を発表
ソースネクストは、同社製セキュリティソフト「ウイルスセキュリティ ZERO」「スーパーセキュリティ ZERO」の新パッケージ版を発表。Windows 10への対応保証がうたわれている。(2015/4/10)

トレンドマイクロ、サポート付きでSIMフリー端末ユーザー向けの「ウイルスバスター モバイル」提供へ
トレンドマイクロは、設定方法などの問い合わせに答えるサポート付きのSIMフリー端末ユーザー向け「ウイルスバスター モバイル」を提供開始する。(2015/4/6)

トレンドマイクロ、「マイナンバー」保護機能を提供
企業向けウイルスバスターのオプションとなる「マイナンバーテンプレート」を提供する。(2015/3/10)

パターンファイル不要で業務に影響なし 二木ゴルフ、POS端末にロックダウン型ウイルス対策ソフト採用
二木ゴルフは、店舗POS端末のウイルス対策にトレンドマイクロの「Trend Micro Safe Lock 2.0 スタンダード」を採用した。(2015/2/27)

R25スマホ情報局:
OSサポート打ち切り…なぜ続けられない?
Googleが発表したAndroid4.3以下のセキュリティパッチ提供の打ち切り。いったいどんな影響があるのか、セキュリティソフト「ノートン」シリーズでおなじみのシマンテックに教えてもらった。(2015/2/24)

ノートン先生何やってるんですか ノートン更新でIEが起動不可能になる現象
ノートンのライブアップデートを行うことで解消されるようです。(2015/2/22)

「このパソコンは安全ニャ」――猫がセキュリティ状況知らせる「猫セキュリティ」
「このパソコンは安全ニャ」――猫の画像がセキュリティ状況を知らせる無料セキュリティソフト「猫セキュリティ」が登場した。(2015/2/19)

守るにゃ! パソコン守るにゃ!――猫だらけのセキュリティソフト「猫セキュリティ」公開
ね、猫に釣られニャァァアアかわいいッ!!!!!(2015/2/19)

無料アプリへの連絡先提供が世界平均を上回る――シマンテック「ノートン モバイルアプリ調査」発表
シマンテックの「ノートンモバイルアプリ調査」によれば、大半のユーザーがモバイルアプリのセキュリティやプライバシーリスクを懸念する一方、無料アプリのダウンロードと引き換えに個人情報を提供していることが判明。(2015/1/14)

妥当性確認技術による脅威検出
この10年で分かったセキュリティソフトの限界、ブラックリスト頼みはもうダメ?
多くのセキュリティツールで使用されているブラックリスト方式には重大な弱点があることがこの10年間で明らかになっている。企業環境全体のセキュリティを強化する方法を紹介する。(2015/1/9)

トレンドマイクロ、定義ファイル不要のウイルス対策を機能強化
ロックダウン型のウイルス対策ソフトの最新版「Trend Micro Safe Lock 2.0」では「書き込み制御機能」などを新たに搭載した。(2015/1/7)

FAニュース:
制御システム防御に最適なロックダウン型ウイルス対策ソフトの運用性が向上
トレンドマイクロは、ロックダウン型ウイルス対策ソフトの新バージョン「Trend Micro Safe Lock 2.0」を発売する。(2015/1/7)

Web利用者を襲う条件は? 攻撃ツール解析で明らかに
ネット利用者をマルウェアに感染させるための攻撃ツールを分析した結果、脆弱性やセキュリティソフトの有無が攻撃実行の決め手になるという。(2014/11/29)

Maker's Voice:
ボットの不正通信を遮断する機能、セキュリティソフトに新たな流れ
マルウェアによるネットバンキング詐欺や情報漏えいなどの被害が増えていることから、セキュリティソフト側で不正な通信を遮断する機能をESETが搭載した。同社のウイルスラボ責任者は、「従来の検知や駆除に加え、被害抑止も必要」と話す。(2014/11/28)

新たにボットネット対策とJava脆弱性対策を追加:
誤検知率ゼロを目指し、「ESETセキュリティ」新版を発表
「NOD32」で知られた「ESETセキュリティソフトウェアシリーズ」の最新バージョンが発表。新たにJavaに対する攻撃を防御する機能などを拡充した。(2014/11/26)

キヤノンITS、セキュリティソフト「ESET」最新版公開 ボット対策を搭載
「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」のWindows向け最新版を12月に発売する。(2014/11/26)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。