ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファッション」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
誠Style:ファッション
質問!ファッション→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でファッション関連の質問をチェック
「ファッション」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

「ダンダムちゃん」、大地に立つ ファッション特化SNSで異彩を放つ段ボールロボ娘を直撃したらガチな人だった
めっちゃスタイルいいけど頭はチープな工作のロボ。いったい誰なんだろう……。(2018/4/11)

これはファッションショーですか? 紗栄子、妖艶なダンスでファンを魅了してしまう
ピンクは人を惑わせる!(2018/4/11)

FOX、レザーアクセサリーブランド「LORNA PASSONI」のiPhoneケースを発売
FOXは、レザーアクセサリーブランド「LORNA PASSONI」の高級感あふれるiPhoneケースを発売。フォーマルファッションにもカジュアルファッションにも合うシンプルなデザインで、ケース内側にはカード収納ポケットを搭載している。(2018/4/5)

TGC2018 S/S:
まいやんが「コードギアス」C.C.ファッションで登場 白石麻衣のクールまいやん&松村沙友理の“にこるんポーズ”が美しすぎた……!
乃木坂46がコードギアスとまさかのコラボ。(2018/4/2)

多角化の一環:
RIZAPが「野菜」にコミットした本当の狙い
RIZAPはアパレルやエンタテインメント関連の事業に次々と乗り出している。2018年4月から野菜に関するあるサービスにコミットすると発表したが、その中身とは?(2018/3/30)

アダストリアの“出張クローゼット”イベント:
ファッションは「店に行く」から「店が来る」時代になる?
女性向けファッションブランド「Andemiu」を展開するアダストリアが、イベント「FIT ON ME」をパーソルキャリアと開催。「服を買いに行く」ではなく、「オフィスで服を買える」を新たに提案する。(2018/3/28)

後藤真希、ママ&子ども向けファッションサイト「&Co.」をオープン! 娘とモデル共演でほっこり
基本アイテムから小物まで後藤真希セレクト!(2018/3/23)

“センター街を護る風神雷神”現る バービー&黒沢かずこの双子コーデが安定のシャバのファッション感ゼロ
真の護身を完成させると周りに誰も寄ってこない件。(2018/3/22)

モンスター度MAX! 内田裕也、「ファッションモンスター踊ってみた」が最高にロック
サポートモンスターは内田さんに似ていると話題の「エジプトハゲワシ」。(2018/3/16)

コント衣装だよね? チュートリアル徳井、20歳当時の“謎ファッション”がダサさを極めてしまう
若いって恐ろしい。(2018/3/10)

「痩せた?」「色っぽい」 高畑充希、パリで魅せたドレス姿がトレビアン
ルイ・ヴィトンのファッションショーに参列したようです。(2018/3/8)

社員の声から:
子育て社員の「同僚」に月3000円 アパレル店で“気持ち”を手当に
アパレル大手のレナウンが、子育て中の社員の“同僚”に対して、手当を支給する制度を3月に始める。人手不足も問題となっているアパレルショップにおける、働きやすい職場づくりの一環。その狙いについて聞いた。(2018/2/20)

1人で見たい客と話しかけたい店員 アパレル店の“あるある”を描いた漫画に双方から反響
きっとお互いいい距離感を保つため葛藤している。(2018/2/21)

NHKで「AI対人類 3番勝負」 ファッションや俳句で対決
NHKが「AI対人類 3番勝負」を放送。ファッションコーディネート、タクシーの運転、俳句の世界を舞台に、AIと人間が対決する。(2018/2/13)

ポール・スミスがマグロ寿司を振る舞うイベントを開催 六本木の店頭にお寿司カウンターを設置
ファッションの世界は味わい深い……。(2018/2/3)

美しいファッションを“数値化” 「スタートトゥデイ研究所」発足
「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが、ファッションを科学的に解明するプロジェクトチーム「スタートトゥデイ研究所」を発足。(2018/1/31)

「表紙素敵すぎます」「絶対買う!」 本田翼&坂口健太郎、ノンノ史上初の男女ペア表紙にファン歓喜
1971年創刊の女性ファッション誌『non-no』において初めて。(2018/1/21)

「えっ!?これ私服?」 「コロチキ」ナダルの服装が実写版ミシュランマンだと反響を呼ぶ
ファッションセンスやっべえぞ!(2018/1/18)

【連載】池田園子の「マーケ目線」 第6回:
キャバ嬢×モデル×経営者 愛沢えみりさんのすごいオムニチャネルブランディング
ブランドは顧客とどうつながるべきか。歌舞伎町のカリスマキャバ嬢にしてファッション雑誌のモデル、そして経営者でもある愛沢えみりさんに聞いた。(2018/1/12)

シノラーにアムラー、コギャルまで 筧美和子の“懐かしファッション”がどの時代でもモテまくりそう
シノラー懐かしい。(2018/1/5)

VRニュース:
ファッションコーディネートを3Dスキャンし3Dデータ化、VR空間に取り込める「STYLYスキャナー」を発売
Psychic VR Labは、ファッションコーディネートを3Dスキャンし、SNSに投稿、シェアできるサービス「STYLYスキャナー」を発売した。自身のコーディネートを3Dスキャナーで撮影し、専用サイトで3Dデータを閲覧できる。(2018/1/5)

河野社長が目指す高み:
アパレルの常識を変えた熊本発ベンチャー、シタテルの信念
デザイナーと縫製工場をつなぎアパレル業界の課題を解決する――そんなサービスを提供するのが熊本発のベンチャー企業、シタテルだ。河野秀和社長が同社のイノベーションについて語った。(2018/1/2)

ジョジョスマホ発売記念 携帯市場が中古コラボ端末の福袋を販売
携帯市場はファッション誌やブランド、アニメ作品などとコラボレーションした中古フィーチャーフォン・スマートフォンをセットにした「“コラボケータイ”福袋」を販売。2018年1月4日から数量限定で取り扱う。(2017/12/20)

「ロリータ包丁」とは何か 職人手作り、ガンダムの武器も再現
「ロリータ包丁」が脚光を浴びている。レースやフリルが特徴の「ロリータファッション」を基調に刃がハートやチョウの形をした斬新な姿だが、鍛冶職人が真面目に一本一本鍛造した本格的な包丁だ。(2017/12/11)

「この世の者とは思えない」 玉城ティナ、中村里砂らのロリータファッションが次元を超越する
美しい……。(2017/12/5)

伝統工芸×DMM.make=?(2):
PR:京鹿の子絞に3Dプリンタを使って、伝統的で革新的な、はんなりやさしい生地が作りたい
京都絞美京の3代目である松岡輝一氏は、ファッションブランド「KIZOMÉ」を展開し、イタリアのミラノでも作品展示している。3Dプリンタの型を使った京鹿の子絞では、ワッフルのようにふっくらした、はんなりやさしい生地が作れる。自分が普段使っているデスクトップ3Dプリンタではなく、最新鋭の機器が使えるなら、もっともっと可能性が広がりそう。「世界中の人に、京鹿の子絞を見てほしい……!」――松岡氏の飽くなきチャレンジをDMM.makeが応援する。(2017/11/30)

ありふれた日用品だけでセレブファッションを再現(?) 俳優トム・レンクのInstagramがカオスしかない
再現度は微妙かもしれませんが、アイデアはとにかく秀逸。(2017/11/25)

Microsoft Focus:
服の試着に手術、観光、ゲームまで VR、MRが生み出す“これまでにない”体験の価値
パートナープログラムなどを通してデジタルクリエイティブやアパレル、医療分野ヘもMR(Mixed Reality)の活用領域を拡大。企業だけでなく、コンシューマー向けにも本格展開を開始したMicrosoftの勝算は?(2017/11/22)

読者の変化に対応できず:
“青文字系”ファッション誌「Zipper」が休刊
祥伝社が、女性向けファッション雑誌「Zipper」を休刊すると発表。(2017/11/21)

原宿系ファッション誌『Zipper』が休刊、24年の歴史に幕 背景は「広告環境の急激な変化」
「原宿の最新情報発信マガジン」をコンセプトに、青文字系雑誌の代表格として人気を集めた。(2017/11/21)

「昔の美しい洋服の情熱と、現代カルチャーの熱狂のはざま」 フランスのロリータファッション事情
現地のロリータを取材してみました。(2017/11/18)

ニッチェ江上、3年前の自分に驚き 「なんだか若々しい」「短パンにタイツとかはいてた」
現在は奥様らしいファッションに。(2017/11/15)

ZOZOTOWN独自ブランド年内開始 「科学の力で究極のフィット感」実現へ
ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」が、年内にプライベートブランドを立ち上げ、衣料品を販売する。「科学やテクノロジーの力」で、「究極のフィット感」を実現するという。(2017/10/31)

「0円」は43%:
ZOZO「送料自由」、平均は96円
ファッションECサイト「ZOZOTOWN」運営のスタートトゥデイが、「送料自由」の利用状況を発表した。(2017/10/24)

コンセプトは「今すぐ買えるViVi」:
「楽天市場」アイテムを紹介 講談社「BeViVi」創刊
楽天と講談社がスマートフォン向けのファッションマガジン「BeViVi」を創刊。出版社の編集力や雑誌のブランド力を活用し、スマホからの購買増を狙う。(2017/10/23)

万引き件数も減少:
置くだけの防犯カメラが、どんどん増えているワケ
置くだけの防犯カメラが増えているのをご存じだろうか。大手アパレル専門店やファストフード、ゼネコンなどさまざまな業界で導入が進んでいる。なぜ置くだけの防犯カメラが注目を浴びているのか。その理由は……。(2017/10/19)

ふんどし姿でゴミ拾いやファッションショー! 謎の集団「株式会社ふんどし部」の活動に密着
株式会社ふんどし部のゴミ拾い活動に参加させてもらいました。(2017/10/15)

“競馬の女神”こじはる、セレブファッションでフランス凱旋門賞に再び光臨!
毎年の凱旋門賞ファッション楽しみ。(2017/10/10)

無償でお供したい! 桜井日奈子の桃太郎ファッション&ダンスが鬼カワイイ!
カワイイの連打がスゴい。(2017/10/7)

Amazon、日本のファッション事業に本腰 世界最大の撮影スタジオ設置へ
Amazon.co.jpは、洋服などを扱う「Amazon Fashion」の商品を撮影するためのスタジオを、2018年春に東京都内にオープンする(2017/10/4)

「Adobe Symposium 2017」レポート:
丸井×アダストリア:デジタルで再定義されるファッションビジネスを語る
デジタルで変わるファッション業界のビジネスについて、「Adobe Symposium 2017」におけるパネルディスカッションの内容をダイジェストで紹介する。(2017/10/6)

「業界初の前代未聞の試み」:
ZOZOTOWN「送料自由」へ 0円設定も可能
スタートトゥデイがファッションECサイト「ZOZOTOWN」の送料を「自由」へと変更。0円設定も可能。(2017/10/2)

Apple Watch Series 3先行レビュー 林信行が読み解く「デジタルダイエットの提案」
あなたの人生を変えうる、ただ1つのファッションアイテム。(2017/9/20)

ファッション通販サイトに導入された「急ぎません。便」が話題に 「望んでいたサービス」「アマゾンにも導入してほしい」
さまざまな声が上がっています。(2017/9/17)

講談社と楽天がスマホファッション誌『BeViVi』を創刊 コンセプトは“今すぐ買える『ViVi』”
ViVi編集部が楽天市場から厳選したファッションアイテムを掲載。(2017/9/16)

ハロウィーンにかぶりたい キュートな黒猫に変身できそうなベレー帽、ヴィレヴァン通販に登場
秋冬のファッションにも似合いそう。(2017/9/14)

ファッションだけじゃない! 機能にも磨きをかけたソニーの新「h.ear」シリーズ
ソニーのポータブルオーディオ「h.ear」シリーズも、約2年ぶりのリニューアルを遂げた。各モデルを紹介しつつ、開発担当者に各製品の特徴や開発コンセプトを聞いていこう。(2017/9/4)

自分のコーディネート、どれだけ「いいね」が付く? AI審査員がチェック 東京ガールズコレクションで
東京ガールズコレクションで「AI審査員」によるファッションスナップコンテストを開催。自分のコーディネートがSNSでどれだけ「いいね!」が付きそうか判断してくれるという。(2017/9/4)

セーラー服やスクール水着 かわいすぎる「男の娘用アパレル」がヴィレヴァン通販に登場
女の子が嫉妬しそうなかわいさ。(2017/8/29)

ガチのファッションモンスターだ! おかずクラブ、きゃりー風のハロウィーン衣装が怪物かわいい
オカリナさんのネコミミっ子いいな。(2017/8/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。