ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「顔認証」最新記事一覧

PR:VRでモデルルーム見学も“よりリアル”に? 産業分野で花開くVRの可能性とは
(2017/1/19)

13.3型モバイルで重さ約777g!! 富士通が2017年PC春モデルを投入【写真多数追加】
新生「UH」が薄くて軽いぞ。(2017/1/17)

世界最軽量の12型タブレットモバイルPC「Let'snote CF-XZ6」 レッツノート史上初の着脱式2in1
レッツノート史上初の着脱式2in1で目指したのは、ノートPCとして妥協のない操作性。着脱式でSZと同等のキーボードユニットを採用し、重量は約1019g。(2017/1/12)

レッツノート、シリーズ初のキーボード着脱式モデル
パナソニックが、キーボード着脱対応のレッツノート新モデルを発売する。(2017/1/12)

PR:やっぱり多い紙からの情報漏えい、顔が印刷の「鍵」になる?
情報漏えい対策は、これまでITにまつわる部分の対応が優先されてきた。しかし、漏えい元の多くを占める紙媒体では対策しにくい現状があるようだ。NECの顔認証技術が「鍵」となり、カメラに顔を向けるだけで印刷を管理できる新しい対策を紹介する。(2017/1/10)

CES 2017:
Lenovo、薄型・軽量のデタッチャブル2in1 PC「Miix 720」を発表 Windows Hello対応の赤外線カメラも搭載
米国で開催中の「CES 2017」に合わせて、Lenovoのデタッチャブル2in1 PC「Miix」シリーズの最新モデルが登場した。第7世代Coreプロセッサを採用し、Windows Helloの顔認証に対応する赤外線カメラも搭載した。(2017/1/6)

Pepper導入で売り上げ増加:
営業に向いているのは人間ではなくロボット?
「Pepper for Biz」(法人向けモデル)の発売から約1年が経過した。販売台数は5000を超え、さまざまな場所でPepperを見かけるようになったが、導入企業にはどのような効果が出ているのだろうか。ソフトバンクロボティクスの事業推進本部、吉田健一本部長に話を聞いた。(2016/12/27)

2017年には一般利用も
レジなし店舗「Amazon Go」が採用、小売業を根本から変える“すごい技術”
IoTと人工知能(AI)を活用し、レジのいらない店舗を実現した「Amazon Go」。古い仕組みに凝り固まった既存の小売業を打倒するものになるのだろうか。(2016/12/24)

「顔パス買い物」実証へ 三井住友FG、まず社員食堂1000人
ITを活用した先進的な金融サービス「フィンテック」の一環で、顔の特徴から個人を特定する顔認証を利用した決済システムの実証実験を進める。(2016/12/22)

CTCが提案する「IT Life Cycle in DC」戦略の意図を“見た”:
PR:デジタル時代で真価が問われはじめた新世代の“フルマネージド”データセンター
ビジネス発展を担う企業のITモダナイゼーションが急速に進む中、「データセンター」もまた、企業のビジネス変革を加速させるドライバーとして、大きな進化を遂げている。中でも、「IT Life Cycle in DC」を掲げ、フルマネージドなサービスで顧客ニーズに応えるのがCTCだ。CTCが推進する「新世代のデータセンターサービス」の真意に迫った。(2017/1/10)

海外の人材登用、AIに注力:
NECの新たな研究開発戦略 「4つの施策」とは?
NECが今後の研究開発戦略を発表した。国内外の人材を積極的に登用し、海外に研究拠点を多数設置するほか、社会の課題の解決に役立つ人工知能の開発を進めるという。(2016/12/20)

NEC、10メートル離れた相手の視線をリアルタイムに検出する技術を開発
通常のカメラのみで、離れた場所からでも視線の方向を高精度に検知する「遠隔視線推定技術」を開発。複数人の視線方向の同時検知も可能で、街の見守りや店舗のマーケティングへの応用を想定している。(2016/12/19)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニ「Amazon GO」になれるのか
米Amazonが、レジ決済を必要としない店舗「Amazon GO」を2017年に開始すると発表した。今回は、Amazon Goのシステムが現コンビニに導入されたらどうなるかを考えてみたい。(2016/12/15)

現金いらずの「顔認証支払い」社食に導入 三井住友が実証実験
現金を持ち歩かなくても、顔認証で社員食堂の代金を決済する実証実験を、NECと三井住友フィナンシャルグループなどが始めた。(2016/12/13)

31年間の集大成――「dynabook V」に込められた開発者の“魂”
東芝がPC事業を分社して8カ月。分社後初の新モデルである「dynabook V」は、東芝が31年間に渡って培ってきた技術の集大成であるという。(2016/12/9)

PR:【実機で徹底検証】「パスワードのない世界」へ 「Windows Hello for Business」のオンプレミス展開を試す
ID、パスワードの管理が煩雑すぎる――。そんなIT部門の長年の課題を解決するものとして「Windows Hello for Business」が注目を集めている。実際にオンプレミス環境に展開してみて分かった実装のポイントとは。(2016/12/7)

顔認識で在席やのぞき込みを自動検出――キヤノンITSが「テレワークサポーター」を開発
キヤノンITソリューションズが、テレワークに従事するスタッフの労務管理や本人確認、のぞき込み防止などに活用できるクラウドサービス「テレワークサポーター」を開発した。2017年2月から提供する。(2016/12/6)

2048段階の筆圧ペン、Thunderbolt 3も採用:
東芝、30分充電で7時間動かせる12.5型2in1ノートPC「dynabook V」【画像追加】
「dynabook V」シリーズの新機種は急速充電に対応し、短時間の充電で長時間の駆動が行えるのが最大の特徴だ。(2016/12/1)

顔認証もできる映像管理システム、キヤノンMJとNECが開発
従来の防犯用途に加えて、宿泊施設や店舗では“お得意様”の来場を自動的に検知しておもてなしができるという。(2016/11/29)

SAS Institute Japan SAS Viyaシリーズ:
AI技術を搭載した分析プラットフォームの第1弾
SAS Institute Japanは、同社が新たに提供する分析プラットフォーム「SAS Viya」シリーズの第1弾として、人工知能技術を搭載した「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」の提供開始を発表した。(2016/11/29)

進化するサイバー攻撃へのベストな対抗策:
Windows 10/Windows Server 2016が最新のサイバー攻撃を防げるワケ
いまだ勢いの衰えない、標的型(APT)などのサイバー攻撃――。次々と新しい手法が登場する今、システムを守るには、最新のセキュリティ対策を実施する必要がある。そのための最も確実な方法は、最新OSへの移行/アップグレードだ。Windows 10/Windows Server 2016には「Pass-the-Hash(PtH)攻撃」にも耐えられる、高度で強力なセキュリティ機能が搭載されている。(2016/11/24)

組み込み開発ニュース:
ハンズフリーの顔認証技術で、より安全に印刷できるソリューション
NECは、シーイーシーと協業し、顔認証技術を活用してハンズフリーで印刷ができる認証印刷ソリューションを発表。同日より販売開始した。プリンタのそばのカメラに顔をかざすことで本人認証をし、該当の人物が指示したデータのみを印刷する。(2016/11/24)

クリテックジャパン イリアス:
虹彩認証と顔認証を統合した生体認証システム
クリテックジャパンは虹彩認証と顔認証を統合した生体認証システム「イリアス」の販売を開始した。手のひらサイズのボディーに2つの生体認証機構を搭載し、単体利用でも最大1万ユーザーのデータ照合が行える。(2016/11/21)

ダイキン工業/NEC:
AI/IoT技術を活用して知的生産性を高める空気・空間を創り出す共同研究
ダイキン工業とNECは、知的生産性の高い空気・空間を創出するための共同研究に取り組むことで合意した。(2016/11/21)

オタクにとって許せない「チケット転売問題」を考える
チケット転売問題が深刻だ。(2016/11/19)

ET2016 速報レポート:
Nucleoで作るSmart Homeを提案――LoRaなど活用
STマイクロエレクトロニクスは、「Embedded Technology 2016」「IoT Technology 2016」で、快適かつ安全/安心なライフスタイルを実現する「Smart Homeソリューション」を提案した。(2016/11/18)

製造ITニュース:
AI技術を搭載した分析ツールを発売
SAS Institute Japanは、同社が新たに提供する分析プラットフォーム「SAS Viya」シリーズの第1弾として、「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」の提供を開始した。(2016/11/14)

製造マネジメントニュース:
AI・IoTを用いて知的生産性を高める空気・空間を創出
ダイキン工業とNECは、知的生産性の高い空気・空間を創出するための共同研究に取り組むことで合意した。ダイキン工業の持つ空調技術、空気・空間に関する知見とNECのセンシング技術、AI・IoT技術を活用する。(2016/11/10)

NEC「NeoFace」×シーイーシー:
「顔を見せる」と印刷するハンズフリー認証システム、NECの顔認識エンジンで
NECとシーイーシーは顔認証セキュリティに関する協業を発表、NECの顔認識エンジンとシーイーシーの認証印刷を組み合わせ、“顔を見せる”だけで印刷を開始するハンズフリー認証システムを販売する。(2016/11/8)

FAニュース:
組み込み機器上で動作可能な高速学習アルゴリズム
三菱電機は、車載機器や産業用ロボットなどの組み込み機器上で動作可能な「ディープラーニングの高速学習アルゴリズム」を開発した。事前学習時間とメモリ量の短縮・削減により、組み込み機器上での学習が可能になった。(2016/11/4)

技術力を結集したAIソリューションをアピール NECが年次イベントを開催
NECは11月1日から「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2016」を開催している。同社がアピールする人工知能ソリューション群の「NEC the WISE」が印象的だった。(2016/11/1)

Hitachi Social Innovation Forum 2016 TOKYO:
日立、IoTプラットフォームを中心にデジタル化時代の製造、金融、流通、公共などの事例を紹介
日立製作所は2016年10月27〜28日、「Hitachi Social Innovation Forum 2016 TOKYO」を開催。IoTプラットフォーム「Lumada」やヒューマノイドロボット「EMIEW」、デジタル化時代の製造、金融、流通、公共などの事例を紹介した。(2016/11/1)

親の顔データから迷子を発見 大量の映像から「特定の人」を高速検索するAI、NECが発売
顔画像や出現時の特徴などを基に、映像データから特定の人を探せるAIソフトをNECが発売する。(2016/10/31)

Microsoft、クリエイターに最適化したAIO PC「Surface Studio」を発表 2999米ドルから
Microsoftが、Surfaceブランドのオールインワン型(AIO)PCを投入する。Adobe RGB/DCI-P3両対応のディスプレイを搭載するなど、特にグラフィック関連のクリエイターに向けて作られたモデルとなっている。(2016/10/27)

「眠くならない」「効率の上がる」オフィスを、AIで:
ダイキン工業とNEC、AI/IoTで「知的生産性を高める空間の技術」を共同開発へ
ダイキン工業とNECが、AIを用いて知的生産性を高める室内空間を実現するための共同研究に取り組む。室内の温度や湿度の変化を予測し、空調などの設備を制御して快適な空間を作るという。(2016/10/25)

IoT技術などを活用:
知的生産性が高まるオフィスの空気とは? ダイキンとNECが共同研究
ダイキン工業とNECは10月24日、AIやIoTの技術などを使って、オフィスにおいて知的生産性の高い空気や空間を実現するための共同研究に取り組む。(2016/10/24)

ディープラーニング:
組み込み機器側に学習機能を搭載、高精度に推論
三菱電機は、組み込み機器に実装できる「ディープラーニングの高速学習アルゴリズム」を開発した。「コンパクトな人工知能」と組み合わせることで、車載機器や産業用ロボット側に学習機能を搭載することができ、より高精度の推論を行うことが可能となる。(2016/10/19)

“Fusion 360/AutoCAD 360×究極の1台”で実現するワークスタイル変革:
PR:クラウドベースの設計環境とSurface Bookのおいしい関係
3D CADとクラウドの融合で新たな設計の方向性が見えてきた。クラウドベースの設計環境を最大限に活用するためには、いつでもどこでも利用できるモバイルPCが欠かせない。日本マイクロソフトがリリースした“究極の1台”「Surface Book」がクラウドと結びつくことで、モノづくりの現場にどんな革新をもたらすのだろうか。クラウドベース設計環境「Fusion 360」「AutoCAD 360」を展開するオートデスクに、設計者のワークスタイル変革から生まれる新たなモノづくりの可能性を聞いた。(2016/10/19)

なぜ今、「転売NO」と訴えたのか――チケット高額転売問題、音楽業界の“本音”
「チケット高額転売に反対します」――こんな声明が話題になった。音楽業界はなぜ今、「転売NO」と訴えたのか。(2016/10/14)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(60:特別編):
「パスワードのない世界」を実現する「Windows Hello for Business」のオンプレ展開をリアルレポート(その1)
今回から数回に分けて、Windows Server 2016による「Windows Hello for Business」(旧称、Microsoft Passport for Work)のオンプレミス展開を実機で検証し、実装のポイントやユーザーエクスペリエンスをレポートします。(2016/10/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
「もうM.2はNMVeが主流」――プレクのヒートシンクなし1テラが登場
PLEXTORのM.2 NVMe SSD「M8PeGN」シリーズの1TBモデルが売り出された。ラインアップが充実したM.2 NVMe SSDは、すでにブートドライブの定番の地位に立ったともいわれている。(2016/10/11)

クリエイティブ、ジェスチャー操作なども認識できる3Dカメラ「Creative BlasterX Senz3D」
クリエイティブメディアは、3種類のレンズを搭載し3D深度認識にも対応した3Dカメラ「Creative BlasterX Senz3D」を発表した。(2016/10/7)

マウス、Windows Helloに対応した顔認証カメラ/指紋認証リーダーの販売を開始
マウスコンピューターは、Windows Hello機能でのログインに対応する外付け型顔認証カメラ/指紋認証リーダーを発表した。(2016/10/6)

生体認証の開発進む:
虹彩認証でスマホのパスワードが不要に
Tessera Technologiesの完全子会社である米FotoNationは、一連の新しい生体認証アルゴリズムを開発したと発表した。顔認識および虹彩認識技術を適用することで、スマートフォンのパスワードを不要にすることが可能だという。(2016/10/5)

Enterprise IT Kaleidoscope:
面倒くさくないWindows 10での2段階認証の使い方
IDとパスワードだけの認証は危険だが、いきなり生体認証というのもハードルが高いだろう。広がり始めた2段階認証を手間なく利用するための方法を解説する。(2016/10/5)

ロボットをビジネスに生かすAI技術(5):
人工知能を搭載したコミュニケーションロボット、スマホアプリの事例――コンシェルジュ、会話アプリ
Pepperや自動運転車などの登場で、エンジニアではない一般の人にも身近になりつつある「ロボット」。ロボットには「人工知能/AI」を中心にさまざまなソフトウェア技術が使われている。本連載では、ソフトウェアとしてのロボットについて、基本的な用語からビジネスへの応用までを解説していく。今回は、人工知能を搭載したコミュニケーションロボット、スマホアプリの事例として、ロボットコンシェルジュや会話アプリを紹介する。(2016/12/12)

顔認識技術のダークサイド
顔認証は便利でいいことづく目のように思いがちですが、もちろんリスクもあります。これは顔認証だけに限りませんが、顔認証には具体的にどんな“ダークサイド”があるのでしょうか?(2016/9/24)

チケット高額転売問題、解決策は「いろいろある」 津田大介さん・福井健策さんの見方
「チケット高額転売に反対します」――著名なアーティストが名を連ねたこんな声明が話題に。深刻化する“ネットダフ屋”による高額転売に、どう対処すればよいか。津田大介さんと福井健策さんが語り合った。(2016/9/23)

顔認識、面白くて実用的な技術へと進歩
最近では人間の体を使った認証技術への注目が高まりつつあります。その中でもカメラで表情を読み取る「顔認証技術」にはどんな特徴があるのでしょうか。まずは10個のメリットです。(2016/9/22)

ハウステンボスの「変なホテル」が描く世界戦略 ロボ接客、人件費圧縮で高収益
「変なホテル」の全国展開が始まった。(2016/9/5)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。