ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「社長」最新記事一覧

MVNOに聞く:
本格展開を開始した「LINEモバイル」 嘉戸社長が語る“ユーザー目線”の戦略
LINEモバイルが3月に本格展開。10の家電量販店に即時開通カウンターや専用カウンターを設置し、CMもスタートする。3月以降の展開について、嘉戸彩乃社長にお話をうかがった。(2017/3/27)

「まどマギは涙なしには見れなかった」「コスプレは奥が深い」 岩下食品社長に聞く、ほむほむコスプレの真意
「すね毛とヒゲは剃るべきだったなと(笑)」(2017/3/25)

3月末で退任:
三越伊勢丹トップ交代の裏に解任求める怪文書
「ミスター百貨店」の異名をとる三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長が今月末で退任する。大西氏が労組の圧力で辞任に追い込まれたことは、社内融和を優先させないと、会社をまとめられない同社の複雑な事情を浮き彫りにした。(2017/3/23)

検査自動化:
IoT時代にどう立ち向かうか、自動検査の位置付けを変えたマインドセット
「検査装置は不具合を見つける装置ではなく、不具合を出さないためのものだ」――。基板実装ラインなどで使われる外観検査装置で好調を続けるサキコーポーレーションだが、成功の土台には「マインドセット」の取り方にあったという。サキコーポレーション社長の秋山咲恵氏の講演の内容をお届けする。(2017/3/23)

「社長のTwitter確認は常識」に反論? 岩下食品社長がまどマギコスプレ写真投稿「見られてない前提なので」
コスプレ写真投稿する社長の方がいい。(2017/3/22)

「社長退任のあいさつで皆泣いた」 WELQに端を発したキュレーション騒動、MERYから見た実情
DeNAから独立した運営体制でありながら、「全記事非公開」が今も続くMERY。内部の人間は、WELQから始まる一連のキュレーションメディア騒動をどう見ていたのか。(2017/3/18)

3Dプリンタニュース:
「3Dプリンティングサービスでも圧倒的な品質を確保」、プロトラブズが準備着々
プロトラブズが2017年中の立ち上げをめどとする3Dプリンティングサービスの準備を進めている。「これまで提供してきた射出成型/切削加工の受託製造で約2300社の顧客から支持されてきた品質を、3Dプリンティングサービスでも圧倒的な形で確保する」(プロトラブズ社長のトーマス・パン氏)という。(2017/3/16)

シャープ、賞与を最大8カ月分に 「信賞必罰」8倍格差、最少は1カ月分
シャープの戴社長は来年度のボーナスについて業績への貢献に応じ、8〜1カ月分を支給することを明らかにした。(2017/3/15)

ソフトバンク孫社長、サウジ国王と会談 支援約束、Pepperをプレゼント
孫社長がサウジアラビアのサルマン国王と会談し、ファンドを通じて支援する考えを示した。(2017/3/15)

「のん」「カウントフリー」「通話定額」――LINEモバイル嘉戸社長と一問一答
通信速度の速さやカウントフリーで評判を集める「LINEモバイル」。運営主体であるLINEモバイルの嘉戸彩乃社長が、3月14日の発表会終了後に囲み取材に応じた。(2017/3/14)

東芝・綱川社長「東証2部降格を覚悟」 「核となる事業」なく……どう立て直すのか
上場廃止の危険と隣り合わせの東芝。「東証2部降格は覚悟している」――半導体事業など「核となる事業」がなくなる東芝を、綱川社長はどう立て直すつもりなのか。(2017/3/14)

三越伊勢丹HD新経営陣“周回遅れ”の改革 不採算店舗の整理、リストラ敢行
4月1日付で三越伊勢丹ホールディングスの社長に就任する杉江俊彦取締役専務執行役員が13日会見し、人件費の削減やビジネスモデルの見直しといった構造改革を加速させる方針を強調した。(2017/3/14)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第540話 どうするサポート切れOS
社長! サポート切れのXPをまだ使ってるってどういう了見ですかっ! ちゃんとしないと責任持てませんよ!(2017/3/14)

キュレーションメディア問題を受け:
「事業再開は白紙」DeNAの2時間会見
DeNAは3月13日、キュレーションメディア事業についての記者会見を行った。守安功代表取締役社長、南場智子代表取締役会長、小林賢治執行役員が出席し、把握している問題点、今後の対応、関係者の処分、事業再開のめどなどについて語った。記者からの質問は相次ぎ、会見は2時間にわたった――。(2017/3/13)

信頼回復とマネジメント強化狙う:
DeNA、代表取締役2人体制へ 南場会長が復帰
DeNAは3月13日、南場智子会長の代表取締役復帰を発表した。現在代表取締役社長兼CEOを務める守安功氏は残り、代表取締役2人体制となる。キュレーションプラットフォーム事業で発生した問題を受け、信頼回復とマネジメント強化を狙う。(2017/3/13)

電子ブックレット:
再編が進む半導体業界、TEDが見据える2020年
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、東京エレクトロンデバイス(TED)が掲げる2020年までの中期経営計画について、同社社長の徳重敦之氏にインタビューした記事を紹介します。(2017/3/12)

社長退任へ:
三越伊勢丹の業績は見劣りしていた
百貨店最大手の三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長が3月末に退任する方針を固めたことが6日、分かった。国内市場での百貨店離れや中国人訪日客の“爆買い”の鈍化で業績が悪化する中、構造改革で成果を出せなかった経営責任を明確にする。(2017/3/8)

妖怪ウォッチに出てきそう 大牟田市公式キャラクターをレベルファイブが制作
名前は大蛇山の“蛇”からとって「ジャー坊」。日野社長が命名。(2017/3/4)

組み込み開発ニュース:
インテルは「データカンパニー」になれるのか、5Gモデムの成功がカギに
インテルは「データに関わるところをエンドツーエンドでカバーする、データカンパニーになる」(インテル 社長の江田麻季子氏)。既に有力な地位を築き上げているクラウド/サーバ分野だけでなく、5G対応モデムICなどのネットワーク分野、IoTのフレームワークにおけるエッジコンピューティング分野を含めて製品開発を強化していく。(2017/3/3)

約2000万円を求める訴訟:
「青林堂」の従業員が浴びた罵詈雑言の数々
パワハラで精神疾患になり働けなくなったなどとして、老舗出版社「青林堂」の従業員が青林堂と社長らを相手取り、慰謝料や未払い賃金計約2000万円を求める訴えを東京地裁に起こした。(2017/3/3)

Mobile World Congress 2017:
“5G時代”にドコモが果たす役割とは――吉澤和弘社長に聞く
MWCに日本の通信キャリアとして唯一、毎年出展しているNTTドコモ。今回、MWCの会場で吉澤和弘社長に単独インタビューをする機会を得た。5Gを中心に業界全体のパラダイムシフトが近づく中で、ドコモはどのような姿勢で臨むのか。(2017/3/2)

「バカ」「スパイ」「左翼」……「ガロ」で知られる出版社、従業員に罵詈雑言 300時間の音声データの中身は
パワハラで精神疾患になり働けなくなったなどとして、「ガロ」を発行していた出版社「青林堂」の従業員が提訴。300時間の音声データには社長や専務との衝撃的な会話が記録されていた。(2017/3/2)

太陽光:
中国・航天機電、OEMと自社ブランドで住宅太陽光を開拓へ
太陽光モジュール製造などを手掛ける中国の航天機電は、日本国内で新製品3種類を販売した。OEMを中心に日本での実績を伸ばしてきた同社だが、今後は住宅向けの太陽光発電市場の開拓に注力していく。日本法人社長の淺野晃弘氏が今後の戦略を語った。(2017/3/1)

Mobile World Congress 2017:
「Xperia XZ Premium」が実現する“革新”とは――ソニーモバイル発表会
ソニーモバイルがスマートプロダクトやスマートフォンの新製品を発表。ソニーモバイルの社長兼CEO十時裕樹氏が登壇し、Xperiaブランドの方向性を説明した。(2017/2/28)

「けものフレンズってなんですか?」――のビクセン社長はその後無事フレンズになったのか、イベント会場で直撃してみた
動物観察に最適な双眼鏡もオススメしてもらいました。(2017/2/27)

「経営体制を刷新」:
赤字転落の「かっぱ寿司」、社長交代
「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトで社長交代。(2017/2/27)

問い合わせの6割をAIが対応:
不動産界の“イタンジ”に聞く 急成長の理由
不動産ベンチャー、イタンジ。“一律3万円”という業界の常識を覆す安価な仲介手数料と、ユーザーからの問い合わせの6割をAIで即時対応するサービスが人気となり急成長している。業界に新しい風を吹き込むの同社の創業者、伊藤嘉盛社長にサービス誕生の背景を聞いた。(2017/2/27)

小さな組織が大企業と戦うために
現場力を最大化するCRM基盤 やずや社長が語る通販システムの「極意」
「にんにく卵黄シリーズ」のやずやがビジネスの根幹を担う通販システムを刷新。売上成長を目指し、顧客起点のダイレクトマーケティングをより強力に推進するためだ。(2017/2/27)

石川温のスマホ業界新聞:
「スプリント売却か、それともT-Mobile買収か」――孫社長は「経営権譲渡報道」にMWCで何を語るのか
ソフトバンクグループが、傘下にある米Sprintの経営権をT-Mobile USに譲渡するという報道が一部にあった。ソフトバンクグループの孫正義社長の「腹の内」は一体どうなっているのだろうか?(2017/2/24)

「Newton」Kindle版ほぼすべてが150円に値下げ 厳しい経営状況のなか届いた応援メッセージに感謝
前社長の逮捕、民事再生手続の申し立てと苦しい出来事が続いていました。(2017/2/23)

カルロス・ゴーン氏、日産の社長退任
日産のカルロス・ゴーン社長が4月1日付けで退任へ。(2017/2/23)

AI×スマホ×生命保険が実現する未来:
ライフネット生命 岩瀬大輔氏、LINE 田端 信太郎氏が語る「若者が求める顧客接点」
ライフネット生命の新サービス説明会に同社代表取締役社長 岩瀬大輔氏、LINE 上級執行役員 田端 信太郎氏、森・浜田松本法律事務所 増島雅和氏が登壇。スマホを活用したデジタルビジネスの可能性を語った。(2017/2/21)

自主再建を目指すと発表:
民事再生申請の「Newton」発行元、負債増の理由は?
科学雑誌「Newton」発行元のニュートンプレスが2月20日午後に記者会見を実施。自主再建による収益弁済を目指すと発表したほか、負債が増加した理由を説明した。逮捕された前社長が代表を務めていた別会社への資金援助が大きな原因だという。(2017/2/20)

ニュートンプレス、経営再建を図る:
科学誌「Newton」発行元が民事再生 雑誌存続目指す
科学雑誌「Newton」を発行するニュートンプレスが2月20日、東京地裁に民事再生手続きを申し立てたと発表。前社長が出資法違反容疑で逮捕されたこともあり、民事再生で経営再建を図る。(2017/2/20)

ビクセン公式Twitterが「けものフレンズ」ブームにのった宣伝で社長に呼び出される→説明を聞いた社長「アニメも観てみますね」とフレンズ化の道へ
フレンズ化の波は光学機器メーカーのボスにも。(2017/2/19)

「アパ社長カレーショップ1号店」2月19日オープン 当日は社長との握手会&撮影会も!
キミもアパ社長カレーショップで元谷芙美子社長と握手!(2017/2/17)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモが月額980円でスポーツ中継配信「DAZN」を開始――月額1750円からの大胆値下げで「差額の原資」に質問が集中
NTTドコモと英Perform Groupが提携し、スポーツ中継サービス「DAZN(ダ・ゾーン) for docomo」を開始する。それに先だって開かれた会見後、ドコモの吉澤和弘社長が囲み取材に応じた。(2017/2/17)

「重要な経営課題」は……:
ANA、新社長に平子氏 篠辺氏は持ち株会社副会長に
ANAの篠辺社長が退任し、後任に平子執行役員が昇格する人事を発表した。(2017/2/16)

「セキュリティは投資」 MS平野社長が企業幹部に呼び掛け
日本マイクロソフトの平野拓也社長は、企業幹部を招いたイベントでセキュリティ対策への積極的な取り組みを呼び掛けた。(2017/2/15)

Go AbekawaのGo Global!〜Abhijit Shanbhag編:
映像解析技術で世界をより良くする――エンジニア出身社長を突き動かすたった1つの想い
イメージや動画の解析技術を提供し、シンガポールの犯罪減少に寄与するソフトウェアを開発しているテクノロジー企業の代表が常に持ち続けている“純情”な想いとは――。 ※日本のエンジニアへのアドバイス動画付き(2017/2/15)

「東芝は何の会社になるのか」 半導体事業を“失う”いま、綱川社長が記者会見で語ったこと
主力の半導体事業を分社化するいま「東芝は何の会社になるのか」――記者の質問に東芝の綱川智社長は……。(2017/2/14)

新電力トップに聞く:
電力自由化で大躍進の東急パワーサプライ、村井社長に戦略を聞く
電力自由化によってさまざまな異業種が電力市場に参入したが、その中で存在感を示している1社が東急パワーサプライだ。東急電鉄グループの持つ沿線周辺の顧客基盤を強みに、非エネルギー系の新規参入事業者の中では大きなシェアを獲得している。同社の代表取締役社長を務める村井健二氏に1年の振り返りと、今後の事業展望について聞いた。(2017/2/14)

Minimal山下社長に聞く:
“売れるチョコ”の甘くないマーケティング戦略
2月14日はバレンタインデー。チョコレート市場は成長中で、企業のビジネスチャンスになっている。「元コンサルの脱サラ社長」が展開するMinimalのチョコレートの、甘くないマーケティング戦略とは?(2017/2/14)

「アニメ制作は全てAIに代替されるかもしれない」 AT-X・岩田社長「創造領域の侵食が始まっている」
機械的な業務は人工知能(AI)に仕事を奪われる。クリエイティブな仕事なら安心。そんな安全神話が崩れる日も近いかもしれない。AT-Xの岩田社長がアニメ業界を例に、AIの可能性を語った。(2017/2/13)

Microsoft Focus:
「3枚の絵」が象徴するMS平野社長の経営哲学
社長室突撃企画第2弾。日本マイクロソフトの社長室に飾られた3枚の絵には、平野社長のどんな思いが込められているのか。(2017/2/11)

“シネマグレード”をうたうBenQの4K DLPプロジェクター LED光源の上位機も投入予定
ベンキュージャパンは、ホームシアター向けの4K対応DLPプロジェクター「HT8050」を2月24日に発売する。来日したBenQ Asia Pacific社長のJeffrey Liang氏が、今後の製品計画を含めた戦略を語った。(2017/2/10)

ミクシィ、モンスト映画化やYouTubeアニメに「手応え」 メディアミックスに継続投資
ミクシィの森田社長は16年4月〜17年3月期の決算説明会で、「モンスト」のメディアミックスに引き続き注力していく方針を示した。(2017/2/9)

トランプ政権、ソフトバンクに追い風 T-Mobile買収“再挑戦”も「心開いて検討」と孫社長
ソフトバンクの孫社長は、T-Mobileの買収に関して、「あらゆる再編について柔軟に考える」と述べ、トランプ政権下での“再挑戦”に含みを持たせた。(2017/2/9)

半導体商社トップインタビュー 加賀電子:
野武士・加賀電子「M&Aで商社再編を主導する」
2016年も収まらなかった半導体業界に吹き荒れるM&Aの嵐。この業界再編は、半導体商社にとっても変革期を迎えたことを意味するだろう。そこでEE Times Japanは、半導体各社トップへのインタビュー企画を進めている。今回は、加賀電子で社長を務める門良一氏に聞いた。(2017/2/9)

ARM買収で「圧倒的世界一を取れた」、下り200Mbpsの次世代衛星通信で「通信革命を」――孫社長
ソフトバンクグループが2016年度第3四半期の決算会見を開催。孫正義社長はARM買収についてあらためて振り返り、通信の分野で“圧倒的世界一”になれたと語る。米国のベンチャー、ワンウェブが開発する次世代衛星通信サービスも支援する。(2017/2/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。