ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Hearst」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Hearst」に関する情報が集まったページです。

Twitter、ライブ動画でF1やMTVと提携 チャンピオンの生インタビューなど独占新番組
動画に注力するTwitterが提携先を拡大し、スポーツやエンターテインメントのライブ動画が多数スタートする。Formula 1はグランプリシリーズの各レース直後に独占生番組を配信する予定だ。(2018/5/1)

Apple、“雑誌のNetflix”サービスTextureを買収 「高品質なジャーナリズムにコミット」
Appleが、200誌以上のオンライン雑誌を購読できるサービスTextureを買収する。エディ・キュー上級副社長はSXSWで、Textureを「Apple News」(日本非公開の公式アプリ)に取り込むと語った。(2018/3/13)

Open Mobile Summit London 2012:
雑誌、AR、ネット通販、アプリ開発のプレイヤーが考える「アプリで稼ぐ方法」
スマホ人気でモバイルアプリの市場は急拡大しているが、その収益化については頭を抱える企業も多い。Open Mobile Summitに出版、AR、ネット通販、アプリ開発大手のキーパーソンが登場し、それぞれの立場から“アプリの収益化手法”を語った。(2012/6/6)

読み放題の流れがくるか:
月額10ドルで有名誌32誌が読み放題、Next Issue Mediaが近日サービス開始
米国の大手雑誌出版社が共同出資するベンチャーが、読み放題の電子雑誌サービスを近日中に開始すると報じられている。(2012/4/4)

Amazon Kindle Fireの実機レビュー
Amazonの「Kindle Fire」は、2011年で最も待望されたAndroidタブレットの1つだ。本稿ではKindle Fireの購入を迷っている方のために、ハードウェア、ソフトウェア、ユーザー体験といった観点から分かりやすい実機レビューをお届けする。(2011/11/29)

Google、Chrome強化を目的にサイト内検索技術のAptureを買収
「Apture Highlights」は、Webページ上の単語を選択すると、その場で関連情報がポップアップウィンドウで表示される技術。Webオーナー向けと主要Webブラウザ向けプラグインが提供されている。(2011/11/11)

Apple、 Newsstandを今週リリース予定
Appleは、雑誌コンテンツの販売のため、Newsstandを間もなく発表する。コンテンツプロバイダーはこの発表に興味を持つだろうか。(2011/10/4)

Amazon、雑誌購読を発表
Hearst、Conde Nast、Meredithといった出版社がAmazonのエコシステム内で雑誌を提供することで契約に応じたようだ。(2011/10/3)

頭がiPadになっちゃった女性、ニューヨークに出現
なんか変なの来ちゃった……? 「iPad頭」の女性が街を歩いています。(2011/8/3)

電子雑誌配信サービスのZinio、Androidをサポート
世界中の雑誌が読める電子雑誌配信サービスを提供するZinioがAndroid端末のサポートを発表。世界中の10万冊以上の雑誌がAndroid端末でも読めるようになった。(2011/7/20)

アシェット婦人画報社が「ハースト婦人画報社」に 買収に伴い
アシェット婦人画報社が7月1日付けで「ハースト婦人画報社」に社名変更する。(2011/6/1)

せかにゅ:
GoogleのChrome OS、2011年にずれ込みか
GoogleのCEOによると、Chrome OSは「2〜3カ月以内に登場する」という。当初の予定だった「2010年中」のリリースから遅れそうだ。(2010/11/17)

米電子書籍リーダー市場、KindleとNOOKの寡占状態へ?
今年1月に多数のメーカーが独自の電子書籍リーダーを発表したが、その多くが後退している。端末価格が下落を続けて100ドルにまで達すれば、長く戦っていけるのはAmazonのKindleとBarnes & NobleのNOOKだけかもしれない。(2010/8/5)

Brightcove、1200万ドルの資金調達を完了
3月にiPad向け動画配信技術を発表したBrightcoveに、Accel Partners、AOL、Hearstなどが出資した。(2010/4/7)

Appleイベント現地リポートまとめ(後編):
ぼくらは“未完成”の「iPad」に期待しすぎていたのだろうか
現地リポートまとめの後編では、iPadが登場した意味やそのインパクト、これからの展開について考える。iPadは出版業界の救世主になれるのか?(2010/2/1)

柔軟な電子ペーパー使った11.5インチ電子書籍リーダーが登場
米出版社Hearstの子会社が、次世代電子ペーパーディスプレイを使った厚さ6.8ミリの薄型電子書籍リーダー「Skiff Reader」を発表した。(2010/1/6)

Google対抗で:
米メディア大手5社、オンラインコンテンツストア設立で提携
Googleの“ただ乗り”に対抗するため、Wall Street Journal、Wired、New Yorker、Esquire、TIMEなどの雑誌や新聞を擁するNews Corp.やConde Nastらが、オンライン版を販売するオンラインストアを立ち上げる。(2009/12/9)

146年の歴史に幕――シアトルの大手新聞が完全オンライン化へ
買い手が見つからず、約150年の歴史を持つSeattle Post-Intelligencerが紙媒体から撤退する。(2009/3/17)

Yahoo!、広告管理システムの名称を「APT from Yahoo!」に変更
名称を一新した「APT from Yahoo!」を、まずSan Francisco ChronicleとSan Jose Mercury Newsに提供する。(2008/9/25)

MSN、食に関する総合サイト「Delish.com」をこの秋立ち上げ
Microsoftは米メディア大手Hearst Magazinesと提携し、レシピや食に関するツールを掲載する新サイトを立ち上げる。(2008/7/9)

米大手メディア4社、オンライン広告販売の新会社設立
Tribune、New York Times、Gannett、Hearstの4社が、オンライン広告の販売会社「quadrantONE」を新設する。(2008/2/16)

MSN、エコチャンネル「MSN Green」を開設
環境関連ニュースや情報のほか、日々の生活での二酸化炭素排出量の算出ツールなども利用できる。(2007/10/31)

Google Newsにビデオを追加
(2007/8/22)

メディア大手Hearst、「ソーシャルショッピング」サイトを買収
Hearstが買収するKaboodleは、オンラインショッピングとSNSを組み合わせたサイトを運営している。(2007/8/9)

Google、ローカルTVネットワークとコンテンツ契約を締結
テレビ局運営のHearst-Argyleが、GoogleおよびYouTubeと、コンテンツ供給および収益分配で契約を結んだ。(2007/6/5)

IM統合サイトのmeebo、動画共有機能を追加
複数のメッセンジャーにまとめてログインできるサイト「meebo」が、チャットしながら動画などのメディアをほかのユーザーと共有できる機能を追加した。(2007/5/16)

McGraw-Hillら、大人向けSNS「Gather.com」に1000万ドルの出資
自分の意見を発表したり、他人と活発な論議を戦わせたい大人向けSNSに、大手メディアが出資する。(2006/11/18)

AOL、インターネットTVのBrightcoveに出資
AOLを筆頭とする数社がインターネットTVの新興企業Brightcoveに総額1620万ドルを出資。AOLはBrightcoveとコンテンツ配信契約も結んだ。(2005/11/23)

Google、電力線ブロードバンド会社に出資
電力線ブロードバンドのCURRENT Communications GroupにGoogleをはじめとする3社が出資した。(2005/7/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。