ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「お墓」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「お墓」に関する情報が集まったページです。

気鋭の起業家たちが語る「テクノロジーと経営」(前編):
DMM亀山会長がベンチャーブームに物申す「プレゼンがうまいだけの起業家が増えている」
DMM亀山敬司会長、ジーンクエストの高橋祥子社長、Gunosy の福島良典取締役 ファウンダー、セガサミーホールディングス里見治紀社長が、テクノロジーと経営について熱い議論を繰り広げた。(2019/1/16)

月刊乗り鉄話題(2018年12月版):
列車もトークもガンガン加速 “爆速”ローカル鉄道、ほくほく線「鉄分たっぷりツアー」が楽しすぎた
久野さん&南田さんが同行。このお二人、朝からずっとしゃべっておられました。(2018/12/19)

柏木由紀子、亡き夫・坂本九のバースデーをワインで祝福 47年前の2ショットに「懐かしい一枚!」
坂本九さんが亡くなってから33年がたちました。(2018/12/10)

Googleさん:
Google墓場入りして困るもの
まだうわさ段階ですが、Googleが「ハングアウト」を2020年中に終了するようです。Googleのサービスで何がなくなると一番困るか考えてみました。(2018/12/2)

大杉漣さん所属事務所「ZACCO」が解散 息子・隼平が思いを吐露「父のお墓に伝えにいこうと思います」
2019年春には、Webサイト「大杉漣 記念館」がオープンすることに。(2018/11/30)

月刊乗り鉄話題(2018年11月版):
酒好き酔っといで〜 しなの鉄道「ろくもん」に新コース、信州の冬を楽しむ飲んべえ列車!
ほろ酔い、満腹、良い気分〜。旨飯と女性杜氏さんのお酒で酔える「雪見酒の旅」に乗ってきた。真田幸村も(たぶん)びっくり。(2018/11/15)

卒塔婆がスーパーでカジュアルに売ってる!? 静岡県東部の習慣に戸惑う人・共感する人
地元からは「当たり前すぎて、全国区じゃないとは知らなかった」といった声も。(2018/11/14)

DMMが終活サービスに参入 終活情報サイト「終活ねっと」買収で
DMMが終活情報サイト「終活ねっと」を運営するスタートアップ企業を買収。終活サービスに参入する(2018/11/12)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第12話:安全な製品(前編)
白熱する捜査を一瞬離れ、温泉に繰り出すことになった「ひまわり海洋エネルギー」のCSIRT一行。温泉街を探検するうち、ふとした話から明らかになったメンバーの意外な過去、そしてあるメンバーの語る「お寺のDX」とは一体……?(2018/11/9)

「eスポーツで稼げることが分かれば人がついてくる」 プロゲーマー兼スクエニ社員が語る“兼業プロゲーマー”の実情
ザンギエフが嫌いすぎるゲーマー。(2018/11/4)

「やっと行けた」 GACKT、“父”緒形拳の墓参りへ 線香の煙に思いを託す
2018年10月5日で没後10年を迎えた緒形さん。(2018/10/28)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
実はノストラダムスの大予言は的中していた? 「創刊40周年記念 ムー展」で名物編集長を取材
ムー編集長に最強の超能力者は誰なのか聞きました。(2018/10/13)

幻の48人目か!? 大石良雄ら赤穂浪士47人の名を冠するカスタムバイク「RONIN」に新たな限定モデルが登場
「Ronin」48種目の限定モデルが登場。(2018/9/27)

川島なお美さん、ブログでありし日の姿 鎧塚俊彦さんもFacebookでコメント
もう3年なんですね……。(2018/9/24)

心臓がギュッとなる 夢の中でしか会えなくなった父と娘を描いた漫画に「泣いた」の声
1人じゃないと教えてくれるのは、人ではないかもしれない。(2018/9/15)

誰にとってもひとごとではない「孤独死」「ごみ屋敷」 壮絶なミニチュアで知る“実情”
誰にでも起こる可能性がある。(2018/8/22)

Over the AI(24)番外編 これがエンジニアの真骨頂だ:
「シュタインズ・ゲート」に「BEATLESS」、アニメのAIの実現性を本気で検証する
前回で最終回を迎えた「Over the AI」ですが、番外編として、私がどうしても、どうしても、書きたかったコラムをお届けすることにしました。SFやアニメに登場するAI(人工知能)の実現性です。今回は、「シュタインズ・ゲート」や「BEATLESS」に登場するAIを取り上げ、エンジニアとして、それらの実現性を本気で検証してみました。(2018/8/20)

墓守として闇に生きるSLG「Graveyard Keeper」日本語対応で配信開始 農業あり埋葬ありの“暗黒牧場物語”
意思を持って闇の道を進んでいく主人公。(2018/8/17)

PR:コスプレって実は簡単!? 初心者が100円ショップで買えるものだけで精いっぱい竜騎士になってみた
安い、早い、質はそこそこ。(2018/8/10)

「お墓を持つのはぜいたく」な時代が来る? お盆前、日本の“最新墓事情”について調べてみた
お墓で土地がいっぱいにならないの?(2018/8/9)

「節子、これドロップや!」 映画「火垂るの墓」を連想してしまうかわいい“おはじき”型の和菓子がTwitterで話題に
清太もびっくり。(2018/7/28)

岩手県ではお盆になるとお墓に昆布を乗せる? 珍しい風習も現地民は「当たり前だと思っていた」
なぜ墓石に昆布なのか。(2018/7/25)

地面から突き出た手が「トラウマレベル」 タイの絶景寺院から一瞬で“地獄”に突き落とされた人のツイートが話題
「本当に白くてきれいなお寺だこと!」→「うわあああああああああああああああああ」(2018/7/15)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
首吊り鳥居、古戦場跡、血を流す松 三和交通「心霊タクシー」ツアーにガチ突撃! 取材班のカメラに写り込んだこれはいったい
やだ怖い。(2018/7/15)

二重螺旋で故人をしのぶ DNAを形見として残す鑑定サービス開始
葬儀業界では日本初です。(2018/7/6)

築地本願寺が立ち向かう“寺離れ”:
ビジネスマン僧侶が挑む お寺が「コンシェルジュ」になろうとする理由
築地本願寺は「開かれたお寺」を目指すプロジェクトを立ち上げた。仕掛け人は、ビジネスマンとしての顔も持つ、代表役員 宗務長の安永雄玄さん。“寺離れ”が進む現状に立ち向かうためにはどうすればいいのか。取り組みとその背景を探った。(2018/6/27)

DA PUMP「U.S.A.」のリリイベに現役モー娘。メンバーが降臨! 「ハロプロの楽曲のようなノリ」とシンパシー明かす
コラボ待ってます!(2018/6/7)

PR:世界一長い(!?)全長25mの1コマ漫画『1コマの国のアリス』 縦スクロールで読むマンガならではのギミックがスゴイ!!
スマホで縦にスクロールして読むマンガ「タテコミ」です。(2018/5/17)

おふざけ全開! 野性爆弾くっきー、予定外の“がんりきまる”で「デッドプール2」を破天荒に盛り上げる
なぜそのチョイスだったんだ。(2018/5/9)

「マジ叫んでる世界一の愛」! 手札の組み合わせでプロポーズの言葉を考えるゲームが面白そう
お酒入ってると笑いが止まらなくなるやつだ!(2018/5/8)

ツタンカーメン王の墓に隠し部屋はなし 研究者が調査
地中探知レーダーでスキャンしたところ、隠し部屋を否定する結果に。(2018/5/7)

高畑勲さんお別れの会、ジブリ美術館で15日に開催
4月5日に死去したアニメ監督・高畑勲氏の「お別れの会」が5月15日、「三鷹の森ジブリ美術館」で開催される。一般の人も献花できる。(2018/5/2)

待ってた! 「金曜ロードSHOW!」で延期になっていた「パシフィック・リム」が5月11日に放送決定
プレゼントがもらえる特別企画もスタート。(2018/4/22)

「ダンダムちゃん」、大地に立つ ファッション特化SNSで異彩を放つ段ボールロボ娘を直撃したらガチな人だった
めっちゃスタイルいいけど頭はチープな工作のロボ。いったい誰なんだろう……。(2018/4/11)

「金曜ロードSHOW!」予定を変更し「火垂るの墓」放送決定 高畑勲監督死去を受けて
4月13日放送予定だった「名探偵コナン から紅の恋歌」は翌週の4月20日放送に。(2018/4/6)

高畑勲監督が死去、「火垂るの墓」「かぐや姫の物語」など手掛ける 「やりたい事がいっぱいある人だった」と鈴木敏夫氏がコメント
82歳でした。【追記】(2018/4/6)

高畑勲氏死去 82歳 アニメ映画監督
「火垂るの墓」などを手掛けたアニメ監督の高畑勲氏が4月5日、都内の病院で死去した。82歳だった。(2018/4/6)

VUCA時代の必須ツール「シナリオ思考法」:
組織におけるシナリオプランニングの実践方法――テーマの設定方法
シナリオテーマは、シナリオプランニングのプロジェクトやワークショップの「入口」として位置付けられるもので、3つの要素を検討する必要がある。(2018/2/5)

「ママとパパのLINEが気持ち悪い」――娘がそう言うほどにラブラブな夫婦がほほえましい
う、うらやましくなんかないんだからねっ!(うらやましい)(2018/1/24)

音楽SNS「nana」からメジャーデビュー、アニメのEDに
音楽SNS「nana」からメジャーデビューした3人ユニット「クラスメート」の第1弾シングルが、テレビアニメのエンディングテーマに。(2017/12/26)

3500年前の石を磨いてみたら精巧な宝石彫刻が出てきた! 青銅器時代ギリシャの遺跡から米大学が発見
一見すると何の変哲もないような古い石が実は……。(2017/11/12)

「叫んでしまう可愛さ」「かわいいの嵐」 星野源、キツネ耳の“げんぎつね”姿でファンの心をかき乱す
げん、お前だったのか。(2017/10/27)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
北海道新幹線「札幌駅」地下案はダメ、ゼッタイ!
北海道新幹線の札幌駅プラットホームは、2012年に在来線プラットホームを転用する案で工事計画が認可された。しかし2年前の夏、JR北海道が原案をひっくり返してから大混乱に。このままでは妥協案として、かなり不便な地下駅になりそうだ。新幹線地下駅は北海道を死に導く。そこは、最善の選択ができなかった愚か者たちの棺おけも同然のハコになるだろう。(2017/10/27)

ここがヘンだよ! 日本人の働き方:
日本の働き方改革が「はっきり言ってダメ」なワケ
「日本人の働き方改革は、短期的な視点しかない」――そう厳しい指摘を飛ばすのは、モルガン・スタンレーやGoogleで人材開発に携わった経験を持つピョートル氏だ。どうすれば日本の働き方は変わるのか?(2017/10/27)

需要高まる「墓テック」:
蔵前に「ICカードで参拝」の納骨堂 最新ITで墓参り
東京都内の“墓不足”の解消策として注目を浴びている「納骨堂」。東京・蔵前の歴史ある寺がICカードで墓参できる納骨堂「蔵前陵苑」の運営を始めた。「最新の墓参り」を体験してきた。(2017/10/12)

写真のために枝をポキッ! 景勝地での度重なるマナー違反にプロカメラマン「もっと謙虚な気持ちで」
私有地で用を足すなど考えられないマナー違反が続々。(2017/10/10)

「p.tl」、いままでありがとう pixivの短縮URLを復元する「p.tlの墓」がオープン
これでリンク切れも復元できる。(2017/10/10)

「ゲームライターに腕前は必要か」議論を巻き起こした「Cuphead」 やってみたら本気で難しかった
ベテラン記者がヘタだったのか、ゲームが難しすぎたのか? 実際に遊んで確認したのですがマジきつい。(2017/10/10)

「Excelが固まった」 14万件のデータ、手作業でまとめ……神社・お寺の口コミサイト「ホトカミ」の挑戦
神社・お寺の口コミサイト「ホトカミ」が注目を浴びている。14万件以上の寺社情報をカバーし、訪れた人から生の声が集まっている。「100年残るデータベースにしたい」と運営元は意気込む。(2017/10/6)

サンタクロースのお墓、発見される?
サンタクロースのモデルになった聖ニコラウスの墓が発見されたかも。(2017/10/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。