ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アイレップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

統合デジタルマーケティングを強化:
アイレップがタービン・インタラクティブと資本提携、インバウンドマーケティング支援事業に本格参入
アイレップは、タービン・インタラクティブを連結子会社化したと発表した。(2018/10/12)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」 企業アカウントがフォローされるのは?――アイレップ調査
ソーシャルメディアは、生活者の消費行動にどの程度影響力を持っているのでしょうか。(2018/4/23)

購買につながりやすい潜在層のインサイトを分析:
アイレップ、フルファネルマーケティングを強化する分析システム「Per-SONAR Powered by Marketia」を提供
アイレップは、フルファネルマーケティングを強化する分析システム「Per-SONAR Powered by Marketia」の提供を開始した。(2017/11/24)

ジャンルごとに影響力を持つユーザーを発見:
Twitter広告におけるオーディエンスプランニングツール、アイレップが提供
アイレップは、Twitter広告のハンドルターゲティングにおける独自のオーディエンスプランニングツール「HandleM@p」の提供を開始した。(2017/7/21)

AMP化の影響を踏まえた包括的支援を実施:
アイレップ、モバイルページのAMP化による広告品質向上サービスを提供
アイレップは、モバイルページのAMP化支援と、広告との連携による広告品質を向上するサービスの提供を開始した。(2017/6/14)

認定代理店向け情報サイトも開設予定:
Twitter Japan、認定代理店一覧を公開
Twitter Japanは、同社の認定代理店34社を公開した。(2017/5/2)

Facebook Japanとの共同調査:
Facebook広告の効果を最大化する予算投下量とは?――アイレップが調査
アイレップの調査で、Facebook広告がユーザーの検索行動に影響を与えることが分かった。Facebook広告の効果を最大化する予算投入投下量も判明したという。(2016/10/25)

DACとアイレップが経営統合へ
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)とアイレップが経営統合。(2016/5/11)

アイレップ SEM総合研究所が発表:
2015年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース
アイレップ SEM総合研究所は、2015年の検索エンジンマーケティング(SEM)業界における10大ニュースを発表した。(2015/12/28)

オウンドメディア運営に編集長クラスの人材も育成:
アイレップ、「コンテンツマーケティング総合研究所」を設立
アイレップは、コンテンツマーケティングを専門とした研究機関「コンテンツマーケティング総合研究所」の設立を発表した。(2015/8/31)

mruby概論(2):
“組み込みRuby”こと「mruby」をセットアップしてみよう
Rubyの特長を組み込み開発に反映させたプログラミング言語が「mruby」です。今回は実際のセットアップと基本的な構文について解説します。(2015/7/16)

SEOとクラウドソーシング:
コンテンツマーケティング支援でアイレップとランサーズが業務提携
アイレップは、日本最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」を運営するランサーズとコンテンツマーケティング分野で業務提携に合意したと発表した。(2015/6/10)

ロボット開発ニュース:
きゅんくんも参加、ロボットスタートがラボ開設
ロボットスタートは家庭用ロボットを使ったビジネスやマーケティング、アプリについて、社内外からの参加を集う研究会「ロボットスタートラボ」を開始する。ロボティクスファッションクリエイタ―の松永夏紀氏(きゅんくん)も参加する。(2015/2/6)

自然な外部リンクの機会発見や獲得を戦略的に支援:
自然な外部リンクを獲得するには
アイレップは1月29日、Webサイトの自然検索結果順位の改善につなげる、自然な外部リンクの機会発見や獲得を戦略的に支援する「自然リンクファインダー」サービスを提供開始すると発表した。(2015/1/29)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第6回 先進的なリスティング入札戦略例(外部要因の評価)
リスティング広告最適化のために測るべきKPIを考察します。今回は天気や株価といった外部要因データを活用して、入札を行うイメージを紹介します。(2014/1/7)

IBM社員もAKB「恋チュン」“踊ってみた”、原子サイズの世界最小ダンサーも出演
AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」に合わせて踊る公式動画シリーズに「IBM お客様と踊ろうVer.」が追加された。(2013/12/4)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第5回 リスティング広告の入札KPIとしてのWeb解析指標――直帰率、滞在時間、アシスト
リスティング広告最適化のために、測るべきKPIを考察します。今回は、Web解析ツールで計測できる指標(直帰率、滞在時間、アシスト)について考えます。これらの指標は、ユーザーのサイト内行動を踏まえた入札に利用できます。(2013/11/28)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第4回 メディアサイトの入札KPIと入札戦略
リスティング広告最適化のために測るべきKPIを考察します。今回は、掲載課金型モデル(メディアサイト)におけるKPIとリスティング広告の入札戦略について述べていきます。(2013/10/21)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第3回 リード生成型サイトの入札KPIと入札戦略
リスティング広告最適化のために、測るべきKPIを考察します。今回は、リード生成型サイトにおけるKPIとリスティング広告の入札戦略について述べていきます。(2013/9/25)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第2回 ECサイトの入札KPIと入札戦略
リスティング広告最適化のために測るべきKPIを考察します。今回のテーマは、ECサイトにおけるKPIとリスティング広告の入札戦略です。ゴール指標を売上高とし、それを“因数分解”することで、KPIを設定していきます。(2013/8/26)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第1回 KPIの質と量
複雑化する運用型広告の中で、リスティング広告に敢えてフォーカスして、より最適化を測るための方法を、指標をベースにして考察する。今回は、KPIという指標の「質」を考えます。(2013/7/30)

連載:Windowsランタイム・コンポーネントによるコードの再利用:
最終回 実際にC++/CXでWindowsランタイム・コンポーネントを作成する
mrubyというオープンソースの組み込み用プログラミング言語コアを組み込んだWindowsランタイム・コンポーネントをC++/CXを使って実際に作ってみよう。(2013/7/17)

4人に1人がトイレで利用:
スマホ活用、新社会人とバブル世代でどう違う?
アイレップが新社会人300人とバブル期に社会人となったビジネスパーソン300人に利用動向調査を実施した。新社会人は友達とのつながり重視、バブル世代はニュース重視のようだ。(2013/7/9)

124チームから6チームを選考:
「ドコモ・イノベーションビレッジ」参加チームが決定 加藤社長がエール
ベンチャー企業を対象としたドコモの起業支援プログラムがスタート。ドコモの加藤社長が全力を挙げての支援を約束した。(2013/4/24)

選挙に影響を与えるのは、検索上位何件?
インターネットを使った選挙運動が夏の参院選から解禁される見通しとなったが、このことについて有権者はどのように感じているのだろうか。20代以上の男女に聞いた。アイレップ調べ。(2013/3/18)

Facebookファン260万人超のsatisfaction guaranteed、独自のインサイト解析ツールをリリース
Facebookページで260万超のファンを抱えるsatisfaction guaranteedが自ら開発したFacebookページインサイト解析ツール「social gear」をリリース。(2012/9/5)

みんな気合い入りすぎ:
【超速報】エイプリルフールネタ合戦まとめ 2012年も盛り上がっていこうぜ!
今年もエイプリルフールがやってきた。ネットの盛り上がりっぷりはいかほどか? ネタ合戦に注目だー!(2012/4/1)

「巨人に踏みつぶされたので」 アイレップがとんでもない理由でオフィス移転
アイレップがオフィスを溜池山王に移転する。それは良いとして、移転に関する特設サイトがすごい。というかひどい(ほめ言葉)。(2012/2/16)

キュレーションメディア「ONETOPI」公開 選別された価値ある情報をまとめ読み
アイティメディアがキュレーションメディア「ONETOPI」を公開した。ONETOPIは、スマートフォン向けのリーダーアプリで読める情報メディアで、キュレーターがネットからピックアップした価値ある情報をコメント付きで閲覧できるのが特長だ。(2011/7/26)

ねとらぼ:
今年のエイプリルフールはちょっと控えめ 節電にぽぽぽぽーん、いま萌えも
今年のエイプリルフールも各社がネタを投入。節電モードのサイトにあのぽぽぽぽーんも。一方で震災を受けて自粛する動きもあり、恒例の円谷プロやGoogleが参戦を見送った。(2011/4/1)

吉田典史の時事日想:
学生諸君 こんな中小企業には注意せよ
「就活がうまくいかない。中小企業へのエントリーを考えている」という学生も多いのでは。そこで中小企業を6つのタイプに分類し、“オススメ先”と“ダメ先”を紹介しよう。(2011/2/25)

DAC、SEMのアイレップを連結子会社化
SEM事業を展開するアイレップをDACが子会社化。企業が広告の費用対効果を求める傾向が強く、リスティング広告などを強化する。(2010/10/27)

アイレップ、iPad向けサイト構築サービス「タブレットPC SEM」を開始
アイレップがiPadに最適化したWebサイトを構築するサービス「タブレットPC SEM」を開始した。(2010/6/1)

祝!発売 iPad関連記事をジャンル別に一挙紹介
プロモバで紹介したiPad関連記事を、「コラム、市場動向、調査」「ソリューション、導入事例」「サービス、アプリ」のジャンル別にまとめてみました。(2010/5/27)

アイレップとロフトワークが販売:
CMSで作成したすべてのWebページにSEO対策――「CMSEO」 
SEOとCMSを織り交ぜたパッケージ製品「CMSEO」を、アイレップとロフトワークが販売する。(2009/1/14)

アイレップ、SEM・SEO戦略のセミナー開催
(2009/1/8)

モバイル検索、ストリートビュー:
Googleの勢いは変わらず――08年のSEM業界
2008年の検索エンジンマーケティング業界におけるトピックをアイレップ総合研究所がまとめた。NTTドコモとの提携によるモバイル検索のシェア拡大や街の画像を閲覧できる「ストリートビュー」の提供など、Googleの動きが注目を集める結果となった。(2008/12/8)

アイレップ、入力フォーム最適化サービス サイト離脱を防止
入力項目の多さや入力の分かりにくさからユーザーの半数が離脱するといわれる「入力フォーム」を最適化するサービスをアイレップが開始した。(2008/9/19)

アイレップ、「PC&モバイル SEO最新トレンドセミナー」を開催
(2008/5/20)

アイレップ、10社限定の「モバイルSEO簡易分析レポート」無料診断キャンペーン
(2008/4/22)

アイレップ、企業環境活動のPRを支援するサイトを開設
アイレップは、企業における環境活動のPRを支援する環境情報サイト「エコライフ」を開設した。(2008/3/7)

モバイルで検索、“1語検索”が減少傾向
アイレップとYICHAが、モバイル検索の利用実態に関する調査結果を発表。検索窓に1つの言葉のみを入れる「1語検索」は減少傾向にあるという。(2008/3/5)

ケータイ検索、8割超が「1語検索」
アイレップとYICHAが、モバイル検索の利用実態に関する共同調査の結果を発表。検索頻度が高いのは着うたで、YouTubeもランキングの30位内に入っている。また携帯電話を利用した検索では「1語検索」が8割超と、PCの検索スタイルとは異なることも分かった。(2007/11/30)

次世代検索の行き先:
ユーザーをあきらめさせない検索ツールの新境地
“平均3.6ページ”――ユーザーが検索をあきらめてしまうWebページ数だ。誰もがこのような苦い経験を味わったことがあるだろう。だがそれはもう昔の話。最前線の検索エンジン系ツールは、ユーザーが求める検索結果にたどり着くための工夫が凝らされている。(2007/11/14)

検索ユーザーの目線はどう動く Yahoo!とGoogleで違い
検索結果画面を見る際の目線の動きはYahoo!とGoogleで異なるという実験結果。Yahoo!は「関連検索ワード」や「Yahoo!カテゴリ」が注目され、Googleはサイトのタイトルを最初から最後までよく読まれているという傾向だ。(2007/6/11)

ネットマーケティングとアイレップが資本・業務提携
(2007/4/3)

アイレップ、「モバイルSEM」ソリューションの提供を開始
(2006/12/27)

アイレップ初値は公開価格を37%上回る
(2006/11/16)

SEMのアイレップがヘラクレス上場へ
(2006/10/13)

PR:エンタープライズWebサイトアクセス解析のスタンダード、「SiteCatalyst」の魅力とは
フォーチュントップ5社中3社が採用実績を持つ、Webサイト解析ツールが国内上陸した。開発元の日本法人であるオムニチュア株式会社は、SiteCatalystの高機能さはもちろんサポート体制も重視しており、刻々と変化する情報に追従するためのノウハウを提供してくれる。(2006/6/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。