ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「困っている人のための企画術」最新記事一覧

困っている人のための企画術:
人は、ゼロから思いつけない
人の頭というのは、必ず、何かから何かを思いつくようにできています。ゼロから何かを思いつくようにはできていません。何かを考えようとした瞬間に、過去の何かを使って考えている――それが人間の頭なのです。(2014/10/28)

困っている人のための企画術:
一番働いているのは「白紙の時間」
考え抜いて出した企画が反対されて、悔しい思いをすることもあります。しかし、それを受け入れて順番にクリアしていくと、企画に深みとひねりが生まれてよくなることもあるのです。(2014/10/21)

困っている人のための企画術:
反対意見を楽しんでクリアする
考え抜いて出した企画が広告主に反対されて、悔しい思いをすることもあります。しかし、それを受け入れて順番にクリアしていくと、企画に深みとひねりが生まれてよくなることもあるのです。(2014/10/14)

困っている人のための企画術:
トヨタ「ReBORN」が信長と秀吉になった理由
企画がうまくいくためは、あまり「自分だけでやる」ということに固執しすぎず、周りの意見をどんどん取り入れたほうがいい。もちろん、よくない意見は取り入れないよう見極めるのも企画のうちです。(2014/10/7)

困っている人のための企画術:
周りの人にどんどん見せる
新しい企画を立てるとき、完璧にしようとして1人で考え込んでしまうと感覚が閉じてしまいがちです。思いついたそばから周りの人にどんどん見せて意見を聞いたほうが、多くの人に受け入れられるものができるのです。(2014/9/30)

困っている人のための企画術:
嘘はついてないか
広告というのは、その企業や商品のいいところを描きますが、いいところしかないものなんてこの世の中には存在しません。どんな広告にも嘘はあります。だからこそ、リアルを心がけるのです。(2014/9/16)

困っている人のための企画術:
自分の企画がいいかどうかを判断する方法
自分が考えた企画がいいかどうか判断できないという人は、少なくないと思います。では、それをクリアするにはどうしたらいいのでしょうか? 今回は、私がそれを判断するためにやっている方法を紹介します。(2014/9/9)

困っている人のための企画術:
「クリエイタータイプ」と「ノンクリエイタータイプ」
私が知る限り、広告のクリエイターには大きく2つのタイプがあります。「クリエイタータイプ」と「ノンクリエイタータイプ」です。今回は持論ながら、双方の違いについて考えてみます。(2014/9/2)

困っている人のための企画術:
自分に期待しなければ、企画はでてくる
あなたには特別な才能がありますか? 仕事をして何年も経てば、周りの評価などから自分に才能や素質があるかどうか、なんとなく分かってきます。特別な才能はなくてもいいのです。まずは自分を客観的に判断し、それを認めることが大事です。(2014/8/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。