ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GitHub」最新記事一覧

販促策の一環であることは察している
AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由
オープンソースコミュニティーとの協力関係を模索するAppleとMicrosoftの戦略は、好意的に受け止められている。企業利益のためであることを隠さない両社が受け入れられ、開発者が集まる理由とは?(2016/7/27)

キーワードは「セキュリティ」と「オープン」:
CiscoのDNAに生まれ始めた「オープン」の遺伝子
サーバやストレージに比べ、仮想化やオープン化、プログラミングによる自動化といった分野で取り残されがちだったネットワーク。シスコはその状況を変えるため、自ら変わろうと試みている。(2016/7/25)

「@ITセキュリティセミナー 〜迷宮からの脱出〜」レポート(4):
「標的型攻撃に気付けない組織」にならないための確認ポイントとは
3回にわたりお届けしてきた「@ITセキュリティセミナー 〜迷宮からの脱出〜」レポート。最終回となる今回は、2016年6月28日に大阪で開催した同セミナーの中から、東京では行われなかったセッションの模様を紹介する。(2016/7/22)

「@ITセキュリティセミナー 〜迷宮からの脱出〜」レポート(3):
ソーシャルエンジニアリングは予算獲得にも応用できる?
本稿では、@ITが2016年6月23日に東京・青山ダイヤモンドホールで開催した「@ITセキュリティセミナー」レポートの第3弾をお届けする。(2016/7/21)

ブラウザの省電力性をめぐる争いは続く:
マイクロソフト、オペラの批判に回答──「Edgeは省電力」、その根拠を公開
マイクロソフトが2016年6月に実施した、同社のブラウザ「Microsoft Edge」と競合ブラウザの省電力性を比較するテストの詳細を公開。Edgeの省電力性を支えるWindows10の各種機能が根拠とオペラの批判に回答した。(2016/7/19)

データセンターのトラブルシューティング5選
速すぎるSSDにシステムが追い付かない? サーバ管理者が取るべき解決策とは
かつてCPUが急速に進化したとき、システム性能のボトルネックとなっていたのはストレージだった。しかし、SSDの登場と進化によって、今やCPUとその接続するバスがボトルネックとなりつつある。(2016/7/19)

こっそり始めるGit/GitHub超入門(4):
Gitでコンフリクトしても慌てるな!! 解消に向けた3つの基本作業
本連載では、バージョン管理システム「Git」とGitのホスティングサービスの1つ「GitHub」を使うために必要な知識を基礎から解説していきます。今回は、意図的にコンフリクトが起こるような操作を行って、コンフリクトが起こったときの対処方法を図を交えて説明します。(2016/7/14)

「Windows 10 IoT Core」の現状とラズパイ3へのインストール
「Windows Embedded」から「Windows 10 IoT」へと刷新されたマイクロソフトの組み込みOS。プレビュー版の提供開始から1年近くが経過し、ようやくその全貌が見えてきた。連載ではWindows 10 IoTの「今」をエンドデバイスとともに確認していく。(2016/7/14)

AI訓練プラットフォーム「Project Malmo」登場:
“マイクラ”使ってAI研究、マイクロソフトがGitHubで一般公開
マイクロソフトは、人気ゲーム「Minecraft」をAI研究の実験に使用できるプラットフォーム「Project Malmo」をGitHubで公開した。(2016/7/12)

オンラインゲーム「Habitat」のソースコード公開 1986年にルーカスフィルムのゲーム会社が制作
日本では「富士通Habitat」として1990年にサービス開始していました。(2016/7/11)

マインクラフトで人工知能を育てる「Project Malmo」、MicrosoftがGitHubで一般公開
Microsoftが3月に「Project AIX」としてプライベートプレビューを開始した「Minecraft(マインクラフト)」で人工知能(AI)を訓練するプロジェクト「Project Malmo」を一般公開した。GitHubからmodとコードをダウンロードできる。(2016/7/10)

テスト駆動型インフラでセキュリティの実現も?:
Hashicorp、Mesosphere、Chefが語る「ビジネス差別化」の鉄則
かつてのマイクロソフトのカンファレンスでは考えられなかったほど、オープンソースソフトウェアへのコミットが目立ったde:code 2016。そのセッションの中から、「DevOps」や「Infrastructure as Code」を掲げてビジネスニーズの迅速な実現に取り組む、オープンソース畑の3社の講演を振り返る。(2016/7/8)

オープンソースのメリットとは
Facebookのソフトウェア開発者に学ぶオープンソースとの付き合い方
Facebookは、オープンソース化することを前提にソフトウェアを開発している。同社が成果物をコミュニティーに公開するメリットとは?(2016/7/8)

Computer Weekly:
Facebookのソフトウェア開発者に学ぶオープンソースとの付き合い方
Facebookは、オープンソース化することを前提にソフトウェアを開発している。同社が成果物をコミュニティーに公開するメリットとは?(2016/7/6)

Androidのフルディスク暗号化が破られる恐れ、研究者が問題指摘
Qualcommのプロセッサを搭載したAndroid端末のセキュリティ機能「TrustZone」の脆弱性を突いて、フルディスク暗号化が破られる恐れがあるという。(2016/7/5)

現場でJIRAやBitbucketはどう活用されているのか?:
PR:gloopsやgumiのソーシャルゲーム開発を支えるアトラシアンのツール群
アトラシアンがコミュニティーカンファレンス「Atlassian For Teams − Team-1 ゲーム開発現場でのチーム開発」を開催。現場でアトラシアンのツールを活用しているゲーム開発企業gloopsやgumiの担当者が登壇し、ツールの利用事例や、利用している中で見えてきた課題、ツールへの要望などをセッション形式で発表した。(2016/6/30)

Dev Basics/Keyword:
Checked C(プログラミング言語)
Checked Cは、C言語に境界チェック機能が追加されたものであり、より安全な形でCプログラミングを行えるようにするものだ。(2016/6/29)

Computer Weekly製品ガイド
マイクロサービス:小さなパーツで大きなメリット
マイクロサービスがITカンファレンスで注目されている。これはコンテナやソフトウェアの移植性というアイデアとも関係が深い。その仕組みと、注目すべき理由について解説する。(2016/6/23)

特集:Visual Studio Code早分かりガイド:
Visual Studio Codeのおすすめ拡張機能
Visual Studio Codeの拡張機能の中から「ちょっとオススメ」「ちょっと面白い」というものを紹介していこう。(2016/6/22)

“Watson”を使い、クラウド/コグニティブ/IoT開発者の育成を支援:
IBM、「コグニティブ時代の開発者」を支援する4つの新施策を発表
米IBMは、インドのバンガロールで開催されたイベントにおいて、クラウド、コグニティブ、IoTなどの新技術に携わる開発者を支援するための4つの新施策を発表した。(2016/6/21)

今度はGitHubアカウントに不正侵入、パスワード使い回しが原因か
多数のGitHubアカウントが不正にログインされていたことが分かり、被害に遭ったアカウントのパスワードをリセットする措置を講じた。(2016/6/17)

Dev Basics/Keyword:
npm(パッケージ管理ツール)
npmはJavaScript開発者向けのパッケージマネジャーであり、Node.jsベースのさまざまなパッケージの管理を手軽に行える。(2016/6/17)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(51):
Dockerとの相互運用性が向上したWindowsコンテナ[前編]
Windows Server 2016 TP5のTP4からの変更点の多くは、Windows Server 2016で初めて搭載されることになる新機能に集中している印象です。それは、「Windowsコンテナ」に関してです。(2016/6/16)

Computer Weekly製品ガイド
コンテナ&マイクロサービスとは何か
個別にデプロイできるモジュールは、アジャイルアプリケーション開発にどう活用できるのか。この業界の主なサプライヤーも紹介する。(2016/6/17)

ラズパイ3&Toradex、Windows 10 IoT Coreで楽しみながら検証するIoT実践入門(4):
加速度センサーを使い、「人の動きと連動して動作するUWPアプリ」を作る
ITエンジニアに向け、「ビジネスに貢献するIoT活用」の第一歩を踏み出す「ひらめき」を得てもらうための本連載。今回は、IoTハードウェアと加速度センサーを使い、Unityで作成したUWPアプリを操作するシステムを作ってみよう。(2016/6/16)

WWDC 2016現地レポート:
4つの新OSで何が変わる? Appleが示した7つの方向性を林信行が読み解く
Appleの4つのOSが秋ごろ一斉にアップデートする。これにより一般ユーザーにどんな恩恵があるのか、開発者にとってはどうなのかを林信行が解説する。(2016/6/15)

実際に検証済み!OSS徹底比較(4)サーバ構築自動化【後編】:
OSSのサーバ構築自動化ツール、4製品徹底検証 2016年版
サーバ構築・運用自動化ソフトの中でも特に利用者の多い、「Chef」「Ansible」「Puppet」「Itamae」の4製品をピックアップ。「各ソフトの実行環境の構築手順」「OSSのBlog/CMS基盤であるWordPressの構築」を通じて、その違いを探り、体感いただく本連載。後編ではPuppet、Itamaeを紹介する。(2016/6/24)

クラウドネイティブな開発を可能に
理想的な「クラウドで開発/テスト、オンプレミスで本番運用」をどう実現する?
開発/テスト環境をパブリッククラウドで構築し、本番アプリケーションをオンプレミスで運用する――こうしたクラウドネイティブな開発を可能にする、ツールやサービスを紹介する。(2016/6/15)

音声認識などのディープラーニングモデルで、高い処理速度を実現:
マイクロソフト、無償ディープラーニングツールキットの最新版「CNTK 1.5」を公開
マイクロソフトは、プログラミング言語やツール機能、テキスト/音声読み取り機能を強化したオープンソースのディープラーニングツールキット「CNTK 1.5」をリリースした。(2016/6/14)

実際に検証済み!OSS徹底比較(3)サーバ構築自動化【前編】:
OSSのサーバ構築自動化ツール、4製品徹底検証 2016年版
今回は、サーバ構築・運用自動化ソフトの中でも特に利用者の多い、「Chef」「Ansible」「Puppet」「Itamae」の4製品をピックアップ。「各ソフトの実行環境の構築手順」「OSSのブログ/CMS基盤であるWordPressの構築」を通じて、その違いを探る。(2016/6/23)

ITエンジニアの未来ラボ(11):
秀丸・xeyes・iOSシミュレータが動く! Windows 10、Xamarin、Cognitive Servicesの最新機能と活用例――de:code 2016基調講演
「de:code 2016」基調講演に、米マイクロソフト シニアバイスプレジデント兼チーフエバンジェリストのSteven Guggenheimer氏が登壇。最新の製品や技術、さらにはその活用例をデモショーケース形式で披露した。(2016/6/10)

こっそり始めるGit/GitHub超入門(3):
ポインタ嫌いでも分かるGitブランチの基本――作成、確認、切り替え、masterにマージ、削除
本連載では、バージョン管理システム「Git」とGitのホスティングサービスの1つ「GitHub」を使うために必要な知識を基礎から解説していきます。今回は、ブランチの基本として作成、確認、切り替え、masterにマージ、削除という一連の作業をコマンドの使い方と図を交えて解説します。(2016/6/10)

iOS APIとObjective-C開発環境でUWPアプリを開発:
「Windows Bridge for iOS」が機能強化、iOSレイアウトAPIをサポート
マイクロソフトはオープンソースプロジェクト「Windows Bridge for iOS」の新機能追加を発表。iOSレイアウトAPIのサポートやCoreFoundationフレームワークの統合、GitHubでサンプルリポジトリも公開する。(2016/6/8)

Weekly Access Top10:
空前の「白黒ブーム」到来
仕事が手につかず……。(2016/6/6)

モノクロ写真をアップすると……? 「人工知能で白黒写真をカラーに」を試せるWebサービス
ディープラーニングを応用し、白黒写真を自然な色味に彩色する手法をブラウザ上で実行できるWebサービスが公開された。(2016/6/6)

Google、機械学習での美術・音楽生成を目指す「Magenta」プロジェクト
Googleが、機械学習システム「TensorFlow」を採用するアート生成機械学習アルゴリズムプロジェクト「Magenta」を立ち上げた。(2016/6/2)

Tech Basics/Keyword:
無償かつ自動でSSL(TLS)証明書を発行できる「Let's Encrypt」とは?
WebサイトのHTTPS対応が推奨されている昨今、無償かつ自動でSSL(TLS)証明書の発行や更新ができる「Let's Encrypt」が注目を集めている。Web系エンジニアを主な対象として、その仕組みやメリット、デメリットを解説。(2016/6/2)

Dev Basics/Keyword:
Node.js
Node.jsはサーバサイドで動作するJavaScript実行環境。イベントとノンブロッキングI/Oを活用し、高性能なWebアプリを構築できる。(2016/6/2)

ESEC2016特別企画:
PR:IoTデバイスのビジネスチャンスを生み出す「Microsoft Azure Certified for IoT」
マイクロソフトの「Microsoft Azure Certified for IoT」は、OSやデバイスの種類を問わずクラウドへつながることを無料で認証するプログラムだが、単純な認証にとどまらず、さまざまな角度から「IoTビジネス」を推進するプログラムでもある。ESEC2016の会場で垣間見えたその魅力を紹介する。(2016/6/1)

API連携でAWSのセキュリティを「自動化」:
PR:インフラ管理者とセキュリティ担当者の距離を縮める「これからのクラウドセキュリティ」とは
セキュリティ強化を目的としてクラウド採用を決める企業も増加しつつある昨今だが、「クラウドにすれば全てを“お任せ”にできる」と安易に考えてはいないだろうか? クラウドならではのメリットを生かし、セキュリティを実現するには、どこまでをサービス事業者に任せ、どこからは自力で守るのかを見極めることが肝要だ。本稿では、そのクラウドセキュリティの勘所を探っていく。(2016/5/31)

人工知能で白黒写真をカラーに 早大が技術開発、GitHubでコード公開
白黒写真を自然な色に自動で彩色する手法を早大が確立。GitHubでプログラムのソースコードを公開した。(2016/5/31)

柔軟性と利便性を向上、コストメリットも:
SQL Serverの既存ライセンス、「Azure VM」での再利用が簡単に
マイクロソフトは、EA契約でのSQL Serverの既存ライセンスを「Azure VM」で再利用できるようにした。SQL Serverワークロードを長期間実行するような使い方の顧客も、クラウド移行によるコスト削減効果が期待できるという。(2016/5/31)

オムロン「家族目線」に客層分析アプリなど無償提供
オムロンの家庭用ネットワークカメラ「家族目線」に、法人向けアプリ。低価格なネットワークカメラで客層分析やヒートマップ表示が行える。いまなら無償でダウンロード可能だ。(2016/5/30)

ひた隠しにしてきたプロジェクト:
GoogleからAI用プロセッサ「TPU」が登場
Googleが、人工知能(AI)に向けたアクセラレータチップ「Tensor Processing Unit(TPU)」を独自開発したことを明らかにした。同社が2015年にリリースした、オープンソースのアルゴリズム「TensorFlow」に対応するという。(2016/5/23)

GitHub、日本は「米国に次ぐ第2の市場」 オープンソースコミュニティと企業をつなぐハブに
GitHub Japanは、新カントリーマネージャーに藤田純氏が就任したことを発表した。日本は今後も米国に次ぐ「世界第2位のマーケット」として注力していく。(2016/5/19)

Electron 1.0でデスクトップアプリ開発超入門――動作の仕組み、基本的な使い方、セキュリティの懸念点
クロスプラットフォーム向けのデスクトップアプリを開発できるElectronについて、動作の仕組み、基本的な使い方、アプリの作り方、セキュリティの懸念点などを解説します。(2016/5/18)

企業のErlang利用を阻むものとは?
関数型言語「Erlang」のススメ──なぜCやJavaではダメなのか?
並行処理、分散処理に優れたプログラミング言語であるErlangだが、企業利用例は多くない。Erlangを活用しているbet365は、Erlang普及のための活動を始めた。(2016/5/18)

GitHub上で公開:
マイクロソフト、Visual Studio 2015対応の「Macros for Visual Studio」をオープンソース化
マイクロソフトは、「Visual Studio 2015」でマクロを使えるようにする拡張機能「Macros for Visual Studio」をリリースし、コードをオープンソース化した。(2016/5/16)

山市良のうぃんどうず日記(65):
PowerShellのちょっとしたTips――改行コードを一括変換する
WindowsとWindows以外のクロスプラットフォーム環境で作業したことがある人なら、テキストファイルの改行コードの違いに悩まされたことがあるでしょう。残念ながら、Windows標準搭載の「メモ帳」は、Windowsで使われる改行コードしか認識しません。そんなとき、PowerShellでさらりと一括変換できるとカッコイイですよ。(2016/5/16)

Google、自然言語理解(NLU)の基礎となる「SyntaxNet」をオープンソース化
Googleが、自然言語理解のためのニューラルネットワークフレームワーク「SyntaxNet」をオープンソースで公開した。機械学習システム「TensorFlow」の一部としてGitHubで公開された。SyntaxNetの構文解析ツール「Parsey McParseface」は“世界一正確に構文解析するツール”という。(2016/5/13)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。