ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「高速道路」最新記事一覧

こっちもまじスゲェェ! 超精密「JR路線図ふう高速道路マップ」まだあった 関西・中京版も!
「ちょっと待って、こちらが先!!」 いや、どちらもすげぇっす。(2018/4/21)

中京、関西、九州でも:
定額で高速乗り降り自由 ETC二輪車「ツーリングプラン」今年も
ETCを搭載する二輪車限定で、高速道路を定額で自由に乗り降りできる「ツーリングプラン」が4月27日から販売される。(2018/4/16)

高速道路マップを「JR路線図ふう」にするとどうなるか 「この発想はなかった」「驚くほど見やすい!!」みんな目からウロコ
パッと見て全体像が分かるー。(2018/4/11)

製造ITニュース:
IoTデータを分析・可視化、高速道路の渋滞対策やバスの運行管理を支援
日立製作所は、高速道路を運営する道路事業者やバスを運行管理する交通業者などに向けて、IoTデータを分析して可視化する「交通データ利活用サービス」を2018年4月2日から提供を開始した。(2018/4/3)

Tesla Model Xでの死亡事故、オートパイロット中だったことが判明
Teslaが、23日にマウンテンビュー近郊の高速道路で起きたModel Xでの死亡事故は、「オートパイロット」中だったと報告した。(2018/4/2)

立体構造、駐車場は3階に:
京葉道路に新PA「京葉市川PA」4月24日オープン
東日本高速道路(NEXCO東日本)は、京葉道路下りに「京葉市川パーキングエリア(PA)」(千葉県市川市)を4月24日午前0時にオープンする。(2018/3/30)

記者が効果検証:
新名神開通で宝塚トンネルの渋滞解消なるか
新名神高速道路の川西IC−神戸JCT間が開通し、大阪と兵庫を結ぶダブルネットワークが完成した。(2018/3/26)

森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』がアニメ映画化 声優に北香那と蒼井優、制作はスタジオコロリド
監督は、映画「台風のノルダ」でキャラクターデザインと作画監督を務めた石田祐康さん。(2018/3/1)

高速道路をかっ飛ばすギンギラギン 日本で「トゥクトゥク」に乗りたい! 欲しくなったので調べてみた
ヤダ……高速道路を走るトゥクトゥクって、なんてエキゾチックでカッコイイの……。(2018/2/27)

JR東、省エネ型散水消雪設備制御システム 温水の熱源機出力を任意調整
鉄道事業者や高速道路会社が降雪対策でも環境負荷低減に向けた取り組みを強めている。(2018/1/29)

大雪:
首都高トンネルで立ち往生、駅に長蛇の列 交通機関の脆弱さ露呈
大雪に見舞われた首都圏。雪が降るたびに大混乱する交通網の脆弱さが改めて浮き彫りになった。(2018/1/24)

トラックの隊列走行、高速道路で実験 2022年に“無人”で商業化へ
新東名高速道路で、トラックを隊列走行させる実証実験が始まる。まず有人トラックでスタートし、将来は無人化する考え。(2018/1/12)

日本人気質?:
長距離バスが高速道路逆走 ベテラン運転手がなぜ?
高速バスが昨年12月、降りる予定のインターチェンジを通過し、ミスに気づいた男性運転手がバスを約560メートル逆走させてICに入り直していたことが判明した。(2018/1/12)

自動運転技術:
日産とモービルアイ、ゼンリンがレベル3の自動運転向け地図を共同開発
日産自動車とMobileye、ゼンリンは2018年中に日本全国の高速道路を対象に自動運転用の高精度地図を作製する。(2018/1/11)

高速道路をドローンで監視 路面凍結対策で ウェザーニューズ
赤外線カメラを搭載したドローンで路面温度の変化を監視(2017/12/27)

「ネット中立性」規則廃止決定を受けた主要ISPの声明まとめ
米FCCが「ネットの中立性」規定廃止を決定したことを受け、合法的に“有料高速道路”サービスを実施できるようになるISP各社が声明を発表した。(2017/12/18)

東京湾アクアラインでAIを活用した渋滞予測――NEXCO東日本とNTTドコモが実証実験
東日本高速道路(NEXCO東日本)とNTTドコモは、AIによる渋滞予測の実証実験を行う。東京湾アクアラインの渋滞予測を、Webサイトやアプリで配信し、渋滞の緩和効果などを検証する。(2017/12/1)

クルマで帰省する人必見、年末年始の高速道路「大渋滞」予測 いつ、どこが、どれだけ混むの?
正しい「渋滞の避け方」は?(2017/11/30)

安全システム:
高速道路と同じITSインフラを常設したテストコース、逆走対策やV2Xの開発強化
OKIは埼玉県本庄市にある情報通信本庄工場の敷地内にITSテストコースを開設した。投資額は3億円で、実際の高速道路と同じITS関連のインフラをそろえた。新設したテストコースを活用し、車両や歩行者の検知、逆走防止といった運転支援技術や、位置情報を活用した新サービスの検証を行う。(2017/11/23)

声優・鶴ひろみさん死去 ドキンちゃん後任は「決まり次第お知らせ」
16日夜、首都高速道路上で意識不明の状態で発見されていました。(2017/11/17)

車載半導体:
トヨタが2020年に実用化する高速道路自動運転、ルネサスのマイコンとSoCを採用
ルネサス エレクトロニクスは、トヨタ自動車が2020年の実用化を目指す高速道路向け自動運転システムに、車載コンピューティングプラットフォームのSoC(System on Chip)「R-Car H3」と車両制御用マイコン「RH850」が採用されると発表した。デンソーが開発するECU向けに供給する。(2017/11/1)

準天頂衛星で高精度に位置把握:
9つの機器が自動運転事故防ぐ 三菱電機「xAUTO」
三菱電機は「東京モーターショー2017」に、自動運転の実用化に向けて開発したコンセプトカー「xAUTO」を出展した。カメラやレーダーなど9種類のセンシング機器を搭載し、高速道路での実証実験も行っている。(2017/10/28)

「首都高道路情報シミュレーター」の完成度と再現性がすごい
ホンモノを見に出かけたくもなりますね。(2017/10/16)

自動運転の実用化目指す:
三菱電機、CLAS信号を利用し高速道路で初の実験
三菱電機は、準天頂衛星システムからのセンチメートル級測位補強サービス(CLAS:Centimeter Level Augmentation Service)信号を用い、高速道路上で自動運転の実証実験を2017年9月19日より始めた。(2017/10/2)

英政府、トラック隊列走行(プラトーニング)の公道テストを2018年開始へ
英政府が、2018年末までに高速道路でのトラック隊列走行(プラトーニング)のテストを開始すると発表した。先頭車両だけを人間が運転し、複数の自動運転車両が追従するプラトーニングは人員削減および省エネルギー対策として注目を集めている。(2017/8/28)

コンクリートのひび割れ、AIが80%精度で検出 高速道路など点検効率化
高速道路や橋などのコンクリートのひび割れを、AI技術を使って検出するシステムを、NEDOが開発。点検作業の効率化を目指す。(2017/8/4)

高速道路での逆走対策にサーマルカメラ活用
死亡事故が多発している高速道路の逆走。対策のために米アリゾナ州が採用したのはサーマルカメラだった。(2017/8/1)

9月1日「防災の日」に東京都内で防災訓練実施 高速道路や幹線道路で交通規制
10分間から30分間実施。(2017/7/29)

日本橋周辺の首都高、地下化 国や都と連携し景観改善へ
ほかにも沿道環境の改善など、さまざまな効果が期待されます。(2017/7/21)

「ヤバいのがいた」 高速道路で運搬される巨大クワガタ像の迫り来る迫力
これはびっくりしてしまう。(2017/7/13)

自動運転技術:
ドライバーの周辺監視なしの自動運転、アウディ新型「A8」で2018年以降に導入
Audi(アウディ)は、フラグシップセダン「A8」の新モデルを世界初公開した。高速道路を時速60km以下で走行中にアクセルやブレーキ、ステアリングを自動で制御し、ドライバーの周辺監視なしでも走行できる。各国でのテストや承認手続きを経て、2018年以降に段階的に導入するとしている。(2017/7/12)

新燃費方式、「市街地」「郊外」「高速道路」も表示義務付け
乗用車の燃費計測方式「WLTCモード」の表示義務付けに伴い、「市街地」「郊外」「高速道路」という走行環境ごとの燃費表示も義務化される。(2017/7/4)

自動運転技術:
アイサイトが高速道路の単一車線での自動運転に対応、作動範囲は時速0〜120km
SUBARU(スバル)は時速0〜120kmの範囲で加減速とステアリングを自動制御する機能を運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」に追加した。2017年夏に発売する「レヴォーグ」「WRX S4」に標準装備とする。(2017/6/20)

SUBARU「アイサイト」が進化 自動運転レベル2相当に 今夏の新車から標準搭載
安全運転支援システム「アイサイト」の高速道路向け前車追従機能を強化。後退時の自動ブレーキも新たに搭載する。(2017/6/19)

自動運転技術:
2018年度までに高精度3次元地図を整備、日本の高速道路全線で
高精度3次元地図の企画会社であるダイナミックマップ基盤企画は、第三者割当増資を実施して事業体制を強化する。事業会社として再スタートを切り、日本国内の高精度3次元地図の整備を急ぐ。(2017/6/14)

エコカー技術:
マツダ「CX-3」が国際基準で燃費測定、市街地は12.2km/lだが高速道路は18.0km/l
マツダが国際基準「WLTP(World Harmonized Light Duty Test Procedure)」に基づいて測定した燃費値を発表した。(2017/6/5)

BIM/CAD:
大成建設、シールド工事向けCIMシステムを構築 施工管理情報の統合と見える化
大成建設は、シールド工事における施工管理情報・記録を統合し、見える化したCIMシステム「T-CIM/Shield」を発表した。新規受注工事に対して積極的に導入を図り、第1弾として、首都高速道路発注の高速横浜環状北西線シールドトンネル工事に導入するという。(2017/4/5)

ドローン:
空に安全な道を作れ、東電とゼンリンが目指す「ドローンハイウェイ構想」とは
東京電力ホールディングスとゼンリンは新たに、ドローンが安全に飛行できる“空の道”を作る「ドローンハイウェイ構想」を提唱し、実現に向けた業務提携を行うことを発表した。東電の電力インフラ網をドローンの飛行路とする構想だ。(2017/3/30)

逆からしか見えない表示など:
高速道路の逆走対策、公募から28件選定 実用化へ
高速道路の逆走を防ぐ技術を公募した結果、28件を選定。18年度以降の実用化を目指す。(2017/3/23)

PR:首都高は実は最強の観光スポット! 意外な魅力あふれる「首都高PAツアー」へ繰り出した
単なる移動手段にするにはもったいない。(2017/3/13)

情報化施工:
道路の老朽化を素早く判断、パナソニックが非破壊手法を実用へ
パナソニックは高速道路の鋼橋などインフラの老朽化を、赤外線カメラで診断できる技術を開発中だ。このほど阪神高速道路とこの技術を活用して鋼橋の寿命診断を行う研究契約を締結した。インフラの老朽化が進むで高まっている検査手法の効率化ニーズに向け、早期の実用化を目指す考え。(2017/3/1)

KDDIが実施:
5G実証実験で、28GHz帯のハンドオーバーに成功
5G(第5世代移動通信)の実証実験において、KDDIが28GHz帯を使ったハンドオーバーに成功した。端末を搭載した自動車で市街地や高速道路を走行し、複数の基地局間でシームレスに切り替えられたという。KDDIは、セコムと共同で5G実証実験を進めることも発表した。(2017/2/24)

高速道路の監視カメラに鳥さんがログイン 3羽で織りなす4コマ漫画的展開が人気に
チョウゲンボウの悲喜こもごも。(2017/2/10)

高速道路を“一時退出”できる「賢い料金」試験導入 「道の駅」立ち寄り無料に
高速道路から降りて道の駅に立ち寄っても、追加料金を徴収しないサービス「賢い料金」を国交省が試験導入へ。(2017/2/7)

高速SAの公衆Wi-Fi刷新 NEXCO3社のアカウント共通化、利用制限撤廃
高速道路のサービスエリアの公衆無線LANサービスが3月1日から順次刷新。3社のアカウントを共通化するほか、利用制限を撤廃する。(2017/1/20)

自動運転技術:
BMW「5シリーズ」も高速道路で自動運転、自動車線変更は日本導入せず
ビー・エム・ダブリューは、7年ぶりのフルモデルチェンジとなるセダン「5シリーズ」の新モデルを発表した。既に発売している「7シリーズ」と同様の高速道路の単一車線での自動運転「ステアリング&レーンコントロールアシスト」を採用、全グレードで標準装備とする。(2017/1/13)

MONOist 2017年展望:
レベル3の自動運転は2017年から実用化スタート、止まらずに曲がる衝突回避も
2016年は“半自動運転”元年。Tesla MotorsやMercedes-Benz、日産自動車から、高速道路の1つの車線であれば自動で走行できるモデルが発表された。車線変更までシステムが判断して行えれば、自動運転は次の段階に進む。その「レベル3の自動運転」は2017年にも実用化が始まる。(2017/1/12)

「首都高バトル」最新作はスマホゲーム 1月下旬に公開
レースゲーム「首都高バトル」がスマホ向けゲームに。「首都高バトルXTREME」と題して1月下旬に公開する。(2017/1/6)

「首都高バトル」開発元サイトで謎のカウントダウン 11年ぶりの新作発売フラグ!?
Twitterで2015年以来、公式とファンとでかわされてきた新作待望論が実を結ぶのか?(2016/12/27)

2日に1回発生する逆走事故に歯止めを――NEXCO、高速道路の逆走対策技術を公募
後を絶たない高速道路の逆走事故を防止するアイデアを公募する。(2016/11/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。