ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「FreeBSD」最新記事一覧

質問!BSD系OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でBSD系OS関連の質問をチェック

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第22回 Dockerで3Dゲームを動かす――稼働編
ここまでDocker環境で3Dゲームを稼働させるための準備や方法などをみてきました。それでは実際に自動車や飛行機、鉄道のシミュレータを稼働させてみます。(2016/5/18)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第21回 Dockerで3Dゲームを動かす――構築編
前回はDocker環境で3Dゲームを稼働させるゴールや方法などについてご紹介しました。今回はその環境を構築していく上でのポイントや注意点を解説します。(2016/4/27)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(47):
Hyper-V上のLinux仮想マシンで新たにサポートされる機能
Windows Server 2016のHyper-Vで動作するLinuxのサポート状況について、これまで明らかにされていたものよりも、具体的かつ詳細な情報が公開されました。(2016/4/21)

実際に検証済み!OSS徹底比較(1)運用監視編:
OSS運用監視ソフト 注目の10製品徹底比較 2016年版
運用監視をはじめ、多くの企業が取り入れているOSS(オープンソースソフトウェア)。目的に応じて最適なものを選択し、うまく使いこなせば強力な武器となるが、それができなければかえって手間や混乱の原因にもなりかねない。本連載では注目のOSSをピックアップして実際に検証し、基本的な優位性、劣位性を明確化した。ぜひOSSを選ぶ際の参考にしてほしい。(2016/4/25)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第20回 Dockerで3Dゲームを動かす――準備編
非常に深い関係にあるゲームとコンピュータ。今回からDockerの環境で3Dゲームを稼働させる方法についてご紹介していきます。まずはその目的や方法、必要な環境などについてみていきましょう。(2016/4/13)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第19回 Dockerで植物が育つ様子を自動録画してみよう――その3
Dockerコンテナを使って動画の撮影や活用のための環境を構築する方法をご紹介します。今回はこれまでに準備したDocker環境で実際に撮影、活用するまでの流れを取り上げます。(2016/3/30)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第18回 Dockerで植物が育つ様子を自動録画してみよう――その2
Dockerコンテナを使って動画の撮影や活用のための環境を構築する方法をご紹介します。今回は環境を具体的に構築する手順を取り上げます。(2016/3/16)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第17回 Dockerで植物が育つ様子を自動録画してみよう――その1
今回からDockerコンテナを使って動画の撮影や活用のための環境を構築する方法をご紹介していきます。Webカメラの使い方や録画データの保存、構築した環境の管理などはどうすればいいのでしょうか――まずは導入準備編です。(2016/3/2)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第16回 1つのDockerコンテナでサービスをたくさん動かすには?(応用編)
Dockerコンテナで複数のサービスを動かすポイントを解説しましたが、今回はその応用編として具体的に3つの方法をご紹介します。(2016/2/17)

“応用力”をつけるためのLinux再入門(1):
いまさら聞けないLinuxの基礎知識
Linuxを勉強してみたいけど、どこから手を付けてよいか分からない、何だかよく分からないまま使っている……そんな方々のための連載です。まずは、Linuxとはどんなものなのか確認しましょう。(2016/2/16)

エッジからクラウドまで伸長するIsilon:
EMCが「IsilonSD Edge」「Isilon CloudPools」をリリース。AWS、Azureなども「一貫性のある」管理が可能に
米EMCがIsilon製品群「IsilonSD Edge」「Isilon CloudPools」をリリース。「エッジ トゥ コア トゥ クラウド(Edge-to-core-to-cloud)」で、一貫性のあるストレージ環境を提供するという。(2016/2/4)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第15回 1つのDockerコンテナでサービスをたくさん動かすには?(基礎編)
サービスを稼働させる上で、ハイパーバイザ型の仮想化環境とDockerコンテナの環境では大きな違いがあります。まずは基礎知識から解説しましょう。(2016/2/3)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第14回 「延命措置」で旧システムからDocker環境に移行する方法
古いIT資産をDocker環境へ移行するには多面的な検証が必要です。今回は「延命措置」のシナリオから、実際に古い物理サーバからDocker環境へ移行する手順を紹介します。(2016/1/20)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第13回 “根が深い”旧システムからDocker環境への移行をどうするか
いざ古い物理サーバや仮想化基盤からDocker環境に移行しようとすると、実に“根が深い”さまざまな課題に直面することになるでしょう。Dockerへの移行について知っておくべき必要最低限のポイントを解説します。(2016/1/6)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第12回 Docker環境のバックアップツール「Convoy」を試す
前回はDocker環境のデータの管理に役立つ「Convoy」を紹介しました。今回は実際にConvoyを使ってどのようなことができるのかを解説します。(2015/12/9)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第11回 Docker環境のバックアップをラクにする「Convoy」とは?
Docker環境のバックアップ/リストアは、物理サーバやハイパーバイザー型の仮想化基盤に比べて、異なる点が多くあります。今回はDockerコミュニティーの間で注目されている「Convoy(コンボイ)」を紹介します。(2015/11/25)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第10回 Docker環境におけるバックアップ/リストアの罠
“攻めのIT”を考える情シスが今後知っておくべき注目の技術「Docker」を基本から応用まで解説します。今回はDocker環境におけるバックアップ/リストアでの注意点をご紹介します。(2015/11/11)

「Parallels Desktop for Mac Business Edition」で一元管理も
ビジネスMacユーザーのたしなみ WindowsアプリをMac上で稼働させる
Mac上でWindowsアプリケーションを実行できるようにする米Parallelsの「Parallels Desktop for Mac」。そのBusiness Editionを使用すれば、仮想マシンの設定と展開と管理をIT担当者が制御することができる。(2015/10/29)

リッチなコンテンツもGitHubでの管理が効率化:
GitHubでの大容量データファイルの扱いを効率化する「Git Large File Storage v1.0」
GitHub上で、ソースコードだけでなく画像や音声データなどの管理を効率化する「Git LFS」が正式リリースに。(2015/10/5)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第9回 Dockerfileで“インフラストラクチャ・アズ・コード”を体験
“攻めのIT”を考える情シスリーダーが今後知っておくべき注目の技術「Docker」を基本から応用まで解説します。今回のテーマは「Dockerfileでインフラストラクチャ・アズ・コードを実体験」です。(2015/9/30)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第8回 “紙の手順書”をなくす!? 「Dockerfile」とは何か
“攻めのIT”を考える情シスリーダーが今後知っておくべき注目の技術「Docker」を基本から応用まで解説します。今回のテーマは「Dockerfileとその意味を知る」です。(2015/9/16)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第7回 Dockerに触れ、マルチOSを体験してみよう(後編)
“攻めのIT”を考える情シスリーダーが今後知っておくべき注目の技術「Docker」を基本から応用まで解説します。今回のテーマは「Webサーバ入りDockerイメージの再利用」です(2015/9/2)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第6回 Dockerに触れ、マルチOSを実体験してみよう(前編)
“攻めのIT”を考える情シスリーダーが今後知っておくべき注目の技術「Docker」を基本から応用まで解説します。今回のテーマは「Docker実体験と動きの確認」です。(2015/8/19)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第5回 LinuxコンテナとDockerの違いをざっくりと比較する
“攻めのIT”を考える情シスリーダーが今後知っておくべき注目の技術「Docker」を基本から応用まで解説します。今回のテーマは「DockerコンテナをLinuxコンテナの特徴と比べながら、違いと活用のコツを理解する」です。(2015/8/5)

添付ファイルの自動削除機能を追加:
カスペルスキー、メールセキュリティ製品の最新版を販売開始
カスペルスキーは2015年7月24日、法人向けメールセキュリティ製品「Kaspersky Security for Linux Mail Server」の最新版(8.0.1.721)の販売を開始した。添付ファイルの自動削除機能を追加し、対応するOSのバージョンを拡充した。(2015/7/24)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第4回 「Dockerのクジラロゴ」が意味するもの
“攻めのIT”のため、Dockerの本質を見極め、より正しくDockerを理解しましょう。今回はいよいよ本題へ。Dockerのロゴアイコンやコンテナそのものの形状から「Dockerの本質」の基本をひもといていきます。(2015/7/22)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第3回 「ファイルシステムの分離」とは? chrootで試して理解しよう
なぜ企業がDockerに着目するのか、今後の“攻めのIT”に必要と言われているのか。情シスにその知識があると“強くなる”はずです。今回は簡易テスト環境で「chrootによるファイルシステムの分離」を体験する方法を紹介します。(2015/7/8)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第2回 chroot/Dockerを手元のWindowsで手軽に試す方法
なぜ企業がDockerに着目するのか、今後の“攻めのIT”に必要と言われているのか。今回はこれをふまえ、簡単にざっくりと体験学習してみませんか。今回は準備編として、CentOS 7.xをお手元のWindows PCで手軽に試す方法を簡単に紹介します。(2015/6/24)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(34):
Hyper-Vのバックアップで仮想マシンは止まらない
前回は、WindowsのクライアントOSにおけるフルバックアップ機能について取り上げ、Windows 8.1における機能削除とWindows 10における復活の可能性に言及しました。今回は、サーバー版の「Windows Serverバックアップ」のHyper-V対応における重要な変更点を説明します。(2015/6/22)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第1回 Dockerと「昭和54年」の深〜い関係
いま、欧米IT業界で特にホットな話題=「Docker」。これを正しく理解すると、これからの情シスに求められる“攻めのIT”の強い武器になる。そう強く提言するエバンジェリストが「Docker」の基本と具体的Tipsを解説していきます。(2015/6/10)

DNS Tips:
BINDの制御方法を教えてください(DNSサーバーの制御:BIND編)
ISCが開発し、多くの実績を持つDNSソフトウエアの実装「BIND」の制御方法を解説する。(2015/6/2)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(27):
SMBに乗り換えたMac――WindowsとMacのファイル共有のいま(後編)
前回はWindowsとMacのファイル共有について、最新のOS X 10.10 Yosemiteの状況について調査しました。今回は、以前のOS Xと絡めて、変更点や互換性問題を説明します。(2015/3/17)

“クラウドより16倍速い”:
クラウド不要のP2Pファイル同期ツール「Sync」が正式版に 年額4800円のプロエディションも
手持ちの端末(PC、Mac、iOS、Androidなど)のストレージをクラウド代わりに使えるようにするP2Pベースのファイル同期ツール「BitTorrent Sync」の正式版が無料で公開された。年額4800円の「Sync Pro」もある。(2015/3/4)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(26):
SMBに乗り換えたMac――WindowsとMacのファイル共有のいま(前編)
今回と次回は、WindowsとMacのファイル共有状況について、SMBトラフィックのキャプチャ結果から探った結果をお伝えします。(2015/2/27)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(7):
新しいHyper-VでサポートされるゲストOSを予想する
今回は、次期バージョンの「Hyper-V」でサポートされるWindowsおよびLinuxのゲストOSを予想してみます。また、Linuxゲストに対して追加される新機能も紹介します。(2015/2/17)

OSSライセンスで条件を指定する権利はどこからくるのか?:
「OSSライセンス=契約」という誤解を解く
オープンソースソフトウェアについて解説した記事の中には、「OSSライセンスは契約である」という誤解を目にすることが多い。この連載は「第9回著作権・著作隣接権論文」で佳作に入選した論文をベースに、その誤解を解いてみるという試みをしたい。(2014/12/18)

特集:運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(2):
徹底比較! 運用監視を自動化するオープンソースソフトウェア10製品の特徴、メリット・デメリットをひとまとめ
運用自動化のポイントを深掘りする本特集。今回は「個々の作業項目の自動化」に焦点を当て、「Zabbix」「JobScheduler」「Sensu」など、運用・監視系の主要OSS、10種類の特徴、使い方などを徹底解説する。(2014/9/25)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(8):
使い方をマスターすれば、怖いものなし〜最強のネットワークツール「Wireshark」
ネットワークのトラブル解決には、ネットワーク上を流れる通信をのぞいてみるのが一つの方法です。そのときのツールといえば、やはり「Wireshark」が定番でしょう。(2014/9/12)

OpenBSD以外のプラットフォームにも:
OpenSSLの代替目指す「LibreSSL 2.0」、ポータブル版公開
OpenBSDプロジェクトは2014年7月11日、OpenSSLのフォークとして開発している「LibreSSL」のポータブル版「LibreSSL 2.0.0」を公開した。Linux、Solaris、Mac OS X、FreeBSDの各バージョンでテストを済ませているという。(2014/7/15)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(1):
Azure Site Recoveryは災害対策の“切り札”となるか?
マイクロソフトが「Microsoft Azure Site Recovery」のプレビュー提供を開始した。このサービスは、オンプレミスの仮想マシンのレプリカをMicrosoft Azure上に作成してバックアップする災害対策ソリューションになる。(2014/6/30)

Windows 8を禁止した中国政府──その背景と、中国産OSの現状は
中国政府が政府内でのWindows 8の使用禁止を通達。国内の反応は芳しくないが、その背景と、代替になりそうな中国OSの現状は。現地の事情に詳しい山谷氏のリポート。(2014/6/10)

最初のリリースから16年間存在していた問題、修正版へのアップデートを推奨:
OpenSSLに再び脆弱性、MITM攻撃につながる恐れ
オープンソースのSSL/TLS実装「OpenSSL」に、新たに複数の脆弱(ぜいじゃく)性が発見された。中にはMITM攻撃につながるおそれのある問題も含まれており、修正版0.9.8za/1.0.0m/1.0.1hへのアップグレードが呼び掛けられている。(2014/6/6)

OpenSSLにまた重大な脆弱性、直ちにパッチ適用を
脆弱性を悪用された場合、クライアントとサーバ間のトラフィックの暗号を解除され、改ざんされる恐れがある。(2014/6/6)

これからLinuxを学ぶ人のために:
Hyper-Vで始めるLinux環境構築
Hyper-Vで利用できるOSはWindows OSだけではなく、Linuxも正式サポートされている。Hyper-V上で利用できるLinuxやLinux環境の構築方法、Hyper-Vと連携させるために必要なLinux Integration Services(LIS)の機能などを解説。(2014/5/29)

いまさら聞けないDocker入門(1):
アプリ開発者もインフラ管理者も知っておきたいDockerの基礎知識
オープンソースのコンテナー管理ソフトウェアDockerについて主な機能と特徴、使用技術、動作環境などを紹介。ハイパーバイザー型とコンテナー型の仮想化の違いも解説します。(2014/5/16)

山市良のうぃんどうず日記(4):
その仮想マシンイメージ、止血済みですか?(OpenSSLの脆弱性)
OpenSSLの脆弱性「Heartbleed Bug」は、インターネットを大きく混乱させました。日本でも実害が出ているようです。筆者は念のためにオンラインサービスのパスワードを全て変更しました。これでもう関係ないと思っていたのですが……。(2014/5/8)

チェック方法まとめ:
OpenSSLの「Heartbleed」脆弱性は2年前から存在、「最悪のケースを想定して対処を」と専門家
オープンソースのSSL/TLS実装「OpenSSL」に見つかった情報漏えいにつながる脆弱性の影響が拡大。専門家は「最悪のケース、つまり秘密鍵の漏えいを想定して対処すべき」と述べている。(2014/4/10)

Linuxサーバ2万5000台にマルウェアが感染、攻撃加担の実態も
感染したサーバ2万5000台のうち、1万台以上はいまだにマルウェアが駆除されていないという。(2014/3/20)

AWS対抗の「Google Compute Engine」がGAに 値下げや対応OS追加を発表
Googleが、5月にプレビュー版を一般公開したIaaS「Google Compute Engine」の一般提供版(GA)をリリースし、インスタンスの値下げやSUSEやFreeBSDのサポートを発表した。(2013/12/4)

Dportsをデフォルトに:
BSD派生の「DragonFly 3.6」リリース
DragonFly 3.6が公開された。デフォルトのパッケージ管理システムに「Dports」を採用したほか、マルチコア環境における性能強化などを図った。(2013/11/29)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。