ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「困っている人のための企画術」最新記事一覧

困っている人のための企画術:
人は、ゼロから思いつけない
人の頭というのは、必ず、何かから何かを思いつくようにできています。ゼロから何かを思いつくようにはできていません。何かを考えようとした瞬間に、過去の何かを使って考えている――それが人間の頭なのです。(2014/10/28)

困っている人のための企画術:
一番働いているのは「白紙の時間」
考え抜いて出した企画が反対されて、悔しい思いをすることもあります。しかし、それを受け入れて順番にクリアしていくと、企画に深みとひねりが生まれてよくなることもあるのです。(2014/10/21)

困っている人のための企画術:
反対意見を楽しんでクリアする
考え抜いて出した企画が広告主に反対されて、悔しい思いをすることもあります。しかし、それを受け入れて順番にクリアしていくと、企画に深みとひねりが生まれてよくなることもあるのです。(2014/10/14)

困っている人のための企画術:
トヨタ「ReBORN」が信長と秀吉になった理由
企画がうまくいくためは、あまり「自分だけでやる」ということに固執しすぎず、周りの意見をどんどん取り入れたほうがいい。もちろん、よくない意見は取り入れないよう見極めるのも企画のうちです。(2014/10/7)

困っている人のための企画術:
周りの人にどんどん見せる
新しい企画を立てるとき、完璧にしようとして1人で考え込んでしまうと感覚が閉じてしまいがちです。思いついたそばから周りの人にどんどん見せて意見を聞いたほうが、多くの人に受け入れられるものができるのです。(2014/9/30)

困っている人のための企画術:
嘘はついてないか
広告というのは、その企業や商品のいいところを描きますが、いいところしかないものなんてこの世の中には存在しません。どんな広告にも嘘はあります。だからこそ、リアルを心がけるのです。(2014/9/16)

困っている人のための企画術:
自分の企画がいいかどうかを判断する方法
自分が考えた企画がいいかどうか判断できないという人は、少なくないと思います。では、それをクリアするにはどうしたらいいのでしょうか? 今回は、私がそれを判断するためにやっている方法を紹介します。(2014/9/9)

困っている人のための企画術:
「クリエイタータイプ」と「ノンクリエイタータイプ」
私が知る限り、広告のクリエイターには大きく2つのタイプがあります。「クリエイタータイプ」と「ノンクリエイタータイプ」です。今回は持論ながら、双方の違いについて考えてみます。(2014/9/2)

困っている人のための企画術:
自分に期待しなければ、企画はでてくる
あなたには特別な才能がありますか? 仕事をして何年も経てば、周りの評価などから自分に才能や素質があるかどうか、なんとなく分かってきます。特別な才能はなくてもいいのです。まずは自分を客観的に判断し、それを認めることが大事です。(2014/8/26)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。