ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

サポート終了 に関する記事 サポート終了 に関する質問

「サポート終了」最新記事一覧

デスクトップ仮想化のススメ
Windows XPを捨てられない企業が知りたがる“とっておき”の裏技
Windows XPのサポート終了は、直前になって大騒ぎになったが、今も多くの企業がXPを使っている。仮想化で、セキュリティやハードウェア互換性の問題を回避しつつ運用できるという考えもある。(2014/8/28)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
XP終了で慌てている間に、ジワジワ迫る「Vista」と「IE8」の寿命
サポート終了後も相当なユーザー数が残っていると言われるWindows XP。しかし、時間は止まってはくれない。Microsoftは次の「レガシー排除」に向けた準備を着々と進めているのだ。(2014/8/25)

今なお続く“Windows XP騒動”
Windows XPサポート終了でMacユーザーが増えた複雑な背景
米Microsoftの「Windows XP」のサポート終了は、販売パートナーにプラスの影響をもたらしているという。具体的には、OSのアップグレード、小型デバイスへの移行、クラウド導入などにつながっている。(2014/8/20)

IPAが警鐘を鳴らすWindows Server 2003サポート終了の問題点:
サポート切れのサーバーOSを使い続けるリスクは経営課題と考えるべき
OSのサポートが終了すると、セキュリティ面で大きな問題を抱えることになる。では、サポート終了後もWindows Server 2003を使い続けることによって、企業はどのようなリスクを負うことになるのだろうか。IPAの渡辺貴仁氏に話を聞いた。(2014/8/18)

タイムリミット迫る!残された期間で何をすべきか:
PR:Windows Server 2003のサポート終了まで残り1年を切った今、スムーズな移行を行うには
Windows Server 2003のサポートが「2015年7月15日」に終了することを受け、企業では多くのワークロードで使われているこのサーバーOSの移行が急務となっている。サポートが終了したサーバーOSを使い続けるリスクと、残り少ない期間でスムーズに移行するために何をすべきかを考えるとともに、自社のサーバー環境を見直すキッカケとすることが重要だ。(2014/8/18)

送料込みで7万円台から:
実は“隠れた売れ筋”の国産スリムタワーPC――「FMV ESPRIMO DH WD2/R」を試す
Windows XPサポート終了と消費税増税が重なった2014年春、富士通の直販サイトで(なぜか?)デスクトップの「FMV ESPRIMO DH」シリーズがよく売れたという。この夏にモデルチェンジし、さらに買い得感が増した新機種「WD2/R」の実力をチェックする。(2014/8/15)

Microsoftは直接移行ツールを提供せず
面倒なWindows XPから8.1への移行、「それならWindows 9を待つ」という声も
サポートが終了したWindows XPから新OSに移行する際、ユーザーデータや設定も合わせて移行したいと思うのは自然だ。しかし、Microsoftの標準ツールを使うと手間が掛かる。同じ手間が掛かるなら「Windows 9」を待つという意見も。(2014/8/14)

ホワイトペーパー:
そのPC、買い替えは不要 アップグレードでOS移行をコストダウン
Windows XPのサポート終了対策はPC買い替えだけが選択肢ではない。OSアップグレードソリューションの活用で、迅速な移行とコスト削減が可能になる。(2014/8/13)

SCE、PSM対応PlayStation CertifiedデバイスのサポートをAndroid 4.4.2で終了
ソニー・コンピュータエンタテインメントがPlayStation Mobile対応のPlayStation Certifiedデバイスについて、Android OS バージョン4.4.2でサポートを終了する。(2014/8/7)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「Officeファイルが開けません」 XP以上に残念な金融機関の言い訳
前回はサポートが終了したWindows XPを使い続けようとする金融機関の実態を紹介したが、今回はそれ以上に残念なOfficeの利用実態を紹介したい。(2014/8/1)

急上昇ワード:
AIBO修理サポート終了に悲しみの声 迫り来る「別れの日」どう受け止める?
発売されたころには想像もできなかった未来が……。(2014/7/28)

Windows Serverの全バージョンを経験したITトレーナーが語る:
Windows Server 2003のサポート終了に思うこと
Windows Server 2003のサポート終了まで1年を切った今、あらためてWindows Serverの歴史を振り返ってみたい。また、今後のサーバーOSの方向性についても展望しよう。(2014/7/29)

Windows XP移行の悪夢がよみがえる
“惰性”が生む「Windows Server 2003」継続利用の悲惨な結末
延長サポートの終了が近づく「Windows Server 2003」。多くの企業が最新OSへの移行を進めている。だが、移行コストや社内の慣習など、中には決して容易に決断できない状況もある。果たして移行を阻む原因とは何だろうか。(2014/7/29)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「Windows XPをまだ使う」 金融機関にみる残念な言い訳
2014年4月でサポートが終了したWindows XPを使い続けることは、重大なセキュリティリスクを伴う。特にセキュリティ意識が高い(と思われがちな)金融機関では移行対応が進んでいるようにみられるが、その内情は恐るべき実態がある。(2014/7/25)

中堅・中小企業が直面する「Windows Server 2003」の2015年問題(2)
Windows Server 2003の移行、“はじめの一歩”はどこから?
2015年7月に全ての製品サポートが終了する「Windows Server 2003」。人も予算も限られた中で移行を進めるにはどうすればいいのだろうか。まずは対象システムを仕分け、移行の可否や難度、移行に要する時間を把握することが重要だ。(2014/7/25)

PR:今なお残る、隠れXPパソコンが企業を破滅に追い込む?――ユーザー調査が明らかにしたビジネスパソコンの真の実態と今後
早いもので、Windows XPのサポートが終了してからおよそ3カ月が経過した。サポートが切れたOSでのパソコンを使い続けるリスクは、企業の命運を左右しかねない範囲に及ぶだけに、多くの企業は新しいビジネスパソコンに入れ替えたり、OSを移行するなどの対策を講じたと思われていた。だが、そんな予想を覆す、衝撃的な事実が明らかになった。日経BPイノベーションICT研究所の所長、桔梗原富夫氏に詳しく聞いた。(2014/7/10)

Windows Server 2003のサポート終了まであと1年:
マイクロソフト、新たなWindows Server 2003移行支援策を提供――あらためて早期移行を呼び掛け
2014年7月8日、日本マイクロソフトは「2015年7月15日」にサポートが終了するWindows Server 2003からの移行に関する説明会を開催。新たに2つの移行支援策を提供する。(2014/7/8)

Windows Server 2003のサポート終了まで1年(と7日) MSが新たな移行支援策
2015年7月15日にサポートが終了するWindows Server 2003から同2012/R2に移行する法人などを対象に、金銭面での優遇策を導入する。(2014/7/8)

Windows XP/Vista/7からの移行に役立つ
ゼロ円で試すWindows 8/8.1移行チェック Microsoft標準ツールは役立つか
サポートが終了したWindows XPからWindows 8/8.1への移行が加速している。移行前にはハードウェアの構成をチェックしたい。アップグレード可能かどうかを調べる無償ツールの便利度は?(2014/6/27)

BIGLOBEが「最新パソコン買い換え支援サービス」を強化、デスクトップPCも選択肢に
BIGLOBEがWindows XPサポート終了対策として、最新PCへの買い替え支援サービスを強化。従来のノートPCだけでなくデスクトップPCも選べるようになった。(2014/6/25)

セキュリティの脅威に備えよ
ワケあって脱Windows XPできないユーザーが最低でもすべきこと
Microsoftの公式サポートが終了したWindows XP。入れ替えが進まないユーザーも少なくないが、延長サポートを選択するにしても、幾つかの課題があることは知っておいた方がいいだろう。(2014/6/25)

中京銀行におけるXP移行、90拠点1500台を2カ月で完了
4月のWindows XPサポート終了で中京銀行は、約1500台のPCをWindows 7に移行させた。アプリケーションの移行対応で工夫を図ったという。(2014/6/23)

@IT編集部が徹底検証!最新サーバーはこんなにイイ!:
PR:Windows Server 2003からの移行に NEC Express5800シリーズを選ぶワケ
今でもWindows Server 2003ベースの古いファイルサーバーを運用しているならば、できるだけ速やかに新しいサーバーへ移行することをお勧めしたい。その理由はハードウェアの故障率の高まりや製品サポート終了によるセキュリティリスクの増大の問題だけではない。最新環境に移行することで、ファイルサーバーの性能とデータ格納効率は向上し、社員のPC環境を大幅に改善できるからだ。(2014/6/23)

スペシャリスト対談が浮き彫りにする解決方法
延長サポート終了になるWindows Server 2003上の「SQL Server」をどう移行する?
2015年7月に延長サポートも終了を迎える Windows Server 2003。その上で稼働するケースが多い SQL Server 2005 も2016年5月には延長サポートが終了を迎える。新バージョンへの移行はどう考えればいいのか。スペシャリストが対談で明らかにする。(2014/6/13)

Windows TIPS:
仮想化を利用したWindows XP運用も安全ではない
サポートが終了し、新たなセキュリティパッチの提供が停止したWindows XP。「仮想化すれば安全」という説があるが、それは本当か?(2014/6/18)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
サポート切れのWindows XPが“サポートされ続ける”事情
Windows XPのサポートは終了したはずだったが、IEのセキュリティアップデートが公開されたほか、Windows XP Embeddedのサポートは続き、特定企業や団体には有償サポートも提供されている。さらには、Windows Updateを継続させる裏ワザまで……。(2014/6/2)

ホワイトペーパー:
Windows XPサポート終了やシステムブラックボックス化対策を見据え対応すべきポイント
2013年6月に@ITで調査したシステムのブラックボックス化対策の結果と勉強会から解決法とIT部門としてすべき作業を説明。また直近に迫ったWindows XPサポート終了がサーバーサイドに対する課題もまとめている。(2014/6/2)

システム基盤の移行を“攻め”のIT戦略に
Windows Server 2003移行で失敗しないサーバ選択の3要素とは?
2015年7月に延長サポートが終了を迎える「Windows Server 2003」。企業システムの根幹を担う同OSのサポート終了が企業に与える影響は大きい。残された短い時間で確実に移行を完了できる方法を考える。(2014/6/5)

特集:
Googleドキュメントの互換性を検証〜 どこまでMicrosoft Officeの代わりとして使えるのか? 〜
Windows XPと共にMicrosoft Office 2003のサポートも終了。これを機にGoogleドキュメントへの移行を検討している企業や自治体もあるようだ。そこで気になるのが、Microsoft Office とGoogleドキュメントの互換性だ。今回は、Googleドキュメントのインポート/エクスポート機能を用いて、文書の互換性を検証した。(2014/5/28)

中国政府がWindows 8の使用禁止令、米司法省の発表に反論
中国国内では、サポートが終了したWindows XPがまだ70%のシェアを占めており、「このまま外国のOSを搭載したコンピュータを購入し続ければ将来的に同じ状況に直面する」と判断したという。(2014/5/21)

Windows Server 2003/2008のサポート切れで再注目
“2003/2008信奉者”も心変わりする「Windows Server 2012」のメリット
「Windows Server 2003/2008」のサポート終了が近づく中、「Windows Server 2012 」への移行を真剣に検討する動きが現れてきた。Windows Server 2012への移行で何が変わるのか。その影響を見ていこう。(2014/5/19)

System Center 2012 R2で実現するクラウド的管理法(3):
PR:ハイブリッドクラウドの統合管理に向けて
Windows Server 2003のサポート終了まであと1年余り。多くの企業では、IT基盤の刷新を検討していることでしょう。今やクラウドは、新規システムの基盤、あるいは旧システムからの移行先として有力な選択肢の1つとなりました。しかし、IT環境の全てをクラウドに移行するというのは現実的ではありません。オンプレミスとパブリッククラウドを適材適所に組み合わせて利用する“ハイブリッド環境”こそが、今後のIT環境の主流になるでしょう。(2014/5/19)

デルがお勧めするWindows 8
XP移行の今がチャンス! スマートデバイスをフル活用するITインフラの最適解
スマートデバイスの業務活用に期待が高まっているが課題も多い。「Windows XP」がサポート終了となった今、スマートデバイスとの相性が良い最新OS「Windows 8.1」の機能をフル活用すべく、ITインフラをどのように変革すべきか。(2014/5/16)

あきらめるにはまだ早い! レガシーアプリケーションの上手な延命
「IE 6」専用アプリケーションに救世主、Windows 7/8でも使い続ける方法とは
Windows XPサポート終了を迎えても、企業には今なお多くの“XP仕様”のアプリケーションが残る。セキュリティリスクを考えればXPを使い続けるわけにはいかないが、アプリケーションを改修するコストもない。ではどうするか?(2014/5/15)

Windows 7/8の脆弱性が悪用される恐れも……
「Windows XP」「Office 2003」が狙われる“Xデー”はいつ? 分かれる専門家の意見
「Windows XP」に関するセキュリティ問題が深刻化するのはサポート終了直後ではなく、これからだと専門家は警告する。同OSに関する今後の脅威について、さまざまな専門家の意見を基に考察する。(2014/5/14)

Microsoft、8件のセキュリティ情報公開を予告
サポートが終了したWindows XPやOffice 2003は、詳しい脆弱性情報が公開されながら修正できない状況に陥る。(2014/5/9)

ホワイトペーパー:
XPだけじゃない!サポート終了迫る Windows Server 2003 移行シナリオ
2015年7月にサポート終了となるWindows Server 2003。サポート終了後も使い続けることのリスクやコスト・デメリットを検証し、Windows Server 2012導入により得られるメリットと移行の際のポイントについて説明する。(2014/5/9)

サポート切れのXPも対象に:
Internet Explorer脆弱性の緊急アップデート公開
世間を騒がせているInternet Explorer 6〜11の問題に対応するセキュリティ更新プログラム(KB2964358/MS14-021)が緊急公開された。サポートが終了したWindows XPも対象となっている。(2014/5/2)

IEの脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラム公開 Window XP向けにも
サポートが終了したWindow XP向けにも更新プログラムが提供されることに。(2014/5/2)

大きかったXP終了特需 3月のPC国内出荷台数は20.8%増と過去最高
3月のPC国内出荷台数は前年同月比20.8%増と過去最高だった。消費税増税前の駆け込み需要に加え、Window XPのサポート終了で買い替えが増加した。(2014/4/28)

IE 6〜11に未解決のゼロデイ脆弱性、Microsoftがアドバイザリ公開
MicrosoftのInternet Explorer 6〜11に未解決の脆弱性が見つかった。FireEyeはゼロデイ攻撃を確認しており、注意を呼び掛けている。MicrosoftはWindows XPのサポートを終了しているため、アドバイザリはWindows Vista以降が対象だ。(2014/4/28)

長期的な視点に基づく組織的なWebサイト管理を:
XPよりも難問? IPAがサポート切れのWebサーバー関連ソフトに警鐘
IPAは2014年4月25日、Webサーバーの適切な運用を呼び掛ける文書「サーバソフトウェアが最新版に更新されにくい現状および対策」を公開した。少なからぬ割合のWebサーバーで、サポートが終了したバージョンのサーバーソフトウェアやミドルウェアが使われているという。(2014/4/25)

問題はセキュリティリスクだけではない
XP以上に深刻、「Windows Server 2003」が放置できない本当の理由
Windows Server 2003サポート終了は、セキュリティ対策のための単なるOS移行ではない。企業とITを競争力ある存在へと変革する絶好の機会なのだ。移行の仕方を間違えると、こうしたメリットが得られないまま終わってしまう……。(2014/5/13)

Apache Struts2の脆弱性は未解決? Struts1にも存在――国内サイト多数に影響か
脆弱性を修正したとされるバージョンでは対応が不十分である可能性が指摘された。一方、この脆弱性はサポートが終了しているStruts1にも存在し、多数のWebサイトが無防備なままになっているという。(2014/4/24)

国内セキュリティ企業が相次いで注意喚起:
Struts 2の脆弱性は最新版でも未修正、Struts 1にも同様の脆弱性が存在
脆弱性を修正したはずのWebアプリケーションフレームワーク「Apache Struts 2」の最新版、バージョン2.3.16.1に、いまだに脆弱性が残っている。さらに、既にサポートの終了している「Struts 1」にも同様の脆弱性が存在するという。(2014/4/24)

XP・Office 2003・IE 6の公表済み脆弱性、85%は「危険」レベル
4月9日でサポートが終了したWindows XPとOffice 2003、Internet Explorer 6の脆弱性のうち85%は、不正操作や情報漏えいにつながるものだった。(2014/4/23)

危険すぎる:
サポート切れ「XP」狙い撃ちのサイバー犯罪者も
米マイクロソフトは4月9日、OS「Windows XP」のサポートを終了した。安全上の弱点が見つかっても修正されず、使用し続ければウイルス感染の危険が高まるが、財政事情の厳しい中小企業や自治体では移行が遅れている。(2014/4/23)

サポート終了は未来に踏み出す重要な節目
「Windows XP」が“超長寿OS”となった3つのヒミツ
米Microsoftによるサポートが終了した「Windows XP」。同OSはなぜこれほど長い期間、使われ続けてきたのだろうか。本稿では、大きく3つの理由を説明する。(2014/4/21)

今から始めるWindows Server 2003移行のススメ(1):
Windows Server 2003からの移行前にやっておくべきこと
「2015年7月15日」にサポートが終了するWindows Server 2003。本連載では、現在稼働中のWindows Server 2003から、Windows Server 2012 R2への移行ポイントと手順を解説する。(2014/4/18)

クレジットカードのセキュリティ基準「PCI DSS」に対応できず
Windows XPサポート終了でPOSシステムが大打撃 カード決済不可が急増か
「Windows XP」サポート終了後も、XPベースの新しいPOSシステムが販売されている。それを使い続けると、クレジット決済の審査に不合格になるなど別の重大なリスクを抱えることになる。(2014/4/16)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

名称も未定ながら、9月発売が噂される次世代iPhone。例によって多くの真偽不明情報が流れているが、今よりもサイズの大きいバージョンが発売される確率は高そうだ。