ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「客室乗務員」最新記事一覧

「セキュリティ心理学」入門(5):
「ヒューマンエラー」は個人の責任ではない
人間にまつわるセキュリティを考える本連載。今回のテーマは「ヒューマンエラー」です。個人の意識だけに原因を求めてもうまくいかないヒューマンエラー対策について考えます。(2016/5/24)

今年もあの笑顔がやってきた JALのスタッフがキレッキレな”踊ってみた”動画を公開、ガチダンサーもいるよ!
楽しそうに踊ってますね!(2016/4/7)

パンストをはいているのはだ〜れだ? セブン−イレブンのPR動画が脚フェチの選択眼を問う
うおーこれはむずかしいぞもっとよくみなくては(棒読み)。(2016/4/4)

中国の“憤青”がサイバー万里の長城を越えて襲来する その背景と、心構え
大手航空会社のFacebookページに抗議の書き込みが殺到する炎上騒ぎ。“中国人の正義”が中国の掲示板住人をたきつけ、ネットの壁を超えて来襲する──現地の事情に詳しい山谷氏のリポート。(2016/3/28)

新たな「おもてなし」の姿を探る:
IoTで空港はどう変わる? 6つの実験でJALが気付いたこと
大手航空会社のJALがここ最近、ウェアラブルデバイスからIoT、ロボット活用とさまざまな実証実験を続けている。なぜ次々と実験を行っているのか。そして、数々の取り組みを通じてJALが目指す、IoT時代の「おもてなし」の姿とは。(2016/3/24)

「お客様の中にお医者様は……」を事前に把握 JALと日本医師会が協力
日本医師会とJALが、搭乗前に医師に登録してもらう「JAL DOCTOR登録制度」を開始。急病人が出ても、医師の座席情報がすぐに分かり、医療対応がスムーズになるという。(2016/2/4)

14の心で聴く:
日本航空のCAが実践する“マニュアルのない接客術”
日本航空では、これまで以上に顧客から選ばれる会社を目指して、マニュアルだけでは学ぶことのできない独自の訓練を6000人の客室乗務員に行っているという。気になるその中身とは……。(2016/1/19)

企画乗車券は1500円:
ひらパーを南海がPR? 京阪と同盟、上位グループ攻める
京阪電気鉄道と南海電気鉄道が、互いの利用促進に向けコラボを続けている。両社に競合路線がなく、京阪、南海連合で利便性向上を図り売上高規模で上位の近鉄グループホールディングスと阪急阪神HDに挑む。(2016/1/13)

JAL、客室乗務員の契約社員制度を廃止 正社員として雇用へ
JALが客室乗務員の契約社員制度を廃止し、契約社員を正社員として雇用する。(2015/12/15)

水曜インタビュー劇場(整備士公演):
マニュアルを覚えてはいけない? 知られざる「航空整備士」のヒミツ
空港には飛行機の整備士がたくさんいるが、彼らはどんな仕事をしているのだろうか。JALの整備士に話を聞いたところ、それはそれはたくさんあって……。(2015/11/18)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
キャセイパシフィック航空が70機目のボーイング777を受領
キャセイパシフィック航空は2015年9月、70機目となるボーイング777を受領した。同社の国際線ネットワークの拡充と、その戦略における777の位置付けを考察する。(2015/11/13)

Amazon.co.jpが過去15年の本の年代別トップランキングを発表 一番多く1位に輝いたのは……
各年の流行を思い出して懐かしい気持ちに。(2015/11/6)

水曜インタビュー劇場(JAL公演):
破たん前と破たん後で何が違うのか JALの金銭感覚
2010年1月、JALが破たんした。訪日外国人客の増加などの影響を受け、直近の決算は絶好調だが、破たん前、社内はどのような状況だったのか。当時の状況を詳しく知る、同社・人財本部の野村直史部長に話を聞いた。(2015/10/7)

水曜インタビュー劇場:(JAL公演):
“ザ・縦割り”だったJALが、変貌できた理由
JALの業績が好調だ。景気が回復してきたり、訪日外国人が増えたり、原油が安くなったり、さまざまな外部要因があるが、記者は内部に注目した。破たん前の企業文化は縦割りだったのに、破たん後はかなり変化してきている。その理由は……。(2015/9/30)

5分でわかる最新キーワード解説:
模造品を1秒で鑑定!「物体指紋認証」
指紋でヒトを特定できるよう、モノの表面にある微細な模様のバラツキを「物体指紋」として個体を特定するのが「物体指紋認証」です。ICタグやバーコードなしで効率的な管理を可能にします。(2015/8/19)

SaaSで変わったワークスタイル
ANAグループが導入した「世界を1つにする起爆剤」とは
2013年に「Google Apps for Work」をグローバルで導入したANAグループ。導入の狙いとは何だったのか。導入の背景とその効果を担当者が語る。(2015/8/6)

英国の若者、12枚重ね着して飛行機に搭乗し気絶 「大沢たかおの鉄板ネタ」だと話題に
「徹子の部屋」で見たやつ。(2015/7/13)

水曜インタビュー劇場(パイロット公演):
「言い間違い、聞き違い」をなくすために、パイロットは何をしているのか
パイロットは飛行機を操縦し、お客さんを運ばなければいけないので、スタッフとのコミュニケーションにエラーが生じてはいけない。ミスをなくすために、彼らはどんな教育を受けているのか。JALでパイロットの“先生”をしている人に話を聞いたところ……。(2015/6/24)

思わず見ちゃう! ペガサス航空の機内案内ビデオに「アベンジャーズ」キャラ総出演でワクワクがとまらない
お客様の中にヒーローの方はいらっしゃいませんかー?(2015/6/19)

水曜インタビュー劇場(パイロット公演):
えっ、予定通りに飛んでいない? 機内で何をしているのか、パイロットに聞いてきた
晴れている日もあれば、雨の日もある。無風のこともあれば、風が強いこともある。さまざまな状況の中で、パイロットはどのような会話をしているのか。JALの機長に聞いてきた。(2015/6/17)

iPadで“ペーパーレス操縦室”を実現した航空会社
競争の激化で厳しさが増す航空業界で、ITを使ってコスト削減をしようとする会社は多い。そんな中、デスクトップ仮想化で「Windows XP」の移行を低コストで済ませ、さらには飛行機のパイロットにiPadを支給した会社がある。(2015/5/19)

ニコニコ超会議2015:
疲れたのでファーストクラスで帰らせてくださいJALさん
スヤァ……。(2015/4/25)

スピン経済の歩き方:
アシアナ航空の謝罪会見が遅かった背景に「3つの要素」
アシアナ航空162便が広島空港で着陸を失敗して、乗員乗客27名が負傷するという事故が起きた。アシアナ航空側の「広報対応」があまりにも遅いが、筆者の窪田氏は「その背景には3つの要素がある」という。それは……。(2015/4/21)

とびきりの笑顔がはじける! JALの現役客室乗務員が初音ミクの楽曲を“踊ってみた”動画がとっても楽しそう
これぞ「おもてなし」。(2015/4/14)

3月25日「ニコニコ超会議2015発表会」:
JAL門外不出のファーストクラス客席&現役CA最高のおもてなし体験
ステップカーも登場!(2015/3/25)

「超会議2015」、幕張にプロレスリングが 全長10メートル実物大イングラム、警視庁からは“DJポリス”も
「ニコニコ超会議2015」の追加企画として「超プロレスリング」が発表された。大相撲と並んで会場を熱くする。(2015/3/25)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「ルンバ、トリダス、UCCミルクコーヒー」――ヒットの影にニーズの断捨離あり
事業戦略をいかに立てるか……。戦略とは「戦いを略(はぶ)く」ことであり、お客さまが買う理由を考え抜くことから始まる。(2015/2/2)

インドネシア発のエアアジア機、消息を絶つ
インドネシアを出発したQZ8501便と管制官との連絡が途絶えた。(2014/12/28)

うおおおおお黒ストッキング! リカちゃんがANAのCAの新制服を着た「CAリカちゃんスペシャルセット」今日から発売
カワイイヤッター!(2014/12/25)

場所や時間に縛られない ANAが目指す“働き方”の次のステージ
空港、整備場、オフィス、取引先と、動き回ることが多い航空業界。現場では、そのたびに中断してしまう仕事を、いつでもどこでもすぐ再開できる作業環境が求められていた。そんな現場を変えたのは、どんな取り組みだったのか。(2014/12/2)

ビジネス変革を推進:
「競合エアラインに後れを取るな」 ANAが2年前に新設した組織の狙い
外資航空会社を筆頭にダイナミックなビジネス改革が行われているエアライン業界。そうした競合に後れを取るわけにはいかないとANAも組織変革に乗り出している。(2014/11/18)

単価が高まる”ルール”を発見:
JALの「ターゲティング広告」を成功に導いたビッグデータ分析とは?
Web上で航空券の購入を検討しているユーザーのアクセスログを分析し、サービスの質と利益の向上に成功したJAL。IBMの年次カンファレンス「IBM Insight 2014」でその事例とデータ分析への思いを来場者に伝えていた。(2014/10/28)

明日を変える働き方:
「サーバント・リーダーシップ」という考え方
リーダーシップというと、一般的には「周囲の人をぐいぐい力強く引っ張る親分肌の人」というイメージがあります。今回は、部下を“支配”ではなく“支援”する、「サーバント・リーダー」について紹介します。(2014/10/14)

Biz.ID Weekly Top10:
ひそかなブーム? ちょこっとクルージングで非日常を味わう
クルージングというと、「お金持ちの遊び」という先入観があったのですが、実は意外と気軽に楽しんでいる人たちがいるということを知りました。参加してみて得られた収穫は……。(2014/10/11)

明日を変える働き方:
「会社」としたたかに付き合う
会社からはときに、希望しない部署への異動を命じられたり、まったく未知の仕事を与えられることがあります。とくに若い世代が、新しくリーダーとしての仕事を任されたときには、戸惑うことも少なくないのではないでしょうか。(2014/10/6)

世界で売れてる、日本発のヒット商品:
なぜ海外でウケたのか? ユニ・チャームの紙オムツとコミーの業務用ミラー
ユニ・チャームの紙オムツがインドネシア市場で伸びている。業務用ミラーを扱うコミーの鏡が世界中で支持されている。なぜ両社の商品は、海外でウケているのか。その理由について、マーケティングに詳しい永井孝尚さんに話を聞いた。(2014/9/25)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
JALの最新ビジネスクラス「SKY SUITE 777」を創った男たち――第3回「空の上のレストラン」
いまやそのサービスはファーストクラスに近い……JALのビジネスクラスでの食事「BEDD」はそう感じさせてくれるほどレベルが高い。「和」にこだわり、4人の著名な日本人シェフを中心にドリームチームを結成。ドリームチームが手がけるその美食とは?(2014/9/5)

しかもCA姿:
「U-mobile」イメージキャラクターに“天使すぎる”アイドルの橋本環奈さん
U-NEXTは、高速モバイル通信サービス「U-mobile」のイメージキャラクターに橋本環奈さんを起用。キャビンアテンダント姿とブレザー姿のビジュアルも公開。(2014/8/5)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
「世界で最も多くの航空会社に搭乗した人」にギネス認定された、チャーリィ古庄さんってどんな人?
本連載にも多くの写真を提供していただいている航空写真家・チャーリィ古庄氏が「世界で最も多くの航空会社に搭乗した人」としてギネス記録に認定された。飛行機での旅をこよなく愛する古庄氏の“素顔”を紹介する。(2014/7/31)

お相撲さんたちが飛行機に乗るとこんなにぎゅうぎゅう! 八角部屋の写真が話題に
通路が見えないぞ?(2014/7/30)

日本一小さな整備工場が業界を変えた
新しい試みにつきまとう、苦難の道。株式会社ホリデーの代表取締役社長・松川陽氏が自動車整備業界で革新的な価格を実現した舞台裏を紹介します。(2014/7/29)

仕事をしたら“交渉”が成立した:
業務提携ってどのように進めるの? JALの達人に“交渉術”を聞いてきた
「『業務提携』を担当する人って、厳しい交渉をしなければいけない……」といったイメージがあるが、実際のところはどうなのか。JALでコードシェアを担当している人に、他社との交渉術を聞いてきた。(2014/7/23)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第40回 ビジネスSNS「LinkedIn」に過去55年間で150職種を経験した「バービー」が登場
1959年〜1960年頃の「バービー」はファッションモデルやファッション編集者だった。以後、歌手、フライトアテンダント、バレリーナ、テニス選手、アイススケーター、宇宙飛行士、医師、女優、教師を経験、2013年にはパティシエやマジシャン、イルカの調教師なども務めた。(2014/7/17)

ソネット、訪日外国人向けにプリペイドSIMをPeach機内で販売
ソネットが、7月15日から関西国際空港到着便のPeach機内で「Prepaid LTE SIM」を販売する。訪日外国人でプリペイドSIMを利用したいというニーズに応える形でサービスを提供する。(2014/7/7)

国際線で最も満足度が高いのは? 「シンガポール航空」がV3
リクルートライフスタイルは、2013年に海外渡航をした人に、国際線エアラインの満足度を調査し、その結果を発表した。(2014/6/18)

仕事をしたら“空”を飛べた:
えっ、前の飛行機を抜いてもいいの? パイロットの知られざる世界
パイロットといえばエリート中のエリートというイメージがあるが、飛行機を操縦しているときどんなことを考えているのだろうか。JALでボーイング777の機長を務める近藤さんに話を聞いたところ、意外な答えが返ってきた。(2014/6/18)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
シートと機内食に見るファーストクラスのニュートレンド
キャビン最前方の仕切られた空間に、ごく限られた数だけ設置されているファーストクラス。閉ざされたカーテンの向こう側には、どんな世界が広がっているのか? 豪華シートと機内食から、この最上級クラスのニュートレンドを探ってみる。(2014/5/30)

元CAの「YGコットン感じさせ隊」がおもてなし:
オトコの夏を快適に 「グンゼYGインナーシャツ」体感イベント、羽田空港と東京駅で実施
夏の身だしなみはここから──。グンゼが、やわらかさと着心地のよさを工夫した肌着「YG」ブランドの体感イベントを東京駅と羽田空港で行う。実施は5月19日から。(2014/5/12)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
LCCの歴史を検証し、未来を展望する
LCC(格安航空会社)はいつどこで始まり、世界にどう広がっていったのか。その歴史を振り返ることで、航空の近未来が見えてくる。LCCは格安での旅を実現しただけでなく、人々の価値観やライフスタイルをも変えようとしている。(2014/5/9)

2015年1月に発売予定:
Googleのモジュール式スマホ、「興味深いが欠点も多い」
欲しい機能を組み合わせてカスタマイズできるとして、注目を集めるGoogleのモジュール式スマートフォン。米国で開発者会議が開かれ、MDK(Module Developer Kit)が公開された。参加者からは、同スマートフォンについて「興味深いが欠点も多い」との声も聞かれた。(2014/4/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。