ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

  • 関連の記事

「20世紀フォックス」最新記事一覧

「X-ファイルがFOXに帰ってくる」 公式がSNSで新シーズン開始を示唆
スカリー役女優も、モルダー役に宛てて「準備はできてる?」とツイート。(2017/4/21)

リドリー・スコット監督の新作「エイリアン:コヴェナント」がVR化へ VR映像制作部門の設立を発表
リドリー・スコット監督のRSA Filmsに新たな部門「RSA VR」が設立されました。(2017/4/20)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
審査委員長直伝! 第9回「ブルーレイ大賞」レビュー(前編)
(2017/3/4)

練り上げた4K画質――JVC「DLA-X770R」で実践する“美味しく足す”工夫
JVCのD-ILAプロジェクター新製品「DLA-X770R」を試聴。いっそう画質が練り上げられ、Ultra HD Blu-rayなどのHDRコンテンツを積極的に楽しみたいAVファンの期待に応える製品となった。ただ、より良い画質を得るためには少しばかりの工夫も必要だ。(2017/2/28)

「“空前絶後”の喜びです」 斎藤工、「アサシン クリード」イベントでマイケル・ファスベンダーの魅力に悩殺される
憧れのマイケル・ファスベンダーの前でも、独特なワールドを展開する斎藤工さん。(2017/2/18)

ティム・バートン監督来日で又吉が飛び、綾部が売り込む! 「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」公開直前イベント
ハリウッドの奇才・バートン監督を前にピースの2人が能力を発揮。渡米前で必死すぎる綾部さん。(2017/1/31)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
HDRが起こした映像革命――2016年のAVシーンを振り返る
AVシーン今年最大のトピックは、Ultra HD Blu-rayとHDR (ハイダイナミックレンジ)の登場と断言していい。今回は、その再生に必要な4Kテレビやプロジェクター、プレーヤーの動向を振り返り、印象に残った製品をピックアップしていこう。(2016/12/27)

「エイリアン:コヴェナント」が2017年9月日本公開! 監督は初代作のリドリー・スコット
同監督が手がけた「プロメテウス」の続編にもあたる作品。(2016/12/26)

「プロメテウス」続編「エイリアン:コヴェナント」の初トレーラー公開
リドリー・スコット監督の「プロメテウス」続編「Alien:Covnant」の初トレーラーが公開された。前作の主要登場人物、アンドロイドのデイビッド(マイケル・ファスベンダー)の他、エイリアンシリーズでおなじみのモノも登場する。(2016/12/26)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ハイパーソニックの伝道師が手がけた「AKIRA」の世界
「AKIRA」のオリジナルサウンドトラック「Symphonic Suite AKIRA」が、DSD11.2MHzでお目見えした。芸能山城組を主催する大橋力氏が手掛けた本作には、ただのハイレゾとは一味も二味も違う。またオマケコーナーの「麻倉印・秀作UHD BD紹介」は「インデペンデンス・デイ」。(2016/11/24)

実写版「アサシン クリード」の日本での劇場公開日が決定! ゲームと同じ世界観・設定で描かれる物語
舞台はルネサンス期のスペイン!(2016/10/24)

「ウルヴァリン」シリーズ最新作「ローガン」の日本公開時期が決定 プロフェッサーXがツルツルじゃない……
ウルヴァリンもプロフェッサーXもボロボロなんですけど!?(2016/10/21)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
4KプロジェクターでもHDRは楽しめる! JVC「DLA-X750R」が見せた映像設定の妙技
昨年発売の4K対応プロジェクターでHDR (ハイダイナミックレンジ)の魅力をきちんと引き出せるモデルは存在していなかった。しかし、JVCは6月までに最適画質設定や新ファームウェアを発表。画質が著しく向上していることが確認できて大いに驚かされた。(2016/8/25)

ツルツル頭継承システムじゃねぇからこれ! X-MEN最新作、ジェームズ・マカヴォイが真のプロフェッサーXになるべく剃髪
スキンヘッドでも超かっこいい。(2016/7/29)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
史上最高の画質が手に入る! パナソニックのUltra HD Blu-rayプレーヤー「DMP-UB900/UB90」を試す
Ultra HD Blu-rayタイトルの発売に合わせて投入されるパナソニックのプレーヤー「DMP-UB900」「DMP-UB90」。先に発売された「DMR-UBZ1」と合わせ、その実力を評価した。(2016/6/20)

なんだこの組み合わせ 「インデペンデンス・デイ」×「ガンダムUC」のコラボポスターが爆誕してしまう
小説版の著者・福井晴敏さんいわく「二作品はソウルブラザー」。(2016/6/17)

藤原竜也「川崎のコストコの上に光る物体を見た。あれはUFO」
映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」のイベントで止めどない宇宙愛。(2016/6/10)

サプライズ! パナソニックが普及モデルを含むUltra HD Blu-rayプレーヤー2機種を投入
“次世代ブルーレイ”ことUltra HD Blu-rayのタイトル発売に合わせ、パナソニックから対応するプレーヤー2機種が発表された。欧州などで販売している「DMP-UB900」に加え、初の普及モデルもラインアップし、早期の普及を目指す。(2016/6/8)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
Ultra HD Blu-rayの実力を堪能できる4Kテレビはコレだ!(後編)
先月のパナソニック、LGエレクトロニクスに続き、今月はソニー、東芝、シャープの最新4Kテレビをじっくりチェックした。そのインプレッションを記したいと思う。(2016/5/26)

「クライモリ ねぇキスしてよ バタリアン」 FOXのDVD川柳がいとおかし
文庫川柳からの派生で生まれた奇跡の「5・7・5」(2016/5/18)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
Ultra HD Blu-rayの実力を堪能できる4Kテレビはコレだ!(前編)
前回、Ultra HD Blu-rayの魅力を十全に引き出せる家庭用4Kテレビ&4Kプロジェクターは存在しないと書いたが、この数週間で状況がガラリと変わった。ソフトウェアアップデートで変わった東芝「Z20X」のHDR画質、そしてパナソニックとLGエレクトロニクスの新製品について、インプレッションをお届けしよう。(2016/4/25)

「ゼロ・グラビティ」「オデッセイ」「レヴェナント」に共通する法則とは? イニャリトゥ監督が明かす
生きていることは希望。(2016/4/22)

ついに発売!:
20世紀フォックス、Ultra HD Blu-rayソフト7タイトル発売へ――「X-MEN:フューチャー&パスト」「メイズ・ランナー」など
20世紀フォックスからUltra HD Blu-rayフォーマットが初登場!第1弾は6月8日発売で「エクソダス:神と王」「メイズ・ランナー」「X-MEN:フューチャー&パスト」など5作品。そのほか2作品を予定している。(2016/4/20)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
間違いなく史上最強の高画質メディア――米国版Ultra HD Blu-rayをチェックした
日本での発売が待ち遠しいUltra HD Blu-ray。今回は米国で販売が開始された映画タイトルを中心に7タイトルを自室の環境でチェック、HDR対応テレビの視聴比較と合わせてお伝えしたい。(2016/3/22)

「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」は7月9日公開 宇宙船が不気味に浮かぶポスター画像も解禁
このポスター……がっつり日本が狙われてるゥ!(2016/3/16)

レオ様、ついに念願のオスカーを獲得! 場内総立ちで祝福
ずっとこのときを待ってた。(2016/2/29)

CES 2016:
4K/HDRテレビの新基準「ULTRA HDプレミアム」ロゴの意味、そしてパナソニックの「DX900」シリーズ誕生の背景
パナソニックがCESで「ULTRA HDプレミアム」ロゴプログラムの仕様に準拠する4K/HDRテレビを発表した。そもそも「ULTRA HDプレミアム」ロゴとは一体何なのか? 対応製品には何が求められるのか、詳しい話を聞いた。(2016/1/9)

5分でわかる最新キーワード解説:
2016年は普及元年、美麗画質を可能にする「Ultra HD Blu-ray」とは
家庭で4K映像を体験できる次世代規格「Ultra HD Blu-ray」が策定され、対応製品も発表されました。2016年が普及元年といわれる新規格の概要を紹介します。(2016/1/6)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
UHD BDはなくても史上最強! パナソニック「DMR-UBZ1」を使い倒す
パナソニックの「DMR-UBZ1」は、Ultra HD Blu-ray Discの再生機能を初めて搭載したBDレコーダー。まだUHD BDタイトルは市場に存在しないが、通常のBDを見れば再生能力の高さは分かる。また「NETFLIX」の4Kコンテンツも試聴した。(2015/12/17)

ARM TechCon 2015基調講演リポート:
“印刷”のCortex-M0から64bit化を推進するCortex-A35、mbed OSまで、ARMの示す未来像
英ARMが同社の取り組みを紹介する「ARM TechCon 2015」を開催した。内容は多岐にわたるが、ここではCTO Mike Muller氏による基調講演から、ローエンド64bitCPUやセキュリティ、mbed OSなど、ARMの目指す未来像について紹介する。(2015/11/24)

57枚組……! 「X-ファイル」初のブルーレイBOX発売決定
日本語吹き替え版66話分も収録。(2015/11/21)

仕事なんか捨ててかかってこい! 20世紀フォックスが「コマンドー休暇申請書」を作成して実際に提出する
お前は休みにしてやると言ったのを覚えてるか? ありゃ嘘だ(2015/10/28)

イピカイエー! 「ダイハード」に登場するナカトミ・プラザがまさかの1/400スケールフィギュアになったぜ!
500セット限定のブルーレイBOXの特典として。(2015/10/20)

20世紀FOXエンターテイメントがTwitterで痛恨のミス ボンドガール・オナトップで誤字
担当者「ウワァァァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアァァァァァァアアアアアアアアァァォォァアアアアアアアァァァァアォァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアァァォアアァォァアアアアアアァァァアぁぁぁぁぁあああああああああああぁぁぁぁぁあああああぁぁぁあああああああ」(原文ママ)。(2015/10/17)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
曲面テレビはもう終わり?――IFAで見つけた“近未来”
今年のIFAでAV評論家の麻倉怜士氏はどのようなトレンドを見つけたのか。前回は有機ELテレビを取り上げたが、今回は8KやHDR、曲面ディスプレイといったテーマごとに映像機器の動向を読み解いていこう。麻倉氏ならではの業界ウラ話も……。(2015/10/5)

Samsung、HMD「Gear VR」の一般向けモデルを99ドルで11月に発売へ
Samsungが、Galaxy端末をセットして使うVR HMD「Gear VR」の新モデルを先代の約半額、99ドル(約1万円)で一般消費者向けに11月に発売する。同社の最新Galaxy端末をサポートし、69グラム軽量化した。(2015/9/25)

テレビ用プレーヤー2種を発売:
日本向けオリジナルコンテンツも続々投入、Amazonの動画見放題サービス「プライム・ビデオ」スタート
Amazonのプライム会員向け動画見放題サービス「プライム・ビデオ」がスタートした。同社オリジナル作品や独占配信のタイトルを多数ラインアップする。(2015/9/24)

Amazonプライム会員向け動画見放題サービス「プライム・ビデオ」スタート
アニメやドラマ、コンサートなどを配信する。(2015/9/24)

IFA 2015:
UHD BDプレイヤーは年内に発売できるのか?――4KとHDRの最新事情
サムスンのUHD BDプレイヤー開発が遅れ、年末に間に合いそうなのはパナソニックのみ。しかし1社だけでローンチするのだろうか。一方、4Kコンテンツのネット配信でもクオリティーを確保するための動きが始まっている。(2015/9/9)

スター・ウォーズ全6作、数量限定スチールブック仕様でBlu-ray発売――9枚BOXも同時発売
スター・ウォーズ エピソード1〜6のスチールブック仕様Blu-rayが各1万セット限定で11月13日に発売される。価格は各3800円(税別)。9枚BOX仕様も同時発売で価格は1万6500円(税別)。(2015/8/10)

チケット購入時に誓約書が必要!? USJの「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」が怖すぎる
「トラウマになっても了承できる人のみ」参加可能。(2015/7/22)

「サマーウォーズ」地上波放送でTwitterが「よろしくお願いしまああああす 」祭りに おい違うやつ混じってんぞ!
よろしくお願いしまああああああああす!(2015/7/3)

名作を振り返る『第二次世界大戦映画DVDコレクション』7月21日に創刊
創刊号には「トラ・トラ・トラ!」の復刻劇場ポスターが付属。(2015/7/1)

「スター・ウォーズ」全シリーズの映画音楽を楽しめるオーケストラコンサート開催決定
SWなどで知られる映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズの公認団体が演奏。(2015/6/15)

吹替音声は4パターン! 「ターミネーター 吹替版」日本公開30周年記念ボックス発売
大友龍三郎さんのシュワちゃんも玄田哲章さんのシュワちゃんも聞ける!(2015/6/8)

映画「コマンドー」のベネットが日本のファンにまさかの祝福メッセージ 「お前らへの挨拶ならタダでも喜んでやるぜ」
日本に来いよベネット!(2015/5/1)

目に浮かぶスペースオペラ 「スター・ウォーズ」公開記念全曲コンサートオーケストラの団員を募集
腕に覚えのあるオーケストラ経験者はいますか?(2015/4/7)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
これぞ高画質&高音質のBlu-ray Disc、第7回DEGジャパン・アワード”(後編)
前編に続き、「第7回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の審査委員長を務めたAV評論家・麻倉怜士氏に各賞の評価ポイントや審査の裏話を聞いていこう。(2015/3/13)

ユーザー大賞はやっぱり:
DEGジャパンの第7回「ブルーレイ大賞」、グランプリは300万枚も売れた“あの作品”
「第7回 DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の受賞式が開催され、各賞の受賞作品が決まった。各部門の受賞作から選ばれる「グランプリ」の行方は?(2015/2/17)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
4Kテレビの先が見えてきた――2015 CES振り返り(前編)
2015 International CESのトレンドは今回も4Kテレビだった。しかし、AV評論家の麻倉怜士氏によると、過去数年とは少し様子が違っていたという。4Kテレビに加わる付加価値とは?(2015/1/30)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。