ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「顔認証」最新記事一覧

関連キーワード

ここがヘンだよ、セキュリティの常識:
生体認証がパスワードにまつわる全ての課題を解決してくれる……ホントに?
生体認証の情報はパスワードよりはるかに模倣されにくくて認証は強固になるし、いちいち覚える必要もないので便利! って思ってます? 認証技術の進化とともにサイバー攻撃も巧妙化する中、その安全性はどれほどなのでしょうか?(2018/4/20)

生体認証システムのこれから
iPhoneが火を付けた生体認証 パスワードゼロの時代はいつ来るのか
生体認証システムのモバイルデバイスへの導入は勢いを増しているが、企業内での使用が主流となるのは、いつだろうか。(2018/4/20)

組み込み開発ニュース:
迷宮入り殺人事件も解決したNECの6つの生体認証技術で新たな価値を編め
NECは同社の生体認証ブランド「Bio-IDiom(バイオイディオム)」に関する記者説明会を開催。生体認証事業関連の組織を増強し、いよいよグローバルでBio-IDiomを本格展開していく。同社が強みとする6つの生体認証技術やグローバルでの事例についても紹介した。(2018/4/19)

東芝が主力の15.6型ノートを刷新――2018年PC夏モデル
東芝は2018年PC夏モデルとして店頭向けに「dynabook T」シリーズ3機種を投入する。(2018/4/18)

Webはパスワードに依存しない、より安全で便利なものへ:
パスワードに依存しない認証「WebAuthn」をChrome、Firefox、Edgeが実装開始 W3Cが標準化
Google、Mozilla、Microsoftが「WebAuthn」の実装を開始。これによって「FIDO2」の普及が期待され、Webブラウザから指紋認証や顔認証などで簡単にWebサイトへのログインや支払いの承認といった操作が実現されそうだ。(2018/4/18)

3DカメラやAIソフトウェアが進化の鍵
Face IDさえも過去にする「次世代顔認証」の世界 歩行者の顔も認識可能に
3次元(3D)カメラや人工知能(AI)技術が、顔認識や顔認証の可能性を大きく広げつつある。具体的な動きを追う。(2018/4/17)

演算性能は2〜12.5TOPS:
CEVA、エッジ向け深層学習推論プロセッサIPを発表
CEVAは、最高12.5TOPS(Trillion Operations Per Second)の演算性能を実現したAI(人工知能)プロセッサIP(Intellectual Property)である「NeuPro」ファミリー4製品を発表した。エッジでの深層学習推論用途に特化した製品である。(2018/4/16)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
画像解析でレガシーな小売業を“データドリブン”に――看板屋「クレスト」2代目社長の挑戦
小売業のリアル店舗に設置し、店舗前の交通量やディスプレイへの関心度を計測する「ESASY」。強い問題意識があっても、アナログな業界にデジタルの考え方を持ち込むのは難しい。IT業界の経験がないという永井氏が、なぜこのサービスを生み出せたのか。(2018/4/11)

複雑さにめげない
直前に迫るWindows 10移行、検討すべき4つの要素は
企業PCのWindows 10への移行に当たり、IT部門が検討する要素はたくさんある。本項ではその中でも4つの要素に絞って説明する。(2018/4/8)

「Bixby」のライブ翻訳機能に期待
「Galaxy S9」の注目点は? デュアルカメラ以外にも見逃せないビジネス向け機能
「Galaxy S9」の機能は「Galaxy S8」とほとんど変わらないが、背面のデュアルカメラなどわくわくする機能を搭載している。Galaxyは引き続きユーザーの選択肢の1つになるだろう。(2018/4/7)

NEC、最長16.8時間動作するSIMロックフリーLTEを搭載可能な新モバイルPC
NECのビジネス向けPC「VersaPro」シリーズに、第8世代Coreプロセッサ搭載モバイルPCの新モデルを追加、4月から順次出荷する。(2018/4/5)

問い合わせコストの削減も狙える?
「業務にはMacを使うべき」4つの理由、Apple愛好家がIT担当者をうならせる
Apple製品を愛するユーザーが多いというのは避けられない事実だ。職場でMacをサポートするIT担当者は、複数の要素を念頭に置く必要がある。(2018/4/5)

記者は“イマイチ”73点:
AIで“イケメン度”採点 「SNOW」のセンスタイムが開発 婚活アプリに応用も?
「第2回 AI・人工知能 EXPO」(4月4〜6日、東京ビッグサイト)が開幕。センスタイムジャパン(京都市)は、カメラに顔を写すと、AIが年齢と“顔の魅力”を採点し、鏡に映し出す技術を出展した。勞社長は「婚活アプリに応用できれば面白い」と話す。(2018/4/4)

おぉぉ想像以上にかっこいい ヒュンダイがEVスポーツカー「Essentia Concept」を初公開
ガラス張りで開放感がすごそうです。(画像18枚)(2018/4/4)

「HUAWEI P20 Pro」のカメラは何が変わったのか? 実機をいち早く使ってみた
Huaweiが新しいフラグシップスマートフォン「P20」と「P20 Pro」を発表。画像センサーを大型化し、低光量での撮影画質が向上。さらに、HUAWEI P20 Proは初めてトリプルレンズを搭載するなど、大幅な性能強化が図られている。(2018/3/30)

PR:Windows 10移行に潜む“落とし穴” 失敗しない極意はWindows as a Serviceを理解する「秘策」にアリ!
Windows 7のサポート終了を控え、多くの企業でWindows 10への移行が本格化しつつある。その一番の注目点は品質更新や機能追加を継続的に行う「Windows as a Service」。だがこの新たな仕組みへの配慮を怠ると業務に影響を与える可能性もある。何に注意を払い、どう対応すればよいのか。(2018/3/30)

PR:Windows 10に移行したらセキュリティ対策もできちゃった!?――知られざる「安全Windows」の仕組み
さまざまなセキュリティインシデントが日々発生する中で、企業での新たなセキュリティ対策が叫ばれている。「脆弱性の少なさ」、「新たなセキュリティシステムの追加」、「定期更新による防御手法のアップデート」など、Windows 10ではセキュリティ機能が大幅に進化している。Windows 10への移行を“攻めのセキュリティ対策”として考えてみよう。(2018/3/30)

サイバー攻撃から東京五輪を守れ 警備・情報システム部門一元化 最新顔認証の導入推進
東京五輪の会場警備で、大会組織委員会がサイバー攻撃に備え、五輪史上で初めて警備・情報システム両部門を一体化するほか、出入場管理の顔認証システムなど最先端技術の活用も盛り込んだ警備ガイドラインの概略をまとめた。(2018/3/29)

X不調……折りたたみ式「iPhone“V”」?……2020年発売か
「iPhoneX」の思わぬ不調ぶりを受けてか、Appleが2020年、開けばタブレット端末にもなる折りたたみ式のiPhoneの発売を計画していることが明らかになった。(2018/3/28)

フーターズガールが接客する「フーターズ」をそのままワークスペースとして利用できるサービスが開始 銀座店で
仕事が捗るな(たぶん)。(2018/3/25)

PR:つるの恩返しの織物をはだかの王様がネットオークションで購入 NTT東日本が名作同士をつなげてみた結果がシュール
浦島「ああ〜玉手箱開けてえ〜」パンドラ「私も開けてはいけない箱を開けた経験があります」(2018/3/23)

組み込み開発ニュース:
「世界初」のレベル3情報による指紋認証、高解像センサーで指先の汗孔が見える
東京大学大学院情報学環セキュア情報化社会研究寄付講座グループとディー・ディー・エスは、従来よりも高精度な指紋認証が可能なセンサーと解析アルゴリズムを開発した。指先の汗孔など指紋のレベル3情報を用いることで、小型のセンサーを使いながらより高精度な指紋認証が可能になるという。(2018/3/22)

「Mobile World Congress 2018」まとめ
「Galaxy S9」「ZenFone 5」から8000円スマホ「Tempo Go」まで――MWC 2018の注目製品
モバイル関連の年次イベント「Mobile World Congress 2018」では、さまざまな新製品が発表された。その中から注目すべき製品をピックアップして紹介する。(2018/3/17)

「Galaxy S9」先行レビュー 新しいカメラやセキュリティ機能の実力は?
Mobile World Congress 2018で発表された「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」。恐らく日本でも発売されるに違いないGalaxy S9/S9+を、バロセロナ滞在中にいち早く試用する機会を得た。進化したカメラや、新たなセキュリティ機能を中心にじっくりと試した。(2018/3/16)

PR:オフィスの景観を変える上質なオールインワンPC「HP EliteOne 1000 G1 All-in-One」
日本HPの「HP EliteOne 1000 G1 All-in-One」は、新時代のワークプレースにフィットする美しいデザインの液晶一体型PCだ。(2018/3/16)

TechFactory通信 編集後記:
最新防犯カメラから「IoTの仕組み」に思いをはせる
最新の防犯カメラは「マスクと付けた人」の個人認証も可能にします。その仕組み、設計思想は「IoTの仕組み」に通じるものがあります。(2018/3/10)

iOS 11搭載の全てのデバイスに危険性?
iPhoneのロックは他人が解除可能? 生体認証では守り切れない理由
Appleのデバイスが持つ認証機能は優れたセキュリティ機能のはずだが、デバイスに関係なくロック解除ができてしまうという報告が入った。デバイスの制御で守り切れない理由は“コードの流出”にあるという。(2018/3/10)

顔・スタンプ認証で簡単決済:
ブロックチェーンで地域通貨「UC台場コイン」 UCカードなど実験
ユーシーカードは3月6日、ブロックチェーン(分散台帳)を活用した地域通貨「UC台場コイン(仮称)」の実証実験を4月に始めると発表した。スマートフォン上で決済・送金・チャージができるプリペイド型の地域通貨を目指す。(2018/3/9)

Windowsもネイティブサポートへ:
Intel、“組み込みAIチップ”のPC搭載を狙う
Intelは、CPUの他に、Movidiusが手掛けてきたVPU(Vision Processing Unit)のような推論チップを、PCに搭載することを目指しているようだ。(2018/3/9)

PR:お手頃価格で多機能&顔認証も追加 「HUAWEI nova lite 2」のコスパを徹底検証
ファーウェイから、2万円台半ばのお手頃価格のSIMロックフリースマートフォン「HUAWEI nova lite 2」が登場。約5.65型18:9超ワイドディスプレイやダブルレンズカメラの他、アップデートによって顔認証にも対応した。その使い勝手を見ていこう。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/3/9)

楽天モバイル、「ZenFone Max Plus(M1)」「HTC U11 life」の取り扱いを開始
楽天モバイルが、「ZenFone Max Plus(M1)」と「HTC U11 life」の取り扱いを開始した。前者は一括2万9800円(税別)で3月8日に発売。後者は一括3万9800円(税別)で3月19日から発売する。(2018/3/8)

Huaweiの「Mate 10 lite」と「nova lite 2」で顔認証が利用可能に
ファーウェイ・ジャパンが、SIMフリースマホ「Mate 10 lite」と「nova lite 2」に顔認証機能を追加。3月9日のソフトウェアアップデートで利用可能になる。Mate 10 liteではカメラの新機能として「ARレンズ」も追加する。(2018/3/8)

顔認証・電子スタンプでキャッシュレス決済できる地域通貨「UC台場コイン」――お台場で実証実験がスタート
ユーシーカード(UCカード)、SBIホールディングス(SBIH)、Orbの3社が、東京・お台場で、顔認証かスタンプ認証でキャッシュレス決済ができる地域通貨「UC台場コイン(仮称)」の実証実験を開始。決済基盤には、ブロックチェーン(分散型台帳技術)が活用されている。(2018/3/7)

ジュネーブモーターショー2018:
VWのEVセダンは「モデルS」に対抗、自動運転中は「HoloLens」で拡張現実
Volkswagen(VW)は、「ジュネーブモーターショー 2018」において、電気自動車(EV)のコンセプトセダン「I.D. VISION」を世界初公開した。(2018/3/7)

PR:プライベートも仕事もはかどる 新生活はファーウェイのスマートフォンで決まり!
就職や入学を控えたこの春に、新しいスマートフォンを買って新生活を迎えよう。そこでオススメなのが、高画質カメラや大容量バッテリーが魅力のファーウェイ製スマホだ。今回は最新ラインアップから4モデルを紹介したい。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/3/6)

ただのマイナーチェンジではない Galaxy S9/S9+はシリーズの集大成モデルだ
Samsungの新モデル「Galaxy S9/S9+」は、「Galaxy S8/S8+」のマイナーチェンジモデルのように見える。しかし中身を見ると、シリーズの集大成といえるほど完成度が高い。S9/S9+はS8/S8+から何が進化したのか?(2018/3/5)

Mobile World Congress 2018:
「Galaxy S9/S9+」は何が変わった? 写真で徹底解説
Samsungの新機種「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」が発表された。アスペクト比18.5:9の「Infinite Display」を搭載。2機種は何が新しいのか? 写真で見ていこう。(2018/3/1)

Mobile World Congress 2018:
もっと“縦長”な「View 2」シリーズ見参――Wiko(ウイコウ)新製品発表会
フランス発祥の「Wiko(ウイコウ)」が、ワイドスクリーンスマートフォンの新モデルを発表した。ディスプレイはアスペクト比「9:19」で、従来よりもさらに“縦長”になった。合わせて、手頃な価格のワイドスクリーンスマートフォンも発表した。(2018/2/28)

Mobile World Congress 2018:
ASUS、“切り欠き”狭額縁でAI搭載の「ZenFone 5Z」他3モデル発表
ASUSが新フラッグシップ端末「ZenFone 5」の3モデルとバッテリーの持ちが特徴の「ZenFone Max M1」を発表した。ZenFone 5とZenFone 5Zは、5.5型相当のボディに6.2型で「iPhone X」のような“切り欠き”のあるディスプレイを搭載。5Zは479ユーロ(約6万円)から。(2018/2/28)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(1):
クラウド、モバイル、AIで考える次世代企業ネットワーク
ICTの世界は「CMA」、つまりクラウド、モバイル、AIの3要素を中心に急激に進化している。私たちネットワークエンジニアは単にネットワークのことだけを分かり、狭い領域の仕事をしていたのではもはや大きな付加価値を生むこと難しくなっている。連載第1回は企業ネットワークの歴史を振り返り、今後数年間のトレンドを予想するとともに、次世代企業ネットワークのイメージを概観する。(2018/2/26)

PR:ビジネスで「顔認証」の新トレンド、背景は今どきの”PC”と”働き方”
さまざまなセキュリティ対策の中でも基本中の基本が「ユーザー認証」だ。クラウドサービスの利用に伴い、ユーザー認証の機会が増える一方、サイバー攻撃によるアカウント漏えいなど「パスワード認証」の限界があらわとなった今、何をすべきだろうか。ソリトンシステムズは、働き方改革やテレワークの広がりといった環境の変化に応じて、使いやすく、なりすましが難しい「顔認証」を作り上げた。(2018/2/28)

“認証”にまつわる3つの「F」をなくす:
PR:NASAジェット推進研究所とEntrust Datacardの挑戦に見る、セキュリティと利便性を両立するポイントとは
環境の変化や政府が求めるセキュリティ基準を踏まえ、ユーザーに制約を課すことなくセキュリティを強化するためのポイントとは何か。エントラストジャパンのカントリーマネージャーである堀川隆治氏が行った「NASAジェット推進研究所が選んだ認証セキュリティ」という講演からそのヒントを探る。(2018/2/28)

実証実験で万引き防止に効果あり:
警備員不足を補うのはPepperと人工知能
ロボットと人工知能を活用した新しい警備サービスが本格稼働する。深刻な警備員不足を補う存在になるだろうか。(2018/2/27)

人工知能ニュース:
既存のシステムやゲートと連携し、顔認証による解錠ができる製品を発売
NECは、既存の入退場ゲートやドアに設置することで顔認証による解錠ができる「NeoFace Access Control」の販売を開始した。さまざまな入退管理システムやゲートと連携できるため、システムやゲートを置き換える必要がない。(2018/2/26)

Mobile World Congress 2018:
ZTE、縦長ディスプレイとデュアルカメラを搭載した「BLADE V9」を発表
ZTEのミドルレンジスマートフォンに新モデルが登場する。アスペクト比9:18の縦長ディスプレイを搭載し、ガラス素材とアルミフレームによって上質感を演出している。一部スペックを下げた廉価版も合わせて発売する。(2018/2/26)

レオパレス21、AIがチャット形式で「部屋探し」 「バーチャルデスク」導入
レオパレス21が、AI(人工知能)を活用したチャットbotで、部屋探しをサポートするサービス「バーチャルデスク」を導入した。(2018/2/26)

Mobile World Congress 2018:
「Galaxy S9」「Galaxy S9+」登場 F値可変のアウトカメラを搭載
Samsung Electronicsのフラグシップスマートフォンの最新モデルが登場する。アウトカメラは「絞り」機構を設けることでF値を変更可能に。また、虹彩認証と顔認証を同時に利用する「インテリジェントスキャン」に対応し、シリーズ初のステレオスピーカーを搭載も搭載した。(2018/2/26)

ママとわたしと「iPhone X」:
iPhone Xは、鼻の穴を見てFace IDを認証している? マスク問題の真相に迫った
マスクをするとFace IDが解除できない……その原因は鼻の穴?(2018/2/23)

ワークスタイル変革を実現「Dell Latitude 5000 シリーズ 2-in-1 5285」無料モニターキャンペーン
ご応募いただいた方の中から抽選で1名さまに、第7世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載するデルの最新2-in-1デバイス「Latitude 5000 シリーズ 2-in-1 5285」を無料でお貸し出しいたします。モニターに当選された方には、モニター期間終了時にDell EMCの担当者によるインタビューを予定しています。(2018/2/26)

15型「Surface Book 2」予約開始 発売日は4月6日
待望の15型モデルは4月6日発売。税別価格は28万3800円から(2018/2/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。