ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「Eee Top」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Eee Top」に関する情報が集まったページです。

ASUS、ミニノート「Eee PC」など計4製品を値下げ
ASUSTeKは、ミニノートPC「Eee PC」およびデスクトップPC「Eee Top」計4製品の価格改定を実施した。(2010/12/24)

Windows 7のタッチ機能を堪能できる:
7万円台の“侮れない”マルチタッチ対応PC――「ET2010AGT」実力診断
マルチタッチ対応の20型液晶を備え、デュアルコアCPUと外部GPUを搭載し、HDMI入力のディスプレイとしても使える。そんなPCが7万円ちょっとなら“買い”だろうか?(2010/8/12)

こちらが先の“VISION”だからね:
「AMD VISION」は着実に増えつづける
AMDが「プロセッサやスペックについて語るのはやめて」始めたAMD VISIONブランド。2010年の夏モデルで登場した“VISION”なPCが集合した。(2010/6/22)

ASUS、5万円台の15.6型タッチパネル/Atom搭載ボードPC「EeeTop PC ET1610PT」
ASUSTeKは、タッチパネル液晶一体型のAtom搭載デスクトップPC「EeeTop PC ET1610PT」を発表した。(2010/6/8)

ASUS、7万円台の20型ワイドタッチパネル液晶搭載ボードPC発売
ASUSTeKは、タッチパネル操作に対応した20型ワイド液晶一体型デスクトップPC「EeeTop PC ET2010AGT」を発売する。(2010/5/31)

ASUS、PC購入者が対象の「絶対もらえる!!キャンペーン」を開始
ASUSTeKは、同社製PC製品購入者を対象とした「ASUSパソコンを買うと絶対もらえる!!キャンペーン」の実施を発表した。(2010/3/12)

CeBIT 2010:
NVIDIA、グラフィックス専用になった次世代IONを発表
NVIDIAがPine-Trail対応の次世代IONをCeBIT 2010の開幕にあわせて発表した。グラフィックス専用となったが、Optimusに対応してIGPと自動切換えが可能など、注目すべき機能を実装する。(2010/3/2)

ASUS、実売約8万円の20型ワイド液晶/ION搭載ボード型PC「EeeTop PC ET2002T」
ASUSTeKは、20型ワイド液晶一体型採用のION搭載ボード型PC「EeeTop PC ET2002T」を発表。CPUはAtom 330を装備する。(2009/11/20)

漆黒のボディが光る:
価格はNettop並みで性能は3倍以上の液晶一体型PC──デル「Vostro 320」を試す
Studio Oneに続き、デルから液晶一体型PCに新顔の「Vostro 320」が加わった。コンシューマー向けではない、SOHO向け製品の実力をチェックした。(2009/8/10)

MSIの“ボード”Nettopは大画面でドライブ内蔵──WindTop AE1900はどれだけ使いやすい?
このところ、スタイルを重視したNettopが人気だ。“ボードのような”Eee Topに続いて、“ボードのような”MSIのAE1900が登場した。そのアドバンテージを紹介しよう。(2009/7/8)

日本未発表モデルも公開:
ASUS、CULV採用のスリムノートPC「U」シリーズを発表
ASUSは、CULVプロセッサ採用のスリムノートPC「U」シリーズを発表した。12.1型ワイド液晶の「U20A」と15.6型ワイド液晶の「UX50V」を発売する。(2009/6/26)

Atom搭載の低価格ボードPC:
Netbookよりいいかもしれない――「Eee Top」をいじり倒す
PCを持ち歩かないユーザーは、安いからといってNetbookに飛びついても、その恩恵を十分に受けられないだろう。では、据え置き型の「Eee Top」はどうだ?(2009/4/29)

ASUS、タッチパネル液晶一体型PC「Eee Top」の発売日を確定
ASUSTeKは、タッチパネル液晶一体型PC「Eee Top」の発売日を4月4日に決定した。(2009/3/26)

CeBIT 2009:
デバイスマネージャーで見るASUSの“シェル”Netbook
「ポストNetbook」が注目されるCeBIT 2009では、台湾ベンダーが次世代モデルを公開した。2009年の訴求ポイントをASUSブースでチェックする。(2009/3/10)

「DELL×ITmedia」限定パッケージ:
Netbook並みの予算でクアッドコアマシンを買ってみた
格安のNettopを買おうと思っていたらクアッドコアマシンを手に入れていた。な、何を言っているのかわからねーと思うが、とりあえず期限は3月8日まで。(2009/3/6)

“Eee”の衝撃再び:
Netbookの次はコレ!?――Atom搭載ボードPC「Eee Top」に速攻で触れる
2008年はAtom搭載の低価格ミニノートが台頭したが、2009年は同じAtomでも液晶一体型に注目だ。タッチパネル付きで6万4800円のASUS「Eee Top 1602」、これは侮れない。(2009/2/27)

タッチパネル液晶一体型PC「Eee Top」 6万4800円
ASUSTekはタッチパネル液晶一体型デスクトップPC「Eee Top」を3月下旬に6万4800円で発売する。(2009/2/20)

ASUS、15.6型タッチパネル液晶内蔵の低価格ボード型PC「Eee Top」
ASUSTeKは、タッチパネル液晶を標準搭載したボード型デスクトップPC「Eee Top」を発表した。(2009/2/20)

Eee PC S101を当てるために新宿駅へいってみた
薄い、軽い、美しいEee PCが日本でも発表された。価格は7万円を切って出荷開始は11月22日。うーん、今すぐほしいんですけど。え、今すぐ手にできるんですか!(2008/11/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。