ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デスノート」最新記事一覧

“嫁”を自慢するのろけサイト「俺の嫁が可愛い」がほっこり 旦那の愚痴サイトに「なんだかなー」と思い開発
インターネットに優しい光が。(2017/6/26)

インターネットの光と闇 夫への殺意に満ちたSNS「だんなDEATH NOTE」の反対版「俺の嫁が可愛い」オープン
やさしい世界。(2017/6/26)

「永眠願う」「まだ生きてる……」 妻が旦那の不満を激しく書き連ねるサイト「だんなDEATH NOTE」がすごいひどいと話題に
「闇が深すぎる」などの声があがっています。(2017/6/20)

「名探偵コナン」劇場作品で一番面白いのってどれなの? 気合いの全21作レビュー&オススメベスト3!
とりあえず爆破させておこう。(2017/5/20)

「正解するカド」に登場した立体折り紙が再現できる!? アニメに資料を提供した大学教授が製法公開
※若干のネタバレを含みます。(2017/5/9)

創刊50周年を記念した「週刊少年ジャンプ展」 7月開催のVOL.1では1980年代までの63作品を紹介
「聖闘士星矢」や「北斗の拳」「DRAGON BALL」といった黎明期を支えた作品が登場します。(2017/5/8)

シン・ゴジラのスクリプターが語るiPad Pro&Apple Pencil仕事術
iPad ProとApple Pencilを使ったプロの仕事術を紹介。(2017/3/30)

Netflix、オリジナル実写版「デスノート」のティーザー公開 リュークはウィレム・デフォー
Netflixがオリジナル実写版「デスノート」のティーザー動画をYouTubeで公開した。「Shall we begin?」というリューク役ウィレム・デフォーの声が渋い。(2017/3/23)

ハリウッド版「デスノート」予告編公開 原作を踏まえつつ、アクション要素を盛り込んだ映画になりそうな予感
予告編はアクションシーンが目立つ印象。(2017/3/23)

藤原竜也、新たなクズ役に自信「今まであるようでない役柄」
さまざまな“クズを好演する藤原さん。(2017/3/8)

「サクラ大戦」「魔神英雄伝ワタル」の広井王子原案 テレビドラマ「CODE:Mコードネームミラージュ」が4月から
主演は映画「新宿スワンII」にも出演中の桐山漣さん。(2017/2/28)

リアルに生気がなかった…… アジの目の写真を貼り付けた「死んだ魚の目」メガネが誕生
虚ろな目をしているだろ。魚みたいだろ……本物なんだぜ。(2017/2/19)

ペルーの女性ファンが「カードキャプターさくら」のグッズ収集でギネス世界記録に さくらとの出会いや入手方法について聞いてみた
グッズのために国を渡って集める作品愛……!(2017/2/18)

戸田恵梨香「ノートに名前を……書きません」 4月ドラマ「リバース」で藤原竜也との“デスノコンビ”が10年振りに復活
書かないで、絶対。(2017/2/13)

広瀬すず、大喜利めいた弁明と共にデスノ・Lのコスプレ披露 ワタリ演じた藤村俊二さんの逝去に関連?
ぶかぶかサンダルとかけまして「サンダルもきっとLだったんだな」。(2017/2/1)

“おヒョイ”藤村俊二さん死去、82歳 復帰を目指し療養中だった
2月14日にはお別れ会が開かれる予定。(2017/2/1)

前作との違いは:
映画『デスノート』脚本家 今だから語る秘話
最新映画『デスノート Light up the NEW World』が注目されている。作品の中で、脚本家の真野勝成氏はどのような点にこだわったのか。普段あまりメディアで語ることのない真野氏が、本作について脚本家目線で語ってくれた。(2016/12/7)

「もう、訳がわからないでしょ?? わたしよ!!!」 LiLiCo、超絶クオリティーのリュークに進化してしまう
昔っから、お前はいつかやる奴だと思っていた。(2016/11/16)

華麗なる技術の無駄遣い 「デスノート」のリュークが「PPAP」を踊りこなすコラボ映像が完成度高すぎ
リュークさん、ノリノリ。(2016/11/2)

“はじめまして、私が殺人犯です” 藤原竜也、映画「22年目の告白」での“逆キラ”感がやっぱり強そう
私が殺人犯です(殺人犯じゃない)パターン?(2016/10/27)

計゛画゛通゛り゛ 藤原竜也、「キラ」夜神月として映画「デスノートLNW」に出演
神ィ!! 私は、仰せのとおりにいいいい!!(※映画版に魅上は出てません)(2016/10/14)

「デスノート 逆襲の天才」金曜ロードSHOW!で放送 過去作を再構築した特別編
「金曜ロードSHOW!」でしか見られない特別編。(2016/10/14)

うおおおおおお! 松山ケンイチ、デスノート新作映画で8年ぶりに「L」を演じる
「やはり私は間違ってなかった…が……ま……」の意図が明かされるのか?(2016/10/7)

まさにデスノート(物理) コミック全12巻を1冊にまとめた「DEATH NOTE完全収録版」発売
凶器になる厚さ。(2016/9/29)

秋元康、エイベックスとの劇団プロジェクトを始動 来年2月に旗揚げ公演
15歳以上の男女募集中。(2016/9/28)

報酬は6万円+交通費+りんご 映画「デスノート Light up the NEW world」が“死神アルバイト”募集中
えるしっているか死神はりんごしかたべない。(2016/9/13)

“夜神月は生きている”だと……? 映画「デスノート Light up the NEW world」本予告映像がついに解禁
高まってきた。(2016/9/5)

「2020年には世界で最も多くのオリジナルコンテンツを手掛ける制作者に」 Netflixの最高コンテンツ責任者、野望を語る
「品質」と「編成力」を重視しているとNetflix。(2016/8/18)

空白の10年に迫る…… 「デスノート」最新映画につながるオリジナルドラマ3作がHuluで配信決定
3人の主人公、3つの物語。(2016/8/10)

映画「デスノート」最新作にスタイリッシュ死神“アーマ”現る!
めっちゃ高貴そう。(2016/8/5)

あふれ出る悪魔感…… 木村カエラ、パンクなド派手メイクに「キョンシーみたい」
「ナルトの我愛羅」「忌野清志郎」などの声も。(2016/7/12)

ハリウッド版「デスノート」はNetflixから! 2017年配信に向けすでにクランクイン
「”正義とは何か”という全世界共通のテーマを忠実に描ける」と自信。(2016/7/1)

実写映画「東京喰種」、窪田正孝×清水富美加がカネキとトーカに決定! 窪田「自分もビビっているのが本音」
キャストについては「不安と関心を持って、続報お待ちいただければ」と原作の石田スイさん。(2016/6/24)

映画「デスノート」最新作、三島と竜崎の“一触即発”な場面写真が公開
三島役は東出昌大さん、竜崎役は池松壮亮さん。(2016/6/23)

山崎賢人がInstagramをスタート 最初の投稿は打ち寄せる波をバックに……
フォロワー数は投稿開始から1時間で1万7000人超え。(2016/6/22)

船越英一郎、お前もか! 「デスノート」最新作で最高裁判事のノート所有者役
最高裁判事にしてデスノート所有者というチートな役柄。(2016/6/6)

21世紀に仮面を売ってやっていけるのか 仮面専門店「仮面屋おもて」が東京にオープン、店主の意図は
東京都墨田区に日本で唯一と思しき仮面専門店がオープン。仮面で生計は立てられるのか取材してきた。(2016/5/14)

バランTシャツってなんなんだ 「ほっともっと」でもらえるオリジナルグッズがとってもシュール
デスノートっぽい「のりノート」、のり弁の具材をデザインした「のり弁シール」などもゲットできます。(2016/5/10)

5000万部突破記念! 「銀魂」第1話が掲載された12年前の「週刊少年ジャンプ」が無料配信中
現在のジャンプ連載作品で5000万部突破は「ONE PIECE」「こち亀」「BLEACH」「HUNTER×HUNTER」だけ。(2016/5/2)

人間って、やっぱおもしろ! リュークも喜ぶ「デスノート Light up the NEW world」特報映像解禁
弥海砂も帰ってきたぞ!(2016/4/27)

照らし出される新世界、「デスノート2016」の正式タイトルが「デスノート Light up the NEW world」に
ティーザーポスターも公開。新世界を照らし出すのは誰?(2016/4/22)

USJがジャンプとコラボ 「ドラゴンボール」や「DEATH NOTE」がアトラクションに
オラ、ワクワクしてきたぞ!(2016/4/19)

リューク、目の取引だ! 「デスノート 2016」に中村獅童リューク再び
その存在が物語の重要な鍵に。(2016/4/15)

駄目だこの公式、早くフォローしないと 「デスノート」公式LINEが登場! 新世界の神とカオスな会話ができるぞ
くそっやられた!(2016/4/14)

映画「デスノート 2016」 幾何学折紙を楽しむサイバーテロリスト・紫苑優輝の場面写真が公開
メロとニアのトリッキーなキャラクターに現代っ子感を少し足したイメージ(菅田将暉さん)。(2016/4/5)

ふてぶてしい“L座り”やひょっとこの面も継承してる! 池松壮亮演じる「デスノート2016」竜崎も魅惑的
まがまがしすぎるひょっとこ面姿も披露。(2016/3/31)

「デスノート2016」は10月29日公開 戸田恵梨香さんがミサミサとして再び出演
前作から10年後、ミサミサはアイドルから女優に。(2016/3/9)

圧倒的純真っ…… 実写映画「一週間フレンズ。」、川口春奈×山崎賢人のW主演が決定!
俺とまた友達になってください!(2016/3/2)

藤原竜也「漫画原作は大変」と苦労明かす 映画「僕だけがいない街」舞台挨拶
藤原さんが語った、漫画原作ならではの苦労とは?(2016/2/28)

Lの後継者は禍々しいひょっとこ? 「デスノート2016」で新たな伝説が始まる
中二心をくすぐるお面だ……。(2016/2/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。