ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「データベース」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
Database Expert − @IT
調査のチカラ 〜 無料アンケートデータのまとめサイト
質問!データベース→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でデータベース関連の質問をチェック
いまさら聞けない 組み込みデータベース入門 ― MONOist

SQL Serverトラブルシューティング(47):
「断片化なし」「不足インデックスなし」にもかかわらず、業務処理が遅くなっていく(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「断片化/不足インデックスには問題がないのに、データベース処理がだんだん遅くなっていく事例とその対処方法の続編」を解説します。(2017/5/22)

Microsoft Focus:
MSが提唱する「インテリジェントクラウド、インテリジェントエッジ」とは何か 
「Microsoft Build 2017」で、「インテリジェントクラウド」「インテリジェントエッジ」という新コンセプトを掲げ、大規模分散データベース「Azure Cosmos DB」などを発表したMicrosoft。同社が見据える新たなクラウド戦略とは?(2017/5/20)

東芝 GridDB:
米国市場に対し、IoT向けスケールアウト型DBをAWSマーケットプレースで販売
東芝は、IoT向けスケールアウト型データベース「GridDB」の販売を「AWS(Amazon Web Services)マーケットプレース」上で開始した。(2017/5/19)

迷惑電話を判別、人工知能が自動で着信拒否 iOS版「電話帳ナビアプリ」が登場
ライドアンドコネクトは、独自に保有する電話番号データベースをもとに詐欺・迷惑電話電話を自動判断する「電話帳ナビアプリ」をリリース。アプリを起動すれば着信時に電話番号検索を行い、迷惑度と共に画面へ表示する。(2017/5/18)

開発者向け「無償エディション」も提供:
マークロジック、NoSQLデータベース「MarkLogic 9」正式版をリリース
マークロジックが、NoSQLデータベースプラットフォームの最新版「MarkLogic 9」をリリース。開発者向けの「無償エディション」も用意する。(2017/5/18)

Google Cloud Next 17で知るグーグルのクラウド(2):
グローバルなOLTPを可能にするグーグルのRDBサービス、「Cloud Spanner」とは
米グーグルは2017年5月16日(米国時間)、パブリッククラウドサービスGoogle Cloud Platformで、リレーショナルデータベースサービス「Cloud Spanner」の本格提供を開始した。本記事では、2017年3月に開催されたGoogle Cloud Next 17のセッションと、2017年5月に発表された論文から、Cloud Spannerとは何かをあらためて紹介する。(2017/5/18)

SQL Serverトラブルシューティング(46):
「断片化は発生していない」のに業務処理がだんだん遅くなっていく(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「データベース処理がだんだん遅くなっていく事例とその対処方法の続編」を解説します。(2017/5/15)

Mac版Visual Studio 2017、MySQL/PostgreSQL on Azureなども:
分散NoSQLデータベース「Cosmos DB」など マイクロソフト、Build 2017で開発者向け新機能/サービスを続々発表
マイクロソフトは、同社の年次開発者会議「Build 2017」で、開発者向けのクラウド新機能やサービスを多数発表。「Mac版Visual Studio 2017」や「MySQL on Azure」、大規模NoSQLデータベース「Cosmos DB」などがリリースされる。(2017/5/12)

2100本超のSQL全量テストの工数を約7割削減:
PR:これが“RAT in Cloud”の威力! 外為どっとコムがデータベースアップグレードの期間とコストを大幅圧縮
「Oracle Databaseのアップグレードに際して、2100本超のSQLの検証に掛かる期間とコストをいかにして圧縮するか?」──。外為どっとコムがこの課題の解決策として採用したのが、Oracle Real Application TestingとOracle Database Cloud Serviceを組み合わせた“RAT in Cloud”によるテストソリューションであった。[運用管理効率化][Oracle Enterprise Manager](2017/5/10)

製造業IoT:
IoT向けスケールアウト型データベース、米国向けにAWSで発売
東芝は、同社のIoT向けスケールアウト型データベース「GridDB」について「AWSマーケットプレース」での販売を開始した。これにより、米国市場でのIoT/社会インフラシステムのニーズに応える。(2017/5/8)

SQL Serverトラブルシューティング(45):
業務のデータベース処理が「なぜか」だんだん遅くなっていく(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「データベース処理が、なぜかだんだん遅くなっていく事例とその対処方法」を解説します。(2017/5/8)

データベースサポート最前線の現場から(11):
【Oracle Database】Oracle RAC環境の正常起動を確認する「crsctl status resource -t」の使いこなしTips
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は、クラスタウェア「Oracle RAC」の動作状態を確認する「crsctl status resource -t」の使いこなしTipsを紹介します。(2017/5/2)

フルマネージドNoSQLデータベース、インメモリ型キャッシュで高速化:
AWS、最大10倍高速なクエリ性能を実現する「Amazon DynamoDB Accelerator」をリリース
AWSは、NoSQLデータベースサービス「Amazon DynamoDB」を高速化するインメモリ型のキャッシュサービス「Amazon DynamoDB Accelerator(DAX)」の提供を開始する。DynamoDBの性能を最大10倍に高められる。(2017/4/27)

Docker Storeで展開 WebLogic Server、Coherenceなども対象:
オラクル、Oracle Database、MySQL、Java SEなどを「Dockerコンテナ」として提供
オラクルがDockerと提携。Docker Storeで自社の主力データベース、ミドルウェア、開発者ツールをDockerコンテナとして提供を開始した。(2017/4/21)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(5):
OracleからMySQLへ 「SQL」と「DDL」の移行評価を実施する
本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。今回は、Oracle DatabaseからMySQLへの移行に向けた「SQL」と「DDL」の移行評価ポイントを解説します。(2017/4/18)

組み込み開発ニュース:
センサー/通信/データベースを一括提供するIoT向けソリューション
オプテックスは、スマートセンサーとデータを提供するソリューション「オプテックス センサ コネクト」を2017年5月に提供開始する。センサー/通信/データベースをパッケージ化し、手軽に低コストでIoTサービスを導入できる。(2017/4/17)

「まずはOracle Cloudでお試し」も可能:
PR:「Oracle Advanced Analytics」で今すぐ「機械学習」を始める! 既存データベースをそのまま使えて“便利”で“高速”、そして“簡単”
「Oracle Databaseで管理しているデータを高度なデータ分析に活用できれば、もっとビジネスの助けになる知見が得られそうなんだけど……」──そんな企業に試していただきたいのが、「機械学習」による高度なデータ分析を可能にするオプション「Oracle Advanced Analytics」だ。既存のデータベースをそのままハイレベルなデータ活用に生かせる手軽さが大きな利点である。[ビッグデータ][Big Data](2017/4/17)

SQL Serverトラブルシューティング(44):
プライベートクラウド環境へ移行したら、アプリケーションのレスポンスが悪くなった(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「データベース刷新でアプリケーションのレスポンスが悪くなった事例とその対処方法 2」を解説します。(2017/4/17)

海外拠点との連携強化もにらみ、24H/365D環境の構築が急務に:
PR:日本ペイントホールディングスが「Zero Data Loss Recovery Appliance」を導入し、グループ統合データベース基盤のリアルタイムバックアップを実現
積極的な海外展開を続ける日本ペイントホールディングスは、グループ10数社が利用する各種データベースをOracle SuperCluster M7上に統合。そのデータベースバックアップ環境に「Zero Data Loss Recovery Appliance」を導入し、リアルタイムバックアップの環境を整えた。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/4/10)

SQL Serverトラブルシューティング(43):
老朽化したデータベースを刷新したのに、かえってアプリケーションのレスポンスが悪くなった(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「データベース刷新でアプリケーションのレスポンスが悪くなった事例とその対処方法」を解説します。(2017/4/10)

Oracleサポート出張所(1):
Oracleトラブル解決の基礎 「ログ」を理解して「初動対応」を早くする
本連載は、「Oracle Database」で発生するトラブルをどう解決すればいいのか。データベースの運用管理において、より円滑に業務を進めるために必要なノウハウを紹介していきます。第1回目は「トラブル調査に最低限必要となる、ログファイルの出力先と概要」を解説します。(2017/4/7)

データベースサポート最前線の現場から(10):
【PostgreSQL】本番稼働中のPostgreSQLシステムで押さえておくべき「3つ」の監視項目
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は、監視ツールを活用してPostgreSQLを監視する際に最低限押さえておくべき「監視項目」を紹介します。(2017/4/5)

「PostgreSQL」専門技術者不足の課題に対処:
富士通とLPI-Japan、OSSデータベース技術者育成で提携 2つの認定資格を同時に取得可能に
富士通とLPI-Japanは、PostgreSQLの技術者育成に向けてパートナーシップを締結した。富士通のミドルウェアマスターの資格試験にLPI-JapanのOSS-DB Exam Silverを取り入れる。(2017/4/3)

賃貸仲介数7年連続No.1のビジネスを支える高速DB基盤:
PR:大東建託が「いい部屋ネット」のデータベース基盤をOracle Exadataに移行──4時間の検索テーブル更新処理を約10分に大幅短縮
全国300万件超の賃貸物件情報を提供する大東建託の「いい部屋ネット」では、登録物件数の増加に伴いパフォーマンスが低下していたデータベース基盤を「Oracle Exadata」に刷新。4時間を要していた検索テーブル更新のバッチ処理を約10分に短縮するなど大幅な性能向上を果たした。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/4/3)

撮影なしで映像コンテンツが作れる「PIP-Maker」 Excelやデータベースに対応した新ツールが登場
録画や録音、スタッフの手配などをせずに簡単に映像コンテンツが制作できるソリューション「PIP-Maker」に、Excelやデータベースからのデータを読み込み映像化できる新ツールが登場した。(2017/3/31)

「攻めのIT投資」を実現するために
クラウド移行・データベース見直しでTCOを削減、成長分野へ投資をシフト
老朽化システムの延命を目的にシステムの移行を図る企業が多い。しかし、単なる入れ替えでは新しい価値を生まない。必要なのは新たな価値を与え、成長を実現することだ。(2017/3/31)

オンプレミスからクラウドへの移行を支援、冗長化ソリューションも:
CTC、DBMSのAWS移行を支援する「データベース移行ソリューション for AWS」の提供を開始
伊藤忠テクノソリューションズが、AWSクラウド上へのデータベース移行と冗長化を支援するソリューションの販売を開始。既存システムの利用状況や移行要件を踏まえた移行計画から、実際のデータ変換作業や移行作業までを一貫して行う。価格は100万円から。(2017/3/30)

X2からX5への移行でさらにパフォーマンスが向上:
PR:「月間60億ダウンロード」を処理可能な電子書籍配信システム──メディアドゥがOracle Exadataで構築
主要な電子書籍販売サイトへのコンテンツ配信を担うメディアドゥが、月間60億件ものダウンロードに耐えるコンテンツ配信/販売管理システムを構築した。その核となったのが、OLTPとDWHを同時に高速処理可能な「Oracle Exadata」だ。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/3/28)

リアルタイムに通話内容をテキスト化するコンタクトセンター向け支援サービス
日立製作所は、通話内容をリアルタイムにテキスト化し、FAQデータベースやテキスト要約アプリケーションなどと連携して活用する「コンタクトセンター業務効率化支援サービス」を発表。オペレーター業務の効率化やサービス品質の向上を支援する。(2017/3/24)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(4):
OracleからMySQLへ オブジェクトとデータ型の「移行コスト評価」を実施する
本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。今回は、Oracle DatabaseからMySQLへの移行に向けたステップである「オブジェクト/データ型の移行コスト評価」を行います。(2017/3/31)

高性能を無駄遣いしない各種ルールの徹底も鍵に:
PR:「Oracle Exadata+マルチテナント」でデータベース集約/運用の効率がさらに向上 パナソニックISが基幹データベース統合で証明
「Oracle Exadata」による全社データベース基盤の統合を進めるパナソニック インフォメーションシステムズは、Oracle Database 12cのマルチテナント機能を活用することで、データベース集約や運用管理の効率をさらに高めることに成功した。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/3/21)

任意の規模のデータに対して集計クエリを実行可能:
マイクロソフト、NoSQLデータベース「Azure DocumentDB」のSQL文法を強化、集計関数をサポート
マイクロソフトがNoSQLデータベース「Azure DocumentDB」のSQL文法を拡張する機能強化を実施。任意の規模のデータに対して集計クエリを実行可能とする集計関数をサポートした。(2017/3/17)

中堅・中小企業のデータベース移行を支援:
ティーマックスソフトと日立システムズ、Oracle互換「Tibero DBMS」の販売で協業
日本ティーマックスソフトと日立システムズが、RDBMS「Tibero」の販売で協業する。中堅中小企業に向けて、コスト削減を意識した既存データベースのリプレースを促す。(2017/3/16)

CADニュース:
基板CADデータのライブラリーを無償提供、「DESIGN SPARK」で利用可能
アールエスコンポーネンツは英SamacSysと協力し、国内外の主要CADフォーマットで利用できるCADライブラリーデータベース「PCB Part Library」の無償提供を開始した。部品のCADライブラリーをダウンロードして設計に使用できる。(2017/3/15)

検証で700倍というパフォーマンスの高さも実感:
PR:複数のデータベースサーバとアプリケーションサーバによるインフラ基盤を持つ日本ペイントHDがSuperClusterに集約した理由
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、Oracle SuperCluster M7とZero Data Loss Recovery Applianceをご採用いただいた日本ペイントホールディングスさまをご紹介します。日本ペイントHDさまでは、どのような課題があってこれらを採用し、どのようなメリットを得られているのでしょうか。(2017/3/31)

Database Cloudも活用し、移行期間を大幅短縮:
PR:リコーが次期統合IT基盤の1つにOracle Exadataを採用 保守コストを2割削減し、バッチ処理は27倍高速化
リコーは先頃、セントラルウェアハウスや業績管理などの3システムを「Oracle Exadata」に移行した。パブリッククラウドやマルチテナントなどオラクルの最新テクノロジーも活用したデータベース移行により、同社は保守コストの大幅削減や性能向上など多くの成果を得たという。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/3/16)

SQL Serverトラブルシューティング(40):
データベースの「統計情報」と「パフォーマンス遅延」の関係
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は、「データベースの統計情報とその活用方法」を説明します。(2017/3/13)

Couchbase導入事例
NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由
配送サービス業を営むDoddleは、データ接続性が不安定な店舗や約600人のサービスマンが持つモバイル端末とデータを送受信する必要があった。同社がMicrosoft SQL ServerからCouchbaseに移行した理由とは?(2017/3/10)

パブリッククラウド向けに続き:
オラクル、「Oracle Database 12c R2」のOracle Cloud at Customer/オンプレミス向け提供を開始
データベース管理システムの最新版「Oracle Database 12c Release 2」で全ての提供形態が整った。先行提供していたパブリッククラウド向けに続き、新たにOracle Cloud at Customer向けとオンプレミス向け提供を開始した。(2017/3/8)

データベースサポート最前線の現場から(9):
【Oracle Database】パフォーマンスダウンに備えて取得する「4つ」の重要情報
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は、Oracle Databaseのパフォーマンスダウンに備える「定常的に取得しておくべき4つの情報」を紹介します。(2017/3/3)

Jリーグ中継の「DAZN」、配信障害の原因を説明 「システムの一部不具合がデータベースの破損を起こした」
トラブルに見舞われたユーザーには、2週間の無料期間提供といったフォローがなされる。(2017/3/2)

「DAZN」Jリーグ中継不具合、原因が判明 データベースが破損
DAZNが2月26日のJリーグ中継の一部試合が視聴できなかったトラブルの原因を説明。再発防止策を講じるほか、ユーザーの無料体験期間を延長する。(2017/3/2)

ブラウザで操作できるWebアプリ型を追加:
イースト、Windows対応データベース検索ツール「SkyLink Ver.12 for Web」をリリース
イーストがデータベース検索ツールの最新版「SkyLink Ver.12 for Web」をリリース。Webブラウザがあれば機能を利用できるWebアプリケーション型を採用した。(2017/3/2)

「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ(5):
「E-R図」を理解する
あの“津崎さん”も保有する難関資格「データベーススペシャリスト」。本企画では、データベーススペシャリスト試験 午前/午後試験対策のための「基礎知識」を抜粋してお届けします。今回は、「E-R図の基礎」を解説します。(2017/5/23)

「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ(4):
「ANSI/SPARC 3層スキーマアーキテクチャ」を理解する
あの逃げ恥・津崎さんも保有する難関資格「データベーススペシャリスト」。本企画では、データベーススペシャリスト試験 午前/午後試験対策のための「基礎知識」を抜粋してお届けします。今回は、「ANSI/SPARC 3層スキーマアーキテクチャの基礎」を解説します。(2017/5/16)

「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ(3):
4種類の論理データモデルを理解する
あの“津崎さん”も保有する難関資格「データベーススペシャリスト」。本企画では、データベーススペシャリスト試験 午前/午後試験対策のための「基礎知識」を抜粋してお届けします。今回は、「論理データモデルの基礎」を解説します。(2017/5/9)

「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ(2):
データベーススペシャリストの業務を理解する
あの“津崎さん”も保有する難関資格「データベーススペシャリスト」。本企画では、データベーススペシャリスト試験 午前/午後試験対策のための「基礎知識」を抜粋してお届けします。今回は、「データベーススペシャリストの役割」の基礎を解説します。(2017/4/25)

「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ(1):
「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ
あの“津崎さん”も保有する難関資格「データベーススペシャリスト」。この「データベーススペシャリスト試験」は同じパターンの出題が多いために、過去問題をたくさん解くことが合格の早道です。本企画では、午前/午後試験対策のための「基礎知識」を抜粋してお届けします。初回は、「データベーススペシャリスト試験の基礎」を解説します。(2017/4/18)

ワコム ECAD DCX Standard:
70万円の低価格化を実現したデータベース型電気設計CAD
ワコムは、データベース型電気設計CAD「ECAD DCXシリーズ」の製品ラインアップを拡充。機能を電気設計で使用するものに絞ることで低価格化を実現した「ECAD DCX Standard」の提供を開始する。(2017/2/27)

Database Watch(2017年2月版):
OSSデータベースの「スーツ」と「ギーク」はどっち?──MySQLとPostgreSQLのエコシステムをあらためて考える
商用データベースから、OSSデータベース「MySQL」か「PostgreSQL」に切り替える企業が増えています。「MySQL」か「PostgreSQL」のどちらがよいのか。両者はエコシステムの観点でうまくバランスが取れているようです。今回はあらためて、両者の違いとそのエコシステムを支えているパートナー企業を確認しましょう。(2017/2/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。