ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プレゼンテーション」最新記事一覧

Dev Basics/Keyword:
Presentation Translator
Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える。(2017/7/18)

DMS2017 ストラタシス・ジャパン:
試作の効率化や小ロット生産の要求に応える「デジタルモールド」がさらに進化
DMS2017に出展したストラタシス・ジャパンのブースでは、StratasysのPolyJet 3Dプリンタで製作した樹脂型を用いた加工技術「デジタルモールド」を訴求。前回のDMS2016からさらに進化した同技術について、ブース内でプレゼンテーションが行われた。(2017/7/7)

Apple Music責任者のボゾマさん、トラブル続きのUberのCBOに
昨年のWWDC 2016でのユニークなプレゼンで注目を集めた「Apple Music」責任者のボゾマ・セイント・ジョン氏がAppleを退社し、Uberの最高ブランド責任者に就任した。セクハラやCEOの暴言で下落した同社のブランドイメージ回復に努める。(2017/6/7)

フライドチキンをピザ化したケンタッキーの魔改造メニューが再び チキン×ビーフの「CHIZZAプルコギ」
出川哲朗さんが味をプレゼンする動画も(ただし英語で)。(2017/5/29)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ハイブリッドITでグローバル展開を加速、ネット総合金融企業に学ぶIT戦略
独自のビジネスモデルを武器に、外為取引などのビジネスを拡大させているSBIリクイディティ・マーケット。同社は、世界に広がる未開拓市場へ挑むために、どのようなIT戦略を取ったのか。プレゼンテーション動画で紹介する。(2017/5/29)

iPad/iPhoneでも使えるプレゼンリモコン カメラのリモート撮影も可能
サンワサプライは、Bluetooth 4.0に対応した「プレゼンリモコン(ワイヤレスプレゼンター・ブルートゥース4.0・PowerPoint・Keynote・iOS)200-LPP025」を発売。専用アプリを使用すればiPad/iPhoneでも利用できる。(2017/5/2)

わーすごーい、キミはプレゼンが得意なポインタなんだね!:
プレゼン戦国時代を勝ち残るために――新世代ポインタ「Spotlight」がすごい
優れたビジネスマンは優れたプレゼンターでもある。ロジクールの「Spotlight」は、プレゼンスキルの重要性を知る人にこそ注目してほしい製品だ。(2017/4/10)

ITmedia エグゼクティブ勉強会:
ビジネスリーダーは、プレゼン力を鍛えよう
会員だけが参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いて少人数で開催する勉強会は、講師と直接ディスカッションができ、また会員同士のコミュニケーションの場として活用されています。(2017/4/7)

ロジクール、カーソル/ズーム操作なども可能な多機能プレゼンター「Spotlight」
ロジクールは、プレゼンテーション向け多機能ワイヤレスコントローラー「ロジクール Spotlight」を発表した。(2017/3/9)

2017年の事業戦略説明会を開催:
Facebookの成長に日本市場が果たす役割――フェイスブックジャパン代表取締役 長谷川 晋氏が語る
フェイスブック ジャパンは2017年2月15日、同社の東京オフィスにおいて、プレス向け説明会を開催した。本稿では代表取締役 長谷川 晋氏によるプレゼンテーションの概略を紹介する。(2017/2/18)

SOLIDWORKS World 2017:
「SOLIDWORKS」の新機能がリアリティーショーに、次世代トップモデラーを目指せ
「SOLIDWORKS World 2017」の最終日、3D CADツール「SOLIDWORKS」の次期バージョン「SOLIDWORKS 2018」の新機能が発表された。「4つのエコシステム」に対応する新機能に加えて、次世代トップモデラー(トップモデルではない)を目指す4人がプレゼンするリアリティーショーのパロディー寸劇でも新機能が紹介された。(2017/2/10)

エンジニアを愛し、エンジニアに愛されたイベント!:
空前絶後のAI、VR、IoT、そしてYouTube! 全ての技術を使ったマッシュアップの産みの親! 超絶怒涛のMA2016決勝戦!!
全国の「ネタ好き」エンジニアにとって、もはや1年を締めくくる恒例行事となった感がある「Mashup Awards」のファイナルステージ(決勝戦)が、2016年12月17日に東京・品川の寺田倉庫で開催された。本稿では、決勝戦でプレゼンが行われた全14作品の概要と審査結果をお伝えする。(2017/2/9)

スプライン・ネットワーク、リアルタイムでアンケート集計も行えるプレゼンテーションツール「SmartClick2」
スプライン・ネットワークは、同社提供のリアルタイムプレゼンテーションツール「SmartClick」の新バージョン「SmartClick2」を発表した。(2017/1/27)

第7回 Device2Cloudコンテスト決勝大会レポート:
IoTが当たり前の時代、学生のアイデアと実装力はどこまで通じるか
デバイスとクラウドを活用したシステムの企画からプレゼン、開発までを競う学生競技会「Device2Cloudコンテスト」。第7回はIoT(モノのインターネット)が当たり前になる中で開催された。上位チームのプレゼン内容を中心に決勝大会の模様をレポートする。(2017/1/20)

任天堂「Switch」への期待、Twitterを席巻 一方株価は……
「Nintendo Switch」のプレゼン開始直後からTwitterの「トレンド」が関連ワードで染まるなどネットユーザーの期待は高まった一方、任天堂の株価は下がった。(2017/1/13)

父の理不尽な怒りっぽさを妹が親戚前でパワポでプレゼン 発想&実行力がTwitterで称賛浴びる
「根本的な原因はあなたにあります」→クリック→「あまりにも器が小さい(太字で大きくバーン!)」(2017/1/6)

ベンチャーニュース:
IoTに精通した企業がIoTビジネス開発をサポートする支援プログラム、DMMが開始
DMM.comはモノづくり施設「DMM.make AKIBA」内でIoTプロトタイプのビジネス化を支援するプログラムを開始する。募集は2016年12月17日から始まっている。応募後はサポーター企業に対するプレゼンテーションやディスカッションなど審査を経てチーム採択する。(2016/12/21)

次世代機「Nintendo Switch」詳細、1月13日午後1時に発表 価格やソフトなど
任天堂は、新型ゲーム機「Nintendo Switch」の詳細を発表するプレゼンを、1月13日午後1時から行う。イベントの様子はWebで生中継する。(2016/12/14)

Tech TIPS:
Windows 10のライブタイルをオフにする
Windows 10の[スタート]メニューには、「ライブタイル」と呼ばれるアプリ内のコンテンツを自動で表示する機能がある。プレゼンのときにTwitterなどが表示されてしまうといった可能性もある。ライブタイルのコンテンツ更新をオフにする方法を紹介する。(2016/12/2)

ベンキュー、ワンボタンでプレゼンを開始できるビジネス向けワイヤレスプレゼンキット「InstaShow」
ベンキュージャパンは、ビジネス向けとなるワイヤレスプレゼンテーションキット「InstaShow WDC10」を発表した。(2016/12/1)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
チャンスをつかむプレゼン
企画力は、新人もベテランもまったく差がない。実現できるかどうかには圧倒的な差がある。その差は何か?(2016/11/10)

動画キャプション、プレゼンデータ、個人サイト向け:
フォントワークス、エヴァ明朝こと「マティスEB TrueType版」を発売
フォントワークスが、エヴァ明朝こと「エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB TrueType版」を動画キャプションやプレゼンデータなどの個人利用向けに販売する。(2016/11/7)

とみえ&なつきが挑む「初めてのデータビジュアライゼーション」後編:
PR:社長へのプレゼンも大成功! Oracle Data Visualizationなら分析結果の共有もプレゼンもカンタン&スムーズ
“セルフサービスBI”では、業務ユーザー自身がデータの取り込みや分析/グラフ化を簡単に行えることのほかに、分析結果をチーム内で手軽に共有し、上司や経営層などへ効果的にプレゼンできることも重要となる。「Oracle Data Visualization Desktop」ではどうだろうか?[ビッグデータ][Big Data](2016/11/7)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省で「実質ゼロ円」「SIMロック解除」を睨んだ有識者会議スタート――標的になりつつあるソフトバンクが空気を読んで改善策を発表
総務省が、2015年に実施した「タスクフォース」をフォローアップする会合を実施することになった。その第1回会合では、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクから現状報告と要望がプレゼンされたのだが、その中でもソフトバンクの提案がまともに映った。(2016/10/21)

特集:“業種×Tech”で勝つ企業、負ける企業(2):
アイデアとテクノロジーで社会の課題を解決する5つのCivicTechサービス
社会的なニーズや実現可能性が高い「アイデア」に対し事業化支援を行うためのコンテスト「MVP Award」。第2回は「社会の課題を解決する技術」いわば「CivicTech」をテーマ多くのサービスが集まった。本稿では、最終審査に残ったMVPは5つのプレゼンの模様と審査結果をお伝えする。(2016/10/20)

PR:今ある社内システムはどうなるの? また増やすの?
Garoonへの乗り換えについてプレゼンしているアベ。しかし、上層部は「グループウェアって今も社内に似たようなことができるシステムあるよね?」「さらにシステム増やして、どんな効果があるの?」と、反応はイマイチ……。ここは背中を押すための説得材料が欲しいところ。どうするアベ?(2016/10/3)

あの情報の真偽やいかに! 「iPhone 7/7 Plus(仮)」で注目すべきポイント
日本時間の9月8日2時から、Appleのキーノート(プレゼンテーション)が行われる。このキーノートで発表されるであろう「iPhone 7/7 Plus(仮)」について、事前に出ている情報をもとに注目すべきポイントをまとめてみた。(2016/9/7)

アップルPickUp!:
プログラミングだけでなくプレゼン能力も 今のキッズプログラマーがすごい
ゲームがしたいなら自分で作ればいいじゃない。(2016/9/6)

NECディスプレイ、手持ちのPC/端末でワイヤレス出力を行えるプレゼン用アダプタ「MultiPresenter Stick」
NECディスプレイソリューションズは、PC/タブレットなど各種機器でのワイヤレスプレゼンテーションを実現可能とする「MultiPresenter Stick」を発表した。(2016/9/6)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(10):
柱の数が大切――新卒3年目の@' yhattが、GitHubで世界中から「Star」をもらえた理由
GitHubで4000個以上ものStarを獲得したプレゼン資料作成ソフトウェア「Marp」の開発者「@' yhatt」こと服部さんの、大学での意外な専攻とは――?(2016/9/5)

技術の壮大な無駄遣いはIoTや人類の未来を示すのか〜「おばかIoTアプリ選手権2016 Summer」レポート
おばかアプリとIoTが出会ったら何が起きるのか――厳正な審査を通過した10作品のプレゼンと表彰式の模様をお伝えする。(2016/8/31)

「安倍マリオ」にドラえもん――日本パートが話題のリオ五輪閉会式、NHKがさっそくネット配信
安部首相のマリオコスプレや日本を代表するアニメキャラの登場など、日本のプレゼンパートが話題になったリオ五輪閉会式。その模様をさっそくNHKが見逃し配信している。(2016/8/22)

BIM/CAD:
3D CADにVR空間画像の出力機能、提案力向上に
建造物のプレゼンテーションにVR(バーチャルリアリティ)を活用しようという動きが進んでいる。日本ユニシス・エクセリューションズは同社の住宅用3D CAD「DigiD」のオプションソフトの新版、VR空間画像の出力機能を追加した。(2016/8/19)

特集:「人工知能」入門(5):
日本トップクラスのAI研究者が語る、人工知能の歴史と産業との関係
2016年6月14日に開催された金融庁の「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」第2回では、人工知能(AI)研究の第一人者である松尾豊 東京大学大学院 准教授がプレゼンテーションを行った。(2016/7/13)

B2Bマーケティングにも意欲:
電通デジタルが設立発表会を実施、「マーケティングの世界で“新幹線”を作る」と宣言
電通デジタルは設立発表会を実施。代表取締役社長 COO 丸岡吉人氏が今後の戦略についてのプレゼンテーションを行った。(2016/7/9)

CIOが信頼を勝ち取るには?
セキュリティに関する「役員プレゼンテーション」を台無しにする“5つの失言”
CIO(最高情報責任者)やCISO(最高情報セキュリティ責任者)が役員会でサイバーセキュリティに関するプレゼンテーションをすることが増えている。そうした場での5つの“べからず”とは?(2016/7/6)

石川温のスマホ業界新聞:
iOS 10で進化する「iMessage」はLINE対抗にあらず――アプリ流通を「メッセージ経由の口コミ」で拡散するのが狙いか
Appleの開発者会議「WWDC 2016」の基調講演では、iOSの「iMessage」のプレゼンテーションに時間が割かれた。スタンプ対応を見るとLINEに対抗しようとしているようにも見えるが、アプリによるアドオン対応にこそ注目すべきだ。(2016/6/24)

親指だけで操作できる指輪型のワイヤレスマウスが登場 両手が空くのでプレゼンに便利
ゴロ寝操作も捗る?(2016/6/20)

プロマネ1年生の教科書:
人を“納得させる”プレゼンスキル、2つのポイント
プロジェクトの約束ごとを守らせるにはどうすればいいか――。時と場合によって必要なスキルは異なりますが、議論の余地がないテーマについては「プレゼンテーション」のスキルが有効です。今回は相手に納得してもらうプレゼンのポイントについてご紹介します。(2016/6/16)

PR:iPadとこれさえあればスマートにプレゼンできる ビジネスシーンの心強い味方「QUMI Q6」ってなんだ?
クライアントやパートナーとの情報共有や理解促進に欠かせないプレゼンテーションだが、ノートPCの画面をそのまま見せたり、印刷した資料で行ったりしていないだろうか。分かりやすく、印象に残るプレゼンを目指したいなら、ぜひこれをチェックしてほしい。(2016/6/14)

任天堂Wii 開発回顧録 〜岩田社長と歩んだ8年間〜:
全員が「同じ月」を見て、「お母さんに嫌われない」ゲーム機を開発した
「Wii」のコンセプトが定まり、何度も社内でプレゼンテーションすることで、周囲からの理解を得られました。今回はWiiの開発と全仕様の決定へと話が進んでいきます。(2016/6/9)

大口契約GET! パワポで結婚についてプレゼンした彼氏に称賛の声
「結婚プラン」のメリットをご紹介。(2016/6/7)

熱設計のパラダイムシフトにどう対応するか:
「大気放熱」から「基板放熱」へコンセプト転換
KOAは、「JPCA Show 2016」で、「熱設計のパラダイムシフトに対応するために」と題するプレゼンテーションを行った。電子部品の高密度実装化などにより熱設計が深刻となる。熱問題について、取り組むべき課題や温度測定時の注意点などを紹介した。(2016/6/7)

「メモ取り」だけじゃない
いまだに知られていない「オンラインホワイトボード」の効果、オフライン会議との違いは?
メモ取りにプレゼンテーションにラフスケッチと、オンライン会議においてもホワイトボードは重要だ。ユニファイドコミュニケーションにおけるオンラインホワイトボードの役割について、専門家が説明する。(2016/5/19)

新連載・任天堂Wii 開発回顧録 〜岩田社長と歩んだ8年間〜:
競合ゲーム機「PSP」の脅威が任天堂社内を変えた
「Wiiのプレゼンテーションを最も多く経験した男」。任天堂の岩田元社長からもそう評された玉樹さん。本連載では、Wiiの開発担当者として、いかに商品を生み出し、世に広めていったか、そのプロジェクトのリアルをお伝えします。(2016/5/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ、あの人は「本番」に強いのか
テストの勉強をせずに、いざ本番で頑張っても問題は解けない。プレゼンでは、席に着いたところで本番の勝負がついているのは分かるだろう。(2016/4/21)

IoT観測所(20):
インダストリー4.0で重要な役目を果たす、Windows生まれの「OPC UA」
Windows OSで使われていたOLEを発端とする産業オートメーション標準規格が「OPC UA」だ。トランスポート〜プレゼンテーション層に相当する機能を提供しながら上下層の規定がないという柔軟性を持ち、インダストリー4.0においても重要な役割を担う。(2016/4/19)

エンブレム最終候補作の見せ方は不適切? 旧審査委の平野氏「A案ありきのプレゼンテーション」と分析
どういうことなの?(2016/4/11)

Wired, Weird:
“アナログ・プレゼンタイマー”の製作
今回は、オリジナル回路「シリアルオシレーター」と「シリアルタイマー」を組み合わせたプレゼンタイマーの作り方を紹介しよう。トランジスタの動作を理解するためにも良い回路であり、これから電子回路を学ぶ読者にオススメだ。(2016/4/8)

特集:FinTech入門(7):
銀行APIの公開で便利で面白い金融サービスは生まれるか――12の多彩なアイデアが完成度を競ったFintech Challenge 2016
三菱東京UFJ銀行は、FinTechをテーマとしたハッカソンイベント「Fintech Challenge 2016 “Bring Your Own Bank!”」を開催した。この記事では、ハッカソン最終日に行われた12チームによるプレゼンテーションの概要と、審査結果をレポートする。(2016/4/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。