ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「グランプリ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「グランプリ」に関する情報が集まったページです。

鈴鹿S「F1日本グランプリ」廃止になったグリッドガールに代わる「グリッドキッズ」募集開始
選手と一緒にセレモニーに出演します。(2018/7/10)

長野が舞台のフォトコンテスト、夏はスマホで撮った写真も解禁
マウスコンピューターが主催するフォトコンテスト「世界級リゾートへようこそ。山の信州」(春)の表彰式が行われ、3作品がグランプリに輝いた。(2018/6/25)

Apple、Cannes Lions 2018の2部門でグランプリ
世界3大広告賞の1つに数えられるCannes LionsをAppleのCMが席巻した。(2018/6/21)

大谷翔平並みの頼もしさ:
「アルバイト川柳」、1位は「二刀流? ピッチャー運んで レジ打って」
パーソルキャリアが「アルバイト川柳」の優秀作品を発表。グランプリに輝いたのは、飲食店のホールスタッフと野球の大谷翔平選手の活躍ぶりを掛けた句だった。(2018/6/4)

Twitter、ライブ動画でF1やMTVと提携 チャンピオンの生インタビューなど独占新番組
動画に注力するTwitterが提携先を拡大し、スポーツやエンターテインメントのライブ動画が多数スタートする。Formula 1はグランプリシリーズの各レース直後に独占生番組を配信する予定だ。(2018/5/1)

「BOVA」贈賞式開催:
「バズる」から「課題解決」へ、オンライン動画2018年の傾向
宣伝会議はオンライン動画コンテスト「BOVA」の第5回贈賞式を開催した。一般公募部門では「曲名しばり物語『別れても好きな人』」がグランプリに輝いた。(2018/4/21)

マクラーレン、F1グランプリ全21戦でNTT ComのSDx技術を導入 テレメトリーデータの伝送に活用
McLaren F1チーム(マクラーレン)は、2018シーズンの「Formula1(F1)グランプリ」全21戦で、各サーキットとマクラーレンの本拠地(英国)の技術チームをつなぐネットワークに、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)のSDx技術を導入。レースを支えるテレメトリーデータの伝送に活用する。(2018/3/23)

「長野の旅を楽しんで」マウスがフォトコンテストを開催
マウスコンピューターが「世界級リゾートへ、ようこそ。山の信州」フォトコンテスト春を3月26日から開催する。グランプリの賞品は最新2in1デバイスだ。(2018/3/20)

TAAF2018アニメ オブ ザ イヤー部門グランプリが「この世界の片隅に」と「けものフレンズ」に決定
おめでとうございます。(2018/2/21)

第10回「日本ブルーレイ大賞」、グランプリに「君の名は。」
DEGジャパンが「第10回 日本ブルーレイ大賞」の受賞作品を発表した。今回、グランプリを獲得したのは、新海誠監督の「君の名は。」だった。(2018/2/21)

空から見た美しい景色に感動 航空写真コンテスト「SkyPixel Photo Contest」結果発表
グランプリはホッキョクグマが氷から氷に飛び移る様子をドローンで捉えた写真です。(2018/2/12)

自然の雄大さに見入る ナショナル・ジオグラフィックが写真コンテストの入賞者発表
グランプリは川を渡るオラウータンの写真でした。(2018/1/1)

“日本一かわいい女子中学生”は福岡の中学2年生に決定 全国約3200人が参加した「JCミスコン2017」
初代グランプリに輝いたのはさき(有川沙姫)さん。(2017/12/10)

ゆるキャラグランプリ 2017決定! 1位は千葉県成田市の「うなりくん」
企業・その他部門ではりそなグループの「りそにゃ」が1位に。(2017/11/20)

メラノーマを低コストで検出できる診断機器を開発 カナダの学生が「JDA 2017」国際最優秀賞を受賞
「ジェームズ ダイソン アワード2017」の国際最優秀賞が決定。グランプリにあたるその受賞作は、皮膚がんの一種「メラノーマ」を検出する低コストの携帯機器。(2017/11/13)

ハロウィーンにスーファミ親子現る! 阿佐谷の仮装大会で前年準グランプリのファミコンが進化
お父さんが本体、双子の兄弟がコントローラー。もうお子さんたちが大きいこともあり、これが最後になるかも……?(2017/10/30)

ファミチキ先輩がM-1グランプリに出場し1回戦突破! コンビ名は「フランチャイズ」
揚がらずに、ネタはできた模様。(2017/10/5)

お笑いコンビ「フランチャイズ」結成:
ファミチキ先輩、「M-1グランプリ2017」2回戦に進出
ファミリーマートのイメージキャラクター「ファミチキ先輩」が「M-1グランプリ2017」に出場、2回戦に進出した。(2017/10/4)

アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」、オタワ国際アニメーション映画祭グランプリ
オタワ国際アニメーション映画祭長編部門で日本作品、日本人監督がグランプリを受賞するのは初。(2017/9/24)

従来のIT運用管理ツールとは全く異なる:
PR:普及期に入った新世代データセンター運用ツール、Tetration Analyticsとは
2017年6月に開催されたInterop Tokyo 2017で、マネジメント&モニタリング部門のグランプリを受賞した「Cisco Tetration Analytics」は、IT運用でコストが掛かる部分を、可視化と自動化によって包括的に改善するツールだ。従来のIT運用管理製品とは全く異なるアーキテクチャで、IT運用の自動化、近代化を実現する。(2017/8/21)

瞬間トラフィックを確実に処理するために
朝日放送が『M-1グランプリ』敗者復活投票システムをAWSで構築、システム停止は許されない
人気番組『M-1グランプリ』の敗者復活制度は、視聴者による投票で成り立っている。システム停止は番組進行に影響を及ぼすため許されない。毎秒数万件のアクセスにも耐え得る仕組みを朝日放送はAWSで構築した。(2017/7/26)

“魅惑のくびれ”山本成美、「ミスアクション2017」後期グランプリに
山本「(グランプリを)取れなかったら引退を決意していた」。(2017/7/18)

「動け、動いてよ!」:
歌舞伎町のVR施設で一足早く“VRエヴァ”を体験してきた
7月14日に新宿・歌舞伎町にオープン予定のVR施設「VR ZONE Shinjuku」の報道陣向け内覧会の模様をお届けする。記者は「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」と「マリオカート アーケードグランプリVR」を体験した。(2017/7/13)

Interop Tokyo 2017:
PR:異例のダブルグランプリを獲得、波に乗るジュニパーネットワークスが描く新たなセキュリティ戦略とは
ジュニパーネットワークスは「Interop Tokyo 2017」(2017年6月7〜9日、幕張メッセ)において、グローバルに先行して日本で次世代の高密度ルータを特別発表。その結果、異例とも言える一製品でのダブルグランプリを獲得、会場の話題をさらった。さらに、来日したCEOが基調講演に登壇、「AI、ビッグデータ、自動化でサイバー犯罪とどう戦うか」とし、同社のSDSN(Software-Defined Secure Network)ソリューションを説明した。(2017/7/3)

アヌシー国際アニメ映画祭 「夜明け告げるルーのうた」長編グランプリ、「この世界の片隅に」長編審査員賞受賞!
おめでとうございます!!(2017/6/18)

優れたアニメコラボを表彰する「アニものづくりアワード」 総合グランプリは「サントリー天然水×君の名は。」
「浮世絵木版画 初音ミク」「北斗の拳キャラになれるアプリ」「美少女AIに罵倒されるサービス」なども。(2017/5/20)

月刊誌『ブレーン』主催のオンライン動画コンテスト:
「Brain Online Video Award」 広告主部門グランプリにBEAMS
宣伝会議は、オンライン動画のコンテスト「Brain Online Video Award」の受賞作品を発表した。(2017/4/4)

「auおもいでケータイグランプリ」が決定 1位は初代「INFOBAR」
auケータイの中で思い出深い一台に投票できる「auおもいでケータイグランプリ」が決定。1位は初代「INFOBAR」。au design projectのケータイが人気を集めた。(2017/3/30)

「auおもいでケータイグランプリ」投票結果発表 3位W41CA、2位INFOBAR2、そして1位は……
圧倒的人気であのケータイでした。(2017/3/29)

713機種から投票で決める「auおもいでケータイグランプリ」実施 グランプリはグッズとして復活【実例写真あり】
KDDIは、デジタル情報マガジン「TIME&SPACE」で「auおもいでケータイグランプリ」を開催している。713機種の中からグランプリに輝いた携帯電話は「“超”ケータイお役立ちグッズ」として復活する。(2017/3/1)

ショルダーフォンから最新スマホまで 思い出深い携帯電話ナンバーワンを決定する「auおもいでケータイグランプリ」開催
「auケータイ図鑑」に掲載されている713機種が対象。(2017/3/1)

第9回ブルーレイ大賞、ついにグランプリを獲得した“SF映画の金字塔”――ユーザー大賞は「ラブライブ!」
DEGジャパンが「第9回DEGジャパン・アワード ブルーレイ大賞」の受賞作品を発表した。過去1年間に発売されたBlu-ray Discタイトルの中で“高画質”や“高音質”などBlu-ray Discの持つ特徴を生かした作品を表彰するアワード。その「グランプリ」に輝いたのは……。(2017/2/15)

「美おっぱいコンテスト」と「週刊東京ウォーカー+」がまさかのコラボ 3週にわたってグラビアを掲載
初代グランプリの中岡龍子さん、準グランプリの中北成美さんとLUNAさんのグラビアが掲載されます。(2017/1/18)

「ハイレゾ音源大賞」の2016年グランプリはエリック・クラプトン
ハイレゾ音源配信サイトの4社合同企画「ハイレゾ音源大賞」の2016年グランプリ作品がエリック・クラプトンの「I Still Do」(192kHz/24bit)に決定した。(2016/12/28)

圧倒される作品ばかり ナショナルジオグラフィック自然写真コンテストの結果発表
イワシの群れをとらえたグランプリ作品がすごい。(2016/12/13)

「LINEスタンプグランプリ」ポプテピが新人賞を逃すッダロガゲカスゥー! オ゛オ゛ア゛ア゛ア゛ァ゛ーッ
さてはアンチだなLINE社。(2016/12/5)

「ジェームズ ダイソン アワード2016」、国際最優秀賞は“リサイクルできる折り畳み式ヘルメット”
「ジェームズ ダイソン アワード2016」のグランプリにあたる国際最優秀賞が決定した。受賞作は、リサイクル可能な折り畳み式ヘルメットだ。(2016/11/17)

「ゆるキャラグランプリ2016」結果発表 高知県の「しんじょう君」が1位に
2位は「チュッピー」(岡山県)、3位は「はにぽん」(埼玉県)となった。(2016/11/6)

総務大臣賞に「ンダモシタン小林」「寝冷えネコのオムライス」など:
「2016 56th ACC CM FESTIVAL」贈賞式が開催、広告×デジタル企画が台頭
全日本シーエム放送連盟は「2016 56th ACC CM FESTIVAL」の贈賞式を開催。総務大臣賞/ACCグランプリとして宮崎県小林市のPR動画「ンダモシタン小林」(インタラクティブ部門)などが表彰された。(2016/11/3)

今年のグッドデザイン大賞は“理にかなった世界地図”――金賞にはソニーのハイレゾ対応ヘッドフォンも
2016年のグッドデザイン大賞と各賞が発表された。グランプリにあたるグッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)を受賞したのは新しい世界地図図法「オーサグラフ世界地図」だった。(2016/10/28)

美おっぱいコンテスト2016グランプリは23歳の中岡龍子さん 公式Instagramも美おっぱいだらけ
おめでとうございます(ありがとうございます)。(2016/10/19)

「世界水草レイアウトコンテスト2016」の受賞作品が言葉を失う美しさ グランプリに日本人作家
語彙(ごい)力の喪失に注意。(2016/10/20)

モータースポーツ:
マシンやレースに直接関係のないスポンサーはF1にどう役立っているのか
F1についてはほとんど知らない、運転と量産車が好きなだけの記者が、日本グランプリ直前の鈴鹿サーキットに行ってきた。本稿はF1そのものではなく、マシンやレースに直接関係のないスポンサーがチームにどう関わっているのか紹介する。(2016/10/17)

CEATEC AWARDでグランプリを受賞:
1人の学生との出会いが生んだ「しゃべり描きUI」
三菱電機の「しゃべり描きUI」は、2016年10月4〜7日に幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2016」の「暮らしと家でつながるイノベーション部門」でグランプリを受賞した。(2016/10/7)

“No1.ギャル”遠山茜子が「ヤンジャン」でグラビア披露 ポニーテールとビキニで爽やかセクシー
「ギャルオーディション2016」グランプリはだてじゃないな。(2016/10/6)

特撮の怪人かな……? ゆるキャラグランプリに参加している「婀魔照朱吽」が全然ゆるくないと話題
説明も所属も謎。(2016/9/20)

Best of Show Awardグランプリを受賞:
PR:このスイッチが、データセンターのプロを喜ばせる理由
Interop Tokyo 2016のBest of Show Awardで、ジュニパーネットワークスの「QFX10008 データセンター スパインスイッチ」がグランプリを獲得した。独自開発チップ「Q5」を搭載するこのスイッチは、データセンターのプロをどう喜ばせるのか。(2016/9/1)

ポケモンサン・ムーンでナッシーのとんでもない新形態が公開され一瞬でクソコラグランプリが開催される事態に
魔境・アローラ。(2016/8/2)

画像大喜利じゃねえんだぞ! ハッシュタグ「ポケストップふざけてんのかグランプリ」にツッコミが間に合わない
Ingressエージェントたちめ……!(2016/7/28)

福岡県飯塚市主催の「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2016」 エントリー受け付け中
協賛企業から出題されたテーマに沿った作品を募集する、スマートフォンアプリのコンテスト「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2015」が今年も開催される。グランプリ賞金は30万円。(2016/7/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。