ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キャプチャ」最新記事一覧

関連キーワード

Android端末でも直接録画できるHDMIキャプチャーユニット――上海問屋
ドスパラは、PCおよびAndroid端末での録画に対応した外付け型HDMIキャプチャーユニット「DN-913909」の取り扱いを開始する。(2016/6/29)

エスケイネット、表示遅延を改善したPCIe内蔵型HDMIビデオキャプチャーカード「MonsterXX2」
エスケイネットは、PCI Express接続対応のHDMIビデオキャプチャーカード「MonsterXX2」を発表した。(2016/1/20)

MousePro、シネマ4K対応キャプチャカードを搭載した映像編集向けWS
マウスコンピューターは、法人向けミドルタワーPC「MousePro W」のラインアップに4Kキャプチャカードを標準搭載したハイエンドWSモデルを追加した。(2015/11/13)

プリンストン、Android端末でも利用できる1080p対応のキャプチャーデバイス「デジ造映像版HD」
プリンストンは、USB接続対応の動画キャプチャーユニット「デジ造映像版HD」を発表した。(2015/9/11)

PCなしでビデオテープをデジタル化! サンワサプライから3種類の映像入力に対応したビデオキャプチャーボックスが登場
サンワサプライは、HDMI、コンポジット、コンポーネントの映像入力を持つビデオキャプチャーボックス「400-MEDI011」を発売した。(2015/7/30)

サードウェーブデジノス、クリエイター向けPC「Raytrek-V」に4K対応HDMIキャプチャーカード付属モデル
サードウェーブデジノスは、同社製のクリエイター向けデスクトップPC「Raytrek-V」のラインアップに4K動画対応HDMIキャプチャーカードを標準装備したモデルを追加した。(2015/4/10)

サンコー、PCレスでmp4録画が可能なHDMIキャプチャーユニット
サンコーは、HDMI入力に対応した単体駆動型のキャプチャーユニット「HDMCAPX6」を発表。USBメモリ/外付けHDDにPCレスで録画を行える。(2015/1/26)

G-Tune、キャプチャカード搭載のゲーム動画配信向けデスクトップ
マウスコンピューターは、同社製ミドルタワーPC「NEXTGEAR」のラインアップにAverMedia製キャプチャーカードを標準搭載したゲーム配信動画向けモデルを追加した。(2014/8/11)

PC不要:
ゲーム動画のうp主を始めたい人に――「PCレス録画対応 HDMI ビデオキャプチャー」
上海問屋が、HDMI入力対応の外付けビデオキャプチャーユニットを発売した。価格は9999円。(2014/6/14)

アスク、SD録画用のケーブル一体型キャプチャーユニット
アスクは、AVerMedia製となるUSBケーブル一体型キャプチャーユニット「AVT-C039」の取り扱いを開始する。(2014/3/26)

AVerMedia、ゲームのキャプチャーにも向くHDMI対応のUSB 3.0キャプチャーユニット「CV710」
アスクは、AVerMedia TECHNOLOGIES製の1080p対応HDMIキャプチャーユニット「CV710」を発売する。(2014/3/6)

ランサーリンク、USB 3.0外付け型のフルHD対応キャプチャーBOX
ランサーリンクは、フルHD録画に対応したUSB 3.0接続対応キャプチャーユニット「USB3-HDSDI」を発売する。DVI/HDMI入力のほかプロ機器向けのHD-SDI入力なども備えた。(2014/1/10)

週末アキバ特価リポート:
PT3が価格破壊&HDDがまもなくプチ値上がり?
アースソフトのキャプチャーカード「PT3」の価格改定が入り、複数のショップが今週末の目玉としている。また、HDDがちょっとだけ値上がりするというウワサも。(2013/12/7)

AVerMedia、PCレスでゲーム録画できるHDMIキャプチャーユニット「ゲームレコーダー HDII」
アスクは、AVerMedia製となるHDMI対応のキャプチャーユニット「ゲームレコーダー HDII」を発表した。(2013/11/11)

アスク、PCレスでの録画もできるHDMIキャプチャーユニット「AVT-C875」
アスクは、AVerMedia TECHNOLOGIES製となるHDMI入力対応のポータブルキャプチャーユニット「AVT-C875」の取り扱いを開始する。(2013/8/27)

AHS、動画配信などにも向くHDMI対応のUSB外付け型キャプチャーユニット「HU368」
AHSは、USB接続対応のキャプチャーユニット「HU368」を発表。最大1080iでの録画に対応、スルー出力も備えている。(2013/8/23)

エスケイネット、USB 3.0外付け型のフルHD対応HDMIキャプチャーユニット「MonsterX U3.0R」
エスケイネットは、フルHD/60fpsでのHDMI動画転送に対応したHDMIキャプチャーユニット「MonsterX U3.0R」を発表した。(2013/7/10)

VHSの映像をスマホ、タブレットに保存:
プリンストン、Windows 8対応のお手軽ビデオキャプチャーユニット
プリンストンテクノロジーは、アナログ入力に対応したUSBキャプチャーユニットを発売する。Windows 8に対応し、スマートフォンやタブレット用にデータを変換するエンコードソフトも付属する。(2012/12/27)

1080iに対応:
これを買ってゲーム実況にチャレンジ――「USBキャプチャーボックス」
上海問屋から、HDMIを備えるUSB接続型のキャプチャーユニットが発売された。価格は1万2999円。(2012/9/28)

アイ・オー、D4入力を備えたUSBキャプチャーユニット
アイ・オー・データ機器は、USB 2.0外付け型となる動画キャプチャーユニット「GV-D4HVR」を発売する。(2012/6/6)

エアリア、SD解像度対応のUSBキャプチャーユニット「必殺2!捕獲術」
エアリアは、USB外付け型ビデオキャプチャーユニット「SD-USB2CUP5」を発売する。(2011/11/22)

VHSの映像をDVDに保存しよう:
プリンストン、USB接続のお手軽ビデオキャプチャー
プリンストンテクノロジーは、アナログ入力に対応したUSBキャプチャーユニットを発売する。(2011/11/11)

“うp主”や“生主”を目指す人に:
サンコー、TVゲームの録画に向くキャプチャーユニット
サンコーはコンポーネント端子を備えたキャプチャーユニット「USBゲームキャプチャーボックス」を発売した。TVでゲームをプレイしながらキャプチャーできるのが特徴だ。(2011/9/27)

エアリア、Mac OS用アナログキャプチャーケーブル「美男子の捕獲術 For MAC」
エアリアは、アナログ入力対応キャプチャーユニット「美男子の捕獲術」のラインアップにMac OS専用モデルを追加した。(2011/9/14)

テック、1980円のお手軽USBビデオキャプチャー「秀録USB4」
テックは、1980円前後と手ごろ価格で導入できるUSBアナログキャプチャーキットを発売。VHSビデオ→DVDメディアへのダイレクト記録なども行える。(2011/8/10)

イマドキのイタモノ:
「Monster X3」を冷静に使う
エスケイネットの「Monster X3」は、HDMI対応のビデオキャプチャーカードだ。高画質キャプチャーが可能だが、その扱いは難しい。さて、何に使おうか。(2011/2/22)

ノートPCでもHDキャプチャできるっ:
1080i対応・HDMI入力付きで9999円──「HDMIキャプチャー シリーズ」
上海問屋で、HDMI入力付きの1080i対応キャプチャー製品2モデルが発売された。価格は9999円。(2011/1/6)

iPhone/iPadで録画番組が視聴できる地デジ/ワンセグTVキャプチャー「テレキング」
アイ・オー・データ機器は、iPhoneとiPadで録画番組が視聴できる地デジ・ワンセグ対応トランスコード搭載TVキャプチャのUSBモデル「テレキング」を12月下旬に発売する。(2010/12/15)

エスケイネット、フルHD対応キャプチャーカード「MonsterX3」
エスケイネットは、HDMI入力を装備したキャプチャーカード「MonsterX3」を発表した。(2010/12/10)

エスケイネット、Ustream配信対応のアナログキャプチャカード「MonsterX-csi2」
エスケイネットは、PCI Express接続対応のアナログ動画キャプチャカード「MonsterX-csi2」を発表した。(2010/11/10)

エグゼモード、オーディオ/ビデオのA/D変換コード「EVI造(エビゾウ)」
エグゼモードは、オーディオやビデオのアナログデータをデジタルデータへ変換するキャプチャーユニット「EVI造(エビゾウ)」を発売する。(2010/10/29)

エアリア、D2入力対応のUSBアナログキャプチャーユニット「必殺!捕獲術」
エアリアは、アナログ動画入力対応のUSBキャプチャーユニット「必殺!捕獲術」を発売する。(2010/6/23)

エスケイネット、HDMI入力装備のフルHDキャプチャーカード「MonsterX2」
エスケイネットは、同社製キャプチャーカード「MonsterX」の改良モデル「MonsterX2」を発表。新たにHDMI入力端子を搭載した。(2010/4/20)

エスケイネット、PCI Express接続対応のアナログキャプチャカード「MonsterX-csi」
エスケイネットは、PCI Express x1接続対応のアナログキャプチャカード「MonsterX-csi」を発売する。(2009/10/30)

恵安、USBスティック型のアナログビデオキャプチャー「K-BD MAKER」
恵安は、USBスティック型筐体を採用したビデオキャプチャー「K-BD MAKER」を発表。Sビデオ/コンポジット入力に対応する。(2009/4/30)

ハードウェアエンコーダ搭載:
アイ・オーが1080i対応のキャプチャカードを投入
アイ・オー・データ機器が今春発売する新製品群の発表会を実施。会場にはD端子を搭載したHD対応キャプチャカードが展示されていた。(2009/3/17)

エスケイネット、ExpressCardタイプのハイビジョンビデオキャプチャカード
エスケイネットは、ExpressCard /34サイズのハイビジョンビデオキャプチャカード「MonsterX-e」を12月3日に発売する。(2008/11/20)

地デジカード、期待ほど需要盛り上がらず──ピクセラが下方修正
5月に解禁されたPC用地デジキャプチャーカードは「期待されたほどの需要を見せず」──ピクセラが業績予想を下方修正。(2008/10/7)

デンノー、USBバスパワー駆動のビデオキャプチャーユニット「Video Cap」
「Video Cap」はUSB 2.0接続の小型ビデオキャプチャーユニット。アナログビデオ映像のキャプチャ、編集、DVD書き出しが行える。(2008/8/11)

アイ・オー、PCI接続対応の地デジキャプチャーカード「GV-MVP/HX」
アイ・オー・データ機器は、PCI接続モデルとなる地上デジタル対応キャプチャーカード「GV-MVP/HX」を発表した。(2008/6/4)

ピクセラ、デジタル/アナログ両対応のPCIキャプチャーカード発売
ピクセラは、地上デジタルチューナーとアナログチューナーを1基ずつ搭載したキャプチャーカード「PIX-DA022-PP0」を発表した。(2008/5/16)

アイ・オー、地デジキャプチャーカード「GV-MVP/HS」の発売日を決定
アイ・オー・データ機器は、地上デジタル放送対応キャプチャーカード「GV-MVP/HS」の発売日をアナウンスした。(2008/5/12)

テック、D4対応のPCI Expressキャプチャーカード
テックは、D4入力をサポートするPCI Express x1接続対応キャプチャーカード「TM620」を発表した。(2008/5/9)

アイ・オー、PCI Express x1接続対応の地デジキャプチャーカード「GV-MVP/HS」の詳細を発表
アイ・オー・データ機器は、PCI Express x1接続対応のPC内蔵型地上デジタル放送キャプチャーカード「GV-MVP/HS」の詳細を発表した。(2008/4/23)

ピクセラも地デジキャプチャーカード発売へ
ピクセラも、PC用地上デジタル放送キャプチャーカードを一般販売する。(2008/4/9)

ピクセラ、デジタル対応キャプチャーカードを一般向けに製品化
ピクセラは、デジタル放送に対応するPCIキャプチャーカードの一般向け製品化を発表した。地上デジタル対応モデルと3波対応モデルの2製品を用意する。(2008/4/9)

アイ・オー、PC用地デジチューナーカードを発売へ 単体販売解禁に
アイ・オー・データ機器は、PC用地上デジタル放送キャプチャー製品の量産体制が整ったと発表した。PC用チューナーの単体販売解禁を受け、製品投入が始まる。(2008/4/8)

“iPod touchでどこでもビデオ”にも対応、Mac用テレビチューナー「EyeTV 250 Plus」
フォーカルポイントコンピュータがMac用テレビチューナー搭載キャプチャーボックス「EyeTV 250 Plus」を発売。無線LANを利用して、iPod touchなどから“どこでもビデオ”が楽しめる。(2008/3/28)

プリンストン、遠隔地視聴も可能なUSB外付けTVチューナーユニット「デジ造TV」
プリンストンテクノロジーは、USB接続対応のテレビキャプチャーユニット“デジ造TV”こと「PCA-MTV」を発表した。Windows Liveメッセンジャーを用いた遠隔地視聴も可能となっている。(2007/11/30)

クレバリー、1万円台のD4入力対応キャプチャーカードを発売
クレバリーは、D1からD4までのコンポーネント入力に対応するビデオキャプチャーカード「CB-HARROC01-PCIE」を発売する。(2007/11/16)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。