ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IDE」最新記事一覧

Integrated Drive Electronics

.NET TIPS:
Visual Studio:メニューなどの表示言語を切り替えるには?
Visual StudioのIDEで使われる表示言語を、日本語以外から日本語に(あるいはその逆に)切り替える方法を解説する。(2015/2/17)

上級者向け:
IDE接続のHDDが故障した時に――「44pin IDE 変換アダプタ」
上海問屋が、各種SSD/HDDを44ピンIDE接続に変換するアダプタを発売した。価格は1299〜1999円。(2014/11/20)

ノバック、IDE HDDも使えるUSB 3.0外付けHDDアダプタ
ノバックは、IDE/SATA−USB 3.0接続に対応するベアドライブ接続用変換アダプタ「NV-TW131U3」を発売する。(2014/5/16)

システムトークス、2.5インチSATA HDDをIDE HDDとして使える変換アダプタ
システムトークスは、2.5インチSATA HDDを3.5インチIDE HDD化できる変換アダプタを発表。同社従来製品より耐久性を向上させた。(2013/12/5)

グリーンハウス、IDEモデル/mSATAモデルなどSSD製品6シリーズを発売
グリーンハウスは、mSATA接続対応SSD「GH-SSD3MA」「GH-SSD2MA」シリーズなど内蔵型SSD計6シリーズの販売を開始する。(2013/11/18)

USB 3.0対応:
うぉぉ! PC壊れた! そんなときに――「SATA/IDE HDD-USB変換アダプター」
上海問屋が、ベアHDD用USB変換アダプターを発売した。価格は2999円。(2013/11/7)

IDE/SATA両対応:
ベアHDDを外付け化する「裸族の頭」 センチュリーから
センチュリーがベアHDDを外付け化するアダプタ「裸族の頭」を発売。SATA接続とIDE接続どちらもサポートする。(2013/6/17)

システムトークス、SATAドライブをIDEに変換できる「スゴイアダプタSATA」をマイナーチェンジ
システムトークスは、同社製のSATAーIDE変換コネクタ「スゴイアダプタSATA」の新版を発売する。(2013/5/15)

古いHDDころがってませんか?:
エアリア、PCI Express接続のIDE増設カード
ちょっと昔のHDDや光学ドライブを再利用したい。そんな人向けのデスクトップPC向けIDE増設カードが発売される。(2013/4/11)

ノバック、IDE HDDも使えるUSB 3.0外付けHDDケース
ノバックは、USB 3.0接続対応の外付けHDDケース「NV-HW352U3」を発表。3.5インチIDE/SATA HDDに両対応した。(2012/11/22)

USB 3.0対応:
古いHDDを有効活用しましょう――「SATA/IDE-USB変換アダプタ」
上海問屋で、ベアHDDをUSB 3.0接続対応の外付けHDDにできる変換アダプタが発売された。価格は3999円。(2012/7/18)

アイ・オー、IDE変換アダプタ付きの内蔵型3.5インチSATA HDD
アイ・オー・データ機器は、SATAーIDE変換アダプタを付属した内蔵型3.5インチHDD「HDI-SAP」シリーズを発売する。(2012/3/14)

グリーンハウス、IDE接続対応の1.8インチ/2.5インチSSD
グリーンハウスは、IDE接続をサポートした1.8インチ/2.5インチSSD計4シリーズを発表した。(2011/9/13)

MARSHAL、IDE接続対応の内蔵型HDD“Transform”シリーズ
MARSHALは、IDE接続モデルとなる3.5インチHDD“Transform”シリーズを発表した。(2011/2/3)

システムトークス、直付け型のSATAーIDE変換アダプタ「SATA-TR150MJ」
システムトークスは、SATA HDDをIDE接続で利用可能とする変換アダプタ「SATA-TR150MJ」を発売する。(2011/1/14)

センチュリー、SATA/IDE HDD対応のUSB 3.0接続HDDアダプタ「裸族のお立ち台USB3.0 IDEプラス」
センチュリーは、クレードル型のUSB 3.0接続対応外付けHDDアダプタ「裸族のお立ち台USB3.0 IDEプラス」を発売する。(2010/9/9)

フォトファースト、USB 3.0対応の1.8型HDDケース「G-Monster X-Drive」
フォトファーストが1.8型HDDケースでは初となるUSB 3.0対応製品を発表した。それぞれZIF、IDE(50ピン)、CFに対応する3モデルが用意される。(2010/8/11)

Mach Xtreme、1.8インチZIF/IDE接続対応のMLC SSD「MX-NANO」
ソリッドマイクロは、台湾Mach Xtreme Technology製となる1.8インチSSD「MX-NANO」シリーズ計3モデルの取り扱いを発表した。(2010/5/19)

バッファロー、IDE接続対応のノートPC向け2.5インチSSD「SHD-NHPU2」
バッファローは、ノートPC向けデザイン筐体を採用した2.5インチIDE接続対応のSSD「SHD-NHPU2」シリーズを発売する。(2010/4/14)

センチュリー、ベアHDD接続アダプタ“裸族のお立ち台”にIDE対応モデル
センチュリーは、ベアHDD用接続アダプタ“裸族のお立ち台”の新モデル「裸族のお立ち台IDEプラス」を発表。SATA/IDEに対応する。(2009/11/30)

ちょい古なノートPCもサクサクに:
グリーンハウス、IDE接続対応の1.8インチ/2.5インチSSDを発売
グリーンハウスは、IDE接続対応モデルとなる1.8インチ/2.5インチSSDを発表。計14製品をラインアップする。(2009/7/2)

バッファロー、IDE/USB接続対応の2.5インチSSD発売
バッファローは、IDE接続に対応する2.5インチSSD「SHD-NPUM」シリーズを発表。USB接続にも対応している。(2009/4/22)

グリーンハウス、内蔵用HDDを外付けドライブとして利用するeSATA/USB変換アダプタ
グリーンハウスは、内蔵用HDD(IDE)をeSATA/USB接続で利用可能にするインタフェース変換アダプタを11月中旬より発売する。(2008/11/17)

グリーンハウス、1.8型2.5型SSD12モデル発表
グリーンハウスは、IDE対応のSSDを1.8型、2.5型のそれぞれで発表した。11月中旬から出荷する予定。(2008/11/14)

玄人志向、実売980円の2.5インチHDD用USB外付けケース2製品
玄人志向は、2.5インチIDE/Serial ATA HDDを内蔵可能なUSB外付けケース計2製品を発表した。(2008/7/31)

上海問屋、IDE−SATA変換アダプタ2製品を発売
エバーグリーンは、IDE HDDをSerial ATA接続に変換可能な「DN-WITS1」、およびIDEポートをSerial ATAポート2基に変換できる「DN-ITS20D」の2製品を発表した。(2008/6/6)

3.5インチベイにも取り付け可能なCF−IDE変換アダプタ「KRHK-CFIDE/FB」――玄人志向
玄人志向は、コンパクトフラッシュをIDE接続に変換できるアダプタ「KRHK-CFIDE/FB」を発売する。PCIブラケットのほか、3.5インチベイ設置用金具も付属する。(2008/5/29)

上海問屋、HDMI出力対応のHDDメディアプレーヤーキット「DN-HMP368HSB」
エバーグリーンは、3.5インチIDE/Serial ATA HDDを内蔵可能なHDDメディアプレーヤーキット「DN-HMP368HSB」を発表した。(2008/4/11)

オウルテック、SATA/IDEに両対応する2.5インチUSB外付けHDDケース
オウルテックは、2.5インチSerial ATA/IDE HDDに対応するUSB外付けHDDケース「ドッち〜か」を発売する。(2008/4/3)

玄人志向、PCI Express x1接続対応のIDE+SATAインタフェースカードなど3製品
玄人志向は、PCI Express x1接続に対応するインタフェースカードなど計3製品を発表した。(2008/3/27)

エバーグリーン、SATA/IDE−USB変換ケーブル新モデルを発売
エバーグリーンは、ベアHDD接続用のUSB変換ケーブル2製品「EG-IDE56」「EG-SATA56」の発売を開始した。(2007/9/14)

Serial ATA HDDをIDE変換できるアダプタ「SATA-TR150BMS」――システムトークス
システムトークスは、Serial ATA−IDE変換用アダプタ「SATA-TR150BMS」を発表した。Serial ATA HDD変換用に特化したことで安定動作を可能としている。(2007/8/24)

ノバック、大型ファン付きのIDE/SATA対応USB外付けHDDケース
ノバックは、IDEおよびSerial ATA HDDを搭載可能なUSB 2.0外付けHDDケース「3.5"HDDはい〜るKIT IDE-SATA USB」を発売する。(2007/8/21)

上海問屋、799円の2.5インチHDDケース発売
エバーグリーンは、ベーシックタイプのUSB外付け2.5インチHDDケース「DN-HDS25IDE」を発売した。(2007/7/27)

トランセンド、8GバイトIDEフラッシュと4GバイトminiSDカード発表
トランセンド・ジャパンは厳しい環境で使用できる産業機器用IDEフラッシュモジュールと4GバイトのミニSDHCカードを発表した。(2007/7/20)

オウルテック、8センチファン搭載のeSATA+USB外付けHDDケース
オウルテックは、3.5インチHDD搭載に対応する外付けHDDケース「OWL-EGP35/CEU」を発表した。IDE/Serial ATA HDDの搭載に両対応する。(2007/7/4)

CFカードをシリコンディスク化できるインタフェースボード3製品を発売――玄人志向
玄人志向は、CFカードをIDE/Serial ATA接続化可能な変換ボード計3製品を発表した。(2007/6/28)

任意の2.5インチHDDを搭載できるHDDレコーダーキット発売――上海問屋
エバーグリーンは、任意の2.5インチIDE HDDを搭載可能なHDDレコーダーキット「DN-HRP120」を発売する。レコーダー部とHDD部は別ユニットとなっており、別途USB外付けHDDも利用可能。(2007/6/22)

ロジテック、1479円で買える耐衝撃ポータブルHDDケース――Web限定販売
ロジテックは、任意の2.5インチIDE HDDを搭載可能な耐衝撃/ポータブルタイプの外付けHDDケースをWeb限定にて販売する。(2007/6/20)

2.5インチIDE/SATAに両対応するUSB外付けHDDケース――MARSHAL
MARSHALは、2.5インチIDE HDDまたは2.5インチSerial ATA HDDの搭載に対応するUSB外付けHDDケース「MAL-0525」を発売する。(2007/5/29)

IDE HDD2基を内蔵できる3980円のUSB外付けHDDケース――MARSHAL
MARSHALは、3.5インチIDE HDDを2基搭載可能なUSB外付けHDDケース「MAR-0435」シリーズを発表した。(2007/5/23)

グリーンハウス、ベアHDDを直付けできるUSB2.0アダプタ3製品
グリーンハウスは、ベアHDDをUSB2.0接続可能とする変換アダプタ3製品「GH-USHD-IDE」「GH-USHD-SATA」「GH-USHD-IDESA」を発売する。(2007/5/15)

リンクス、コンパクトケース採用のNASキット「V-Gear LANDiskMini」
リンクスインターナショナルは、3.5インチHDD搭載に対応するNASキット「V-Gear LANDiskMini」を発売する。IDE/Serial ATA対応モデルの2製品を用意する。(2007/5/10)

トランセンド、2.5インチIDE接続対応の32GバイトSSDを発表
トランセンド・ジャパンは、2.5インチIDE接続対応に対応するSSD(Solid State Disk)を発表した。8Gバイト/16Gバイト/32Gバイトの3モデルをラインアップする。(2007/4/25)

プリンストン、iTunesサーバ機能も備えるNASキット「デジ蔵」
プリンストンテクノロジーは、3.5インチIDE HDDを搭載可能NASキット“デジ蔵”こと「PEC-NAV」を発売する。DLNAガイドラインに準拠、iTunesサーバとしても利用可能となっている。(2006/12/12)

プラネックス、ギガビット対応のNASキット「NAS-01G」
プラネックスコミュニケーションズは、ギガビット接続に対応するNASキット「NAS-01G」を発売する。IDE HDDの搭載に対応、USB×2を装備し外付けHDD接続も可能となっている。(2006/10/25)

マニア向けブランド“上海道場”開始――上海問屋
エバーグリーンは、PC上級者向け製品を提供するブランド“上海道場”を発表した。第1弾としてCF−IDE変換アダプタ「PACF1」、およびマザーUSBピン−USB A変換コネクタ「FAPU2」を用意する。(2006/10/6)

センチュリー、HDD2台を内蔵できる幅35ミリの薄型HDDケース
センチュリーは、3.5インチIDE HDDを2基搭載可能な外付けHDDケース「ニコイチBOX 活してスキ間」を発売した。HDD2基を縦置きで並列配置、幅3.5センチのスリム筐体を実現する。(2006/9/22)

玄人志向、IDE/SATA−USB変換アダプタを発売
玄人志向は、IDE/SATA−USB変換用アダプタ「USB-PSATA」を発売する。HDDおよび光学ドライブの変換に対応。価格は2980円。(2006/6/23)

グリーンハウス、ベアHDD接続用のIDE/SATA−USB変換アダプタ2製品
グリーンハウスは、Serial ATA/IDE HDDをUSB2.0接続に変換可能なベアHDD用アダプタ2製品「GH-USH-IDESA」「GH-USH-IDE」を発売する。価格は1780円前後から。(2006/6/21)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。