ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「現場の見える化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「現場の見える化」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「現場の情報」を見える化する:
「実行計画」を見える化する
超超超ワンマン社長が圧倒的なパワーで牽引するやり方を、ボトムアップに切り替えた武蔵野。会社の方針は社長が明確にするけれど、各事業部の個別方針は、「現場」が策定するのが特徴です。(2010/4/27)

「現場の情報」を見える化する:
「部下の指導」を見える化する
「何でジュースを持ってきたんだ! お前、頭悪いんじゃないの?」と叱ってはいけません。「お前、頭悪いんじゃないの?」という文言は、人間性を追及していることになります。「人」ではなく、「事」を叱りましょう。(2010/4/26)

「現場の情報」を見える化する:
「会議の進め方」を見える化する
普通、会議は、一番偉い人(つまり社長)から話し始めます。ところが社長は現場に出ていないため、お客様の情報も、ライバルの情報も持っていません。現場のことを分かっていない社長がトンチンカンな指示を出しているのですから、いつまでも業績が上がらないのです。(2010/4/23)

「現場の情報」を見える化する:
「情報の私物化」を見える化する
武蔵野は、経営方針も、経理情報も、クレームも、社員の評価も、社長がキャバクラに行ったことも、社長の年収が1500万円なのも、よい情報も悪い情報も隠さない。情報を私物化せずに公開しているからこそ、社員の協力を得られるのです。(2010/4/22)

「現場の情報」を見える化する:
事を大きくして「クレーム」を見える化する
人間は、面倒なことは後回しにしがちです。特にクレーム処理は気乗りもせず、後回しにしたくなるもの。武蔵野ではどのようにクレーム処理を見える化しているのでしょうか。(2010/4/21)

「現場の情報」を見える化する:
サンクスカードで「コミュニケーション」を見える化する
小さなことをたくさん褒められると、人はやる気が出ます。そこで「武蔵野」では、小さなことをたくさん褒めるしくみとして、「サンクスカード」を取り入れました。(2010/4/20)

「現場の仕事」を見える化する:
週単位スケジュールで見える化する
日本の多くの会社は、「月単位」で仕事をしているつもりになっています。しかし、スケジュールは「週単位」でとらえてパターン化したほうが、何かと都合が良いのです。(2010/1/26)

「現場の仕事」を見える化する:
人事異動の繰り返しで「マニュアル」を見える化する
マニュアル作りは、組織の「総合力」を高めるのに必須事項。武蔵野のマニュアルは、人事異動を繰り返すことによって進化するしくみになっています。(2010/1/22)

「現場の仕事」を見える化する:
仕事に人をつけて見える化――チームの層を厚くする方法
「人に仕事がつく」と何をやっているのかが分からなくなる一方、「仕事に人をつける」と何をやっているのかが見えるようになります。そのため、仕事の担当者を普段から2人以上つける体制を整えておきましょう。他部署を体験学習させるのもいい方法です。(2010/1/6)

「現場の仕事」を見える化する:
「社員の頑張り」を見える化する
「インプットはデジタル、アウトプットもデジタル」で、業務の効率化を図ってきた「武蔵野」。しかし、社員のモチベーションを上げるためには、アウトプットはデジタルよりもアナログのほうがふさわしいのです。(2009/12/21)

「現場の仕事」を見える化する:
よいことをパクって見える化する
「オレ、人のまねをしたくないんだよね」「自分らしさを大切にしたいんだよね」――でも、ペンを使うのも、字を書くのも、靴を履くのも、朝起きて食事をするのも、夜寝るのもたいてい誰かのまね。なので、他人のいいところを徹底的にパクることで業績も向上するのです。(2009/12/15)

「現場の仕事」を見える化する:
バスウォッチングで見える化する
現場と経営の価値観を同じにするにはどういう方法があるでしょうか。「中小企業のカリスマ」と呼ばれる武蔵野の小山昇社長がその方法を伝授します。(2009/12/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。