ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デスノート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デスノート」に関する情報が集まったページです。

「追いかけられたい」「襲われてもいい!」 足立梨花がゾンビJK化、あまりのキュートさにファンも抵抗あきらめる
今年もナイスです!(2018/10/25)

「週刊少年ジャンプ展 VOL.3」漫画レポート! 2000年代の“最強”作品大集合
(2018/8/22)

夏の暑さも吹き飛ばす! 夏コミを彩るコスプレイヤーさんたちにシャッターを切る指が止まらない 
2日目も暑いけど夏コミは大盛り上がりです!(2018/8/11)

あの宮崎駿も最初はうまくいかなかった:
“世渡り力”だけでは生き残れない ダメ人間のための「フリーランス入門」 
フリーランスには「40歳の壁」がある――。こんな指摘をしたフリーの編集者である竹熊健太郎氏の書籍が話題を集めている。どうすればフリーランスは40歳以降も生き残っていけるのだろうか。39歳のフリーライターが、竹熊氏に聞いてみた。(2018/7/23)

「週刊少年ジャンプ展VOL.3」コラボカフェが7月14日にオープン! H×Hゴンさんを再現したメニューも
『銀魂』お妙さんの手料理を再現たメニューも。(2018/7/9)

『週刊少年ジャンプ』、50周年記念企画で「東京メトロスタンプラリー2」開催 7月17日から8月31日まで
東京メトロの駅に各作品のキャラクターのポスターが掲出。限定デザインの24時間乗車券も販売されます。(2018/7/5)

ルフィが! ナルトが! 孫悟空が! ジャンプのヒーローが共闘するゲーム「JUMP FORCE」発表
トレーラーのラストにはリュークと夜神月の姿が。(2018/6/11)

「世界で1番キテる」 “美ボディーインスタグラマー”アレクシス・レン、密着ショットで香取慎吾をデレデレに
2017年11月にも来日していたアレクシスさん。(2018/5/8)

『週刊少年ジャンプ』や「B'z」とコラボしたオリジナル人生ゲームが登場 タカラトミー「人生ゲーム」発売50周年
日本の「人生ゲーム」も今年で50歳です。(2018/3/15)

このミス、本ミス、文春3冠! ミステリ界を揺るがした『屍人荘の殺人』をネタバレなしで解説する
何がそんなにすごいのか。(2017/12/9)

元「WaT」小池徹平とウエンツ瑛士、久々の2ショットにファン感動 「嬉しすぎ」「泣けてくる」
インスタでの2ショットは解散の翌日以来。(2017/11/12)

禁断の1冊 闇が深すぎると話題になった「だんなデス・ノート」の書籍版が誕生してしまう
家族には見つからないように保管してください。(2017/10/30)

「焼きそばパン買ってこいや」 木村カエラ、似合い過ぎるスケバンルックでファンを舎弟にしてしまう
何でも買ってきます!(2017/10/11)

読手「んちゃ!」→アラレちゃんの札バシッ 『週刊少年ジャンプ』のかるた登場、50年の名作100収録
『ハレンチ学園』から『約束のネバーランド』まで収録、親子三世代で楽しめる!(2017/10/5)

「長門は俺の嫁」は日本語として間違っているのか?
二次元でも三次元でも。(2017/9/3)

Netflix「デスノート」プレミアに謎リューク登場 ヒロイン「デスノートに彼の名前を書きます」と死刑宣告
これがハリウッド版リュークか(違う)。(2017/8/25)

人気男装レイヤーのくりゅに聞いた! 女性が男装コスプレをする理由は?
くりゅさん、中身までイケメンだわ。(2017/8/25)

「29歳いぇい!!」 グルグル回る戸田恵梨香、誕生日にシュールな動画でファンに感謝
最高に戸田ループ。(2017/8/17)

Netflix、「バキ」「聖闘士星矢」など新作アニメを一挙発表! 福原遥「早く見たい」
リラックマや「DEVILMAN crybaby」のキャストも登場しました。(2017/8/2)

これがハリウッド版死神リュークか! 映画「Death Note/デスノート」がなんだかスタイリッシュ
Netflixのオリジナル作品として8月25日配信。(2017/6/30)

“嫁”を自慢するのろけサイト「俺の嫁が可愛い」がほっこり 旦那の愚痴サイトに「なんだかなー」と思い開発
インターネットに優しい光が。(2017/6/26)

インターネットの光と闇 夫への殺意に満ちたSNS「だんなDEATH NOTE」の反対版「俺の嫁が可愛い」オープン
やさしい世界。(2017/6/26)

「永眠願う」「まだ生きてる……」 妻が旦那の不満を激しく書き連ねるサイト「だんなDEATH NOTE」がすごいひどいと話題に
「闇が深すぎる」などの声があがっています。(2017/6/20)

「名探偵コナン」劇場作品で一番面白いのってどれなの? 気合いの全21作レビュー&オススメベスト3!
とりあえず爆破させておこう。(2017/5/20)

「正解するカド」に登場した立体折り紙が再現できる!? アニメに資料を提供した大学教授が製法公開
※若干のネタバレを含みます。(2017/5/9)

創刊50周年を記念した「週刊少年ジャンプ展」 7月開催のVOL.1では1980年代までの63作品を紹介
「聖闘士星矢」や「北斗の拳」「DRAGON BALL」といった黎明期を支えた作品が登場します。(2017/5/8)

シン・ゴジラのスクリプターが語るiPad Pro&Apple Pencil仕事術
iPad ProとApple Pencilを使ったプロの仕事術を紹介。(2017/3/30)

Netflix、オリジナル実写版「デスノート」のティーザー公開 リュークはウィレム・デフォー
Netflixがオリジナル実写版「デスノート」のティーザー動画をYouTubeで公開した。「Shall we begin?」というリューク役ウィレム・デフォーの声が渋い。(2017/3/23)

ハリウッド版「デスノート」予告編公開 原作を踏まえつつ、アクション要素を盛り込んだ映画になりそうな予感
予告編はアクションシーンが目立つ印象。(2017/3/23)

藤原竜也、新たなクズ役に自信「今まであるようでない役柄」
さまざまな“クズを好演する藤原さん。(2017/3/8)

「サクラ大戦」「魔神英雄伝ワタル」の広井王子原案 テレビドラマ「CODE:Mコードネームミラージュ」が4月から
主演は映画「新宿スワンII」にも出演中の桐山漣さん。(2017/2/28)

リアルに生気がなかった…… アジの目の写真を貼り付けた「死んだ魚の目」メガネが誕生
虚ろな目をしているだろ。魚みたいだろ……本物なんだぜ。(2017/2/19)

ペルーの女性ファンが「カードキャプターさくら」のグッズ収集でギネス世界記録に さくらとの出会いや入手方法について聞いてみた
グッズのために国を渡って集める作品愛……!(2017/2/18)

戸田恵梨香「ノートに名前を……書きません」 4月ドラマ「リバース」で藤原竜也との“デスノコンビ”が10年振りに復活
書かないで、絶対。(2017/2/13)

広瀬すず、大喜利めいた弁明と共にデスノ・Lのコスプレ披露 ワタリ演じた藤村俊二さんの逝去に関連?
ぶかぶかサンダルとかけまして「サンダルもきっとLだったんだな」。(2017/2/1)

“おヒョイ”藤村俊二さん死去、82歳 復帰を目指し療養中だった
2月14日にはお別れ会が開かれる予定。(2017/2/1)

前作との違いは:
映画『デスノート』脚本家 今だから語る秘話
最新映画『デスノート Light up the NEW World』が注目されている。作品の中で、脚本家の真野勝成氏はどのような点にこだわったのか。普段あまりメディアで語ることのない真野氏が、本作について脚本家目線で語ってくれた。(2016/12/7)

「もう、訳がわからないでしょ?? わたしよ!!!」 LiLiCo、超絶クオリティーのリュークに進化してしまう
昔っから、お前はいつかやる奴だと思っていた。(2016/11/16)

華麗なる技術の無駄遣い 「デスノート」のリュークが「PPAP」を踊りこなすコラボ映像が完成度高すぎ
リュークさん、ノリノリ。(2016/11/2)

“はじめまして、私が殺人犯です” 藤原竜也、映画「22年目の告白」での“逆キラ”感がやっぱり強そう
私が殺人犯です(殺人犯じゃない)パターン?(2016/10/27)

計゛画゛通゛り゛ 藤原竜也、「キラ」夜神月として映画「デスノートLNW」に出演
神ィ!! 私は、仰せのとおりにいいいい!!(※映画版に魅上は出てません)(2016/10/14)

「デスノート 逆襲の天才」金曜ロードSHOW!で放送 過去作を再構築した特別編
「金曜ロードSHOW!」でしか見られない特別編。(2016/10/14)

うおおおおおお! 松山ケンイチ、デスノート新作映画で8年ぶりに「L」を演じる
「やはり私は間違ってなかった…が……ま……」の意図が明かされるのか?(2016/10/7)

まさにデスノート(物理) コミック全12巻を1冊にまとめた「DEATH NOTE完全収録版」発売
凶器になる厚さ。(2016/9/29)

秋元康、エイベックスとの劇団プロジェクトを始動 来年2月に旗揚げ公演
15歳以上の男女募集中。(2016/9/28)

報酬は6万円+交通費+りんご 映画「デスノート Light up the NEW world」が“死神アルバイト”募集中
えるしっているか死神はりんごしかたべない。(2016/9/13)

“夜神月は生きている”だと……? 映画「デスノート Light up the NEW world」本予告映像がついに解禁
高まってきた。(2016/9/5)

「2020年には世界で最も多くのオリジナルコンテンツを手掛ける制作者に」 Netflixの最高コンテンツ責任者、野望を語る
「品質」と「編成力」を重視しているとNetflix。(2016/8/18)

空白の10年に迫る…… 「デスノート」最新映画につながるオリジナルドラマ3作がHuluで配信決定
3人の主人公、3つの物語。(2016/8/10)

映画「デスノート」最新作にスタイリッシュ死神“アーマ”現る!
めっちゃ高貴そう。(2016/8/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。