ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アイシロン・システムズ」最新記事一覧

Dell EMCやHPE、IBMなどの主要製品をピックアップ
主要8社の「オールフラッシュアレイ」製品を一挙紹介 ニーズに合うのはどれ?
大手ベンダー8社の主要なオールフラッシュアレイ製品を取り上げ、機能や性能を詳しく紹介する。どの構成が自社のニーズに最も合うだろうか。(2017/8/18)

ここが違う、従来型ストレージとオブジェクトストレージ【後編】
自分の会社に“ぴたり”とはまるオブジェクトストレージベンダーを探す
この記事では2回に分けてオブジェクトストレージの特徴とメリットを解説する。後編では、可用性とデータ保護手法から有力ベンダーの適材適所の考察を紹介する。(2017/6/28)

「非常時のデータ復旧に自信なし=5割」の課題をどう解消するか:
中堅企業の「バックアップのクラウド対応」が進む、課題は「復旧テストの有無」 デル調査
デルが「中堅企業向けバックアップ関連動向調査」の結果を発表。いわゆる“ひとり情シス”の企業が抱える課題は、「負荷増によるミスの可能性」と「復旧テストの有無」。なお中堅企業においても、バックアップのクラウド化が進んでいる現状も分かった。(2017/5/29)

顧客の「“4つ”のトランスフォーメーション」を強力に支援:
PR:新生Dell EMCがパートナーとともに築く、「業界全方位をカバーするラインアップとパートナーシップを持つ」真意と強み
「Dell EMC Business Partner Forum 2017」が4月18日に開催された。新生Dell EMC初のパートナーイベントとあって、500人超が参加し、新しいパートナープログラムの解説やパートナーアワードの表彰などが盛大に行われた。「HCIは“本物”」「オールフラッシュは“常識”」──。今後の企業に必要とされている「4つ」のトランスフォーメーションについて、Dell EMCとそのパートナーはその解決策をどう示し、どのように提供していくのだろうか。(2017/5/29)

Dell EMC World 2017:
続・Dell EMCはどこへ行くのか、ストレージの今後およびクライアント製品とのシナジーを聞いた
米Dell EMCが、2017年5月8日から開催中の「Dell EMC World 2017」で、何が見えたか。本記事ではストレージ製品群の今後、およびクライアントソリューションとの相乗効果について、幹部に直接質問した内容を交えてお届けする。(2017/5/10)

Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:
PR:Vblock/VxBlock、HCIが普及しても価値が色あせない理由
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)に注力しているDell EMCだが、それによって統合インフラシステム(CI)であるVblock/VxBlock推進の手を緩めているわけではない。理由は、HCIが宗教であってはならないからだ。(2017/4/17)

「フラッシュファーストは終わり」、Dell EMCストレージ戦略の全貌:
PR:Dell EMCの多角的なオールフラッシュ製品群は、「フラッシュが標準の世界」を牽引する
フラッシュファーストはもう終わった。「フラッシュは、もう標準の時代」に入っている。では、企業は「具体的」に、どんな要素を考慮して、どのオールフラッシュストレージを選択すべきなのか。「多角的なオールフラッシュ製品群」で企業のITトランスフォーメーションを支える、Dell EMCストレージ戦略の全貌を解説する。(2017/4/13)

2017年ストレージベンダーの現状と展望【前編】
変化に対応した企業にチャンス、Dell EMC、Nutanixなど主要ベンダーはどう動く?
主要なエンタープライズストレージベンダーは、2017年にどのような課題と機会に直面するのか。包括的な予測をお届けする。(2017/1/12)

「企業のデジタルトランスフォーメーション」をいかに支援するか:
Dell EMC、Dell EMC Worldで一連の新製品/ソリューションを多数発表
米Dell EMCが、年次イベント「Dell EMC World 2016」を開催。企業のクラウドモデルへの移行、ソフトウェア開発力の強化、イノベーションの加速、データ分析の活用などを支援する一連の製品やソリューションを一挙に発表した。(2016/10/21)

Hadoopとストレージシステムの良い関係【後編】
Hadoopの悩みとさよならできる、脱「HDFS」をかなえるストレージシステム4選
「Apache Hadoop」の要ともいえる分散ファイルシステム「HDFS」には課題も少なくない。HDFSを使わなくても済むようになる、4つのストレージシステムを紹介する。(2016/8/30)

EMCの「DSSD D5」を採用
オールフラッシュストレージでOracle RACを「別次元の速度に」、導入企業の本音とは
最近登場したEMCのフラッシュシステム「DSSD D5」は、大規模で複雑なデータベースのクラスタリング機能で1日に何千件ものクエリを実行するユーザーに大幅なパフォーマンス向上をもたらすかもしれない。(2016/8/2)

キーワードは「モダナイズ」「ソフトウェア志向」:
PR:EMCがパートナーとともに築き上げていく「次世代ビジネスプラットフォーム」の姿
EMCジャパンによる、2015年度に優れた実績を上げたパートナー企業を表彰し、2016年度の製品・ビジネス戦略をパートナーへ示すイベント「EMC Business Partner Day 2016」が開催された。クラウド、ビッグデータ、IoT技術が普及し、取り扱うデータ量が爆発的に増えていく今後のデジタルビジネス時代に向け、EMCとEMCのパートナーは、その解決策をどう示し、どのように提供していくのだろうか。(2016/5/19)

「これは買収ではない」?:
Dell EMCはどこへ行くのか、今後の企業文化、製品戦略、クラウド戦略を探る
EMCはデルに買収されることで、どう変わるのだろうか。企業文化、製品戦略、クラウド戦略の3つの側面から、ユーザーおよび潜在ユーザーにとって意味のあるポイントに絞って、EMC WORLD 2016での取材に基づきDell EMCの今後を探った。(2016/5/17)

EMC WORLD 2016:
米EMC、UnityとNeutrino Nodesの発表でオールフラッシュとクラウドネイティブへの取り組み強化
米EMCが2016年5月第1週に開催したEMC WORLD 2016における製品発表の要点は、同社のオールフラッシュ対応製品群がほぼ出そろったこと、同社の「クラウドネイティブIT」対応製品が具体化したことにある。(2016/5/9)

エッジからクラウドまで伸長するIsilon:
EMCが「IsilonSD Edge」「Isilon CloudPools」をリリース。AWS、Azureなども「一貫性のある」管理が可能に
米EMCがIsilon製品群「IsilonSD Edge」「Isilon CloudPools」をリリース。「エッジ トゥ コア トゥ クラウド(Edge-to-core-to-cloud)」で、一貫性のあるストレージ環境を提供するという。(2016/2/4)

サーバーの初期設定を自動化:
米EMC、新OSSプロジェクト「RackHD」と2プロジェクトの進化を発表
米EMCは2015年12月8日(米国時間)、新たなオープンソースプロジェクト「RackHD」を立ち上げた。また、同社の主導する既存オープンソースプロジェクトの「CoperHD」および「REX-Ray」の進化を発表した。(2015/12/11)

「EMC Hybrid Cloud」としてのポートフォリオ強化:
ストレージからのハイブリッドクラウドへのアプローチ
EMCジャパンは、ストレージ装置とパブリック/プライベートクラウドをシームレスに接続する製品群6種の提供を開始する。(2015/12/10)

IsilonSD EdgeとCloudPools:
Isilonで、仮想アプライアンス版とクラウド拡張を発表
EMCジャパンは11月16日、ファイルストレージ製品「EMC Isilon」で、無償試用も可能な仮想アプライアンス版製品「IsilonSD Edge」、およびパブリッククラウドのストレージサービスの容量を活用できるソフトウエア「Isilon CloudPools」を発表した。いずれも2016年第1四半期に提供開始予定。(2015/11/16)

SSDなどのフラッシュストレージを業界団体SNIAメンバーが解説
読めば分かる! フラッシュストレージの基本
最近、普及が進む「フラッシュストレージ」。さらに深く理解するため、その種類や普及の背景、導入効果などの基本的解説をお届けする。(2015/10/6)

「ハコモノ」だけじゃない:
PR:デジタル時代のスピードでビジネスをするEMCが見せる「新しい顔」
EMCジャパンは2015年6月9日に行ったセミナー「業界の最先端! ストレージとクラウド技術はここまで進化した」の中で、先頃米国で、「REDEFINE.NEXT」をキーワードにして開催された年次カンファレンス「EMC World」の発表内容をダイジェストで解説。「ハコモノ」だけではなく、ソフトウエアのオープンソース化や無償化といった同社の新しい顔を紹介した。(2015/7/15)

柔軟性と冗長性、構成しやすさで考える
ストレージの「NAS」と「DAS」の比較で分かった“やっぱり”な結論
一部のアプリケーションではDASは便利なストレージだ。だが、ストレージアーキテクチャに関する選択肢の多いNASの方が適切な選択肢になることは少なくない。(2015/5/22)

有識者に聞く医療ビッグデータの現在と未来(1)
医療ビッグデータの意義が分かる5つの「V」
さまざまな定義が存在するビッグデータ。医療・ライフサイエンスのエキスパートは、医療ビッグデータでは5つの「V」が重要になると語る。医療ビッグデータを支えるインフラ基盤を探る。(2015/5/20)

EMC、ビッグデータ分析のための包括サービスを提供
ビッグデータ活用に着手するための支援からシステムの構築、運用までをサポートする。(2015/4/21)

弘前大学、外部連携可能な1万ユーザーの統合ID基盤を構築
2011年に導入したプライベートクラウド基盤の更新に合わせて、学生や教職員が1つのIDでシステムやサービスを利用できる統合ID基盤を構築している。(2015/4/3)

Isilon新製品は1クラスタで最大50PBに対応:
EMCジャパン、同社のデータレイク戦略について説明
EMCジャパンは2015年3月18日、同社のデータレイクに関する戦略を説明、あわせてEMC IsilonスケールアウトNASシリーズの新製品「Isilon HD400」を紹介した。(2015/3/19)

Isilon、XtremIOも新製品:
EMC、「データサービスプラットフォーム」化したVMAX新版を発表
EMCジャパンは7月31日、ハイエンドストレージ「EMC VMAX」、スケールアウトストレージ「EMC Isilon」、オールフラッシュストレージ「EMC XtremIO」で、それぞれ新製品を発表した。特にVMAXは、さまざまなデータサービス機能をニーズに応じて追加できるようにし、「ストレージ装置」を超えた「データサービスプラットフォーム」として役立つものになることを目指しているという。(2014/8/1)

EMC、新コンセプトのハイエンドストレージを発表
新製品の「VMAX3」ではアプリケーションのサービス水準に応じてストレージを割り当てる「エンタープライズ データ サービス プラットフォーム」というコンセプトを採用した。(2014/7/31)

EMCジャパン株式会社提供Webキャスト
そのストレージ、ホントにスケールアウト? 真のスケールアウトNASを見分ける5つのポイントとは
可用性が高く、容量増加が容易なスケールアウトNASは、次世代のストレージに求められるポイントを備えている。本コンテンツではスケールアウトNASの5つの重要ポイントを紹介し、“名前だけ”のスケールアウトとの違いを解説する。(2014/7/17)

株式会社ブロードバンドタワー提供ホワイトペーパー
スケールアウトNASは何が違う? 5つのポイントで分かるメリット
ビッグデータ活用という企業のニーズに応えるストレージとして「スケールアウトNAS」が注目を集めている。従来型NAS製品とはどこが違うのか、5つのポイントからスケールアウトNASのメリットを見ていこう。(2014/7/7)

EMC Isilonで乗り越える技術的課題
データ分析の定番「Hadoop」導入・運用に成功するシンプルな方法
企業内データ分析の定番として広く使われはじめた「Hadoop」。しかし、導入や運用は簡単ではなく、導入につまずく企業も多い。どうすればトラブルなく導入・運用できるのか。ベストな方法を探る。(2014/6/16)

EMC、中堅・中小向けのストレージ新モデルとデータ保護製品群発売
ストレージ新製品の「VNXe3200」「Data Domain DD2200」とデータ保護ソフトウェアスイートの「EMC Data Protection Suite」などをリリースした。(2014/6/4)

PR:「時代はハードウェアからソフトウェアへ」ITとビジネスの新定義を具現化する戦略とテクノロジとは
米EMCは年次イベント「EMC World」で、自らのビジネスモデルを新定義することを通して、あらゆる企業がITとビジネスを新定義していくことの重要性を強調するとともに、新定義を具現化するテクノロジ群を発表した。(2014/5/26)

EMC、ViPR 2.0を発表:
ビッグデータ基盤実現に向かうSoftware Defined Storageコントローラ
米EMCは5月5日(米国時間)、SDS(Software Defined Storage)コントローラ「EMC ViPR」の新バージョン「EMC ViPR 2.0」を2014年第2四半期中に提供開始すると発表した。複数拠点にまたがるデータ保護/利用機能などが注目される。(2014/5/9)

「謎の企業」、DSSDを買収:
フラッシュ、「ソフトウェア化」……。EMCの「再定義」は進んでいるか
5月5日よりラスベガスで開催されているEMC World 2014のテーマは「Redefine(再定義)」。米EMCは具体的な製品や技術に関する説明を通じ、自社の事業の再定義を進めていることを強調した。その軸となっているのは、フラッシュへの取り組み、および同社製品のさまざまな形での「ソフトウェア化」だ。(2014/5/7)

EMC、スケールアウトNASの最新版をリリース
Isilon向けOSの最新版では新たに、重複排除のオプション機能「Isilon SmartDedupe」などを提供する。(2013/11/27)

EMC、「Software-Defined Storage」のプラットフォーム提供を開始
Software-Defined Storageプラットフォーム「EMC ViPR」は、EMC製品や非EMC製品を問わず、さまざまなストレージを一元管理できるという。(2013/11/1)

遠隔での管理・制御などができる企業向けファイル共有サービス、EMCジャパンが提供
EMCジャパンは、企業向けオンラインファイル共有サービス「EMC Syncplicity Enterprise Edition」を提供開始した。(2013/9/30)

ヤフー・宮坂社長とブロードバンドタワー・藤原会長兼社長CEOがトップ対談:
PR:企業のデジタル化戦略を後押しする「都心・地域連携型データセンター」のススメ
「モバイル」「ソーシャル」「クラウド」「ビッグデータ」といったキーワードが企業のビジネスと結び付きを強くする中、それらの基盤となるデータセンターへの要求が大きくなっている。ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」をはじめ大規模なインターネット事業を展開するヤフーは、まさにデータセンターのヘビーユーザーといえよう。同社がデータセンターに求める要件とは何か。ヤフーで代表取締役社長を務める宮坂学氏と、同社を主要顧客に持つブロードバンドタワーの代表取締役会長兼社長CEOである藤原洋氏の対談から、企業がデータセンターを効果的に活用する上でのヒントを探る。(2013/9/19)

EMC、撮影データを長期保存できる監視カメラソリューションを発売
ネットワーク監視カメラとストレージ製品を組み合わせて提供する「EMC Isilonビデオ監視ソリューション」をEMCジャパンが発売。(2013/7/11)

NEWS
“垂直統合”を目指さないEMCジャパン、既存ストレージを生かせるEMC ViPRを発表
単一ベンダーによる垂直統合型ではなく、パートナー企業との協業で幅広いインフラの選択肢を提供することを目指すEMC。その手段としてSoftware Defined Storage を実現する統合管理ソフトを2013年下半期に提供する。(2013/6/7)

EMC、異機種混在ストレージを統合管理/仮想化する「ViPR」を国内投入へ
EMCジャパンは、製造元や機種の異なる複数のストレージを統合管理/リソースプール化するソフトウェア「ViPR」を2013年内に国内投入する。(2013/6/6)

PR:「企業向けDropbox」、Syncplicityの実力
スマートフォンやタブレット端末が普及するのにしたがい、オンラインストレージのサービスがさかんに使われるようになってきた。多様なデバイスで最新のファイルにアクセスできたり、複数の関係者と簡単にファイル共有できることは、生産性向上に大きく寄与する。しかしいくら便利でも、企業で使う場合にはコンシューマ向けのサービスというわけにはいかない。企業で使っても問題ないDropboxのようなサービスがあればいいのにと思ったなら、EMCのSyncplicityがまさにそれだ。(2013/5/29)

ストレージの新たな利用スタイルを追求:
米EMCが「Software Defined Storage」を発表、その意味は
米EMCは5月6日(米国時間)、同社のイベント「EMC World 2013」で、業界初というSoftware Defined Storageプラットフォームソフトウェア「ViPR(ヴァイパー)」を発表した。今年後半に製品として提供開始するという。EMCがViPRで言う「Software Defined Storage」とは、汎用コンピュータを使ったストレージ装置のことではない。(2013/5/7)

Database Expertレポート(1):
シゴトで使える「データサイエンティスト」に必要なスキルセットってどんなもの?
データサイエンティスト育成プログラムの先生に、使えるスキルセットって何だろう、という疑問をぶつけてみた。いわく、座学だけじゃ不十分なのだそうです。(2013/3/25)

ホワイトペーパー:
サーバ仮想化に必須のストレージ要件とは?
サーバの仮想化に際しては、ストレージの拡張性を考慮する必要がある。仮想環境に連動した拡張性を備えたストレージを選択することにより、管理者はストレージではなくデータの管理に専念できるようになる。(2013/3/14)

ホワイトペーパー:
スケールアウトNASだからこそ解決できる4つの業務課題
「集約・統合」「運用負荷低減」「DR」「新技術対応」。企業のストレージ環境が抱えるこれら4つの業務課題を全て解決するストレージソリューション。それが「スケールアウトNAS」である。(2013/3/13)

ホワイトペーパー:
Hadoopによるビッグデータ分析に最適なスケールアウトNAS
Hadoopを利用したビッグデータ分析に注目が集まる中、データ容量やワークフローの変化に適応できる柔軟なストレージが求められている。Hadoopの分散処理に最適な、スケールアウトNASがその答えである。(2013/2/28)

モバイル活用をストレージで支援 EMCジャパンの2013年事業戦略
EMCジャパンの山野修社長が、2013年の事業戦略を発表。スケールアウト型NAS「Isilon」の最新版も発表した。(2013/1/31)

Isilonは企業内ビッグデータ活用に対応:
EMCジャパン、新ジャンル製品が目白押しの2013年
EMCジャパンの代表取締役社長、山野修氏は1月31日、同社の2013年における事業方針を説明。モバイルやソーシャルの伸びを意識した事業展開を進めていくという。一方で、同社にとって2013年は、新コンセプトの製品が続々登場する年になる。(2013/1/31)

続々登場するVXLANゲートウェイのメリットと課題 【後編】
VXLANゲートウェイが生み出す新たな課題とは
VXLANゲートウェイを使った既存環境と仮想ネットワーク環境の混在運用は、ネットワークの段階的な進化を可能にするものの、これまでには考えることのなかった問題も生み出す。今回はこれを説明する。(2012/10/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。