ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「最速」最新記事一覧

ディープラーニングの学習速度を「世界最速」に、富士通が開発
富士通研究所が複数GPUを用いて、ディープラーニングの学習速度を「世界最速」とする技術を開発した。AledNetでの評価ではGPU64台にて、単体の学習速度比で27倍という学習速度を達成した。(2016/8/9)

「ふかそうちはいいぞ」 世界最速で全ポケモンを集めた“ポケモンマスター”に「ポケGO」の攻略法を聞いてきた
個別取材もさせてもらいました。(2016/8/8)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
KDDIとUQが下り最大370Mbps対応の「W03」を発表、ただし“月間7GB”の制限あり
KDDIとUQが、下り最大370Mbps対応の「Speed Wi-Fi NEXT W03」を発表。モバイルWi-Fiルーターでの370MbpsはドコモのHW-01Hと並び国内最速となるが、通信容量は無制限ではない。(2016/6/20)

加速する日本の「エレベーター競争」 東芝は再び「上昇気流」へ乗るか
ふだん何気なく乗っているエレベーターだが、その技術は日々向上している。開業したビルで実用化されているものでは、東芝が台湾に納入した分速1010メートルのエレベーターが世界最速だが、これに負けじと三菱電機は1230メートル、日立製作所も1200メートルのエレベーター技術を開発。(2016/6/20)

16nm世代の自動運転車向けSoCに展開へ:
ルネサス「世界最速/高集積」の画像処理用SRAM
ルネサス エレクトロニクスは2016年6月16日、16nm以降のFinFETプロセスを用いたSoCに内蔵するためのSRAM技術として、「世界最高の集積性と速度を実現したSRAMを開発した」と発表した。(2016/6/16)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
LTEは下り最大375Mbpsまで高速化、国内最速の370Mbps対応ルーターも登場
ドコモとauが3波CAで下り最大370〜375MbpsのLTEを開始。ドコモからは国内最速となるモバイルWi-Fiルーターが登場した。(2016/5/30)

発売日の午前0時0分0秒にピンポン 楽天ブックスの“世界最速お届け企画”が早すぎる
より速くッ! より迅くッ! より疾くッ! そしてよりスピーディーに!(2016/5/13)

分速1230メートル 世界最速のエレベーター、三菱電機が開発
三菱電機が世界最速という分速1230メートルの超高速エレベーター技術を開発。(2016/5/11)

世界最速・時速73.8キロのエレベーター、三菱が開発 中国最高層のビルに導入
世界最高速となる分速1230メートル(時速73.8キロ)のエレベーター技術を三菱電機が開発し、中国最高層ビルに導入する。(2016/5/11)

分速1230メートル! 三菱電機が世界最高速の超高速エレベーター技術を開発
上海市の高層ビル「上海中心大厦」の展望階行きエレベーターに適用。(2016/5/10)

シリーズ最終作「バイオハザードVI:ザ・ファイナル」、日本で世界最速公開決定!
公開は2016年12月23日。これが、最後。(2016/4/25)

医療技術ニュース:
世界最高速の振動分光法を開発
東京大学は、世界最高速の振動分光法を開発した。高速に動作する単一の光検出器のみを用いるフーリエ変換分光法の技術で、従来のラマン分光法の最高速手法に対して20倍以上速いという。同手法を細胞評価に利用して、再生医療や医薬品研究に役立てる。(2016/3/4)

世界最速の美術館「現美新幹線」、運転開始は4月29日に 指定席も3月から販売開始
車内で現代アートが楽しめる新幹線、4月より発進!(2016/2/19)

IT用語解説系マンガ:食べ超(86):
世界最速の社畜は世界最速のビットレート使い
皆が世界一を目指すつもりで研さんに励んでほしい(社長談)。(2016/2/19)

世界最速文字入力アプリ「Fleksy」、iPhone版が日本語入力に対応
ギネス世界記録に認定されている「Fleksy」のiPhone版が日本語入力にも対応した。(2016/2/3)

R25スマホ情報局:
世界最速文字アプリ、評価と使用感に差?
文字を誤入力しても、正確な単語に自動補正できるスマホ向け文字入力アプリ「Fleksy」の日本語版がリリース。高速入力が可能になると評判ですが、実際に使ったユーザーからは「クセが強い」との声も……。(2016/1/27)

世界最速の文字入力アプリ「Fleksy」に日本語版 KDDI研究所が共同開発
世界最速の文字入力アプリとしてギネス世界記録に認定されている「Fleksy」が、日本語入力に対応した。(2016/1/21)

防滴/防じん性を備えた製品も:
サンディスク、850MB/秒のポータブルSSDを発表
サンディスク(SanDisk)は、2種類のポータブルSSDを発表した。1つ目は、「ポータブルSSDとして世界最速の850Mバイト/秒を実現」(同社)した製品。2つ目は最大430Mバイト/秒の転送速度で、IP55に対応した防滴/防じん性を備えたポータブルSSDである。(2016/1/19)

速すぎて何が起こっているのかわからないレベル アメリカの14歳の少年がルービックキューブ世界最速記録を達成
4.904秒……だと……!? 残像かな?(2015/11/26)

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」日本用予告映像が解禁に 世界最速“未公開シーン”も
本日開催されたディズニーファン向けイベント「D23 Expo Japan 2015」の中でサプライズ公開されました。(2015/11/6)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
ドコモとKDDIが下り300Mbpsのサービス発表/MVNOのVoLTEに新たな問題
ドコモとKDDIが国内最速となる下り最大300Mbps対応のサービスを発表。より高速なモバイルデータ通信サービスが産声を上げた。一方、各キャリアやMVNOの新機種発表では「SIMロック解除義務化」へのデメリットが露呈した。(2015/10/16)

世界最速の“走る美術館”「現美新幹線」 上越新幹線で来年春から
新幹線車内で現代アートを楽しめる「GENBI SHINKANSEN」(現美新幹線)が上越新幹線で来年春に運転を開始する。(2015/10/8)

世界最速の芸術鑑賞を 上越新幹線で「現美新幹線」来年春運行予定、車体イメージ発表
車体デザインは蜷川実花さん。(2015/10/7)

米国オンエアから11時間後、日本最速放送スタート!:
dTV、米ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン6」を10月12日に国内最速配信
映像配信サービス「dTV」は、10月12日からCS放送「FOXチャンネル」の最新作「ウォーキング・デッド シーズン6」の配信を開始する。全16話の字幕配信。(2015/9/14)

IFA 2015:
「ハイブリッド」で高速AFを実現――「Xperia Z5」シリーズのカメラ機能に迫る
スマホ世界最速の最短0.03秒のオートフォーカス(AF)機能を持つ「Xperia Z5」シリーズのメインカメラ。その秘密は「ハイブリッド」にあるらしい。(2015/9/7)

4時間3分でTwitterフォロワー100万人 性転換した元五輪メダリストが世界記録
ケイトリン・ジェンナー(ブルース・ジェンナー)さんが100万フォロワー到達の世界最速記録をしました。(2015/6/2)

自然エネルギー:
牛の排せつ物で走るバスが世界最高速度記録を達成
牛の排せつ物で走るバイオメタンバス「Bus Hound」が、ミルブルック試験場において、一般の運行バスとしては世界最速となる時速76.785マイル(123.6キロ)を達成したという。(2015/5/29)

JR東海のリニア「L0系」、時速603キロを記録
JR東海のリニア「L0系」が有人走行試験で世界最高速となる時速603キロを達成した。(2015/4/21)

下り最大225Mbps:
ドコモ、PREMIUM 4G対応の「Wi-Fi STATION L-01G」を3月25日発売
ドコモは、PREMIUM 4Gに対応したLGエレクトロニクス製モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION L-01G」を3月25日に発売する。国内最速となる下り最大225Mbpsの高速通信が可能。(2015/3/23)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
UQが下り最大220Mbpsのサービス開始/ドコモは下り最大225Mbpsに高速化
UQが4×4 MIMOで下り最大220Mbpsに対応する「Speed Wi-Fi WX01」を発売。現時点では国内最速のモバイルインターネットだが、ドコモが3月27日にCAで下り最大225Mbps対応のサービスを開始する。(2015/3/16)

超高音域まで不要な共振音が発生しないB4Cスピーカー振動板――三菱電機が開発
三菱電機が「新製法B4C高音質スピーカー振動板」を開発。新しい製法により、B4Cスピーカー振動板としては世界最速となる毎秒1万2700メートルという伝搬速度を実現した。(2014/12/9)

窪田順生の時事日想:
世界最速! 「リアルタイム文字おこしサービス」で日本の未来が変わる?
モバイル型情報保障サービス「e-ミミ」をご存じだろうか。沖縄県うるま市にある株式会社アイセック・ジャパンが提供しているこのサービスを見て、筆者の窪田氏は驚いたという。何がスゴいかというと……。(2014/11/11)

劇団四季×ディズニー第5弾「アラジン」上演決定! 2015年5月から
ブロードウェイの人気作が世界最速で日本上陸決定。(2014/9/29)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
CA対応で国内最速の「303ZT」/選択肢広がる旅行者向けネット環境/SIMフリー「iPhone 6」は最強のルーター?
CA対応によってスペック上は“国内最速”となるモバイルルーターがソフトバンクから登場。MVNOではぷららから容量無制限プランが発表されたほか、訪日外国人向けのプリペイドSIMも拡充された。そしてiPhone 6は最強のルーターとしても使えるかもしれない。(2014/9/25)

1秒間に4.4兆コマ連写できる“世界最高速カメラ”「STAMP」 東大などが開発
4兆3700億fpsの世界最高速で連写撮影できる超高速撮影システム「STAMP」を東大などが開発した。(2014/8/19)

「世界最速の新聞配達をやってみた」動画が秀逸
速すぎて見えない。(2014/7/16)

プロセッサ/マイコン:
「世界最速」のCPU間通信向け56Gビット/秒受信回路――富士通研
富士通研究所は2014年6月、CPUなどのチップ間で56Gビット/秒のデータ通信速度で受信できる回路を開発したと発表した。富士通研では「世界最高速のCPU間通信向け受信回路」としている。(2014/6/13)

仕事耕具:
動画で見るScanSnap iX100――モバイルスキャナ「世界最速」は本当か?
6月20日発売のドキュメントスキャナ「ScanSnap iX100」は折り畳み傘ほどのサイズにバッテリー・Wi-Fiを内蔵している。小さいだけではないiX100の実力を確かめてほしい。(2014/6/10)

エントリーでも“世界最速”AF追従秒20コマ ニコン「Nikon 1 S2」
ニコンがNikon 1シリーズのエントリーモデル「Nikon 1 S2」を発売する。上位機「V3」「J4」と同じくAF追従20コマ秒と「世界最速」(同社)連写が可能で、鮮やかなイエローモデルも用意される。(2014/5/14)

「きずな」で世界最高速・3.2Gbpsの衛星伝送に成功 4K超の映像非圧縮伝送も
超高速インターネット衛星「きずな」で、世界最高速3.2Gbpsの衛星伝送と、世界初となる4K超の高精細映像非圧縮伝送に成功した。(2014/5/12)

日立が「世界最速エレベーター」を中国に 1階から95階までたった43秒でびゅーん!
世界最速エレベーター、ちょっとドキドキだけど乗ってみたい。(2014/4/23)

95階まで43秒・分速1200メートルの世界最速エレベーター、日立が中国の超高層ビルに導入
分速1200メートルという世界最速のエレベーターを日立製作所が広州の超高層ビルに導入する。(2014/4/22)

東芝、4K動画の録画もこなす“世界最速”microSDカードをサンプル出荷
東芝が従来製品の8倍の書き込み速度を実現するmicroSDカードのサンプル出荷を開始した。最低30Mバイト/秒の連続書込みに対応し、4K動画撮影も可能だ。(2014/4/21)

東芝、リード260Mバイト/秒の“世界最速”microSDカードを開発
東芝セミコンダクター&ストレージは、業界初となるUHS-II規格準拠のmicroSDカードを製品化したと発表した。(2014/4/17)

“世界最速”AF追従 秒20コマ高速連写 瞬間を逃さないミラーレス「Nikon 1 J4」
ニコンがミラーレスカメラ「Nikon 1 J4」を発売する。上位機「V3」と同じくAF追従20コマ秒と「レンズ交換式デジカメで世界最速」(同社)の連写が可能で、瞬間を逃さない撮影機能も新たに搭載した。(2014/4/10)

「Nikon 1 V3」発売日決定、「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は6月に延期
AF追従でも20コマ秒と「レンズ交換式デジカメで世界最速」(同社)のミラーレス機「Nikon 1 V3」の発売日が決定した。(2014/4/4)

ちゃんと芝も刈れる:
ホンダの乗用芝刈り機が世界最速記録を達成、「驚異的な性能」
ホンダの欧州法人・Honda Motor Europeは、乗用芝刈り機「HF2620」を改造した「HF2620改」が、「世界最速の芝刈り機」として「ギネス世界記録」に認定されたと発表した。(2014/4/2)

ホンダの芝刈機、時速187.60キロの世界最速記録を達成
何という疾走感。何人たりともオラの前は走らせねぇ!(2014/4/2)

組み込み技術:
ルービックキューブを3秒で解く! レゴロボット「CUBESTORMER 3」
ARMのエンジニアらが余暇を利用して開発したレゴロボットが、ルービックキューブを3.253秒で解き、世界最速記録を達成した。頭脳部分には、8コアプロセッサを搭載したSamsung Electronicsのスマートフォン「GALAXY S4」が使われている。(2014/3/20)

GALAXY S4搭載ロボがルービックキューブ世界最速の記録更新
ARMのエンジニアが余暇で制作したGALAXY S4搭載ロボットが、ルービックキューブを3.253秒で完成させ、ギネス世界記録の認定を受けた。(2014/3/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。