ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

  • 関連の記事

「20世紀フォックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「20世紀フォックス」に関する情報が集まったページです。

伝説のバンド「クイーン」の伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」 ネットの反応に見る意外なファン層
フレディ・マーキュリーかわいい説も浮上。(2018/11/23)

Cisco Webex Teams、Symphonyも採用
暗号鍵を企業が管理? Slackが注目する「鍵管理機能」とは何か
Slackは企業向けの“鍵”管理機能を提供する。詳細なデータ暗号化の管理可能にして大企業へサービスを拡大することが目的だ。(2018/10/24)

ゲーム「ロックマン」、ハリウッドで実写映画化が決定
ドラマ「HEROES」などで知られるマシ・オカさんがプロデューサー。(2018/10/4)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
「X-ファイル」は景気が「疲れている」ときに流行るドラマ オカルト研究家・山口敏太郎が語る新「X-ファイル2018」の魅力
山口さんの考える“宇宙人の真の正体”や、自身が幼少期に遭遇したという“銀色の巨人”についても聞きました。(2018/7/13)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
「モルダー、あなたまだ疲れてるのよ」 7月上陸の「X-ファイル 2018」、最新“お疲れモルダー”の姿を先行公開
I WANT TO BELIEVE. (2018/6/23)

Comcast、21st Century Foxに650億ドルの買収提案 AT&TのTime Warner買収承認後
通信インフラ企業であるAT&Tによるコンテンツ企業Time Warnerの買収を米連邦地裁が承認した翌日、CATV大手のComcastがコンテンツ企業の21st Century Foxに買収を提案した。(2018/6/14)

全部面白い! 帰ってきた俺ちゃん「デッドプール2」ネタバレなしレビュー
待ってた❤(2018/6/2)

デッドプール「どっかのバカがWikipediaにストーリーをほぼ全部記入しやがった」→親切な俺ちゃんファンが記事を修正
やさしいせかい。(2018/6/1)

“Fワード”に「デッドプール3」の話まで ライアン・レイノルズ、東京観光バスツアーで通訳泣かせの“デップー節”全開
通訳さんも困り顔。(2018/5/31)

「ヘリウム声なのに」 デッドプール、前作でディスったベッカムに直接謝罪 大物スターも次々ターゲットに
誠意が全く感じられない謝罪。(2018/5/11)

「カリオストロの城」→「池の水ぜんぶ抜く」 ハッシュタグ「好きな映画をつまらなさそうに紹介する」に秀逸な投稿集まる
かえって見てみたくなる。(2018/5/9)

おふざけ全開! 野性爆弾くっきー、予定外の“がんりきまる”で「デッドプール2」を破天荒に盛り上げる
なぜそのチョイスだったんだ。(2018/5/9)

「Microsoft Teams」「Cisco Spark」を圧倒できるか
大企業向けSlack「Slack Enterprise Grid」の知っておきたい強化点
既に150社を超す大規模組織が利用している「Slack Enterprise Grid」。Slackはその利用を更に広げるために、機能強化を続けている。注目すべき最近の強化点をまとめた。(2018/4/26)

ポイントは“核”となるサービスを決めること
乱立するコミュニケーション基盤 どうすれば1つに統合できるのか?
チームコラボレーションサービスでは、メッセージングを1つのコミュニケーション基盤に統合する戦略を採用する企業が増えている。IT部門とエンドユーザーのコミュニケーションを円滑にすることが目的だ。(2018/4/18)

「Microsoft Teams」「Cisco Spark」とは別の道を選ぶ
Slackが「音声通話」「ビデオ通話」機能をあえて強化しない理由
MicrosoftやCisco Systemsなどとの競争が激しさを増しているものの、チームコラボレーション市場で依然として支持を集めるSlack。その競争力の源泉に迫る。(2018/4/6)

「シェイプ・オブ・ウォーター」が描く抑圧と解放 モンスターの一撃は何を救済したか?
ネタバレ注意。(2018/3/21)

一時休館していた映画館「シネクイント」、7月6日に復活
渋谷PARCO建替えのため一時休館となっていました。(2018/3/20)

私が「シェイプ・オブ・ウォーター」を劇場に見に行かない理由 映画作品に”手を加える”ということ
表現の規制と、責任の所在。(2018/3/1)

CES 2018レポート:
AIとIoTに5Gも加わった「CES 2018」、そして全てのモノがデジタル化される
情報通信総合研究所が「CES 2018」について報告。グーグルとアマゾンによる音声認識AIの激しいつばぜり合いや動画配信サービスによる業界再編などについて紹介した他、AIとIoTに5Gが融合しつつあることもポイントとして取り上げた。(2018/2/5)

半径300メートルのIT:
もうBlu-rayの時代じゃない? 私がApple TVを選んだ理由
先日、とうとうApple TVを買いました。今回は購入に至るまでの紆余曲折を紹介しようと思います。とはいえ、Apple TVで満足しているわけではないのですが……。(2018/1/16)

オーディオビジュアルが追い求め続ける芸術表現の哲学――「麻倉怜士のデジタルトップテン」(前編)
2017年もあとわずか。毎年恒例「麻倉怜士のデジタルトップテン」の季節だ。前編となる10位から7位までには、現代の芸術の一翼を担う製品や項目が並んだ。(2017/12/28)

Disney、21st Century Foxを524億ドルで買収 「X-メン」や「ザ・シンプソンズ」、ナショジオがディズニーに
Walt Disney Companyが21st Century Foxを524億ドルで買収する。Disneyは2019年立ち上げ予定の独自の動画配信サービスで獲得した人気コンテンツを独占配信できるようになる。(2017/12/15)

ディズニー、21世紀フォックスの事業買収を発表
X-MENやデップーさんとアベンジャーズの共演が実現するかも?(2017/12/14)

オリエント急行ならぬオリエント路面電車、大阪の阪堺電車で運行 映画とのコラボ限定車両
モ161型形車166号車が「オリエント急行」カラーに変身。(2017/11/10)

ギレルモ・デル・トロ監督新作「シェイプ・オブ・ウォーター」18年3月公開決定 半魚人との幻想的なラブストーリー
待ちきれない。(2017/10/30)

「世界よ、これが日本のブランドだ!」――麻倉怜士のIFAリポート2017(後編)
AV評論家、麻倉怜士氏による「IFA 2017」振り返り。後編は日本を代表する2大メーカーのソニーとパナソニックを中心にお届けする。(2017/10/20)

クマとハチミツで「くまのプーさん」、炎と親指で「ターミネーター2」 ハッシュタグ「好きな作品を絵文字だけで」が大盛況
ネズミとトラとボウズ頭で「ねとらぼ」は……苦しいな。(2017/9/28)

これでいつ宇宙に行っても安心 ARで実戦訓練もできる「エイリアン・サバイバル・マニュアル」登場
USCM公式!(2017/9/21)

古くて新しい、現代映画のモノクロ化というムーブメント
「マッドマックス」がモノクロ版として再発表されるなど、“映画のモノクロ化”という動きがにわかに活発化している。映画大好き麻倉怜士氏がこの動きに注目、過去の傑作を振り返りながら、旧作にはなかった現代のモノクロ映画の楽しみを指南。(2017/9/16)

新規格「HDR10+」がコンシューマーにもたらすもの――パナソニック、小塚氏に聞く
20世紀フォックスとパナソニック、サムスンの3社が、HDRのエコシステムをさらに発展させる新しい技術規格「HDR10+」を発表した。HDR10+とはどのような技術なのか。また新しい規格が目指すものは何なのだろうか。パナソニックの小塚雅之氏に話を聞いた。(2017/9/8)

パナソニックとサムスン、20世紀FOXが推進する「HDR10+」とは?
「IFA 2017」でパナソニックは、韓国のサムスン、映画スタジオの20世紀フォックスと協力して新たにHDR映像の高画質化を実現する新規格を立ち上げることを明らかにした。「HDR10+」(仮称)だ。(2017/8/31)

CloseBox:
映画「ドリーム」がアポロ計画は外してもドリームは残した理由
多分、どちらもいい映画です。(2017/6/9)

「ドリーム 私たちのアポロ計画」の邦題変更 「ドリーム」に
邦題が映画の内容と異なると指摘されていました。(2017/6/9)

「内容と邦題違う」批判の声も:
「ドリーム 私たちのアポロ計画」邦題変更 「ドリーム」に
「ドリーム 私たちのアポロ計画」のタイトルが、「ドリーム」へと変更になる。「内容に即していない」といった批判の声が上がっていた。(2017/6/9)

「キングスマン」続編の公式Twitterが「人は見た目が100パーセント」 ファンからツッコミ続出
前作のテーマ「マナーが紳士を作る」に反したツイート。「第1作目見てるの?」と疑問の声が。(2017/5/19)

「X-ファイルがFOXに帰ってくる」 公式がSNSで新シーズン開始を示唆
スカリー役女優も、モルダー役に宛てて「準備はできてる?」とツイート。(2017/4/21)

リドリー・スコット監督の新作「エイリアン:コヴェナント」がVR化へ VR映像制作部門の設立を発表
リドリー・スコット監督のRSA Filmsに新たな部門「RSA VR」が設立されました。(2017/4/20)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
審査委員長直伝! 第9回「ブルーレイ大賞」レビュー(前編)
(2017/3/4)

練り上げた4K画質――JVC「DLA-X770R」で実践する“美味しく足す”工夫
JVCのD-ILAプロジェクター新製品「DLA-X770R」を試聴。いっそう画質が練り上げられ、Ultra HD Blu-rayなどのHDRコンテンツを積極的に楽しみたいAVファンの期待に応える製品となった。ただ、より良い画質を得るためには少しばかりの工夫も必要だ。(2017/2/28)

「“空前絶後”の喜びです」 斎藤工、「アサシン クリード」イベントでマイケル・ファスベンダーの魅力に悩殺される
憧れのマイケル・ファスベンダーの前でも、独特なワールドを展開する斎藤工さん。(2017/2/18)

ティム・バートン監督来日で又吉が飛び、綾部が売り込む! 「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」公開直前イベント
ハリウッドの奇才・バートン監督を前にピースの2人が能力を発揮。渡米前で必死すぎる綾部さん。(2017/1/31)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
HDRが起こした映像革命――2016年のAVシーンを振り返る
AVシーン今年最大のトピックは、Ultra HD Blu-rayとHDR (ハイダイナミックレンジ)の登場と断言していい。今回は、その再生に必要な4Kテレビやプロジェクター、プレーヤーの動向を振り返り、印象に残った製品をピックアップしていこう。(2016/12/27)

「エイリアン:コヴェナント」が2017年9月日本公開! 監督は初代作のリドリー・スコット
同監督が手がけた「プロメテウス」の続編にもあたる作品。(2016/12/26)

「プロメテウス」続編「エイリアン:コヴェナント」の初トレーラー公開
リドリー・スコット監督の「プロメテウス」続編「Alien:Covnant」の初トレーラーが公開された。前作の主要登場人物、アンドロイドのデイビッド(マイケル・ファスベンダー)の他、エイリアンシリーズでおなじみのモノも登場する。(2016/12/26)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ハイパーソニックの伝道師が手がけた「AKIRA」の世界
「AKIRA」のオリジナルサウンドトラック「Symphonic Suite AKIRA」が、DSD11.2MHzでお目見えした。芸能山城組を主催する大橋力氏が手掛けた本作には、ただのハイレゾとは一味も二味も違う。またオマケコーナーの「麻倉印・秀作UHD BD紹介」は「インデペンデンス・デイ」。(2016/11/24)

実写版「アサシン クリード」の日本での劇場公開日が決定! ゲームと同じ世界観・設定で描かれる物語
舞台はルネサンス期のスペイン!(2016/10/24)

「ウルヴァリン」シリーズ最新作「ローガン」の日本公開時期が決定 プロフェッサーXがツルツルじゃない……
ウルヴァリンもプロフェッサーXもボロボロなんですけど!?(2016/10/21)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
4KプロジェクターでもHDRは楽しめる! JVC「DLA-X750R」が見せた映像設定の妙技
昨年発売の4K対応プロジェクターでHDR (ハイダイナミックレンジ)の魅力をきちんと引き出せるモデルは存在していなかった。しかし、JVCは6月までに最適画質設定や新ファームウェアを発表。画質が著しく向上していることが確認できて大いに驚かされた。(2016/8/25)

ツルツル頭継承システムじゃねぇからこれ! X-MEN最新作、ジェームズ・マカヴォイが真のプロフェッサーXになるべく剃髪
スキンヘッドでも超かっこいい。(2016/7/29)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
史上最高の画質が手に入る! パナソニックのUltra HD Blu-rayプレーヤー「DMP-UB900/UB90」を試す
Ultra HD Blu-rayタイトルの発売に合わせて投入されるパナソニックのプレーヤー「DMP-UB900」「DMP-UB90」。先に発売された「DMR-UBZ1」と合わせ、その実力を評価した。(2016/6/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。