ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「現場の見える化」最新記事一覧

関連キーワード

「現場の情報」を見える化する:
「実行計画」を見える化する
超超超ワンマン社長が圧倒的なパワーで牽引するやり方を、ボトムアップに切り替えた武蔵野。会社の方針は社長が明確にするけれど、各事業部の個別方針は、「現場」が策定するのが特徴です。(2010/4/27)

「現場の情報」を見える化する:
「部下の指導」を見える化する
「何でジュースを持ってきたんだ! お前、頭悪いんじゃないの?」と叱ってはいけません。「お前、頭悪いんじゃないの?」という文言は、人間性を追及していることになります。「人」ではなく、「事」を叱りましょう。(2010/4/26)

「現場の情報」を見える化する:
「会議の進め方」を見える化する
普通、会議は、一番偉い人(つまり社長)から話し始めます。ところが社長は現場に出ていないため、お客様の情報も、ライバルの情報も持っていません。現場のことを分かっていない社長がトンチンカンな指示を出しているのですから、いつまでも業績が上がらないのです。(2010/4/23)

「現場の情報」を見える化する:
「情報の私物化」を見える化する
武蔵野は、経営方針も、経理情報も、クレームも、社員の評価も、社長がキャバクラに行ったことも、社長の年収が1500万円なのも、よい情報も悪い情報も隠さない。情報を私物化せずに公開しているからこそ、社員の協力を得られるのです。(2010/4/22)

「現場の情報」を見える化する:
事を大きくして「クレーム」を見える化する
人間は、面倒なことは後回しにしがちです。特にクレーム処理は気乗りもせず、後回しにしたくなるもの。武蔵野ではどのようにクレーム処理を見える化しているのでしょうか。(2010/4/21)

「現場の情報」を見える化する:
サンクスカードで「コミュニケーション」を見える化する
小さなことをたくさん褒められると、人はやる気が出ます。そこで「武蔵野」では、小さなことをたくさん褒めるしくみとして、「サンクスカード」を取り入れました。(2010/4/20)

「現場の仕事」を見える化する:
週単位スケジュールで見える化する
日本の多くの会社は、「月単位」で仕事をしているつもりになっています。しかし、スケジュールは「週単位」でとらえてパターン化したほうが、何かと都合が良いのです。(2010/1/26)

「現場の仕事」を見える化する:
人事異動の繰り返しで「マニュアル」を見える化する
マニュアル作りは、組織の「総合力」を高めるのに必須事項。武蔵野のマニュアルは、人事異動を繰り返すことによって進化するしくみになっています。(2010/1/22)

「現場の仕事」を見える化する:
仕事に人をつけて見える化――チームの層を厚くする方法
「人に仕事がつく」と何をやっているのかが分からなくなる一方、「仕事に人をつける」と何をやっているのかが見えるようになります。そのため、仕事の担当者を普段から2人以上つける体制を整えておきましょう。他部署を体験学習させるのもいい方法です。(2010/1/6)

「現場の仕事」を見える化する:
「社員の頑張り」を見える化する
「インプットはデジタル、アウトプットもデジタル」で、業務の効率化を図ってきた「武蔵野」。しかし、社員のモチベーションを上げるためには、アウトプットはデジタルよりもアナログのほうがふさわしいのです。(2009/12/21)

「現場の仕事」を見える化する:
よいことをパクって見える化する
「オレ、人のまねをしたくないんだよね」「自分らしさを大切にしたいんだよね」――でも、ペンを使うのも、字を書くのも、靴を履くのも、朝起きて食事をするのも、夜寝るのもたいてい誰かのまね。なので、他人のいいところを徹底的にパクることで業績も向上するのです。(2009/12/15)

「現場の仕事」を見える化する:
バスウォッチングで見える化する
現場と経営の価値観を同じにするにはどういう方法があるでしょうか。「中小企業のカリスマ」と呼ばれる武蔵野の小山昇社長がその方法を伝授します。(2009/12/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。