ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「Eee Top」最新記事一覧

ASUS、ミニノート「Eee PC」など計4製品を値下げ
ASUSTeKは、ミニノートPC「Eee PC」およびデスクトップPC「Eee Top」計4製品の価格改定を実施した。(2010/12/24)

Windows 7のタッチ機能を堪能できる:
7万円台の“侮れない”マルチタッチ対応PC――「ET2010AGT」実力診断
マルチタッチ対応の20型液晶を備え、デュアルコアCPUと外部GPUを搭載し、HDMI入力のディスプレイとしても使える。そんなPCが7万円ちょっとなら“買い”だろうか?(2010/8/12)

こちらが先の“VISION”だからね:
「AMD VISION」は着実に増えつづける
AMDが「プロセッサやスペックについて語るのはやめて」始めたAMD VISIONブランド。2010年の夏モデルで登場した“VISION”なPCが集合した。(2010/6/22)

ASUS、5万円台の15.6型タッチパネル/Atom搭載ボードPC「EeeTop PC ET1610PT」
ASUSTeKは、タッチパネル液晶一体型のAtom搭載デスクトップPC「EeeTop PC ET1610PT」を発表した。(2010/6/8)

ASUS、7万円台の20型ワイドタッチパネル液晶搭載ボードPC発売
ASUSTeKは、タッチパネル操作に対応した20型ワイド液晶一体型デスクトップPC「EeeTop PC ET2010AGT」を発売する。(2010/5/31)

ASUS、PC購入者が対象の「絶対もらえる!!キャンペーン」を開始
ASUSTeKは、同社製PC製品購入者を対象とした「ASUSパソコンを買うと絶対もらえる!!キャンペーン」の実施を発表した。(2010/3/12)

CeBIT 2010:
NVIDIA、グラフィックス専用になった次世代IONを発表
NVIDIAがPine-Trail対応の次世代IONをCeBIT 2010の開幕にあわせて発表した。グラフィックス専用となったが、Optimusに対応してIGPと自動切換えが可能など、注目すべき機能を実装する。(2010/3/2)

ASUS、実売約8万円の20型ワイド液晶/ION搭載ボード型PC「EeeTop PC ET2002T」
ASUSTeKは、20型ワイド液晶一体型採用のION搭載ボード型PC「EeeTop PC ET2002T」を発表。CPUはAtom 330を装備する。(2009/11/20)

漆黒のボディが光る:
価格はNettop並みで性能は3倍以上の液晶一体型PC──デル「Vostro 320」を試す
Studio Oneに続き、デルから液晶一体型PCに新顔の「Vostro 320」が加わった。コンシューマー向けではない、SOHO向け製品の実力をチェックした。(2009/8/10)

MSIの“ボード”Nettopは大画面でドライブ内蔵──WindTop AE1900はどれだけ使いやすい?
このところ、スタイルを重視したNettopが人気だ。“ボードのような”Eee Topに続いて、“ボードのような”MSIのAE1900が登場した。そのアドバンテージを紹介しよう。(2009/7/8)

日本未発表モデルも公開:
ASUS、CULV採用のスリムノートPC「U」シリーズを発表
ASUSは、CULVプロセッサ採用のスリムノートPC「U」シリーズを発表した。12.1型ワイド液晶の「U20A」と15.6型ワイド液晶の「UX50V」を発売する。(2009/6/26)

Atom搭載の低価格ボードPC:
Netbookよりいいかもしれない――「Eee Top」をいじり倒す
PCを持ち歩かないユーザーは、安いからといってNetbookに飛びついても、その恩恵を十分に受けられないだろう。では、据え置き型の「Eee Top」はどうだ?(2009/4/29)

ASUS、タッチパネル液晶一体型PC「Eee Top」の発売日を確定
ASUSTeKは、タッチパネル液晶一体型PC「Eee Top」の発売日を4月4日に決定した。(2009/3/26)

CeBIT 2009:
デバイスマネージャーで見るASUSの“シェル”Netbook
「ポストNetbook」が注目されるCeBIT 2009では、台湾ベンダーが次世代モデルを公開した。2009年の訴求ポイントをASUSブースでチェックする。(2009/3/10)

「DELL×ITmedia」限定パッケージ:
Netbook並みの予算でクアッドコアマシンを買ってみた
格安のNettopを買おうと思っていたらクアッドコアマシンを手に入れていた。な、何を言っているのかわからねーと思うが、とりあえず期限は3月8日まで。(2009/3/6)

“Eee”の衝撃再び:
Netbookの次はコレ!?――Atom搭載ボードPC「Eee Top」に速攻で触れる
2008年はAtom搭載の低価格ミニノートが台頭したが、2009年は同じAtomでも液晶一体型に注目だ。タッチパネル付きで6万4800円のASUS「Eee Top 1602」、これは侮れない。(2009/2/27)

タッチパネル液晶一体型PC「Eee Top」 6万4800円
ASUSTekはタッチパネル液晶一体型デスクトップPC「Eee Top」を3月下旬に6万4800円で発売する。(2009/2/20)

ASUS、15.6型タッチパネル液晶内蔵の低価格ボード型PC「Eee Top」
ASUSTeKは、タッチパネル液晶を標準搭載したボード型デスクトップPC「Eee Top」を発表した。(2009/2/20)

Eee PC S101を当てるために新宿駅へいってみた
薄い、軽い、美しいEee PCが日本でも発表された。価格は7万円を切って出荷開始は11月22日。うーん、今すぐほしいんですけど。え、今すぐ手にできるんですか!(2008/11/7)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。