ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「社長」最新記事一覧

ヤフー・宮坂氏が「IT連」結成 楽天・三木谷氏の「新経連」と激突か?
IT関連の2つの団体の微妙な関係に注目が集まっている。一つは、ヤフーの宮坂社長が会長を務める「日本IT団体連盟(IT連)」、もう一つは、楽天の三木谷会長が代表を務める「新経済連盟(新経連)」だ。(2016/8/30)

元セクシー女優・紅音ほたるさん死去 ぜん息による急性発作か 32歳
8月15日に亡くなっていたのを、パートナーだった所属事務所社長が発見したそうです。(2016/8/29)

和菓子屋「金精軒」が動物ガチ勢だと話題に 社長が雷鳥(天然記念物)を撮影しTwitterに投稿
信玄餅、水信玄餅で有名な和菓子屋さんの投稿にほっこり。(2016/8/29)

ヤフー・宮坂氏が「IT連」を結成 楽天・三木谷氏の「新経連」と激突か?
ITによる経済成長を旗印とする2つの団体の微妙な関係に注目が集まっている。一つは、7月末に設立された、ヤフーの宮坂学社長が会長兼代表理事を務める「日本IT団体連盟」。もう一つは、楽天の三木谷浩史会長兼社長が代表理事を務める「新経済連盟」だ。(2016/8/29)

週末アキバ特価リポート:
BungBungameラストのWinタブ「Photon 2」が2万8800円で買える!
社長の急逝により、今後のハードウェア開発が絶望視されているBungBungame。同社の最新作であるWindowsタブレットが激安特価でスポット入荷した。まさしく掘り出し物だ。(2016/8/27)

サラリーマン経営者はどこで誤ったのか シャープ社長を退任した高橋氏の罪と罰
シャープ社長だった高橋興三氏が12日付で退任した。「上司に『NO』と言わなかったから社長になった」と語っていた典型的な日本のサラリーマン経営者は、どこで道を誤ったのだろうか。(2016/8/24)

“異端児エンジニア”が仕掛けた社内改革、執念の180日(4):
たった1人の決意
全社員の4分の1を削減するという経営刷新改革が発表され、湘南エレクトロニクスには激震が走る。本音は出さずとも総じて真面目だった社員たちは会社に背を向け始め、職場は目に見えて荒れてくる。そんな中、社長に直談判しに行った須藤が決意したこととは――。(2016/8/23)

今夜の「プロフェッショナル」は川上量生氏 「ひらめきを信じない」流儀
今夜の「プロフェッショナル 仕事の流儀」でカドカワ社長とドワンゴ会長を兼任する川上量生氏が採り上げられる。(2016/8/22)

12日付で退任:
シャープ社長を退任した高橋氏の罪と罰
シャープ社長だった高橋興三氏が、台湾・鴻海精密工業グループによる出資が完了した12日付で退任した。(2016/8/22)

アナログ・デバイセズ 代表取締役社長 馬渡修氏:
PR:高性能アナログ技術をベースに“More than Silicon”でIoTを切りひらく
アナログ・デバイセズは、デバイス単体にとどまらずモジュール、ボード、さらにはシステムレベルでの価値提供を行う“More than Silicon”を掲げ、各種ソリューションの構築を加速している。「特にこれから大きな市場を形成するであろうIoT(モノのインターネット)領域は、完成度の高いソリューションを必要としている。当社のコア技術をベースに、価値あるソリューションを構築、提供していく」と語る日本法人社長の馬渡修氏に技術/製品開発戦略について聞いた。(2016/8/22)

インターシル 日本法人社長 大久保喜司氏:
PR:将来を先取りした“賢い電源”で、IoT時代を切り開く
航空宇宙分野で培った高信頼技術などを駆使した電源ICを中心に、幅広い市場で拡販を進めるインターシル。強みを持つパワーマネジメントの中でも、今後の鍵となる言葉として掲げるのが“賢いデジタル電源”だ。「顧客のサービス向上につながる“賢いデジタル電源”を提供し、急速に進むIoT(モノのインターネット)化に貢献する」と、同社日本法人社長の大久保喜司氏は語る。(2016/8/22)

ドンキ、短時間配送のEC導入 大原社長方針、国内向けで年内にも
商品を1〜2時間程度の短時間で配送する国内向けの新たな電子商取引サービスを、早ければ年内にも導入する方針を明らかにした。(2016/8/19)

半導体商社トップインタビュー フューチャーエレクトロニクス:
「在庫は資産」を成立させる半導体商社がいた
2016年になっても収まる気配がない、半導体業界に吹き荒れるM&Aの嵐。この業界再編は、半導体商社にとっても変革期を迎えたことを意味するだろう。そこで、EE Times Japanでは、各半導体商社のトップに今後の戦略を問うインタビュー企画を進めている。今回は、フューチャーエレクトロニクスの日本法人で社長を務める徳永郁子氏に話を聞いた。同社は“在庫は資産”の理念を掲げる。(2016/8/19)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
スマホとVRビジネスはどうなる? HTC NIPPONの玉野社長に聞く
日本市場に初のAndroidスマートフォンを投入したHTCが存在感を見せ始めている。最新のハイスペックスマートフォン「HTC 10」の販売が好調なほか、VR「Vive」も注目されている。変化のスピードが速い中で、次々に新製品を投入しているHTC NIPPONの玉野社長に話を聞いた。(2016/8/18)

Spansionとの合併成功など手腕を発揮:
サイプレスの新CEO、El-Khoury氏が就任
Cypress Semiconductor(サイプレス セミコンダクタ)は、社長兼CEO(最高経営責任者)兼取締役にHassane El-Khoury氏を任命した。同社取締役会長を務めるRay Bingham氏は経営執行役会長を兼務する。(2016/8/15)

部内アイドル度調査はNo.1だった:
業界記者がつづる「故・秋草直之氏の思い出」
IT産業の未来を的確に予測し、IoTも17年前に先取り。「変化することで起こるリスクよりも、変化しないことで起こるリスクの方が大きい。もし迷うならば、変化を選べ」と、富士通にイノベーション体質を植え付けてきた元富士通社長・会長の秋草直之氏が6月18日に逝去した。(2016/8/10)

加護亜依、美容会社社長との再婚報告 「娘に深い愛情を注ぎ温かい心で愛してくれております」
おめでとうあいぼん!(2016/8/8)

たかが3兆円の買収:
“買収王”ソフトバンク孫社長、負債12兆円でもM&Aの手綱を緩めない戦略とは?
「たかが3兆円、と言ったら怒られるかもしれないが……」。孫正義・ソフトバンクグループ社長がまた、動いた。(2016/8/8)

SHOWCASE:
秋葉原のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「ポケモンGO」
社長から誘われたので、今はやりの「ポケモンGO」をプレイしてみました。第一印象は「何、このかわいいイキモノ!!」で、すっかりハマってしまいました。プレイしてみて分かった基本と実践の解説をしていきます。(2016/8/5)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
サイバーエージェント藤田社長が「AbemaTV」でマスメディアを目指す理由
600万ダウンロードを突破し、スマホ時代の新たな“テレビ”としてユーザーを広げている「AbemaTV」。ストリーミング型の動画配信に参入したサイバーエージェントの狙いとはなにか? 藤田社長を直撃した。(2016/8/5)

「UQ mobileにできるだけ頑張ってほしい」――KDDI田中社長がMVNOについて語る
KDDIの決算会見で、田中社長はUQ mobileのサービス拡充を推進することを強調。KDDIからMVNOやY!mobileへの流出が目立つため。中長期の戦略としては、IoT(モノのインターネット)分野での市場開拓を目指す。(2016/8/2)

人間の“協働”で社会課題を解決:
AIは人を単純作業から解放し、創造性を引き出す存在に――NEC新野社長
NECの年次カンファレンス「iEXPO KANSAI 2016」で新野社長が講演。人工知能は人間を単純労働から解放し、ポテンシャルを引き出す存在になると述べ、さまざまな導入事例を紹介した。人工知能と人間が協力することで、さまざまな社会課題を解決できるというのが、同社のスタンスだ。(2016/8/2)

ポケモンGO人気にドコモ社長「歩きスマホやめて」 新体制は“増収増益でGO”
センサーを使った歩きスマホの抑止機能やグラス型端末の開発にも言及。スマホ販売やインフラへの影響は「現時点で無し」。「PREMIUM 4G」で下り最大500Mbpsのサービスを年度内に開始と明言。(2016/7/30)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(8):
“町の工務店”成長の秘訣は新卒採用の継続にあり
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。今回は、高度成長期に創業した典型的な“町の工務店”を継いだ2代目社長の奮闘を紹介する。売り上げアップの秘訣は、新卒社員採用の継続にあった。(2016/7/28)

ソフト更新で「TONE」のバッテリー持ちが約2倍に――「Pokemon GOに最適な“進化”するスマホ」(石田社長)
「TONE(m15)」に大幅アップデート「TONE software 2.0」配信開始。ファームウェアやアプリなど、さまざまな改善でバッテリー持ちが2倍に。そしてPokemon GOに最適な理由とは?(2016/7/25)

なにそれ入社したい 「ポケモンGO」配信でバーグハンバーグバーグが本日の業務を終了する暴挙に
残された社長は仕方なく、自分もコイキングをゲットしていたもよう。(2016/7/22)

リニア新幹線 大阪延伸「奈良ルート」で
開業が最大8年前倒しされる見通しとなっているリニア中央新幹線の名古屋−大阪間のルートについて、JR東海の社長は20日の記者会見で、「奈良市付近」を通るルートで作業を進める考えを明らかにした。(2016/7/21)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ斎藤佑樹は“おねだり王子”になったのか
『週刊文春』で斎藤佑樹投手の醜聞が報じられ、大きな波紋を呼んでいる。同誌によると、ベースボール・マガジン社の社長に斎藤がクルマを“おねだり”したようだが、一流とは言えない選手とメディアがなぜこのような癒着をするのか。(2016/7/21)

孫社長、買収額に「たかが3兆円だ」 未知の領域、先見か無謀か
ソフトバンクグループが約3兆3000億円という巨費を投じてARMの買収に踏み切ったことに対して、19日の東京市場では評価する声とともに、財務面や先行きを懸念する見方も出た。(2016/7/20)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
中川政七商店が考える、日本の工芸が100年先も生き残る道とは?
全国各地の工芸品を扱う雑貨屋「中川政七商店」が人気だ。創業300年の同社がユニークなのは、メーカーとしてだけでなく、小売・流通、そして他の工芸メーカーのコンサルティングにまで事業領域を広げて成功している点である。取り組みを中川淳社長が語った。(2016/7/20)

水曜インタビュー劇場(未来予測公演):
人工知能が未来を予測! 世界初&日本発の新サービスがスゴそう
「AIが未来を予測するようになった」――。このように聞くと、ぎょっとする人もいるかもしれないが、1年先の未来を予測してもらうことで、私たちの働き方が変わりそうなのだ。AIを使った予測マーケティングのサービスを提供している、WACULの大津社長に話を聞いた。(2016/7/20)

IoT市場で勝ちに行く:
ソフトバンクがARMを3.3兆円で買収へ
ソフトバンクがARMを買収することで合意したと発表した。ソフトバンク社長の孫正義氏はIoT(モノのインターネット)市場がもたらすチャンスをつかむとコメントしている。(2016/7/19)

東芝不正会計、歴代3社長の訴追で異例の応酬 監視委「明らかな粉飾」 検察「訴追困難」
東芝の不正会計問題で、歴代3社長の刑事訴追の要否をめぐり、証券取引等監視委員会と検察当局が異例の応酬を続けている。「明らかな粉飾」とみて刑事告発を目指す監視委に対し、検察は「証拠上、疑問点が多い」と否定的だ。(2016/7/19)

ソフトバンク孫社長「次のパラダイムシフトはIoT」「ARMと英国の将来に賭けている」
孫社長はARM Holdingsの買収についての記者会見で、「インターネット、モバイルに次ぐIoTという大きなパラダイムシフトに賭ける」と意欲を語った。(2016/7/18)

偽社長の送金指示メールで大金被害、本物の社長が辞任するケースも
「急に資金が必要だ」といった内容のメールで経理担当者などに入金させる詐欺が横行し、毎日400社近くが狙われているという。(2016/7/15)

DeNA、人工知能活用の新会社 交通サービスなどに応用へ 守安社長「2〜3年で天地がひっくり返る」
DeNAが人工知能関連ベンチャー「PFN」と合弁会社「PFDeNA」を設立。機械学習やディープラーニングなどの技術をゲーム事業や交通サービスなどに活用する。(2016/7/14)

BPOがTBS「ピラミッド・ダービー」審議入りを正式発表 出演者はブログでTBS社長に公開質問
出演者「TBS上層部は相手の立場にたって考えていない」(2016/7/13)

連鎖はそこまで重要じゃない? 元コンパイル社長が開発「にょきにょき」は「初心者も上級者も一緒に対戦できるゲーム」を目指した
「BitSummit 4th」でプレイアブルバージョンが初出展されていました。(2016/7/11)

B2Bマーケティングにも意欲:
電通デジタルが設立発表会を実施、「マーケティングの世界で“新幹線”を作る」と宣言
電通デジタルは設立発表会を実施。代表取締役社長 COO 丸岡吉人氏が今後の戦略についてのプレゼンテーションを行った。(2016/7/9)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「2秒で笑える大喜利アプリ-画像でボケて!おもしろ写真で爆笑注意」
今日は仕事に来てすぐ社長が「大喜利やろう」とワクワクした目で見つめてきました。「じゃ、ホワイトボード買ってくるね!」と買い物に出ていきました。というわけで今回は大喜利アプリにトライします。(2016/7/8)

2ちゃんねるでは「和田が来たからクリエイターが辞めた」とディスられた―― 元スクエニ社長・和田洋一氏がFacebookで過去ぶっちゃける
5月31日の「黒川塾」で語られた内容を補足して公開。(2016/7/8)

NTTドコモ、携帯や野菜を使ってラヴェルの「ボレロ」を演奏する謎動画を公開
指揮者はNTTドコモの吉澤和弘社長。(2016/7/8)

「社長になりたい」新入社員が減っている
あなたはどのポストまで昇進したいですか? この春就職した新入社員に聞いたところ、男性は「部長」、女性は「課長+係長+主任班長」が最も多い。日本生産性本部調べ。(2016/7/8)

ドコモ、LTE対応「ガラホ」投入へ 「iモード」は徐々に縮小
ドコモの吉沢社長は、今年度内にLTEに対応した「ガラホ」端末を投入する考えを明らかにした。(2016/7/8)

社長の輩出率、2年連続で徳島県がトップ
都道府県別の社長輩出率で徳島県(1.37%)が2年連続トップ――東京商工リサーチ調べ。(2016/7/7)

アパホテルオリジナルグッズがクレーンゲームでゲットできる時代 アパホテル社長の写真が目印
これは目立つ。(2016/7/7)

コグニティブとデジタル変革で企業に競争力を MSの平野社長
7月1日に新たな会計年度を迎えた日本マイクロソフト。平野社長は2017年度の方針として、デジタルトランスフォーメーションとコグニティブで企業の競争力向上を支援することを挙げた。(2016/7/7)

東京で女性社長が増えている、名前のトップは?
東京都には企業が60万1786社(2015年)あるが、そのうち女性社長は8万6274人で、調査を開始した2010年以降最多を記録していることが、東京商工リサーチの調査で分かった。(2016/7/6)

元コンパイル社長が立ち上げた「コンパイル〇」の新作3DSソフト「にょきにょき」、ゲーム画面やルールを公開
「初日に遊ぶ人がルールを理解し、初日に自分の攻略を組み立てることができる」のがウリ。(2016/7/6)

自動運転技術 SBドライブ インタビュー:
5Gからドライバー育成まで、ソフトバンクが自動運転でやろうとしていること
「なぜソフトバンクがクルマ?」という社内の疑問の声に対し「自動運転にビジネスチャンスがある」と声を大にして説得したのは、30歳の中堅社員だった。「自動車メーカーやサプライヤとは競合しないが、ソフトバンクグループができることは多い」と語るSBドライブ 社長の佐治友基氏らに話を聞いた。(2016/7/5)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。