ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「評価」最新記事一覧

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定、「ボルボ XC60」が受賞
安全装備、機能性、デザイン、プラグインハイブリッドなどが評価。受賞記念フォトギャラリーも掲載(写真94枚)(2017/12/11)

医療機器ニュース:
化学物質の使用量を低減した皮膚感作性試験代替法を開発
富士フイルムは、従来比約100分の1の化学物質の使用量で、高精度に皮膚感作性を評価する皮膚感作性試験代替法「Amino acid Derivative Reactivity Assay(ADRA)」を開発した。従来方法よりも、高精度に化学物質の皮膚感作性を評価できる。(2017/12/11)

キャリアニュース:
転職理由の1位は「ほかにやりたい仕事がある」――10回連続
転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職理由ランキング」を発表。10回連続で「ほかにやりたい仕事がある」が転職理由の1位となった。また、今回の調査では、給与や会社の評価方法など、待遇に関する不満を挙げる人の割合が上昇していた。(2017/12/11)

車載情報機器:
HUDの奥行きと大画面を両立、マイクロミラーの実装面積縮小も
テキサス・インスルメンツは、車載用のHUD(ヘッドアップディスプレイ)システム向けにディスプレイ技術「DLPテクノロジー」を進化させたチップセット「DLP3030-Q1」と、それをサポートする複数の評価モジュールを発表した。(2017/12/8)

アンリツ NB-IoT測定ソフトウェア:
NB-IoT機器のRF試験に対応する測定ソフトウェア
アンリツは、NB(Narrow Band)-IoT機器のRF試験を可能にするNB-IoT測定ソフトウェア3種を発売した。同社のユニバーサルワイヤレステストセット「MT8870A」に実装することで、最大4台のNB-IoT機器、モジュールのRF送受信特性を自動で評価できる。(2017/12/8)

Google、医療・健康の検索結果を見直し 「より信頼性高いサイト」上位に
Google JapanがWebページの評価方法をアップデート。医療従事者や専門家などが提供するページなど「より信頼性が高く有益な情報があるサイト」を上位に。(2017/12/6)

Googleが医療系サイトの評価方法をアップデート 情報の信頼性が高いサイトが上位に表示されやすく
医療系キュレーションメディアは表示されづらくなったようです。(2017/12/6)

物議を醸したアートコーポレーションの「引越事故賠償金」が廃止 10月から賞与へ反映する評価制度に
物議を醸したあの制度。(2017/12/4)

CAEニュース:
Graph500の1位にスパコン京、6期連続で
理化学研究所らによる国際共同研究グループは、スーパーコンピュータ「京」が6期連続で「Graph500」の1位に選ばれたと発表した。ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析において、最高レベルの評価を得た。(2017/11/30)

Exadata Cloudも利用。今後は他のサービスも積極活用へ:
PR:パーソルがOracle Exadata導入時の開発/テスト環境として「Oracle Database Cloud Service」を活用。その評価は?
パーソルホールディングスは、データベース基盤の容量や性能面の不足を解決するためにOracle Exadataへと移行する際、開発/テスト環境として「Oracle Database Cloud Service」や「Oracle Database Exadata Cloud Service」を活用した。このプロジェクトを主導した同社の佐藤隆一氏が、両サービスの評価を語った。(2017/11/29)

ルネサスイベントレポート ET2017:
PR:Renesas Synergy搭載のコア社製IoT評価ボードがデビュー
展示会「ET2017」で、組み込み機器の総合プラットフォーム「Renesas Synergy」をベースにしたIoTデバイス開発評価ユニット「ASURA Synergy」がデビューした。ASURA Synergyは、IoTで使用される幅広い通信/インタフェースに対応できるなどの高い拡張性を備える。Renesas Synergyベースなので基本的なソフトウェアは最終製品にそのまま搭載できる検証済みのものが提供されるため、さまざまなIoTデバイスの開発期間短縮に役立ちそうだ。(2017/11/28)

高度なセキュア機能を備えた産業IoT機器向けマイコン:
PR:ルネサス最新MCU「RX65N/RX651」のHMI機能を手軽に評価できるキットを初披露
2017年11月15〜17日に開催された展示会「ET2017」のIAR社ブースで、ルネサス エレクトロニクスの新しい産業用IoT機器向けマイコン「RX65N/RX651」の評価キット「Envision Kit」が初披露された。RX65N/RX651が備えるLCDコントローラ、2D描画エンジンなどのHMI(ヒューマンマシンインタフェース)機能を手軽に試せる評価キットとして注目を集めた。(2017/11/28)

Lightsailに向く用途/向かない用途
AWSのVPS「Amazon Lightsail」と仮想マシン「Amazon EC2」を価格と機能で比較
「Amazon Lightsail」と「Amazon EC2」のそれぞれのインスタンスを比べるため、双方の使いやすさ、管理のオプション、価格体系を評価する。特にデータ転送コストには注意が必要だ。(2017/11/28)

マルチクラウド活用、CI/CDも実践:
PR:東京ガスiネットに聞く「クラウド活用の勘所」とOracle Cloud Platformの評価
電力自由化、ガス自由化などを背景に、社会インフラ企業にもITを使った「顧客体験価値の競争」「ソフトウェアの戦い」が押し寄せている。これを受けて、東京ガスグループのIT事業会社である東京ガスiネットも、デジタルトランスフォーメーションの一環として、クラウド活用を積極的に進めているという。だが国内ではセキュリティなどの懸念からクラウド活用に乗り出せていない企業がいまだに多い。そうした中で、一般的な企業以上に“信頼性・安定性”を重視する社会インフラ企業がクラウド活用を実践する理由とは何か? 東京ガスiネットに話を聞いた。(2017/11/28)

「ナナナナー、ナナナナー」のジョイマン高木、ツイートの言葉選びが詩的だと再評価の声
文学の道もいけるな。(2017/11/22)

TwitterのCEOは「iPhoneだけ」で仕事する 「iPhone Xは最高」
Twitter CEOのジャック・ドーシー氏は、「iPhone X」を「最高だ」と評価する。彼の仕事道具はiPhone XとApple Watchだけ。PCやiPadも持っていないという。(2017/11/21)

2017年のインフル予防接種は「例年より痛い」「ここ数年で最悪の出来栄え」とボジョレー風評価が話題に 厚労省らに本当なのか聞いた
「ワクチンの種類が違う→痛みが強い」と考えられているようですが……。(2017/11/20)

“使い心地”のテストが必須
「Amazon Echo」が失敗するとしたらその理由は何か?
Amazon Echoが示すのは、もはや情報のやりとりにキーボードは必要ではないという新しい常識だ。その際、ユーザーが評価するのはシステム全体の使い心地になるだろう。(2017/11/20)

ガシャ誤表記問題の「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」 ソースコードを公開する“詫びソースコード”実施
評価する声や「見ても意味が分からない」とする声などさまざま。(2017/11/16)

車両デザイン:
RJC カーオブザイヤー受賞の「スイフト」、テクノロジーオブザイヤーでも高評価
日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「2018年次 RJC カーオブザイヤー」をスズキ「スイフト」が受賞した。2016年11月1日から2017年10月31日までに発表された国産車を対象に、RJC会員の投票によって選出した。スイフトの得点は、2位のホンダ「N-BOX」に48点差をつけた。(2017/11/16)

FAニュース:
多地点の温度やゆがみを瞬時に測定する光ファイバーセンサー評価キット
沖電気工業は、製造ラインや橋梁などの多地点の温度やゆがみをリアルタイムで分布測定できる「光ファイバーセンサー」評価キットの提供を開始した。独自開発の光ファイバーセンシング技術「SDH-BOTDR方式」を採用している。(2017/11/16)

Qualcomm、Broadcomによる1300億ドルでの買収提案を拒否
Qualcommが、Broadcomからの総額1300億ドルでの買収提案を、企業価値を過小評価しているとして拒否した。Broadcomは引き続き買収に注力するとしている。(2017/11/14)

医療技術ニュース:
難治性不整脈を再現、ヒトiPS細胞由来の3次元的心臓組織で
京都大学はヒトiPS細胞由来の3次元的心臓組織を作製し、不整脈の一種であるTdPを培養下に再現することに成功した。難治性不整脈の治療法開発や、さまざまな薬の毒性評価に役立つと期待される。(2017/11/14)

電子ブックレット/太陽光:
思わぬコストを回避する、発電量の簡単な評価方法とは
今後ますます重要になっていく太陽光発電所の運用保守。しかし、具体的にどのような点に着目して取り組めば良いのだろうか。実際の事例を交えながらそのポイントを紹介していく本連載の第4回では、発電量の評価方法について解説する。(2017/11/13)

第四銀行、銀行内の定型業務をRPAで自動化へ――処理時間の短縮効果を評価
第四銀行は、RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を導入し、銀行内の定型的な業務を自動化する。(2017/11/13)

見かけだけの重ね合わせも発見:
量子コンピュータの量子的エラーを迅速に評価
東京大学と科学技術振興機構(JST)は、一般的なデスクトップPCを用いて、量子コンピュータの内部で発生する量子的なエラーを正確かつ高速に評価することができる数値計算手法を見いだした。(2017/11/10)

ベースの「Neural Network Libraries」は「aibo」にも採用:
ソニーがディープラーニング統合開発環境「Neural Network Console」クラウドサービス版を無償公開
ソニーは、ディープラーニング統合開発環境「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」のクラウドサービス版をオープンβ版として無償公開した。ニューラルネットワークの設計や学習、評価などをWebブラウザで可能にする。(2017/11/10)

データのじかん:
IoTとAIで実現する“社員の幸せ”と“生産性向上”を両立する働き方改革
働き方改革を正しく評価するには、削減した残業時間やテレワークの回数をはかるだけでなく、「会社や社員にとって良い結果をもたらす行動につながったかどうか」を見極めることがカギになる。その成果をはかる方法とは?(2017/11/10)

【12c対応】とにかく苦労しない「RAT」簡単攻略テクニック(5):
SPA利用のツボ! 「テストモード」「評価メトリック」の選び方
とにかく大変なデータベースバージョンアップ時の「SQLテスト」。本連載では、この課題を解決するOracle Databaseのオプション機能である「Oracle Real Application Testing(RAT)」と、その一機能である「SQL Performance Analyzer(SPA)」の攻略方法を紹介していきます。今回はどのテストモードを選べばよいのか、どの性能を評価すればよいのか、選定ポイントを詳しく紹介します。(2017/11/9)

サポート期間終了OSに異例の対応
“Windows XPの残影”に悩むMicrosoft、WannaCryでパッチ提供の「なぜ」
Microsoftは2017年5月、ランサムウェア「WannaCry」の攻撃発生を受けて、サポート期間が終了しているWindows XP向けに異例のパッチ提供を行った。その判断はどう評価できるのだろうか。(2017/11/9)

アンリツ MT8821Cソフトウェアオプション:
LTE Cat-M1、NB-IoT対応のソフトウェアオプション
アンリツは、ラジオコミュニケーションアナライザ「MT8821C」向けに、LTE Cat-M1、NB-IoT規格対応のソフトウェアオプションを発売した。これらをMT8821Cにインストールすることで、LTE Cat-M1機器とNB-IoT機器の評価を実施できる。(2017/11/8)

「iPhone X」のカメラ、DxOMark総合評価は「Pixel 2」に1点差で届かず
Googleの「Pixel 2」に98点という過去最高得点を与えたカメラレビューサイトDoXMarkが、Appleの「iPhone X」には97点という評価を下した。静止画(スチル)は101点だが、動画撮影で評価を下げた。(2017/11/7)

日立製作所/ダイセル:
IoT活用で経営情報から製造現場の状況までのKPIを可視化する経営ダッシュボード
日立製作所はダイセルと共同で、IoTを活用して経営情報から製造現場の状況までのKPI(主要業績評価指標)を一元的に可視化する、経営・製造ダッシュボードを開発した。(2017/11/7)

やっぱり、働き方改革は“名ばかり” 評価や効果測定に不満、IT活用もこれから
オラクルの調査で、働き方改革に取り組む企業は80%を超えるものの、労働環境の改善施策が多く、ビジネス成長を意識した生産性向上施策とIT活用に課題があることが分かった。(2017/11/2)

「映像を見て感じたこと」を脳から読み解き言語化する技術開発 コンテンツの評価手段として応用
発話や筆談が困難な人に向けた、コミュニケーション技術としての応用も進められています。(2017/11/2)

小規模構成可能、災害対策機能も標準搭載
中堅・中小企業でも無理なく導入できる “HCIのあるべき姿を体現”した製品とは
市場調査会社から高い評価を受けてきたHCI製品が日本に上陸した。容易な導入、運用管理を実現し、“HCIのあるべき姿を体現する”といわれる同製品の特徴を解説する。(2017/11/15)

シリーズ最高、だが:
iPhone Xのレビュー、全体に高評価も顔認証は不安視
11月3日に発売される「iPhone X」について、これまでに出そろった専門家のレビューはiPhoneシリーズで最高だという点で一致している。(2017/11/1)

DevOpsの実践企業は20%、IT部門とビジネス部門との文化の壁に課題も――IDC調査
国内DevOps市場の動向調査によると、DevOpsを実践している企業は20%で、実践検討に前向きな企業も多かった一方、IT部門とビジネス部門との連携や評価指標に課題があることが判明した。(2017/11/1)

住友重機械工業:
自動車ボディーフレーム製造システム「STAF」の評価設備が完成
住友重機械工業は、自動車ボディーフレームの製造システム「STAF」の評価設備が完成したと発表した。(2017/11/1)

PR:レーザープリンタが多くある環境でもエコタンク搭載モデルが活躍――建築設計・環境評価サポート企業の導入事例
無料モニター企画第2弾はビジネス対応力を向上した「EW-M670FT」。印刷環境の分散配置に取り組むシスケアがエコタンク搭載モデルで業務の効率化に挑戦する。(2017/11/1)

ようやく時代とマッチ……「カメレオンコード」再評価 スマホ普及などで導入コスト減
13年前に開発された色の配列で情報を表現する「カメレオンコード」と呼ばれるカラーバーコードが、今になって注目を集めている。(2017/10/25)

製造ITニュース:
IoTで製造KPIを一元的に可視化する経営ダッシュボードを開発
日立製作所は、ダイセルと協同し、IoTを活用して経営情報から製造現場の状況までのKPI(主要業績評価指標)を一元的に可視化する経営・製造ダッシュボードを開発した。職務階層ごとに有用なKPIを表示し、迅速な意思決定が可能になる。(2017/10/24)

積極的な評価は感じられず:
相次ぐ企業不祥事と同時進行の株高、「日本評価の買い」に疑問
日本の大企業で相次ぐ不祥事。海外勢が最も期待したアベノミクス政策の1つであるコーポレート・ガバナンス改革を揺るがす問題であるはずだが、日本株は20年ぶりの高値を更新するなど絶好調だ。(2017/10/20)

製造業IoT:
「IoTの上流から下流まで全てをつなぐ」、ウフルの「enebular」が新展開
ウフルは、IoTオーケストレーションサービス「enebular」のエンタープライズ・プランを発表した。同プランでは、enebularの機能に加えて、同社が高い評価を得ているコンサルティングサービスやインテグレーションサービスを組み合わせ、製品企画から運用の最適化まで包括的に支援する。(2017/10/19)

工場ニュース:
自動車ボディーフレーム製造システムの評価設備が完成
住友重機械工業は、自動車ボディーフレームの製造システム「STAF」の評価設備が完成したと発表した。STAFはフランジをフレームと一体で成形でき、従来の構造と比較して約30%の軽量化が可能になる。(2017/10/19)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(7):
OracleからMySQLへ「トリガ」の移行手順と工数評価
本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。今回は、トリガの移行に関する難易度評価の手順を解説します。(2017/10/19)

iPhone 8/8 PlusではなくiPhone Xを買いたい理由は?
BCNは、同社が運営するオンラインメディア「BCN RETAIL」で「iPhone 8/8 Plus」または「iPhone X」の購入意向者に対するアンケート調査を実施。iPhone Xは機能やデザイン、高級感が評価されているという結果が出た。(2017/10/17)

EIZO、カラーマッチング向けの色評価用LEDスタンドライト
EIZOは、クリエイティブワーク市場向けの色評価用LEDスタンドライト「Z-80PRO2-EIZO」を発表した。(2017/10/17)

上場維持へ前進:
東芝内部管理に“お墨付き” 東証「大企業に甘い」?
東証は東芝の取り組みを評価して内部管理体制に“お墨付き”を与えた形だが、「大企業に甘いのでは」との指摘も出そうだ。(2017/10/12)

連休におでかけしたい 旅行者が高評価の「博物館&美術館」
世界の人気博物館と美術館もあるよ。(2017/10/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。