ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファッション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:ファッション
質問!ファッション→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でファッション関連の質問をチェック
「ファッション」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

ZOZO、アパレル「完全自動生産」へ 「スマート工場」エンジニア募集
ZOZOが、人手を介することなく完全自動で生産するための研究を進めている。衣料品の完全自動生産を行う工場「スマートファクトリー」構築に向け、エンジニアを募集中だ。(2018/8/14)

エブリーとKDDI、ライブ動画を視聴しながら買い物ができる「CHECK」提供開始
エブリーとKDDIが共同で、ライブコマース(リアルタイム通販動画)アプリの提供を開始する。出演者とリアルタイムにコミュニケーションを図りつつ、ライブ動画を視聴しながらその場で簡単に商品を購入することができる。主にレディースファッションやコスメを中心に取り扱う。auユーザー以外も利用可能だ。(2018/8/9)

「小2の女子」「こわっ」 千鳥ノブ、宮川大輔の“足だけロリータ”コーデにドン引きツッコミ
最近のファッションはわからんっ!(2018/8/9)

「チェッカーズだ!」「レベッカみたい!」 広瀬すず、80’sファッションで華麗に大人ファンを釣り上げる
若者からはまた違った反応が。(2018/8/5)

Fitbitのスマートウォッチ「Versa」向けにファッションブランド「PH5」のニット製ベルト6種類
Fitbitが、スマートウォッチ「Versa」向けの新しいベルトを発表した。ファッションブランド「PH5」とのコラボで誕生した6種類のベルトはいずれもニット製だ。価格は39.95ドル。(2018/7/24)

“移動する”試着室使い、遠隔で服をおすすめ 楽天が福島県で実証実験
楽天は、店舗スタッフが遠隔地から服を提案する「遠隔スタイリング支援システム」の実証実験を福島県で7月23日に実施した。実店舗の数が限られるなど、ファッションの地方格差を軽減する狙い。(2018/7/23)

LTEモデルはどうなった?:
「テクノロジー」と「ファッション性」を重視して製品展開――3年目を迎えた中国HuaweiのPC事業
スマホで定評のあるHuaweiがPC事業に参入して3年目を迎えた。同社のPC事業はどのような展開を描いていくのだろうか。コンシューマービジネス担当COOに話を聞いた。(2018/7/17)

水曜インタビュー劇場(水道発公演):
なぜ「スーツみたいな作業着」をつくって、しかも売れているのか
スーツのような作業着「WORK WEAR SUIT(ワークウェアスーツ)」が売れている。製造しているのはアパレルメーカーでもなく、作業着メーカーでもない。水道工事などを行っている会社がつくったわけだが、なぜこのような商品を開発したのか。その狙いを聞いたところ……。(2018/7/11)

今日のリサーチ:
女性の過半数は、ファッションアイテムをWebで調べてから実店舗で購入する――ジーユー調査
ジーユーは、「ファッションアイテム購入時における情報源および購入経路に関する実態調査」を実施し、その結果を発表しました。(2018/7/10)

ZOZOTOWN、トップページを“しまむら仕様”に模様替え
主婦やファミリー層向けにリーズナブルな価格で衣類を販売するブランド「ファッションセンターしまむら」が通販サイト「ZOZOTOWN」に出店。しまむらの通販サイトは初。(2018/7/9)

どういうファッション? 千鳥ノブのクセがすごい服にツッコミ続出「ほぼ出てる」「西川貴教超えてる」
なんで着たんじゃ。(2018/7/8)

美咲が教える スマホ時代の歩き方:
ファッションアイテムは「借りて試す」がOKの時代へ 新しい定額制サービスの形
スマートフォンで流行しているサービスや使い方を解説する連載。今回はサブスクリプションサービスについて紹介します。ファッションアイテムを低額でレンタルできるサービスがあるのをご存じですか?(2018/7/5)

あの人のかばんの中身は?:
「しまむらは希代のファッションブランド」車社会の地方都市でコストコを愛するOLにしださんのかばんの中身
転勤が多い特殊法人に勤め、現在は車社会の地方都市でコストコを愛しているOLにしださんのかばんの中身は……?(2018/6/27)

「VOGUEとかの表紙飾れる」 ミッツ・マングローブ、10年以上前のヘソ出しファッションが女性も嫉妬する美スタイル
かなり攻めのファッション。(2018/6/25)

ショートヘアの最高峰! 27歳になった波瑠、本田翼とのお祝い2ショットが美しいの極み
ファッション雑誌『non-no』専属モデルを務めた2人。(2018/6/18)

再開発:
埼玉最大規模のマンション「SHINTO CITY」開発着手
駅周辺の大掛かりな再開発によって、2000年にはわずか1万5000人ほどだった乗車人員が、16年には5万人を越えた「さいたま新都心駅」。県内最大規模の分譲マンション「SHINTO CITY(シント シティ)」が2018年9月に着工する。周囲にも都市公園、公共公益施設、半導体やレンズの製造メーカー、アパレル企業の新本社など、続々と周辺一帯を含めた街づくりの一大プロジェクトが計画されている。(2018/6/8)

ロボット専用通販サイト「ロボファッション」のクラウドファンディング開始 出品/購入ができるシステム
全国のロボットオーナー要注目。(2018/6/6)

上半身裸にサスペンダーの市長スタイル! 中村アン、ズボンと紐だけの“布不足ファッション”にファンざわつく
大好きです。(2018/6/1)

「男女で着るものが違うことがおかしいんじゃないか」――“メンズサイズのかわいい服”ブランドはなぜ生まれたか
「性別や体形にとらわれずかわいいお洋服を着たい」という願いをかなえることを目指したアパレルブランド「blurorange」の代表にお話を聞きました。(2018/5/29)

背面にカードポケットを貼れるタイプも FOXが「MICHAEL KORS」のスマホアクセサリーを発売
FOXは、5月14日にニューヨークのファッションブランド「MICHAEL KORS」のスマホアクセサリー第1弾を発売。カードポケットやスタンド機能を備えた保護ケースなどを展開する。(2018/5/14)

アパレルショップのWEGO原宿本店が閉店へ 15年の歴史に幕
閉店セール開催中。(2018/5/7)

「便器に頭を通す日が来るなんて」 平祐奈、衝撃の“便器ファッション”が未来のパリコレ感
どうしてこうなった。(2018/4/23)

「ダンダムちゃん」、大地に立つ ファッション特化SNSで異彩を放つ段ボールロボ娘を直撃したらガチな人だった
めっちゃスタイルいいけど頭はチープな工作のロボ。いったい誰なんだろう……。(2018/4/11)

これはファッションショーですか? 紗栄子、妖艶なダンスでファンを魅了してしまう
ピンクは人を惑わせる!(2018/4/11)

FOX、レザーアクセサリーブランド「LORNA PASSONI」のiPhoneケースを発売
FOXは、レザーアクセサリーブランド「LORNA PASSONI」の高級感あふれるiPhoneケースを発売。フォーマルファッションにもカジュアルファッションにも合うシンプルなデザインで、ケース内側にはカード収納ポケットを搭載している。(2018/4/5)

TGC2018 S/S:
まいやんが「コードギアス」C.C.ファッションで登場 白石麻衣のクールまいやん&松村沙友理の“にこるんポーズ”が美しすぎた……!
乃木坂46がコードギアスとまさかのコラボ。(2018/4/2)

多角化の一環:
RIZAPが「野菜」にコミットした本当の狙い
RIZAPはアパレルやエンタテインメント関連の事業に次々と乗り出している。2018年4月から野菜に関するあるサービスにコミットすると発表したが、その中身とは?(2018/3/30)

アダストリアの“出張クローゼット”イベント:
ファッションは「店に行く」から「店が来る」時代になる?
女性向けファッションブランド「Andemiu」を展開するアダストリアが、イベント「FIT ON ME」をパーソルキャリアと開催。「服を買いに行く」ではなく、「オフィスで服を買える」を新たに提案する。(2018/3/28)

後藤真希、ママ&子ども向けファッションサイト「&Co.」をオープン! 娘とモデル共演でほっこり
基本アイテムから小物まで後藤真希セレクト!(2018/3/23)

“センター街を護る風神雷神”現る バービー&黒沢かずこの双子コーデが安定のシャバのファッション感ゼロ
真の護身を完成させると周りに誰も寄ってこない件。(2018/3/22)

モンスター度MAX! 内田裕也、「ファッションモンスター踊ってみた」が最高にロック
サポートモンスターは内田さんに似ていると話題の「エジプトハゲワシ」。(2018/3/16)

コント衣装だよね? チュートリアル徳井、20歳当時の“謎ファッション”がダサさを極めてしまう
若いって恐ろしい。(2018/3/10)

「痩せた?」「色っぽい」 高畑充希、パリで魅せたドレス姿がトレビアン
ルイ・ヴィトンのファッションショーに参列したようです。(2018/3/8)

社員の声から:
子育て社員の「同僚」に月3000円 アパレル店で“気持ち”を手当に
アパレル大手のレナウンが、子育て中の社員の“同僚”に対して、手当を支給する制度を3月に始める。人手不足も問題となっているアパレルショップにおける、働きやすい職場づくりの一環。その狙いについて聞いた。(2018/2/20)

1人で見たい客と話しかけたい店員 アパレル店の“あるある”を描いた漫画に双方から反響
きっとお互いいい距離感を保つため葛藤している。(2018/2/21)

NHKで「AI対人類 3番勝負」 ファッションや俳句で対決
NHKが「AI対人類 3番勝負」を放送。ファッションコーディネート、タクシーの運転、俳句の世界を舞台に、AIと人間が対決する。(2018/2/13)

ポール・スミスがマグロ寿司を振る舞うイベントを開催 六本木の店頭にお寿司カウンターを設置
ファッションの世界は味わい深い……。(2018/2/3)

美しいファッションを“数値化” 「スタートトゥデイ研究所」発足
「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが、ファッションを科学的に解明するプロジェクトチーム「スタートトゥデイ研究所」を発足。(2018/1/31)

「表紙素敵すぎます」「絶対買う!」 本田翼&坂口健太郎、ノンノ史上初の男女ペア表紙にファン歓喜
1971年創刊の女性ファッション誌『non-no』において初めて。(2018/1/21)

「えっ!?これ私服?」 「コロチキ」ナダルの服装が実写版ミシュランマンだと反響を呼ぶ
ファッションセンスやっべえぞ!(2018/1/18)

【連載】池田園子の「マーケ目線」 第6回:
キャバ嬢×モデル×経営者 愛沢えみりさんのすごいオムニチャネルブランディング
ブランドは顧客とどうつながるべきか。歌舞伎町のカリスマキャバ嬢にしてファッション雑誌のモデル、そして経営者でもある愛沢えみりさんに聞いた。(2018/1/12)

シノラーにアムラー、コギャルまで 筧美和子の“懐かしファッション”がどの時代でもモテまくりそう
シノラー懐かしい。(2018/1/5)

VRニュース:
ファッションコーディネートを3Dスキャンし3Dデータ化、VR空間に取り込める「STYLYスキャナー」を発売
Psychic VR Labは、ファッションコーディネートを3Dスキャンし、SNSに投稿、シェアできるサービス「STYLYスキャナー」を発売した。自身のコーディネートを3Dスキャナーで撮影し、専用サイトで3Dデータを閲覧できる。(2018/1/5)

河野社長が目指す高み:
アパレルの常識を変えた熊本発ベンチャー、シタテルの信念
デザイナーと縫製工場をつなぎアパレル業界の課題を解決する――そんなサービスを提供するのが熊本発のベンチャー企業、シタテルだ。河野秀和社長が同社のイノベーションについて語った。(2018/1/2)

ジョジョスマホ発売記念 携帯市場が中古コラボ端末の福袋を販売
携帯市場はファッション誌やブランド、アニメ作品などとコラボレーションした中古フィーチャーフォン・スマートフォンをセットにした「“コラボケータイ”福袋」を販売。2018年1月4日から数量限定で取り扱う。(2017/12/20)

「この世の者とは思えない」 玉城ティナ、中村里砂らのロリータファッションが次元を超越する
美しい……。(2017/12/5)

伝統工芸×DMM.make=?(2):
PR:京鹿の子絞に3Dプリンタを使って、伝統的で革新的な、はんなりやさしい生地が作りたい
京都絞美京の3代目である松岡輝一氏は、ファッションブランド「KIZOMÉ」を展開し、イタリアのミラノでも作品展示している。3Dプリンタの型を使った京鹿の子絞では、ワッフルのようにふっくらした、はんなりやさしい生地が作れる。自分が普段使っているデスクトップ3Dプリンタではなく、最新鋭の機器が使えるなら、もっともっと可能性が広がりそう。「世界中の人に、京鹿の子絞を見てほしい……!」――松岡氏の飽くなきチャレンジをDMM.makeが応援する。(2017/11/30)

ありふれた日用品だけでセレブファッションを再現(?) 俳優トム・レンクのInstagramがカオスしかない
再現度は微妙かもしれませんが、アイデアはとにかく秀逸。(2017/11/25)

Microsoft Focus:
服の試着に手術、観光、ゲームまで VR、MRが生み出す“これまでにない”体験の価値
パートナープログラムなどを通してデジタルクリエイティブやアパレル、医療分野ヘもMR(Mixed Reality)の活用領域を拡大。企業だけでなく、コンシューマー向けにも本格展開を開始したMicrosoftの勝算は?(2017/11/22)

読者の変化に対応できず:
“青文字系”ファッション誌「Zipper」が休刊
祥伝社が、女性向けファッション雑誌「Zipper」を休刊すると発表。(2017/11/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。