ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電子書籍リーダー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
電子書籍/電子出版の今を知る、今が分かる ITmedia eBook USER
電子書籍リーダー - ITmedia eBook USER
質問!電子書籍→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電子書籍関連の質問をチェック

「Kindle Paperwhite」に新モデル 防水対応で1万3980円から
電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」の新モデルは、防水機能(IPX8等級)に対応。シリーズ史上最も薄く、最も軽い。(2018/10/17)

Kindle Paperwhiteに防水付きの新型登場 薄型軽量の新デザインで11月7日出荷開始
最深2メートルの真水に最大60分間耐えるとのこと。(2018/10/17)

「刃牙」シリーズ104冊の無料読み放題を実施中 Kindleストアなどで48時間限定
最新作『バキ道』連載開始を記念した企画となっています。(2018/10/4)

利用経験のある電子書籍サービス、買い切りは「Kindle」、定額制は「dマガジン」が1位 MMD調べ
MMD研究所は、8月30日に「2018年8月 電子書籍の利用に関する調査」の結果を発表した。電子書籍の利用経験は44.7%で 男性の半数以上は利用経験があると回答。電子書籍の購入先では、1作ずつ購入は「Kindle」、定額制の読み放題サービスは「dマガジン」がそれぞれ1位となった。(2018/8/30)

Walmart、楽天のRakuten Koboと提携で電子書籍サービス参入
Amazon.comと競合する米小売り大手のWalmartが、日本の楽天との提携により、電子書籍市場に参入した。WalmartのオンラインショップでRakuten Koboの電子書籍リーダーや電子書籍、オーディオブックを販売する「Walmart eBooks by Rakuten Kobo」を立ち上げた。(2018/8/23)

アマゾン「Kindleインディーズマンガ」累計100万ページ以上読まれる 開始から1カ月で達成
人気のインディーズ漫画作家に提供される8月度の分配金が1.5倍に。(2018/8/11)

「Kindleインディーズマンガ」開始1カ月で100万ページ以上読まれる
アマチュアの漫画家が「Kindleストア」で作品を無料公開できるサービス「Kindleインディーズマンガ」で、7月5日の開始から1カ月間に読まれたページ数が累計100万ページを超えた。(2018/8/10)

アマゾンが「Kindleインディーズマンガ」をスタート 自作の漫画をKindleストアで無料公開が可能に
1ページから公開でき、人気のある作品の作者には分配金を受け取るチャンスも。(2018/7/5)

アマチュア漫画家が作品を無料公開「Kindleインディーズマンガ」 人気作家には分配金
アマチュア漫画家が「Kindleストア」で作品を無料公開できる「Kindleインディーズマンガ」の提供をAmazon.co.jpが始めた。人気作家には、「インディーズ無料マンガ基金」から分配金を支払う。(2018/7/5)

6インチ電子書籍リーダー「Kobo Clara HD」発売 コンパクトなエントリーモデル
Rakuten Koboが、電子書籍リーダーのエントリーモデル「Kobo Clara HD」を発売。6インチのCarta E Ink HDタッチスクリーンを搭載する。(2018/6/6)

楽天Kobo、300ppiの高解像度表示が可能になった6型エントリー電子書籍リーダー「Kobo Clara HD」
Rakuten Koboは、6型E Inkタッチパネルを採用した電子書籍リーダー「Kobo Clara HD」を発表した。(2018/5/30)

Kindleストアに「自衛隊イラク日報」電子書籍版が登場 個人ユーザーが出版、データは朝日新聞から抽出……これはアリ!?
と思ったら記事を書いている最中に消えてしまった……。(2018/4/26)

漫画だけではない、Kindle“海賊出版”の実態 Amazonの審査体制に「漫画村プロと変わらない」と批判も
Kindleで広がる海賊版コンテンツについて、「きんどう」管理人のきんどうさんに聞きました。(2018/4/27)

「漫画村」のロゴ入り漫画、Amazon Kindleストアで無断販売される 集英社「至急対応する」
「漫画村」のデータを「Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング」で販売したものか。(2018/4/23)

「Alexa、本を読んで」 Kindle本読み上げ可能に
「アレクサ、本を読んで」――Amazon.co.jpは、スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズの読み上げ機能に、Kindle本を読み上げる機能を追加した。(2018/2/22)

「こんなコミック専用電子書籍端末を作ってほしい」 『SKET DANCE』篠原先生が描く“理想の端末”に同意の声集まる
大企業が協力して作ってくれないかなあ……。(2018/2/11)

「サザエさん」の新スポンサーがアマゾンなどに決定 「買い物しようと街まで出かけなくなりそう」などの声
買い物しようとKindle Fire取り出すサザエさん。(2018/1/30)

GMOから流出した個人情報、Amazon「Kindle」で電子書籍として販売 悪質な二次利用か
販売ページはすでに削除されています。【11月2日追記】(2017/11/1)

電子書籍リーダー「Kobo」にマンガ向けモデル、年内発売 ストレージを32GBに増強
電子書籍リーダー「Kobo」シリーズの最上位モデル「Kobo Aura ONE コミックEdition」が日本で2017年内に発売。ストレージ容量を32GBに強化した。(2017/10/30)

マストドンつまみ食い日記:
西田宗千佳さんとの「マストドン対談」がKindle書籍に
これも「マストドン関連書籍」の1つ。(2017/10/23)

マストドンつまみ食い日記:
日記をつけはじめて半年が過ぎました
ところでKindle版書籍がセール中です。(2017/10/15)

お風呂で漫画読むのに使いたい 「Kindle Oasis」最新モデル、シリーズ初となる防水端末に
ライブラリの漫画を、シリーズごとにまとめてくれる機能も。(2017/10/12)

お風呂で読める「Kindle Oasis」発売 7インチ画面で読みやすく
電子書籍リーダー「Kindle」の最上位機種「Kindle Oasis」新モデルは、シリーズ初の防水機能を搭載。従来より本体サイズを一回り大きくし、7インチディスプレイを備える。(2017/10/11)

マストドンつまみ食い日記:
インスタンスを立てるための解説書決定版「Mastodon入門ガイド」、Kindle版が518円で販売中
Kindle版なら紙書籍の3分の1以下で購入できる。(2017/8/10)

「ブラよろ」Kindle版、「ブラックジャックによろちんこ」に改名 その理由は
漫画「ブラックジャックによろしく」のKindle版が、「ブラックジャックによろちんこ」に改名されている。漫画家の佐藤秀峰さんが自ら改名した。その理由は――。【更新】(2017/7/29)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンの入門書「Mastodonスタートアップガイド」発売 SBクリエイティブから
今度はエンドユーザー向けマニュアル本が登場した。Kindle、hontoなどで既に入手できる。(2017/7/28)

「サイバー攻撃って何?」――政府の“かわいい”ハンドブック、Amazonなどで無料公開
サイバーセキュリティの基礎知識を学べるという「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」を、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)がKindleストアなどで無料公開。(2017/7/13)

マストドンつまみ食い日記:
「マストドンつまみ食い日記」が本になりました
日本におけるマストドンの最初の8週間を詰め込んだ書籍が、Kindleで買えます。12日には紙で出ます。(2017/7/5)

Kobo、防水対応の電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O Edition 2」
Rakuten Koboは、防水機能を標準搭載した6.8型電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O Edition 2」の販売を開始した。(2017/5/23)

漫画家・佐藤秀峰さん、Amazonを提訴 Kindle読み放題の配信停止問題で
佐藤さんは「作家、出版社が大きな損害を被ったことはもちろんだが、最も大きな損害を与えられたのは読者だ」と指摘している。(2017/5/22)

どういうことなの……? 米KFCが「カーネルおじさん」のラブロマンス小説をKindleで無料配信中
フライドチキンを持った女性がヒロイン?(2017/5/6)

「Newton」Kindle版ほぼすべてが150円に値下げ 厳しい経営状況のなか届いた応援メッセージに感謝
前社長の逮捕、民事再生手続の申し立てと苦しい出来事が続いていました。(2017/2/23)

“Kindle読み放題”で950万円稼いだ同人サークル、読み放題から撤退 作品いきなり削除に「不安」
「Kindle Unlimited」でアダルト漫画を販売してきた同人サークルが、同サービスから撤退すると発表した。突然、一部の作品が削除され、問い合わせても納得のいく説明がないことなどに不信感を募らせたという。(2017/2/14)

Kindleに「マンガモデル」登場 32GBの大容量ストレージで「こち亀」も「あさりちゃん」も全巻持ち歩けるぞ
ページ送りも33%高速化され、快適に読めます。(2016/10/18)

Kindle Paperwhite「マンガモデル」登場 ページめくり高速化、32GBストレージ搭載(動画あり)
“漫画好き”向けの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」が登場。32GBストレージを搭載し、漫画約700冊を保存できるという。(2016/10/18)

「5カ月分の予算が最初の1週間で消えた」―― 出版社社員が明かす「Kindle Unlimited」大混乱の理由
現役出版社社員がニコニコ生放送に出演し、裏側を語りました。(2016/10/6)

Amazon、アメリカでプライム会員向けにKindle書籍読み放題サービス 1000冊以上が対象
アメリカのプライム会員向けに「Prime Reading」をスタートしました。(2016/10/6)

Amazon.com、プライム会員向けに“1000冊以上読み放題”の「Prime Reading」開始
Amazon.comが、米国のプライム会員向け新サービス「Prime Reading」の提供を開始した。1000冊以上の電子版書籍、コミック、雑誌が読み放題。100万冊以上を読める別サービス「Kindle Unlimited」より規模は小さいが、ラインアップにはベストセラーや人気雑誌も並ぶ。(2016/10/6)

「無断で“読み放題”から削除された」 講談社、Amazonに抗議 「大変困惑し、憤っている」
「Kindle Unlimited」で、講談社の書籍や雑誌の全作品の配信が無断で停止されたとし、講談社がAmazonに抗議。「大変困惑し、憤っている」としている。(2016/10/3)

講談社、Amazonへ強く抗議 「Kindle Unlimited」から説明なく全作品消され「憤っております」
電子書籍の定額読み放題サービスから何も連絡なく、配信作品を一方的に削除されてしまったそうです。(2016/10/3)

“Amazon読み放題”で個人作家はこれだけ稼いだ 1カ月の収益、鈴木みそさんが公開
月141万円稼いだ――漫画家の鈴木みそさんがブログで「Kindle Unlimited」の収益を公開した。あるアダルト同人漫画サークルは「282万円稼いだ」と報告している。(2016/9/20)

自動課金に注意:
「Kindle Unlimited」開始から1カ月、解約方法は?
無料期間は登録から30日間です。(2016/9/2)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
「キンドル読み放題」は書店を街から消すのか
このところ、出版業界に大きな動きが相次いでいる――。アマゾンジャパンが電子書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited」(キンドルアンリミテッド)をスタートさせた。書籍の市場は手にとって1冊ずつ購入するという形から、電子書籍の定額読み放題に一気に流れてしまうのだろうか。(2016/8/31)

Kindle寄贈:
Amazon、“誰もが読書できる世界”を目指す「Kindle Reading Fund」立ち上げ
Amazon.comが、世界中の人々に電子書籍を届けるためのプログラム「Kindle Reading Fund」を立ち上げた。必要とするコミュニティーに無償でKindleシリーズやFireタブレットおよび電子書籍を提供する。(2016/8/25)

コミックリュウ、「Kindle Unlimited」における配信作品を見直しへ 「先方より条件面での変更通達が」
「モンスター娘のいる日常」や「ヒトミ先生の保健室」などを、電子書籍の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」に最新巻まで配信していました。(2016/8/24)

7.8インチ電子書籍リーダー「Kobo Aura ONE」9月に国内発売 防水機能を採用
7.8インチのE-Inkスクリーンを備える電子書籍リーダー「Kobo Aura ONE」が、日本国内で9月6日に発売される。明るさの自動調節機能やIPX8等級の防水機能を備える。(2016/8/18)

防水、ブルーライト調節機能付きの「Kobo Aura ONE」が登場
Rakuten Koboは8月18日、7.8型の電子書籍リーダー「Kobo Aura ONE」を発表した。9月6日から販売を開始し、価格は2万2800円(税別)となる。(2016/8/18)

20世紀の少年ジャンプ連載マンガ186冊をKindle Unlimitedで読む
1970年から1997年まで、27年にわたる週刊少年ジャンプの歴史をKindle Unlimitedで振り返ってみよう。(2016/8/12)

Kindle Unlimitedは出版側にとって神か悪魔か
Kindle Unlimitedは利用者にとっては便利なサービスですが、出版側にとっては必ずしもそうではないようです。(2016/8/6)

「本(わんわん)」が2万円 Kindle Unlimitedに超高額な“謎本”多数 「うっかり購入」に注意
「Kindle Unlimited」に、2万円の高値がついた書籍が多数登録されている。2万円に設定された理由はさまざまありそうだが、うっかり有料版を購入してしまわないよう注意が必要だ。(2016/8/5)

「読み放題」のつもりが、「1クリックで今すぐ買」ってしまった……Kindle Unlimitedの“罠”に注意
「読み放題のつもりが、本の代金を請求された」――「Kindle Unlimited」のユーザーから、こんな報告が寄せられている。まぎらわしいUIが原因だ。(2016/8/5)

だって「ムー」読み放題だよ!? ぼくはこれで「Kindle Unlimited」に登録しました
「月額980円」「雑誌のバックナンバー」がキモではないかと。(2016/8/4)

iPhone版使ったらKindle Unlimitedが「てのひら図書館」になった
Kindle Unlimitedレビュー第2弾。iPhoneで使ってみたら、これまでのKindleアプリとはまったく違っていた。(2016/8/4)

Kindle Unlimited、試してわかった「流行る理由」
Amazonが送り込んできた新たな黒船、定額読み放題サービスをさっそく使ってみた。「これは流行る!」と確信した。その理由は……。(2016/8/3)

自動課金に注意! Kindle Unlimitedの解約方法
Kindle Unlimitedは、無料期間内にキャンセルの設定をしないと自動的に課金されます。(2016/8/3)

Amazon、月額980円で電子書籍読み放題の「Kindle Unlimited」日本でスタート
米国で提供していたKindle Unlimitedを日本でも。(2016/8/3)

Kindle Unlimited、国内サービス開始 月額980円で読み放題
Amazon.co.jpでも、和書12万冊以上、洋書120万冊以上が定額で読み放題になるサービス「Kindle Unlimited」がスタート。月額980円でKindleアプリやKindle端末、Fireタブレットなどから利用できる。(2016/8/3)

月額980円で読み放題 日本版「Kindle Unlimited」提供スタート 
Amazon.co.jpが、電子書籍の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」を日本国内で提供スタート。月額980円(税込)で小説や雑誌、コミックなどが読み放題になる。(2016/8/3)

月980円で読み放題? Amazon、日本版「Kindle Unlimited」を近く開始か
Amazon.co.jpが読み放題サービス「Kindle Unlimited」を8月にも開始するとのうわさ。(2016/6/27)

Kindle(Newモデル)、30グラム軽く1.1ミリ薄くなって、お値段据え置き(8980円)
Amazon.comが、電子書籍リーダー「Kindle」シリーズのエントリーモデルをリニューアルした。従来モデルよりやや小型・軽量になり、デザインも丸みを帯びて持ちやすくなる。価格は据え置きの8980円(税込み)で、7月20日の発売だ(予約受付中)。(2016/6/23)

Amazon、Kindleストアで初の「女性向けコミックストア」をオープン ポイントは“見つけやすさ”と“お得”
Amazonは6月17日、Kindleストアで初の「女性向けコミックストア」をオープンした。“見つけやすさ・お得・限定コンテンツ”で女性ユーザーにアピールする。(2016/6/20)

E Ink、“フルカラー”電子ペーパー技術「ACeP」発表 まずはデジタル広告から
Amazon.comのKindleやデジタルサイネージで採用されている電子ペーパーを手掛けるE Inkが、フルカラーを実現する電子ペーパー技術「Advanced Color ePaper(ACeP)」を発表した。カラーフィルターを使わずモノクロと同じ電気泳動方式で実現する。(2016/5/25)

ふぉーんなハナシ:
災害に備えてDLしておきたい1冊 KindleとiBooksで無料配信中の「東京防災」
東京都が作った300ページオーバーの防災ブック「東京防災」が、KindleとiBooksで無料配信中です。(2016/4/15)

シリーズ最薄最軽量の「Kindle Oasis」発売 バッテリー内蔵カバーで数カ月動作
Kindle史上で最薄最軽量ボディーを採用した最上位モデル「Kindle Oasis」発表。予約受付を開始し、4月27日に発売する。価格は3万5980円(税込)から。(2016/4/14)

充電不要で”数カ月”使用可能 「Kindle Oasis」4月27日発売、価格は3万5980円から
広告なし・無料3G付きモデルでは4万3190円。(2016/4/14)

Kindle史上最薄・最軽量「Kindle Oasis」は何がすごい? 従来機種との違いをチェック
「Kindle」の最上位モデル「Kindle Oasis」は、従来機種「Paperwhite」「Voyage」とどう違うのか。サイズや機能を比較してみよう。(2016/4/13)

Amazon、小型「Kindle Oasis」登場 重さ131グラム、極薄3.4ミリ
米Amazon.comが、Kindleの最上位モデル「Kindle Oasis」を発表。小型化・軽量化に加え、従来機種のデザインを一新し、片手持ちしやすいボディとなった(2016/4/13)

Amazonの新端末「Kindle Oasis」はわずか131グラムで片手持ちしやすい耳付き?
Amazonが今週発表する予定のハイエンドKindleの名称は「Kindle Oasis」で、片手持ちしやすい“耳”付きであることなどが、中国オンラインショッピングモールTmallで一時的に公開された製品ページから明らかになった。(2016/4/12)

Kindle端末のハイエンドモデル、来週発表か(ベゾスCEOがツイート)
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが、来週新しいKindleを発表すると自身のTwitterアカウントでツイートした。ハイエンドモデルになるという。(2016/4/5)

2015年のKindle売上ランキング 出版社別でKADOKAWAが2連覇、文藝春秋はトップ5入りと躍進
今年もKADOKAWAのセールに期待。(2016/2/4)

Amazonのパーソナルアシスタント「Alexa」にKindle本朗読機能
Amazonが米国で販売する多機能Wi-Fiスピーカー「Echo」搭載のパーソナルアシスタント「Alexa」に「Kindle本を読んで」と呼び掛けると、他の端末で読みかけの電子書籍を続きから朗読してくれるようになった。(2016/1/18)

逃しちゃダメだ Amazonが「エヴァ」Kindle版を1巻50円でセール中 全巻買っても700円の破格!
同じく50円セールしているGoogle Play Booksに合わせたキャンペーン?(2015/11/20)

Amazonが国立国会図書館所蔵作品のKindle版を無料配信中 小説や浮世絵など5000点以上
10月29日まで。(2015/10/28)

Amazon.co.jp、小説や浮世絵など国会図書館のパブリックドメイン古書をKindleで無料配信 29日まで
Amazon.co.jpは「Kindleアーカイブ」で、国会図書館のパブリックドメインを無料配信する。期間は10月29日まで。(2015/10/27)

電子書籍端末「honto pocket」が2015年度グッドデザイン賞を受賞
電子書籍コンテンツを収録し、購入後すぐに読める読書専用端末「honto pocket」が受賞した。(2015/9/30)

電子書籍端末ショーケース:
Kobo Glo HD――楽天
古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。今回は、Koboの300ppi端末「Kobo Glo HD」を紹介。(2015/9/29)

「an・an」Kindle版が販売停止に Amazonは全額返金 佐々木希さんのグラビアなどカット
Amazonは「紙版とKindle版の内容が一部異なる点について説明が不十分だった」として返金対応。(2015/9/16)

Kindle無料マンガ雑誌に『モバMANコミック』『マンガ・エロティクス・エフ』が登場、計20誌に拡大
小学館のコミックサイト「モバMAN」の人気作品や、過去の『マンガ・エロティクス・エフ』連載作品などを閲覧できる。(2015/9/16)

Amazon、Kindle Fireなどの端末事業を縮小か?
Amazonがハードウェア部門のエンジニアを大量に解雇しているという。WSJが伝えている。(2015/8/27)

又吉直樹『火花』電子版が10万ダウンロード突破 文藝春秋では初
Kindleストア、Reader Store、iBooks Store、楽天Kobo電子書籍ストアではそれぞれ1万ダウンロードを突破したという。(2015/8/20)

小中学生の自由研究に役立つ電子書籍10タイトルを半額で販売
Kindleストアなど5つの電子書店で。(2015/8/12)

電子書籍リーダー端末に搭載されているフロントライト技術の変遷
現在市場で販売されている電子書籍リーダー端末の大半に搭載されている「フロントライト」。あまり語られることのないこの技術がどのように変化してきたか、時系列で調べてみた。(2015/7/30)

乃木坂46初主演ドラマ「初森ベマーズ」の電子版写真集 楽天Koboで先行予約販売開始
ドラマの概要やメンバーのオフショットなど百数十点を収録。メインキャスト12人のサインが入った電子書籍リーダー「Kobo Glo HD」のプレゼントキャンペーンも実施している。(2015/7/25)

Kobo史上最高の解像度 300ppiの「Kobo Glo HD」をほかのモデルと比較してみた
楽天Koboの最新電子書籍リーダー端末「Kobo Glo HD」。300ppiの画面解像度を持つこの端末を「Kobo Aura」「Kobo Aura H2O」と比較してみた。(2015/7/23)

楽天Koboの電子書籍リーダー最新モデル「Kobo Glo HD」の国内販売がスタート、価格は1万2800円
Koboの電子書籍リーダーでは最も高い300ppiの画面解像度を持つモデル。2000円分のクーポンをプレゼントするキャンペーンも。(2015/7/23)

Kindle無料マンガ雑誌に『花とゆめ・Lala』『コミックゼノン』など4誌が追加
『花とゆめ・Lala』『コミックゼノン』『ゴーゴーバンチ』『主任がゆく!スペシャル』の4誌。ラインアップは計18誌となった。(2015/7/22)

300ppiのPaperWhiteはVoyageよりも買い? 「Kindle Paperwhite 2015」比較レビュー
6月30日に発売されたKindle Paperwhiteの最新モデルを、2013年モデル、上位モデルのKindle Voyageと比較してみた。(2015/7/17)

Amazon障害発生で一部注文履歴が表示不可に 一部復旧開始
Kindle、インスタント・ビデオは履歴表示可。(2015/6/22)

「iBooks」か「Kindle」か、それとも……
iPad/iPhone用電子書籍アプリの一押しは? 定番アプリ4種を徹底比較
米Appleの「iPad」「iPhone」で利用できる電子書籍リーダーアプリが充実している。標準搭載の「iBooks」と、サードパーティー製アプリ3種の計4種を徹底比較する。(2015/6/21)

Kindle Paperwhiteに300ppiの新モデル、1万4280円から
「Kindle Voyage」と同じ300ppiのディスプレイを搭載。プライム会員なら4000円引きとなる。(2015/6/18)

米Amazon、「Kindle Unlimited」の報酬算定方法を大幅変更へ
作家への報酬支払いの算出を作品ダウンロード単位でなく閲覧ページ数単位に。(2015/6/16)

Kindle「まとめ買い」が7000タイトル超に拡充
4万8000冊以上がまとめ買いの対象となった。(2015/6/16)

米Amazon、親子向けKindleセット「Kindle for Kids Bundle」99米ドルで発売
広告なしの無印Kindle(99米ドル)に、専用の防水カバーと2年間の延長保証が無料でバンドルされている。(2015/5/29)

Kindle無料マンガ雑誌に『月刊ウィングス』など5誌が追加
ラインアップは計14誌となった。(2015/5/27)

Kindleストアで『無邪気の楽園』配信停止 ガイドライン抵触が原因か
再ダウンロードは可能とのこと。(2015/5/27)

Amazon、短編を出版できる「Kindle Singles」を日本でスタート
400字詰め原稿用紙で30〜150ページ程度の作品を対象に99〜399円で販売する「Kindle Singles」が日本で始まった。(2015/4/28)

ルポや短編小説など、短編専門の販売コーナー「Kindle Singles」がオープン
30ページ〜150ページほどのものが中心で、価格も1冊99円〜399円と手ごろなのが特徴。(2015/4/28)

電子書店完全ガイド:
Amazon「Kindleストア」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第2回目はAmazonの「Kindleストア」を紹介する。(2015/4/28)

世界9カ国で翻訳出版されている青春SFラブストーリー『orange』が実写映画化
12月に全国東宝系で上映。Amazon Kindleストアでは、作者・高野苺さんのメッセージ入り『orange スターターブック』が期間限定で無料配信中。(2015/4/25)

Kobo Aura H2OとKobo Glo HDの核心的な違いとは
防水機能を備えた楽天Koboの電子書籍リーダー端末「Kobo Aura H2O」と、日本では今夏発売予定の「Kobo Glo HD」。両製品を並べて比較してみた。(2015/4/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。