ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プレゼンテーション」最新記事一覧

Tech TIPS:
Windows 10のライブタイルをオフにする
Windows 10の[スタート]メニューには、「ライブタイル」と呼ばれるアプリ内のコンテンツを自動で表示する機能がある。プレゼンのときにTwitterなどが表示されてしまうといった可能性もある。ライブタイルのコンテンツ更新をオフにする方法を紹介する。(2016/12/2)

ベンキュー、ワンボタンでプレゼンを開始できるビジネス向けワイヤレスプレゼンキット「InstaShow」
ベンキュージャパンは、ビジネス向けとなるワイヤレスプレゼンテーションキット「InstaShow WDC10」を発表した。(2016/12/1)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
チャンスをつかむプレゼン
企画力は、新人もベテランもまったく差がない。実現できるかどうかには圧倒的な差がある。その差は何か?(2016/11/10)

動画キャプション、プレゼンデータ、個人サイト向け:
フォントワークス、エヴァ明朝こと「マティスEB TrueType版」を発売
フォントワークスが、エヴァ明朝こと「エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB TrueType版」を動画キャプションやプレゼンデータなどの個人利用向けに販売する。(2016/11/7)

とみえ&なつきが挑む「初めてのデータビジュアライゼーション」後編:
PR:社長へのプレゼンも大成功! Oracle Data Visualizationなら分析結果の共有もプレゼンもカンタン&スムーズ
“セルフサービスBI”では、業務ユーザー自身がデータの取り込みや分析/グラフ化を簡単に行えることのほかに、分析結果をチーム内で手軽に共有し、上司や経営層などへ効果的にプレゼンできることも重要となる。「Oracle Data Visualization Desktop」ではどうだろうか?[ビッグデータ][Big Data](2016/11/7)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省で「実質ゼロ円」「SIMロック解除」を睨んだ有識者会議スタート――標的になりつつあるソフトバンクが空気を読んで改善策を発表
総務省が、2015年に実施した「タスクフォース」をフォローアップする会合を実施することになった。その第1回会合では、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクから現状報告と要望がプレゼンされたのだが、その中でもソフトバンクの提案がまともに映った。(2016/10/21)

特集:“業種×Tech”で勝つ企業、負ける企業(2):
アイデアとテクノロジーで社会の課題を解決する5つのCivicTechサービス
社会的なニーズや実現可能性が高い「アイデア」に対し事業化支援を行うためのコンテスト「MVP Award」。第2回は「社会の課題を解決する技術」いわば「CivicTech」をテーマ多くのサービスが集まった。本稿では、最終審査に残ったMVPは5つのプレゼンの模様と審査結果をお伝えする。(2016/10/20)

PR:今ある社内システムはどうなるの? また増やすの?
Garoonへの乗り換えについてプレゼンしているアベ。しかし、上層部は「グループウェアって今も社内に似たようなことができるシステムあるよね?」「さらにシステム増やして、どんな効果があるの?」と、反応はイマイチ……。ここは背中を押すための説得材料が欲しいところ。どうするアベ?(2016/10/3)

あの情報の真偽やいかに! 「iPhone 7/7 Plus(仮)」で注目すべきポイント
日本時間の9月8日2時から、Appleのキーノート(プレゼンテーション)が行われる。このキーノートで発表されるであろう「iPhone 7/7 Plus(仮)」について、事前に出ている情報をもとに注目すべきポイントをまとめてみた。(2016/9/7)

アップルPickUp!:
プログラミングだけでなくプレゼン能力も 今のキッズプログラマーがすごい
ゲームがしたいなら自分で作ればいいじゃない。(2016/9/6)

NECディスプレイ、手持ちのPC/端末でワイヤレス出力を行えるプレゼン用アダプタ「MultiPresenter Stick」
NECディスプレイソリューションズは、PC/タブレットなど各種機器でのワイヤレスプレゼンテーションを実現可能とする「MultiPresenter Stick」を発表した。(2016/9/6)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(10):
柱の数が大切――新卒3年目の@' yhattが、GitHubで世界中から「Star」をもらえた理由
GitHubで4000個以上ものStarを獲得したプレゼン資料作成ソフトウェア「Marp」の開発者「@' yhatt」こと服部さんの、大学での意外な専攻とは――?(2016/9/5)

技術の壮大な無駄遣いはIoTや人類の未来を示すのか〜「おばかIoTアプリ選手権2016 Summer」レポート
おばかアプリとIoTが出会ったら何が起きるのか――厳正な審査を通過した10作品のプレゼンと表彰式の模様をお伝えする。(2016/8/31)

「安倍マリオ」にドラえもん――日本パートが話題のリオ五輪閉会式、NHKがさっそくネット配信
安部首相のマリオコスプレや日本を代表するアニメキャラの登場など、日本のプレゼンパートが話題になったリオ五輪閉会式。その模様をさっそくNHKが見逃し配信している。(2016/8/22)

BIM/CAD:
3D CADにVR空間画像の出力機能、提案力向上に
建造物のプレゼンテーションにVR(バーチャルリアリティ)を活用しようという動きが進んでいる。日本ユニシス・エクセリューションズは同社の住宅用3D CAD「DigiD」のオプションソフトの新版、VR空間画像の出力機能を追加した。(2016/8/19)

特集:「人工知能」入門(5):
日本トップクラスのAI研究者が語る、人工知能の歴史と産業との関係
2016年6月14日に開催された金融庁の「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」第2回では、人工知能(AI)研究の第一人者である松尾豊 東京大学大学院 准教授がプレゼンテーションを行った。(2016/7/13)

B2Bマーケティングにも意欲:
電通デジタルが設立発表会を実施、「マーケティングの世界で“新幹線”を作る」と宣言
電通デジタルは設立発表会を実施。代表取締役社長 COO 丸岡吉人氏が今後の戦略についてのプレゼンテーションを行った。(2016/7/9)

CIOが信頼を勝ち取るには?
セキュリティに関する「役員プレゼンテーション」を台無しにする“5つの失言”
CIO(最高情報責任者)やCISO(最高情報セキュリティ責任者)が役員会でサイバーセキュリティに関するプレゼンテーションをすることが増えている。そうした場での5つの“べからず”とは?(2016/7/6)

石川温のスマホ業界新聞:
iOS 10で進化する「iMessage」はLINE対抗にあらず――アプリ流通を「メッセージ経由の口コミ」で拡散するのが狙いか
Appleの開発者会議「WWDC 2016」の基調講演では、iOSの「iMessage」のプレゼンテーションに時間が割かれた。スタンプ対応を見るとLINEに対抗しようとしているようにも見えるが、アプリによるアドオン対応にこそ注目すべきだ。(2016/6/24)

親指だけで操作できる指輪型のワイヤレスマウスが登場 両手が空くのでプレゼンに便利
ゴロ寝操作も捗る?(2016/6/20)

プロマネ1年生の教科書:
人を“納得させる”プレゼンスキル、2つのポイント
プロジェクトの約束ごとを守らせるにはどうすればいいか――。時と場合によって必要なスキルは異なりますが、議論の余地がないテーマについては「プレゼンテーション」のスキルが有効です。今回は相手に納得してもらうプレゼンのポイントについてご紹介します。(2016/6/16)

PR:iPadとこれさえあればスマートにプレゼンできる ビジネスシーンの心強い味方「QUMI Q6」ってなんだ?
クライアントやパートナーとの情報共有や理解促進に欠かせないプレゼンテーションだが、ノートPCの画面をそのまま見せたり、印刷した資料で行ったりしていないだろうか。分かりやすく、印象に残るプレゼンを目指したいなら、ぜひこれをチェックしてほしい。(2016/6/14)

任天堂Wii 開発回顧録 〜岩田社長と歩んだ8年間〜:
全員が「同じ月」を見て、「お母さんに嫌われない」ゲーム機を開発した
「Wii」のコンセプトが定まり、何度も社内でプレゼンテーションすることで、周囲からの理解を得られました。今回はWiiの開発と全仕様の決定へと話が進んでいきます。(2016/6/9)

大口契約GET! パワポで結婚についてプレゼンした彼氏に称賛の声
「結婚プラン」のメリットをご紹介。(2016/6/7)

熱設計のパラダイムシフトにどう対応するか:
「大気放熱」から「基板放熱」へコンセプト転換
KOAは、「JPCA Show 2016」で、「熱設計のパラダイムシフトに対応するために」と題するプレゼンテーションを行った。電子部品の高密度実装化などにより熱設計が深刻となる。熱問題について、取り組むべき課題や温度測定時の注意点などを紹介した。(2016/6/7)

「メモ取り」だけじゃない
いまだに知られていない「オンラインホワイトボード」の効果、オフライン会議との違いは?
メモ取りにプレゼンテーションにラフスケッチと、オンライン会議においてもホワイトボードは重要だ。ユニファイドコミュニケーションにおけるオンラインホワイトボードの役割について、専門家が説明する。(2016/5/19)

新連載・任天堂Wii 開発回顧録 〜岩田社長と歩んだ8年間〜:
競合ゲーム機「PSP」の脅威が任天堂社内を変えた
「Wiiのプレゼンテーションを最も多く経験した男」。任天堂の岩田元社長からもそう評された玉樹さん。本連載では、Wiiの開発担当者として、いかに商品を生み出し、世に広めていったか、そのプロジェクトのリアルをお伝えします。(2016/5/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ、あの人は「本番」に強いのか
テストの勉強をせずに、いざ本番で頑張っても問題は解けない。プレゼンでは、席に着いたところで本番の勝負がついているのは分かるだろう。(2016/4/21)

IoT観測所(20):
インダストリー4.0で重要な役目を果たす、Windows生まれの「OPC UA」
Windows OSで使われていたOLEを発端とする産業オートメーション標準規格が「OPC UA」だ。トランスポート〜プレゼンテーション層に相当する機能を提供しながら上下層の規定がないという柔軟性を持ち、インダストリー4.0においても重要な役割を担う。(2016/4/19)

エンブレム最終候補作の見せ方は不適切? 旧審査委の平野氏「A案ありきのプレゼンテーション」と分析
どういうことなの?(2016/4/11)

Wired, Weird:
“アナログ・プレゼンタイマー”の製作
今回は、オリジナル回路「シリアルオシレーター」と「シリアルタイマー」を組み合わせたプレゼンタイマーの作り方を紹介しよう。トランジスタの動作を理解するためにも良い回路であり、これから電子回路を学ぶ読者にオススメだ。(2016/4/8)

特集:FinTech入門(7):
銀行APIの公開で便利で面白い金融サービスは生まれるか――12の多彩なアイデアが完成度を競ったFintech Challenge 2016
三菱東京UFJ銀行は、FinTechをテーマとしたハッカソンイベント「Fintech Challenge 2016 “Bring Your Own Bank!”」を開催した。この記事では、ハッカソン最終日に行われた12チームによるプレゼンテーションの概要と、審査結果をレポートする。(2016/4/6)

CAD読み物:
プレゼンテーション作成と3Dデータ
昔は面倒でしたが、今は簡単にできますね。(2016/3/16)

ITmedia エグゼクティブ勉強会:
ビジネスリーダーは、プレゼン力を鍛えよう
会員のみが参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いての少人数で開催する勉強会は、講師と直接ディスカッションができ、また会員同士のコミュニケーションの場として活用されています。(2016/3/1)

Mobile World Congress 2016:
マーク・ザッカーバーグ氏も登場、サプライズ満載だった「SAMSUNG Galaxy UNPACKED 2016」
Samsungが「SAMSUNG Galaxy UNPACKED 2016」を開催し、新フラッグシップモデル「Galaxy S7」「Galaxy S7 edge」と、全天球カメラ「Gear 360」を発表。VR映像をGear VRで見せるプレゼンテーションも行い、製品もプレゼンにも新しい取り組みを盛り込んだ。(2016/2/22)

IT4コマ漫画:
IT担当者にありがちな「ダメ会議」
新システムの導入に向けた社内プレゼンのシーン。本人は分かりやすく説明しているつもりでも……? IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第82回目。(2016/2/12)

モビリティとイノベーションで働き方を変革――究極のビジネスツール「Think X1」ファミリー発表会(前編)
ThinkPadは、Lenovoを象徴する製品だ。そのプレミアムモデルである「ThinkPad X1」シリーズの2016年モデルは、私たちに「新しい働き方」を提案すべく生まれてきた。その背景を、レノボ・ジャパンの留目社長のプレゼンテーションから探っていこう。(2016/2/10)

プロジェクターとホワイトボードが1つに融合:
PR:会議やプレゼンはストレスだらけ? インタラクティブプロジェクターで不満を解決!
プロジェクターとホワイトボードを融合した新世代のオフィス機器、インタラクティブプロジェクターでビジネス現場はどう変わる?(2016/2/8)

au長期契約者を招待する「au × Xperia オーナーズパーティー」第2弾が東名阪で開催
KDDIは、auの長期契約者かつXperiaユーザーを対象とした「au × Xperia オーナーズパーティー」第2弾を東名阪で開催。開発者・スタッフとの懇親会や商品プレゼンなどを実施する。(2016/1/14)

MAは開発者のM-1になったのか:
マッシュアップもIoTへ――「下手な芸人より面白い」「狂気を感じる」「絶句した」な12作品が集まった #MA11 決勝戦まとめ
全国の開発者が、自らの技術力と、世の中に公開されているさまざまなAPI、ハードウエア、センサーなどを「マッシュアップ」して、新たな作品を作り出すコンテスト「Mashup Awards」(MA)が今年も開催。同コンテストの最優秀作を決定する最終プレゼンテーション「ファイナルステージ」と、各賞の発表が、11月18日に東京の渋谷ヒカリエで行われた。(2015/12/25)

3年ぶり:
finalサンタ再臨! 25万円相当のイヤフォンが当たるかもしれないTwitterキャンペーン
「finalサンタさんに高級イヤフォンをおねだりしよう!クリスマスtwitterプレゼント」が12月22日12時〜21時に開催される。ツイートするだけでクロム銅削り出しの「Piano Forte X」などが当たるぞ!(2015/12/17)

第6回 Device2Cloudコンテスト 決勝大会レポート:
「IoTも伝えるスキルがなければ価値はない」――クラウドネイティブな学生がIoTを企画すると?
デバイスとクラウドを活用したシステムの企画からプレゼン、開発までを競う学生競技会「第6回 Device2Cloudコンテスト」の決勝大会が開催された。本稿では、上位チームのプレゼン内容を中心に決勝大会の模様をお伝えする。(2015/12/15)

EdTechフロントランナー【LoiLo編:第2弾】
ロイロノートのDNAを継ぐ“生徒目線”の授業支援アプリ「ロイロノート・スクール」
LoiLoが開発・販売し、教育関係者からの人気を博したプレゼンソフト「ロイロノート」。同社経営陣も驚く教育分野でのフィーバーをきっかけに生まれたのが、授業支援アプリ「ロイロノート・スクール」だ。(2015/11/26)

「ニンテンドーダイレクト」13日に配信 故・岩田氏に代わり広報室の森本氏がプレゼン
故・岩田聡氏がユーザーにゲーム情報を直接届けていた動画番組「Nintendo Direct」の次回配信が13日に。岩田氏に代わり、広報室の森本氏がプレゼンする。(2015/11/11)

今日は大事なプレゼンの日、○○を食べると脳がみるみる活性化する!
仕事で大事な会議やプレゼンがある日は、朝食で「あるメニュー」を取り入れましょう。脳がいつもより活性化するはずです。(2015/11/6)

ET2015 開催直前情報:
課題解決をFPGAで――FPGA初心者歓迎の日本アルテラ
日本アルテラはET2015にて、FPGAに関する豊富な展示とデモ、39本のプレゼンテーションで最新情報と使いこなしテクニックを紹介する。「課題解決のきっかけにFPGA」を模索する最初の一歩にもなる展示内容だ。(2015/11/5)

映画「スティーブ・ジョブズ」2016年2月日本公開 伝説のプレゼン「直前40分の舞台裏」も描いた人間ドラマ
ジョブズ役を演じるのはマイケル・ファスベンダー。(2015/10/29)

アナウンサー×2年目社員 目指せ! ライトニングトークの星(最終回):
初めてのLTで失敗しないコツ――PREP法、SDS法を使ったプレゼンの基本構成、本番前にチェックするべき7つのポイント
ライトニングトーク(LT)のイロハを、プロのアナウンサーが伝授する本連載。最終回は、プレゼン内容の作成方法と、リハーサルでのチェックポイントです。山崎さんの指導を受けた2年目社員中尾さんの「初めてのライトニングトーク」動画付き。(2015/10/27)

プレゼン共有サービス「ニコナレ」 音声付きでスライド投稿、聞きながらコメントも
プレゼンテーションのスライドを、発表中の音声と一緒に公開できる「ニコナレ」をドワンゴが提供開始した。(2015/10/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
男の年収は「見た目」で決まる――コンディションを高める2ステップ
上昇意欲が高くプライベートを犠牲にしてプレゼン術を磨いたり、資格を取得するなど日々努力を怠らない。でも「見た目」の影響力を見逃していないだろうか。(2015/10/15)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。