ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ダーツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ダーツ」に関する情報が集まったページです。

【マンガ】「ダーツボードが複雑な模様になったのは、もともと木製だったから」って知ってた?
別の素材だったら、デザインが変わっていたかも。(2018/9/19)

衝撃事件の核心:
シャンデリアにダーツ……「ナンパ師」セミナー受講生らが女性を連れ込んだ専用部屋「ハウス」の全貌
5月8日、女性に大量の酒を飲ませて乱暴したとして、会社員の男2人が警視庁に準強制性交容疑で逮捕された。(2018/5/28)

「あらびき団」、地上波復活第3弾は4時間SP! 放送時間は「編成が靴下ダーツで決めた」
12月29日23時50分から放送!(2017/11/22)

元NASA技術者が“絶対真ん中に当たる”ダーツボードを開発 ダーツに合わせて的が移動し強引に命中させる超技術
届きさえすれば、誰でも真ん中に当てられる。(2017/3/23)

バーもダーツもVRも! 設備満載の豪華なカプセルホテルが荻窪に7月にオープン
無意味に泊まってみたくなる。(2016/6/29)

丸の内本社移転をきっかけに改革:
ダーツで席決め 好業績のカルビー、成長の源はオフィスにあった!
2009年に経営体制を大きく刷新したカルビー。それが功を奏し業績を伸ばし続けている。松本会長の号令の下、さまざまな経営改革に取り組んできた。その1つが本社移転をきっかけに推進したオフィス戦略だ。(2015/4/14)

医療技術ニュース:
素人の行動を見続けると、玄人も下手になる?――NICTと仏CNRSの共同研究
ダーツのエキスパートが素人のダーツ結果を予測するという検証から、他者動作の予測と自己動作の生成には、共通した脳内プロセスが関与していることを明らかにした。(2014/12/5)

「劇場版 TIGER&BUNNY」のダーツセット登場 ダーツマシンとのコラボも
新ヒーロー「ゴールデンライアン」をモチーフにした黄金のダーツはいかが。(2013/12/21)

iPhoneからテレビに向かってダーツを投げるゲームアプリ
「ダーツにしやがれ!」は、iPhoneからスマートテレビやPCに向けてダーツの矢を飛ばす。(2012/5/22)

“笑ってコラえて!”の「日本列島ダーツの旅」を体感できるAndroidアプリ
日本テレビのバラエティ番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」内の人気コーナー「日本列島ダーツの旅」をモチーフにしたAndroidアプリの配信が開始された。(2011/5/23)

ダーツバーと「PSP2 ∞」がコラボ! 酒井さん監修のカクテルも
(2011/2/22)

iPadとiPhoneを連動させたパーティーゲーム、KLabが開発
親機のiPadと、複数の子機のiPhoneを連動させて楽しめるパーティゲームが登場。ポーカーや麻雀、ダーツ、釣りなどのゲームが登場する。(2010/5/26)

ダーツバーが「龍が如く」に染まるコラボ
(2009/10/9)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
3秒で投資先を選ぶ方法、再び
毎週土曜連載の『カブ・ジェネレーション』第21回。ダーツを世界地図に向けて投げて、投資先を決めようとするあずさ。ダーツが刺さった場所は何と……。(2009/8/22)

東京おもちゃショー2009:
プロの頭脳を持った? 家庭用ダーツ「PC-DARTS 2」
PCと接続して本格的なダーツが楽しめる「PC-DARTS」(ピーシー・ダーツ))にグレードアップした第2弾が登場。プロの理論を取り込んだCOM対戦が楽しめる。もちろん、前モデル同様にツンデレ仕様にすることも可能。(2009/7/24)

デジタルダーツ“フェニックス”と連動する公式サイト「フェニックス モバイル」オープン
プロモバイルとエイチ・アイ・シーは4月15日、デジタルダーツ「フェニックス」と連動する公式サイト「フェニックス モバイル」を開設した。プレイデータの確認やシーンカスタマイズ機能などが利用できる。(2009/4/15)

座席は“ダーツ”で決める? コクヨのフリーアドレスシステム「OfficeDARTS」
コクヨオフィスシステムの「OfficeDARTS(オフィスダーツ)」は、フリーアドレス制オフィス向けの座席割り当てシステム。席で行いたい作業内容や作業時間を入力すると、自動で席を割り当ててくれる。利用者の誕生日や趣味などに合わせて席順を決定するオプション機能も備えている。(2009/2/27)

TechTargetジャパン会員限定サービス
ノベルティプレゼント「TechTargetジャパン ベスト&ダーツセット」
(2009/1/7)

ココロを知れば知るほどより面白くより深く――「天空盤」ってなんだ?
ダーツライブが提案するリアルとネットワークをひとつにした新しい対戦型ボードゲームが誕生した。心を読み、心をつなぐ、ココロの対戦ゲーム「天空盤」である。プレゼント情報も!(2008/2/21)

「デビル メイ クライ 4」がダーツに?――「L'Arc〜en〜Ciel」の特別PV期間限定公開も
(2008/1/31)

究極の家庭用ダーツ「PC-DARTS」に“もえ”る
エポック社の「PC-DARTS」は、究極の家庭用ダーツボードだ。ボードは業務用と同じ15.5インチで、PCと接続すれば得点計算などすべて自動化。ダーツが刺さったときの効果音などもカスタマイズできる。しかも、先日公開されたオリジナル効果音は……ニャンコ?(2008/1/30)

ダーツライブ、スヌーピーのダーツ&カードセットを発売
(2008/1/28)

誠 Weekly Access Top10(2007年10月2日〜10月9日):
「ひょっとして高橋さんですか?」――その後の誠倶楽部
本誌連載「誠倶楽部」のメンバーである高橋暁子はある夜、ダーツバーで見知らぬ男性に声をかけられた。「ひょっとして高橋さんですか?」と。(2007/10/11)

セガ ビーリンク、有楽町にダーツバー「Bee YURAKUCHO」をオープン
(2007/4/12)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。