ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アイシロン・システムズ」最新記事一覧

関連キーワード

「企業のデジタルトランスフォーメーション」をいかに支援するか:
Dell EMC、Dell EMC Worldで一連の新製品/ソリューションを多数発表
米Dell EMCが、年次イベント「Dell EMC World 2016」を開催。企業のクラウドモデルへの移行、ソフトウェア開発力の強化、イノベーションの加速、データ分析の活用などを支援する一連の製品やソリューションを一挙に発表した。(2016/10/21)

Hadoopとストレージシステムの良い関係【後編】
Hadoopの悩みとさよならできる、脱「HDFS」をかなえるストレージシステム4選
「Apache Hadoop」の要ともいえる分散ファイルシステム「HDFS」には課題も少なくない。HDFSを使わなくても済むようになる、4つのストレージシステムを紹介する。(2016/8/30)

EMCの「DSSD D5」を採用
オールフラッシュストレージでOracle RACを「別次元の速度に」、導入企業の本音とは
最近登場したEMCのフラッシュシステム「DSSD D5」は、大規模で複雑なデータベースのクラスタリング機能で1日に何千件ものクエリを実行するユーザーに大幅なパフォーマンス向上をもたらすかもしれない。(2016/8/2)

キーワードは「モダナイズ」「ソフトウェア志向」:
PR:EMCがパートナーとともに築き上げていく「次世代ビジネスプラットフォーム」の姿
EMCジャパンによる、2015年度に優れた実績を上げたパートナー企業を表彰し、2016年度の製品・ビジネス戦略をパートナーへ示すイベント「EMC Business Partner Day 2016」が開催された。クラウド、ビッグデータ、IoT技術が普及し、取り扱うデータ量が爆発的に増えていく今後のデジタルビジネス時代に向け、EMCとEMCのパートナーは、その解決策をどう示し、どのように提供していくのだろうか。(2016/5/19)

「これは買収ではない」?:
Dell EMCはどこへ行くのか、今後の企業文化、製品戦略、クラウド戦略を探る
EMCはデルに買収されることで、どう変わるのだろうか。企業文化、製品戦略、クラウド戦略の3つの側面から、ユーザーおよび潜在ユーザーにとって意味のあるポイントに絞って、EMC WORLD 2016での取材に基づきDell EMCの今後を探った。(2016/5/17)

EMC WORLD 2016:
米EMC、UnityとNeutrino Nodesの発表でオールフラッシュとクラウドネイティブへの取り組み強化
米EMCが2016年5月第1週に開催したEMC WORLD 2016における製品発表の要点は、同社のオールフラッシュ対応製品群がほぼ出そろったこと、同社の「クラウドネイティブIT」対応製品が具体化したことにある。(2016/5/9)

エッジからクラウドまで伸長するIsilon:
EMCが「IsilonSD Edge」「Isilon CloudPools」をリリース。AWS、Azureなども「一貫性のある」管理が可能に
米EMCがIsilon製品群「IsilonSD Edge」「Isilon CloudPools」をリリース。「エッジ トゥ コア トゥ クラウド(Edge-to-core-to-cloud)」で、一貫性のあるストレージ環境を提供するという。(2016/2/4)

サーバーの初期設定を自動化:
米EMC、新OSSプロジェクト「RackHD」と2プロジェクトの進化を発表
米EMCは2015年12月8日(米国時間)、新たなオープンソースプロジェクト「RackHD」を立ち上げた。また、同社の主導する既存オープンソースプロジェクトの「CoperHD」および「REX-Ray」の進化を発表した。(2015/12/11)

「EMC Hybrid Cloud」としてのポートフォリオ強化:
ストレージからのハイブリッドクラウドへのアプローチ
EMCジャパンは、ストレージ装置とパブリック/プライベートクラウドをシームレスに接続する製品群6種の提供を開始する。(2015/12/10)

IsilonSD EdgeとCloudPools:
Isilonで、仮想アプライアンス版とクラウド拡張を発表
EMCジャパンは11月16日、ファイルストレージ製品「EMC Isilon」で、無償試用も可能な仮想アプライアンス版製品「IsilonSD Edge」、およびパブリッククラウドのストレージサービスの容量を活用できるソフトウエア「Isilon CloudPools」を発表した。いずれも2016年第1四半期に提供開始予定。(2015/11/16)

SSDなどのフラッシュストレージを業界団体SNIAメンバーが解説
読めば分かる! フラッシュストレージの基本
最近、普及が進む「フラッシュストレージ」。さらに深く理解するため、その種類や普及の背景、導入効果などの基本的解説をお届けする。(2015/10/6)

「ハコモノ」だけじゃない:
PR:デジタル時代のスピードでビジネスをするEMCが見せる「新しい顔」
EMCジャパンは2015年6月9日に行ったセミナー「業界の最先端! ストレージとクラウド技術はここまで進化した」の中で、先頃米国で、「REDEFINE.NEXT」をキーワードにして開催された年次カンファレンス「EMC World」の発表内容をダイジェストで解説。「ハコモノ」だけではなく、ソフトウエアのオープンソース化や無償化といった同社の新しい顔を紹介した。(2015/7/15)

柔軟性と冗長性、構成しやすさで考える
ストレージの「NAS」と「DAS」の比較で分かった“やっぱり”な結論
一部のアプリケーションではDASは便利なストレージだ。だが、ストレージアーキテクチャに関する選択肢の多いNASの方が適切な選択肢になることは少なくない。(2015/5/22)

有識者に聞く医療ビッグデータの現在と未来(1)
医療ビッグデータの意義が分かる5つの「V」
さまざまな定義が存在するビッグデータ。医療・ライフサイエンスのエキスパートは、医療ビッグデータでは5つの「V」が重要になると語る。医療ビッグデータを支えるインフラ基盤を探る。(2015/5/20)

EMC、ビッグデータ分析のための包括サービスを提供
ビッグデータ活用に着手するための支援からシステムの構築、運用までをサポートする。(2015/4/21)

弘前大学、外部連携可能な1万ユーザーの統合ID基盤を構築
2011年に導入したプライベートクラウド基盤の更新に合わせて、学生や教職員が1つのIDでシステムやサービスを利用できる統合ID基盤を構築している。(2015/4/3)

Isilon新製品は1クラスタで最大50PBに対応:
EMCジャパン、同社のデータレイク戦略について説明
EMCジャパンは2015年3月18日、同社のデータレイクに関する戦略を説明、あわせてEMC IsilonスケールアウトNASシリーズの新製品「Isilon HD400」を紹介した。(2015/3/19)

Isilon、XtremIOも新製品:
EMC、「データサービスプラットフォーム」化したVMAX新版を発表
EMCジャパンは7月31日、ハイエンドストレージ「EMC VMAX」、スケールアウトストレージ「EMC Isilon」、オールフラッシュストレージ「EMC XtremIO」で、それぞれ新製品を発表した。特にVMAXは、さまざまなデータサービス機能をニーズに応じて追加できるようにし、「ストレージ装置」を超えた「データサービスプラットフォーム」として役立つものになることを目指しているという。(2014/8/1)

EMC、新コンセプトのハイエンドストレージを発表
新製品の「VMAX3」ではアプリケーションのサービス水準に応じてストレージを割り当てる「エンタープライズ データ サービス プラットフォーム」というコンセプトを採用した。(2014/7/31)

EMCジャパン株式会社提供Webキャスト
そのストレージ、ホントにスケールアウト? 真のスケールアウトNASを見分ける5つのポイントとは
可用性が高く、容量増加が容易なスケールアウトNASは、次世代のストレージに求められるポイントを備えている。本コンテンツではスケールアウトNASの5つの重要ポイントを紹介し、“名前だけ”のスケールアウトとの違いを解説する。(2014/7/17)

株式会社ブロードバンドタワー提供ホワイトペーパー
スケールアウトNASは何が違う? 5つのポイントで分かるメリット
ビッグデータ活用という企業のニーズに応えるストレージとして「スケールアウトNAS」が注目を集めている。従来型NAS製品とはどこが違うのか、5つのポイントからスケールアウトNASのメリットを見ていこう。(2014/7/7)

EMC Isilonで乗り越える技術的課題
データ分析の定番「Hadoop」導入・運用に成功するシンプルな方法
企業内データ分析の定番として広く使われはじめた「Hadoop」。しかし、導入や運用は簡単ではなく、導入につまずく企業も多い。どうすればトラブルなく導入・運用できるのか。ベストな方法を探る。(2014/6/16)

EMC、中堅・中小向けのストレージ新モデルとデータ保護製品群発売
ストレージ新製品の「VNXe3200」「Data Domain DD2200」とデータ保護ソフトウェアスイートの「EMC Data Protection Suite」などをリリースした。(2014/6/4)

PR:「時代はハードウェアからソフトウェアへ」ITとビジネスの新定義を具現化する戦略とテクノロジとは
米EMCは年次イベント「EMC World」で、自らのビジネスモデルを新定義することを通して、あらゆる企業がITとビジネスを新定義していくことの重要性を強調するとともに、新定義を具現化するテクノロジ群を発表した。(2014/5/26)

EMC、ViPR 2.0を発表:
ビッグデータ基盤実現に向かうSoftware Defined Storageコントローラ
米EMCは5月5日(米国時間)、SDS(Software Defined Storage)コントローラ「EMC ViPR」の新バージョン「EMC ViPR 2.0」を2014年第2四半期中に提供開始すると発表した。複数拠点にまたがるデータ保護/利用機能などが注目される。(2014/5/9)

「謎の企業」、DSSDを買収:
フラッシュ、「ソフトウェア化」……。EMCの「再定義」は進んでいるか
5月5日よりラスベガスで開催されているEMC World 2014のテーマは「Redefine(再定義)」。米EMCは具体的な製品や技術に関する説明を通じ、自社の事業の再定義を進めていることを強調した。その軸となっているのは、フラッシュへの取り組み、および同社製品のさまざまな形での「ソフトウェア化」だ。(2014/5/7)

EMC、スケールアウトNASの最新版をリリース
Isilon向けOSの最新版では新たに、重複排除のオプション機能「Isilon SmartDedupe」などを提供する。(2013/11/27)

EMC、「Software-Defined Storage」のプラットフォーム提供を開始
Software-Defined Storageプラットフォーム「EMC ViPR」は、EMC製品や非EMC製品を問わず、さまざまなストレージを一元管理できるという。(2013/11/1)

遠隔での管理・制御などができる企業向けファイル共有サービス、EMCジャパンが提供
EMCジャパンは、企業向けオンラインファイル共有サービス「EMC Syncplicity Enterprise Edition」を提供開始した。(2013/9/30)

ヤフー・宮坂社長とブロードバンドタワー・藤原会長兼社長CEOがトップ対談:
PR:企業のデジタル化戦略を後押しする「都心・地域連携型データセンター」のススメ
「モバイル」「ソーシャル」「クラウド」「ビッグデータ」といったキーワードが企業のビジネスと結び付きを強くする中、それらの基盤となるデータセンターへの要求が大きくなっている。ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」をはじめ大規模なインターネット事業を展開するヤフーは、まさにデータセンターのヘビーユーザーといえよう。同社がデータセンターに求める要件とは何か。ヤフーで代表取締役社長を務める宮坂学氏と、同社を主要顧客に持つブロードバンドタワーの代表取締役会長兼社長CEOである藤原洋氏の対談から、企業がデータセンターを効果的に活用する上でのヒントを探る。(2013/9/19)

EMC、撮影データを長期保存できる監視カメラソリューションを発売
ネットワーク監視カメラとストレージ製品を組み合わせて提供する「EMC Isilonビデオ監視ソリューション」をEMCジャパンが発売。(2013/7/11)

NEWS
“垂直統合”を目指さないEMCジャパン、既存ストレージを生かせるEMC ViPRを発表
単一ベンダーによる垂直統合型ではなく、パートナー企業との協業で幅広いインフラの選択肢を提供することを目指すEMC。その手段としてSoftware Defined Storage を実現する統合管理ソフトを2013年下半期に提供する。(2013/6/7)

EMC、異機種混在ストレージを統合管理/仮想化する「ViPR」を国内投入へ
EMCジャパンは、製造元や機種の異なる複数のストレージを統合管理/リソースプール化するソフトウェア「ViPR」を2013年内に国内投入する。(2013/6/6)

PR:「企業向けDropbox」、Syncplicityの実力
スマートフォンやタブレット端末が普及するのにしたがい、オンラインストレージのサービスがさかんに使われるようになってきた。多様なデバイスで最新のファイルにアクセスできたり、複数の関係者と簡単にファイル共有できることは、生産性向上に大きく寄与する。しかしいくら便利でも、企業で使う場合にはコンシューマ向けのサービスというわけにはいかない。企業で使っても問題ないDropboxのようなサービスがあればいいのにと思ったなら、EMCのSyncplicityがまさにそれだ。(2013/5/29)

ストレージの新たな利用スタイルを追求:
米EMCが「Software Defined Storage」を発表、その意味は
米EMCは5月6日(米国時間)、同社のイベント「EMC World 2013」で、業界初というSoftware Defined Storageプラットフォームソフトウェア「ViPR(ヴァイパー)」を発表した。今年後半に製品として提供開始するという。EMCがViPRで言う「Software Defined Storage」とは、汎用コンピュータを使ったストレージ装置のことではない。(2013/5/7)

Database Expertレポート(1):
シゴトで使える「データサイエンティスト」に必要なスキルセットってどんなもの?
データサイエンティスト育成プログラムの先生に、使えるスキルセットって何だろう、という疑問をぶつけてみた。いわく、座学だけじゃ不十分なのだそうです。(2013/3/25)

ホワイトペーパー:
サーバ仮想化に必須のストレージ要件とは?
サーバの仮想化に際しては、ストレージの拡張性を考慮する必要がある。仮想環境に連動した拡張性を備えたストレージを選択することにより、管理者はストレージではなくデータの管理に専念できるようになる。(2013/3/14)

ホワイトペーパー:
スケールアウトNASだからこそ解決できる4つの業務課題
「集約・統合」「運用負荷低減」「DR」「新技術対応」。企業のストレージ環境が抱えるこれら4つの業務課題を全て解決するストレージソリューション。それが「スケールアウトNAS」である。(2013/3/13)

ホワイトペーパー:
Hadoopによるビッグデータ分析に最適なスケールアウトNAS
Hadoopを利用したビッグデータ分析に注目が集まる中、データ容量やワークフローの変化に適応できる柔軟なストレージが求められている。Hadoopの分散処理に最適な、スケールアウトNASがその答えである。(2013/2/28)

モバイル活用をストレージで支援 EMCジャパンの2013年事業戦略
EMCジャパンの山野修社長が、2013年の事業戦略を発表。スケールアウト型NAS「Isilon」の最新版も発表した。(2013/1/31)

Isilonは企業内ビッグデータ活用に対応:
EMCジャパン、新ジャンル製品が目白押しの2013年
EMCジャパンの代表取締役社長、山野修氏は1月31日、同社の2013年における事業方針を説明。モバイルやソーシャルの伸びを意識した事業展開を進めていくという。一方で、同社にとって2013年は、新コンセプトの製品が続々登場する年になる。(2013/1/31)

続々登場するVXLANゲートウェイのメリットと課題 【後編】
VXLANゲートウェイが生み出す新たな課題とは
VXLANゲートウェイを使った既存環境と仮想ネットワーク環境の混在運用は、ネットワークの段階的な進化を可能にするものの、これまでには考えることのなかった問題も生み出す。今回はこれを説明する。(2012/10/22)

単一ファイルシステムで最大容量15.5ペタバイト、EMCのストレージ新製品
EMCジャパンは、スケールアウト型NAS「Isilon」の新製品を発売した。(2012/6/18)

Maker's Voice:
“正常進化”で2けた成長を狙うEMCのパートナー戦略
2012年からの3カ年計画で毎年の2けた成長を目指すというEMCジャパン。その中核となるパートナー戦略について執行役員ストラテジー・アライアンス統括本部の中山泰宏氏に聞く。(2012/3/19)

タイ洪水被害によるHDD供給不足【後編】
HDDの供給回復は2013年以降? タイ洪水の影響に悲観的な企業向けストレージ市場
タイ洪水によるHDD供給不足の解消は、早くても2012年下半期以降という予測が発表された。PC出荷にも影響するなど、担当者にとって2012年は耐え忍ぶ年になりそうだ。(2012/3/14)

NEWS
スケールアウトNASにHadoopの分散ファイルシステムを統合 EMC
Hadoopの構成要素である分散ファイルシステムをスケールアウトNASに統合。システムの拡張性やデータ保護機能を提供することで、ビッグデータ分析基盤の構築を支援する。(2012/3/2)

HDFSをサポートしたスケールアウトNAS製品を発表 EMCジャパン
企業のビッグデータ活用を支援すべく、EMCジャパンはHDFSをサポートしたスケールアウトNAS「Isilon」の提供を開始した。(2012/2/29)

ストレージ導入事例:Isilon
ストリーミング配信の鍵を握るNAS JストリームがIsilonを選択した理由
ストリーミング配信されるコンテンツは、他のファイル形式と比べて非常に容量が大きい。そうしたファイルデータを効率良く、確実に管理するためにJストリームは自社のNASシステムにIsilon IQを採用した。(2011/12/1)

iCloudとSiriの障害で浮かび上がる問題
トラブル続きのAppleクラウド「MobileMe」「iCloud」はなぜ信頼される?
Appleのクラウドサービスはトラブル続きだ。あるコンサルとは、「ユーザーは、Appleのクラウドに何を置くかについて、知的な判断ができない」と語る。同社クラウドの問題点とは?(2011/11/11)

フジミック、フジテレビの映像配信システム基盤にEMCのスケールアウトNASを採用
フジミックは、フジテレビから地方局へ番組素材を配信するシステム「FileX」のストレージにEMCのスケールアウトNASを採用した。(2011/8/11)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。