ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「客室乗務員」最新記事一覧

Watson Summit 2017:
“孤独で時間に追われる”仕事が激変 JAL整備士の働き方を変えた“神アプリ”の作り方
閉ざされた環境で孤独に、大忙しで作業する――。そんな航空整備士たちの働き方を変えたiPhoneアプリがある。IT部門は、整備士たちの課題をどのような形で解決したのか。JALエンジニアリング IT企画部 部長 西山一郎氏が語った。(2017/5/17)

ANA機内で暴れたアメリカ国籍の男性、降機を求められて職員に暴行 現行犯逮捕され送致
ケガをした男性職員は軽症とのことです。(2017/5/3)

ニコニコ超会議2017:
動画&写真60枚でニコ超2017の見どころを一挙振り返り! オープニングダッシュから小泉進次郎議員視察までを網羅
会場でGETしたノベルティーグッズ33点も公開します!(2017/5/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
実は怖い、インド便のトイレ
航空会社のトラブルが相次いでいる。男性が警察に引きずり出されたり、母親がベビーカーを奪われたり。いずれも米国の航空会社で起きたわけだが、客室乗務員によると「インド便で深刻な問題がある」という。どういうことかというと……。(2017/4/27)

ニコニコ超会議に向け、今年もJALが踊ってみた動画を公開 キレキレなダンスととびきりの笑顔がステキ
岡本さん大人気。(2017/4/11)

遺影を「お客さま」と呼んで隣の席に座らせてくれた航空会社の神対応
本当に2人旅をしているような気持ちに。(2017/4/5)

インドの航空会社が女性スタッフだけで世界一周飛行を達成 ギネス記録にも申請
機内のクルーだけでなく、地上スタッフも全員女性という徹底ぶり。(2017/3/9)

モバイルデバイスの真価を引き出すには
「社会人なら職場にちゃんと来るべき」という“常識”がモバイル活用を阻む
企業にとってモバイルデバイスの業務利用は必要不可欠だ。それを成功へ導くには、経営者が新しい働き方への理解を示す必要がある。(2017/3/2)

水曜インタビュー劇場(物怖じしない公演):
知られざる“地上パイロット”の調整力に仰天
航空会社で“地上のパイロット”と呼ばれている人がいることをご存じだろうか。正式名は「運航管理者」。パイロットと同等の立場で、意見を言うことができる運航管理者はどのような仕事をしているのだろうか。JALの担当者に話を聞いたところ、彼らの調整力にびっくり!(2017/3/1)

「Apple Storeでは不可能だった」と担当者
「iPad mini」1万5000台を客室乗務員に配布、航空会社は大規模導入をどう実現したか
米国内の10拠点で働く客室乗務員に「iPad mini」を配備したSouthwest Airlines。1万5000台という大量のiPad miniをどのように導入したのか。(2017/2/14)

ANA、3月21日からC-3PO仕様の国内線就航 特別塗装機にはCA専用エプロンに専用ヘッドレストカバーなど
CAさん着用のエプロンがめちゃくちゃかわいい。(2017/1/20)

飛行中の航空機をハッキング――機内システムの脆弱性を突く攻撃、セキュリティ研究者が実験
航空機の機内エンターテインメントシステムの脆弱性を突けば、機内を混乱に陥れることもできるかもしれない、とセキュリティ企業のIOActiveが検証。「高度なスキルを持った人物の攻撃に対し、機内システムが抵抗できるとは思えない」と研究者は指摘する。(2016/12/21)

レベル超たっけぇ! 東京コミコン美男美女コンパニオン&コスプレイヤーフォトレポート
これは行くべき。(2016/12/3)

ねっと用語知ったかぶり:
トランプ氏就任から聞くようになった「ポリコレ棒」ってどういう意味?
中立・公平を呼びかけるその人自身は、中立・公正なのか。(2016/11/17)

お団子が4つある! 森下悠里、春麗コスで積極的にK.Oされたい美脚を見せつける
こんな子に攻撃できない。(2016/11/10)

LCCのピーチ・アビエーション、初の新卒採用
格安航空会社のピーチ・アビエーションが創業以来初めての新卒採用を実施する。職種はCA。好調な業績が背景にある。(2016/11/8)

JR西、全乗務員にiPad配布 トラブル対応を迅速化へ
JR西日本が、在来線を含む全乗務員に約8600台のiPadを配布。トラブル対応の迅速化や訪日外国人向け案内サービスの向上を目指す。(2016/10/12)

ANA、定員オーバーのまま出発 離陸直前に“立ち乗り”で発覚 国交省が厳重注意
ANAの福岡発・羽田行きの便が定員をオーバーしたまま離陸しようとした問題で、国交省が同社を厳重注意。(2016/10/11)

森下悠里が魅惑のコスプレを次々公開 「どれが好き?」と究極の3択を迫る
いろんな意味で悩ましい……。(2016/9/21)

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第3回
データ分析で成功するためのデータマネジメントとIT部門の新たな役割
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2016/9/9)

アルゼンチンのホテル前で何カ月も待ち続けたわんちゃん ドイツ人キャビンアテンダントさんがついに引き取ることに
そんな目で見つめられたら……!(2016/8/21)

山浦恒央の“くみこみ”な話(86):
猫でも使えるソフトウェアのテスト網羅(3):無料ツールで単体テストを楽に実行しよう
組み込み開発の大規模化により、プログラムテストの重要性が高まっています。パス網羅をベースにする単体テストは困難な作業ではありませんが、ツールを導入することで効率化できます。今回はGcovを用いたテスト手法を紹介します。(2016/8/1)

「セキュリティ心理学」入門(5):
「ヒューマンエラー」は個人の責任ではない
人間にまつわるセキュリティを考える本連載。今回のテーマは「ヒューマンエラー」です。個人の意識だけに原因を求めてもうまくいかないヒューマンエラー対策について考えます。(2016/5/24)

今年もあの笑顔がやってきた JALのスタッフがキレッキレな”踊ってみた”動画を公開、ガチダンサーもいるよ!
楽しそうに踊ってますね!(2016/4/7)

パンストをはいているのはだ〜れだ? セブン−イレブンのPR動画が脚フェチの選択眼を問う
うおーこれはむずかしいぞもっとよくみなくては(棒読み)。(2016/4/4)

中国の“憤青”がサイバー万里の長城を越えて襲来する その背景と、心構え
大手航空会社のFacebookページに抗議の書き込みが殺到する炎上騒ぎ。“中国人の正義”が中国の掲示板住人をたきつけ、ネットの壁を超えて来襲する──現地の事情に詳しい山谷氏のリポート。(2016/3/28)

新たな「おもてなし」の姿を探る:
IoTで空港はどう変わる? 6つの実験でJALが気付いたこと
大手航空会社のJALがここ最近、ウェアラブルデバイスからIoT、ロボット活用とさまざまな実証実験を続けている。なぜ次々と実験を行っているのか。そして、数々の取り組みを通じてJALが目指す、IoT時代の「おもてなし」の姿とは。(2016/3/24)

「お客様の中にお医者様は……」を事前に把握 JALと日本医師会が協力
日本医師会とJALが、搭乗前に医師に登録してもらう「JAL DOCTOR登録制度」を開始。急病人が出ても、医師の座席情報がすぐに分かり、医療対応がスムーズになるという。(2016/2/4)

JAL、客室乗務員の契約社員制度を廃止 正社員として雇用へ
JALが客室乗務員の契約社員制度を廃止し、契約社員を正社員として雇用する。(2015/12/15)

水曜インタビュー劇場(整備士公演):
マニュアルを覚えてはいけない? 知られざる「航空整備士」のヒミツ
空港には飛行機の整備士がたくさんいるが、彼らはどんな仕事をしているのだろうか。JALの整備士に話を聞いたところ、それはそれはたくさんあって……。(2015/11/18)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
キャセイパシフィック航空が70機目のボーイング777を受領
キャセイパシフィック航空は2015年9月、70機目となるボーイング777を受領した。同社の国際線ネットワークの拡充と、その戦略における777の位置付けを考察する。(2015/11/13)

Amazon.co.jpが過去15年の本の年代別トップランキングを発表 一番多く1位に輝いたのは……
各年の流行を思い出して懐かしい気持ちに。(2015/11/6)

水曜インタビュー劇場(JAL公演):
破たん前と破たん後で何が違うのか JALの金銭感覚
2010年1月、JALが破たんした。訪日外国人客の増加などの影響を受け、直近の決算は絶好調だが、破たん前、社内はどのような状況だったのか。当時の状況を詳しく知る、同社・人財本部の野村直史部長に話を聞いた。(2015/10/7)

水曜インタビュー劇場:(JAL公演):
“ザ・縦割り”だったJALが、変貌できた理由
JALの業績が好調だ。景気が回復してきたり、訪日外国人が増えたり、原油が安くなったり、さまざまな外部要因があるが、記者は内部に注目した。破たん前の企業文化は縦割りだったのに、破たん後はかなり変化してきている。その理由は……。(2015/9/30)

5分でわかる最新キーワード解説:
模造品を1秒で鑑定!「物体指紋認証」
指紋でヒトを特定できるよう、モノの表面にある微細な模様のバラツキを「物体指紋」として個体を特定するのが「物体指紋認証」です。ICタグやバーコードなしで効率的な管理を可能にします。(2015/8/19)

SaaSで変わったワークスタイル
ANAグループが導入した「世界を1つにする起爆剤」とは
2013年に「Google Apps for Work」をグローバルで導入したANAグループ。導入の狙いとは何だったのか。導入の背景とその効果を担当者が語る。(2015/8/6)

英国の若者、12枚重ね着して飛行機に搭乗し気絶 「大沢たかおの鉄板ネタ」だと話題に
「徹子の部屋」で見たやつ。(2015/7/13)

水曜インタビュー劇場(パイロット公演):
「言い間違い、聞き違い」をなくすために、パイロットは何をしているのか
パイロットは飛行機を操縦し、お客さんを運ばなければいけないので、スタッフとのコミュニケーションにエラーが生じてはいけない。ミスをなくすために、彼らはどんな教育を受けているのか。JALでパイロットの“先生”をしている人に話を聞いたところ……。(2015/6/24)

思わず見ちゃう! ペガサス航空の機内案内ビデオに「アベンジャーズ」キャラ総出演でワクワクがとまらない
お客様の中にヒーローの方はいらっしゃいませんかー?(2015/6/19)

水曜インタビュー劇場(パイロット公演):
えっ、予定通りに飛んでいない? 機内で何をしているのか、パイロットに聞いてきた
晴れている日もあれば、雨の日もある。無風のこともあれば、風が強いこともある。さまざまな状況の中で、パイロットはどのような会話をしているのか。JALの機長に聞いてきた。(2015/6/17)

iPadで“ペーパーレス操縦室”を実現した航空会社
競争の激化で厳しさが増す航空業界で、ITを使ってコスト削減をしようとする会社は多い。そんな中、デスクトップ仮想化で「Windows XP」の移行を低コストで済ませ、さらには飛行機のパイロットにiPadを支給した会社がある。(2015/5/19)

ニコニコ超会議2015:
疲れたのでファーストクラスで帰らせてくださいJALさん
スヤァ……。(2015/4/25)

スピン経済の歩き方:
アシアナ航空の謝罪会見が遅かった背景に「3つの要素」
アシアナ航空162便が広島空港で着陸を失敗して、乗員乗客27名が負傷するという事故が起きた。アシアナ航空側の「広報対応」があまりにも遅いが、筆者の窪田氏は「その背景には3つの要素がある」という。それは……。(2015/4/21)

とびきりの笑顔がはじける! JALの現役客室乗務員が初音ミクの楽曲を“踊ってみた”動画がとっても楽しそう
これぞ「おもてなし」。(2015/4/14)

3月25日「ニコニコ超会議2015発表会」:
JAL門外不出のファーストクラス客席&現役CA最高のおもてなし体験
ステップカーも登場!(2015/3/25)

「超会議2015」、幕張にプロレスリングが 全長10メートル実物大イングラム、警視庁からは“DJポリス”も
「ニコニコ超会議2015」の追加企画として「超プロレスリング」が発表された。大相撲と並んで会場を熱くする。(2015/3/25)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「ルンバ、トリダス、UCCミルクコーヒー」――ヒットの影にニーズの断捨離あり
事業戦略をいかに立てるか……。戦略とは「戦いを略(はぶ)く」ことであり、お客さまが買う理由を考え抜くことから始まる。(2015/2/2)

インドネシア発のエアアジア機、消息を絶つ
インドネシアを出発したQZ8501便と管制官との連絡が途絶えた。(2014/12/28)

うおおおおお黒ストッキング! リカちゃんがANAのCAの新制服を着た「CAリカちゃんスペシャルセット」今日から発売
カワイイヤッター!(2014/12/25)

場所や時間に縛られない ANAが目指す“働き方”の次のステージ
空港、整備場、オフィス、取引先と、動き回ることが多い航空業界。現場では、そのたびに中断してしまう仕事を、いつでもどこでもすぐ再開できる作業環境が求められていた。そんな現場を変えたのは、どんな取り組みだったのか。(2014/12/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。