ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「カリスマ」最新記事一覧

ヘッドスパ1回1万円から:
カリスマも認めるスゴ技 タカラベルモントが目指す世界制覇
理美容室の機器やシャンプー類などを幅広く手掛けるタカラベルモントが、海外展開を加速させている。とくに理美容室用の椅子の販売に力を入れており、世界の理美容業界でメード・イン・ジャパンが存在感を高めている。(2016/5/2)

「街の本屋」復権へ カリスマ書店員の挑戦
注目を集めているのが、“カリスマ書店員”と呼ばれる本の目利きの独立開業や開業支援だ。小さな店舗で自ら選んだ本を販売する「街の本屋」の復権に向けた動きを追った。(村島有紀)(2016/4/21)

グループトップに約24年君臨:
セブン&アイの鈴木会長が晩節を汚す結果を招いたワケ
7日、セブン&アイ・ホールディングスの中興の祖であり、カリスマ経営者として名をはせた鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO、83)が自ら辞任を表明した。(2016/4/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
テスラは未来のクルマか?
世界的なカリスマ経営者、イーロン・マスク率いる米テスラが新型「モデル3」を発表した。既に予約が殺到し「電気自動車がメインストリームになった日」というが、果たしてそうだろうか?(2016/4/18)

今年は意外と男らしい? ミスiD2016の受賞結果が発表
イケメン男装シンガーからカリスマ柔術家まで。時代は守られる女の子から、戦える女の子へ!(2015/11/27)

ロシアで「おっぱいの大きいチェブラーシカのようだ」と話題に ミスiD 2016一般投票1位が決定
某カリスマハンバーガー店員でもあるらしい。(2015/11/6)

悪のカリスマが色っぽいお姉さんに変化! ウルトラ怪獣擬人化計画「マグマ星人」フィギュアがすごく……肉感的です
けしからんもっとやれ!(2015/9/23)

過去、現在、そして未来へ! AD進化の歴史を振り返る:
カリスマITトレーナーが見てきたActive Directory 15年の変遷
@IT誕生と同じ2000年に登場し、今年で15周年を迎える「Active Directory」。Windows 2000 Serverの“目玉機能”として搭載され、今現在も企業IT基盤として重要な役割を果たしている。15周年を機会に、あらためてActive Directoryの進化を確認してみたい。(2015/5/22)

カリスマ美容室が手がけるドラァグクイーン風ヘアメイクを男性記者が体験してみた
表参道・青山にある美容室「ACQUA」が女装になぜか全力。(2015/3/9)

カリスマ自重しろ! デスクトップフィギュア「美少女戦士セーラームーン デスクに舞い降りた戦士たち2」でウラネプがイチャイチャしすぎている件
2人の世界!(2015/2/26)

台湾を遊びつくしたカリスマ主婦ブロガー&旅作家のコミックエッセイ『女ふたり 台湾、行ってきた。』
そうだ、台湾行こう。(2015/1/30)

ナレッジワーキング!!:
カリスマ社長引退、ジャパネットたかたの戦略を分析してみる(後編)
SWOT分析を使って有名企業のビジネス戦略を立案してみる第2回。「機会」と「脅威」をPEST分析を使って整理してみます。(2015/1/28)

ナレッジワーキング:
カリスマ社長引退、ジャパネットたかたの戦略を分析してみる(前編)
名物社長だった高田明さんが引退を表明し、息子の旭人さんが後を継ぎました。もしもあなたが後継社長だったとしたら、今後どのような事業戦略を打ち立てますか? フレームワークの使い方を学びます。(2015/1/23)

仕事が遅いのは能力不足じゃない! “速読のカリスマ”が教える高速仕事術
コツ次第で仕事は早くなる?(2014/12/9)

グラビアアイドル“まいぷに。”のマイチャレンジ:
1日で2億円!? 驚異のカリスマ美容整体師・波多野賢也先生の小顔矯正を体験したよ!
グラビアアイドルの“まいぷに。”こと塚本舞さんが、さまざまなことに体当たりで挑戦する企画「グラビアアイドル“まいぷに。”のマイチャレンジ」がスタート! チャレンジの様子は動画で!(2014/9/30)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第415話 カリスマプログラマー
そんなにせかせかしてどうする。プログラマーの仕事は手を動かすことではない。常に考えに考えて、最も効率のよいコードを書くことだ!(2014/6/3)

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー:
「リーダーになりたくない」は「仕事をしたくない」という表明と同じ――最強チームの作り方(前編)
個人からチームへ――課題解決のアプローチが変わる中、リーダーの役割も変わりつつある。支えるリーダーもいれば、細やかな配慮に長けたリーダーもいる。カリスマである必要はない――。こう話すのが明治大学教授の齋藤孝氏だ。(2014/2/18)

ホワイトペーパー:
カリスマITアナリストが語る、人とマシンの将来
ガートナーのアナリスト、スティーブ・プレンティス氏は、人々の生活のデジタル化が、ますます深く進行すると語る。インターネットやコンピュータは見えない存在になり、マシンやシステムが人々に代わって判断するようになっていくという。(2014/1/17)

いつもご機嫌! 赤ちゃんが一番落ち着く姿勢とは?
赤ちゃんを育てるママの一番の悩みとも言える赤ちゃんの寝付き。そんな悩みの助けになってくれる書籍『カリスマ助産師トコちゃん先生の 赤ちゃんがすぐに泣きやみグッスリ寝てくれる本』を紹介します。(2013/12/25)

五月&雄山スズコインタビュー:
カリスマ投資家はなぜコミケで“萌え”系マネー同人誌を出したのか?
仁義なきマネー戦争が繰り広げられる金融市場。その金融市場を題材とした“萌え”系の同人誌が、なぜか個人投資家たちによって作られ、コミケで人気を集めている。彼らはなぜ投資をテーマとした創作活動を行うのか。その動機とモチベーションに迫る。(2013/12/25)

ねっと部:
カリスマ主婦の“メシマズ”写真に全米が泣く 「まるで膿んだ生肉」……?
米国のカリスマ主婦ことマーサ・スチュワートさんがTwitterに投稿する写真が「あまりにもまずそう」と話題を集めている。ある意味これがほんとの“飯テロ”かもしれない。(2013/11/19)

子どもの成績が伸びる鉛筆の持ち方教えます
「鉛筆の持ち方の善し悪しは、子どもの成績を左右します」と断言するカリスマ家庭教師、西村則康さん。西村さんによる間違った鉛筆の持ち方を紹介します。(2013/11/5)

ホワイトペーパー:
カリスマITアナリストが語る、全産業を覆うデジタル化の波
「IT コンシューマライゼーション」という言葉を生んだガートナーのアナリスト、スティーブ・プレンティス氏は、テクノロジ、ビジネス、社会の進化する関係性について刺激的な発言を続けている。同氏はあらゆる産業が、普遍的なデジタル化の波に飲み込まれようとしていると語る。(2013/8/30)

INSIGHT NOW!:
リーダーに「カリスマ性」は不要である
リーダーに必要な能力を問うと「カリスマ性」という回答が寄せられる。その気持ちは分からないではないが、若きリーダーが「カリスマ性を身につけよう」と目指すとろくなことがない。(2013/8/12)

杉山淳一の時事日想:
鉄道紀行のカリスマが夢見た「富士登山鉄道」とは
富士山の世界文化遺産登録が決定した。「富士登山鉄道」はいまだ構想段階で具体案はこれから……といった感じだ。しかし、いまから約20年前に「富士山鉄道・五合目線」を発表した作家がいた。鉄道紀行作家、宮脇俊三である。(2013/6/28)

カリスマ英語講師・安河内哲也が教える究極の勉強法
「自然に学ぶな!」という英語学習方法、珍しく感じられませんか? CMなでもお馴染みのカリスマ英語講師・安河内哲也さんの著書を紹介します。(2013/6/17)

仕事と人生を成功させる「矢沢永吉マインド」
デビューから還暦を迎えた今に至るまで多くの熱狂的なファンを持つカリスマ、矢沢永吉。著者がそんな矢沢永吉の生き方・考え方から導き出した、ビジネス成功の秘訣を紹介します。(2013/5/30)

OSSの構成管理ツール「Chef」をどう使うか
Facebookのカリスマエンジニアに聞くDevOps事例
米FacebookはDevOpsをどのように捉え、実践しているのか? その事例を同社のカリスマエンジニア、フィル・ディボウィッツ氏に聞いた。(2013/5/28)

SCawaii!×Mysterious Mergueriteのキュートでセクシーなエロかわランジェリーが発売
主婦の友社のファッション誌『SCawaii!』と、カリスマプロデューサー・和智茉璃奈さんが手掛けるランジェリーブランド「Mysterious Merguerite」がコラボしたランジェリー&レッグウェアが登場。(2013/5/27)

日本のロリータを世界へ――「日本ロリータ協会」が発足していた
会長はロリータのカリスマこと青木美沙子さん。(2013/4/19)

「ProjectM」の挑戦:
アキバの元カリスマ店員“M氏”が語る――今なぜ独自PCパーツブランドなのか?
アキバで名が通った“元店員M”といえば、T-ZONE時代から、連載「ショップのダメだし」に何度も登場してくれた森田健介氏。ゼロから始めた新ブランド「ProjectM」で自作市場の活性化を狙う。(2013/4/10)

就活生に聞く、カリスマ内定者に憧れますか
就職難が続く中、大企業の内定を複数とる学生が「カリスマ内定者」と呼ばれている。彼らの就活ノウハウなどを参考にしたい、と思っている就活生はどのくらいいるのだろうか。現在就職活動中の学生に聞いた。マクロミル調べ。(2013/2/27)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーシップ3.0――カリスマから支援者へ
カリスマによる統率は、時代に合わなくなっている。必要なのは人々の自律性を引き出す支援者だ。(2013/2/7)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第344話 フードブロガー
料理がきたらまずは全景をパチリ。近くに寄ってパチリ。ナイフを入れてパチリ。フォークで持ち上げてパチリ。カリスマが今日も行く。(2012/12/11)

「プロゲーマーという職業に希望を」――格闘ゲーマー・梅原大吾氏の挑戦
対戦型格闘ゲームの世界的なプレイヤーとして知られる梅原大吾氏。そのカリスマ性に注目したゲーム周辺機器メーカーのマッドキャッツが2010年にスポンサーとなった。マッドキャッツはプロゲーマーに何を期待しているのか、また梅原氏はプロゲーマーとしてどのような思いで活動しているのかを尋ねた。(2012/9/27)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
カリスマは声を武器にする!
「この人についていきたい!」と思わせる声を身につける――あなたの声はどのように聞こえているか。(2012/8/16)

胡瓜の「このWeb漫画読もうぜ!」第12回:
ネットと紙のカリスマ作家がタッグで送る、夢のWeb漫画――新「ワンパンマン」
新都社から火がついたONEさんの人気漫画「ワンパンマン」を、「アイシールド21」でおなじみの村田雄介さんがリメイク――。ネットと紙の人気作家がコラボレートした新「ワンパンマン」は、今最も熱いWeb漫画の1つといえるだろう。(2012/7/12)

相場英雄の時事日想:
“棚を耕す”書店に行こう! カリスマと呼ばれるのには理由がある
「忙しくて、本を読む暇がない」というビジネスパーソンも多いのでは。そこで“行きつけの書店”を見つけるのはいかがだろうか。そこの書店員と仲良くなり、お勧めの本を紹介してもらう。そんな形で本と接するのも、悪くないはずだ。(2012/2/23)

ワンフェス2012を振り返る 「カリスマ原型師」による制作講座も
ガレージキットの祭典「ワンダーフェスティバル2012(冬)」を振り返る。各メーカーの商品紹介や、ガレージキットメーカー「マックスファクトリー」やグッドスマイルカンパニーの「カリスマ原型師」による制作講座を配信する。出演者はマックスファクトリーのMAX渡辺代表、グッドスマイルカンパニーの安藝貴範社長ら。配信は2月12日22時0分〜。(2012/2/9)

トークライブ“経営者の条件”:
「自分のやりたい技術を使って消費者を喜ばせたいだけ。モノづくりの原点は好きであること――ボーズ日本法人 元代表取締役・J.TESORI 代表取締役の栗山氏
モノ作りにおいて、顧客の声を聞いたり綿密なマーケティングを行うのは、必ずしも正しいとは限らないのではないか。むしろ一人のカリスマの感覚で作り上げた製品が大ヒットを生む場合もある。(2011/12/20)

勉強会のカリスマ、美崎栄一郎の「会社って楽しい?」が電子書籍で第二幕
空前の勉強会ブームを作った一人といえる美崎栄一郎氏のベストセラーが書き下ろしのストーリーを加え新シリーズとして電子書籍で販売されることになった。これを記念したイベントも開催される。(2011/11/2)

神尾寿のMobile+Views:
スティーブ・ジョブズ氏引退で、Appleは変わるのか
8月24日に突如発表された、AppleのカリスマCEO、スティーブ・ジョブズ氏の引退。すでに闘病中の身でもあり、業界として同氏の引退はいずれ起こることと受け止められていたが、それでも影響は少なくないという見方も多い。Appleの未来はどうなるのか。(2011/9/13)

“明るく・楽しく”!? 環境配慮型設計・現場の心得(1):
ヒントはクラフトマンシップにあるんです
環境アセスメントってナニ? 高懸念物質……? クリエイティブなモノづくり業務と関係ないけど、対応しないと仕事にならない“お約束”に、楽しく挑むにはどうしたらいいのでしょう? 明るく・楽しいモノづくりがモットーのカリスマ改善人が「環境配慮」を考えたら……。(2011/9/6)

中国でファッションリーダーに カリスマ日本人ブロガーTOKYO PANDAさんに迫る
中国でファッションリーダーとして注目を集めている日本人ブロガーTOKYO PANDAさんがニコニコ生放送に登場。「中国の若者の心を掴む秘訣とは?」「中国女子がTOKYO PANDAを支持するのはなぜ?」など、中国の若者の最新事情に迫る。司会はマーケティングアナリストの原田曜平さん。配信は8月19日20時0分〜。(2011/8/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
もうカリスマは要らない
集合的リーダーシップが組織を変える!(2011/3/10)

君は尾崎豊を知っているか? 「尾崎豊 覚え書き」が電子書籍で緊急配信
“反逆する十代の旗手”として、カリスマ的存在となった尾崎豊さんに最も影響を与えた音楽プロデューサーが書き下ろしたエッセイが電子書籍で配信開始された。(2011/2/22)

富士通、“モモエリ”コラボデザインの「LOOX M」を発売
富士通は、カリスマモデルの「桃華絵里」さんがデザインプロデュースした「LOOX M」コラボレーションモデルを発売する。(2010/3/17)

「現場の仕事」を見える化する:
バスウォッチングで見える化する
現場と経営の価値観を同じにするにはどういう方法があるでしょうか。「中小企業のカリスマ」と呼ばれる武蔵野の小山昇社長がその方法を伝授します。(2009/12/9)

潮目を読む:
グローバル人材育成の現場より――求められる新たなカリスマ人材
現在のフラット化する世界において求められる人材像とは何か。国際競争力に勝つために企業はいかなる社員を育てていけば良いのだろうか。(2009/11/5)

+D Style News:
“大人の食育“――カリスマシェフが集う「丸の内シェフズクラブ」が発足
丸の内周辺のシェフが集い“大人の食育”を推進する「丸の内シェフズクラブ」が発足。フレンチシェフ・三國清三氏をはじめとした4人のシェフによるデモンストレーションが行われた。(2009/2/9)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。