ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「クラウドコンピューティング」最新記事一覧

コーディングなしで開発可能、Cloud Marketplaceにも対応:
オラクル、ノンプログラマーのためのクラウド型アプリ開発ツール「Project Visual Code」を発表
オラクルがコーディングをほぼ不要とするクラウドベースのビジュアルアプリケーション開発プラットフォーム「Project Visual Code」を発表した。(2016/9/27)

MicrosoftとAdobe Systems、Azureで提携
Adobe SystemsはMicrosoftの「Microsoft Azure」を、クラウドサービスの「Adobe Marketing Cloud」「Adobe Creative Cloud」「Adobe Document Cloud」の推奨クラウドプラットフォームとして採用する。(2016/9/27)

Microsoft Ignite 2016:
Windows Server 2016は商用Docker Engineを無償搭載、Docker Datacenterも提供へ
米マイクロソフトは2016年9月26日、「Microsoft Ignite 2016」で、同社の製品群に関する多数の発表を行った。サーバ/クラウド分野における最大のニュースは、Windows Server 2016へのDocker製品の「統合」、およびアドビのクラウドサービスにおけるMicrosoft Azureの採用だ。(2016/9/27)

トヨタ、次世代交通システムの分析にクラウド型データ可視化サービス導入
トヨタ自動車は、超小型モビリティのシェアリングサービス「Ha:mo RIDE」の利用動向分析に、オラクルのクラウド型データ可視化サービスを採用した。(2016/9/27)

「利用初日から障害発生」とならないために
Office 365導入担当者が見落としがちな「穴」と対策方法
クラウドサービス導入時に、どこまで利用者の「使い方」とその影響を把握しているだろうか? 導入時に見落としがちな「穴」と、導入プロジェクト成功への策を解説する。(2016/9/26)

AIベースのアプリも構築可能:
セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み込む「Salesforce Einstein(セールスフォース アインシュタイン)」を発表した。(2016/9/23)

BIM/CAD:
BIMデータを数分でVRで使えるデータに変換、「Autodesk Live」
オートデスクは「Autodesk Revit」で作成したBIMデータを、VR機器やタブレット端末などで活用しやすいデータに変換できるクラウドサービス「Autodesk Live」を9月下旬から発売する。(2016/9/23)

車載ソフトウェア:
ルノー・日産がソフトウェア開発会社を買収、IoTクラウド基盤をクルマで活用する?
ルノー・日産アライアンスは、フランスのソフトウェア開発会社 Sylpheoを買収した。買収額は非公表。自動車メーカーがソフトウェア開発会社を買収するのは珍しい。クラウドサービスの開発に強みを持つシルフェオをアライアンスの一員とすることにより、コネクテッドカーとモビリティサービスの開発を強化する。(2016/9/23)

Oracle DB最新版はまずDBaaSとして登場:
オラクルのエリソン会長、「Oracle Database」最新版や多数のクラウドイノベーションを発表
米オラクルのラリー・エリソン氏は「Oracle OpenWorld 2016」の開幕基調講演を行い、同社のクラウドコンピューティングプラットフォーム全般にわたる多くのイノベーションを披露した。(2016/9/21)

Computer Weekly:
AWS対Microsoft対Google──決算報告書に隠されたクラウド戦争の優劣
クラウド市場におけるAWS、Microsoft、Googleの三つどもえの戦いはさらにヒートアップしている。現在の実力差はどれくらいあるのか。各社の決算報告から見えてくるものとは?(2016/9/21)

クラウド型医療システムでBCP対応 特定医療法人ダイワ会が導入へ
特定医療法人ダイワ会がクラウド型電子カルテシステムの運用を開始。課題となっていたシステムの冗長化やBCP対応を解決し、24時間救急指定病院としての医療の継続性を確保した。(2016/9/20)

製造IT導入事例:
医療機器保守サービスでIoTクラウドプラットフォームを採用
日本システムウエアは、同社が提供するIoTクラウドプラットフォーム「Toami」が、堀場製作所の医療用機器向け総合保守サービス支援システム「HORIBA MEDISIDE LINKAGE」に採用されたと発表した。(2016/9/16)

特選プレミアムコンテンツガイド
Apple、Disney、注目の大手企業があえてGoogleクラウドを選ぶ理由
クラウド市場では「Amazon Web Service」(AWS)が依然としてトップを走る一方、「Google Cloud Platform」も大きな成長を見せ、ユーザー企業が再検討するほど魅力的な機能を備えるようになっている。(2016/9/16)

Evernote、ユーザーデータを「Google Cloud Platform」に移行へ
Evernoteが、これまで自社の仮想サーバに保存していたユーザーデータを、Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」に移行すると発表した。10月に作業を開始し、年内に完了する見込み。(2016/9/14)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(23):
Azure AD待望の新ポータル対応、パブリックプレビュー段階に
クラウドベースのID管理サービス「Azure Active Directory(Azure AD)」の管理機能が、Microsoft Azureの新しいポータル内で利用可能になりました。現在はパブリックプレビュー版ですが、既に運用中のAzure ADのディレクトリは新旧両方のポータルから管理できます。(2016/9/14)

製造ITニュース:
IoTデータを利活用するためのクラウドサービスを提供開始
SCSKは、レッドハットの「Red Hat JBoss BRMS」を、マイクロソフトのクラウドコンピューティングプラットフォーム「Microsoft Azure」上で利用するためのサービス「Red Hat JBoss BRMS on Azure」の提供を開始した。(2016/9/14)

Weekly Memo:
メガクラウドベンダーが戦々恐々!? Dell EMCの新クラウド事業戦略とは?
Dellと統合したEMCがクラウド分野で新たなパートナー施策を開始した。自らクラウドサービスを提供しない同社ならではの協業形態とはどのようなものなのか。そしてその狙いはどこにあるのか。(2016/9/12)

製造ITニュース:
遠隔で機器を管理できるクラウドベースのIIoT向けサービスを提供
NTTコミュニケーションズは、工場で稼働する機器などを遠隔管理できるクラウドベースのIIoT向けサービス「Machine Cloud」の提供を開始した。(2016/9/12)

ネットチャート Cloud Radiology Service クララ:
医療用画像や医師の所見などをクラウド上で安全に共有できるサービス
ネットチャートは、CT、MRIをはじめとする医療用画像や医師による所見などを安全に共有できるサービス「Cloud Radiology Service クララ」の提供を、2016年9月1日から開始すると発表した。(2016/9/9)

PTCジャパン Creo in the Cloud:
Creo Parametricのクラウドサービス提供開始、あらゆる端末から設計環境にアクセス可能に
PTCジャパンは、同社が管理するクラウドサービスにおいて、3次元製品設計ソフトウェアであるCreo ParametricのSaaS版「Creo in the Cloud」の提供開始を発表した。(2016/9/9)

交通費精算は“全自動”の時代に、予定表に訪問先を入れるだけ――APIエコノミーで進化するクラウドサービス
スケジューラに訪問先を登録するだけで、経路検索から交通費の精算までを自動で――。コンカーとSansan、ヴァル研究所が、面倒な交通費精算の手間を軽減するサービスを発表。API連携で実現した。(2016/9/8)

業務用洗濯機をクラウドでモダンに:
「コインランドリー」をクラウド化、マイクロソフトとアクアが家電IoTで協業
日本マイクロソフトとアクアが、家電IoTサービスの開発で協業。協業の第1弾として、業務用コインランドリーのIoT化に取り組む。(2016/9/8)

エプソン、基幹・業務系システムをNECのクラウドやハウジング環境へ移行
NECは、エプソンが100以上の基幹・業務系システムをNECが提供するクラウドサービスやハウジングサービスへ移行したことを発表した。ハイブリッドクラウド環境の利用により、運用管理コスト削減や新サービスの早期開発を実現を目指すという。(2016/9/8)

BIM/CAD:
BIMに特化したドキュメント管理を実現、オートデスクが「Docs」を発売
オートデスクは建設プロジェクトで使われる2D/3Dデータや設計図書の管理・保存、共有や編集などの作業の効率化に貢献するクラウドサービス「Autodesk BIM 360 Docs」の販売を開始した。(2016/9/8)

医療機器ニュース:
医療用画像などをクラウド環境で安全に共有できるサービス
ネットチャートは、医療用画像や医師による所見などをクラウド上で安全に共有できるサービス「Cloud Radiology Service クララ」の提供を開始すると発表した。遠隔地の診療所や施設とデータの共有ができるため、地域医療連携を促進する。(2016/9/7)

真のハイブリッドクラウドが実現できるIBM Cloud
VMware SDDC on IBM Cloud だからできる、ハイブリッドクラウドの課題解決
VMwareを中心にプライベートクラウドを構成する多くの企業は、パブリッククラウドを活用したくても、構成や運用の変更に伴う検討事項が山積みだ。ハイブリッドクラウドの多過ぎる課題を解決するクラウドとは。(2016/9/12)

指静脈認証で複数のクラウドサービスを一括認証:
オージス総研と日立システムズ、共同でクラウド型シングルサインオンサービスを開発
オージス総研と日立システムズは、両社のクラウド型認証サービスを組み合わせたシングルサインオンサービスを共同で開発する。SAMLやOpenID Connectに対応したアプリケーションで、指静脈認証だけでシングルサインオンが可能になる。(2016/9/6)

1日分無料録画、パン・チルト、暗視対応:
2万円台半ばで高い完成度 クラウド対応ネットワークカメラ「SpotCam-HD-Eva」を試してみた
クラウド上に録画データを保存するため、外出先からのアクセスが容易、かつ設定も簡単なことから人気が高まりつつある、新タイプのネットワークカメラ。その1つであるプラネックスの「SpotCam-HD-Eva」は、まさに破格と言っていい製品だ。(2016/9/3)

クラウドDHWで最大級のリージョン数に:
マイクロソフト、「Azure SQL Data Warehouse」の提供リージョンを拡大──「東日本」を含む4リージョンを追加
マイクロソフトが、クラウド型データウェアハウスサービス「Azure SQL Data Warehouse」の提供リージョンを拡大。従来の14リージョンに加えて、「東日本」など4リージョンを追加した。(2016/9/2)

月額48万円から:
スモールスタートが可能なクラウド型データウェアハウス、NECが開始
NECが、1TB程度の小規模なデータ容量より導入できるクラウド型データウェアハウス「ビッグデータ分析基盤Data Platform for Analyticsサービス」の販売を開始した。月額48万円からスモールスタートできる。(2016/9/2)

NEC、大規模データを蓄積・管理するクラウド型DWH基盤を提供
NECは、大クラウド型で大規模データの高速処理を実現する「ビッグデータ分析基盤Data Platform for Analyticsサービス」の販売を開始。データ量1TBからのスモールスタートにも対応するという。(2016/9/2)

違いはExcelのあり、なしだけではない
「Office 365」 vs. 「Google Apps for Work」、双方の愛好者が訴える利点と弱点は?
Googleのクラウド型グループウェア「Google Apps for Work」は新興企業や学生の支持を獲得しているが、業務利用や法令順守の面で弱点もある。「Office 365」と比べてみた。(2016/9/2)

クラウドデータセンター先駆者も驚いた! 次世代クラウドサービス基盤構築プロジェクトに見る「デルの真価」
(2016/9/12)

IBM Cloud上にVMware SDDC環境をプロビジョニング:
IBMとヴイエムウェアがクラウド提携を拡大、新サービス「VMware Cloud Foundation on IBM Cloud」を開始
IBMとヴイエムウェアがクラウドに関する戦略的提携を拡大。ヴイエムウェアの統合SDDCプラットフォームに基づくクラウドサービスをIBMが提供する。(2016/8/31)

クラウド経由でロボットを賢く NTT東日本「ロボコネクト」始動
コミュニケーションロボットに会話機能などを追加できるクラウドサービス「ロボコネクト」をNTT東日本が発表。介護施設などでの活用を見込む。(2016/8/30)

JSON型サービスと容易な統合を可能に:
Azure SQL DatabaseがJSONに正式対応
クラウド型データベースサービス「Azure SQL Database」がJSONに正式対応。JSONテキストからの取り込みやテーブル形式への変換、SQLテーブルデータからJSONフォーマット変換のためのビルトイン関数などの機能を実装した。(2016/8/30)

破損に備えて予めデータの複製を行います!:
故郷の両親に5TB(1TB+4TBクラウド)のHDDを! ASUSTORで作るプライベートクラウド
更新料金が不要なプライベートクラウドストレージを構築しよう。(2016/8/29)

ABEJAのディープラーニング解析基盤とAPIで接続:
さくらインターネットとABEJA、「さくらのIoT Platform」で連携
さくらインターネットとABEJAが、IoTプラットフォームの活用で連携。「さくらのIoT Platform」とディープラーニングを活用した情報解析/可視化サービス「ABEJA Platform」をAPI経由で接続し、両社のクラウドサービスを横断して利用できるようにする。(2016/8/29)

Weekly Memo:
複雑化するハイブリッドクラウド時代の運用管理、解決策は
企業のIT基盤としてハイブリッドクラウドが注目を集めているが、統合運用管理の複雑化が課題となっている。この問題に解決策はあるのか。(2016/8/29)

クラウドサービスのRackspace、非公開化──投資企業が43億ドルで買収
1998年創業のクラウドサービス企業Rackspaceが、投資企業Apollo Global Managementによる買収で非公開化すると発表した。買収総額は約43億ドルで、手続きは年内完了の見込み。(2016/8/29)

製造ITニュース:
米国の高性能計算クラウドサービスベンダーが日本法人を設立
米Rescaleは、総額1400万ドルの資金調達を2016年6月に実施したと発表した。併せて、日本法人Rescale Japanを設立し、同年7月に東京オフィスを開設した。(2016/8/29)

採用の決め手は“ネットワーク仮想化に関する知識とノウハウ”:
PR:クラウドデータセンター先駆者も驚いた! 次世代クラウドサービス基盤構築プロジェクトに見る「デルの真価」
今年の5月にデル創業者であるマイケル・デルが、EMCおよびそのグループ企業と共にDell Technologiesという企業グループを今後設立することを発表し、ハードウェアからソリューション、サービスまでをワンストップで提供できるデル。サーバやネットワーク機器といった物理レイヤーの強みに、仮想環境構築やクラウドサービス管理といった仮想レイヤーの強みが“統合”されることで何が生み出されるのか。2015年に「Software-Defined Data Center(SDDC)」アーキテクチャを全面採用した次世代クラウド基盤「Next Generation EASY Cloud」を開始したアイネットのプロジェクトから、“デルの真価”を探る。(2016/8/26)

とにかく速いWordPress(11):
“いきなり1000倍高速”WordPress仮想マシン「KUSANAGI」は、実際にどれだけ速いのか
エンタープライズ用途での利用が増えている「WordPress」の高速化チューニングテクニックを解説する本連載。今回は「パブリッククラウド上の“KUSANAGI”は、本当に速いのか」を検証します。(2016/8/25)

【9月29日開催】LIVEオンラインセミナー
データベースコストに悩む日々にさようなら! クラウド時代の賢いDBの買い方
(2016/8/25)

製造ITニュース:
ディープラーニング対応のGPUコンピューティングをクラウドサービスで提供
IDCフロンティアは、ディープラーニングに対応できるGPUを搭載した、高性能GPUコンピューティングをクラウドサービスで提供する。サービス開始は、2016年第3四半期を予定している。(2016/8/23)

「第三者保守×中古IT機器買取」で生まれる価値:
PR:そのIT機器の処分・廃棄、ちょっと待った! ハードウェア保守会社が提案する、新たな資産活用のカタチ
近年、仮想化やクラウド化の広がりで、使われなくなったIT機器が急増している。そうした機器はコスト負担を覚悟で処分するのが一般的だが、新たな価値を提供してくれる企業があるのをご存じだろうか?(2016/8/22)

はじめてID管理製品を導入する方へ:
PR:クラウドとオンプレミスの混在で複雑化するユーザーID管理の課題は「Unicorn ID Manager」で解決
クラウドサービスが当たり前のように利用されるようになり、ユーザーIDの管理に悩む企業が増えてきている。社内に閉じたシステムでは、手作業や自作のスクリプト、ID管理ツールで対応できた。だが、クラウドサービスが普及したいま、これまでの手法では十分に管理できなくなってきている。では、IT管理者はどうすればよいのか。解決策はあるのか。(2016/8/22)

アンケート回答で「Amazonギフト券」が当たる
「クラウドサービスの活用」に関するアンケート
期間限定でTechTargetジャパンの会員の皆さまへ「クラウドサービスの活用」に関するアンケートを実施しております。アンケートにご協力いただいた方の中から、抽選で50名様に「Amazonギフト券(1000円分)」をプレゼント。(2016/8/22)

オープンソースとエンタープライズの関係(1):
OpenStack Foundationはエンタープライズ利用にどう取り組んでいるか
クラウド基盤のOpenStackは、金融機関や製造業における導入が進展する兆しを見せている。では、 OpenStack Foundationは一般企業における今後のOpenStack普及をどう支援しようとしているのだろうか。幹部に聞いた。(2016/8/18)

近畿日本ツーリスト、法人営業にマーケティングオートメーションを採用
約1000人の法人営業担当者向けにクラウド型マーケティングオートメーションを導入。業務の効率化と収益性の向上を目指す。(2016/8/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。