ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「お墓」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「お墓」に関する情報が集まったページです。

PR:世界一長い(!?)全長25mの1コマ漫画『1コマの国のアリス』 縦スクロールで読むマンガならではのギミックがスゴイ!!
スマホで縦にスクロールして読むマンガ「タテコミ」です。(2018/5/17)

おふざけ全開! 野性爆弾くっきー、予定外の“がんりきまる”で「デッドプール2」を破天荒に盛り上げる
なぜそのチョイスだったんだ。(2018/5/9)

「マジ叫んでる世界一の愛」! 手札の組み合わせでプロポーズの言葉を考えるゲームが面白そう
お酒入ってると笑いが止まらなくなるやつだ!(2018/5/8)

ツタンカーメン王の墓に隠し部屋はなし 研究者が調査
地中探知レーダーでスキャンしたところ、隠し部屋を否定する結果に。(2018/5/7)

高畑勲さんお別れの会、ジブリ美術館で15日に開催
4月5日に死去したアニメ監督・高畑勲氏の「お別れの会」が5月15日、「三鷹の森ジブリ美術館」で開催される。一般の人も献花できる。(2018/5/2)

待ってた! 「金曜ロードSHOW!」で延期になっていた「パシフィック・リム」が5月11日に放送決定
プレゼントがもらえる特別企画もスタート。(2018/4/22)

世界も悼んだ 高畑勲監督の死去を海外メディアはどう報じたか
日本を代表するアニメーション監督の1人、高畑勲さんが亡くなった。日本アニメの素晴らしさを積極的に世界へ情報発信してきた大物の訃報は、海外メディアもこぞって取り上げ、踏み込んだ情報も続々と伝えた。(2018/4/17)

「ダンダムちゃん」、大地に立つ ファッション特化SNSで異彩を放つ段ボールロボ娘を直撃したらガチな人だった
めっちゃスタイルいいけど頭はチープな工作のロボ。いったい誰なんだろう……。(2018/4/11)

「金曜ロードSHOW!」予定を変更し「火垂るの墓」放送決定 高畑勲監督死去を受けて
4月13日放送予定だった「名探偵コナン から紅の恋歌」は翌週の4月20日放送に。(2018/4/6)

高畑勲監督が死去、「火垂るの墓」「かぐや姫の物語」など手掛ける 「やりたい事がいっぱいある人だった」と鈴木敏夫氏がコメント
82歳でした。【追記】(2018/4/6)

高畑勲氏死去 82歳 アニメ映画監督
「火垂るの墓」などを手掛けたアニメ監督の高畑勲氏が4月5日、都内の病院で死去した。82歳だった。(2018/4/6)

ブラックホールはどうなる? ホーキング博士、革新的理論で常識に挑んだ宇宙論の巨人
「車いすの天才科学者」と呼ばれ、76歳で死去した英理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士。難病と闘いながら革新的な理論で謎に挑み続け、宇宙論の発展に偉大な足跡を残す一方、社会にも広く影響を与えた。(2018/3/28)

箸墓古墳:
「池の水ぜんぶ抜く」人気特番ロケが中止になったワケ 舞台は“卑弥呼の墓”で反響大きく
テレビ東京の人気番組「池の水ぜんぶ抜く」の正月特番として、奈良県桜井市の箸墓古墳に隣接する箸中大池で予定されていたロケが中止された。(2018/2/8)

「池の水ぜんぶ抜く」人気特番ロケが中止になったワケ……舞台は“卑弥呼の墓”で反響大きく
人気番組「池の水ぜんぶ抜く」の正月特番として、奈良県の箸中大池で予定されていたロケが中止に。「出るのはお宝か、それとも未知なる生物か」と告知していたが、「発掘が目的との印象を与えかねない」との意見が地元から出たという。(2018/2/7)

VUCA時代の必須ツール「シナリオ思考法」:
組織におけるシナリオプランニングの実践方法――テーマの設定方法
シナリオテーマは、シナリオプランニングのプロジェクトやワークショップの「入口」として位置付けられるもので、3つの要素を検討する必要がある。(2018/2/5)

「ママとパパのLINEが気持ち悪い」――娘がそう言うほどにラブラブな夫婦がほほえましい
う、うらやましくなんかないんだからねっ!(うらやましい)(2018/1/24)

「お寺の本堂レンタル」人気 貸し出す寺院の“深刻な事情”
お寺の本堂貸します――お寺にもっと親しんでもらおうと、本堂の一般への貸し出しが始まった。貸し出す側は、深刻な事情を抱えてのサービスでもあるようだ。(2018/1/18)

音楽SNS「nana」からメジャーデビュー、アニメのEDに
音楽SNS「nana」からメジャーデビューした3人ユニット「クラスメート」の第1弾シングルが、テレビアニメのエンディングテーマに。(2017/12/26)

3500年前の石を磨いてみたら精巧な宝石彫刻が出てきた! 青銅器時代ギリシャの遺跡から米大学が発見
一見すると何の変哲もないような古い石が実は……。(2017/11/12)

「叫んでしまう可愛さ」「かわいいの嵐」 星野源、キツネ耳の“げんぎつね”姿でファンの心をかき乱す
げん、お前だったのか。(2017/10/27)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
北海道新幹線「札幌駅」地下案はダメ、ゼッタイ!
北海道新幹線の札幌駅プラットホームは、2012年に在来線プラットホームを転用する案で工事計画が認可された。しかし2年前の夏、JR北海道が原案をひっくり返してから大混乱に。このままでは妥協案として、かなり不便な地下駅になりそうだ。新幹線地下駅は北海道を死に導く。そこは、最善の選択ができなかった愚か者たちの棺おけも同然のハコになるだろう。(2017/10/27)

ここがヘンだよ! 日本人の働き方:
日本の働き方改革が「はっきり言ってダメ」なワケ
「日本人の働き方改革は、短期的な視点しかない」――そう厳しい指摘を飛ばすのは、モルガン・スタンレーやGoogleで人材開発に携わった経験を持つピョートル氏だ。どうすれば日本の働き方は変わるのか?(2017/10/27)

出版20周年「ハリー・ポッター展」が今週、大英図書館で開幕
シリーズ第1作の「賢者の石」から20年。大英図書館ならではの展示が行われる。(2017/10/20)

需要高まる「墓テック」:
蔵前に「ICカードで参拝」の納骨堂 最新ITで墓参り
東京都内の“墓不足”の解消策として注目を浴びている「納骨堂」。東京・蔵前の歴史ある寺がICカードで墓参できる納骨堂「蔵前陵苑」の運営を始めた。「最新の墓参り」を体験してきた。(2017/10/12)

写真のために枝をポキッ! 景勝地での度重なるマナー違反にプロカメラマン「もっと謙虚な気持ちで」
私有地で用を足すなど考えられないマナー違反が続々。(2017/10/10)

「p.tl」、いままでありがとう pixivの短縮URLを復元する「p.tlの墓」がオープン
これでリンク切れも復元できる。(2017/10/10)

「ゲームライターに腕前は必要か」議論を巻き起こした「Cuphead」 やってみたら本気で難しかった
ベテラン記者がヘタだったのか、ゲームが難しすぎたのか? 実際に遊んで確認したのですがマジきつい。(2017/10/10)

「Excelが固まった」 14万件のデータ、手作業でまとめ……神社・お寺の口コミサイト「ホトカミ」の挑戦
神社・お寺の口コミサイト「ホトカミ」が注目を浴びている。14万件以上の寺社情報をカバーし、訪れた人から生の声が集まっている。「100年残るデータベースにしたい」と運営元は意気込む。(2017/10/6)

サンタクロースのお墓、発見される?
サンタクロースのモデルになった聖ニコラウスの墓が発見されたかも。(2017/10/6)

製作期間6年! 「Minecraftで天空の城ラピュタ世界を再現してみた」ついに完結
動画を初めて見たとき、ドキドキしたんだ。きっと、すてきなことが始まったんだって。(2017/10/3)

本物そっくり「クローン文化財」展覧会 東京芸大が挑む「失われた刻の再生」
東京芸術大学が本物と同素材でそっくりに作った「クローン文化財」の展覧会を開催。失われたり破壊されたりした文化財を再現した。(2017/9/23)

謎多き集団「ヴァイキング」に女性戦士の存在が確認される
女性ヴァイキング戦士の伝承は事実をもとにしていたのかも?(2017/9/17)

遺品整理の仕事とは?:
“終活”展示会で「孤独死・ごみ屋敷」再現模型に出合った
“終活”ビジネスの展示会で、「孤独死・ごみ屋敷ミニチュア展示中」とポップを掲げるブースがあった。遺品整理クリーンサービスのToDo-Companyだ。ミニチュアを制作した25歳の女性社員に、制作意図や「遺品整理の仕事とは?」を聞いた。(2017/8/25)

スマホでお墓参り、GPSとARを活用して故人と会える 月額500円の「スマ墓」
良心石材は故人ゆかりのスポットを慰霊場所としてGPS登録し、遺族や関係者が訪れるとメッセージが現れる月額500円のサービス「スマ墓」を提供開始。遺骨は同社が最大15年間保管する。(2017/8/18)

「泣かされた」「いい意味で裏切られた」 先へ先へと急ぐ彼女を描いた漫画「せっかち」に感動の声
2回読むとまだ違う気持ちが湧きます。(2017/8/13)

週刊「調査のチカラ」:
「お盆玉」は定着したか? 調査で知る次世代の夏
日本の夏、調査の夏。家計や家族の状況をデータから探ってみると?(2017/8/12)

解体工事が進む:
更地になったシャープ旧本社に何を思う
大阪市阿倍野区のシャープ旧本社が更地の状態に。当初の計画では、8月31日までには解体工事が完了する予定であったが、工事は前倒しで進んでいるようだ。この光景に嘆きの声も。(2017/8/10)

「アースアイズ for 寺社仏閣」:
AIでさい銭泥棒を察知 「寺社仏閣特化」の監視カメラ
さい銭泥棒や墓へのいたずらが増える夏に向け、アースアイズが寺社仏閣に特化した監視カメラを開発。犯行の動きを学習したAIが、不審人物の自動察知や検知を行う。(2017/7/31)

RPGのマップを手描き風に作れる「Dungeon Builder」 コマの移動とダイス機能でテーブルトークのゲーム盤代わりに
床や壁、オブジェなどを選んで配置するだけで、クオータービューの2Dダンジョンを作成できます。(2017/7/17)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:私は“奇跡”をタイプした――それが本当の地獄の始まりだと誰が気付くだろう?
誰にも愛されず、誰も愛することのできなかった少年が、小説にめぐり逢い、棺桶にいれられるまで。(2017/6/13)

ポケモン漫画「むしタイプが嫌いな女の子のお話」が切ない…… 早く成長するむしタイプが「嫌い」な理由とは?
すぐ進化するポケモンが多いむしタイプについて想像しています。(2017/6/3)

FGO酒呑童子絶対引き当てたい先輩 英霊を祭る地でマシュにガチャを回してもらう
先輩、それ無茶ぶりっていうんですよ。(2017/6/3)

枚方市のペット霊園が突如閉鎖で物議 山積みの遺骨や墓標に利用者から悲痛な声「自然葬の子はどこへ……」
大阪府枚方市のペット霊園「宝塔」。現在電話も通じない状態です。(2017/4/21)

「前方後円墳パーカー」に「辞世の句ブレスレット」……教科書でおなじみの日本史グッズがヴィレヴァンに集合
原始から現代まで、多彩な日本史グッズがラインアップ。(2017/4/18)

お坊さんが墓参りを生中継してくれる「どこでもお墓参(どこでもおぼーさん)」登場 VR対応も検討中
“臨場感があるお墓参り”とは一体。(2017/3/27)

ISが掘ったトンネルからアッシリア時代の遺物を発見 イラクのモスル東部で
イスラム過激派組織に破壊された聖廟の地下で、約2700年前の遺物見つかった。(2017/3/14)

マネーの達人:
お墓の管理・代行サービスってどんなもの?
「お墓が遠くてなかなかお参りに行けない」。成人とともに地元を離れることが珍しくない昨今、お墓の管理で悩む人も少なくありません。そんな人におすすめなのが「墓石の管理代行サービス」です。(2017/2/7)

「童貞を殺すセーター」を着用した猫あらわる 童貞を殺す異種格闘技戦、ここに開幕
童貞&愛猫家のみなさん、お墓探しといてください。(2017/2/6)

PR:携帯電話がない時代のデートってどうしてた? 30年前の恋愛について両親に聞いてみた
意外と親のことって知らないものです。(2017/1/31)

「ガッチャマン クラウズ」OPなどで知られるロックバンド「WHITE ASH」が解散へ 背景にメンバーの不和?
メンバーの1人に裏切られたという旨のツイートは既に削除されています。(2016/12/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。