ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「評価」最新記事一覧

歩行者事故防止へ初導入:
対歩行者自動ブレーキ、マツダ「アクセラ」が最高点
市販車の予防安全性能などの評価結果が公表された。対歩行者の自動ブレーキの評価を初めて実施。マツダ「アクセラ」が最高点だった。(2016/12/2)

安全システム:
対歩行者自動ブレーキの評価試験結果、最高得点はマツダの「アクセラ」
国土交通省は、対歩行者の自動ブレーキを対象とした評価試験の結果を発表した。これまで、対車両の自動ブレーキ評価は行われてきたが、対歩行者は国内で初めて実施した。評価対象は自動車メーカー5社の11モデルで、対歩行者自動ブレーキ評価の最高得点はマツダの「アクセラ」だった。(2016/12/2)

自然エネルギー:
風力発電の騒音評価は四季ごとに、評価マニュアル公開へ
環境省は風力発電設備の新設時における騒音評価の手法に関する報告書をまとめた。原則として四季ごと、かつ昼夜に騒音評価を行い、残留騒音からの増加量が5dBに収まるようにすることを目安とする方針だ。(2016/12/1)

太陽光発電所のトラブル対策(4):
思わぬコストを回避する、発電量の簡単な評価方法とは
今後ますます重要になっていく太陽光発電所の運用保守。しかし、具体的にどのような点に着目して取り組めば良いのだろうか。本連載では日本で太陽光発電所の運用保守事業を手掛けるアドラーソーラーワークスが、実際の事例を交えながらそのポイントを紹介していく。第4回は発電量の評価方法について紹介する。(2016/11/30)

省エネビル:
エネルギーを実質108%削減した木造建築、国内初のZEB評価
清水建設が設計施工を手掛けた「生長の家 茨城県教化部新会館」(茨城県笠間市)が、国土交通省の建築物省エネルギー性能表示制度「BELS」で一次エネルギー消費用が実質ゼロになるZEBとして国内で初めて第三者評価を取得した。既に確立した技術を活用し、コストを抑えながら実質的なエネルギー削減率を108%まで高めた。(2016/11/28)

西東京試験センターを見学:
“技術力の積み重ね”で差別化を、OEGの評価試験
OKIエンジニアリング(OEG)は2015年2月、宇宙航空・産業機器向けの環境試験サービス事業を拡大するため、「西東京試験センター」を開設した。本記事は、西東京試験センターについてOEG社長の柴田康典氏に話を聞くとともに、施設の様子を写真で紹介していく。(2016/11/28)

蓄電・発電機器:
電力と温水を同時に作る太陽電池、遠赤外線でエネルギー効率78%
太陽光発電の大量導入に向けた技術開発の一環で、電力と温水を同時に作ることができる太陽電池の実証試験が始まった。静岡県・掛川市の温泉施設に140枚の太陽電池モジュールを設置して、性能や信頼性を評価する。開発したメーカーの実測では発電効率が15.5%、集熱効率が62.5%に達した。(2016/11/28)

Uber、ドライバーに感謝ステッカーを贈れる機能「Compliments」
Uberが、ドライバーのモチベーションアップのために、乗客がドライバーに感謝の気持ちを伝えられるステッカー機能をアプリに追加した。「素晴らしいナビゲーション能力でした」「会話が楽しかった」などの評価を贈れる。(2016/11/22)

キャリアニュース:
理想の上司は「頑張りを見て評価してくれる上司」
まる出版が、理想の上司の行動に関する調査結果を発表した。「頑張りを見て評価してくれる」上司を理想に挙げた人が66.1%で最も多かった。(2016/11/18)

蓄電・発電機器:
風力発電の天敵、落雷の検知をより高精度に
日本で風力発電設備を運営していく上で、避けられないのが落雷対策だ。ブレード破損や火災などにつながる可能性もある。NEDOはこうした落雷を検知する装置の高度化を目指し、評価技術の開発に着手する。(2016/11/17)

ET2016速報レポート:
5分で始めるセンサー評価、ロームが新製品を展示
ロームは、「Embedded Technology 2016」「IoT Technology 2016」(2016年11月16〜18日/パシフィコ横浜)で、容易にセンサーの評価が可能になるキットの新製品を展示した。(2016/11/16)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
麻倉節全開! ミュージックラバーへ提案する新生ティアックの「NEW VINTAGE」コンセプト
10月に「NEW VINTAGE」コンセプトを発表したティアック。発表会で壇上に上がった麻倉怜士氏は、「『NEW VINTAGE』コンセプトは、これまでのティアックブランドとは明らかに一線を画す」と高く評価した。その理由は、単に価格や音質といった部分にとどまらず、音楽の視聴スタイルそのものを見直したことにあるという。(2016/11/14)

トランプ次期米大統領にロシアのプーチン大統領が祝電
ドナルド・トランプ次期米大統領が選挙中の討論会で「クリントン氏よりあらゆる面で優れている」と評価したロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、トランプ氏に祝電を送った。(2016/11/10)

自然エネルギー:
自立できるバイオマスエネルギーへ、全国6カ所で事業性を評価
地域に適したバイオマスエネルギーの利用拡大に向けて、資源の調達からエネルギーに変換して利用するまでのシステムを事業として成り立たせる点が大きな課題だ。政府は7年間に100億円超の予算を投じて全国各地のシステム構築を支援する。新たに6つのテーマで事業性の評価を開始する。(2016/11/9)

FAニュース:
石油パイプラインなどの検査用ソフトウェアをバージョンアップ
クレアフォームは、石油輸送などに用いられるパイプラインの3Dスキャナーによるスキャン結果から、腐食、くぼみ、削れといった欠陥の自動検査、検出、特性評価などを現場で行えるパイプライン検査用ソフトウェア「Pipecheck」の最新バージョンをリリースする。(2016/11/9)

VRを使った失禁体験装置、経産省から特別賞もらう 「宇宙旅行に役立ちそう」と可能性も評価
ニコニコ超会議でも人気だった失禁体験が、まさか国からも認められるとは……!(2016/11/7)

ICT、SIMフリースマホの品質調査を実施 総合評価トップは「HUAWEI P9」「ZenFone 3 Delux(5.5型)」
ICT総研は、主なSIMロックフリースマートフォンの端末品質調査を実施。総合評価でトップとなったのは「HUAWEI P9」と「ZenFone 3 Delux(5.5型)」となった。(2016/11/4)

高井尚之が探るヒットの裏側:
ロードスターが高く評価されるワケ
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回はこの4年で3度「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したマツダのクルマづくりを読み解く。(2016/11/3)

感情分析、音声検査の技術を採用:
動画コンテンツの消費者心理へのインパクトを測定、アンルーリーがツールを提供
動画SSPを提供するアンルーリーは、ブランド効果や消費者心理へのインパクトを測る動画コンテンツ評価ツール「アンルーリーEQ」を提供すると発表した。(2016/11/2)

ペイメントカードを狙ったサイバー犯罪への処方せん【後編】
「オンライン詐欺検出システム」を購入する企業がベンダーに質問すべき3つのこと
「オンライン詐欺検出システム」は、検出方法とその対象範囲が各ツールの差別化要因となっている。自社に最適な製品を選ぶには、詐欺検出ツールの主要機能を評価することが重要だ。(2016/11/2)

クレジット決済サービス「WebPay」が終了へ 4月にAPIの提供を停止
Webサイトに手軽に決済システムが導入できるとして高い評価を受けていました。(2016/11/1)

山市良のうぃんどうず日記(77):
通常の方法でWindowsをインストールできない場合の“超抜け道的”対処方法
先日、Windows Server 2016評価版をインストールしようとしたところ、インストール用DVDを準備できない、インストール用USBメモリも起動しないというトラブルに遭遇。さて、こんなとき、皆さんならどうしますか。ほとんどの方には役に立たないかもしれませんが、こんな方法もあるということをお見せします。(2016/10/28)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(9):
中身が大変身した「iPhone 7」とその背景
2016年9月に発売されたAppleの新型スマートフォン「iPhone 7」。一部では、あまり目新しい新機能が搭載されておらず「新鮮味に欠ける」との評価を受けているが、分解して中身をみると、これまでのiPhoneから“大変身”を果たしているのだ。今回は、これまでのiPhoneとiPhone 7の中身を比較しつつ、どうして“大変身”が成されたのかを考察していこう。(2016/10/27)

ホワイトペーパー:
「やっぱり『テレマ』は重要かも」と心が揺れるマーケターに3つの質問
リード獲得キャンペーンを成功に導くためにはやはりテレマーケティングが必要なのか。ABM が注目される中、再評価されるテレマーケティングについて、その意義を再検討してみたい。(2016/10/26)

自然エネルギー:
4年連続ゼロ・エミッション達成、星野リゾートが環境大臣賞
星野リゾートは1999年からホテル運営におけるゼロ・エミッション達成に向けた取り組みを進めている。このほど同社の軽井沢事業所におけるホテル業界初のゼロ・エミッション達成と、その4年以上の継続が評価され、環境省から「平成28年度循環型社会推進功労者環境大臣表彰」を受賞した。(2016/10/25)

iFixit、Googleの「Pixel XL」を解剖──バッテリーにだけひっそりHTCのロゴ
“Made by Google”端末「Pixel XL」を分解レポートで知られるiFixitが分解し、修理しやすさは10点満点の6点と評価。メーカーであるHTCのロゴは、バッテリーにのみ表示されていることが分かった。(2016/10/23)

モーターの小型・高出力化に貢献:
銅線占積率90%以上のコイル量産技術を開発
アスターは2016年10月20日、銅線占積率90%以上の高密度な省エネコイルを開発し、その量産技術を確立したと発表した。モーターに搭載することで、従来より約5%の消費電力削減が期待できる。今後、ベンチマーク評価を行い、2018年ごろの量産品供給を目指すという。(2016/10/21)

「ビッグデータプロジェクト」の進め方(2):
「PoC」の進め方──メンバー選定、環境構築、データ収集と活用、評価まで
本連載は、「ビッグデータプロジェクトの“進め方”」を業務視点/ビジネス視点の両面から具体的に理解し、実践していくためのナレッジアーカイブです。今回は、導入前検証である「PoCの進め方」全8工程を解説します。(2016/10/21)

今日から始める「性悪説セキュリティ」(4):
あなたの会社の「セキュリティリスク」、全て正しく説明できますか?
cloudpackの情シス“シンジ”が、史上最強とうたう情報セキュリティ監査「SOC2」を解説する連載。今回は「ERM」のアプローチで、情報資産を評価する手法を紹介する。外注して数百万円かかるような資料を自分たちの手で作れるのだという。(2016/10/20)

エフセキュア、脆弱性の自動スキャン・管理ツールをリリース
ITシステムやネットワーク接続機器などの資産の把握と脆弱性の評価などを行える。(2016/10/19)

“廃虚モノレール”まるで古代遺跡……「文化財」として再評価、解体工事にファン殺到
わずか8年で運行ストップした「姫路モノレール」は近年、「文化財」や「土木遺産」として再評価しようという機運が高まりつつある。(2016/10/19)

富士通研究所、会話音声から相手が満足か、不満なのかを特定する技術を開発
「声の明るさ」を定量化して顧客の満足や不満を感じる部分を特定できるという。コールセンターなどの顧客対応の現場において応対の自動評価が可能になるとしている。(2016/10/18)

Design Ideas パワー関連と電源:
電池で駆動できる低電力用途向け電子負荷
PDAやデジタルカメラなどの携帯型電子機器の電源を設計する際、重要度が高いパラメーターの1つは変換効率である。電源の変換効率は、負荷電流を徐々に変えながら測定、評価を行う。今回は、1000〜2000円の安価な部品コストで実現できる小型の電子負荷を提案する。(2016/10/18)

製造業IoT:
製造業のビッグデータ分析に関する調査を実施、約7割が投資に前向き
ハネウェル・プロセス・ソリューションズは、製造業幹部を対象に実施したビッグデータ分析の重要性に関する調査結果を発表した。企業の67%が、今後12カ月以内にデータアナリティクス(分析評価)への投資増加を計画している。(2016/10/17)

福田昭のデバイス通信(93):
「SEMICON West 2016」、Synopsysが予測する5nm世代のトランジスタ技術
Synopsysの講演では、5nm世代のトランジスタのシミュレーション評価結果が報告された。この結果からはFinFETの限界が明確に見えてくる。5nm世代に限らず、プロセスの微細化が進むと特に深刻になってくるのが、トランジスタ性能のばらつきだ。(2016/10/14)

VRニュース:
NECのVR体験キットは梱包作業がリズムゲームに、2週間で5万円から
NECは、法人向けのVR(仮想現実)技術の活用ソリューションを体系化した「法人VRソリューション」と、その評価パッケージとなる「VRお試しパック」の提供を始める。VRお試しパックの価格は、機材レンタルの費用が2週間で5万円から。梱包ライン作業の技能伝承や危険作業体験のVRコンテンツも無償で貸し出す。(2016/10/14)

マキシム DS28C36:
システムを保護するDeepCoverセキュア認証用IC
Maxim Integrated Productsは、「DeepCover」セキュア認証用IC「DS28C36」を発表した。システムの使用と機能をセキュアに管理し、狙いを絞った非対称鍵と対称鍵暗号ツール一式を、低コストで小型のソリューションで提供する。現在、サンプル、Cソースコード、評価キットを提供中だ。(2016/10/14)

省エネビル:
順天堂医院の新棟、日本初のLEED「ヘルスケア」認証を取得
2016年4月に竣工した「順天堂医院」(文京区本郷)のB棟が、国際的な建築物の環境評価制度「LEED」のヘルスケア部門において、ゴールド認証を取得した。LEEDのヘルスケア部門における認証取得は日本初の事例だ。(2016/10/14)

ミュージシャンのボブ・ディランさん、ノーベル文学賞を受賞
新しい詩的な表現を作り出したことが評価されています。(2016/10/13)

“廃虚モノレール”が半世紀を経て復権? 「文化財」として再評価
1966年、兵庫県姫路市で開かれた「姫路大博覧会」に合わせて、自治体が運営する初めての市営モノレールが走った。未来の都市交通の手段として期待を背負って登場したが……。(2016/10/13)

医療技術ニュース:
画像評価を用いたiPS細胞のリアルタイム品質管理技術を開発
名古屋大学は、iPS細胞などのヒト多能性幹細胞の培養工程で、画像情報を用いて細胞の品質を管理・評価する技術を開発した。培養中の細胞を破壊せず、リアルタイムに品質評価ができる。(2016/10/13)

大人顔負けの資料だ! 小4が作製した自由研究「真田の秘密」が「真田丸」制作統括者も驚くガチっぷり
学校では評価してもらえなかったという資料には、圧倒的なまでの愛と情熱が詰まっていた。(2016/10/12)

成果件数を再配分した「再配分CV」も実装:
ロックオン、「アドエビス」に広告のアトリビューションを加味した新指標の表示機能を追加
ロックオンは、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」に、広告のアトリビューションを加味した評価指標「TCPA」と、成果件数を再配分した指標「再配分CV」を表示する機能を追加した。(2016/10/11)

トレンドキーワードを知る:
PDCAサイクル――デジタルマーケティングにも不可欠、継続的な改善に取り組む管理手法
「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」のサイクルを回すことでビジネスを継続的に改善しようという、生産管理から生まれた考え方は、デジタルマーケティングにも応用されている。(2016/10/7)

グローバル企業のブランド価値:
「Best Global Brands 2016」が発表、ブランド価値上昇率でFacebookが4年連続1位
インターブランドジャパンは世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2016」を発表した。(2016/10/6)

タニタ来月発売、部位ごとに筋肉の質を評価 次世代体組成計で世界初
全身だけではなく右腕や左脚といった部位ごとの筋肉の質を評価できる、次世代型の最上位モデルとなる体組成計「RD-800」を開発。(2016/10/6)

新人記者(応援団長)が行く:
スープを店舗で仕込まないラーメン店が増えている?
ラーメンを評価する上で、めんと同じくらい重要になるのがスープである。実は、そのスープ作りを代行し、ラーメン店に販売している企業がある。業界で初めて「ストレートスープ」と呼ばれる業務用スープを開発したクックピットだ。近年、同社のスープを購入するラーメン店が増えているという……。(2016/10/5)

PR:現場に手早くIoTを導入、Azureクラウドを利用した分析やBIまで
コンテックは自社のM2M/IoT向け製品「CONPROSYS M2Mコントローラ」を利用した生産現場の革新を進めている。小牧事業所(愛知県小牧市)が舞台だ。器具やセンサーから集めたデータをクラウドに集積し、BI(Business Intelligence)ツールを使った可視化にも取り組んでいる。Microsoft Azureのディストリビューターである東京エレクトロンデバイスは、コンテックのCONPROSYSとAzureのサービスをパッケージにした「Azure IoT 評価キット」の販売を開始、小牧事業所のような取り組みを誰でも始められる形だ。第2回IoT/M2M展秋(幕張メッセ、2016年10月26〜28日)では、CONPROSYSの新機能も体験できる。(2016/10/4)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(59):
ついに完成、Windows Server 2016 評価版をインストールしてみた
マイクロソフトのカンファレンス「Microsoft Ignite」でWindows Server 2016とSystem Center 2016が発表され、すぐに評価版の提供も始まりました。早速、Windows Server 2016評価版をインストール、試用したインプレッションをレポートします。(2016/9/30)

mineoユーザーでパケットを共有できる「フリータンク」が「2016年度グッドデザイン賞」受賞
「mineo」で提供している「フリータンク」が、2016年度のグッドデザイン賞を受賞した。ユーザー同士でパケットを共有して助け合える仕組みが高く評価されたという。(2016/9/29)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。